取引プラットフォーム

外為オプション(バイナリーオプション)取引の4ステップ

外為オプション(バイナリーオプション)取引の4ステップ

ここ最近流行りだした取引です。

バイナリーオプションのやり方・イラストと動画で取引方法とルール説明

バイナリーオプションのやり方・イラストと動画で取引方法とルール説明


購入ボタンを押した時点から、1分後(※)に高いか?低いか?

短期取引とよく呼ばれています。 ※1分という時間は選択が可能です。

短期取引でよく使われる名称

短期取引のやり方

バイナリーオプションのやり方図解


上の画像は実際の取引画面です。 番号を見ながらやり方(取引の順序)を追ってみましょう。

STEP.1 取引時間を選択 取引時間を選択します。 業者によって異なりますが、30秒~10分と短いのが短期取引の特徴です。 STEP.2 通貨ペアを選択 通貨ペアとはドル/円(USD/JPY)等の事です。まずはドル/円で練習しましょう。 参照:勝てる通貨ペアはどれ? STEP.3 金額を選択 金額を選択(入力も可)します。 外為オプション(バイナリーオプション)取引の4ステップ 初めは1,000円固定がオススメです。 STEP.4 上がるか?下がるか?(HIGH 外為オプション(バイナリーオプション)取引の4ステップ or LOW)を選択 ボタンを押した時の値よりも上がるか?下がるか?を選択します。(業者によって「HIGH・LOW」、「上昇・下降」、「ASK・BIT」等、表記が異なります) STEP.5 購入ボタンを押します STEP.4まで選択したら購入ボタンを押します。(※規約にチェックを入れる業者もあります)

HIGH・LOW(ハイロー)

20180803e


先ほど紹介した短期取引は元々このハイローのシンプル版にあたり、こちらが元祖です。

こちらも多くの業者で提供されています。 ただ、この取引をしている人は実際ほとんどいないと思います。 なので理解する必要すらないとも言えます。

そして、 10:30分時点でのドル円レートよりも、10:45の時点で高いか?低いか? という取引です。

取り消しが出来る

20180803f


購入した時間からではなく、判定期間の最初から判定が開始されるハイロー取引の場合は、 取消し ボタンがありその取引を取消すことが出来ます。

HIGHLOW取引で使われる名称

「HIGHLOW」「ハイロー」「High&Low」等、HIGHLOWに似た名称で取引を提供している業者が多いです。(その他ではBinaryKing13では「ミニッツ」という名称もありました)

レンジアウト・スプレッド

レンジアウト


ここ最近流行りだした取引です。

通常の短期取引や、HIGHLOW取引に、 予想が当たっても、レンジの中だと負けとするというルールが追加されたもの です。

ハズレが多くなるデメリットの代わりに、 ペイアウト率が2倍以上 という設定となっているので人気の取引です。

レンジアウト取引でよく使われる名称

国内業者の取引ルール

20180803o


続いて、国内業者のバイナリーオプションのやり方・ルールを解説します。

バイナリーオプションという取引名では無い

日本の業者の場合、そもそもバイナリーオプションという取引名称ではない事が多いです。

ラダー取引

ladder


基本的に、国内バイナリーオプションのルールはラダー取引が基本です。

GMOクリック証券の外為OPはこのラダー取引のみで、どの国内業者でもラダー取引は取り扱っている事から、 国内バイナリーオプション=ラダー取引 が代表的な取引といってよいでしょう。

海外バイナリーオプションと同様、高いか?低いか?を当てるのですが、目標レートがA~Fまであります。

やり方は、

①A~Fの値(目標レート)を選択

ペイアウト率は 勝ちやすければ低く・勝ちにくければ高い です。

購入口数(枚数)とレート(ペイアウト倍率)について

口数とペイアウト倍率の関係

この目標レートの場合、1口●●円で、 勝つと1口1,000円が手元に戻ってくる という意味です。 つまり、差額が利益になる為、金額が低い方が多くの利益を得られることになります。

例えば、上の画像の目標レートDに注目します。 現在の値は目標レートである108.64円よりも下回っている為、 ローの方が勝つ可能性が高い と判断しています。

ローを買った場合 は、1口760円が1000円になって返ってくるので、1口240円の利益となります。 このまま下落すると予測して、100口(76,000円分)購入すれば24,000円の利益です。

ハイを買った場合 は、1口400円が1000円になって返ってくるので1口600円の利益となり、ローで勝つよりも倍率が高くなります。 100口(40,000円)購入して60,外為オプション(バイナリーオプション)取引の4ステップ 000円の利益なので、外れた時に失う金額が少なく、利益も大きいです。 元々下回っている(負けている)状態からスタートするので勝ちにくいですが、当たれば大きいという、いわゆる競馬のような勝ちそうな人気の馬だと倍率が低く、勝て無さそうな馬は倍率が高いという公営ギャンブルと同じ倍率設定が採用されるようになりました。

受付開始から受付終了直前まで、いつでも購入できる

購入時間

通りすがりA

通りすがりAさん

外為オプション(GMOクリック証券)の特徴やおすすめポイントを解説!

「外為オプション(GMOクリック証券)」では、
バイナリーオプションとしては一般的な「ラダー」が取引可能

「外為オプション(GMOクリック証券)」 で 取引できるのは、バイナリーオプションとしてはもっとも一般的な「ラダー」 のみ。判定時刻の為替レートが、権利行使価格(目標レート)を上回っているか下回っているかを予測するタイプだ。

外為オプションのイメージ図

そして、予測が当たれば1枚あたり1000円が支払われ、そこからオプションの購入金額を差し引いた分が利益となる。予測が外れれば、オプションの購入金額がそのまま損失となる。
【※関連記事はこちら!】
バイナリーオプションのメリットとデメリットのほか、基本的な仕組みや「おすすめ口座」を解説!

「ラダー」のみを取り扱っているバイナリーオプション口座が多数派なので、 「外為オプション」 で取引できるバイナリーオプションの種類が極端に少ないというわけではない、しかし、「ラダー」以外に「レンジ」を取引できるバイナリーオプション口座もあるので、 「ラダー」以外のバイナリーオプションも取引してみたいという人にとっては、やや物足りなさを感じるかもしれない。
【※関連記事はこちら!】
バイナリーオプション比較!【2022年最新】おすすめの会社&国内の全9サービスを紹介

「外為オプション(GMOクリック証券)」の
取り扱い通貨ペアは全部で「5通貨ペア」

「外為オプション(GMOクリック証券)」 で取引できるのは、 米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、ユーロ/米ドルの5通貨ペア

「外為オプション(GMOクリック証券)」は
「取引ツール」の使いやすさが魅力で、スマホでも快適な取引が可能

何より、 取引画面が非常に見やすく、使いやすいのが最大の特徴で、初めての操作でも、ほとんど迷うことはない だろう。

外為オプション(GMOクリック証券)のパソコン版取引画面

また、取引する通貨ペアの切り替えや、すべての権利行使価格を表示するマルチモードへの切り替えなどもボタンひとつで可能。 必要な操作が直感的に行え、ストレスなく取引することが可能 だ。

外為オプション(GMOクリック証券)のパソコン版マルチモード取引画面

外為オプション(GMOクリック証券)のスマホ版取引ツール「iClick外為OP」の画面

チャート画面には、バイナリ―オプション用とは思えないほど充実の機能 が搭載されていて、テクニカル指標は一目均衡表やボリンジャーバンドなどのトレンド系が7つ、MACDやRSIなどオシレーター系が6つ搭載されている。

ローソク足の表示も「Tick」から「月足」まで12の期間が表示可能、トレンドラインやフィボナッチなども描画できるなど、 スマホだけでも本格的な相場分析を行うことが可能 だ。

「外為オプション(GMOクリック証券)」のペイアウト額は一律「1000円」

外為オプション(GMOクリック証券)のパソコン版取引画面

反対に、判定時刻の米ドル/円が114.240円よりも円高になって予測が外れた場合、購入金額の395円がそのまま損失になる。 バイナリーオプションにおける損失額は購入金額に限定される ので、どれだけ円高が進んでいたとしても、オプションの購入金額を超える損失は発生しないのだ。

「外為オプション(GMOクリック証券)」では、
1日10回の取引が可能で、取引時間は各回「最大3時間」

また、 「外為オプション」 で特徴的なのは、各「回号」の長さだ。「回号」とは、取引開始時刻から判定時刻までの時間を表すバイナリーオプション用語。多くのバイナリーオプション口座では、1回号が2時間に設定されているが、 「外為オプション」 は 外為オプション(バイナリーオプション)取引の4ステップ 1回号が3時間と少し長め に設定されている。1日では、第1回号~第10回号までと、全部で10回あり、 各回号で1時間の重複がある のも珍しい。

外為オプション(GMOクリック証券)の取引時間や各回号のスケジュール

そして、 オプションの購入や購入したオプションの売却は、各回号で判定時刻の2分前まで行うことが可能 となっている。

「外為オプション(GMOクリック証券)」の口座開設方法

「外為オプション(GMOクリック証券)」 の 取引口座は、無料で簡単に開設することができる 。開設後も、口座を維持するためのコストなどは一切不要だ。FX専用口座「FXネオ」との同時開設が必要になるが、パソコンからでもスマホからでも手続きができ、申し込みは最短3分ほどで完了する。

スマホから口座開設を申し込み、「スマホでスピード本人確認」機能を使った手続きを行えば、 最短で当日、申し込んだその日のうちに口座開設が完了して取引が始められる スピーディーさも魅力だ。

外為オプション(GMOクリック証券)の公式サイト画像

【口座開設の申し込みから取引開始までの流れ】
・ ステップ1: FX専用取引口座の申し込みフォームに入力
・ ステップ2: 「外為オプション取引口座を同時に申し込む」にチェックを入れる
・ ステップ3: 外為オプション取引口座の申し込みフォームに入力
・ ステップ4: 知識確認テストを受ける
・ ステップ5: 本人確認書類提出
→審査完了後、ログインIDとパスワードが送付される

「外為オプション(GMOクリック証券)」のメリット、特徴のまとめ

サービスを提供する「GMOクリック証券」が東証一部上場企業のグループ会社であるという 安心感と、大手ネット証券の一角として培われたノウハウは、他のバイナリーオプション口座の追随を許さない 、 「外為オプション」 外為オプション(バイナリーオプション)取引の4ステップ ならではの強みと言えるだろう。

取引ツールも非常に使いやすく、パソコン・スマホの両方で快適な取引が可能 だ。シンプルな作りで直感的な操作ができるため、初心者も安心して取引に臨めるだろう。これは、 「外為オプション」 の大きなメリットの1つだ。

ただ、一般的なスペックで取引できれば十分と考えている人、初めてバイナリーオプション口座を開設するといったような人には、使い勝手のよい 「外為オプション」 は、 口座を作っておいて損することはない、おすすめのバイナリーオプション口座 だろう。

選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)の特徴やおすすめポイントを解説!

「選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)」では、
バイナリーオプションとしては一般的な「ラダー」が取引可能

「選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)」 では、 バイナリーオプションとしてはもっとも一般的な「ラダー」が取引できる

選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)「ラダー」取引画面

そして、予測が当たれば1枚あたり1000円がペイアウトされるので、そこからオプションの購入金額を差し引いた分が利益となる。予測が外れれば、オプションの購入金額がそのまま損失となる。
【※関連記事はこちら!】
バイナリーオプションのメリットとデメリットのほか、基本的な仕組みや「おすすめ口座」を解説!

バイナリーオプションは、「ラダー」のみを取り扱っているところが多数派なので、 「選べる外為オプション」 で取引できるバイナリーオプションの種類が少なすぎるということはない。ただし、中には「レンジ」を取り扱っていたり、FXの通貨ペア以外の銘柄を取引できたりするバイナリーオプション口座もあるので、「ラダー」のみの取り扱いとなる 「選べる外為オプション」 では、少し物足りなさを感じる人もいるかもしれない。
【※関連記事はこちら!】
バイナリーオプション比較!【2022年最新】おすすめの会社&国内の全9サービスを紹介

「選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)」の
取り扱い通貨ペアは、標準的な「5通貨ペア」

「選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)」 では、 米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、ユーロ/米ドルの5通貨ペア が取引できる。これは、バイナリーオプション口座としては標準的な取り扱い通貨ペア数だ。

しかし、 「選べる外為オプション」 で取引できるのは、外国為替市場でも 流動性が高く、値動きが比較的わかりやすい通貨ペアに厳選されているので、初心者も安心して取引できる と言えるだろう。

「選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)」の
「取引ツール」は使いやすく、初心者にもおすすめ

「選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)」 の 取引ツールは、非常に見やすく使いやすい 。兄弟会社のGMOクリック証券が提供している 「外為オプション」 の取引画面とよく似ている。

通貨ペアの切り替え、すべての権利行使価格を表示するマルチモードへの切り替えなども、ボタンひとつで可能になっている。 直感的でストレスのない操作が可能なので、初めてでも迷うことがない だろう。

選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)「ラダー」取引画面

「選べる外為オプション」 は、取引ツールだけでなく、取引できるバイナリーオプションのタイプや取り扱い通貨ペアなど、多くの部分で 「外為オプション」 と似ているが、 「選べる外為オプション」 には 「外為オプション」 にはない 「ぱっと見テクニカル」 と呼ばれるサービスが提供されている。「ぱっと見テクニカル」は形状比較分析という分析手法を使って、 過去の相場をもとに未来の相場を予測してくれる機能 だ。

FXプライムbyGMOの「ぱっと見テクニカル」

また、パソコン版の取引画面からワンタッチで起動できる 「プライムチャート」には、トレンド系24種類、オシレーター系30種類と、計54種類のテクニカル指標が搭載されていて、トレンドラインやフィボナッチリトレースメントなどを、直接チャートに描画することも可能 外為オプション(バイナリーオプション)取引の4ステップ だ。

FXプライムbyGMOのプライムチャート

選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)のスマホ取引画面

バイナリ―オプション用とは思えないほど機能が充実しており、テクニカル指標はトレンド系7種類、オシレーター系6種類を搭載していて、 手のひらの上で本格的な相場分析が行える

「選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)」のペイアウト額は一律「1000円」

選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)「ラダー」取引画面

反対に、判定時刻の米ドル/円が113.540円よりも円高になって予測が外れた場合、購入金額の598円がそのまま損失になる。 バイナリーオプションにおける損失額は購入金額に限定される ので、どれだけ円高が進んでいたとしても、オプションの購入金額を超える損失は発生しないのだ。

「選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)」では、
1日10回、最短2分前までの取引が可能

1日のうちで 取引できないのは3時間だけなので、どんな生活スタイルの人も、じっくりと腰を据えて取引できるチャンスがある 。ちなみに、どのバイナリーオプション口座も、1日のうちで2時間~4時間程度は取引できない時間があるので、 「選べる外為オプション」 の取引時間は標準的な長さと言えるだろう。

取引は 第1回号~第10回号までと、1日につき全部で10回 ある。回号とは、取引開始時刻から判定時刻までの時間を表すバイナリーオプション用語。多くのバイナリーオプション口座で、1回号は2時間に設定されており、 「選べる外為オプション」 でも一般的な2時間が採用されている。

そして、 オプションの購入や購入したオプションの売却は、判定時刻の2分前まで可能 となっている。

選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)の取引時間

「選べる外為オプション」 とGMOクリック証券の 「外為オプション」 は、非常に似たサービスだとお伝えしてきたが、 「外為オプション」 では取引開始から判定時刻までの時間が各回号で最大3時間あり、両者の各回号の判定時刻にはズレがある。

取引できる通貨ペアが同じで、取引ツールの使用感もほとんど変わらない 「選べる外為オプション」 と 「外為オプション」 の 2つの口座を保有しておけば、2つの口座間の判定時刻のズレをうまく活用することで、投資チャンスを逃さず、収益機会を拡大させることも可能 になる。

「選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)」の口座開設方法

「選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)」 の 取引口座は、無料で開設することができる 。口座を維持するためのコストなども、一切不要だ。FXプライムbyGMOの店頭FX口座、「選べる外貨」との同時開設が必要になるが、 パソコンからでもスマホからでも手続きができ、必要事項の入力などに必要な時間は最短1分 と、スピーディーに完結する。

選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)の公式サイト

【口座開設の申し込みから取引開始までの流れ】
・ ステップ1: 【選べる外貨】の申し込みフォームに入力
・ ステップ2: 本人確認書類とマイナンバー確認書類を提出
・ ステップ3: 審査後、ログインIDとパスワードを受け取る
・ ステップ4: ログイン後、【選べる外為オプション】の口座開設を申し込む
・ ステップ5: 知識確認テストを受ける
→合格したら、取引スタート

「選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)」のメリット、特徴のまとめ

「選べる外為オプション」 は、東証一部上場企業、GMOインターネットのグループ会社が提供しているという 大手の安心感、シンプルな作りで直感的な操作が可能といった特徴があり、初心者も安心して取引できるバイナリーオプション口座 だ。

兄弟会社のGMOクリック証券が提供する 「外為オプション」 にはない独自のサービスや、充実した機能の分析ツールなども魅力。 「選べる外為オプション」 外為オプション(バイナリーオプション)取引の4ステップ と 「外為オプション」 の両方の口座を作っておけば、2つの口座の判定時刻のズレなどを利用した戦略的な取引も可能になる。

ただし、主要通貨ペアで一般的な取引ができれば十分と考えている人には、使い勝手のいい 「選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)」 は、 非常におすすめできるバイナリーオプション口座 だ。

選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)の特徴やおすすめポイントを解説!

「選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)」では、
バイナリーオプションとしては一般的な「ラダー」が取引可能

「選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)」 では、 バイナリーオプションとしてはもっとも一般的な「ラダー」が取引できる

選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)「ラダー」取引画面

そして、予測が当たれば1枚あたり1000円がペイアウトされるので、そこからオプションの購入金額を差し引いた分が利益となる。予測が外れれば、オプションの購入金額がそのまま損失となる。
【※関連記事はこちら!】
バイナリーオプションのメリットとデメリットのほか、基本的な仕組みや「おすすめ口座」を解説!

バイナリーオプションは、「ラダー」のみを取り扱っているところが多数派なので、 「選べる外為オプション」 で取引できるバイナリーオプションの種類が少なすぎるということはない。ただし、中には「レンジ」を取り扱っていたり、FXの通貨ペア以外の銘柄を取引できたりするバイナリーオプション口座もあるので、「ラダー」のみの取り扱いとなる 「選べる外為オプション」 では、少し物足りなさを感じる人もいるかもしれない。
【※関連記事はこちら!】
バイナリーオプション比較!【2022年最新】おすすめの会社&国内の全9サービスを紹介

「選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)」の
取り扱い通貨ペアは、標準的な「5通貨ペア」

「選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)」 では、 米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、豪ドル/円、ユーロ/米ドルの5通貨ペア が取引できる。これは、バイナリーオプション口座としては標準的な取り扱い通貨ペア数だ。

しかし、 「選べる外為オプション」 外為オプション(バイナリーオプション)取引の4ステップ で取引できるのは、外国為替市場でも 流動性が高く、値動きが比較的わかりやすい通貨ペアに厳選されているので、初心者も安心して取引できる と言えるだろう。

「選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)」の
「取引ツール」は使いやすく、初心者にもおすすめ

「選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)」 の 取引ツールは、非常に見やすく使いやすい 。兄弟会社のGMOクリック証券が提供している 「外為オプション」 の取引画面とよく似ている。

通貨ペアの切り替え、すべての権利行使価格を表示するマルチモードへの切り替えなども、ボタンひとつで可能になっている。 直感的でストレスのない操作が可能なので、初めてでも迷うことがない だろう。

選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)「ラダー」取引画面

「選べる外為オプション」 は、取引ツールだけでなく、取引できるバイナリーオプションのタイプや取り扱い通貨ペアなど、多くの部分で 「外為オプション」 と似ているが、 「選べる外為オプション」 には 「外為オプション」 にはない 「ぱっと見テクニカル」 と呼ばれるサービスが提供されている。「ぱっと見テクニカル」は形状比較分析という分析手法を使って、 過去の相場をもとに未来の相場を予測してくれる機能 だ。

FXプライムbyGMOの「ぱっと見テクニカル」

また、パソコン版の取引画面からワンタッチで起動できる 「プライムチャート」には、トレンド系24種類、オシレーター系30種類と、計54種類のテクニカル指標が搭載されていて、トレンドラインやフィボナッチリトレースメントなどを、直接チャートに描画することも可能 だ。

FXプライムbyGMOのプライムチャート

選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)のスマホ取引画面

バイナリ―オプション用とは思えないほど機能が充実しており、テクニカル指標はトレンド系7種類、オシレーター系6種類を搭載していて、 手のひらの上で本格的な相場分析が行える

「選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)」のペイアウト額は一律「1000円」

選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)「ラダー」取引画面

反対に、判定時刻の米ドル/円が113.540円よりも円高になって予測が外れた場合、購入金額の598円がそのまま損失になる。 バイナリーオプションにおける損失額は購入金額に限定される ので、どれだけ円高が進んでいたとしても、オプションの購入金額を超える損失は発生しないのだ。

「選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)」では、
1日10回、最短2分前までの取引が可能

1日のうちで 取引できないのは3時間だけなので、どんな生活スタイルの人も、じっくりと腰を据えて取引できるチャンスがある 。ちなみに、どのバイナリーオプション口座も、1日のうちで2時間~4時間程度は取引できない時間があるので、 「選べる外為オプション」 の取引時間は標準的な長さと言えるだろう。

取引は 第1回号~第10回号までと、1日につき全部で10回 ある。回号とは、取引開始時刻から判定時刻までの時間を表すバイナリーオプション用語。多くのバイナリーオプション口座で、1回号は2時間に設定されており、 「選べる外為オプション」 でも一般的な2時間が採用されている。

そして、 オプションの購入や購入したオプションの売却は、判定時刻の2分前まで可能 となっている。

選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)の取引時間

「選べる外為オプション」 とGMOクリック証券の 「外為オプション」 は、非常に似たサービスだとお伝えしてきたが、 「外為オプション」 では取引開始から判定時刻までの時間が各回号で最大3時間あり、両者の各回号の判定時刻にはズレがある。

取引できる通貨ペアが同じで、取引ツールの使用感もほとんど変わらない 「選べる外為オプション」 と 「外為オプション」 の 2つの口座を保有しておけば、2つの口座間の判定時刻のズレをうまく活用することで、投資チャンスを逃さず、収益機会を拡大させることも可能 になる。

「選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)」の口座開設方法

「選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)」 の 取引口座は、無料で開設することができる 。口座を維持するためのコストなども、一切不要だ。FXプライムbyGMOの店頭FX口座、「選べる外貨」との同時開設が必要になるが、 パソコンからでもスマホからでも手続きができ、必要事項の入力などに必要な時間は最短1分 と、スピーディーに完結する。

選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)の公式サイト

【口座開設の申し込みから取引開始までの流れ】
・ ステップ1: 【選べる外貨】の申し込みフォームに入力
・ ステップ2: 本人確認書類とマイナンバー確認書類を提出
・ ステップ3: 審査後、ログインIDとパスワードを受け取る
・ ステップ4: ログイン後、【選べる外為オプション】の口座開設を申し込む
・ ステップ5: 知識確認テストを受ける
→合格したら、取引スタート

「選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)」のメリット、特徴のまとめ

「選べる外為オプション」 は、東証一部上場企業、GMOインターネットのグループ会社が提供しているという 大手の安心感、シンプルな作りで直感的な操作が可能といった特徴があり、初心者も安心して取引できるバイナリーオプション口座 だ。

兄弟会社のGMOクリック証券が提供する 「外為オプション」 にはない独自のサービスや、充実した機能の分析ツールなども魅力。 「選べる外為オプション」 と 「外為オプション」 の両方の口座を作っておけば、2つの口座の判定時刻のズレなどを利用した戦略的な取引も可能になる。

ただし、主要通貨ペアで一般的な取引ができれば十分と考えている人には、使い勝手のいい 「選べる外為オプション(FXプライムbyGMO)」 は、 非常におすすめできるバイナリーオプション口座 だ。

外為どっとコムの外貨ネクストバイナリーを徹底解説

業者

  • 外為どっとコムの外貨ネクストバイナリーの特徴がわかる
  • 口座開設の方法がわかる
  • 具体的な取引方法がわかる

今回は、国内のバイナリーオプション業者 外為どっとコム が提供しているバイナリーオプションサービスである「 外貨ネクストバイナリー 」について解説します。

  • 1 外為どっとコムのバイナリーオプション【外貨ネクストバイナリー】
    • 1.1 取引のタイプはラダーオプションのみ
    • 1.2 外為オプション(バイナリーオプション)取引の4ステップ 通貨ペア
    • 1.3 取引時間
    • 1.4 ペイアウトと取引可能な枚数
    • 1.5 デモ取引の利用が可能
    • 1.6 信託保全
    • 1.7 各種手数料が無料
    • 3.1 口座開設の条件
    • 3.2 外貨ネクストネオの口座開設の手順
    • 3.3 必要情報の入力
    • 3.4 本人確認書類の提出
    • 3.5 外貨ネクストバイナリーの口座開設
    • 4.1 ① 通貨ペアと判定時刻を選択
    • 4.2 ② 目標レートを選択
    • 4.3 ③ 「ハイ」か「ロー」を選択
    • 4.4 ④ Lot数を決めて購入する

    外為どっとコムのバイナリーオプション【外貨ネクストバイナリー】

    外為どっとコムはYahoo!やGMOほど大手企業ではありませんが、かつてFXで 預かり保証金残高1位 になったことがあるほど人気があります。

    取引のタイプはラダーオプションのみ

    外貨ネクストバイナリーの取引タイプは「 ラダーオプション 」とよばれるもので、エントリーの時点で目標となるレートを決め、最終的に判定時刻にそのレートより高いか安いかを予測する取引となります。

    • ラダーオプション:判定時刻に目標レートよりも高いか低いかを予測
    • レンジオプション:判定時刻に目標のレンジ(価格帯)に入っているかどうかを予測
    • ワンタッチオプション:判定時刻までに一度でも目標価格に到達すれば利益を得る

    回号開催時間
    第1回号8:20〜10:20
    第2回号10:20〜12:20
    第3回号12:20〜14:20
    第4回号14:20〜16:20
    第5回号16:20〜18:20
    第6回号18:20〜20:20
    第7回号20:20〜22:20
    第8回号22:20〜翌0:20
    第9回号0:20〜翌2:20
    第10回号2:20〜翌4:20

    ちなみに、1日10回の取引では足りないという方は、 取引可能時間がズレている他のバイナリーオプション業者を併用することで取引回数を増やすことが可能 です。

    以下で、大手バイナリーオプション業者であるGMOクリック証券の 外為オプション と取引時間を比較しておきます。

    回号外貨ネクストバイナリー外為オプション
    第1回号8:20〜10:208:00〜11:00
    第2回号10:20〜12:2010:00〜13:00
    第3回号12:20〜14:2012:00〜15:00
    第4回号14:20〜16:2014:00〜17:00
    第5回号16:20〜18:2016:00〜19:00
    第6回号18:20〜20:2018:00〜21:00
    第7回号20:20〜22:2020:00〜23:00
    第8回号22:20〜翌0:2022:00〜翌1:00
    第9回号0:20〜翌2:200:00〜翌3:00
    第10回号2:20〜翌4:202:00~5:00

    ペイアウトと取引可能な枚数

    国内業者である外貨ネクストバイナリーでは、ペイアウト金額が1,000円に固定されている代わりに購入金額(エントリー金額)が変動します(レートによって1ポジションの購入価格が約50円〜999円で変動し、予測が当たれば一律1,000円が払い戻されます)。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる