FXスマホアプリ

2段階になったトレーリングストップ注文の仕組み

2段階になったトレーリングストップ注文の仕組み
サブルーチンだと「料理が出来る」を待たずに「料理を運ぶ」が実行されるイメージです。

「実装で知るasyncio」を聴いてコルーチンを全く分かっていないことに気づいた

正直、「何も分からん」という感想でした。例の成長曲線の「完全に理解した」の次のやつではなく、完全に理解する前の段階です。 しかし、発表中に「もし難しく感じたらラッキー。それこそが PyCon JP に参加する価値です」というお言葉をいただきました。せっかくいただいたお言葉「この発表難しかった」で終わるのはもったいないと思い、この記事を執筆するに至ります。この記事を書きながら、コルーチンとは何かを説明出来るくらい理解することが目的です。

※この記事では、asyncioについてはまったく扱いません。(最後の方で少ししか)

  • コルーチンとは、プログラムの呼び出し元と呼び出し先を行ったり来たりする仕組み では、行ったり来たりするのに generator を使う
  • generatorを使ったコルーチンは、 generatorオブジェクト.send() が呼び出されるまで処理を待つ仕組みである
  • 2段階になったトレーリングストップ注文の仕組み
  • generatorのコルーチンとは別に async/await を使った native coroutine がPythonにはあるが、上述のコルーチンのように行ったり来たりの処理はできない。処理を待つという点ではgeneratorコルーチンと同じ特徴を持つ。

コルーチンとは(全プログラミング言語共通の概念として)

コルーチンは英語で書くと co-routine です。

ルーチンは、「ルーチンワーク」のルーチンですね。 weblioには「きまりきった手続きや手順、動作など。また、日常の仕事。日課。」と書いています。

「ルーチン」はコンピュータプログラムの文脈では「特定の処理を実行するための一連の命令群」という意味だそうです。

work() 関数は、ウェイターの仕事を表す「ルーチン」となります。 3つのprint文を書くことは決まりきったことなので、関数にすると楽ですね。 ウェイターの仕事をするために、print文という命令をまとめているので、関数はルーチンと言えます。

先程の work() 関数はサブルーチンです。

サブルーチンは一度呼び出されたら処理が終了するまで呼び出し元には戻らないルーチンです。

それに対してコルーチンは、呼び出し元と呼び出し先を行ったり来たりするルーチンです。

f:id:mizzsugar:20211203174142p:plain

サブルーチンだと「料理が出来る」を待たずに「料理を運ぶ」が実行されるイメージです。

Pythonのコルーチン

pythonでは、相互のやり取りを表すために yield を使います。 ウェイターの仕事だと、下記のようのなイメージです。

work() が返すオブジェクトを generator と呼びます。 work() を呼び出すとこのように文字列が出力されます。

この時、 send() が呼び出されるまでは次の行の処理に移りません。

例えば、①の後に send() によってコーヒーが頼まれるまでは注文を取りません。

処理の終わりに到達するので、 w.send("コーヒーを飲み終わる") で StopIteration という例外が発生しています。

この処理では、呼び出し元と呼び出し先を行ったり来たりしている間に、generatorがsumとcountの状態を保っていることが分かります。 前に実行した処理を引き継いだまま、 send() を実行しています。

Pythonのasyncioはコルーチン?

Pythonでは、上記のコルーチンとは別で、 native coroutine と呼ばれるコルーチンがあります。native coroutineは async/await 2段階になったトレーリングストップ注文の仕組み を使ったコルーチンです。 PEP492で、上記のgeneratorを使ったコルーチンとは別のとしてnative coroutineが定義されています。

natavie coroutineとgeneratorを使ったコルーチンの違いが分からなかったところ、図解「generator・native coroutine・with」 〜 関心やコードを分離する文法と、処理順序・構造 という記事に解説がありました。

generatorコルーチンが send() が呼び出されるまで実行されないように、 async/await も await の処理が終わるまで待っているという点では同じようです。 しかし、行ったり来たり出来ない点では native coroutine は、Python以外での文脈で使われる「コルーチン」とは違うようです。

これだけは知っておきたい! PBXとクラウドPBXの違いとは?

クラウドサービスの利用状況

●場所を選ばず短期間で導入できる オフィスにPBXを設置する必要がないため、短期間で導入できます。拠点を新設する際も迅速に環境が構築できます。またインターネットに接続できれば通話が可能なため、海外拠点での環境構築も可能です。 ●メンテナンスのコストが抑えられる 従来はレイアウト変更や異動で内線番号が変更になる場合やPBXが故障した場合は、専門の事業者に依頼する必要がありました。クラウドPBXでは、故障などのメンテナンスはサービス提供事業者が担当するほか、クラウド上の管理画面で簡単に設定変更できるため、運用コストが抑えられます。また、従来のPBXでは台数に上限があり、上限を超えるとPBXの入れ替えが必要になりますが、クラウドPBXの場合は台数を簡単に増やせます。 ●モバイルやPCでも内線や会社の電話番号での発着信が可能に 2段階になったトレーリングストップ注文の仕組み インターネットを接続できれば通話が可能となるため、携帯電話やノートPCでも内線通話や会社の電話番号での発着信が可能になります。そのため、外出中の担当者にかかってきた電話をそのまま転送したり、自宅で代表電話への入電に対応したりといったことが可能になり、場所を選ばない働き方を実現します。 ●通話料のコストが抑えられる 社外にいる場合でも社員同士の内線電話が無料になります。また外線電話もインターネット回線を利用することにより、通話料金が安価になります。

4.クラウドPBXの注意点

●緊急通報へ発信できない クラウドPBXは場所を問わずに通話が可能です。そのため緊急通報すると、関係機関に通知される位置情報と、実際の通報者の位置が異なる場合があります。通報者情報との紐づけや通報者へのコールバックに支障を来す場合があるため、緊急通報への発信はできません。緊急通報の場合は、携帯回線網で発信するなどの対策が必要です。 ●インターネット回線の音声品質は保証されない インターネット回線を利用するため、音声品質を保証することはできません。ただしインターネット接続回線はベストエフォートではあるものの、高速通信が可能なサービスが次々と登場しており、音声品質は今後も改善すると期待できます。 ●電話番号を引き継げない場合がある 携帯電話の番号ポータビリティ(MNP)があるように、固定電話も既存の番号を引き継ぐ(LNP)ことができますが、固定電話番号の取得方法によっては不可能なケースもあるため、確認が必要です。

これだけは知っておきたい! PBXとクラウドPBXの違いとは?

クラウドサービスの利用状況

●場所を選ばず短期間で導入できる オフィスにPBXを設置する必要がないため、短期間で導入できます。拠点を新設する際も迅速に環境が構築できます。またインターネットに接続できれば通話が可能なため、海外拠点での環境構築も可能です。 ●メンテナンスのコストが抑えられる 従来はレイアウト変更や異動で内線番号が変更になる場合やPBXが故障した場合は、専門の事業者に依頼する必要がありました。クラウドPBXでは、故障などのメンテナンスはサービス提供事業者が担当するほか、クラウド上の管理画面で簡単に設定変更できるため、運用コストが抑えられます。また、従来のPBXでは台数に上限があり、上限を超えるとPBXの入れ替えが必要になりますが、クラウドPBXの場合は台数を簡単に増やせます。 ●モバイルやPCでも内線や会社の電話番号での発着信が可能に インターネットを接続できれば通話が可能となるため、携帯電話やノートPCでも内線通話や会社の電話番号での発着信が可能になります。そのため、外出中の担当者にかかってきた電話をそのまま転送したり、自宅で代表電話への入電に対応したりといったことが可能になり、場所を選ばない働き方を実現します。 ●通話料のコストが抑えられる 社外にいる場合でも社員同士の内線電話が無料になります。また外線電話もインターネット回線を利用することにより、通話料金が安価になります。

4.クラウドPBXの注意点

●緊急通報へ発信できない クラウドPBXは場所を問わずに通話が可能です。そのため緊急通報すると、関係機関に通知される位置情報と、実際の通報者の位置が異なる場合があります。通報者情報との紐づけや通報者へのコールバックに支障を来す場合があるため、緊急通報への発信はできません。緊急通報の場合は、携帯回線網で発信するなどの対策が必要です。 ●インターネット回線の音声品質は保証されない インターネット回線を利用するため、音声品質を保証することはできません。ただしインターネット接続回線はベストエフォートではあるものの、高速通信が可能なサービスが次々と登場しており、音声品質は今後も改善すると期待できます。 ●電話番号を引き継げない場合がある 携帯電話の番号ポータビリティ(MNP)があるように、固定電話も既存の番号を引き継ぐ(LNP)ことができますが、固定電話番号の取得方法によっては不可能なケースもあるため、確認が必要です。

これだけは知っておきたい! PBXとクラウドPBXの違いとは?

クラウドサービスの利用状況

●場所を選ばず短期間で導入できる オフィスにPBXを設置する必要がないため、短期間で導入できます。拠点を新設する際も迅速に環境が構築できます。またインターネットに接続できれば通話が可能なため、海外拠点での環境構築も可能です。 ●メンテナンスのコストが抑えられる 従来はレイアウト変更や異動で内線番号が変更になる場合やPBXが故障した場合は、専門の事業者に依頼する必要がありました。クラウドPBXでは、故障などのメンテナンスはサービス提供事業者が担当するほか、クラウド上の管理画面で簡単に設定変更できるため、運用コストが抑えられます。また、従来のPBXでは台数に上限があり、上限を超えるとPBXの入れ替えが必要になりますが、クラウドPBXの場合は台数を簡単に増やせます。 ●モバイルやPCでも内線や会社の電話番号での発着信が可能に インターネットを接続できれば通話が可能となるため、携帯電話やノートPCでも内線通話や会社の電話番号での発着信が可能になります。そのため、外出中の担当者にかかってきた電話をそのまま転送したり、自宅で代表電話への入電に対応したりといったことが可能になり、場所を選ばない働き方を実現します。 ●通話料のコストが抑えられる 社外にいる場合でも社員同士の内線電話が無料になります。また外線電話もインターネット回線を利用することにより、通話料金が安価になります。

4.クラウドPBXの注意点

●緊急通報へ発信できない クラウドPBXは場所を問わずに通話が可能です。そのため緊急通報すると、関係機関に通知される位置情報と、実際の通報者の位置が異なる場合があります。通報者情報との紐づけや通報者へのコールバックに支障を来す場合があるため、緊急通報への発信はできません。緊急通報の場合は、携帯回線網で発信するなどの対策が必要です。 ●インターネット回線の音声品質は保証されない インターネット回線を利用するため、音声品質を保証することはできません。ただしインターネット接続回線はベストエフォートではあるものの、高速通信が可能なサービスが次々と登場しており、音声品質は今後も改善すると期待できます。 ●電話番号を引き継げない場合がある 携帯電話の番号ポータビリティ(MNP)があるように、固定電話も既存の番号を引き継ぐ(LNP)ことができますが、固定電話番号の取得方法によっては不可能なケースもあるため、確認が必要です。

これだけは知っておきたい! 2段階になったトレーリングストップ注文の仕組み PBXとクラウドPBXの違いとは?

クラウドサービスの利用状況

●場所を選ばず短期間で導入できる オフィスにPBXを設置する必要がないため、短期間で導入できます。拠点を新設する際も迅速に環境が構築できます。またインターネットに接続できれば通話が可能なため、海外拠点での環境構築も可能です。 ●メンテナンスのコストが抑えられる 従来はレイアウト変更や異動で内線番号が変更になる場合やPBXが故障した場合は、専門の事業者に依頼する必要がありました。クラウドPBXでは、故障などのメンテナンスはサービス提供事業者が担当するほか、クラウド上の管理画面で簡単に設定変更できるため、運用コストが抑えられます。また、従来のPBXでは台数に上限があり、上限を超えるとPBXの入れ替えが必要になりますが、クラウドPBXの場合は台数を簡単に増やせます。 ●モバイルやPCでも内線や会社の電話番号での発着信が可能に インターネットを接続できれば通話が可能となるため、携帯電話やノートPCでも内線通話や会社の電話番号での発着信が可能になります。そのため、外出中の担当者にかかってきた電話をそのまま転送したり、自宅で代表電話への入電に対応したりといったことが可能になり、場所を選ばない働き方を実現します。 ●通話料のコストが抑えられる 社外にいる場合でも社員同士の内線電話が無料になります。また外線電話もインターネット回線を利用することにより、通話料金が安価になります。

4.クラウドPBXの注意点

●緊急通報へ発信できない クラウドPBXは場所を問わずに通話が可能です。そのため緊急通報すると、関係機関に通知される位置情報と、実際の通報者の位置が異なる場合があります。通報者情報との紐づけや通報者へのコールバックに支障を来す場合があるため、緊急通報への発信はできません。緊急通報の場合は、携帯回線網で発信するなどの対策が必要です。 ●インターネット回線の音声品質は保証されない インターネット回線を利用するため、音声品質を保証することはできません。ただしインターネット接続回線はベストエフォートではあるものの、高速通信が可能なサービスが次々と登場しており、音声品質は今後も改善すると期待できます。 ●電話番号を引き継げない場合がある 携帯電話の番号ポータビリティ(MNP)があるように、固定電話も既存の番号を引き継ぐ(LNP)ことができますが、固定電話番号の取得方法によっては不可能なケースもあるため、確認が必要です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる