オプション取引活用術

アジア通貨危機

アジア通貨危機

(イメージです。)

アジア通貨危機

Ⅰ.アジア通貨危機はなぜ起きたのか
タイで発生した通貨危機は、周辺の東南アジア各国に波及し、通貨・金融市場の混乱に巻き込まれるに至った。このアジア全体を覆った通貨危機は1つの事象としてくくられることが多いが、その発生の背景、要因については必ずしも同一でない面もある。また、今回の通貨危機を契機に、国際統合過程における金融開放手順の見直しなどの金融問題、金融セクターの脆弱性、産業構造の転換の遅れ、コーポレート・ガバナンス、国際基準を満たさない所有・経営・会計・取引などのあり方等の構造問題が表面化し、各国通貨がなかなか安定しない大きな要因であるとの議論もなされている。アジアが通貨危機に陥った発生要因には諸説が多々あるが、私は、次の3点が、共通の要因であると考えている。
第一に、アジア諸国は、ドル・ペッグ(ドルに対する固定為替制度)を採用していたのだが、円・ドルレートの変動により、実質実効ベースの為替レートが大きく変動して1994年の輸出急増、1996年の輸出急減という変動を招いたこと。
通貨・金融市場の混乱に見舞われたアジア、特に東南アジアの多くの国では、程度に差はあれ、実質ドル・リンク..

連関資料(639)

  • 通貨危機の原因とアルゼンチン経済について
  • アジア経済危機
  • アジア経済論レポート「東アジアの奇跡は必然であったか」
  • 「中国と日本・東アジアとの安全保障上の関係」
  • 東アジアの安全保障 −予防外交と内政不干渉原則−

北海道 獣医学部卒の資料(11)

  • 原価計算レポ 製品別原価計算における2つの原価計算形態について
  • サプライチェーンをめぐる諸問題について
  • 経営管理論の変遷をたどりながら様々な理論の相関性を論ぜよ
  • 民法 意思自治の原則について
  • 税の中立性、公平性、徴税費用とはどのような概念であるのか

コメント アジア通貨危機 0件

コメント追加

販売者情報

上記の情報や掲載内容の真実性についてはハッピーキャンパスでは保証しておらず、 該当する情報及び掲載内容の著作権、また、その他の法的責任は販売者にあります。 上記の情報や掲載内容の違法利用、無断転載・配布は禁止されています。 著作権の侵害、名誉毀損などを発見された場合はヘルプ宛にご連絡ください。

資料を推薦する 優良な資料があれば、ぜひ他のユーザーに推薦してください。資料詳細ページの資料右上にある推薦ボタンをクリックするだけでOKです。 履歴を確認とは? 資料のアップロード、タイトル・公開設定・資料内容説明の変更、タグの追加などを期間指定で確認することができます。 ファイル内検索とは? 購入を検討している資料の内容をもう少し知りたいときに、キーワードを元に資料の一部内容を確認することができます。


(イメージです。)

円が1ドル=150円まで下げた場合、1997年のアジア金融危機並みの規模で混乱を引き起こす恐れがあると、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントで会長を務めたジム・オニール氏は指摘した。

中国の輸出産業は壊滅するかもな
円安で日本製品の価格競争力が戻ると

円安が続くと困るのは特定アジアだけってのが
よく分かる

【韓国経済】ドルウォン 1,290.28 -1.61 (アジア通貨危機 -0.12%) [6/14]

【韓国経済】ドルウォン 1,289.13 +9.85 (+0.77%) [6/13]

日銀「俺の本気を見せてやる」 1兆5337億円分の国債を一括購入 日本国債売りを仕掛ける市場と対決

【韓国経済】ドルウォン 1,286.67 +7.38 (+0.58%) [6/13]

【韓国経済】ドルウォン 1,287.81 +8.52 (+0.67%) [6/13]

    アジア通貨危機
  • :
  • (^v^)Y :
  • 2022/06/11(土) 22:04
  • :
  • (^v^)Y :
  • 2022/06/11(土) 22:26
  • :
  • (^v^)Y :
  • アジア通貨危機
  • 2022/06/11(土) 23:02

2016-12-29 禁止ワードを含むコメントは、管理人の判断で訂正し掲載する場合があります。
2017-09-12 単語で禁止ワードを設定している為、送り仮名によっては禁止ワードとなる場合があります。

2022/4/14 一部記事がしばらくの間、非表示となります。ご了承下さい。

2016/11 FC2からWPに引越しました☆
新RSS:


※WPやサーバーの更新・メンテナンスで一時的にコメント欄に書き込めない場合があります。ご了承下さい。
※アンケート内容のリクエストがありましたらご連絡下さい。
アンケート結果はこちら↓からどうぞ。

MIZUHO no KUNI ≪2ch≫特亜ニュース
I Love JAPAN ! 私基準で選んだ日本・特亜に関する2ch記事を紹介するまとめサイトです。

ご要望・ご感想等、お気軽にご連絡下さい。
可能な限り喜んで対応します♪
回答はPC画面のお知らせ欄をご覧ください。

★記事・記事イメージについて
読み易くする為、句読点改行の追加削除、語句によっては当て字への変換をしています。 画像イメージは、著作権free画像や動画サムネイルを使用しています。掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。権利を侵害する目的ではありません。記事の内容や掲載画像等に問題がありましたら、各権利所有者様ご本人が直接ご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。

アジア通貨危機をシンプルに説明・・・

■アジア通貨危機とは・・・ ・ タイ・バーツが通貨投機の対象となった ・ タイは防衛しきれずに、「管理フロート制」を導入 ・ その結果、通貨不安が韓国、インドネシア、その他にも波及した ・・・ といった所まではわかりました。 ○ この金融危機は、何かの比喩で 易しく説明できませんでしょうか。 ○ また、 【 東南アジア諸国が「通過バスケット方式」 → 事実上の ドル連動制 だったことが、 この危機の原因だった 】 ・・・ という説明をされたのですが、 ココが、いまいち理解できません。 以上の 2ポイントについて、 どなたかご存知でしたら、よろしくお願い致します。

質問者が選んだベストアンサー

アジア通貨危機の原因は人によって説明が違い、要因の候補がかなりの数存在します。 影響を受けた国の数が多く、国によって事情も大分違うので、 単純化することが難しいです。 事実上ドルに連動していたことは1つの要因ではありますが、 韓国については危機時にドルに連動していませんでした。 先進国も1970年代初頭まで為替レートは固定していましたし、 1990年代の欧州も通貨を自由には変動できないようにしていました。 通貨投機の対象になったこと自体は、 1992年イギリスのポンド危機もそうでしたが、 イギリスではむしろ通貨安のためにその後経済が好転することになります。 しかし、アジア通貨危機では、高すぎる為替レートの 解消どころではなく、1/2とか1/6とかいうレベルで、 どうみても低すぎる為替レートになるまでの暴落を引き起こします。 日本の通貨で喩えれば、1ドル=80円は「ちょっと」高すぎると思っていた矢先、 勢い余って数か月で1ドル=160円とか1ドル=360円位まで落ちてしまった。 気まぐれな海外資本が大挙して撤収ラッシュを引き起こしたことが混乱の決め手となり、 IMFの過激な対応策を実行する中で、深刻な景気後退に結びつくことになります。 1990年代半ばの新興国ブームから、一転して急激な資本逃避が起こったことは、 ブームの気まぐれさを表しています。 タイ・マレーシア・韓国は、経済成長率においては世界で最も高い部類で、 財政は健全でインフレも比較的低く、基礎的な条件は満たしていました。 1993年、世界銀行はこれらの国の経済的パフォーマンスを「東アジアの奇跡」と称賛します。 危機から回復した後にもこれらの国は高成長に復帰しています。 しかし、タイでは、1990年代半ばから、新興国ブームの煽りで 特に必要ない時にがんがんと海外資本が流入して、 不動産や株式でバブルを発生させる要因になります。 これが崩壊するとマネーは大挙して逃避し、経済を混乱させてしまいます。 お金は要らない時に流れてきて、欲しい時には逃げて行ってしまったと嘆かれます。 これらの国の通貨が割高になっていた原因は、1994年の人民元の切り下げ、 アメリカのインフレ率が低くなっていたこと、1990年代後半の円安といった 外因によるものも大きく、当時のタイだけが特別に、 通貨が大きくずれていたわけでもなかったでしょう。 ただ、この時期には海外からのお金の流れの規制が自由化されており、 自由に投機の対象にできるようにもなっていました。 喩えるなら、マネーのブームは気まぐれなことに注意、 そして借金の自由化は弊害に注意してゆっくりと。

質問者からのお礼 2008/08/08 03:15

この金融危機は、一つのバブルだったんですね。 大変わかりやすい説明をどうもありがとうございます。 「お金は要らない時に流れてきて、欲しい時には逃げて行ってしまったと嘆かれます。」 → なるほど。今も大方に多様なものなのでしょうが、とにかくこの、金融と言うものは、不安定なものなのでしょうね。 投機である事。 だから、ブームというものがあり、 その逆も、もちろん起こる・・・。 質問前にはわからなかった、「金融危機」についてずいぶんわかってきたように、思います。 どうもありがとうございました!

その他の回答 (1)

  • 2008/08/04 22:41 回答No.1

コバンザメはコバンザメなりにサメと歩調を合わせる体力がないと生きていけない。 大前提としてアメリカの経済は巨大だ!というのがあります。 1:ドルと固定相場で金利やや高め 高い金利を求めて、アメリカのマネーはアジアを目指します。 2:金利高めを保証したのは? タイはアメリカより高い経済成長をしており、集まったマネーをちゃんと活用していました。経済成長をしている間は、高い金利でも問題ありません。 3:クリントンは経済大成功 私生活で不適切なことをしても、アメリカの経済自体はクリントン時代1992年から8年間、順調に成長しました。 4:強いドルへ 経済の好調さを背景に、ドルは高めに推移しました。高ければ、アメリカの貿易収支は改善されますので。 5:息切れタイ 対アメリカ貿易では、固定相場なので問題ないのですが、日本や欧州向けでは、ドルが強くなるとタイのバーツも強くなり、輸出しづらくなります。それで、タイの貿易は赤字になります。 6:経済は変動する、変動していないものは、次に変動する タイの経済はアメリカの経済と比較して過大評価されていると金融筋は判断した。ということは、そのうちバーツは下がる。しばらくしたら下がらざるを得ないと判断して空売りを行った。 7:背伸びできません 固定相場を保つためには、売り言葉に買い言葉、空売りを受けて立たないとなりません。でも 駄目。タイの経済より金融筋の経済、はっきり言えば マネーの量が違った。 そして タイは ギブアップして変動相場制へ実勢に合わせたバーツ安となります。 経済の実勢に合わせて通貨が変動していれば、空売りを浴びせさせる事もなかった、なぜなら、通貨がじわじわと変動するから。固定で、がつんと変動させざるを得なくなったが故に 利幅が上がったと言うことになります

紀伊國屋書店

1章 アジア通貨危機の経緯と教訓
1 アジア通貨危機の予兆
NIEs諸国の輸出鈍化とASEAN経済の過熱現象/為替相場弾力化の模索/タイと韓国の経済情勢の深刻化
2 アジア通貨危機の発生と拡大
タイ・バーツの下落とその波及/実体経済への影響/金融システムへの影響/マレーシアにおける資本取引規制の強化
3 周辺国への影響
4 経済の安定化と引き締め政策の緩和
5 アジア通貨危機の教訓
タイにおける危機発生の背景/為替相場制度/急ぎすぎた自由化/国際化/国内金融インフラの整備/民族問題への理解

2章 アジア通貨危機下の中国経済情勢
1 中国をみる際のフレーム・ワーク
中国の地政学的特徴と歴史的背景/現代中国の特色/建国から文化大革命の終息まで/改革・開放期以降、現在まで/中国をみる際の留意点
2 中国の経済情勢
概況/景気情勢、物価動向/輸出入の動向/直接投資受け入れ状況および外資政策の推移/人民元相場の動向/金融政策/財政政策/国有企業改革/金融改革/行政改革
3 「中国リスク」の検討
経済成長の維持/対外債務の返済能力/人民元の安定維持

3章 香港経済影響
1 アジア通貨危機 返還前の香港
着任時の印象/返還後の香港の見方--政治・社会面/返還準備作業
2 香港返還
返還式典/返還後の香港の見方--経済面
3 アジア通貨危機の影響
香港ドルへの投機拡大/デフレ圧力の高まりと政府、香港MAの対応/市場の安定化と実体経済の調整継続
4 香港の将来展望
返還前の懸念と現実の姿/考慮すべきことと将来の姿

4章 日本はアジアとどう関わるべきか
1 アジアにおける日系企業の活動状況
アジア通貨危機と日経企業/企業の為替変動リスクへの対応
2 アジアにおける邦銀の活動状
邦銀のアジアへの進出/最近の動向
3 アジアにおける日本の役割
わが国経済の安定的発展/アジア諸国と先進諸国との架け橋としての役割/国際資金協力と海外技術支援/円の国際化/アジア一体化への展望/アジア戦略における中国との協力/アジア諸国への理解

主要参考文献
あとがきにかえて---岡崎嘉平太せんせいとの「えにし」
アジア通貨危機関連年表

1章 アジア通貨危機の経緯と教訓(アジア通貨危機の予兆;アジア通貨危機の発生と拡大 ほか)
2章 アジア通貨危機下の中国経済情勢(中国をみる際のフレームワーク;中国の経済情勢 ほか)
3章 香港経済への影響(返還前の香港;香港返還 ほか)
4章 日本はアジアとどう関わるべきか(アジアにおける日系企業の活動状況;アジアにおける邦銀の活動状況 ほか)

通貨の生存率は0%

ある専門家が話していましたが、どうやら貴金属取引所のコメックスでトラブルが発生しているようです。 今はまだ表面化していないのですが、もう数日待たないと状況ははっきりとは分からないそうです。 と言っても .

ロシアに投資家のお金が集中しているらしい

ペトロダラー体制は崩壊寸前

グローバリストたちの力の根源はペトロダラーシステムです。 しかし、ペトロダラーは急速に崩壊へと向かっています。 そしてペトロダラーに協力してきた国々も距離を置き始めています。アフガニスタンでの大失敗は .

収入を複線化するために私がやっていること

2017年も始まりましたね。皆さんの今年の抱負はなんですか? 私の今年の抱負ですが、今までと同じことをやり続け、収入の複線化をより強固にするというのが目標です。 「収入の複 .

洗練された投資家になるためには、ドューデリの方法を知らなければいけません。

ここのところかなりの大型案件が複数、入ってきています。 一発当たれば、もう人生上がりというような案件です。 普通で考えればどうみても怪しいものもありますが、詐欺だと決めつける前に、必ずドューデリをする .

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる