タダで投資

ボリンジャーバンドとは何ですか

ボリンジャーバンドとは何ですか
取引方法解説

【いまさら聞けない】バイナリーオプションの基本的なトレード方法

f:id:yasao2525:20220405202510p:plain

今回は、バイナリーオプションの基本的なトレード手法を紹介します。

f:id:yasao2525:20220330192708j:plain

ローソク足単位で予測する取引 と、 ローソク足数本分を予測する取引 に分類することが可能です。

確定足を待つ取引

f:id:yasao2525:20220405200421p:plain

現行ローソク足が確定後、次足の始値をつけた約00秒後から取引を行うことを指すのが一般的です。

ローソク足形成中に取引

f:id:yasao2525:20220405200456p:plain

現行ローソク足が形成中に、何らかの取引指標が現れたと同時に取引を行うことを指します。

株で必須の強力指標ボリンジャーバンドとは?【無料教材シリーズ⑤】

株で必須の強力指標ボリンジャーバンドとは?【無料教材シリーズ⑤】

株で勝ちたければ必須のポリンジャーバンドとは?


基本事項ですができるだけ細かいことはハショります。

ボリンジャーバンドの基本とは?

ボリンジャーバンドの基本とは?

さくっと確認です。

ジョン・ボリンジャーが開発したバンドであるボリンジャーバンドは、移 動平均線 に 標準偏差 を盛り込み、値動きの幅を示す線を上下に加えた指標です。

という説明が大抵で、 「そもそも標準偏差ってなに?」 というのがあるあるです。標準偏差は σ(シグマ) という単位で表し、データの散らばり具合(ばらつき)を表す 統計学 で利用されるものです。

  • 株価が±1σの範囲内に収まる確率 → 約68%
  • 株価が±2σの範囲内に収まる確率 → 約95%
  • 株価が±3σの範囲内に収まる確率 → 約99%

この統計学と、バンドが 収束・拡散 する性質を利用して次の動きを予測し、売買を判断していきます。

株トレードのポリンジャーバンドのコツ。

株トレードのポリンジャーバンドのコツ。


今回は初心者向けに基本の使い方を解説します。

レンジ相場の逆張り。

レンジ相場の逆張り。


逆張りとして世に広がったこともあり、ボリンジャーバンド=逆張りとして利用している人も多いかと思います。

ボリンジャーバンドが 横這い もしくは 収束 に向かっている時は、株価が トレンドを失って持合い気味 になっているシグナルです。

トレンド発生の順張り。

トレンド発生の順張り。


逆張りとは対照的な使い方です。

実はボリンジャーバンドで 利益を最大化 するための使い方は逆張りではなく 順張り です。収束しているバンドの ±2σをブレイク しトレンド発生とともに バンドが拡散 していったときが最大のチャンスです。

 トレンド発生中のバンドウォーク。

上昇・下降問わずトレンドが発生している時、 株価が±2σと中心線(25日移動平均線)、もしくは+2σと±1σの間を行ったり来たり しながら切り上げていくのをバンドウォークといいます。トレンド発生からの2回目、3回目の 追随するときのポイント にしやすいので、トレンドが出始めたら意識しておくと良いでしょう。

他のテクニカルと組み合わせるとより強力。

チャートツールは重要です。

チャートツールは重要です。


テクニカル指標を使いこなすには使いやすいチャートツールが必要です。

【株基礎⑲】ボリンジャーバンド(2)3つの動きとは?

株☆基礎

★今日のポイント★
①ボリンジャーバンドの3つの動きは「スクイーズ」「エクスパンション」「バンドウォーク」
②スクイーズは価格変動が小さく様子見の期間、エクスパンションは価格変動が大きくトレンドがつくられている期間(この2つの動きをくり返している)
③バンドウォークは、エクスパンションが出現したときに、±2σの線に沿って株価が上昇(下落)する状態のこと
④通常、エクスパンションがはじまって+2σの線の上で「バンドウォーク」が確認できたら「買い」サイン、-2σの線が拡張→収束に転換したら「売り」サイン

3つの動きとは?

スクイーズ、エクスパンション、バンドウォークとは?

ボリンジャーバンドには、 「スクイーズ」「エクスパンション」「バンドウォーク」 という“3つの動き”があります。

株子センセイ

「スクイーズ」のときは、株価が動き出すのを待つ、様子見の期間 と考えます。

なぜなら、値動きが小さいので売買するタイミングがなかなか来ず、売買しても利益を出すことは難しいので売買に向かないからです。

株子センセイ

株お

株子センセイ

「エクスパンション」のときは、株価の値動きが大きく、移動平均線からσまでの間隔が広くなっています。

株子センセイ

そのため、値動きの逆側もバンドが広がっているか?を確認し、トレンドの強さを判断する必要があります。

株子センセイ

株お

株子センセイ

「バンドウォーク」は、強いトレンドを持っています。

株子センセイ

株お

ボリンジャーバンドの収縮状態が長くつづいた後、株価がバンドを突き抜けると、トレンド転換の可能性が高いといえます。

株子センセイ

ボリンジャーバンドの注意点

株子センセイ

株お

そして、(過去のデータを使っているため)株価が動いた後にボリンジャーバンドが描かれるので、サインが出るタイミングが遅いという弱点もあります。

株子センセイ

株お

株子センセイ

  • ボリンジャーバンドの3つの動きは「スクイーズ」「エクスパンション」「バンドウォーク」
  • スクイーズは価格変動が小さいため、株価が動き出すのを待つ様子見の期間
  • エクスパンションは価格変動が大きく(バンドが大きく開く)、大きなトレンドがつくられている期間
  • ボリンジャーバンドは、スクイーズ(収束)とエクスパンション(拡散)をくり返していると考えられている
  • バンドウォークは、エクスパンションが出現したときに、±2σの線に沿って株価が上昇(下落)する状態のこと
  • 通常、エクスパンションがはじまって+2σの線の上で「バンドウォーク」が確認できたら「買い」サイン、-2σの線が拡張→収束に転換したら「売り」サイン
  • ボリンジャーバンドの収縮状態が長くつづいた後、株価がバンドを突き抜けると、トレンド転換の可能性が高い
  • ボリンジャーバンドは過去のデータをもとに算出するので、今後も株価がその通りに動くとは限らない。また、サインが出るタイミングが遅く、トレンドの方向性までは正確にわからないという面があるので注意すること

株子センセイ

ここまでお疲れさまでした♪
ボリンジャーバンドは投資家に人気の指標のひとつです。
σ(シグマ)など、ちょっと難しいことばが出てきましたが、実際にチャートを見るとわかりやすいですよ。
つぎの「株基礎⑳」では、「先物取引」について学びますよ^^
よろしければ↓こちらへどうぞ

ボリンジャーバンドの反対側やバンドウォークを使う実戦的方法

ボリンジャーバンド解説

株のサヤ取り

暴落に巻き込まれないサヤ取り手法はこちら

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンド

まずは基本の逆張り

ボリンジャーバンド逆張り

ローソクと反対側のボリバンが閉じたら一旦お休み

ボリンジャーバンド説明

バンドウォーク

バンドウォーク

とりあえずのエクスパンション&スクイーズ

ボリンジャーバンド解説

ボリンジャーバンドとATR

ボリンジャーバンドが重なるところはちょっと強い

ボリンジャーバンドが重なるところ

ボリンジャーバンド解説

ボリンジャーバンドでブレイク判断

ボリンジャーバンドでブレイク判断

画像は拡大できます

ボリンジャーバンドでブレイク判断

画像は拡大できます

ボリンジャーバンドの反対側やバンドウォークを使う実戦的方法 まとめ

ローソク足解説

取引方法解説

【ローソク足①】プライスアクション

移動平均線とゴールデンクロス

取引方法解説

【移動平均線】ゴールデンクロスはちょっと残念・・・

エリオット波動理論

取引方法解説

ボリンジャーバンドの反対側やバンドウォークを使う実戦的方法

ボリンジャーバンド解説

株のサヤ取り

暴落に巻き込まれないサヤ取り手法はこちら

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンド

まずは基本の逆張り

ボリンジャーバンド逆張り

ローソクと反対側のボリバンが閉じたら一旦お休み

ボリンジャーバンドとは何ですか ボリンジャーバンド説明

バンドウォーク

バンドウォーク

とりあえずのエクスパンション&スクイーズ

ボリンジャーバンド解説

ボリンジャーバンドとATR

ボリンジャーバンドが重なるところはちょっと強い

ボリンジャーバンドが重なるところ

ボリンジャーバンド解説

ボリンジャーバンドでブレイク判断

ボリンジャーバンドでブレイク判断

画像は拡大できます

ボリンジャーバンドでブレイク判断

画像は拡大できます

ボリンジャーバンドの反対側やバンドウォークを使う実戦的方法 まとめ

ローソク足解説

取引方法解説

【ローソク足①】プライスアクション

移動平均線とゴールデンクロス

取引方法解説

【移動平均線】ゴールデンクロスはちょっと残念・・・

エリオット波動理論

取引方法解説

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる