FXのやり方紹介

仮想通貨取引におけるレバレッジとは

仮想通貨取引におけるレバレッジとは
17種の仮想通貨を取り扱うマネックスグループ運営の仮想通貨取引所!

仮想通貨取引におけるレバレッジとは

国内FXでは、 残念ながら最大でも25倍までのレバレッジしかかけられません。 法律で決められているので、どのFX会社を選んでも、25倍を上回るレバレッジをかけることはできません。

国内FXの最大レバレッジ 海外FXの最大レバレッジ
外為オンライン 25倍 Exness 無制限
DMM FX 25倍 GEMFOREX(限定) 5000倍
YJFX! 25倍 FBS 3000倍
FXネオ 25倍 TradersTrust 3000倍
FXブロードネット 25倍 GEMFOREX 1000倍
SBI FXトレード 25倍 XM 888倍

5. 適切なロット数はどのくらい?目安を解説

ここまで解説した通り、FX取引する上でもっとも大切なのはレバレッジの大きさではなく「どのくらいのロットを持つか」です。それでは、「実際にどのくらいのロットを持てば良いのか」目安を知りたい方も多いのではないでしょうか。

5-1. FX初心者は1000通貨が目安

仮想通貨取引におけるレバレッジとは
国内FXの場合海外FXの場合
1000通貨(0.1ロット) 1000通貨(0.01ロット)

ドル円1000通貨の取引なら、国内FX(レバレッジ25倍)でも4,000円、海外FX(レバレッジ1000倍)ならたった100円という少額から取引を始めることが可能です(※1ドル100円換算)。

5-2. 中上級者は資金の2%のロット数が目安

ただし、 ロット数を持ちすぎることは、やはり危険な行為 になります。1回のトレードでどのくらい失っても許容できるかを目安にロット数を決めておくと安全です。

このように考えると、ロット数の目安としては、資金の2%が目安となるでしょう。

まとめ

実際にどのくらいのロット数を持つか、どのくらいの実効レバレッジで取引するかは、トレーダーの取引スタイルによって変わってきます。しかし、事前に最低限、ロット数の上限目安を決めておくことで、リスクを最低限に抑えて取引することができます。

日本人利用者No1のXM Trading(XMトレーディング)

おすすめ度 ★★★★★

日本でも認知度も人気度も一番高い海外FX業者です。XMは世界に70万人以上の顧客を持つグローバルな海外 FX業者です。従業員数も180名を超え、日本人スタッフも15名以上在籍しています。
日本語サポートも充実しており、チャットでサポート対応もしてくれます。そういった経緯から現在日本人利用者が最も多い業者で、初心者から上級者まで幅広い層から定評がある会社です。
どこに口座開設をしようかな?と悩んでいる人はまず手始めにXMをおすすめします。

アバター

編集長 仮想通貨取引におけるレバレッジとは 櫻井

大学卒業後就職するも半年で会社が倒産。就職先が無くIT業界に入りたくてひたすら1年間勉強とバイトをして会社を立ち上げる。順調に成長していたが大きな案件でトラブルを抱え2000万の案件が無くなり全力を注いでたため資金ショート。会社を畳む。 経験を生かしIT会社に就職。そこの先輩のすすめで株をやるがリーマンショックが絡み見事に失敗。その後自身のトレードノウハウをコツコツと身につけ、FXだけで生活できるレベルまでトレーダーとして成長。 IT会社から転職し海外FX徹底比較ドットコムのサイト立ち上げに参加。 現在は編集長として記事の正確性や信頼性のチェックを主な仕事にしている。 座右の銘は「負けていても収入がプラスになるトレーダーでいる事」 (FXトレード暦:10年・国内、海外株取引:7年)

仮想通貨のレバレッジ取引とは?仕組み&メリット・デメリットを金融の専門家が解説!

仮想通貨のレバレッジ取引とは?仕組み&メリット・デメリットを金融の専門家が解説!

仮想通貨のレバレッジ取引と現物取引の比較


https:仮想通貨取引におけるレバレッジとは //manetasu.jp/wp-content/uploads/2020/06/shutterstock_753659170-720×360.jpg

レバレッジ取引は値上がり局面だけでなく、値下がり局面でも利益を出すことが可能です。仮想通貨を売却し、値下がりした時点で買い戻せば利益を得られる可能性があるのです。この点も現物取引にはない魅力といえるでしょう。

レバレッジ取引は初心者には不向き

しかし、予想に反して逆に動けば損失も大きくなるので、ハイリスク・ハイリターンの取引といえるでしょう。仮想通貨は円やドルなどの法定通貨に比べて値動きが激しく、1日に20%以上動くことも珍しくありません。

レバレッジ取引を行うのはリスクが高いので、初心者にはオススメできません。まずは通常の現物取引を行い、慣れてからレバレッジ取引をするようにしましょう。

仮想通貨のレバレッジ取引は信用取引や先物取引と同じ

株の信用取引や、金や原油などの先物も同じレバレッジ取引です。少ない元手で大きな金額を取引できます。ただし、信用取引や先物取引は取引時間が決まっていますが、仮想通貨のレバレッジ取引は取引期限がありません。24時間365日取引できるという点が大きな特徴です。

おすすめの仮想通貨取引所

GMOコイン(暗号資産FX)

GMOコイン(暗号資産FX)


https://manetasu.jp/wp-content/uploads/2020/06/ca928f8c28e86478489a7a4568fd7a88-720×496.png


人気の高い8銘柄の仮想通貨が取引できる
GMOコインの仮想通貨レバレッジ取引は、「暗号資産FX」と呼ばれています。ビットコインだけでなく、ビットコインキャッシュやライトコイン、リップル、イーサリアムなどのアルトコインも暗号資産FXで取引可能です。

複数の注文方法


https://manetasu.jp/wp-content/uploads/2020/06/e11c2ef390de0f28f6c6796dff607fc2.png

bitFlyer

bitFlyer


https://manetasu.jp/wp-content/uploads/2020/06/c11cee99a65583d9febd488fb13f19c7-720×383.png


bitFlyer Lightning
仮想通貨取引所・bitFlyerが提供している「bitFlyer Lightning」では、レバレッジ取引を提供しています。bitFlyer Lightningは、仮想通貨の現物取引やレバレッジ取引に対応した取引所です。

現物取引では日本円でビットコインなどの仮想通貨を購入でき、また保有している通貨を売却して日本円に変えることもできます。

レバレッジ取引では最大4倍のレバレッジを効かせることができ(2020年6月時点)、ビットコインを取引できます。ビットコインが値上がりしても値下がりしても、利益を狙えるのです。

bitFlyer 仮想通貨取引におけるレバレッジとは Lightningでは、「Lightning FX(証拠金取引)」と「Lightning Futures(先物取引)」の2つのレバレッジ取引に対応しているのです。FXは期限がありませんが、先物には1週間や3カ月などの期限が決まっているという違いがあります。


ビットコインも証拠金として使える
通常のレバレッジ取引では日本円を証拠金としますが、Lightning FXではビットコインも証拠金として使えます。ただし、ビットコイン現物の最新価格の80%が評価額となります。

仮想通貨レバレッジ取引のメリット

仮想通貨レバレッジ取引のメリット


https://manetasu.jp/wp-content/uploads/2020/06/shutterstock_1024219852-720×360.jpg

大きな利益を狙える

レバレッジ取引の最大の魅力は大きなリターンが狙えることです。レバレッジの倍率を上げて大きな金額を取引すれば、得られる利益も比例して大きくなります。

価格が下落する局面でも利益を狙える

一方、レバレッジ取引であれば、どのような相場状況であっても利益を狙う取引が可能なのです。仮想通貨が値上がりしている局面では、価格が安いときに仮想通貨を買い、値上がりしたタイミングで売却すれば利益になります。

仮想通貨レバレッジ取引のデメリット

仮想通貨レバレッジ取引のデメリット


https://manetasu.jp/wp-content/uploads/2020/06/shutterstock_1542100058-720×360.jpg

レバレッジ取引は損失も大きくなる可能性がある

価格変動の大きさを表す「ボラティリティー」

仮想通貨は、株やFXなど他の金融商品と比較して「ボラティリティーが高い」といわれています。ボラティリティーとは、価格変動の大きさを表す言葉で、ボラティリティーが高いと価格が乱高下しやすくなります。

仮想通貨のレバレッジ取引とは?仕組み&メリット・デメリットを金融の専門家が解説!


出典:https://manetasu.jp

このように仮想通貨はボラティリティーが非常に高いので、それだけ価格が急激に変動しやすいのです。大きな利益を狙えるので、ボラティリティーが高いことは必ずしも悪いとはいえませんが、損失も大きくなるリスクがあるという点には注意が必要です。

追加で証拠金を支払う「追証」

レバレッジ手数料がかかる

しかし仮想通貨のポジションを保有した場合、管理費として「レバレッジ手数料」が発生します。その日のうちに取引を完了させれば手数料を支払わずに済みますが、長期間保有していると手数料が多くかかってしまうので、レバレッジ取引はなるべく短い期間で取引するようにしましょう。

ロスカットルールがある

証拠金維持率(%)= 純資産(有効証拠金)÷ 設定中レバレッジコースの必要証拠金 × 100

証拠金維持率(%)=200万円÷100万円×100=200%

仮想通貨のレバレッジ規制の流れ

仮想通貨のレバレッジ規制の流れ


https://manetasu.jp/wp-content/uploads/2020/06/shutterstock_698283847-720×360.jpg

仮想通貨の規制強化が進む

しかし現在は、仮想通貨自主規制団体であるJVCEA(日本仮想通貨交換業協会)による自主規制により、日本国内の仮想通貨取引所の上限は4倍になっています。仮想通貨のレバレッジ規制が出てきたのは、価格の乱高下を招いているのは、レバレッジ取引の拡大だと考えられたからです。

規制強化のきっかけになったコインチェック事件

仮想通貨の取引の大半は証拠金取引とされ、投機的な動きを心配する声が多かったのです。これからはFX(外国為替証拠金取引)と同じように、金融商品取引法の規制対象となります。

現在のレバレッジ倍率は4倍だが今後は2倍に

2020年5月から取引所ごとに2倍への変更が行われる予定です。そして、2021年4月30日までにすべての取引所が2倍になるので、現在4倍で取引できている取引所でも、2倍を想定した取引をしておいたほうがいいでしょう。

仮想通貨にかかる税金とは?計算方法や確定申告などまとめて解説

[平成30年4月1日現在法令等]

ビットコインは、物品の購入等に使用できるものですが、このビットコインを使用することで生じた利益は、所得税の課税対象となります。

このビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分されます。

引用元:国税庁|ビットコインを使用することにより利益が生じた場合の課税関係
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1524.htm

ビットコインをはじめとする仮想通貨の取引で生じた利益は、 原則として雑所得に分類 されますが、仮想通貨の利益で生計を立てていることが明らかである場合や、事業として仮想通貨取引を行っている場合は雑所得ではなく事業所得となる可能性があります。

仮想通貨の税金の種類

crypto-tax-2

仮想通貨の利益には原則として所得税の雑所得が課せられますが、 仮想通貨取引におけるレバレッジとは 厳密に言えば住民税 も課せられます。

原則として、仮想通貨を売却または使用などを行い仮想通貨取引で利益を得た場合、 所得税 仮想通貨取引におけるレバレッジとは が課されます。

確定申告をしていればその時に申告した情報が税務署から市町村に送られるので、 自動的 に住民税の計算がされるようになっています。

しかし、仮想通貨は支払い・決済手段としての機能を有していることから、税制改正により2017年7月以降の仮想通貨の譲渡については、 消費税が非課税 となりました。

贈与税・相続税

仮想通貨を相続または遺贈・贈与された場合、 相続税または贈与税が発生 します。

源泉所得税

会社が給与または給与の一部を仮想通貨で支払う際、給与の支払いを行う側は仮想通貨の支給分も含めて源泉徴収税額を計算し、 源泉所得税を納める必要 があります。

Coincheck NFT(β版)が扱うArt Blocks(アートブロックス)とは?

ジェネラティブアートは60年代に勃興したジャンルで、コンピューターワークで表現した模様や物体の質感を作品に取り入れているスタイルです。ブロックチェーン技術により、スマートコントラクトを実行することでジェネラティブアートを作成できるようになりました。22年4月にはサザビーズ ニューヨークで「Natively Digital 1.3: Generative Art」というジェネレーティブアートNFTメインのオークションイベントが開催されるなど、最新NFTのトレンドになっています。

①ジェネラティブアートとは

ジェネラティブアートNFTとは

volatility

②Art Blocksとは

Art Blocksは、ジェネラティブアートに特化したNFTマーケットプレイスです。イーサリアムブロックチェーンに不変に保存される、真にプログラム可能なオンデマンドの生成コンテンツに焦点を当てたプラットフォームの初期グループの一つです。Art Blocksプラットフォーム全体が1つのスマートコントラクトで実行され、その数百のプロジェクトすべてがそのコントラクトでホストされます。

③Art BlocksでNFTアートを購入するには

既製品の購入も可能

また、一度購入されたNFTアートは他のNFTマーケットプレイスで二次販売されていることもあります。大手NFTマーケットプレイスのOpen Seaや国内暗号資産取引所Coincheckが提供する「Coincheck NFT β」では、すでに発行が完了して画像が確認できる作品を購入することができるため、一度チェックしてみると良いでしょう。

④Art Blocks内のプロジェクトとは

Curated

ここに展示されている作品は、Art Blockが詳しく調査したうえでArt Blockが掲げるビジョンを象徴すると認められたものとされています。Curatedプロジェクトは四半期ごとにリリースされ、アーティストらは連続でプロジェクトに参加できない決まりになっています。Art Blocksに出品されているものの中でも特に高品質なNFTアートに興味がある方には、Curatedの作品が合っているかもしれません。

Playground

Factory

今回は、ジェネラティブアートを販売するNFTマーケットプレイス「Art Blocks」について解説しました。ジェネラティブアートNFTは従来のNFTとは一線を画し、偶有性から生まれるNFTアートを保有できる点が魅力的です。Art BlocksはジェネラティブアートNFTを自分で作成することも、既に作成された作品を購入据えることもできる主要なNFTマーケットプレイスです。Art Blocksに出品されているアーティストや作品に興味のある方は、まずはCoincheck NFT βで気に入った作品集を探してみてはいかがでしょうか?

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

最新記事 by 中島 翔 (全て見る)

  • Coincheck NFT(β版)が扱うArt Blocks(アートブロックス)とは? - 2022年6月16日
  • 仮想通貨交換業者シリーズ「Crypto 仮想通貨取引におけるレバレッジとは Garage」ってどんな会社? - 2022年6月16日
  • 2022.6.16 マーケットレポート【FRBが予想通り0.75%の利上げへ】 - 2022年6月16日
  • 相場で負けないコツは?失敗例やFXで損するトレーダーの特徴を4つ紹介 - 2022年6月15日
  • テクニカル指標「フィボナッチリトレースメント」の使い方は?注意点やポイントを解説 - 2022年6月15日

おすすめの仮想通貨取引所は?

コインチェック

コインチェック

17種の仮想通貨を取り扱うマネックスグループ運営の仮想通貨取引所!

GMOコイン

GMOコイン

全9種類のテクニカル指標、6つの注文方法が利用できるアプリを提供する仮想通貨取引所!

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

アルトコインレバレッジ取引に強み!19種類の暗号資産取引が可能な暗号資産取引所

2022.6.16 マーケットレポート【FRBが予想通り0.75%の利上げへ】

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

最新記事 by 中島 翔 (全て見る)

  • Coincheck 仮想通貨取引におけるレバレッジとは NFT(β版)が扱うArt Blocks(アートブロックス)とは? - 2022年6月16日
  • 仮想通貨交換業者シリーズ「Crypto Garage」ってどんな会社? - 2022年6月16日
  • 2022.6.16 マーケットレポート【FRBが予想通り0.75%の利上げへ】 - 2022年6月16日
  • 相場で負けないコツは?失敗例やFXで損するトレーダーの特徴を4つ紹介 - 2022年6月15日
  • テクニカル指標「フィボナッチリトレースメント」の使い方は?注意点やポイントを解説 - 仮想通貨取引におけるレバレッジとは 2022年6月15日

おすすめの仮想通貨取引所は?

コインチェック

コインチェック

17種の仮想通貨を取り扱うマネックスグループ運営の仮想通貨取引所!

GMOコイン

GMOコイン

全9種類のテクニカル指標、6つの注文方法が利用できるアプリを提供する仮想通貨取引所!

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

アルトコインレバレッジ取引に強み!19種類の暗号資産取引が可能な暗号資産取引所

仮想通貨・ブロックチェーンの最新ニュース

  • 2022/6/16Coincheck NFT(β版)、会員登録不要でサービスページが閲覧可能に
  • 2022/6/162022.6.16 マーケットレポート【FRBが予想通り0.75%の利上げへ】
  • 2022/6/15カイカエクスチェンジ、SkebユーティリティトークンのIEO検討へ
  • 2022/6/152022.6.15 マーケットレポート【FOMC前にドル高が進行】
  • 2022/6/15フォビジャパン、ビットコインSV (BSV)を国内初上場
  • 2022/6/15OKCoinJapan、国内初となるアバランチの取り扱い開始へ
  • 2022/6/142022.6.14 マーケットレポート【FOMCが0.75%の利上げの可能性】
  • 仮想通貨取引におけるレバレッジとは
  • 2022/6/10Coincheck NFT(β版)、新たに「Otherdeed(NFT)」の取り扱いを開始
  • 仮想通貨取引におけるレバレッジとは
  • 2022/6/10GMOインターネットグループ、Web3ベンチャーを支援するVC設立へ
  • 2022/6/102022.6.10 マーケットレポート【ECB11年振りの利上げへ】

関連記事一覧

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる