オプション投資戦略

バイナリー オプション 溶かす

バイナリー オプション 溶かす
ではチャートを見ながら説明していきます。
上の図のピンクと水色のサインは、同じ条件のRSI30以下で出ています。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

エントリールールの見直しです。
確実に「ルールが間違っている」筈。

勝てる確定がされない状況でリアルトレードをする点で、ド素人確定です。
いつまでたっても利益を出すなんて、できませんよ。

「これなら勝てる」と自信をもつルールで、デモトレードで実績をつくってはじめてリアルトレードへ移行が最低条件だと思います。

バイナリーオプションの最大の敵は「ルールや使用法をコロコロ変える」行為です。してませんか?
「ルールを毎日変える、若しくは決まっていない」「ツールを使って勝とうとする」
バイナリーオプションにおける(サイン)ツールについて、有効なものはあり得ません。相場を的確に言い当てる事など結局は無理なのです。

何故ならば、ツールはすべて四本値(始値・高値・安値・終値)の数字だけで相場を予測するシロモノです。

そんな4つの数字だけで、将来を言い当てる事なんてできるワケがない。
予測やシミュレートするならば、ご自分でしっかりした分析と研究でルールを定めるべきでしょう。

或いは、大口取引者についていく事。
これはアノマリートレードと言いますが、勝ち組はツール使用やテクニカル分析によるバイナリーオプショントレードはゼッタイにしません。

私はバイナリー専業で1日5万~10万までの(凍結防止の為1日10万まで)の者です。決して自慢ではありません

この知恵袋にはバイナリー月数百万稼いでいる組が最低3人はいます。

大切な事はこのバイナリーで本当に勝っている人、実際にやっている人の意見を聞いて下さい

私の経験では、バイナリーは判れば簡単なモノです。判るまでにみんな資金を溶かして「儲からない・丁半博打だ・詐欺だ」と勝てない人間が言っています。

勝てる人からすれば簡単な事です。私にも5種類の必勝パターンを駆使して勝率78%越えしています。

78%の世界では3連勝4連勝当たり前の世界ですが、それでも1度負けると2連敗3連敗を喰らいます。

貴方の場合もそうだと思います。何の手法もなく、マーチンでやると10万なんてすぐ3000円になるでしょう

私の場合は1度負けたら10分~2時間のインターバルを置いてまた10万にしてから再スタートします。

手法は色々あるのですが、一番大切な事はエントリータイミング、その次がエントリータイムの選択です。

ここがアッパラパーならまたすぐ全額溶かすでしょう・・・

勝ちが予測出来ないところでは勝負してはいけません!!

私は勝てるポイントでしかエントリーしないので、感覚的にはエントリーしたらした方に勝手に動いて勝つイメージです。スリップも約定拒否も関係ありません

勝手にかけた方へ動くのです。

私のイメージでは約4割の方がバイナリーで勝てているイメージですので、決してお勧めできないモノではありません

※手法で迷ったら私に聞いて下さい!!

私はメイン30病取引です。

たまに1分~15分取引をします。

インジケーターは特別なモノはなく移動平均線のみです。

ちゃんと勝てている人の意見を聞いて、その手法を詳しく教えてもらいましょう

教えてくれない人はケチか偽物です。

私の場合は単発勝負が弱いので
確実に追加してやりますね

それ以前に10万溶かしたら
ちょっとやり方を見直します

バイナリーオプションで資金を溶かす「コツコツドカン」の原因と対策

ナンピン ハイローオーストラリア

今回はLowエントリーで説明していきます。

それは、ナンピン=勝率が高いと勘違いしている人が多いからです。

ナンピンはなぜコツコツドカンとなる

左側がLowエントリー、右側がHighエントリーで、赤い点線をエントリーポイントとします。

もしナンピンを考えるのであれば、「現行足よりも〇〇だから高い勝率だ」「〇〇の条件だから連敗しにくい」など、明確な根拠を見つけてエントリーをしましょう。

コツコツドカンの原因その3はマーチン

マーチンとは正式には マーチンゲール といい、カジノやルーレットなどで使われてきた手法のことです。

結論からいいますと、マーチン手法はエントリーを行えば行うほど期待値がマイナスになるからです!

バイナリーオプションでは、ペイアウト率が2倍を下回っていることが殆なので、取引を重ねれば重ねる程、損失に繋がってしまうのです!

マーチン手法期待値

1回目に1,000円でエントリーして、負けたら2回目はBET額を倍の2,000円にします。

もうお気付きだと思いますが、マーチン手法はペイアウト率2倍以上で、資金に余裕が無ければできませんし、もし9回目で勝ったとしても、トータルでは37,400 円の損失なのです。

バイナリーオプションのナンピン・マーチンのポイントをRSIで表現

ナンピン・マーチンのポイントをRSIで表現

  • RSIがずっと70以上
  • RSIがずっと30以下

RSI30以下でローソク足が反発していない相場

上の図はRSI30以下でローソク足が反発していない相場です。

※RSI70以上(陽線)RSI30以下(陰線)時のサインの図

最大連敗数が36回

2020年の1年間のバックテストの結果

勝率は損益分岐点を下回っていて、エントリーし続ければ続けるほど資金を失ってしまうことがお分かりいただけると思います。

とくに注目して欲しいのは、最大連敗数が36回というところです。

立ち回り方を伝授

立ち回り方を伝授

結論から言えば、ご自身でナンピン・マーチンをしないルールを作ることができれば話は早いです。

視覚的判断

ナンピン・マーチンを回避するには「連敗しないこと」が大前提で、それには「連敗しないための条件(制御)」を加えることが重要です。

  • サインが出ているローソク足の1本前から過去14本前に、エントリーする足とは反対の足が5本以上あること
  • 反対足にローソク足実体が20pips以上あること

サインが出ているローソク足の1本前から過去14本前に、エントリーする足とは反対の足が5本以上あること

5本以上というのは検証した結果、連敗数が削れることが分かった数字です。

  • Lowエントリーは陽線でエントリーなので、反対足は陰線
  • Highエントリーは陰線でエントリーなので、反対足は陽線

現在出ているピンクと水色のサイン

ではチャートを見ながら説明していきます。
上の図のピンクと水色のサインは、同じ条件のRSI30以下で出ています。

※過去14本以内に反対足が5本以上あるという条件を足した図

反対足が5本以上を足したチャート

  • 水色のサインが表示されていてるところは、過去14本以内に陽線が5本以上ある場合
  • 水色のサインが出ていない所は14本以内に陽線が5本に満たないところ

連敗することが減ったバックテスト

勝率には大きな変化はありませんが、連敗数が24回と、1/3も減っています。

  • 反対足がない:連敗数36回
  • 反対足が5本以上:連敗数24回

反対足にローソク足実体が20pips以上ある

反対足にローソク足実体が20pips追加

「実体20pips以上の条件」を追加することで、直近相場でしっかり反発があったという確認ができます。

20pips以上の条件を追加バックテスト結果

勝率も損益分岐をこえて、連敗数は12回と2/3も削れましたね。

この結果を踏まえて考察をすると、過去14本以内にしっかり実体を作っている反対足があれば、連敗数を下げることができると言えますね!

バイナリーオプションに必勝法はあるのかプロトレーダーに聞いた結果!

必勝法はあるのか


そもそもの話で、バイナリーオプションには「必勝法」と呼べるようなものは実際にあるものなのか?

プロトレーダーが考える「必勝法」とは

ユウヤ

よく「バイナリーオプションの必勝法」とうたわれた情報が販売されていたりしますが、実際のところ必勝法は本当にあるものなのでしょうか?

石岡さん

人によってやりやすい手法は異なるのでなんとも言えませんが、 「負けを減らすこと」が必勝法 と言えるかもしれません。

ユウヤ

石岡さん

あと私の場合で言うなら、 感情的にならず資金の10%以内で淡々とエントリー したり、「羊飼いFXブログ」を確認して 重要指標の時間帯はエントリーを避ける 、といったことを常に行っています。

ユウヤ

では、これからバイナリーオプションを始めるという方に 「勝つためにまずはこれを意識してもらいたい」 ということがあればぜひ教えていただきたいです!

石岡さん

なので 最初の段階でプロのトレーダーから学び、実践する というのが大切だと思いますね。

ユウヤ

プロトレーダーが考える「勝つために必要な4つのこと」

ユウヤ

何度も続けて質問して申し訳ないんですが、必勝法に匹敵する「 勝つために必要な要素 」についてもお聞きしたいなと!

何か 取引する上での具体的な注意点 などはあったりするでしょうか?

石岡さん

「 裁量でトレードする 」「 バイナリー オプション 溶かす ローソク足の見方を覚える 」「 なるべく長期でエントリーする 」「 重要経済指標を避ける 」

ユウヤ

両建てや目押しなどの裏技、シグナルツール等のサインに頼らず「裁量」でトレード

両建てや目押しなどの裏技、シグナルツール等のサインに頼らず「裁量」でトレード


バイナリーオプションをやられている方の中には、「両建て」や「目押し」を使ってエントリーしている方がいます。

シグナルチャート

なので、長期的に稼ぎ続けるには、 「裁量」 バイナリー オプション 溶かす を身につける必要が絶対にあります。

石岡さん

シグナルツールがあるとそれだけに頼りがちですが、矢印に従ってエントリーして必ず勝てる保証はないので、 裁量トレードする上での「1つの根拠」 として使うことを推奨します。

ユウヤ

石岡さん

バイナリーオプションを始めてから今に至るまで、日々 「勉強、実践、検証」 の繰り返しで裁量を磨いてきました。

ユウヤ

副業でやる方などは時間があまり取れずかなり大変かもしれませんが、そこを乗り越えれば 経済的な自由 バイナリー オプション 溶かす を手に入れられるのがバイナリーオプションです。

✔裏技的な必勝法は存在せず、勝つためには 「裁量」 が必要

ローソク足の見方が重要

ローソク足の見方が重要


ローソク足の形を見ることで、これからどのように相場が動くかのある程度の予測ができるようになります。

それは 大陽線坊主、大陰線坊主 です。

ローソク足

石岡さん

逆張りチャート

ユウヤ

石岡さん

1分取引より5分取引でリスク回避

1分取引より5分取引でリスク回避


バイナリーオプションをペイアウト率を考えると30秒、1分の短期取引を行ったほうが利益がとれるのですが、 短期は動きが予測しづらい 面があり、 長期取引に比べると勝つのが難しい んです。

石岡さん

30秒や1分の短期取引は 暴れ馬 のような感じで、乗りこなすにはかなりの熟練度と注意が必要になります。

ユウヤ

石岡さん

バイナリー オプション 溶かす 5分足

ユウヤ

掲示板、ブログなどを参考に重要経済指標を避ける

掲示板、ブログなどを参考に重要経済指標を避ける


重要経済指標が来る時間帯は一気に相場が動いたり、予期せぬ動きを見せることが多いので非常に勝ちづらい です。

バイナリー オプション 溶かす 石岡さん

経済指標

石岡さん

ユウヤ

石岡さん

トレードする上で、一つ補足するとしたら 「通貨ペアは絶対に絞るべき」 ですね。

バイナリーオプションの取引方法で知っておくべき9つのこと

1分判定

ユウヤ

4つの勝つために必要な要素についてお聞きしましたが、 具体的な取引の方法 についてもぜひお聞きできれば非常にありがたいです!

石岡さん

ユウヤ

【3分で解決】バイナリーオプションに必要なものは全部で5つ

うさ太郎

マツオカ

  • バイナリーオプションに必要なもの5つ
  • バイナリーオプションに不必要なもの3つ

結論、バイナリーオプションは投資の中でも敷居が少ないので、ネット環境と5,000円か10,000円があれば取引可能です。

バイナリーオプションに必要なもの5つ

バイナリーオプションに必要なもの5つ

  1. バイナリーオプション口座
  2. 投資資金(5,000円か10,000円)
  3. インターネット環境(Wi-Fi環境)
  4. MT4
  5. パソコン(あった方がいいレベル)

必要なもの①バイナリーオプション口座

必要なもの①バイナリーオプション口座

必要なもの②投資資金(5,000円か10,000円)

  1. 【クレジットカード入金】5,000円
  2. 【銀行入金】10,000円
  1. 入金手数料無料
  2. 入金後、即反映

うさ太郎

マツオカ

必要なもの③インターネット環境(Wi-Fi環境)

マツオカ

必要なもの④MT4

奥が深いツールなので詳しい説明は割愛しますが、あるとめっちゃ便利ですこれ。

必要なもの⑤パソコン(あった方がいいレベル)

ただ、スマホでも取引は普通にできるので、

  1. スマホで取引して稼ぐ
  2. 稼いだ金でパソコンを買う

バイナリーオプションに不必要なもの3つ

バイナリーオプションに不必要なもの3つ

  1. 有料コンサル
  2. 自動売買ツール
  3. バイナリーオプションの本

不必要なもの①有料コンサル

有料コンサルを受けるということは、そのバカにお金を払うことに他なりません。

マツオカ

不必要なもの②自動売買ツール

うさ太郎

マツオカ

不必要なもの③バイナリーオプションの本

マツオカ

バイナリーオプションに必要なものは全部で5つ!まずはデモ取引で練習してみよう

バイナリーオプションに必要なものは全部で5つ!まずはデモ取引で練習してみよう

  • バイナリーオプションはネット環境と5,000円か10,000円があれば取引可能
  • バイナリーオプションの有料コンサルは必要なものではない

マツオカ

これがバイナリーオプション逆張り必勝法!すぐに勝ちたい人必見の手法を公開

逆張り必勝法

ユウヤ

そこで多少トレードの知識は付きましたが、結果的に かなり遠回り バイナリー オプション 溶かす だったなと感じてます。

僕はその道を通ったことで、「あ、これ楽に勝てる必勝法なんてないな」と気が付きました。

ただ色々と手法を試した中で、 逆張り手法の方が勝ちやすい 傾向にあるなと今は感じているんです。

順張りは狩られる恐れがある

基本的にバイナリーオプションは数分単位の「 超短期決戦 」で勝敗が決まるので、順張りをするのはタイミングが測りづらく、難易度が高いんです。

ユウヤ

特に1分足は騙しの動きが非常に多く

↓例えば下みたいなポイントが順張りの1分騙しの例

ダブルトップネック騙し

どの 判定時間 を使うかも、経験を積まないと選択が難しいです。

逆張りはタイミングがわかりやすい

一方で逆張り手法は、 エントリータイミングが初心者でもかなりわかりやすい んです。

記事の後半で具体的な手法もご紹介していきますが、例えば「このラインに対して条件が揃った状態で到達したらエントリー」とエントリーのトリガーを自分の中で明確に設定できて、 システマチックに取引がしやすい です。

あまり難しく考えずに、シンプルに取引したい場合は逆張り手法がおすすめ です。

必勝法系インジケーターは逆張りがほとんど

少し補足として説明すると、ネット上でいわゆる「サインツール」と呼ばれるインジケーターが必勝法などと謳われ高額で販売されていたりしますが、あれは実はほぼすべてが逆張り手法なんです。

何故そうなっているかというと、順張りはその人その人の感覚も重要で、「こうなったらエントリーする」という 条件設定をすることが非常に難しいから です。

逆張りで勝てる時間帯

時間帯

逆張り手法を使う時に絶対に意識しなければならないことに、 時間帯 があります。

自分の手法はこの時間帯が勝ちやすい、と理解しているんですね。

石岡さん

スマホで逆張り手法を使い月利1000万円を稼いでいる方も実際にいますが、その方は夕方以降はチャートを見ないと決めていました。

・午前9時~午後4時

・午前0時以降

順張りが有利な時間帯はNG

なぜ上記の時間帯が良いかというと、 それ以外の時間帯は大きなトレンドが発生しやすく、想定以上に値が伸びて逆張りで負けを拾いやすいから なんです。

時給換算をしたら100%稼げない

バイナリーオプションで勝てない人にありがちなのが、 時間を決めずにチャートを見続けてしまう 、ということがあります。

ただいつまでもチャートを見続けていると、どうしてもお金を稼ぎたい欲が出てきて、本来チャンスでもないポイントでエントリーしてしまったりします。

時給換算 してしまうという感じですよね。

ユウヤ

そこから「チャートを見てる時間を時給換算してたな」とある時ふと気づいてから、変な焦りがなくなり連勝することが増えました。

損失が出なければ実質勝ち 、と思っておくくらいがちょうど良いです。

普通の労働と違い、バイナリーは福利で資金を増やしていけるわけですからね。

逆張りのおすすめ手法

逆張りおすすめ手法

ここからは 具体的な逆張り手法 をご紹介していきます。

ちなみにここでご紹介する手法は、相場の状況によっては バイナリー オプション 溶かす 夕方から夜間でもポイントを探すことが可能 です。

石岡さん

ご紹介する手法の共通のスルー条件として、

経済指標がある時間帯

レンジブレイクして大きなトレンドが発生した時

上位足ラインでの5分逆張りエントリー

15分レジサポライン 5分足確定

・15分足以上で引いたレジサポラインに対して5分足が確定

・RSIを期間14、70.30に設定し、70か30に鋭角にタッチ

・ローソク足1本で一気にラインにタッチして(大陽線、大陰線)、坊主で確定

・バンドウォークを起こしておらず、売り買いがある状態でラインに到達

・15分足も確定、かつ坊主

・1時間足で引いたフィボナッチリトレースメントに対して確定

・N計算、E計算で値幅合致

・ラインに到達する前にレンジを組み、ブレイク1波目で到達

・ローソク足が全体的に短く、コマ足が続いた状態でダラダラとラインに到達

・5分足でソーサー気味に上がってきている時

・ラインに対してヒゲを長くつけている

・RSI70.30にタッチしていない、もしくは70.30で張り付いている

・売り買いがなく、ボリンジャーバンドに対しバンドウォークしている

○スルーポイントの例

5分逆張りスルーポイント

石岡さん

エントリー条件で特に重要なのが、 バイナリー オプション 溶かす レジサポラインに対して大陽線(大陰線)坊主で確定しているかどうか 、です。

ローソク足は長い足で、かつ坊主で確定した時は一度反発しやすいんです。

V字逆張りエントリー

V字エントリーと一口に言っても色々な種類がありますが、ここでは 2パターン ご紹介していきます。

○V字逆張りエントリー1

V字逆張り1

・1分足でエリオット波動5波形成を確認、実体にレジスタンスラインを引く

・5波後に一度下落し、下落時と同じくらいのローソク足の本数でラインに戻ってきたらタッチで1分ローエントリー

・5波目でRSI70を超え、V字で戻った時にダイバージェンス気味になっていることを確認

・5分足以上のレジサポライン、もしくはフィボナッチリトレースメントに対して1分足で5波目形成

・N、E計算で5波目の位置が値幅で合致

・1分足でコマ足が多く、ダラダラ上がり続けている

・V字で戻った時に、下降時と上昇時のローソク足の本数が1.5倍以上違う

・5波後にU字になり、丸みを帯びて上がっている

・RSIが一度も70以上に到達していない

・ボリンジャーバンドに対しバンドウォークになっている

○スルーポイントの例

V字スルーポイント

このV字エントリーは、 エリオット波動 を見つけるのが重要です。

○V字逆張りエントリー2

V字逆張り2

・安値圏で、逆三尊を作りそうな波形を見つける

・逆三尊の戻り高値(ネックライン)の実体にラインを引く

・下降して逆三尊の頭を作り、下降時と同じくらいの本数で上昇してネックラインに到達したらタッチでエントリー

・安値圏ではない

・戻り高値がはっきりと作られていない

・下降時と上昇時のローソク足の本数が1.5倍以上違う

・逆三尊の頭がU字でソーサー気味に上がっている

○スルーポイントの例

逆三尊V字エントリースルーポイント

石岡さん

レンジ相場での60秒、30秒エントリー

5分足レンジサポート レンジ3060秒逆張り

・5分足、15分足がレンジ相場になっている

・移動平均線(画像のケースは期間25)、ボリンジャーバンドが平行になっているのを確認

・1分足のローソク足が全体的に大きくなっている

・5分足、15分足のレジサポラインに対して、1分足で勢いよく到達した時に1分、もしくは30秒でエントリー

・5分足、15分足がレンジ相場ではない

・移動平均線の角度が強い

・ボリバンが広がっている

・1分足の動きが弱い(全体的にコマ足が多い)

・ラインに到達していない

・陽線、陰線続きでラインに到達

石岡さん

逆張りだけでも十分稼げる

稼げる

午後4時以降(冬場は午後5時以降)は確かに値動きが激しくなり、ラインも簡単に突破することが多いですが、 1時間足以上のレジサポラインは意識されることが多いです。

石岡さん

夕方以降にしか時間が取れない方で、逆張り手法を使いたい場合は、時間軸を広くして取引をしてみてください。

日中の15分足を1時間足と考えて取引する、といったイメージですね。

逆張り手法だけで安定的に、数百万円単位で大きく稼いでいる方も実際にいるので、 妥協をせずにちゃんとルールを守れば今回ご紹介した手法でも十分勝ち越せます。

浮き沈みはもちろんありますが、 そこで手法をコロコロ変えてしまうか 、それとも 一つの手法を信じて磨き続けられるか が人生を激変させられるかどうかの大きな分かれ道です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる