概要

GX 取引システム

GX 取引システム
16-bit A/D 変換 映像処理技術
16-bit16-bit A/D変換の効果を最大限に引き出す池上の高度な映像処理技術とデジタル処理技術を高次元で融合。特にγ処理が行われる暗部の階調性を高め、より自然な黒を再現します。

GX 取引システム

株価指数先物取引の利用に伴うリスク
株価の変動(価格変動リスク・信用リスク)
リートの価格変動(価格変動リスク・信用リスク)
その他(解約申込みに伴うリスク等)

※ 基準価額の動きが指数と完全に一致するものではありません。
※ 基準価額の変動要因は、上記に限定されるものではありません。
※ 設定・交換のお申し込みにあたって、詳しくは投資信託説明書(交付目論見書) の「投資リスク」をご覧ください。
※ 詳しくは、金融商品取引所で取引をされる際にご利用になる証券会社にお訊ねください。

お客さまにご負担いただく費用
ETFに係る費用(金融商品取引所を通してETFに投資するお客さまの場合)
(2020年8月現在)

※ Global X Japanが運用するETFのうち、最高の料率を表示しています。
また、その他の費用・手数料としては、組入有価証券売買時の売買委託手数料、先物取引・オプション取引等に要する費用、監査報酬等を信託財産でご負担いただきます。
※ 「その他の費用・手数料」については、運用状況等により変動するため、事前に料率、上限額等を示すことができません。
※ 手数料等の合計額については、保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。また、上場投資信託および上場不動産投資信託は市場価格により取引されており、費用を表示することができません。
※ 詳しくは、金融商品取引所で取引をされる際にご利用になる証券会社にお訊ねください。
※ 設定・交換のお申し込みにあたっては投資信託説明書(交付目論見書) の「ファンドの費用・税金」をご覧ください。

当サイトは、Global X Japan株式会社により情報提供を目的として作成されたものです。

Global X Japan株式会社は、Global X Management Company, Inc.、株式会社大和証券グループ本社、および大和アセットマネジメント株式会社の合弁会社です。

販売会社・金融機関の皆様
メディアの皆様

Global X Japan株式会社
経営企画部

GLOBAL Xは、GLOBAL X MANAGEMENT COMPANY LLC(以下、Global X社)の登録商標です。電子的または、機械的方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製、引用、転載または転送等を禁じます。Global X社は、米国証券取引委員会に登録されている投資顧問業者です。当サイトに掲載されている事項は、日本国内の居住者への証券投資一般等に関する情報提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。また、当サイトに掲載された資料は金融商品取引法に基づく開示資料ではありません。

当サイトの内容についての著作権は、Global X Japanその他当該情報の提供元に帰属しています。電子的または、機械的方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製、引用、転載または転送等を禁じます。当サイトは、各種の信頼できると考えられる情報源から作成しておりますが、その正確性・完全性が保証されているものではありません。

GLOBAL X FUNDS及びGLOBAL Xは、GLOBAL X社が世界各国(日本を除く)で設定・運用する上場投資信託を示す登録商標であり、個別商品を指すものではありません。電子的または、機械的方法を問わず、いかなる目的であれ、無断で複製、引用、転載または転送等を禁じます。

Global X Japan株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3174号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員
一般社団法人投資信託協会会員

インテック、電子帳票システム「快速サーチャーGX」が電子帳簿保存法のJIIMA認証(スキャナ保存、電子取引データ保存)を取得

■JIIMA認証の経緯
「快速サーチャーGX」は、電子帳票システムとしては初めて「平成28年度改正法令基準」のJIIMA認証を取得していました。今回、2022年1月から施行された2021年度改正電子帳簿保存法(以下、電帳法)に対し、お客様に電帳法対応しているシステムとして安心して導入・利用いただけるよう、最新のJIIMA認証を取得しました。
JIIMA認証を取得したことによって、お客様は、電帳法が要求している「スキャナ保存」および「電子取引データ保存」のシステム要件を個々にチェックすることなく、安心して「快速サーチャーGX」を導入し、電子保存を図ることができます。

■「スキャナ保存」「電子取引データ保存」機能(一部)について
「スキャナ保存」機能について
・スキャナ保存データの取り込み/保存機能
・訂正履歴管理機能
・削除証憑管理機能
・データ一括ダウンロード機能

「電子取引データ保存」機能について
・電子取引のデータの取り込み/保存機能
・訂正履歴管理機能
・削除証憑管理機能
・データ一括ダウンロード機能

■JIIMA認証について
JIIMA認証とは、ソフトウェアやソフトウェアサービスに対して、電子帳簿保存法で規定されている要件を満たしているかどうかをJIIMAが判断し認証する制度のことです。国税庁の電子帳簿保存法関係サイトからJIIMA認証情報リストを確認することができます。
【国税庁HP JIIMA認証情報リスト】
https://www.nta.go.jp/law/joho-zeikaishaku/sonota/jirei/11.htm

■インテックのJIIMA認証取得サービス
(1)電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証(審査基準法令年度:2021年度)
1.快速サーチャーGX
・バージョン:4.5
・認証日:2022年5月30日
・認証番号:000700-01

2.快速サーチャーGX クラウドサービス
・バージョン:4.5
・認証日:2022年5月30日
・認証番号:000701-00

(2)電子取引ソフト法的要件認証(審査基準法令年度:2021年度)
1.GX 取引システム 快速サーチャーGX
・バージョン:4.5 GX 取引システム
・認証日:2022年5月30日
・認証番号:603900-00

※1 電子帳簿保存法における保存は、以下3つに区分されます。
・電子帳簿等保存(電子的に作成した帳簿・書類をデータのまま保存)
・スキャナ保存(紙で受領・作成した書類を画像データで保存)
・電子取引(電子的に授受した取引情報をデータで保存)

■エンドースメント
公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)は、株式会社インテックによる電子取引ソフト法的要件認証制度、電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証制度への取り組みを歓迎します。
今回、「電子取引ソフト法的要件」、「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件」において認証したことをJIIMAホームページで公表いたしました。多くの民間企業が、認証ソフトを用いて、正しく運用し、書類の電子化による効率化を推進されることと期待します。
公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会 理事長 勝丸 泰志

◆本サービスに関するお問い合わせ先
株式会社インテック ネットワーク&アウトソーシング事業本部 N&O営業部 担当:西村
E-Mail:[email protected]

脱炭素の新潮流に乗る「グリーントランスフォーメーション(GX)」関連株 <株探トップ特集>

政府が10月に決めた第6次エネルギー基本計画では、再生可能エネの普及に最優先で取り組むことが明記された。30年度の電源構成を再生可能エネが36~38%(従来目標は22~24%)、原子力が20~22%(従来目標を据え置き)、 水素・アンモニアが1%(同ゼロ)、火力が41%(同56%)とし、再生可能エネの内訳は太陽光が14~16%、水力が11%、 風力が5%、バイオマスが5%、地熱が1%と想定されている。「クリーンエネルギー戦略」では、各クリーンエネルギーの市場規模などを示すなどして企業投資を促す考えで、萩生田光一経産相は「経済と環境の好循環につなげたい」と今後の議論に期待を寄せている。

イビデン はサーバーなどで用いられる半導体に使われるパッケージ基板やプリント配線板などの中核事業に加えて、DXによる生産性向上や新エネルギーを活用するなどとしたGXにも注力。また、脱炭素社会に向けた戦略投資の強化とデジタル化の推進を基本方針とした中期経営計画を策定している岩谷産業 にも目を配っておきたい。

世界規模で脱炭素社会への取り組みが進むなか、いかに効率的にエネルギーを活用・管理していくかが重要となっており、エネルギー使用量や二酸化炭素(CO2)排出量の削減につながるエネルギーマネジメントシステムを提供する企業もGX関連といえる。主な銘柄としては、ミライト・ホールディングス 、日本工営 、グリムス 、ACCESS 、テスホールディングス 、ダイヘン 、IDEC 、横河電機 、アズビル 、指月電機製作所 [東証2]、日本ユニシス 、日本管財 が挙げられる。

このほか、地球環境ソリューションを手掛けるイメージ ワン [JQ]、エネルギープラットフォーム事業やエネルギーデータ事業を展開するENECHANGE [東証M]、ペロブスカイト太陽電池の事業化に向けて注力する積水化学工業 、人工知能(AI)技術を活用した高解像度予測モデルで洋上風力発電事業を支援するウェザーニューズ 、軽油や都市ガスなどの燃料に水素を混焼させる水素混焼発電機の量産を目指しているデンヨー 、燃料電池の研究開発や生産プロセスにリアルタイムガス計測技術を提供する堀場製作所 GX 取引システム 、再生可能エネの環境価値をトラッキング(追跡)する実証実験を22年度から開始する予定の日本ガイシ とリコー のビジネス機会も一段と広がりそうだ。

関連銘柄の最新ニュース

新着ニュース

初心者おすすめ記事

ネット証券を徹底比較

株初心者入門

ロボアドの選び方

ポイント投資とは?

少額投資ではじめる株式投資

証券会社の選び方とは?

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

投資コラム・特集
ヤフーファイナンスお勧め
関連サイト

最新投稿日時:2021/12/29 19:30 - 「脱炭素の新潮流に乗る「グリーントランスフォーメーション(GX)」関連株 <株探トップ特集>」(株探)

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group GX 取引システム Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

GX 取引システム



HDK-79GXは、豊富な納入実績と信頼性を誇るHDK-79シリーズの映像再現力に加え、UnicamHDの運用性を融合し、スタジオ、中継などあらゆるシーンで活用できる高画質マルチスタンダードモデルです。高性能230万画素2/3型AIT GX 取引システム CCDを採用。S/N 60dBの高画質、F10 / 2000 lxの高感度を実現しています。

16-bit A/D 変換 映像処理技術
16-bit16-bit A/D変換の効果を最大限に引き出す池上の高度な映像処理技術とデジタル処理技術を高次元で融合。特にγ処理が行われる暗部の階調性を高め、より自然な黒を再現します。

S/N 60dBの高画質
HDTV方式で水平解像度1000TV本、S/N60dBの高画質を実現しています。

3 層フィルタ構造
ND、エフェクトの光学フィルタに加え、電気色温度(ECC)フィルタの 三層フィルタ構造。フィルタは5ポジション構成です。エフェクトにはCROSS,SNOW,FOGGYが標準実装されています。この他に、オプションで1つエフェクト効果を追加できます。3層のフィルタを組み合わせることにより多彩な映像表現を可能にします。

デジタルエクステンダ機能
デジタル画像処理により被写体を拡大撮影します。レンズによる光学ズームに加え、1.5, 2, 3, 4倍の4段階ステップ可変が可能です。

1080/29.97psfにも対応
-6~+18dBのステップ可変のゲインアップにおいて、任意のポジションへスムースに切替えることができます。可変時間は0.3~2secの中で設定可能。撮影中にゲインアップの切替が必要になった際に自然な切替が可能です。

スムースステップECC
1080/59.94i,に加え、1080/29.97psfにも対応しますので、ドラマ制作等に活用できます。

スムースゲインアップ
1台のカメラでライブ映像と2倍速スロー映像を切換出力。カメラポジションをかえることなくスローモーション映像が得られます。 (ライブ映像と2倍スロー映像の同時出力も対応予定)

フォーカスアシスト機能
VF DTLのエッジ信号を強調し、映像レベルのみを減衰させてエッジ信号と映像のコントラスト比を拡大させることで、カメラマンがフォーカスが合っているかを確認し易くするフォーカスアシストエリアをVF映像内に提供します。フォーカスアシストエリアはレンズのフォーカスリング操作(※)やレンズのスイッチ操作等をトリガとしてフォーカスシング時のみ表示することが可能です。フォーカスアシストエリアの大きさや位置、エリア内の映像レベルなどの表示方法を運用形態に合わせて選択することが可能です。 ※シリアルI/F対応レンズが必要です。

レンズ色収差補正機能 GX 取引システム
対応レンズより補正データを取得し、レンズのズーム、フォーカス、アイリスの位置情報に基づきレンズの色収差を自動補正します。

バリアブルECC(電気色温度フィルタ)
2,000K~20,000Kまでバリアブルに可変できます。

豊富な周辺機器
ポータブルカメラとの組合せにより大型スタジオレンズの使用を可能にするシステムエクスパンダをはじめ、VFやOCPなど豊富なアクセサリを用意しています。

4Kコンバータ(オプション) GX 取引システム
3G-SDI対応のBS-98、CCU-980にスロットインするだけで、4K映像の出力が可能な4Kコンバータボード。2K機器の資産を有効活用し、4K放送へ対応可能です。 »»もっと見る

【特集】 脱炭素の新潮流に乗る「グリーントランスフォーメーション(GX)」関連株 <株探トップ特集>

温暖化対策が世界的な課題となるなか、農業・産業・ITに続く第4の社会変革として「グリーントランスフォーメーション(GX)」への関心が高まっている。

政府が10月に決めた第6次エネルギー基本計画では、再生可能エネの普及に最優先で取り組むことが明記された。30年度の電源構成を再生可能エネが36~38%(従来目標は22~24%)、原子力が20~22%(従来目標を据え置き)、 水素・アンモニアが1%(同ゼロ)、火力が41%(同56%)とし、再生可能エネの内訳は太陽光が14~16%、水力が11%、 風力が5%、バイオマスが5%、地熱が1%と想定されている。「クリーンエネルギー戦略」では、各クリーンエネルギーの市場規模などを示すなどして企業投資を促す考えで、萩生田光一経産相は「経済と環境の好循環につなげたい」と今後の議論に期待を寄せている。

イビデン はサーバーなどで用いられる半導体に使われるパッケージ基板やプリント配線板などの中核事業に加えて、DXによる生産性向上や新エネルギーを活用するなどとしたGXにも注力。また、脱炭素社会に向けた戦略投資の強化とデジタル化の推進を基本方針とした中期経営計画を策定している岩谷産業 にも目を配っておきたい。

世界規模で脱炭素社会への取り組みが進むなか、いかに効率的にエネルギーを活用・管理していくかが重要となっており、エネルギー使用量や二酸化炭素(CO2)排出量の削減につながるエネルギーマネジメントシステムを提供する企業もGX関連といえる。主な銘柄としては、ミライト・ホールディングス 、日本工営 、グリムス 、ACCESS 、テスホールディングス 、ダイヘン 、IDEC 、横河電機 、アズビル 、指月電機製作所 GX 取引システム [東証2]、日本ユニシス 、日本管財 が挙げられる。

このほか、地球環境ソリューションを手掛けるイメージ ワン [JQ]、エネルギープラットフォーム事業やエネルギーデータ事業を展開するENECHANGE [東証M]、ペロブスカイト太陽電池の事業化に向けて注力する積水化学工業 、人工知能(AI)技術を活用した高解像度予測モデルで洋上風力発電事業を支援するウェザーニューズ 、軽油や都市ガスなどの燃料に水素を混焼させる水素混焼発電機の量産を目指しているデンヨー 、燃料電池の研究開発や生産プロセスにリアルタイムガス計測技術を提供する堀場製作所 、再生可能エネの環境価値をトラッキング(追跡)する実証実験を22年度から開始する予定の日本ガイシ とリコー のビジネス機会も一段と広がりそうだ。

  • ・2022年「新春特集」のご案内 ─“25本”配信 ─ (12/24)
  • ・アメ株と「同じ。だけどちょっと違う」で、日電産とエムスリーから1500万円 (12/29)
  • ・フィンテック旋風再び、後払い「BNPL」など決済関連株に押し寄せる新潮流.. (12/28)
  • GX 取引システム
  • ・動き始めた「不動産株」、都心オフィス需要底打ちの兆しを見逃すな <株探トッ.. (12/27)
  • ・年末年始に大相場の夢、際立つ好業績「株価3ケタ銘柄」究極選抜6連弾 <株探.. (12/25)
  • ・【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 12月29日版
  • ・利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第4弾 33社選出 <成長株特集> (12/26)
  • ・雨宮京子氏【新年相場のポイントは? 全体株価と個別株を探る】(1) <相場観.. (12/27)
  • ・【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─連続増益銘柄への投資に徹する! (12/26)
  • ・【杉村富生の短期相場観測】 ─急騰銘柄の傾向を分析し、次に備える! (12/26)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる