FXのチャートの見方

戻り売りトレード

戻り売りトレード
ドイツのタカ派理事が辞任ということで、ECB(欧州中央銀行)は一段とハト派色を強めそうという見方ですね。もっとも、これ以上の緩和策が出てくるかというと疑問ですが。

【ドル円・ユーロドル】2022年6月17日のシナリオと前日のトレード


方向感 上位⇧ 中期⇧ 短期⇩
※週末・BOJ、黒田発言あり
・2002年の高値のレジスタンスから木曜日は戻り売りが入って、戻り売り初動から300PIPS売られた
・5月安値からフィボナッチ38.2%の位置

売りシナリオ

買いシナリオ

ドル円前日のトレード


東京時間は戻り待ち
ロンドン時間、東京時間に検討をつけた高値の反発から売りシナリオ①を発動⇨132.5(水曜高値からのN値100%)で半分決済、5月高値の裏及びロンドン時間の下降波で引けた1時間の下降チャネルの下限で全決済。

★ポイントオブビューNo.3★
①オレンジの矢印の戻り目で売られなかった理由を考察したいと思う
1時間足のトレーダーは1時間の切り上げライン(ネックライン)を抜けたことによりした下目線に切り替えている
しかし、133.5がネックラインと見立てているトレーダーも多くいた
例えば、133.5を下に抜けていれば、ほとんどのトレーダーが目線を下に切り替えることにより、1時間足の切り上げネックラインの浅い戻り目が有力になる、今回は水曜日の陰線のちょうど適正なゾーンで転換モードとなり、売られた
②今回の値動きは以前紹介した★ポイントオブビュー★としっかり区別してほしい

ユーロドル


方向感 上位⇩ 中期⇩ 短期⇧
・週末
・5月安値での2番底にて反発した
・下降トレンドの流れにあって、年足(2017年)レベルのサポートと下降波の攻防(現在、安値を切り上げている)

売りシナリオ

①先週高値から半値戻した 2週前安値のネックラインと下降波半値付近での戻り目の形成を待つ(戻り売りが入るにしても、ある程度の時間を要す事を考慮する(前日の反発が強いので買いとの攻防がある))
②木曜日の高値の反発が強いのでこれを目安に押し目候補へ売る

買いシナリオ

ユーロドル前日のトレード


東京時間は4月の安値の裏で反発したところを売りシナリオ①を発動(このゾーンで売り買いするのは難しいのでリスク限定でトレード)
NY時間1.040の押し目買い候補で安値を切り上げ始めたので撤退
次いで4月安値の裏の反発から由来する下降波が水曜日の安値の切り上げを確認し、買いシナリオ①を発動⇨先週安値に届かず、手前の1.060で反発したためOUT

ドル円とポンド円 絶好の反発ポイントを見極めろ(6月16日)

毎朝のチャート分析

1、 ドル円 本日の相場分析

【日足のトレンド目線】
昨日は、東京時間から戻り売り優勢の展開、夜の米国時間のFOMCでは、1994年以降最大となる0.75%の追加利上げを決定、発表後は買い優勢になるも上昇後は戻り売りに押されて結果は安値を更新、ドル売りが強まった形となり長めの陰線が確定しています。

【4時間足のトレンド目線】
4時間足では、ボリンジャーバンドの-3σ付近まで下落後はさすがに反発、ボリンジャーバンドがまだ横ばい状態ですのでレンジになる可能性も!

【意識したいポイント】

上は、 134円20付近、134円40付近、134円50付近、134円60付近、134円75付近 戻り売りトレード
下は、 134円05から00付近、133円85付近、133円75付近、133円60付近、133円40付近、133円00付近


【注目の経済指標】
重要度☆☆☆

イギリス 20:00 英中銀金融政策委員会(MPC)議事要旨
イギリス 20:00 イングランド銀行(BOE、英中央銀行)金利発表

2、 今までになかったインジケーター

3、 ポンド円 本日の相場分析

【日足のトレンド目線】
昨日は、一昨日の安値を切り上げていたので底堅い展開、下は25日線、上がミドルライン、この間いでの推移が続いていました。

【4時間足のトレンド目線】
4時間足では、じりじりと安値を切り上げながら10EMAを超えてミドルライン付近まで到達、ネックラインも越えていますので素直に横ばいから上目線、押し目買い狙いで攻めたいところです。

163円04付近でロング仕込み中 ⇒ ※追記、 8時33分に163円20付近で手堅く利確しました。まだ上がりそうですけどね!

【意識したいポイント】
上は、 163円15付近、163円25付近、163円30から35付近、163円60付近、163円80付近、164円00付近
下は、 163円05から00付近、162円90付近、162円80付近、162円50付近、162円30付近、162円20付近

【ドル円・ユーロドル】2022年6月16日のシナリオと前日のトレード


方向感 上位⇧ 中期⇧ 短期⇩

・水曜日は2002年の高値をオーバーシュートした形で激しく抑えられた
・FOMCにて押し目買いされるも、押し目買いが崩される
・1時間の切り上げネックラインを下に割った
・133.5を下に割っていると天井で買った人の損切りが出やすいと見ているが、133.5で現状サポートされている

売りシナリオ

買いシナリオ

ドル円前日のトレード


東京時間に売りシナリオ①を施行
1H足で火曜日の高値のブレイクを確認したが下落後、ミニネックラインでの反発を確認したため押し目候補への売り
再度の上値試しを待つが、思った形にならず、ロンドン時間とNY時間は押し目買いのセットアップ待ちとなった

ユーロドル


方向感 上位⇩ 中期⇩ 短期⇨(ツツミ足)
・水曜日は4HSMAのオーバーシュートから売りが入り、FOMCにて5月安値を達成、反発している
・Wボトム完成したが、崩された
・水曜日の高値と安値のツツミ足になった

売りシナリオ

買いシナリオ

ユーロドル前日のトレード


東京時間終盤、黄色四角の押し目は、少し時間が早かったのと、想定したレートまで落ちなかったので買いシナリオ①が発動できなかった
ロンドン時間は難しい動きをした 黄色丸のオーバーシュート(ダマシ高値)を確定させる緑丸の売りシナリオ①は4時間足が4月安値の裏を乗り越えたこととWボトムの完成があったため見送った

★ポイントオブビューNo.2★
ユーロドルはすでに5月安値付近まで売られていること火曜日が安値を更新できなかったことで買いと売りが交錯し、値動きが難しくなる
こういったゾーンでのチャート観察は非常にパワーを浪費するため、今日はやらない、やれないと決めることが肝心だ

【シンプル】移動平均線を使った押し目買い・戻り売りの3つの判断方法【最強インジケーター】

テクニカル分析

こういう悩みを持った経験はないですか?

原則的に、トレンドは押し目や戻りをつけてジグザグと動くので、 押し目買い・戻り売りはトレンドフォローの基本です。

簡単なので、 FX初心者の方もFXを始めようと思っている方 も今回の内容をぜひ参考にしてみてください。

目次を用意しているので、興味のある部分だけでも読んでみてください。

移動平均線の反発のみを使う基本的な方法

移動平均線への反発で押し目・戻りを判断する

まずは、基本的な 「移動平均線での反発を使う」 という方法です。

なぜ移動平均線で反発するのか

この方法は、 グランビルの法則 という考え方に基づいています。

グランビルの法則というのは、アメリカの金融記者であるジョセフ・グランビルの考案した、 移動平均線とローソク足の位置関係から売り買いを判断する考え方です。

グランビルの法則によると、移動平均線が上昇中のとき、ローソク足が下降していても移動平均線が上昇中であれば、上昇トレンドは継続すると見ます。

実際のチャートでグランビルの法則の押し目・戻りを確認

赤い四角は、移動平均線が上昇中に、ローソク足が一時的に下降し、移動平均線を下に抜ける動きをしたあと、また移動平均線を上に抜け、上昇トレンドを継続しています。

なので、グランビルの法則による押し目買いの考え方に合致するので、買いのエントリーポイントだと考えます。

青い四角は、移動平均線が下降中に、ローソク足が一時的に上昇し、移動平均線を上に抜ける動きをしたあと、また移動平均線を下に抜け、下降トレンドを継続しています。

なので、グランビルの法則による戻り売りの考え方に合致するので、売りのエントリーポイントだと考えます。

押し目買い・戻り売りのダマシを回避する方法

ピンク色の四角のように、ローソク足が移動平均線を下に抜けて下降した後、再度移動平均線を上に抜けることなく、 上昇トレンドが終了してしまうことがあります。

この画像は、ピンク色の四角より右側がわかっているので、上昇トレンドの終了がわかりますが、形成中のチャートで判断するのは難しいです。

なので、ローソク足の移動平均線へのタッチや、移動平均線への下抜けでエントリーするのではなく、ふたたび移動平均線を上に抜けたことを確認した後に、買いのエントリーを行うことで、こういうダマシにひっかかりにくくなります。

チャートパターンと移動平均線を組み合わせる

チャートパターンを考慮して押し目・戻りを判断する

次に、応用的 な「チャートパターンと移動平均線を組み合わせる」 という方法です。

チャートパターンとは、簡単に説明すると、高値や安値を結んだ直線の形をもとに行うフォーメーション分析の方法や形そのもののことです。(始値や終値を結ぶ場合もあります。)

なぜチャートパターンと組み合わせるのか

代表的なチャートパターンには、ダブルトップ・ダブルボトム、三角保ち合い、ウェッジ、ヘッドアンドショルダーなどがあります。

「移動平均線の反発のみを使う基本的な方法」で紹介したような、高値切り上げ安値切り上げ・高値切り下げ安値切り下げが綺麗なジグザグの波形を描くトレンドなら、あまり必要ないかもしれませんが、

もっと複雑な値動きをしているときに有効です。

チャートパターンの形を抜けることで、売りと買いの均衡が崩れ、抜けた方向にローソク足は進むと考えます。

実際のチャートで、チャートパターンの押し目・戻りを確認

赤色の四角で、グランビルの法則に適った移動平均線の戻り売りの条件と、チャートパターンのブレイクという二つの根拠が揃います。

他のインジケーターと移動平均線を組み合わせる

他のインジケーターを使って、押し目・戻りを判断する

もう一つ、応用的な 「他のインジケーターと移動平均線を組み合わせる」 という方法です。

ご存知の通り、移動平均線以外にもRSI、MACD、ボリンジャーバンドなど、インジケーターはたくさん存在していて、移動平均線と合わせて、押し目・戻りを見極めるときに、有効な場合があります。

【戻り売り】思わぬトランプ砲でも伸びきれないドル円が今のポイント?【9月26〜27日のトレード戦略】

【戻り売り】思わぬトランプ砲でも伸びきれないドル円が今のポイント?【9月26〜27日のトレード戦略】

・26日
21:30🇺🇸4-6月期GDP・確定値⭐️
21:30🇺🇸新規失業保険申請件数
22:30🇪🇺ドラギECB総裁、発言
23:00🇺🇸8月住宅販売保留指数
23:00🇺🇸ブラード・セントルイス連銀総裁、発言⭐️ 戻り売りトレード
24:45🇺🇸クラリダFRB副議長、発言⭐️
24:45🇺🇸デーリー・サンフランシスコ連銀総裁、発言
26:00🇺🇸7年債入札
27:00🇺🇸カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁、発言
29:30🇺🇸バーキン・リッチモンド連銀総裁、発言
・27日
08:30🇯🇵9月東京都区部消費者物価指数 戻り売りトレード
18:00🇪🇺9月経済信頼感
18:00🇪🇺9月消費者信頼感・確定値
21:戻り売りトレード 30🇺🇸8月個人所得
21:30🇺🇸8月個人消費支出
21:30🇺🇸8月PCEコア・デフレーター⭐️ 戻り売りトレード
21:30🇺🇸8月耐久財受注
21:30🇺🇸クオールズFRB副議長、発言⭐️
23:00🇺🇸9月ミシガン大学消費者態度指数・確報値
26:00🇺🇸ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁、発言

今週は経済指標で相場が動く場面が目立ったので、引き続き注意が必要でしょう。特に 明日のPCE(個人消費支出)のコア指数であるPCEコア・デフレーターはFRB(米連邦準備制度理事会)が最も重視するインフレ指標 でもありますからね。弱いようだと素直にドルが売られそうです↓sage↓⊂(´ω` )⊃↓sage↓

ドル円は上値が重いまま!引き続きコアレンジを意識したトレードを

やはりドル円の重さが決定的ですね。 今週は基本的に107.40〜108.00円のコアレンジ帯での値動きを想定 していましたが、その通りとなりそうです。

昨日の記事でも書いたようにドル円のトレードとしては、 107.80〜108.00円で売り、108円台で売りポジ追加、高値更新の108.60円で損切り というのを考えています。押し目買いの場合は、107.10〜107.30円で入り、106.戻り売りトレード 90円割れで損切り。

ユーロとポンドは下げ過ぎ感もあり、反転に警戒しながらトレードしたい

ユーロ、ポンドは短期的には下げ過ぎ感もあるので、 今日のFRBメンバーのハト派発言ラッシュでドル売り、さらに株式市場が株高で反応して円売りの流れとなれば、ユーロ円やポンド円は倍速で反発する可能性があるので警戒が必要 でしょう。

ドイツのタカ派理事が辞任ということで、ECB(欧州中央銀行)は一段とハト派色を強めそうという見方ですね。もっとも、これ以上の緩和策が出てくるかというと疑問ですが。

そして、ポンドが売られているのは言うまでもなくブレグジット問題に対する懸念です。こちらも短期的には下げ過ぎ感があるので、 ポンドドルが1.24ドル台に頭を出してくるのを待ちたい ところではあります。


こんな感じです。今日の欧州序盤にしっかり勝負しておけば良かったという悲しみ・・・まぁでも今日明日はクロス円の戻り売りですね。中間期末が終わって10月からの相場がどうなるかで、またクロス円のトレードは考えていきたいと思いますc⌒っ *・∀・)φ. メモメモ

ただ、 ドル円の先高観が失われていること、ユーロやポンドが結局不安定で下げそうなことを踏まえれば、戻りを待って売る方がベター のような気はします( ‘-‘ )ง✧

プロ向けに配信されているロイター速報ニュースを無料で見る方法とは?

あの 戻り売りトレード ロイター速報ニュースを無料で見る方法がある んです!読者の方から情報収集に使えるアプリ、サイトはありますかと質問をいただくことは多いですが、ガチでオススメですヾ(o・`ω・)ノ キリッ.:゚+

特にプロ向けの端末サービスのみで配信してるロイター速報ニュースを赤文字ニュースとして、24時間、ほぼリアルタイムで提供してくれるのは、ここ以外にないでしょう。 戻り売りトレード
このThomson Reuters Eikon(トムソン・ロイター アイコン)は、 トムソン・ロイター社がプロ向けの端末サービスのみで限定配信 戻り売りトレード しているのですが、これを赤文字ニュースとして提供してくれます(*-`д-;)戻り売りトレード ス、スゲェ…

経済指標はもちろんのこと、 トランプ発言などの要人発言、仮想通貨も含めたニュースなどを他社よりも早く、リアルタイムに近いスピードで配信 しているので、ニュースのヘッドラインが出た瞬間の値動きををとらえることが可能に!

取引条件はありますが、 最初の35日間は誰でも無料で利用することができます から、まずはお試しで外為どっとコムの口座を作ってみましょう。

※トップ画像(Albert H. Teich/Shutterstock.com)

ここだけは絶対に持っておきたい口座&やっておきたいキャンペーンまとめ

専用バナーから口座開設すると 特別タイアップキャンペーン に参加できます!このブログだけ 現金 (キャッシュバック)や ゆきママのオリジナルレポート がもらえる会社が多数 あるので、ぜひどうぞです(*・∀・)从(・∀・*)win-win↓
【IG証券】最大 60,000円 キャッシュバック& ゆきママ特製の米国株投資Wレポート
【LINE FX】口座開設&1回取引で最大 5,000円 キャッシュバック
【外為どっとコム】FX口座開設&1万通貨取引で 2,000円 キャッシュバック (対象期間:口座開設月から翌々月末まで)
【LIGHT FX】最大 53,000円 キャッシュバック
【アイネット証券】最大 30,000円 CB& ゆきママ特製ループイフダンレポート
【マネーパートナーズ】初回取引 1,000円 キャッシュバック
【DMM.com証券】最大 204,000円 CB& ゆきママ特製のFX攻略レポート
【みんなのFX】最大 50,000円 CB& ゆきママ特製のファンダ分析解説レポート
【FXブロードネット】最大 20,000円 CB&図書カード 3,000円 ※取引上の注意事項及びキャンペーンの詳細については、上記の専用バナーから必ずご確認ください。(注意事項についても、【当ブログのバナー】⇒【キャンペーンの詳細】から、お確かめ下さい。)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる