弱気相場での取引

前回安値のブレイク

前回安値のブレイク
【EURUSD/1時間足】

ゴールド相場見通し|FX/GOLD/XAUUSD/金相場|2022年6月15日チャート今後の予想


(参照:Fed Watch)

FRBがどのような結果を持ってくるのかはもちろん不明ですが、 市場観測はかなり過激 になっていると言わざるを得ません


(参照:FRED)

ゴールド相場(GOLD)_今後の注目ポイント

中期下降トレンドライン

こちらはすぐに接触する可能性が低いですが、 注目度を上げてきていると予想される ので紹介をしておきます。

この下降トレンドラインはロシアウクライナ情勢で急上昇した波形の先端から結んでおり、直近の1875ドルの高値も考慮すると 日足の実線ベース でひけそうなラインです。

1832ドルのレジスタンスエリア

そのため、 「レンジ抜けからの移動平均線でトレンド加速」という割とありそうな動きが決まってくる可能性 も考えると、変なタイミングで買い注文は危険です。

1790ドルのサポートエリア

ひげではなく実線で反応していそうな感じも現状しておりますが、ロング勢が希望を捨てるという意味で言うと このひげ先端が最終防衛線 になりそうです。

ゴールド(GOLD)の初トレードが不安な方へ

まず、 不安を感じていることは大変良いこと です。
リスクをしっかりと把握しようとする姿勢はトレードに欠かせません。

ボラティリティが高いゴールドでは、慣れない内に大きく損失を出す可能性があります。
急激な変動を見せるため、人によっては 1時間で資産をすべて溶かすケース も・・・

それを防ぐための 最低限の1意見 を書かせてください。

ゴールドのトレードなら海外業者の利用がおすすめ

ゴールドのトレードをするなら、基本的に海外業者のご利用を推奨いたします。
理由としては、海外業者には ゼロカットシステム が採用されているためです。

FXを含め、CFD(差金決済取引)の際には レバレッジ をかけることが多いです。
レバレッジとは「入金額以上の金額規模でトレードを行うことができる仕組み」を指します。

レバレッジは諸刃の剣なので、100万円で1,000万円分の取引ができる反面、
100万円の資産でトレードしたにもかかわらず、1億円の負債を抱えるリスク もあります。

厳しい話をすると、 初心者であろうと投下資金以上の借金を抱える可能性 があります。 前回安値のブレイク
10年間貯金した資産が一瞬で溶けたら、落ち込むどころではないかと思います。

それを回避するのが海外業者採用のゼロカットシステムで、
「 投下資金以上の損失は計上しない仕組み 前回安値のブレイク 」となっております。

ゼロカットシステムによって、
最大損失は自分が入金した金額に限定しつつ、
勝ち分は無限に膨らませることができます。

それでも、「 海外 」という単語にアレルギーがある方もいらっしゃると思います。

「よく分からない不安がある中で、海外業者も複数あるがどうすれば・・・」
という方には、 まずはXMという業者をおすすめいたします。

中には危険な海外業者も

逆に不安が全く無くて、
「どこの業者でも同じだからボーナスが多いほうがいい!」という方がいると危険なので、
海外業者で起こり得る以下の事例 も紹介しておきます。

上記は私も相談を受けたことがありますが、
「よく分からないけどすごく条件が良かった」という理由のみで
口座開設をしてそうなったという内容がほとんどです。

ただでさえ金銭が動くトレードで、このような無駄な不安は取り除きたいと思います。
その観点では、「 海外業者に迷ったら最初はXM一択 」ぐらいで捉えておいても良いです。

私個人の話をすると、 ボーナスが充実している海外業者のGEMFOREX も活用していますが、
こちらは少し海外業者のトレードに慣れてからのほうがうまく活用できる印象です。

【鉄板パターン】僅かな差が勝敗を分ける!バイナリーオプション取引の成功率を上げるエントリータイミングとは?

攻略テクニック

悩む男性

悩む女性

そこで今回の記事では “バイナリーオプション取引の成功率を上げるエントリータイミングの捉え方” についてお話していこうかと思ってます(*´∀`*)

バイナリーオプション取引のエントリータイミングを見定める判断基準を見つけよう!

当然ながら、私たちはバイナリーオプションで取引するにあたり “勝ちやすいタイミング” を見つける必要があります😊

じゃあその勝ちやすいタイミングを測るためには何が必要かっていうと、『 判断基準 』です(*´∀`*)

最低でもどんな状況でエントリーするのか?というところは絞っておきたいので、私が普段から取り組んでいる “トレンド相場で順張りをする際のエントリータイミング” をテーマにお話を進めていきたいと思います(^_^)

トレンドフォローにおける代表的な2つのエントリータイミング

トレンド相場の進行方向に沿って順張りすることを『トレンドフォロー』と言うのですが、この際に最も気をつけたいのは 『高値安値掴み』 です✊

高値掴み

高値イラスト

そういった事態を避けるためにも、できればトレンドが伸び切ったところではなく “トレンドが勢いづくタイミング” を狙っていきたいんですよね(*゚∀゚)

そこでまずご紹介したいのが、 “トレンドフォローで有効な2つの代表的なエントリータイミング(手法)” です😊

  • 移動平均線の押し目エントリー
  • 前回高値安値のブレイクエントリー

ここから順番に解説していきますが、この2つのエントリータイミングは両方とも 5分足で確認 するようにしてください(*´∀`*)

悩む男性

移動平均線を使った押し目(戻り目)エントリーのタイミング

戻しチャート

この戻しが入るタイミングでエントリーすると負けてしまうため、 “戻しが終わって再びトレンドが勢いづくタイミング” を狙うのが『押し目(戻り目)エントリー』です(*´∀`*)

押し目ポイント

押し目エントリー

前回高値安値の抵抗帯をブレイクした後のエントリータイミング

反発

ブレイク騙し

ブレイクエントリー

もったいない負けを回避する1分足のエントリータイミングとは?

さて、ここまでご紹介した『押し目エントリーのタイミング』と『前回高値安値のブレイクエントリーのタイミング』はそれぞれ 5分足で確認してください とお話しましたね😊

僅差で負け

このような “僅差の負け” って意外と多かったりします😅

でも 少しエントリーするタイミングを工夫するだけでこの僅差の負けを減らすことができる 前回安値のブレイク んです✨

些細なエントリータイミングに隠された大きなメリット

トレンドフォローの取引において、1分足で細かいエントリータイミングを測る際に重要なのは “エントリー方向と逆方向に少しでも引きつけてエントリーすること” です😁

タイミング

なぜこれが重要かっていうと、 僅かなタイミングの違いによる負けを減らし、少しでも勝てる可能性を上げるため です💡

引きつけエントリー

盛り返しパターン

  • 引きつけないエントリー が勝てて 引きつけたエントリー が負けるパターンはない。(その場合引きつけたエントリーも勝てます)
  • 逆に 引きつけたエントリー が勝てて 引きつけないエントリー が負けるパターンはある。(上記で紹介した2パターンがそれですね)

つまり 引きつけてエントリーすることにはメリットしかない わけです(*´∀`*)

悩む男性

欲張りすぎると逆に自分を追い込んでしまうことになるので、1分足でエントリーするローソク足が決まったらあくまで “ちょっとでも引きつけて” を意識してタイミングを測ってみてください(*´∀`*)

ゴールド相場見通し|FX/GOLD/XAUUSD/金相場|2022年6月15日チャート今後の予想


(参照:Fed Watch)

FRBがどのような結果を持ってくるのかはもちろん不明ですが、 市場観測はかなり過激 になっていると言わざるを得ません


(参照:FRED)

ゴールド相場(GOLD)_今後の注目ポイント

中期下降トレンドライン

こちらはすぐに接触する可能性が低いですが、 注目度を上げてきていると予想される ので紹介をしておきます。

この下降トレンドラインはロシアウクライナ情勢で急上昇した波形の先端から結んでおり、直近の1875ドルの高値も考慮すると 日足の実線ベース でひけそうなラインです。

1832ドルのレジスタンスエリア

そのため、 「レンジ抜けからの移動平均線でトレンド加速」という割とありそうな動きが決まってくる可能性 も考えると、変なタイミングで買い注文は危険です。

1790ドルのサポートエリア

ひげではなく実線で反応していそうな感じも現状しておりますが、ロング勢が希望を捨てるという意味で言うと このひげ先端が最終防衛線 になりそうです。

ゴールド(GOLD)の初トレードが不安な方へ

まず、 不安を感じていることは大変良いこと です。
リスクをしっかりと把握しようとする姿勢はトレードに欠かせません。

ボラティリティが高いゴールドでは、慣れない内に大きく損失を出す可能性があります。
急激な変動を見せるため、人によっては 1時間で資産をすべて溶かすケース も・・・

それを防ぐための 最低限の1意見 を書かせてください。

ゴールドのトレードなら海外業者の利用がおすすめ

ゴールドのトレードをするなら、基本的に海外業者のご利用を推奨いたします。 前回安値のブレイク
理由としては、海外業者には ゼロカットシステム が採用されているためです。

FXを含め、CFD(差金決済取引)の際には レバレッジ をかけることが多いです。
レバレッジとは「入金額以上の金額規模でトレードを行うことができる仕組み」を指します。

レバレッジは諸刃の剣なので、100万円で1,000万円分の取引ができる反面、 前回安値のブレイク
100万円の資産でトレードしたにもかかわらず、1億円の負債を抱えるリスク もあります。

厳しい話をすると、 初心者であろうと投下資金以上の借金を抱える可能性 前回安値のブレイク があります。
10年間貯金した資産が一瞬で溶けたら、落ち込むどころではないかと思います。

それを回避するのが海外業者採用のゼロカットシステムで、
「 投下資金以上の損失は計上しない仕組み 」となっております。

ゼロカットシステムによって、
最大損失は自分が入金した金額に限定しつつ、
勝ち分は無限に膨らませることができます。

それでも、「 海外 」という単語にアレルギーがある方もいらっしゃると思います。

「よく分からない不安がある中で、海外業者も複数あるがどうすれば・・・」
という方には、 まずはXMという業者をおすすめいたします。

中には危険な海外業者も

逆に不安が全く無くて、
「どこの業者でも同じだからボーナスが多いほうがいい!」という方がいると危険なので、
海外業者で起こり得る以下の事例 も紹介しておきます。

上記は私も相談を受けたことがありますが、
「よく分からないけどすごく条件が良かった」という理由のみで
口座開設をしてそうなったという内容がほとんどです。

ただでさえ金銭が動くトレードで、このような無駄な不安は取り除きたいと思います。
その観点では、「 海外業者に迷ったら最初はXM一択 」ぐらいで捉えておいても良いです。

私個人の話をすると、 ボーナスが充実している海外業者のGEMFOREX も活用していますが、
こちらは少し海外業者のトレードに慣れてからのほうがうまく活用できる印象です。

海外FXのZigZagとは?押し安値・戻り高値についてもしっかり理解しよう!

次に「表示選択」より、ZigZagをどの時間足に表示させるかを設定します。ZigZagを全ての時間足に表示させたければ、上図のように「すべての時間足」にチェックを入れます。

普通のZigZagと違って、上昇部分と下降部分で色が変わっています。「ZigZag 」と「ZigZag Color」のどちらを使うかは、それぞれの自由なので好みのほうを利用してくださいね。

押し安値・戻り高値・ダウ理論について理解しよう!

  1. 戻り高値もしくは押し安値をブレイクしたらその次の足でエントリーする
  2. 戻り高値もしくは押し安値をブレイクしたら戻りを待ってエントリーする

ダウ理論とは?

ダウ理論とは、アメリカ合衆国のジャーナリスト・証券アナリストであるチャールズ・ダウ氏が提唱した、 FX相場のトレンドを分析するための理論 です。

ダウ理論では 「上昇トレンド」「下降トレンド」「トレンド転換」 の条件を次のように定義しています。

上昇トレンド

上昇トレンドは、 高値も安値も切り上がっている状態のこと をいいます。

下降トレンド

下降トレンド は高値と安値がどちらも切り下がっている状態のこと をいいます

トレンド転換

トレンド転換とは 高値と安値の切り上げ・切り下げが逆転すること をいいます

今回紹介する手法は ZigZagを使って「戻り高値」と「押し安値」を判断 して取引を行います。戻り高値と押し安値は、普通の高値・安値とは違い、 トレンド転換を見極める大切なポイント です。

戻り高値とは?

戻り高値とは、 最安値を作った起点となる高値のこと です。

また、以下の画像のように価格が戻り高値を上にブレイクすると、 下降トレンドが終了し上昇トレンドが発生するケースが多い です。

人によって「明確にブレイクした部分」の定義は異なりますが、戻り高値をローソク足のヒゲではなく 、 ローソク足実体でしっかりブレイクしたことを確認出来たら目線が切り替わると判断する ことをおすすめ します。

押し安値とは?

押し安値とは、 最高値を作った起点となる安値のこと です。

また以下の画像のように価格が押し安値を下にブレイクすると、 上昇トレンドが終了し下降トレンドが発生するケースが多い です。

人によって「明確にブレイクした部分」の定義は異なりますが、押し安値をローソク足のヒゲではなく 前回安値のブレイク 、 ローソク足実体でしっかりブレイクしたことを確認出来たら目線が切り替わると判断する ことをおすすめ します。

戻り高値と押し安値は絶対ではない

戻り高値と押し安値は確かに重要ですが、戻り高値を上にブレイクしたから・押し安値を下にブレイクしたからといって 必ずトレンド転換するわけでない ことを頭に入れておきましょう。

例えば以下のようなケースがあります。ユーロドルの4時間足で最安値を作った起点となる戻り高値をブレイクしました。

このように戻り高値と押し安値のブレイクだけを見てトレンド転換を判断するのではなく、 マルチタイムフレーム分析や移動平均線などのインジケーターを組み合わせて精度を高める必要が あり ます。

海外FXにおけるZigZagを使った取引手法を紹介!

ZigZagで押し安値・戻り高値を判断しブレイクを狙う

  1. ZigZagの最高値もしくは最安値を見つける
  2. 最高値もしくは最安値を作った押し安値・戻り高値を見つける
  3. 押し安値もしくは戻り高値をブレイクした足の次の足でエントリーする

最高値を作った押し安値をZigZagで確認し、 押し安値に水平ラインを引き ます。 押し安値に引いた水平ラインを実体でブレイクしたら、その次の足で売りエントリー を行います。

まずZigZagで最安値を見つけ、 戻り高値に水平ラインを引き 前回安値のブレイク ます 。戻り高値に引いた水平ラインを上にブレイクしたら、その次の足で買いエントリー します。

もちろん負けトレードもある

相場は上位足の方向に引っ張られるので、 1時間足でエントリーする前に4時間・日足の状況も確認しましょう。

ZigZagで押し安値・戻り高値を判断しブレイクからの戻しを狙う

  1. ZigZagの最高値もしくは最安値を見つける
  2. 最高値もしくは最安値を作った押し安値・戻り高値を見つける
  3. 押し安値もしくは戻り高値に引いた水平ラインをブレイクして、その水平ラインまでの戻りを待ってエントリーする

しかし 1つ目の手法よりも 損切を浅くできる メリット があります。1つ目の例を見ていきましょう。下図をご覧ください。まず ZigZagで最高値を見つけ、最高値を作った押し安値に水平ラインを引き ます。

押し安値に引いた水平ラインを下にブレイクしたら、 一旦価格が下がって再度水平ラインに戻ってくるのを待ち ます。

狙い通り価格が戻ってきたところで売りエントリー を行いましょう。もし価格が戻ってこなければ、エントリーせず見送ります。

次の例を見ていきましょう。まず ZigZagで最安値を見つけたら、その最安値を作った戻り高値に水平ラインを引き ます。

狙い通り 価格が水平ラインまで戻ってきたら買いでエントリー します。価格が戻ってこなければエントリーを見送りましょう。

久しぶりにスマホトレード公開!IFD注文で保ち合いからのブレイクを狙う。

スマホFXトレード

さて、今日はメチャクチャ久しぶりに スマホトレード を公開!!

ちなみに結果から言っちゃうと今回のトレードは 惨敗 です。

EURUSD下降トレンド保ち合いのブレイクを狙う!

4時間足見立て

【EURUSD/4時間足】

1時間足見立て

【EURUSD/1時間足】

ここをブレイクして順調に下げてくれたら、前回安値まで +60pips前後 は取れる計算です。

日足週足見立て

【EURUSD/日足&週足】

この週足で見るとネックライン( 緑線 )まで落ちてきそうにも思えますが、最近のドル相場の不安定さを考えると深追いは厳禁かなと。

  • 週足:上昇トレンドだがダブルトップを形成し下落中。
  • 日足:レンジ。レジサポに向けて下落中。
  • 4時間足:下降トレンド中の保ち合いだが、MA50と下降雲に抑えられ、且つレジサポにぶつかってる。
  • 1時間足:レジサポがちょうどレンジの下限になってる。
  • 戦略:レジサポ下限ブレイクで仕掛け、前回安値までの+60pips辺りを狙う。

IFD注文を設置してブレイクの時を待つ

IFD注文画面

1時間足注文後

【EURUSD/1時間足(IFD注文設置後)】

前回公開したトレードの時みたいに 「ロット数半分にして損切り幅を倍に作戦」 を実行してもよかったんですけどね。

1時間足エントリー

【EURUSD/1時間足】

1時間足決済

【EURUSD/1時間足】

みなさんご覧ください。
これが 「ダマシ」 というや〜つです。

そんなわけで今回は -25pips(-280,134円) の惨敗です。

取引結果

結果論を言っちゃえば、 損切りを4時間足MA50までカバーしていなかったのが敗因 と言えるかも(・д・)

1時間足その後

【本日午前のEURUSD1時間足】

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる