初心者向けおすすめFX動画

トレーリングストップのメリットデメリットについて

トレーリングストップのメリットデメリットについて
ファクタリング

トレーリングストップのメリットデメリットについて

資金調達サポート

トレーリングストップのメリットデメリットについて 0120-029-031

個人事業主向け

手形割引

資金調達

ビジネスローン

ファクタリング

【意外と知らない】燃費良好のディーゼル車がもつ5つのデメリット (1/2ページ)

【意外と知らない】燃費良好のディーゼル車がもつ5つのデメリット

webcartop_ディーゼル07

では、クリーンディーゼルに死角はないのだろうか。ガソリンエンジン車、ハイブリッド車と比べると、いくつかの点で不利な点がある、というのも事実だ。今回は5つのポイントに絞って、デメリットを整理してみよう。

①高価な車両価格

webcartop_ディーゼルデメリット01

②アドブルーが必要な車種もある

webcartop_ディーゼルデメリット07

名前: 山本晋也 肩書き: 自動車コラムニスト 現在の愛車: スズキ・エブリイバン(DA17V・4型)/ホンダCBR1000RR-R FIREBLADE SP(SC82) 趣味: モトブログを作ること 好きな有名人: 菅麻貴子(作詞家)

XMTradingロイヤルティプログラム

Tradexfin Limitedは、証券ディーラーライセンス番号SD010の下、セーシェル金融庁(FSA)により規制されています。 | 個人情報保護方針 | クッキーに関する方針 | 契約条件
Fintrade Limitedは、証券ディーラーライセンス番号GB20025835の下、モーリシャス金融サービス委員会(FSC)より、規制されています。 | 個人情報保護方針 | クッキーに関する方針 | 契約条件

TPS Management Limitedの所在地は、Steliou Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364, Nicosia, Cyprusです。 TPS Management LimitedはTradexfin Limitedが完全に所有しています。

リスク警告: FXおよびCFD商品取引には投資元金を失う非常に高いリスクが伴います。弊社Tradexfinのリスク開示およびFintradeのリスク開示をお読みの上、十分にご理解ください。

お客様の個人情報を大切にします

お客様のクッキーの設定

クッキーとは何ですか?

クッキーは何の役に立つのですか?

以下は、クッキーが弊社に提供する一部の機能の概要です:

  • お客様の個人情報を確認し、お客様のアクセス元の国を特定する
  • ブラウザ種類と端末をチェックする
  • ユーザーの参照元となったサイトを追跡する
  • 第三者によるコンテンツの適切なカスタマイズを可能にする

本ウェブサイトは、Google, Inc. 社(「Google」)が提供するウェブ分析サービスのGoogle アナリティクスを使用しています。Google アナリティクスは、お客様のコンピュータに保存されている分析クッキーを使用してユーザーのウェブサイトの利用を分析します。クッキーによって生成されたお客様のウェブサイトの利用に関する情報(お客様のIPアドレスを含む)は、Googleによってそのサーバーに送信され、保存される場合があります。Google はこの情報を使用してウェブサイトの利用状況を評価し、ウェブサイトの活動に関するレポートを編集し、ウェブサイトの活動やインターネットの利用に関連するその他のサービスを提供する場合があります。また、Google は法律によってこちらを行うことが必要な場合には本情報を第三者に転送する場合があり、こちらには当該第三者がGoogle に代わって情報を処理する場合も該当します。Googleは、お客様の IP アドレスを他のデータと関連付けることはありません。本ウェブサイトを使用することにより、お客様は、Googleにお客様に関する情報を上記に規定された方法および目的にて処理する許可を与えます。

FXトレードでの【ギャン理論】生涯勝率8割超!28のルールと使い方を紹介します。

LINE

送る

ギャン理論とは? 生涯勝率8割超 の理論!

ギャン理論は、生涯勝率8割超と言われる凄腕トレーダーであるウィリアム・D・ギャンが自身のトレードをまとめた有名な相場理論であり、ダウ理論やエリオット波動理論と並び称される理論です。ギャンインジケーターはどのチャートでも搭載されているので、見たことはある、触ったことがあるという人もいるでしょう。FXだけでなく、株やその他の相場にも適用される理論です。

理論の内容は「相場観測」「予測法と建て玉法」「運用ルール」に大別できますが、聖書、占星術、古代神話などの思想をも含んでいるため、一般的に理解に及ぶものではありません。ギャン理論の中心になるのは「価格と時間の均衡」にありますので、それに焦点をあてて解説していきます。最後にトレーダーのバイブルといわれる勝率8割超を保った「28のトレードルール」についても触れますので、最後までご覧ください。

ギャンが生き抜いた「世界大恐慌」

ギャンツールの使い方

イチ早くトレンドを掴む

下の画像はUSD/JPY2014年~2017年あたりの週足です。45°のラインは「ギャンライン」で引けますので、 1×1 はそれをもとにだいたい45°で引いています。 ここでみる限り、レジスタンスもサポートも効いていますし、45°のラインを割った 〇 の部分ではブレイクして大きく下がりました。

ギャンラインの45°は長期トレンドの発生を意味します。1点から伸ばすと45°のラインを引くことができます。45°の上に価格があれば上昇トレンド、下にあれば下降トレンド、クロスした場合にトレンドの終了という見方ができます。起点に迷う人もいると思いますが、特に決まりがないので、直近の高値・安値を選択するといいでしょう。

ギャンファン(ギャンアングルともいいます)は、上の画像のように決まった角度の上下4本ずつのラインを表示できます。時間1に対して、価格が1/8、1/4、1/3、1/2、1、2、3、4、8になるように配置されています。レジスタンス&サポート、また目標の目安として予測可能です。ギャンファンは「時間と価格に注目したトレンド転換を見極める手法」としてもっとも注目されています。ギャンインジケーターでは、このギャンファンが多く使用されています。

ギャングリッドは、右の画像のように、ひし形の範囲で価格が推移することが視覚的にわかるインジケーターです。ギャンラインを交差させることにより、予測しやすく工夫されているというものです。グリッドを引く場合も、45°になるようにするといいでしょう。

価値ある28のルール」は現在でも大事な事柄です!

トレードで勝つために必要なものの一つに「自制心」があげられます。どんな時も冷静を保ち、最適な行動をとることが大事ですよね。トレードをするには「ルール作り」は必要なことの一つです。ウィリアム・D・ギャンが長い相場生活の中で守ったルールについて触れておきます。このルールがあったからこそ、生涯勝率8割を誇ることができたのではないでしょうか。株相場のことなので、FXとは感覚が違うところも少々ありますが、ほとんどは一致しています。

海外FX会社:2022年おすすめの海外FX口座を比較。

詳細についてはスクロールしてください

FX取引とは

FX取引の仕組み

FX取引は日本で合法?

海外FX会社とは

海外FX会社を利用するメリット

  • 海外FX会社の最大の魅力は、1000:1以上のレバレッジを提供していることです。つまり、資本が少なくても、非常に高額の取引を行うことができます。対照的に、金融庁によって認可されたブローカーは、マージンの25倍のレバレッジ制限を設定しています。
  • 海外FX会社は「ゼロカット」システムを適用することができます。これにより、トレーダーは、オファーのレバレッジが高いにもかかわらず、マージンを超えて損失を出すことはありません。対照的に、日本の国内FX会社は、ゼロカットシステムを提供していません。これは、価格の急激な変動によりストップロスシステムが作動しない可能性がある、市場のボラティリティが大きい期間中に特に重要になることがあります。
  • 海外FX会社は、国内FX会社よりも気前の良いボーナスの仕組みを提供することがあります。

海外FX会社を利用するデメリット

  • 免許のない海外FX会社に日本語のウェブサイトがあっても、スタッフが日本語を話せない場合があります。したがって、サイトの使い方やブローカーが提供するサービスについて質問がある場合に、あまりサポートを受けられない可能性があります。
  • サービスについて苦情があった場合、または不当な扱いを受けたと思われる場合、救済措置が制限されます。さらには、詐欺行為で損失を被った場合、金融庁はトレーダーを助けることができません。
  • 海外FX会社を利用する場合でも、日本で確定申告と納税を行う必要があります。実際に、国内で認可されたブローカーを使用する場合よりも、支払う税金がかなり高くなる可能性があります。
  • 出金に関するブローカーのルールは理解しづらいかもしれません。たとえば、出金は入金後30日間経過してからでなければできないという規則がある場合があります。さらに、出金に関する規則は頻繁に変更される可能性があります。
  • 入金は国外の銀行で行われるため、出金の際に追加料金がかかる場合があります。
  • スプレッドと取引の全体的なコストは、金融庁免許のあるブローカーを使用する場合よりも高くなる可能性があります。たとえば、ある大手国内FX会社は、USD/JPYペアで1000米ドルあたり0.2円の固定スプレッドを提供していますが、海外FX会社が提供するスプレッドは、その10倍にもなる可能性があります。
  • 免許のない海外FX会社は、国内FX会社が提供する教育プログラムを提供していないことがあり、初心者には不向きな場合があります。
  • さらに、レバレッジで取引することで利益を大幅に増やすことができますが、損失を拡大する可能性もあるため、正しい使い方がわからない場合は非常にリスクが高くなります。

FX取引と株取引の違い

  • FX取引の通貨はペアで取引されますが、株取引の株式は現金で購入される現物株式となります。
  • FX市場は、すべての取引と参加者が秘匿されている、取引が分散化された市場です。一方、株式市場では取引が集中化され、売り手と買い手の公的記録は保管されています。
  • FX取引は参入コストが低いと言われています。株取引では、一定の利益をあげるために多額の資金が必要になるため、一般の投資家には少し手を出し辛いかもしれません。

FX取引は、トレーダーが取引されている資産の所有権を取得することはありません。CFDのFX取引では、トレーダーは取引に関わる資産の将来価値を予測し取引を行うため、現物の売買は発生しません。

レバレッジとは

これには2つの効果があります。FX取引への参入コストが低いままであるということと、利益または損失が最大化されることです。トレーダーは、取引全額の損失に責任を負います。

FX初心者の学習方法

英語がわからなくても口座を開設できますか?

FX戦略の選び方

FX取引を始めるのに必要な資金

FX取引のリスク

リスク1:FX相場は、ときに非常に変動が激しくなります。この変動が激しいタイミングを上手く利用することで資産を増やすことも可能ですが、一方で短期間で損失を被る可能性もあります。取引を行っている場合は、常に取引を監視している必要があります。

リスク2:FXマーケットには変動の要素があまりにも多く存在し、予測はほぼ不可能です。トレーダーは損失を最小限に抑えるために、利益と損益の目標比率を設定する必要があります。

リスク3: CFD取引にはレバレッジを使う必要があります。レバレッジは取引で利益を増幅するためのツールですが、取引口座から自動的に引き落とされてしまう損失も増幅します。口座残高は、1回の取引で消滅する可能性があります。

リスク4:取引の利息を請求される場合があります。たとえば、トムネ調整が適用されている取引を翌日に持ち越す場合、利息を請求される場合があります。これは、FX会社がこの手数料を支払うために口座から資金を差し引くことを意味します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる