テクニカル分析

FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説

FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説

僕は「 大負けさえしなければ、株で勝てる FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説 」という意見を鵜呑みにして、 底堅いチャート の銘柄を買っていました。

【心理学】株式・FXで稼げる体質に!損する投資方法の回避法

ファストアンドスロー

著作権者のみなさまへ
このブログでは書籍で得た情報を基に、記事を作成しております。
著者の方々や出版に携わる方々への感謝と敬意を込めた運営を心がけております。
記事の内容は、書籍の内容や世界観を解説をするにとどめ、原著作物の表現に対する複製・翻案とはならないように配慮しています。
もし行き届かない点や記事の削除をご希望される著作者の方は、お手数をお掛けし恐縮ですが、コメント欄よりご連絡頂けますと幸いです。

きいろとみどり

黄色と緑色が好きな幼い子どもを持つ現役システムエンジニア。
日々試行錯誤しながら子育て奮闘中!
このブログでは子育てに役立つノウハウ・マインドの他、資産運用についての情報を発信しています。
FXで年利140%達成を機に、取引状況や勝つためのノウハウも徐々に発信していきます。

【心理学】その利確ほんとに正しい?心理会計と確率無視があなたを稼げなくしているかも?

「こっちは利確して、こっちはまだ塩漬けだな・・・」 「ここで損切りしなくてもいずれ上がってくるでしょ・・・」 こんなシーン、よくありますよね。 しかし、その利確は正しくない可能性があります。 次の簡単な質問で、あなたの投資判断をチェックしてみましょう。

【投資】超基礎!カモにならない為の必須知識3選

「そろそろ投資を始めたい」 「投資を始めたいけど、何から手をつければいいの?」 そんな初心者の方は、まず基礎的な用語の意味を知るところから始めましょう。 とりあえず何か保有してみるか〜といった軽いノリでは確実に失敗します。

【成功の秘訣】大企業に学ぶ|会社経営|人生|の成功ロードマップ

「成功するにはどうすればいい?」 誰でも1度は聞いたことのある企業「ディズニー」「IBM」「P&G」・・・。 彼らはその方法を知っていて、今もなお実践し続けています。 そんな世界的大企業の5つの共通点をご紹介します。 経営者や起業家のみでなく、会社員や学生にとっても有益な情報です。

【心理学】株・為替で稼げない心理メカニズム 〜プロスペクト理論〜

【心理学】脳が騙される効果3選 ノーベル経済学賞受賞者より

「あの人は初めからいい人だと思ってたよ」 「この人の言うことをすっかり信じてしまったな」 人は常に、その時の環境や与えられた情報を元に判断をしています。 そんな中で、気づかない間にその判断を惑わす手法(効果)が存在します。 知っておくことで、似た様な場面に遭遇した時、脳が騙されたと気付きやすくなるので、最後まで騙され続ける可能性を下げられます。 脳が騙される効果3選 私は絶対大丈夫!と言う人ほど騙されるとよく聞きますが、騙されてしまう人は、もしかするとこの3つの効果によるものかもしれません。

【スマホと子ども】時間制限だけでいい?依存対策3選

「子どもが最近スマホばかり見ている・・・」 「このところ子どものスマホ時間が伸びている・・・」 このままでいいのか、なんだか漠然と心配になります。 スマホが人間に及ぼす、特に子どもに及ぼす影響はまだ未知数な部分があります。 しかし既にわかっているデメリットだけでも、制限するだけの十分な理由があると思います。 FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説 今回の記事では、親の目線で、子どものスマホ依存に対してできることをご紹介します。 私自身、約半年間にわたって実践し、子どもの発育にもプラスになっていると実感できました。

退職金の運用はなぜ「失敗」するのか?3つの理由と成功させるポイント&おすすめ方法

資産運用

結局、退職金の運用は危ないのか、失敗する人はそんなに多いのか。本当のところはわからないのです。大切なのは、 メディアの情報に踊らされすぎずに、各家庭に適した運用をすること ではないでしょうか。

今回は、FP(ファイナンシャルプランナー)として資産運用の相談を受けることの多い筆者が、退職金の運用で失敗を防ぎ、老後資金をうまく運用する方法を解説します。特に「初めて資産運用する」という方には、参考になるはずです。この機会に、退職金と老後のプランを考えてみてくださいね。

退職金の運用で失敗してしまう理由は3つ

退職金の運用で失敗してしまう理由は3つ

  • 未経験で「いきなりハイリスク投資」に手を出す
  • 「資金の取り崩し」方法を考えない
  • 「運用の相談先」が偏っている

未経験で「いきなりハイリスク投資」をしている

もっともよくあるのが、投資経験がないのに いきなりハイリスクな投資に手を出しているケース です。例えば、株式のデイトレードや信用取引、FXや仮想通貨など。話題性がありリターンも大きく見込める方法で「もっと増やそう」と考えて投資する方がいます。

退職金の運用で、色目をつけてはいけません。できる限り リスクを抑えるように気をつけ、安定的な収益を目指して運用するほうが失敗は防げる でしょう。

「資金の取り崩し」方法を考えていない

退職金に限らず資産運用でよくある失敗が、 運用した資金の取り崩しをどうするか考えていないケース です。

そこで、退職金を運用するときは、 運用している資金をいつごろから現金に戻すのか、公的年金との兼ね合いも考え、老後のプランを決めておく ことをおすすめします。以下のようなプランを決めておくと、プランにあわせた運用と取り崩しがしやすくなるでしょう。

資金の取り崩しプラン例

  • 60歳:退職金を受け取る
  • 60歳~70歳:退職後も仕事を継続。公的年金は繰り下げ受給にして、退職金も使わずに運用。日々の生活費は働いた収入から賄う
  • 70歳:公的年金の受給を開始。運用した退職金は毎年100万円ずつ取り崩していく

「運用の相談先」が偏っている

しかし、 相談先が偏っている場合は、そのまま偏った金融商品で偏った運用をしてしまう可能性があるため要注意 です。

退職金の運用を成功させるポイント

退職金の運用を成功させるポイント

    FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説
  • 資産全体でリスクを抑えた運用 を心がける
  • 運用資金と運用期間、資金の取り崩し イメージを明確に しておく
  • 相談先は複数持って 多角的な視点 を身につける
  • まずは自分で勉強し、 プロに任せるか自分で運用するのか 決めておく

失敗する理由でお話したように、 FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説 退職金の運用でもっとも重要なのはリスクを抑えること です。

「リスクを抑える」と言うと、とにかく定期預金などの低リスク商品で運用しようと考えるかもしれませんが、そうではありません。家庭の 資産全体でリスクを抑えるということ です。

失敗の理由と成功のために

運用初心者はプロに任せる方法がおすすめ

運用初心者はプロに任せる方法がおすすめ

忙しい方や運用初心者には、プロに任せる方法をおすすめします。プロに資産運用を任せる方法であれば、初心者でも手軽にプロの運用成果を享受できます。 勉強する時間がない方や餅は餅屋という考えの方には、プロに任せるという選択肢もある のです。

プロに任せる退職金運用方法

プロに任せる退職金運用方法

  1. 安定的に増やす 貯蓄型保険
  2. 積極的に増やす 投資信託
  3. リスクを取りつつ大きく増やす ヘッジファンド

1. 安定的に増やす貯蓄型保険

退職金をもとに 一時払いの貯蓄型保険に加入し、安定的に資産を増やす方法 です。保険料として払い込んだ 退職金を保険会社が運用し、満期時になれば払い込んだ以上の資金を受け取れる仕組み になっています。

特に退職金の運用先として人気があるのは、日本円より金利が高い米ドルなどの外貨で保険金を運用する、外貨建ての保険商品です。外貨で運用するため為替リスクはありますが、 日本円で定期預金に預けるよりも高い運用益を期待 できるのが特徴です。

  • 「保険商品」にはさまざまな運用コストがかかっている
  • 元本保全性は高いものの、状況次第では元本割れする

2. 積極的に増やす投資信託

退職金をもとに 特定のファンドを購入し、より積極的に資産を増やすことを目指すのが投資信託 です。投資信託のファンドには、株式や債券・不動産といったさまざまな金融資産が内包されています。

貯蓄型保険は「保険契約」なので、保険によって運用期間が決まっています。投資信託には、こうした契約はありません。 投資金額も運用する期間も、投資家が好きなように選べるため、より自由度の高い資産運用をできることが特徴 です。

3. リスクを取って大きく増やすヘッジファンド

元々「ヘッジ」には、リスクヘッジという意味があります。ファンド内であらゆる資産に分散投資し、さまざまな取引方法を駆使してリスクヘッジすること、つまり、 どんな相場でも損失を回避して、できる限り利益を目指すのがヘッジファンドの本質 です。

円安相場にうまく乗れる通貨ペアは?松井証券のトレード方法も解説

松井証券FXでトレードする方法

次に松井証券FXでトレードする方法を解説します。

※以下画像は全て取引画面より筆者作成

松井証券FXでトレードする方法

こちらは松井証券FXのトップ画面です。チャートを押すと下記の画面に遷移します。

注文設定


上記は新規注文の右上にある「注文設定」の画面です。通貨ペアで予め注文数量や増減幅を設定できます。トレード毎に設定を行う必要性がありません。両建ても設定できます。

ロスカット率・レバレッジコース設定


「ロスカット率・レバレッジコース設定」の画面では、上記の画像のようにレバレッジを設定できます。資産運用で長期的に運用を行う場合はリスク管理としてこの倍率を5倍程度まで引き下げておきましょう。

テクニカル指標


チャートのテクニカル指標は上記のように一般的なものは揃っています。テクニカル指標をクリックすると設定画面が横に表示されるため、数値の設定ができます。

情報提供

投資情報については、通貨ペア別に紹介されている週刊コラムがあります。

経済指標

経済指標については対象期間別、国別、重要度別に検索ができます。初心者でも何が重要なのか検索しやすい作りになっています。

くるくるワイドの始め方~8つのルールを守るだけ~

くるくるワイドとは資金管理を主として両建てを行いながら利益を狙うトレード手法です。
くるくるワイドで建てるポジションは主に2つあり、大きなポジションと繰り返し取引を行うポジションです。
大きなポジションは本体と呼ばれ、小さな繰り返しのポジションがトラップと呼ばれるポジションです。
トラップとは、ある値段に到達したら損切と利確が設定されたポジションを一定間隔で注文していく方法です。(IFDOCOの繰り返し)
トラップについてはM2Jのトラリピというシステムがもととなっているようです。
大きなポジションとは小さな繰り返しのポジションが含み損を抱えてしまったときのリスクヘッジのためのポジションです。

トラップトレードのイメージ

くるくるワイドを始める前に

価格: 1,728円
(2017/10/9 19:17時点)
感想(1件)

くるくるワイドのメリット

くるくるワイドの最大のメリットはなんといっても 裁量トレードのようにレートが上がるか下がるを予測しなくていいことです。
FXを始めた初心者などは裁量によるトレードでなかなか結果が出せず、裁量トレードに懲りている人が多くいると思いますが、くるくるワイドならレートを予測しなくてもいいし、 チャートに張り付く必要もない ので非常に余裕を持ったトレードが可能です。

くるくるワイドのデメリット

裁量トレードが上手な人は裁量トレードをした方が効率よく稼ぐことができますので、 裁量トレードがうまくいっている人にとってはくるくるワイドを行うメリットはありません。

中長期のトレードになる可能性が高いので、資金の増加量はコツコツで大きな含み損を抱える可能性があります。

基本的なルール

1.レンジを予測する

2.本体を建てる

上のくるくるワイドとは?で説明した本体というポジションを建てます。
レンジの高値付近なら本体はショート、安値付近ならロングを建てます。
本体のポジション数は自分の総資金と相談して決めてください。

ある程度リスクをとるなら資金100万円に対して7万通貨です。ちなみに7万通貨だとドル円のレート100円の時、ショートなら110~113円、ロングなら86~89円がロスカットとなります。
最初からリスクをとるのも危険なので1~3万通貨で様子を見ましょう。
本体の利食いはレンジの端です。本体がロングの場合はレンジの高値、ショートの場合は安値です。
上で決めた本体の利食い価格を出口と呼びます。

3.トラップを貼る

上のくるくるワイドとは?で説明したトラップと呼ばれるポジションを貼っていきます。
トラップはレンジの安値~高値に貼っていきます。

トラップの貼り方の例

レンジ予想が100~107円、本体が7万通貨の場合

トラップ数 = 本体通貨(7万通貨) ÷ トラップ通貨(1000通貨) = 70トラップ

トラップ幅 = レンジ幅(7円) ÷ トラップ数(70トラップ) = 0.1銭

4.ヘッジトレードを行う

ヘッジトレードとは本体の損失方向へのリスクを減らすための裁量デイトレードです。
ヘッジトレードは出口に到達したときの本体の利益からトラップの損失を引いたときの金額で行いましょう。
ヘッジトレードは損切になっても全体として損失がでないようなポジションで行うので、裁量がでくなくても問題がないので、毎日遠慮せず行いましょう。
ヘッジトレードのポジションの利食いが10銭、損切が出口です。
魚屋さんはヘッジポジションで10銭の利食いで4回を目標にしていますが、目標は個人の自由です。

ヘッジポジションの決め方の例

レンジ予想が100~107円、本体レートが100円で7万通貨、現在レートが105円の場合

出口時の本体利益 = 本体通貨(7万通貨) × レンジ幅(7円) = FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説 49万円

出口時のトラップ損 = トラップ数(70トラップ) × トラップ通貨(1000通貨) × レンジ幅(7円) ÷ 2 = 24.5万円

ヘッジトレードのポジション数 FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説 = 出口時の本体利益(49万円) - 出口時のトラップ損(24.5万円) ÷ ( 出口のレート(107円) - 現レート(105円)) = 12.25万通貨

5.固定ポジションを建てる

ヘッジトレードで得た利益から利益から固定ポジションを建てましょう。
これも本体と逆方向にレートが動いたときの損失を抑えるためのポジションです。
固定ポジションは本体とは逆方向にとりましょう。
固定ポジションの損切価格はレンジ幅の中心が目安ですが、ここも個人の自由で決めましょう。

固定ポジションを建てる例

レンジ予想が100~107円、本体レートが100円で7万通貨、現在レートが100円、ヘッジトレードで5000円獲得した場合

固定ポジション数 = ヘッジトレード利益(5000円) ÷ {固定ポジション損切目標価格(105円) - 現在のレート(100円)} = 1000通貨
上の式より、損切価格105円で1000通貨の固定ポジションを建てる

6.複利を建てる

トラップトレードで得た利益で複利を建てましょう。
複利は3種類あり、本体と同じ方向に建てます。
3種類はそれぞれ攻撃的複利、現実的複利、非現実的複利と名前がついていますが、どれも考え方は同じで、
ストップの位置がそれぞれ違うだけです。ここからは下がらないだろう、上がらないだろうという位置にストップを置いて複利を建ててください。

複利を建てる例

現在レートが100円、トラップトレードで3000円の利益を獲得し、攻撃的複利の損切りを99円、現実的複利の損切りを95円、非現実的複利の損切りを70円にした場合

利益を三種類の複利に分配する。3000円 ÷ 3 = 1000円

1000円 ÷ {現在レート(100円) - 攻撃的複利損切り(99円)} = 1000通貨

1000円 ÷ {現在レート(100円) - 現実的複利損切り(95円)} = 200通貨

1000円 ÷ {現在レート(100円) - 非現実的複利損切り(70円)} = 33通貨

7.トラップ幅を広げる

トラップを広げるルールの例

レンジ予想が100~107円の場合
レートが96.5円(100円 - レンジ幅 ÷2 )まで逆行した場合
想定レンジ幅を96.5円~103.5円に変更し、トラップ幅は変更しない

レートが96.5円より大きく逆行した場合
レートが90円まで逆行した場合
想定レンジ幅を 現在レート(90円) ~ 本体レート(100円) + (本体のレート(100円) - 現在のレート(90円)) = 90円~110円に変更し、トラップ幅を上で説明した計算式で計算し変更する。

8.仮想建値化を行う

本体と逆方向にレートが進み固定ポジションの含み益がたまってきたら、固定ポジションを利食いして仮想建値化を行いましょう。
仮想建値化とは本体を〇〇円で建てたつもりになることです。
仮想建値化することによってトラップ幅を広げなくても済む可能性があります。

仮想建値化の例

まず本体を建て、トラップの設定をする。
毎日ヘッジトレードする。 FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説
本体の損失が大きくなったら、仮想建値化orトラップ幅を広くする。
トラップで得た利益で複利を建てる。
出口に到達するまで待つ。

途中で計算がよくわからなくなってしまった場合は?
次の3点を確認すること。 FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説
1.出口と呼ばれるレートに達したときに利益と損失の合計がマイナスにならないこと
2.自分が決めたロスカット価格が変わっていないこと
3.出口と逆方向に動くことだけがリスクなので、逆方向へのリスクを減らすためのトレードを怠らないこと

株で負けてばかり【僕がどうしても勝てなかった原因】株初心者失敗まとめ12日

僕の資産運用ノート

僕の資産運用ノート

僕の資産運用ノート


僕の資産運用ノートには、こう書かれています。

株で負けてばかりいる人の取引の特徴

株取引結果


僕が株で 負けてばかりいた時期 のトータルの成績は、以下のとおり。

71勝139敗 、 -56948円 で、 勝率33% でした。

短期的には株は 「上がるか?下がるか?」の確率2分の1 なので、勝率は通常4割~6割になります。

読者

読者

僕の資産運用ノート

僕の資産運用ノート

上げたら慌てて買う!下げたら怖くなって売る

株価チャート下り


株初心者の典型的な「 勝てない投資の仕方 」は【 上げたら「乗り遅れる」と感じて慌てて買う FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説 】であり、【 下げたら、怖くなって売る 】です。

自らの過去の取引を分析すると、僕は徹底して「 上げたら慌てて買う。下げてきたらびびって売る 」を繰り返していました。

読者

読者

僕の資産運用ノート

僕の資産運用ノート

びびって底堅いチャートの銘柄を買う

株価チャート上がり


僕は「 大負けさえしなければ、株で勝てる 」という意見を鵜呑みにして、 底堅いチャート の銘柄を買っていました。

でも、 底堅いけど上値も重く、ちょっとしか上昇しないくせに、下がる時は、損切ラインまで下がる ので、損切ばかりすることになり、低い勝率になっていました。

買う前に想定した、 利益確定ラインまで値上がりしなければ、結局、買った株は、いつかは損切 になります。

だから、 上がる時は、グングン上がる銘柄 を買わないと、 結局、損切 になることを学びました。

読者

読者

僕の資産運用ノート

僕の資産運用ノート

なんとなく買いたくなって買う→高値で買って失敗

仕事や転職、お金で悩む人


株式投資を始めると、 なんとなく売買したくなって 、とりあえず買ってしまいがちですよね。

僕もそうで、僕も、基準が曖昧なのに 「なんとなく」で買ってしまい 、いつも損切になっていました。

読者

読者

各投資手法の期待値 は、 システムトレードのバックテスト で調べることができます。

僕の資産運用ノート

僕の資産運用ノート

負け取引が続いた時にギャンブルして大損

資産運用で失敗した男性


株で勝てない初心者が、期待値に基づかず、なんとなくで売買していると、勝率は3~4割ほどになり、ちょい負けが増えていきます。

すると、 負け額を一気に取り戻したい心理 が働き、一か八かのギャンブル投資をして、大損しがちです。

僕は、勝率3割で株へのモチベーションが下がってきた頃に、 ギャンブル的に、投資額を増やして勝負 し、 大損 して、 萎えて株を辞める失敗 をしてきています。

読者

読者

すぐ結果を出そうとして勝てずに萎えて辞める失敗

投資で損して落ち込む男性

僕の資産運用ノート

僕の資産運用ノート


僕は「 早く「勝てる」結果が欲しい 」と思い、だから、 腰を据えて、じっくり相場と向き合うことなく 、 勉強や研究もほどほどに 、取引をして、当然、勝てなくて、すると「株は勝てない」と萎えて辞めてしまっていたのです。

過去2回、 株を挫折して辞めて います。

読者

読者

宮古島旅行の空



僕は過去の反省を生かして、今回3度目の株トレードのチャレンジでは 【早く結果を出す】を諦め 、じっくり腰をすえて、相場と向き合って、 勉強や研究を続けていく 予定です。

僕が、 株から離れていた数年間の間にも、チャンスは 、次々と現れていました。

また、他人との成績勝負ではないし、 人は他人に本当の意味では興味ない ので、他人から「僕ノートの人、勝てずにいるダメな奴」と思われても、そう思われる以上のことは、何もないので、人目を気にする必要はない・・

僕は、 うつ病→失業事件 によって、 人は他人に本当の意味では興味ない と、よく理解しました。

僕の資産運用ノート

僕の資産運用ノート

結局、「 生涯年収を稼ぐ 」という 他人との比較ではない、絶対値を達成できればいい ので、焦る必要もないし、 マイペース FX初心者によくある失敗例と失敗を回避する方法を解説 で良いので、投資チャンスなんて、いくらでも見送っていっていいわけです。

そして、 じっくり腰をすえている中で、自分にとって「これ、手堅い」 とか「これ、確実」という投資チャンスにのみ投資し、コツコツと稼いでいけばいい・・ 時間はかかるけど、それで、生涯年収を稼げれば良い ので、僕は、そのつもりで今、やっています。

読者

読者

僕の資産運用ノート

僕の資産運用ノート

株で勝てるようになるには、負ける投資家の真逆をすればいい

シンガポール


僕は上記の理由で「 勝てずに株のモチベーションが下がって株を辞める 」を 2回 もしてきているので、今回は、 真逆 をする予定です。

今日は成長株で自力で探してみた

ツイッターにあるとおり、今日は、 自力で成長株を探す ことにチャレンジしてみました。

というのも、 株のニュース等に取り上げられた成長期待株は、既に高値 になっているし、 1~2年後の会社が業績予想をしている時期くらいまでが、業績のピーク であるケースが多いからです。

だから、 人気が出てしまった後に成長期待株を買うと 、そこが1番の高値で爆死するケースが多いわけです。

なお、 2019年5月の収支 は以下のとおり。

焦って株を買う必要はない!資産運用があるから

モルディブ


焦って株を買う必要がない理由の1つが、資産運用があるからです。

僕は 資産運用を中心に 考えているので、株のトレードについては焦らず取り組んでいきます。

読者

読者

僕の資産運用ノート

僕の資産運用ノート

おすすめの投資先 含め 資産運用の始め方 については、以下の記事が詳しいです。

トライオートFX

まだ、 ソーシャルレンディング と、 システムトレード について、きちんと調べたことない場合は、僕みたく食わず嫌いで機会損失しないために 1度、確認 してみるのがおすすめです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる