外国為替市場

テクニカル指標の重要性を理解する

テクニカル指標の重要性を理解する
FX戦略

FXのテクニカル分析は意味ない?初心者のためのトレード基礎講座

テクニカル分析 FX

FXのテクニカル分析とファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは?

FX テクニカル分析

金融政策や要人発言、経済状況など その国の状況や将来性から今後の値動きを予想する分析方法 です。

テクニカル分析とは?

チャートで 過去の値動きを確認し将来の値動きを予想する分析方法 です。

スーツの若い男性 アイコン案内

FXのテクニカル分析は意味ない?

結論から言うと、テクニカル分析がトレードにおいて 意味がないということはありません

technical analysis

テクニカル分析と相性の良いローソク足とは?

ローソク足とは 一定期間の値動きを視覚的に表したもの です。

ローソク足の見方

technical analysis

なぜかというと、 期間が長い時間足の方がトレンドを掌握しやすく 、スキャルピングなどの短期トレードでない限り、トレンドに乗った取引の方が有利だからです。

スーツの若い男性 初心者マークポイント

ローソク足を使ったチャート分析方法とは?

  • 酒田五法(さかたごほう)
  • ダウ理論

酒田五法の基本形

スーツの若い男性 本-ひらめき

三山(さんざん)

technical analysis

三川(さんせん)

technical analysis

三空(さんくう)

technical analysis

technical analysis

三兵(さんぺい)

technical analysis

三法(さんぽう)

technical analysis

ダウ理論の6つの基本法則

6つの基本法則
①平均はすべての事象を織り込む
②トレンドには3種類ある
③主要トレンドは3段階からなる
④平均は相互に確認されなければならない
⑤トレンドは出来高でも確認されなければならない
⑥トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

平均はすべての事象を織り込む

経済指標や景気指数、自然災害などポジティブなニュースもネガティブなニュースも 全てはチャートに織り込まれている という考え方です。

トレンドには3種類ある

ダウ理論ではトレンドを、1年~数年間という長期間続く 主要トレンド 、3週間~3ヶ月の中期間続く 二次トレンド 、3週間未満という短期間続く 小トレンド の3つに分けています。

technical analysis

主要トレンドは3段階からなる

主要トレンドは 先行期、追随期、利食期 に分かれます。

technical analysis

先行期
追随期
利食期(りぐいき)

平均は相互に確認されなければならない

複数の平均的な指標が存在する場合、 相互に同じトレンドが確認できなければ明らかなトレンドとして捉えることはできない という考え方です。

charTrade(トレード手法)

当サイトのトレード手法は、当該の内容について運営者が作成・編集したものです。情報・データは安全性や正確性を保証するものではなく、投資への勧誘を目的としたものでもありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害について一切責任を負いませんので予めご了承ください。
当ページで紹介するトレード手法は、主にテクニカル分析を基にしたトレード手法を記載しますが、同じテクニカル分析でも見る人によって解釈は異なりますし、トレードは自身の性格やレベルに応じた市場の選択や運用が必要であり、当サイトのトレード手法が通用する保証は一切ありませんので予めご了承ください。また、投資対象の特性ごとにトレード手法や考え方も大きく異なることがございますのでご注意下さい。あくまで参考として記載しているものですので、投資の判断はすべて自己責任でお願いします。当サイトの すべての情報の転載・複写は一切ご遠慮願います。これらすべてをご理解・了承いただける方のみ参考に読んでみてください。これらすべてをご理解・了承いただけない方は申し訳ございませんがご退出ください。

ツイッター

ブログ|カテゴリー

charTradeとは

charTrade(チャートレード)とは、チャートを見て、トレードができるようになるトレード手法です。「テクニカル分析」と「徹底したリスク管理」を基に、トレードを仕掛けるタイミングや損切りポイント、利益確定ポイントを全て詳しく解説しています。charTradeを学習すれば、チャート上で実際の価格の値動きが示す意味を理解しながらトレードができるようになります。charTradeは、こちら!

charTrade(トレード手法)

当サイトのトレード手法は、当該の内容について運営者が作成・編集したものです。情報・データは安全性や正確性を保証するものではなく、投資への勧誘を目的としたものでもありません。当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害について一切責任を負いませんので予めご了承ください。
当ページで紹介するトレード手法は、主にテクニカル分析を基にしたトレード手法を記載しますが、同じテクニカル分析でも見る人によって解釈は異なりますし、トレードは自身の性格やレベルに応じた市場の選択や運用が必要であり、当サイトのトレード手法が通用する保証は一切ありませんので予めご了承ください。また、投資対象の特性ごとにトレード手法や考え方も大きく異なることがございますのでご注意下さい。あくまで参考として記載しているものですので、投資の判断はすべて自己責任でお願いします。当サイトの すべての情報の転載・複写は一切ご遠慮願います。これらすべてをご理解・了承いただける方のみ参考に読んでみてください。これらすべてをご理解・了承いただけない方は申し訳ございませんがご退出ください。

ツイッター

ブログ|カテゴリー

charTradeとは

charTrade(チャートレード)とは、チャートを見て、トレードができるようになるトレード手法です。「テクニカル分析」と「徹底したリスク管理」を基に、トレードを仕掛けるタイミングや損切りポイント、利益確定ポイントを全て詳しく解説しています。charTradeを学習すれば、チャート上で実際の価格の値動きが示す意味を理解しながらトレードができるようになります。charTradeは、こちら!

2022年7月8日(金)ドル円初心者戦略

FX戦略

ファンダメンタルズ分析

本日のシナリオ

注目材料

1. 経済指標・要人発言
本日は注目度の高い米国雇用統計が発表予定。特に平均時給はインフレ状況を把握する材料として重要と考えます。経済指標結果から⑥-1,2でドル円の方向性を判断したい。

①日米金融政策差→米国金融引き締め・日本金融緩和継続→ドル買い円売り→ドル円上昇
②-1 米国金融当局者タカ派発言→米国債利回り上昇ならドル買い→ドル円上昇
②-2 テクニカル指標の重要性を理解する 米国金融当局者ハト派発言→米国債利回り下落ならドル売り→ドル円下落
③-1 日本要人からの強い円安牽制発言→円買い→ドル円下落→下げ止まりから押し目買い勢によるドル円上昇
③-2 日本要人からの円安容認発言→円売り→ドル円上昇
④-1 リセッション懸念→株先物・株価指数下落→リスクオフドル買い円買い(通貨強弱「円>ドル」なら)→ドル円下落
④-2 リセッション懸念→急速な米国利上げ警戒後退→米国債利回り低下→ドル売り→ドル円下落
④-3 リセッション懸念→急速な米国利上げ警戒後退→株先物・株価指数上昇(通貨強弱「ドル>円」なら)→ドル円上昇
⑤リスクオン→株先物・株価指数上昇(通貨強弱「ドル>円」なら)→ドル円上昇
⑥-1 米国経済指標結果が強い数値→ドル買い→ドル円上昇
⑥-2 米国経済指標結果が弱い数値→ドル売り→ドル円下落

マーケットの動き

東京マーケット前

8:50 経済指標
日本国際収支5月度
経常収支:前回5011億円、予想1719億円、結果億円()
経常収支(季調済):前回5115億円、予想1548億円、結果億円()
貿易収支:前回-6884億円、予想-20418億円、結果億円()

東京マーケット(9:00~15:00)

9:55 実質五十日仲値(7/10休日)

欧州マーケット(16:00~25:00)

21:30 経済指標
米国雇用統計6月度
非農業部門雇用者数:前回39.0万人、予想26.4万人、結果万人()
失業率:前回3.6%、予想3.6%、結果%()
平均時給:

前月比前回0.3%、予想0.3%、結果%()
前年比前回5.2%、予想5.0%、結果%()

NYマーケット (22:30~29:00)

23:00 経済指標
米国卸売在庫確報値5月度
前回2.0%、予想2.0%、結果%()

24:テクニカル指標の重要性を理解する 00 要人発言
米国ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁(2022年FOMC投票権あり)

25:00 テクニカル指標の重要性を理解する 欧州クローズ

28:00 経済指標
米国消費者信頼残高5月度
前回380.07億ドル、予想億314.0億ドル、結果億ドル()

小次郎講師流 テクニカル指標を計算式から学び、その本質に迫る 真・チャート分析大全 ―安定投資家になるためのエッジの見つけ方 電子書籍版

小次郎講師流 テクニカル指標を計算式から学び、その本質に迫る 真・チャート分析大全 ―安定投資家になるためのエッジの見つけ方 電子書籍版

安定的に儲けるためにはチャート分析が不可欠である◆チャート分析でエッジを見つける 日本では、投資で儲けることはあぶく銭を手にするようなイメージがあります。でも、実際は違います。投資はビジネスの一分野です。このことを忘れてはいけません。 ビジネスである以上、「ある時期だけ大きく儲かった」というような一過性の投資では幸せにはなれません。やはり、安定的に利益を手にすることが求められます。 この「安定的に」ということを考えたとき、チャート分析(テクニカル指標の研究)が必要になります。ファンダメンタルズをどんなに極めても「どこで買うか、どこで売るか」の判断はできないからです。 残念ながら、勝率100%のチャート分析はありません。でも、チャート分析を正しく学ぶと、エッジのある状態を見抜くことができるようになります。エッジとは、確率の用語です。確率が有利になることをエッジが発生すると言います。 仮に、相場が上がるか下がるかを当てるだけなら50%かもしれません。その50%を60%に、60%を65%にできる局面を読み取るのがトレードエッジの根本的な考え方です。エッジがある瞬間を狙って仕掛けていけば、当たり外れを繰り返す中で、最終的に勝利を収められるのです。◆何を、どう見ているのか。それを学ぶ チャート分析について勉強すると、すぐに「どこが買いポイント、どこが売りポイント」というところにばかり興味がいきます。しかし、それだけの研究はお勧めしません。 すべてのチャート分析手法、テクニカル指標は、過去の相場の達人たちの経験と知恵の結晶です。相場の先人たちが何をポイントに相場を見ていたのか。それを学んでください。 チャート分析で真に重要なのは、売買サイン発生の仕組みをきちんと理解することです。そのためには、サインを導く計算式の意味を把握しなければなりません。このことを考慮して、本書では、さまざまなテクニカ指標の計算式を載せています。「このテクニカル指標は何を見ているものなのか」について、正しく理解してください。 煎じ詰めれば、「すべてのテクニカル指標は価格変動の中で買い、あるいは売りにエッジが生ずる瞬間を見つけ出すためのもの」と言っていいでしょう。その見つけ方がそれぞれのテクニカル指標で違うのです。 かつての相場の達人たちが価格変動の中で何に注目し、どこを見ることによってエッジの発生を導きだしたのか。その思いを汲み取ってください。 そして、正しい知識を取り入れ、正しく実践し、正しく練習(勉強)してください。そこに、チャート分析上達のカギがあります。◆本書で紹介しているテクニカル指標1)ローソク足2)平均足3)新値足4)移動平均線5)移動平均線大循環分析6)RSI7)ストキャスティクス8)ボリンジャーバンド9)一目均衡表10)MACD11)大循環MACD

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる