外国為替ニュース

オプションの使用方法について

オプションの使用方法について

Word のユーザー オプションとレジストリ設定をリセットする方法

Word 2007 以降の Normal.dotm テンプレートの名前を変更すると、いくつかのオプションが既定の設定にリセットされます。 これらのオプションには、カスタム スタイル、カスタム ツールバー、マクロ、定型句エントリなどが含まれます。 Normal.dotm テンプレートを削除するのではなく、テンプレートの名前を変更することを強くお勧めします。 テンプレートが問題であると判断した場合は、名前を変更した Normal.dotm テンプレートからカスタム スタイル、カスタム ツールバー、マクロ、定型句エントリなどをコピーできます。

特定の種類の構成では、複数の Normal.dotm テンプレートを作成できます。 このような状況には、同じコンピューターで複数のバージョンの Word を実行している場合や、同じコンピューターに複数のワークステーションのインストールが存在する場合が含まれます。 このような状況では、テンプレートの正しいコピーの名前を変更することを確認します。

すべての オプションの使用方法について オプションの使用方法について Office プログラムを終了します。

ren %appdata%\Microsoft\Templates\Normal.dotm OldNormal.dotm

Word を再起動すると、Word の既定の設定を含む新しい全文書対象のテンプレートが作成されます。

Word および Office のスタートアップ フォルダー内のアドイン (WLL) とテンプレート

Word を起動すると、Startup フォルダー内のテンプレートとアドインが自動的に読み込みまれます。 Word のエラーは、アドインの競合や問題が原因である可能性があります。

Startup フォルダー内のアイテムが問題の原因であるかどうかを確認するには、一時的にフォルダーを空にします。 Office Startup フォルダーと Word Startup フォルダーからアイテムが読み込まれます。

Word が電子メール エディターとして設定されている場合は、Microsoft Outlook を含むすべての Word インスタンスを終了します。

フォルダーに含まれているファイルの 1 つを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。

ファイル名の後ろに「.old」と入力して Enter キーを押します。 ファイルの元の名前に注意してください。 元の名前を使用してファイル名を変更する必要がある場合があります。

問題が解決しない場合は、元の名前を使用してアドインの名前を変更してから、Startup フォルダー内のファイルごとに手順 3 〜 5 を繰り返します。

それでも問題が再発する場合は、 %AppData%\Microsoft\Word\STARTUP フォルダーを開きます。

この Startup フォルダー内の各ファイルで、手順 3. ~ 5. を実行します。

COM アドイン

COM アドインは、任意の場所にインストールでき、Word と対話するプログラムによってインストールされます。

[COM アドイン] ダイアログ ボックスにアドインが一覧に表示された場合は、各アドインを一時的にオフにします。 これを行うには、一覧に表示されている各 COM アドインのチェック ボックスをオフにし、[OK] をクリックします。 Word を再起動した場合、COM アドインは読み込まれません。

Word のオプションの概要と保存場所

次の表では、「テンプレート」は Normal.dotm テンプレートまたはカスタム テンプレートのいずれかを指してます。

オプションの使用方法について
設定名 保存場所
オートコレクト形式のテキスト Normal.dotm
オートコレクト共有エントリ .ACL ファイルの user.acl
自動保存パス レジストリ
定型句 それから
会社名 Winword.exe
カスタム オプションの使用方法について キーストロークの割り当て それから
フォント置換 レジストリ
マクロ テンプレート/文書
画像編集 レジストリ
データ フォームの印刷 文書
グリッドにスナップ レジストリ
スタイル テンプレート/文書
ツールバー テンプレート/文書
ユーザー情報 レジストリ
ツールバーを表示するそれから
表示/ツールバー それから
文書パーツ それから

オートコレクト リストは Office プログラム間で共有されます。 1 つのプログラムを使用しているときにオートコレクトのエントリと設定に行った変更は、他のプログラムでもすぐに使用できます。 さらに、Word では、書式設定されたテキストとグラフィックスで構成されたオートコレクトのエントリを保存できます。

Virtual Machines と Virtual Machine Scale Sets を可用性ゾーンのサポートに移行する

アプリケーション層とデータ層の間で適度に短いネットワーク待機時間と良好なパフォーマンスが必要なゾーン デプロイの場合は、近接通信配置グループを使用します。 近接グループは、1 つのネットワーク スパインの下で異なる VM リソースを強制的にグループ化できます。 近接通信配置グループを使用する SAP ワークロードの例については、「SAP アプリケーションで最適なネットワーク待ち時間を実現するための Azure 近接通信配置グループ」を参照してください。

再デプロイ方法

再デプロイするには、VM と VMSS リソースを再作成する必要があります。 コンピューティング リソースの高可用性を確保するには、新しい オプションの使用方法について VM と VMSS に複数のゾーンを選択することをお勧めします。

可用性ゾーンに VM を作成する方法については、以下を参照してください。

移行オプション 2: Azure Resource Mover

Azure Resource Mover を使用する場合

可用性ゾーンがないリージョンから、可用性ゾーンがある別のリージョンに VM または暗号化された VM を簡単に移動するには、Azure Resource Mover を使用します。 Azure Resource Mover を使用するメリットの詳細については、「Azure Resource Mover を使用する理由」を参照してください。

Azure Resource Mover に関する考慮事項

Azure Resource Mover を使用すると、すべてのキーとシークレットがソース キー コンテナーから、ターゲット リージョン内で新しく作成された宛先キー コンテナーにコピーされます。 お使いのカスタマー マネージド キー (Azure Key Vault、ディスク暗号化セット、VM、ディスク、およびスナップショットなど) オプションの使用方法について に関連するすべてのリソースは、同じサブスクリプションとリージョンに存在する必要があります。 ターゲット リージョンがソース キー コンテナーのレプリケート先のセカンダリ リージョンである場合でも、Azure Key Vault の既定の可用性と冗長性の機能は、移動された VM リソースの宛先キー コンテナーとして使用できません。

Azure Resource Mover の使用法

ディザスター リカバリーの考慮事項

通常、可用性ゾーンは VM を高可用性構成でデプロイするのに使用されます。 可用性ゾーンは、ゾーン間の間隔が狭すぎて、自然災害時にディザスター リカバリー ソリューションとしての役割を果たせないことがあります。 ただし、ディザスター リカバリーに可用性ゾーンを使用できるシナリオがあります。 詳細については、「ディザスター リカバリーへの可用性ゾーンの使用」を参照してください。

HP LaserJet Pro 多機能プリンター オプションの使用方法について 3101e-3108e - プリンターのセットアップ

すでにイーサネット ケーブルをつないでいる場合は、[イーサネットの概要] 画面がコントロール パネルに表示されます。[ OK ] をタッチし、HP+ 画面がコントロール パネルに表示されたら、[ 続行 ] をタッチしてペアリング コードを取得します。ペアリング コードがコントロール パネル画面に表示されたら、それをメモし、ステップ 7 に進んで、手順に従って HP+ スマートプリンターをライセンス認証します。

接続方法を選択する:

プリンターのコントロール パネルで、接続方法を選択するように求められたら、必要なオプション ( 無線 、 イーサネット 、または ソフトウェアで接続 ) をタッチします。

プリンターがネットワークに正常に接続されると、[正常に接続] 画面がコントロール パネルに表示され、プリンターの IP アドレスが表示されます。

[正常に接続] 画面で、[ OK ] をタッチします。プリンターはファームウェア アップデートを確認して、ペアリング コードを取得します。

コントロール パネルに HP+ 画面が表示されたら、[ 続行 ] をタッチ します。

次のステップ (ステップ 7) で必要なペアリング コードをメモします。

ペアリング コードの有効時間は、2時間です。2時間以内に HP Smart Setup (ステップ 7) でペアリング コードを入力しないと、新しいペアリング コードが自動的に生成されます。

ステップ 7 に進み、手順に従って HP+ スマートプリンターをライセンス認証します。

プリンターのコントロール パネルに [イーサネットの概要] 画面が表示されたら、[ OK ] をタッチします。

プリンターのコントロール パネルに HP+ 画面が表示されたら、[ 続行 ] をタッチ します。

次のステップ (ステップ 7) で必要なペアリング コードをメモします。

ペアリング コードの有効時間は、2時間です。2時間以内に HP Smart Setup (ステップ 7) でペアリング コードを入力しないと、新しいペアリング コードが自動的に生成されます。

ステップ 7 に進み、手順に従って HP+ スマートプリンターをライセンス認証します。

この方法は、プリンターのコントロールパネルからではなく、ソフトウェアを使用してプリンターを無線 LAN に接続する場合に使用します。

PC またはノートブックの無線 LAN の無線が有効で、無線ネットワークに接続されていることを確認します。

この方法を選択すると、プリンターのコントロール パネルにメッセージが表示され、hpsmart.com/setup にアクセスし (お使いのコンピューターの Web ブラウザーで)、HP Easy Start ソフトウェアをインストールし、セットアップを続行するように指示されます。

お使いのコンピューターで、Web ブラウザーを開き、hpsmart.com/setup にアクセスします。

[新しいプリンターのセットアップ] ページで、[ セットアップを開始 ] をクリックし、[ HP Easy Start のインストール ] をクリックしてソフトウェアをダウンロードします。

ソフトウェアがダウンロードされたら、.exe ファイルをクリックして HP Easy Start を開きます。

HP Easy Start では、ネットワークにまだ関連付けられていない無線プリンター (無線ランプが点滅しているプリンター)、または既にネットワークに接続されているイーサネット接続プリンターおよび無線プリンターを検出します。検出されたプリンターが画面に表示されます。

HP Easy Start ソフトウェアの画面の説明に沿って、プリンターをネットワークに接続します。

プリンターを無線 LAN に接続する場合、セットアップ中はコンピューターがプリンターの近くになければなりません。

プリンターに近いことを確認するために、メッセージが HP Easy Start ソフトウェアに表示されます。プリンターのコントロール パネルで [許可] を選択するよう指示するメッセージです。

プリンターのコントロール パネルの画面で、[ 許可 ] をタッチします。

HP Easy Start はプリンターを構成して、ネットワークに追加します。[ネットワーク設定] 画面が HP Easy Start ソフトウェアに表示されます。

お使いのネットワークにプロキシ設定が必要な場合は、ソフトウェアで [ プロキシ設定の編集 ] をクリックし、設定を入力して、[ 適用 ] をクリックします。

[ネットワーク設定] 画面で、[ 続行 ] をクリックします。

ファームウェア アップデートを続行するよう求められたら、[ はい ] をクリックします。

HP Easy Start ソフトウェアに [ペアリング コードの生成] 画面が表示されたら、[ ペアリング コードの生成 ] をクリックします。

HP+ 画面が表示されたら、プリンターのコントロール パネルで、[ 続行 ] をクリックします。

次のステップ (ステップ 7) で必要なペアリング コードをメモします。

ペアリング コードの有効時間は、2時間です。2時間以内に HP Smart Setup (ステップ 7) でペアリング コードを入力しないと、新しいペアリング コードが自動的に生成されます。

HP オプションの使用方法について オプションの使用方法について Easy Start ソフトウェアの [HP Smart Admin でセットアップを続行する] 画面で、[ HP Smart Adminを開く ] をクリックして、お使いの Web オプションの使用方法について ブラウザーで hpsmart.com/activate ページを開きます。

ステップ 7 に進み、手順に従って HP+ スマートプリンターをライセンス認証します。

HP+ スマートプリンターをライセンス認証する:

プリンターと HP アカウントをペアリングし、HP+ 特典を有効にします。

お使いのコンピューターで、Web ブラウザーを開き、hpsmart.com/activate にアクセスして HP Smart Setup を開きます。

HP Smart Setup ページで、以下のオプションのいずれかをクリックします。

[ サインイン ]: 以前に HP アカウントを作成している場合は、このオプションを選択し、アカウントの作成時に使用した電子メールアドレスとパスワードを入力します。

[ アカウントを作成 ]: HP アカウントをお持ちでない場合は、このオプションを選択し、必要な情報 (姓と名、電子メールアドレス、国/地域) を入力し、アカウントのパスワードを作成して、もう一度 [ アカウントを作成 オプションの使用方法について ] をクリックします。

HP アカウントの作成で入力した電子メール アドレスに、確認コードが送信されます。

セットアップ ページに表示されたフィールドに、確認コード (電子メールで受信したコード) を入力し、[ オプションの使用方法について 確認 ] をクリックします。アカウントが確認されたら、[ 続行 ] をクリックします。

求められたら、プリンターのアカウントの種類 (会社管理または個人のもの) オプションの使用方法について を選択し、[ 続行 ] をクリックします。

ペアリングコードの入力を求められたら、前のステップで取得したペアリング コードを入力し、[ 続行 ] オプションの使用方法について をクリックします。

求められたら、お使いのプリンターに名前と場所を指定して、[ 続行 ] をクリックするか、またはこれらの詳細を追加したくない場合は、[ スキップ ] をクリックします。

[ 確認 ] をクリックして、HP+ スマートプリンター要件に同意します。

HP+ ライセンス認証プロセスが開始します。HP+ ライセンス認証が完了すると、メッセージが表示されます。

[ 続行 ] をクリックして、追加のセットアップ オプションを表示します。

[プリンターのセットアップを終了する] ページで、[ 印刷をセットアップしてテストページを送信する ] オプションの隣の [セットアップ] をクリックします。

[印刷のセットアップとテストページの送信] Web ページが表示されたら、[印刷を有効にするには、印刷ドライバをインストールします] オプションの隣の [ インストール ] をクリックして、印刷ドライバをダウンロードします。

ドライバがダウンロードされたら、.exe ファイルをクリックして、プリンター ドライバのインストールを開始します。

ドライバのインストールが完了したら、[テスト ページの印刷] の隣の [ オプションの使用方法について 印刷 ] をクリックして、プリンターがセットアップされ、印刷できる状態になっていることを確認します。続いて、[ 完了 ] をクリックして、[テスト ページの印刷をセットアップする] Web ページを閉じます。

[プリンターセットアップを終了] ページの下部で、[ HP Smart Admin に移動 オプションの使用方法について ] をクリックし、HP Smart Admin Web ポータルを開きます。

HP Smart オプションの使用方法について Admin Webポータルでは、プリンターを管理する、印刷使用状況を監視する、他のユーザーを招待してそのデバイスから印刷を有効にする、HP Instant Ink の無料トライアルに参加する、印刷の効率をあげる他の印刷ソリューションに登録する、および HP+ アカウントの設定と通知を管理することができます。

HP Smart Admin Web ポータルページ (hpsmart.com/admin) をブックマークして、プリンター管理のために簡単にアクセスできるようにすることを推奨します。

【バイナリーオプション】Bi-Winningの使用感と入出金について

画像1

⑥トレード時間の変更と種別項目
ショートとロングは単純に判定時間の長短を表しています。
「ロング」はハイローオーストラリアでいう「ハイロー取引」に該当しますが、直近判定で選択できるのは5~10分未満からとなっており、取引における締め切りも【判定時間の5分前】となっています。
つまり、ハイローオーストラリアでは判定1分前までエントリーや転売が出来ましたが、Bi-winningではそれが5分前になったということです。
次に「ショート」ですが、これはハイローオーストラリアのturboとは少し違います。
ハイローオーストラリアのturbo取引は【エントリー箇所から〇分後に判定】というものですが、Bi-winningでは【〇分足確定で判定】という感じです。
つまり、同じ○○時42分15秒にエントリーする場合、ハイローオーストラリアで1分turboなら【○○時43分15秒】に判定となるところ、Bi-winningでは〇分取引というのではなく【○○時43分00秒判定】や【○○時44分00秒判定】【○○時45分00秒判定】というように足替わりのタイミングで判定が来るトレードになります。
因みに、ショートの場合のエントリー締め切りは判定時刻の30秒前です。

画像3

⑦取引金額設定
最小500円~最大200,000円までの設定が可能で、+や-のボタンもかなり刻みで変更されます。

⑧エントリーポジション表示
画像ではユロポンのハイエントリー箇所についてマークがついています。
約定後にエントリー位置だけでなくエントリー金額まで表示されるため、その後のチャートが見づらくなる印象を受けました。

⑨チャート縮尺の変更
四角に囲ってある枠を左右に移動させることで過去や現行足の値動きを確認し、枠の幅を変更することでチャート縮尺を変更することが可能です。

取引中の操作について

画像4

ポジションを保有している最中、➂の矢印を押すと上の方な表示が出ます。
・途中売却の実行=転売処理
・上下から矢印マーク=今現在のポジションとは逆にエントリーを仕掛けます。(両建てエントリーとなり、今のポジションは残ります。)
・×2マーク=再度同じエントリーを行います。最初のエントリー位置ではなく、進行状況にある今のポジションから追いかけます。

[トレード画面のイメージ画像⇩]

画像5

取引履歴の確認

画像6

画像7

➀レコードナンバー
正直よくわかってません(笑)

➁日付
判定を迎えた日時の表示だと思うのですが、日本時間表記ではないですね。
二枚目の画像の上から7つ目までが直近のトレードですが、判定時間は日本時間で17時45分と17時50分です。

➂ディスクリプション
〇✖で勝敗が記載されます。

➃取引ID
こちらはハイローオーストラリアのIDと遜色ないものだと思います。

⑤クレジット
そのポジションで勝った際に追加される資産が表示されます。
1000円かけて1840円返ってくるなら、クレジットには840と記載されます。

⑥デビット
そのポジションで負けて失った資金です。

⑦投資額
エントリー金額です。同じ判定時刻に対して連打した場合、加算されて表示されるようです。

⑧アカウント残高
口座に残っている資金を指します。

入金ボーナスと入出金について

初入金時20%ボーナスという形でアフェリエイトが盛んになりつつありますが、この入金ボーナスには気を付けなくてはならない【条件】があります。
それは、「ボーナス金額の90倍以上の取引をしなければボーナス分を出金時に反映できず消失する」というものです。
10万円入金で2万円のボーナスが付きますが、この2万円分の出金を行うには180万円以上の取引を行わなければならないということです。
180万円以下の取引状況でも出金申請はできますが、申請完了した段階でボーナスが消失するようです。

実際に出金されるのか

画像8

日本時間で8月4日22時32分に1万円だけ出金申請を行いました。リクエストと表記され、この時点では取引ページにある「利用可能な資金」からは差し引きかれません。リクエストが通り出金されるまで視覚的な変化が無いので自己管理が大切になってきますね。

画像15

画像16

出金手続きに必要な振込口座入力について

画像9

口座情報入力自体はハイローオーストラリア同様に簡単に入力できますが、ここで見慣れないものが出てきます。
それが【swiftコード】というものと【IBAN/BSB】です。
swiftコードは外国送金において銀行を特定するコードとのことなので、一応海外に会社があるという体のBi-winningさんが送金のために求めているという認識で良いでしょう。
因みに各銀行のコードはちょっと調べたら出てくるので、この中から必要なものを探して入力してください。

画像10

良い点と悪い点

良い点✨
・ペイアウト率が今のところ高い
通貨ペアにより変わってきますが、1.88のものも結構ある印象ですね。但しAUD絡みなどは1.84倍だったりするので、期待値に対しての利率計算はちょっとややこしくなりそうです。
・取引通貨や銘柄の充実
昨今ハイローオーストラリアから姿を消したりペイアウト率を下げられているGOLDやポンドオージーなども問題なく取引が可能で、異常な約定拒否というのもあまりないように思います。
・ロウソク足などの表示切替など、取引画面で分析可能
これを使うかどうかは置いておいて、上画像の様な「エリア表示」以外にもロウソク足表示にしてラインを引いたりしつつ、その画面でトレードすることも可能です。

画像11

画像12

画像13

悪い点😑
・日本語訳がガバ
ページ内の日本語説明が意味不明な部分が多い事、また最も大切な利用規約が日本語ではひたすら文字化けしてしまっているのは不安材料ですね。
詳細な内容を調べたくても読めないと意味がありません。
・約定が遅い
エントリーボタンを押してから約定されるまでの時間が長く、連打や分散でトレードされる方にとっては結構シビアな問題になってくるのではないかと思います。
・チャート表示や判定時刻のデフォルト設定に慣れるまで大変
ハイローオーストラリアのように「turbo取引」と「ハイロー取引」に分かれているという訳ではなく、通貨ペアを変更するたびに「ショート」に設定されるのは注意です。
13分後の判定のつもりが2分後に判定なんてミスが起きそうですね。
・知らぬ間にログアウト
ログインしたまま放っておくと画面が白くなり再度取引画面に行くためのアクションが必要になります。「チャンスが近いからエントリーしよう」と思ったらログインやり直しなんてのも結構あります。
・取引履歴が微妙
言い方が抽象的になってすみません(オプションの使用方法について ^^;
というのも、上の画像を見てもらうと分かるように取引履歴には「通貨ペア」「レート」「取引時間」等の詳細情報が無いんです。つまり過去検証を行ったり、取引履歴からレート差を計算したりが非常に困難になってます。
また勝敗判定になっとくがいこうか行くまいが詳細な情報が残っていない為にとっつきにくいという点が今後怖いですね。
因みに履歴ダウンロードはエクセルになるのですが、これまた何とも言えないものがダウンロードされるのでちょっと考えモノです⇩

画像14

記載していない問題点や懸念点など、未だよくわからない機能といったものもちょいちょいあるので明確には言及できませんが、今のところちょっとマイナス要素が多い感じですね。ただ、バイナリー業者の入出金、トレードなどの面で安定して運用していけるのであれば使ってもいいのではないかなという感じです。
とはいえ、「いつ出金されなくなるか」「ペイアウト率の低下」「約定拒否や通貨ペアの減少」等、今後の不安材料は存在し続けます。
他のバイナリー業者と同じように「100%自己責任」で使うことを推奨いたします。僕自身も万一お金と時間が返ってこない場合を考慮して、出金後の残額だけで引き続き検証していこうと思います。

Virtual Machines と Virtual Machine Scale Sets を可用性ゾーンのサポートに移行する

アプリケーション層とデータ層の間で適度に短いネットワーク待機時間と良好なパフォーマンスが必要なゾーン デプロイの場合は、近接通信配置グループを使用します。 近接グループは、1 つのネットワーク スパインの下で異なる VM リソースを強制的にグループ化できます。 近接通信配置グループを使用する SAP ワークロードの例については、「SAP アプリケーションで最適なネットワーク待ち時間を実現するための Azure 近接通信配置グループ」を参照してください。

再デプロイ方法

再デプロイするには、VM と VMSS リソースを再作成する必要があります。 コンピューティング リソースの高可用性を確保するには、新しい VM と VMSS に複数のゾーンを選択することをお勧めします。

可用性ゾーンに VM を作成する方法については、以下を参照してください。

移行オプション 2: Azure Resource Mover

Azure Resource Mover を使用する場合

可用性ゾーンがないリージョンから、可用性ゾーンがある別のリージョンに VM または暗号化された VM を簡単に移動するには、Azure Resource Mover を使用します。 Azure Resource Mover を使用するメリットの詳細については、「Azure Resource Mover を使用する理由」を参照してください。

Azure Resource Mover に関する考慮事項

Azure Resource オプションの使用方法について Mover を使用すると、すべてのキーとシークレットがソース キー コンテナーから、ターゲット リージョン内で新しく作成された宛先キー コンテナーにコピーされます。 お使いのカスタマー オプションの使用方法について マネージド キー (Azure Key Vault、ディスク暗号化セット、VM、ディスク、およびスナップショットなど) に関連するすべてのリソースは、同じサブスクリプションとリージョンに存在する必要があります。 ターゲット リージョンがソース キー コンテナーのレプリケート先のセカンダリ リージョンである場合でも、Azure Key Vault の既定の可用性と冗長性の機能は、移動された VM リソースの宛先キー コンテナーとして使用できません。

Azure Resource Mover の使用法

ディザスター リカバリーの考慮事項

通常、可用性ゾーンは オプションの使用方法について VM を高可用性構成でデプロイするのに使用されます。 可用性ゾーンは、ゾーン間の間隔が狭すぎて、自然災害時にディザスター リカバリー ソリューションとしての役割を果たせないことがあります。 ただし、ディザスター リカバリーに可用性ゾーンを使用できるシナリオがあります。 詳細については、「ディザスター リカバリーへの可用性ゾーンの使用」を参照してください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる