海外FXガイド

マーチンゲール法とは

マーチンゲール法とは
オリジナルロジックです。
固定式のロジックと数列式をかけ合わせた特殊なロジックであり、Martingale(マーチンゲール)よりもBET額の膨らみ方は穏やかです。 しかし数列を用いるため、負けが多いゲームではBET額が膨らみます。
その後、負けた数よりも少ない勝ち数でマイナス分を取り戻します。 Supreme PlusではBanker commission 5%も取り戻します。
その代わりBET額が膨らみやすい側面もあります。
(commissionの取り戻し分は、次回以降のBET額に加算されます)

オンラインカジノで使えるマーチンゲール法とは

オンラインカジノで多くの利益を獲得したいのであれば、闇雲にプレイするのではなく、攻略法や必勝法などと呼ばれる手法を駆使することが大切です。
オンラインカジノで使われている攻略法には様々な種類がありますが、その中でも最も有名と言っても過言ではないのがマーチンゲール法です。
マーチンゲール法は、勝率50%・配当2倍のゲームに適した攻略法で、ゲームに負けた際に次のゲームの賭け金を2倍にすることで、損失を回収しつつ利益を上げる手法となっています。
カジノゲーム以外にもFX取引などでも活用されており、理論上は必ず勝つことができるとされていますが、使い方が非常にシンプルなのでカジノゲーム初心者でも簡単に扱うことが可能です。
また、マーチンゲール法の具体的な使い方としては、まず最初のゲームの賭け金を決定します。
後は、ゲームの勝敗によって賭け金を変動させていくだけです。
例えば、最初の賭け金を1ドルに設定した場合において、最初のゲームに負けた場合は次のゲームでは2ドルを賭けます。
2ゲーム目でも負けた場合は4ドルに、3ゲーム目でも負けた場合は8ドルといったように、負けるたびに賭け金を倍にしていきます。
そして、1回でも勝利したら1サイクル完了で、賭け金をリセットします。
このようなルールに従ってチップを賭けていけば、どれだけ負けが続いたとしても1回でも勝利すれば、必ず最初に設定した賭け金と同額の利益を得ることが可能です。
また、賭け金を単純に2倍にしていくだけなので、誰でも簡単に使えるというメリットがあります。 マーチンゲール法とは
ただし、マーチンゲール法は決して万能な攻略法ではありません。
この攻略法では、勝利するまで賭け金を2倍にしていくため、連敗が続くと軍資金が底を突いてしまう恐れがあります。
仮に、賭け金を1ドルでスタートしても、10連敗してしまうと11ゲーム目では1,024ドルを賭けなければいけません。
そのため、この攻略法を使用する際は、十分な軍資金を確保しておく必要があります。
加えて、ベットリミットに引っかかる恐れがあるのも欠点のひとつです。
基本的にランドカジノでもオンラインカジノでも、テーブルごとにベットリミットと呼ばれる1回でベットできる上限と下限の金額が定められています。
連敗が続いてベット可能な上限額を超える金額を賭けなければいけない状況に陥ると、この攻略法は崩壊してしまいます。
そのため、この攻略法を利用する際は、各テーブルに定められているベットリミットを確認して、ベット可能な上限額が少しでも高いテーブルを選択することが大切です。
加えて、ベット可能な下限額ぎりぎりの賭け金でゲームをスタートするのも成功確率を高めるポイントとなります。
また、上記の通りマーチンゲール法は勝率50%・配当2倍のゲームに適した攻略法となりますが、可能であれば独立事象のゲームを選択することをおすすめします。
独立事象のゲームとは、それまでのゲームの結果が次のゲームの結果に影響を与えないゲームのことを指します。
例えば、ルーレットにおける赤黒賭け・偶数奇数賭け・ハイロー賭けや、シックボーの大小賭けなどが独立事象のゲームに該当します。
一方で、バカラやブラックジャックは勝率50%・配当2倍のゲームではありますが、シューの中に残っているカードによって勝率が変動するので独立事象のゲームではありません。
独立事象のゲームでなくても、勝率50%・配当2倍のゲームであればマーチンゲール法は使用できますが、バカラやブラックジャックなどのゲームで使用すると失敗確率が高まります。
そのため、成功確率を高めたいのであれば、独立事象のゲームを選択しましょう。

マーチンゲール法とココモ法はどちらが稼げるのか

基本的に稼げるのはマーチンゲール法よりもココモ法


結論を言えば基本的に稼げるのはマーチンゲール法よりもココモ法の方です。
理由として、3つ挙げられます。
それは、負けるほど利益が増すこと、3倍の配当が得られるゲームに対応していること、そして継続しやすいことです。

ココモ法はマーチンゲール法と決定的に異なることとして負けが重なるほど利益が増すという特徴を持ちます。
マーチンゲール法とココモ法は、共にどんなに連敗をしていても1回の勝利で損失を回収できると言うのが特徴です。
そのため、少ない勝利で利益が上げられる便利な攻略法といえるものの、マーチンゲール法はどんなに連敗を重ねても最初にベットした金額分の利益しか上げられません。
つまり、2連敗しても10連敗しても利益は最初にベットしたわずかな金額の利益ということです。
こういった特徴があるのに対し、ココモ法は連敗が続けば徐々に利益が上がっていきます。
目安として10連敗して勝利した場合は、最初にベットした金額の22倍もの利益が期待できるのです。

3倍配当のゲームに対応しているというのもメリットです。
マーチンゲール法は2倍配当のゲームにしか利用できないため、1回の勝利で得られる金額が少ないというデメリットがあります。
しかし、ココモ法は3倍配当のゲームに対応し、当選した際の配当金の利益が一気に上がるという特徴を持っているため、儲けやすいといえます。

継続のしやすさもココモ法に軍配が上がります。
マーチンゲール法はベット金額が倍々に増えていき、途中でベットできないくらい高額な金額を要求されることも少なくありません。
そのため資金が尽きて継続できないというデメリットがあります。
しかし、ココモ法は前々回と前回の合計金額がベット金額になるため、そこまで高額なベット金額になりにくいのが特徴です。
そのため、破綻することなく攻略法を継続しやすいといえます。
また、テーブルリミットと言われるベット金額の上限がどのオンラインカジノのゲームにも設定されています。
マーチンゲール法は、ベット金額が急激に増えるためリミットに触れやすいのが特徴なのに対し、ココモ法は金額の上昇が緩やかなので、リミットに触れて継続困難になることは少なくなります。

ココモ法もマーチンゲール法より稼げないケースがある

ココモ法もマーチンゲール法より稼げないケースがある


一見有能なココモ法もマーチンゲール法より稼げないケースがあります。
それは、マーチンゲール法をテンポよく行った場合、一度ココモ法が継続できなくなった場合です。

マーチンゲール法は利益こそ出しにくいですが、2倍配当のゲームなので意外と勝ちやすいという特徴があります。
そのため、ハイスピードでテンポよくプレイしゲーム数をこなすことで利益が積み上がっていくことも少なくありません。
こういったケースでは、時にココモ法が稼げなくなることもあり得るのです。

一度ココモ法が継続できなくなると稼げないことがあります。
資金が尽きてしまったり、テーブルリミットに触れてしまったりでココモ法が継続できなくなると大きな損失をもたらします。
3倍ゲームのため、外れるのが当たり前という展開が多く、資金切れを起こすことはないとは限らないのです。
損失を取り返すのに非常に時間がかかり、マーチンゲール法に比べて稼げなくなることもあります。

慣れないうちはどちらが稼げるか

慣れないうちはどちらが稼げるか


慣れないうちはマーチンゲール法の方が稼げるかもしれません。
ただ、ごくごく初期であり、ココモ法の方がもうけやすいといえます。

確かにココモ法の方が負けやすく、心理的な負担も大きいケースもあり、計算なども途中から面倒になるなどデメリットがあるのも否定できません。
しかし、慣れてしまえば、ココモ法の方がスムーズに利益が出て、マーチンゲール法ほど資金が要求されないので、長い時間をかけてコツコツと利益を増やせます。
慣れないうちはマーチンゲール法で勝負して、早めにココモ法にも挑戦してみましょう。

LUC888公認のフィフティーズハッカーのバカラのロジック!シュプリームやマーチンゲール、モンテカルロの特徴とメリットやデメリットについて

フィフティーズハッカー(fifties hacker)で使用できるロジックの種類は?

フィフティーズハッカー ロジック

フィフティーズハッカーではバカラの代表的なロジックが使用できますが、その種類は

①マーチンゲール法(Martingale)の特徴とメリットやデメリット

マーチンゲール法は、負けた時に次の勝負で2倍の金額を賭ける手法です。連敗していても1ゲーム勝てば、それまでの損失を全て取り返せます。世界的にも最も有名な攻略法として名高いロジックです。

マーチンゲール法とは マーチンゲール法とは マーチンゲール法とは
1回目 2回目 3回目 4回目 5回目
賭けるGC(ゲームチップ) 10 20 4080 160
勝敗(〇勝ち、X負け)
合計の収支 -10 -30 -70 -150 +10

と4つのマーチンゲール法がありますが、20- Martingaleは「20回まで倍額ベットをする」という意味です。

10GC約1円なので、負け続けて20回まで倍額ベットでもたいしたことがないと思うかもしれません。

たしかに8回連続負けた場合は2,550GC(約250円)なので、そうたいした金額ではありませんが、10GCから始めて20回連続で負けると 10,485,750 GC(約104万円)なります。

もちろん用意した金額が100万円以下であれば途中でベットできなくなりますが、マーチンゲール法は稼ぎやすいロジックではあるものの、十分な資金がないと失敗する可能性が高いです。

プレイヤーかバンカーどちらか勝つのだから 勝率は1/2 なので、そんなに連敗しないのでは?」と思うかもしれません。さすがに、まだ20連敗は経験ないですが、最高で12連敗を経験したことがあります。そして数回10連敗も経験しています。(1か月半の間です)

②モンテカルロ法( Monte Carlo)の特徴とメリット・デメリット

モンテカルロ法はロジックの中で一番わかりにくいです。フィフティーズハッカーのモンテカルロ法は 10・10・10・10 の数列を使います。(通常のモンテカルロ法は10、20、30などからスタートする場合が多いです)

数列の左端と右端を足し合わせた数字をベットします(最初のベットは10GC∔10GC=20GC

  • 負けた場合:ベットしたGCを数列の右端に加える(10・10・10・10・ 20
  • 勝った場合:数列の右端と左端を消す( 10 ・10・10・ 10

マーチンゲール法とは
勝負 数列 ベット額 勝敗 合計利益
初期 10、 10、10、 10 20 -20
10 、10、10、10、 20 30 -50
✖✖ 10 、10、10、10、20、 30 40 -10
✖✖〇 10 、10、10、 20 30 -40
✖✖〇✖ 10 、10、10,20、 30 40 0
✖✖〇✖〇 10 、10、 20 30 30
✖✖〇✖〇〇 10 10 40

モンテカルロ法は負けた場合にベットしたGCを右端に加えます。これは負けたGCを記憶しておくことを意味します。勝った場合の右端と左端を消すのは負けた分を帳消しにすることを意味します。

また、マーチンゲール法のように一度の勝ちで今までの負債を返すのではなく、何度か勝負を繰り返して負債を打ち消していく手法です。そのためGCが20GC、30GCなど小さいうちは問題ないのですが、連敗してGCの値が大きくなった場合は注意が必要です。

マーチンゲール法であれば一度でも勝てば損失は無くなり、勝った後は最小ベットからスタートできますが、モンテカルロ法は勝っても数列の右と左を足すだけなので、最小ベットになるわけではありません。

例えば、連敗が続いて次にベットするのが10,000GCの場合、マーチンゲール法であれば勝てば、次回は最小ベットからスタートできます。

ですがモンテカルロ法10,000GC負けていた場合、勝っても最小ベットに戻るのではなく、あくまで数列の左右の端の数字が消えるだけなので、例えばですが9,800GCといった10,000GCよりも若干少ないベット額になるため、ここから連敗すると、あっという間にGCが無くなってしまいます。

ベット額を少なくするためには連勝が必要となります。

ただ、利益を出しやすい点でいえば、マーチンゲール法モンテカルロ法はロジックの中でも群を抜いています。負けるリスクもありますが、大きく利益を伸ばしたい時に使用するロジックです。

③パーレー法( Pare)の特徴とメリットやデメリット

パーレー法は勝った場合に次のベットで2倍の金額を賭けるロジックです。 負けた場合は次のベットで設定した最小のGCになります。勝った次のベットで2倍をかけるということはマーチンゲール法の負けた時に2倍を賭けるロジックと逆のため「逆マーチンゲール法(アンチマーチンゲール法)」と呼ばれることもあります。

フィフティーズハッカーでは

4つのパーレー法があり、最低が10GCだとすると、「5-Pare」では5回連続で勝つ(5連勝)までベットしますが、その際に310GCを獲得します。

マーチンゲール法とは マーチンゲール法とは マーチンゲール法とは
1回目2回目 3回目 4回目 5回目
賭けるGC(ゲームチップ)10 20 40 80 160
勝敗(〇勝ち、X負け)
合計の収支 10 30 70 150 310

5回目で負けると-160GCですが、4回目までに合計150GC獲得しているので、実質はマイナスが10GCだけです。

となります。途中で負けた場合はいずれも-10GCです。 パーレー法は連勝することで大きく利益を伸ばすことができるのと、負けた場合にも大きな損失とならないのが特徴です。

10GCが最小の場合、5連勝も難しいですが、それでも310GC(約31円)しかなりませんし、ましてや14連勝は至難の業です。少ない資金で一か八かという時におすすめのロジックです。

④バーネット法( Burnett)の特徴とメリット・デメリット

ベット額 10GC⇒30GC⇒20GC⇒60GC マーチンゲール法とは を繰り返しベットします。60GC で勝った場合は、また最初に戻り10GCから賭けていきます。負けた場合はその時点で10GCに戻って再度同じようにベットしていきます。

⑤グッドマン法( Goodman)の特徴とメリット・デメリット

連勝したらBET額を 10GC⇒20GC⇒30GC⇒50GCと増やします。連勝が続く場合は50を繰り返しBETして、負けたら最初のベット(10GC)に戻ります。 フィフティーズハッカーでは50 BETの連勝は10回まで行い最初のベットに戻ります。

バーネット法と一緒で2連勝以上で損はありません。違いはグッドマン法3連勝以上すると利益が出て、バーネット法は2連勝、4連勝の場合は利益が出ます。(3連勝はトントン)

⑥31システム( 31 System)の特徴とメリット・デメリット

ベット額が 10GC⇒10GC⇒10GC⇒20GC⇒20GC⇒40GC⇒40GC⇒80GC⇒80GCとなり、9回のうち2連勝すると10GC獲得。最後まで負け続けると310GC失います。

いかに9回のうちで2連勝するかがポイントです。連勝ができないと最大で310GC失ってしまいます。

⑦ダランベール法( D’Alembert)の特徴とメリット・デメリット

スタートは 10GC をベットします。負けた場合は10GC 増やし、勝った場合は 10GC 減らします。 マーチンゲール法とは スタートの 10GC の時に勝った場合は次も 10GC をベットします。

31システムダランベール法マーチンゲール法・モンテカルロ法よりもリスクが低く、バーネット法・グッドマン法よりも利益は伸ばしやすいです。中間の投資法といえるでしょう。

シュプリームプラスとシュプリームの特徴

ただ、フィフティーズハッカーロジックの説明箇所を見るとシュプリームプラス

オリジナルロジックです。
固定式のロジックと数列式をかけ合わせた特殊なロジックであり、Martingale(マーチンゲール)よりもBET額の膨らみ方は穏やかです。

しかし数列を用いるため、負けが多いゲームではBET額が膨らみます。
その後、負けた数よりも少ない勝ち数でマイナス分を取り戻します。

マーチンゲール法とは

Supreme PlusではBanker commission 5%も取り戻します。
その代わりBET額が膨らみやすい側面もあります。
(commissionの取り戻し分は、次回以降のBET額に加算されます)

説明文ではマーチンゲールとの比較をしていますが、設定はモンテカルロに近いです。マーチンゲールモンテカルロよりもリスクが低く、他のロジックよりも利益は出やすいです。

シュプリームプラスが登場した時はモンテカルロをメインでやっていたので、バーストを連発していたのですが、シュプリームプラスに変えてからリスクは低いけど利益も出やすいので、とても良いロジックだと思っていました。

ですが、継続するにつれてバーストが出やすくなったので設定が変わったのかと思いました。シュプリームプラスはオリジナルで設定も発表していないので多少設定が変更されたのかと思いました。(設定が変わったのかはわかりませんが)

そこでシュプリームに変更してみました。たしかにシュプリームプラスよりもバーストが少なくなりました。ただ利益もシュプリームプラスとあまり変わらないので、コツコツ稼ぐという人にはおすすめのロジックです。(バカラでコツコツというのもおかしな話ですが)

フィフティーズハッカーのロジックのまとめ

  1. GCの増加が早いがリスクが高い:マーチンゲール法、モンテカルロ法
    資金は十分に、損切LINEを浅めに設定する
  2. リスクは少ないが利益を大きく伸ばせない:バーネット法、グッドマン法
    この2つのロジックは破産する確率が一番低いので自己アフィリエイト向き
  3. 1と2の中間:31システム、ダランベール法
    バランス型
  4. 一か八か:パーレー法
    少ない資金でもかなり稼げる可能性がある(ただし、その確率は低い)
  5. 新ロジックのシュプリームシュプリームプラスはマーチンゲール、モンテカルロよりもリスクは低く、その他のロジックよりも利益が出やすいです。シュプリームプラスよりはシュプリームの方がリスクが少なく、利益もそこまで差がないのでフィフティーズハッカーする方におすすめのロジックです。

絶対に勝てるというロジックはありません。ただ細目に利益を決済して、損切もきっちりと設定すればトータルで勝つことができます。またトントンでも自己アフィリエイトの報酬が発生するのでプラスになります。

さらに詳しい情報はLINE登録していただいた方に送っています。よろしければ下記から登録ください。LINE登録されない方でも私のリンクからLUC888を登録した方にも送っていますので、下記の「お問い合わせフォーム」からアカウントIDとLUC888を登録した際のメールアドレスを送ってください。

また、フィフティーズハッカーではなく、自分でベットしたいという場合は、いきなりだと負ける可能性が高いので、無料で見ることができるLUC888 専用の予想配信サイトの「グレートサインポスト」を利用してください。

バイナリーオプションで逆マーチンゲール手法の勝率とは?

タイトル画像

ハイローオーストラリアが人気の理由は、 「使いやすさ」 そして 「ペイアウト率の高さ」 、さらには 「出金の速さ」 に定評があり、総合的に考えて利用しやすいからと言えるでしょう。 オーストラリアの金融ライセンスを所得している と言うこともあり、 取引面、信頼面ともに海外のバイナリーオプションではトップクラス なのがハイローオーストラリアが優良な業者と言われる理由です。
☆キャンペーン情報☆
初回入金時に 5000円分のキャッシュバック キャンペーンを実施中!

No.2 ザオプション

ペイアウト率2.0倍にデモトレード。まずは使ってみて試す事が可能です。シンプルな海外のバイナリーオプション業者らしさをのこしながら、サポートなどの使いやすさも上位に入るか!?比較的新しい業者なのでまだまだ情報量は不足していますが注目の業者です。
☆キャンペーン情報☆ マーチンゲール法とは
【pick up】

No.3 Bi-Winning

500円からの投資が可能で、デモ口座もありインジケーター付きのプラットフォームを持つバイナリーオプション業者です。1.95倍の最大ペイアウト率に同値判定は払戻し対象の短期取引で攻めやすい点は魅力! 土日も株式や仮想通貨の取引ができたりと土日休みのサラリーマンにもおすすめな魅力的な業者 になります。

No.4 THEBINARY

100円からの投資が可能で、低額から始められるというコンセプトが使いやすいバイナリーオプション業者です。2.05倍のペイアウト率にシンプルイズベストな取引画面! 使いやすさとペイアウト率の高さが合わさると魅力的な業者 になります。

オンラインカジノで使えるマーチンゲール法とはどんな戦略か

マーチンゲール法とは


マーチンゲール法とは、勝利するまでベット額を倍にして賭け続ける戦略になります。
1回の勝利で負け分以上の金額を取り戻すことができるため、理論上「必ず勝てる」戦略としても知られています。

マーチンゲール法を使用するメリット

マーチンゲール法を使用するメリット

マーチンゲール法とは
マーチンゲール法を使用するメリットとして、下記の点が挙げられます。

手順がシンプルで使いやすい
マーチンゲール法は他のベット戦略と比べると手順がシンプルなため、オンラインカジノ初心者の方でも利用しやすいです。
複雑な計算は特になく、単純に倍ベットを継続していくのみでマーチンゲール法を実践できます。

1回勝てば必ず利益が得られる
マーチンゲール法は連敗が続いても、1回勝てば必ず利益を得られます。
連続して勝利する必要がないので、勝ちにこだわらず冷静にベットしていくことが可能です。
感情によるベットのブレが少ない点も、マーチンゲール法の強みになります。

負け続けるリスクが低い
マーチンゲール法は保有資金にゆとりがあれば、負け続けるリスクは低くなります。
1回勝てば、負け分はすべて清算されるので、実質的に勝ちを積み重ねやすいです。

マーチンゲール法を使用するデメリット

マーチンゲール法を使用するデメリット


マーチンゲール法を使用するデメリットとして下記の点が挙げられます。

連敗に耐える資金が必要
マーチンゲール法を成功させるためには、連敗に耐える資金が必要になります。
負ける度に倍ベットを行うことになるため、連敗が続くと保有資金が一気に減っていきます。
途中でベットを止めてしまうと、その時点で負けが確定しまうので、勝つまでベットをし続けなければいけません。

1回の勝ちで得られる利益が少ない
マーチンゲール法では1回の価値で得られる利益が少ないです。
たとえば、先ほど出した例を見てみると、5回目に勝利することで「$1」の利益獲得となっています。

精神的な負荷が重い

マーチンゲール法は連敗を前提にした戦略です。
そのため、成功させるには連敗に耐える精神力も必要になります。
負け続けると精神的な負荷が重くなるため、マーチンゲール法を途中で止めてしまうケースも少なくありません。

マーチンゲール法を活用してオンラインカジノを楽しむ

マーチンゲール法を利用することで、長期的に安定した利益獲得を狙えます。
連敗に耐える資金力が必要になりますが、資金に余裕がある人にとっては利用しやすい戦略です。
また、手順自体もシンプルなので、オンラインカジノ初心者の方でも無理なく実践できます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる