取引ツール

トレードカルテFX

トレードカルテFX

「FX投資家って、マジメな人が多いんです」という、ひろぴーさん

AIによるFX取引分析!トレードカルテFX

マネックス証券とHEROZは、「トレーディングの評価基準」、「トレーディング能力とその向上」、「トレーディングの目標」という一見当たり前の問いを改めて考え直しました。
トレーディングの目標は「人が目指せるものでなければならないのでは」と考え、お客様各々に備わっている取引スタイルを分析し、「スタイルの一貫性」をトレーディングの価値基準としました。
ディープラーニングを組み込んだ強化学習の技術を用いることで、ユーザーの取引スタイルごとに最適な道筋の提示を実現しています。

トレカルの技術的特徴

  • 約200万に上るFX取引データを基に機械学習技術を用いて100以上の指標を解析し、トレーディングスタイルを5つに分類
  • 利用者個人の取引データを機械学習することで一貫性やクセを検知
  • アプローチし易さという尺度を規定

トレカルの課題解決

現状を確認したい

可能性を知りたい

クセを知りたい

スタイルを確立したい

HEROZについて

HEROZは、「驚きを心に」をコンセプトとしてAI(人工知能)等の技術で「世界を驚かすサービスを創出する」ことを目指しています。
将棋AIに着目し、現役プロ棋士に勝利したAI関連の手法をコア技術とし、これまで培った技術を活用した独自AI「HEROZ Kishin」を建設、金融、エンターテインメント等の多種多様な産業へと展開しています。
今後もディープラーニング(深層学習)等の機械学習の研究開発やビジネス活用を続け、AI(人工知能)革命を起こし、未来を創っていきます。

FX PLUS(外国為替証拠金取引)をはじめるには

FX トレードカルテFX PLUSは、マネックス証券の「証券総合取引口座」と「FX PLUS口座」の2つの口座を開設すると、ご利用いただけます。もちろんどちらも口座開設・維持費は無料です。

FX PLUS(外国為替証拠金取引)を試してみたいお客様

本物の口座と同じ為替レートや取引ルールで仮想取引できる、「デモ口座」もご用意しています。 仮の資産でお試し取引 ができるので、初めてでも安心です。
「デモ口座」は、証券総合取引口座をお持ちでない方もご利用いただけます。

FX PLUS(外国為替証拠金取引)をはじめるには

FX PLUSは、「FX トレードカルテFX PLUS口座」を開設すると、ご利用いただけます。もちろん口座開設・維持費は無料です。

FX PLUS(外国為替証拠金取引)を試してみたいお客様

本物の口座と同じ為替レートや取引ルールで仮想取引できる、「デモ口座」もご用意しています。 仮の資産でお試し取引 ができるので、初めてでも安心です。
「デモ口座」は、証券総合取引口座をお持ちでない方もご利用いただけます。

FX PLUS(店頭外国為替証拠金取引)に関する重要事項

FX PLUSでは、取引対象である通貨の価格の変動により元本損失が生じることがあります。また、取引金額が預託すべき証拠金の額に比して大きいため(具体的な倍率は当社ウェブサイトをよくご確認ください)、取引対象である通貨の価格の変動により、その損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損)ことがあります。 さらに、取引対象である通貨の金利の変動により、スワップポイントが受取りから支払いに転じることがあります。FX PLUSは、店頭取引であるため、当社・カバー先の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。FX PLUSでは、損失が一定比率以上になった場合に自動的に反対売買により決済されるロスカットルールが設けられていますが、相場の急激な変動により、元本超過損が生じることがあります。加えて、相場の急激な変動により、意図した取引ができない可能性があります。

FX PLUSでは、取引通貨の為替レートに応じた取引額に対して一定の証拠金率以上で当社が定める金額の証拠金(必要証拠金)が必要となります。一定の証拠金率とは以下のとおりです。ただし、相場の急激な変動等の事由が発生した場合には当社判断により変更することがあります。
(個人口座)
原則4%(一部の通貨ペアでは8%、詳細は当社ウェブサイトをご確認ください)
(法人口座)
金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号の定める定量的計算モデルにより金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率です。ただし、金融先物取引業協会の算出した為替リスク想定比率が、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率(原則1%、一部の通貨ペアでは8%、詳細は当社ウェブサイトをご確認ください)を下回る場合には、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率を優先させることとします。

トレードカルテFXについて

マネックス証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

当サイトは、株式会社新生銀行が同行の金融商品仲介をご利用のお客様へ勧誘する際に使用されることがあります。
株式会社新生銀行 登録金融機関:関東財務局長(登金)第10号 加入協会:日本証券業協会・一般社団法人 金融先物取引業協会

FXはAIに頼るな!勝てない4つの理由・勝率を上げる唯一の方法

AI FX 勝てない

トレンドタイガー

トレンドタイガーの最も怪しい点は、セールスページが偽造されている事。

※現在では、セールスページが書き換えられさらに怪しい商材販売のページに移るので要注意。

FAIPSの最も怪しい点は、サイト設計が古く、実際に使えるサービスなのか疑問を感じる事。

賢者

2. FXでAI(人工知能)を利用しても勝てない4つの理由

FXでAI(人工知能)を利用しても勝てない4つの理由

結論を言うと、FXのAIサービスはまだまだ発展途上 であり、

現段階ではAIに頼っても勝てない可能性 が 高いだろう。

2-1. FXのAIソフトでも未来を100%予想することは不可能

FXのAIソフトでも未来を100%予想することは不可能

トレードカルテFX FXはあくまでも投資であるため、確実に勝てる方法は存在しない。

2-2. 前例のない変動には対応できない

FXのAIサービスは前例のない変動には対応できない

特に初心者がAIに頼りっきりで放置してしまうと、知らないうちに大損する可能性もあるので注意しておくべきだろう。

2-3. 価格変動の大きい相場に弱い

FXのAIサービスは価格変動の大きい相場に弱い

そのため、取引するタイミングによってはいくら精度の高いAIでも、損失を重ねてしまう可能性がある。

2-4. 詐欺商材が多い

FXのAIサービスには詐欺商材が多い

AIサービスが新しくリリースされると同時に販売中止になる商材が多いことを考えると、詐欺商材が紛れている事は確実だろう。

トレードノートとは

FXトレードノートの書き方とトレード改善アドバイス

Turn Tradingに所属しているメンバーを更に支援するため、Turn Tradingではオンラインのトレードノート「ワークブック」を開発しました。これにより、講師がメンバーのトレードノートにアクセスし、トレードの改善方法について迅速なアドバイスを提供できるようになりました。Turn Tradingメンバー向けのオンラインのトレードノート「ワークブック」は、Amazonで販売しているFXトレード手帳に似ていますが、チャート添付をより簡易にさせたり等、オンラインならではのオリジナル機能が数多くあります。

事前準備の仕方

損失限度額を決める

利益目標額はありませんので、チャンスのときはできる限りの利益を確保します。
例:一日当たりの損失許容限度額 US$150

資金管理ルールを決める

次にロットサイズ、損切り、利益確定のルールを決めます。損切りと利益確定ルールは損失限度額を考慮し、金額ではなく pips で決めます。Pipsとは最小値幅単位で、トレードするマーケットにより異なります。 Pipsとロットサイズを掛け合わせる事で実際の金額が計算できます。ロットサイズを大きくすれば取引金額が大きくなり、それに比例して損失も利益も大きくなります。

例えばユーロドル10万通貨の 1pips は $10 です。一日当たりの損失限度額を $150とすると、15pips 以上の損切りにはできません。利益確定は損切り以上を狙います。

プロトレーダーは損を最小にして利を最大にします。損切りを 15pips にしたら利益確定は 15pips 以上を狙います。実際の損切りと利益確定ルールはトレード直前のマーケットのボラティリティを見て調整、判断します。

将棋名人を倒した最先端AIがFX投資に殴り込み マネックスの「トレードカルテFX」とは?

HEROZ取締役CFOの浅原大輔氏


HEROZ取締役CFOの浅原大輔氏

「トレカル」は、取引スタイルを確立するツール

マネックス証券の松本大社長


マネックス証券の松本大社長

専業トレーダーも注目!? トレカルへの期待とは

「FX投資家って、マジメな人が多いんです」という、ひろぴーさん


「FX投資家って、マジメな人が多いんです」という、ひろぴーさん

システム開発に協力した専業トレーダーの、おばらっちさん


システム開発に協力した専業トレーダーの、おばらっちさん

FX PLUS(店頭外国為替証拠金取引)に関する重要事項
<リスク>
FX PLUSでは、取引対象である通貨の価格の変動により元本損失が生じることがあります。また、取引金額が預託すべき証拠金の額に比して大きいため(具体的な倍率は当社ウェブサイトをよくご確認ください)、取引対象である通貨の価格の変動により、その損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損)ことがあります。 さらに、取引対象である通貨の金利の変動により、スワップポイントが受取りから支払いに転じることがあります。FX PLUSは、店頭取引であるため、当社・カバー先の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。FX PLUSでは、損失が一定比率以上になった場合に自動的に反対売買により決済されるロスカットルールが設けられていますが、相場の急激な変動により、元本超過損が生じることがあります。加えて、相場の急激な変動により、意図した取引ができない可能性があります。
<手数料等>
FX PLUSでは、10,000通貨以上の取引では取引手数料はかかりません。10,000通貨未満の取引では1,000通貨あたり30円の取引手数料がかかります。当社は、通貨ペアごとにオファー価格(ASK)とビッド価格(BID)を同時に提示します。オファー価格とビッド価格には差額(スプレッド)があり、オファー価格はビッド価格よりも高くなっています。流動性の低下、相場の急激な変動により、スプレッドの幅は拡大することがあります。
<証拠金>
FX PLUSでは、取引通貨の為替レートに応じた取引額に対して一定の証拠金率以上で当社が定める金額の証拠金(必要証拠金)が必要となります。一定の証拠金率とは以下のとおりです。ただし、相場の急激な変動等の事由が発生した場合には当社判断により変更することがあります。
(個人口座)
原則4%(一部の通貨ペアでは8%、詳細は当社ウェブサイトをご確認ください)
(法人口座)
金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号の定める定量的計算モデルにより金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率です。ただし、金融先物取引業協会の算出した為替リスク想定比率が、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率(原則1%、一部の通貨ペアでは8%、詳細は当社ウェブサイトをご確認ください)を下回る場合には、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率を優先させることとします。
<その他>
お取引の際は、当社ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」を必ずお読みください。
【トレードカルテFXについて】
本サービスは本サービス利用登録者(以下「利用登録者」)等の取引実績 を対象として統計分析を行い、その結果を利用登録者に示しますが、その結果を利用登録者に向けた用途以外で用いる事はございません。当社は記載した銘柄の取引を推奨し、勧誘するものではございません。当社は本情報の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。銘柄選択や売買タイミングなどの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任で行っていただくようにお願いいたします。
【手数料等およびリスクについて】
マネックス証券の取扱商品等のお取引をいただく際には、各商品等に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
また、各商品等には価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じることがあります。各商品等のお取引にかかる手数料等およびリスクは商品毎に異なります。詳細につきましては、マネックス証券ウェブサイトに掲載の「契約締結前交付書面」「上場有価証券等書面」「目論見書」「目論見書補完書面」「リスク・手数料などの重要事項」等を必ずお読みください。
【マネックス証券株式会社】
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

トレードノートとは

FXトレードノートの書き方とトレード改善アドバイス

Turn Tradingに所属しているメンバーを更に支援するため、Turn Tradingではオンラインのトレードノート「ワークブック」を開発しました。これにより、講師がメンバーのトレードノートにアクセスし、トレードの改善方法について迅速なアドバイスを提供できるようになりました。Turn Tradingメンバー向けのオンラインのトレードノート「ワークブック」は、Amazonで販売しているFXトレード手帳に似ていますが、チャート添付をより簡易にさせたり等、オンラインならではのオリジナル機能が数多くあります。

トレードカルテFX

事前準備の仕方

損失限度額を決める

利益目標額はありませんので、チャンスのときはできる限りの利益を確保します。
例:一日当たりの損失許容限度額 US$150

資金管理ルールを決める

次にロットサイズ、損切り、利益確定のルールを決めます。損切りと利益確定ルールは損失限度額を考慮し、金額ではなく pips で決めます。Pipsとは最小値幅単位で、トレードするマーケットにより異なります。 Pipsとロットサイズを掛け合わせる事で実際の金額が計算できます。ロットサイズを大きくすれば取引金額が大きくなり、それに比例して損失も利益も大きくなります。

例えばユーロドル10万通貨の 1pips は $10 です。一日当たりの損失限度額を トレードカルテFX $150とすると、15pips 以上の損切りにはできません。利益確定は損切り以上を狙います。

プロトレーダーは損を最小にして利を最大にします。損切りを 15pips にしたら利益確定は 15pips 以上を狙います。実際の損切りと利益確定ルールはトレード直前のマーケットのボラティリティを見て調整、判断します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる