オプション戦略のご紹介

投資信託とは

投資信託とは
コラム

You must read the following information before proceeding. When you have read the information set out below, please click on the "I confirm that I have read and understand the above information" link at the bottom of the page to acknowledge that you have read the information and to continue.

This website is directed only at residents of Japan and the information provided is not for distribution outside Japan. Shares of the NEXT FUNDS are not offered for sale or distribution outside of Japan.

Not all securities, products or services described in the website are available everywhere. The information contained in this website is for information purposes only and does not 投資信託とは constitute a distribution, an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any securities or provide any services in any jurisdiction in which such distribution or offer is not authorized. Although the information provided on this site is obtained or compiled from sources that Nomura Asset Management Co., Ltd. believes to be reliable, Nomura Asset Management Co., Ltd. cannot and does not guarantee the accuracy, certainty or 投資信託とは completeness of the information and materials 投資信託とは contained in this website.

The information on this website is for reference purposes only and does not constitute an offer to sell or the solicitation of an offer to buy securities by Nomura Asset Management Co., Ltd. to any person in Japan.投資信託とは

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United Kingdom and under no circumstance shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United Kingdom.投資信託とは

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United States or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the provision of the information on this 投資信託とは website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United States or 投資信託とは to any U.S. Person as defined under the Securities Act of 1933, as amended. Residents of the United States are specifically prohibited 投資信託とは from investing in the NEXT FUNDS and no person may offer investment in these funds to residents of the United States.

投資信託の「一般型」と「累投型」の違いとは?分かりやすく解釈

投資信託の「一般型」と「累投型」の違い

金融・経済

投資信託の 「一般型」 と 「累投型」 は投資信託の投資方法に関する類似の意味を持っている投資用語ですが、 「一般型」 と 「累投型」 の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、投資信託の 「一般型」 と 「累投型」 の違いを詳しく解説していきます。

投資信託の「一般型」とは?

投資信託の「一般型」とは?

投資信託の 「一般型」 とは、 「投資信託(ファンド)の運用利益から出される分配金を、口座に現金で受け取る投資方法」 を意味しています。

投資信託の「累投型」とは?

投資信託の「累投型」とは?

投資信託の 「累投型」 とは、 「投資信託(ファンド)の運用利益から出される分配金を、(現金では受け取らずに)同じ投資信託に再投資する累積投資の方法」 を意味しています。

「累投型」 を選ぶことによって、投資信託の運用利益による分配金を現金として引き出すことはできなくなりますが、再投資を何度も繰り返すので 「投資信託の資産規模」 を 「一般型」 よりも大きくしやすくなります。

投資信託の「一般型」と「累投型」の違い!

投資信託の「一般型」と「累投型」の違い!

投資信託の 「一般型」 と 「累投型」 の違いを、分かりやすく解説します。

投資信託の 「一般型」 とは、 「投資信託(ファンド)の運用利益によって出される分配金を、現金で受け取る投資方法」 のことを意味しています。

それに対して、 「累投型」 という投資信託の用語は 「投資信託(ファンド)投資信託とは の運用利益から生み出される分配金を、(現金では受け取らずに)その投資信託に再投資する投資方法」 や 「再投資を積み上げて資産を増やす累積投資をする方法」 を意味しているという違いを指摘できます。

まとめ

投資信託の 「一般型」 と 「累投型」 の違いを分かりやすく解説しましたが、いかがだったでしょうか?

「一般型」 というのは、 「投資信託の運用利益から出される分配金を、現金で受け取る投資方法」 を意味しています。

それに対して、 「累投型」 という用語は 「投資信託の運用利益から出される分配金を、そのままその投資信託に再投資する投資方法」 の意味合いを持っています。

投資信託の「一般型」と「累投型」の違いとは?分かりやすく解釈

投資信託の「一般型」と「累投型」の違い

金融・経済

投資信託の 「一般型」 と 「累投型」 は投資信託の投資方法に関する類似の意味を持っている投資用語ですが、 「一般型」 と 投資信託とは 「累投型」 の違いを正しく理解できているでしょうか?

この記事では、投資信託の 「一般型」 と 「累投型」 の違いを詳しく解説していきます。

投資信託の「一般型」とは?

投資信託の「一般型」とは?

投資信託の 「一般型」 とは、 「投資信託(ファンド)投資信託とは の運用利益から出される分配金を、口座に現金で受け取る投資方法」 を意味しています。

投資信託の「累投型」とは?

投資信託の「累投型」とは?

投資信託の 「累投型」 とは、 「投資信託(ファンド)の運用利益から出される分配金を、(現金では受け取らずに)同じ投資信託に再投資する累積投資の方法」 を意味しています。

「累投型」 を選ぶことによって、投資信託の運用利益による分配金を現金として引き出すことはできなくなりますが、再投資を何度も繰り返すので 「投資信託の資産規模」 を 「一般型」 よりも大きくしやすくなります。

投資信託の「一般型」と「累投型」の違い!

投資信託の「一般型」と「累投型」の違い!

投資信託の 「一般型」 と 「累投型」 の違いを、分かりやすく解説します。

投資信託の 「一般型」 とは、 「投資信託(ファンド)の運用利益によって出される分配金を、現金で受け取る投資方法」 のことを意味しています。

それに対して、 「累投型」 という投資信託の用語は 「投資信託(ファンド)の運用利益から生み出される分配金を、(現金では受け取らずに)その投資信託に再投資する投資方法」 や 「再投資を積み上げて資産を増やす累積投資をする方法」 を意味しているという違いを指摘できます。

まとめ

投資信託の 「一般型」 と 「累投型」 の違いを分かりやすく解説しましたが、いかがだったでしょうか?

「一般型」 というのは、 「投資信託の運用利益から出される分配金を、現金で受け取る投資方法」 を意味しています。

それに対して、 「累投型」 という用語は 「投資信託の運用利益から出される分配金を、そのままその投資信託に再投資する投資方法」 の意味合いを持っています。

投資信託初心者入門

アメリカの成長を手にするための長期投資の新ルール

知っておきたい!つみたてNISAで長期投資をする際に気を付けるべきポイントとは?【第12回】

積立ててほったらかしは厳禁

積立ててほったらかしは厳禁!経験も積み上げていきましょう!【第13回】

積立をやめるかどうか

積立対象の投資信託が下落したらどうする?積立をやめるかどうかの考え方とは【第14回】

積立投資5年後10年後

積立を続けるだけで良いの?5年・10年で点検しましょう!【第15回】

投資信託、見ておくべき情報

投資信託を保有するなら身に付けたい!見ておくべき情報と成功のポイント【第16回】

投資信託、償還期限

償還期限のある投資信託は避けるべき?延長されるファンドの見分け方とは【第17回】

為替ヘッジの必要性

投資信託に為替ヘッジって必要?不要な理由を解説!【第18回】

アクティブファンド投資

アクティブファンドに投資する時のおすすめの金額配分と銘柄の選び方【第19回】

テーマ型ファンド

テーマ型ファンドを長期投資に組み込むメリットとは?【第20回】

投資信託の売り時

投資信託の売り時とは?ファンドの途中入れ替えと資産形成のやめ時について【第21回】

ファンド名称雑学

ファンド名称雑学【番外編】

おすすめ記事

関連サイト

【ご注意】
『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

【投資信託とは何か】仕組みやメリット・デメリットをわかりやすく簡単に説明!

【投資信託とは何か】初心者にもわかりやすく簡単に説明!

コラム

投資信託とは?

投資信託とは、多数の投資家から資金を集めてファンド化し、運用のプロであるファンドマネージャーが投資・運用を行う金融商品です。運用の成果は、資金の拠出者である投資家に分配金という形で還元されます。

投資家は専門的な投資の知識がなくとも、投資信託を購入することで、投資のプロに自分の資金を運用してもらえるのが特徴です。

投資信託の仕組み

投資信託の仕組み

ここでは、投資信託の仕組みを簡単に説明します。投資信託は、販売・運用・管理の機能を複数の機関に分担させることにより安全性を高めています。

販売会社は、多数の投資家から資金を集める役割を担っています。また、投資家にとっては、投資信託の商品内容や投資方針などを説明し、それぞれの投資家に適した商品についてアドバイスする機能も果たしています。

運用会社(委託会社)

投資家から販売会社を通じて振り込まれた資金の運用を担当します。具体的には、信託銀行に対して有価証券等の売買などの運用指示をします。

信託銀行(受託会社)

信託銀行は、投資家から集めた資金を安全に保管・管理し、運用会社からの運用指示に従って実際の運用実務を行います。

投資信託の基準価額(基準価格)とは?

投資信託には値段があり、運用結果に応じて日々変動しています。これを投資信託の「基準価額(基準価格)」といい、通常は1口または1万口あたりの値段として表現されます。なお、「口(くち)」は投資信託を購入する単位です。

『1口あたりの基準価額=(総資産-負債)/総口数』

投資信託のメリット

投資信託のメリット

運用のプロに任せられる

一方で投資信託の場合は、一度購入すれば、運用会社が投資商品の組み入れ比率を決めてくれます。運用に関する知識・経験が乏しい方や、資産運用に割ける時間が限られている方には、プロに運用を任せられることは大きなメリットとなります。

さまざまな国や商品に投資できる

これに対して投資信託では、通常は個人での投資が難しい国の商品や、非上場株式や債券などの金融商品にも投資できることになります。

分散投資になる

一方で投資信託は、多数の投資家から資金を集めてファンド化し、さまざまな銘柄に投資するので、投資家は分散投資の効果を得ることができるます。値動きの異なる複数の資産に投資することで、資産全体としての価格変動リスクを抑えることができます。

少ない資金から始められる

この点投資信託であれば、基準価額にもよりますが、多くの場合5,000円程度から投資することが可能です。投資信託によっては1,000円程度から投資を始められるものもあります。

投資信託のデメリット

投資信託のデメリット

手数料・コストが高い

投資信託のデメリットとしては、さまざまな手数料・コストがかかってしまうというデメリットがあります。投資信託は、複数の機関に役割を分担させることで全体を機能させているため、そのぶんそれぞれの機関に支払うべきコストがあります。

購入手数料

投資信託を購入する際に、銀行や証券会社などの販売会社に支払うのが「購入手数料」です。手数料の金額は投資信託の種類や販売会社によって異なりますが、購入金額の1.1%~3.3%程度かかるのが一般的と言われています。

投資信託を保有するには、「信託報酬」というコストが発生します。信託報酬は、投資信託の保有資産から、販売会社・運用会社・信託銀行の3社にそれぞれ支払われます。信託報酬の料率も投資信託によって異なりますが、年率で純資産額の0.5%~2%程度が一般的です。

信託財産留保額

投資信託を解約する際に投資家が支払う費用が「信託財産留保額」です。ただし投資家が支払うのではなく、「基準価額に対して何%」といった形で解約代金から差し引かれます。

投資信託の種類によって差し引かれる金額は異なり、一般的には0.1%~0.5%程度です。しかし、近年ではこの手数料は廃止され、差し引かれない投資信託も多くあります。

投資リスクがある

投資信託は、運用の結果次第では元本割れのリスクがあります。具体的には、価格変動リスク、為替変動リスク、金利変動リスクのほか、信用リスク、流動性リスク、カントリーリスクがあります。

価格変動リスク

株式や債券などの金融商品の価格は、企業の業績や事業環境の変化、その商品に対する需給によって日々変動します。投資信託はこのような有価証券を投資対象としているので、基準価額も、投資対象の価格変動によって毎日変動します。

為替変動リスク

為替変動リスクとは、ある通貨と他の通貨の為替レートが変動することにより、資産の価値や運用利回りが影響を受けるリスクをいいます。

金利変動リスク

つまり、債券を投資対象とする投資信託は、金利の変動の結果として投資信託の基準価格が変動するリスクがあるのです。

投資信託の運用を検討している方は?

そんな方は、ぜひヘッジファンドダイレクトにご相談ください。ヘッジファンドダイレクトでは、あなたの投資目標やニーズに合致した理想的な商品を紹介しているので、納得できる資産運用をサポートします。投資信託の利回りとは?計算方法や目安・平均値はどのくらいか解説!

ベンチャー投資を個人でする方法!エンジェル投資家として大きなリターンを狙おう!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

インデックスファンドの平均利回りはどのくらい?仕組みや計算方法を解説!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

インデックスファンドの分配金(配当金)とは?仕組みやいつもらえるのかを徹底解説!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

投資信託には複利効果がない?計算式や複利効果を高めるポイントを解説!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

ハーバード大学教授が紐解く、株価と実体経済の乖離

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

ポートフォリオ作成のための各資産の長期リターンデータ

ポートフォリオを組むうえて重要なのはどのようなアセットクラスで投資するかということだ。 しかし、そうはいっても各アセットクラスがどのような動きをしているかわからないということもよく聞く。 ここでは各資産のチャートと比較チャート.

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

ヘッジファンドダイレクト

本サイトは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたのもので、金融商品の取得勧誘・販売等を目的としたものではありません。本資料作成においては万全の注意を払っておりますが、本資料に含まれる情報の正確性、更新性に関しては弊社は一切保証していません。また、当該評価は過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を保証したものではございません。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願い致します。【著作権に関するお願い】当社およびその関係会社が当社Webサイトで提供する文書・映像・音声・その他の著作物および当DVDは、著作権法、およびその他の法律により保護されています。当社の文書での許諾なく、これらの一部又は全部をそのまま又は改変して転載・転用・送信・上映等により利用することは、その目的が営利か非営利か、その手段が電子的か否か、またメディアの如何を問わず禁止します。「引用」を行う場合には、必ず出典ページへのリンクを併用してください。当サイトへのリンクは自由です。著作権に関する詳しい情報は、公益社団法人 著作権情報センター著作権相談室までご確認ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる