FX入門〜初心者におすすめ

ビットコインはどこで買うべき

ビットコインはどこで買うべき
という方もいらっしゃるかと思います。そんなあなたにぴったりの仮想通貨取引所が、コインチェックです。コインチェックでは ビットコインはどこで買うべき 月々1万円から仮想通貨の積立投資 を行うことが出来ます。

ビットコインの購入方法は?どんな買い方ができるのか? | ビットコインやリップルなどの仮想通貨はどこで買う?オススメ取引所ランキング!

20代から60代まで、メディアで話題となるビットコインやリップルなどの仮想通貨に関心があり、購入したい考えであれば、買い方も知る必要があります。 送金を含め、ショッピングや決済など、 通貨として使えるビットコインは、 マーケット取引での時価総額もトップです。 ネットワーク上で記録を残すブロックチェーンを使ったシステム、預け方による損をしないためにも、買い方ももちろん、少額ではウェブやデスクトップウォレット、長期保有ではセキュリティーに優れるペーパーやハードウェアウォレットなどの保存も念頭に入れておきます。

金などの投資に向けた買い方も魅力

ビットコインはどんな買い方ができるのか、金などと同じイメージで通貨のヘッジ先と考えるのも良く、円安のリスクも考えれば、 一部ビットコインとして保有した買い方 であれば、通貨リスク回避に繋がります。現に、ビットコイン保有者が救われる事件もメディアを騒がせたほどで、1ビットコインあたり10万、20万などまで上がる可能性大であり、投資対象として長期保有する買い方もありと謳われています。決済手数料や口座を作るなど、円にはない便利な面もあり、送金手数料が安いのでネットショッピングも行いやすく、データが残せるために 取引記録、証明書代わり とした買い方もできます。

仮想通貨の買い方も様々に展開されている

ビットコインの購入方法ではまず、 取引所で口座を開設し、 その後は販売所などで購入しますが、手数料が高いものの、最も簡単な購入方法となるのはクレジットカードです。販売所で価格設定、数量設定して購入する流れです。また、ビットコイン取引所に入金し、自分のタイミングで購入する方法は、 指値注文も可能で、買いたいタイミングを図ることも キャンセル注文も可能で、予め、円を取引所口座に入金しておくことが必要です。取引所は、価格設定できるのに対し販売所は予め決められているので、相場より割高に見えますが、その価格であれば希望数量を即時購入させてくれます。また、手軽さではコンビニからも可能ですが、厳密に言えば、コンビニで円を入金する形でビットコインを購入するのが正解です。

【2022年最新】ビットコイン(仮想通貨)投資は儲かるの?少額投資の注意点やおすすめの取引所は?!

ビットコイン 少額

ビットコイン 今後

以下の記事では ビットコインの将来性や価格が上がる可能性 について解説しています。ビットコインを購入しようとしている方は、ぜひ併せてご覧ください。 2022年1月14日 【2022年最新】ビットコイン(BTC)の今後や将来性は?価格が上がる可能性を解説!

少額でもビットコイン(仮想通貨)投資で儲ける方法

ビットコイン投資で儲ける方法

ここからは初心者の方におすすめの “少額”でもビットコイン投資で儲ける方法について解説 ビットコインはどこで買うべき していきます。

  1. 長期的に毎月BTCで積み立てを行う
  2. BTCでデイトレを行う
  3. 海外取引所でハイレバレッジで取引を行う
  4. コピートレードを行う

長期的に毎月BTCで積み立てを行う

ただしこの方法だと大きく負けることがない反面、 大きく勝つことがないというのがデメリット になります。

あいりさん

りくさん

コインチェック

という方もいらっしゃるかと思います。そんなあなたにぴったりの仮想通貨取引所が、コインチェックです。コインチェックでは 月々1万円から仮想通貨の積立投資 を行うことが出来ます。

※最短5分で登録

BTCでデイトレを行う

デイトレードの最大の利点は当日内に決済するため、突然の大きな 価格変動などの被害に合うリスクが少なくなる ことです。

海外取引所でハイレバレッジで取引を行う

コピートレードを行う

コピートレードとは プロのトレーダーの取引データをもとに同じ取引を行って利益を狙う取引 です。

シンプルに言うと 「上手い人のトレードに乗っかる」取引 なので、初心者の方でも着実に利益を狙いやすい手法です。

BingXは台湾やベトナムを中心に人気を集めている仮想通貨海外取引所

「Copy Trade Pro」「Copy Trade」 2種類のコピートレードがあるのも BingXならでは。

リスクの許容設定もできる点から、安全性を高めながら腕を磨きたいトレーダーにはBingXのコピートレードが最適です。

ビットコインの買い方|手数料やスプレッドから最適な取引所を紹介

1

いよいよ米CPI、ビットコイン相場の反応を予想

2

ビットコイン暴落、FOMC控え、反発の条件を考察

3

今晩FOMC、ビットコイン反発の条件

4

強めの米CPIでリスクオフ再燃、ビットコインはどうなる?

5

ビットコインが急騰!今すぐ投資を始めるには?即日取引できる仮想通貨取引所を紹介

暗号資産ニュース週間ランキング

1

【史上最大】イーサリアム「The Merge」が実装間近 | 概要を詳しく解説

2

【約3兆円規模】なぜ今「Celsius」が話題なのか?時系列で解説

3

【41%下落】STEPNが中国でのサービス提供終了を発表

4

STEPNが最新アップデートを実施。新機能「ミンティングスクロール」とは?

5

5月17日時点のCMEのBTC先物建玉分析、中期的には3,593ドルの上押し圧力【フィスコ・ビットコインニュース】

メデイア・広告掲載について

  1. TOP
  2. 仮想通貨
  3. 暗号資産(仮想通貨)初心者入門
  4. 暗号資産(仮想通貨)入門
  5. ビットコインの買い方|手数料やスプレッドから最適な取引所を紹介

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、株式会社マネーパートナーズソリューションズ、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.ビットコインはどこで買うべき 、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

ビットコインはいくらから買える?必要な最低資金額を解説 ~ 仮想通貨

口座開設のご案内(最短10分でお取引開始) | ビットコイン・暗号資産(仮想通貨)ならGMOコイン

大手仮想通貨取引所であるSBI VCトレードでは、最低売買数量を0.0001ビットコインとしています。なので、1ビットコインが300万円の場合には、0.0001ビットコイン場合には 300円で購入できる計算 になります。ただ前述したように500円を最低金額としている業者も多いため(SBI VCトレードも含まれます)、基本的には0.0002ビットコインからの購入になるでしょう。1ビットコインが300万円である場合は、0.0002ビットコインで600円から購入できる、となります。

注目してほしいのは、 小数点以下の単位で購入可能 という部分です。ビットコインの場合は、どうしても金額が高く設定されているため及び腰になりがちです。でも、小数点以下の購入ができることが分かれば、安心して取引に参加できるのではありませんか?

結論:ビットコイン購入資金は1,000円程度あればOK

ビットコインは分割で購入するのがおすすめ

分割で購入すると、ビットコインの購入金額がバラけます。分割で購入したほうが、 平均単価が安くなる 可能性があり、一括投資よりも儲かる可能性が高いのです。例えば同じ数量を先月は1ビットコイン=400万円で購入し、今月は1ビットコイン=300万円で購入したとします。平均価格は350万円になるため、 先月購入分よりもより有利な単価に収まる わけです。

おすすめ:コインチェックの自動積立ならドルコスト平均法が使える

仮想通貨取引所・販売所の口座開設|Coincheck(コインチェック)

ドルコスト平均法とは、 価格が変動する金融商品を一定の金額および時間を分散させて定期的に買い続けること を指します。

  • 500円からビットコインの買い付けが可能
  • 自動積立対応!月1万円からビットコインを自動買付
  • 貸仮想通貨サービスで最大年利5%を稼げる

コインチェックなら500円からビットコインを購入することが可能。少額で始めたい人も安心だろう。また、毎月1万円以上のビットコインを自動で買い付けてくれる 自動積立投資機能があるため、一度設定するだけで積立投資が可能。 買い付けたビットコインは貸仮想通貨サービスを利用して増やすこともできる。

【どうする?円安対策】円はビットコインに変えるべき理由5つ

ビットコイン

こんにちは、さいとうです。

・円安騒がれてるな、、、

・なんか対策しなくちゃ。

・ビットコインって円安対策になる?

結論として、円安対策としてビットコインを持っておくのはオススメですよ。

なぜなら、今世界的にもお金→ビットコインに変えていくのは注目されているからです。

2025年には、ビットコインを今の10倍近くの「10億人」が持つと予想されています。

また大手銀行「ゴールドマンサックス」が出したレポートにおいては、「金」のシェアをビットコインが20%取ったともいわれます。

絶対的といわれる「金」を追いかけています!

今や世界的に見ても、ビットコイン=インフレ対策として見られ始めてるんです。

「なぜそんな注目されるの?」

今回はそう言った方向けに、以下の内容を解説していきます。

■ビットコインが選ばれる理由5つ

■オススメのビットコイン買い方

■円安対策で今すぐできること ビットコインはどこで買うべき ビットコインはどこで買うべき

一応ぼく自身、ビットコインは2020年に買っている「ユーザー」でもあり、仮想通貨系をメインに発信する「発信者」でもあります。

そんなぼくが、円安対策として「ビットコインを選ぶべき理由」を解説します。

本記事を読むことで、円安のリスクからあなた自身を守っていけますよ。

■ビットコインが選ばれる理由5つ

それでは、 円安対策としてビットコインが選ばれる理由を見ていきましょう。

理由としては、以下の5つになります。

① どの通貨より強くなっている

② 発行上限が存在する

③ 管理者がいらない

④ 長い歴史がある

⑤ 最新テクノロジーに触れる

① どの通貨より強くなっている

第一にビットコインが選ばれるのは、 シンプルに「どの通貨よりも価値が上がってる」というのがあります。

おそらく「円安」と聞くと、比較対象として多くは「米ドル」が思い浮かぶのではないでしょうか。

「ドルより、円が弱くなる」というのは、割と知られるようになってきましたからね。

ここ1年ほどで、ドル/円は+20%ほど上がってます!

ですが、意外に知られてない事実として他の通貨と円を比べてみても、円が弱くなってるんです。

ブラジル「レアル」とかだと、円より30%ほど強くなってますよ。

なので別に、「米ドル=最強」というわけではないんですね。

そこで、ビットコインが選ばれてるんです。

なぜなら、円より強くなってるどの通貨よりもビットコインが強くなっているからです。

下記は、ここ1年ほどのビットコインと各法定通貨との価格比較になります。

▼ドルから見たBTC

▼ユーロから見たBTC

▼ポンドから見たBTC

▼レアルから見たBTC

どの通貨よりも、強くなってますね!

円安が深刻となり何か対策すべき時に、どの法定通貨よりも価値の上がっているビットコインが選ばれるのは当然の行動なんです。

② 発行上限が存在する

以下の数字は、なんの数字だと思いますか?

これは、ビットコインの「発行枚数」です。つまり、ビットコインは数に限りがあるんです。

ドルなどの法定通貨にはない強みですよね。

なので、これから使う人や欲しい人が増えれば増えるほど、「希少性」は上がります。

他の有名な仮想通貨「イーサリアム」には、「上限」はありません!

たとえば、下記のような例だとあなたはどうしますか?

とあるコンビニで、
・いつも見かけるロールケーキ
・10個限定のロールケーキ

たとえ同じモノだったとしても、「後者」の方が「買いたい!」と思うはず。

ビットコインも同じで、 手に入る今のうちに持っておいて、欲しい人が増えた時の値上がりを待ってるんです。

「あの時持っておけば、、、」と後悔しないためにも、今のうちに持っておくといいですよ!

③ 管理者がいらない

なんとビットコインには、「管理者」がいません。

なので、 自由かつ公正にビットコインはやり取りされてるんです。

だれも管理せずにやり取りできる秘密は、 「ブロックチェーン」という最新テクノロジーのおかげです。

つまり、インターネット上の情報を走らせる「道」。

これがあることで、インターネット上でビットコインなどの「車両(=通貨)」などの情報を、すべて「暗号化」して走れるようにしてくれます。

なのでビットコインなど仮想通貨は、暗号化された通貨「暗号通貨・資産」とも言われますよ!

だれにも中央に管理されず、自由かつ安全に動いているのがビットコインなんです。

④ 長い歴史がある

ビットコインには「13年」という仮想通貨の中では最も長い歴史があることも、選ばれる理由の1つです。

なぜなら、「歴史=信頼」につながるからです。

たとえば「老舗」とか「代々続く」とか言われたら、ふつうに「なんか凄そう、、、」と感じますよね。

しかし仮想通貨の市場自体が、まだまだ新しい市場。

その中でも1番歴史があり、新しいモノが出てきたとしても、ビットコインは圧倒的な存在感を出しています。

時価総額は、2位イーサリアムの2〜3倍です!

歴史が長く信頼を集めるのが、ビットコインになります。

⑤ 最新テクノロジーに触れる

最後にビットコインを持っていることで、最新のテクノロジーに触っていけるというメリットがあります。

これは特に、「新しいモノ好き」の方にはたまらない特典です。

ぶっちゃけぼく自身、これが1番大きな理由かなと考えています。

なぜなら、最新テクノロジーに触れることで下記のようなメリットが得られるからです。

✅ シンプルにお金が増えやすい

✅ 「先行者利益」を取りやすい

✅ 新テクノロジーの理解につながる

ふつうの銀行に預ける「1,000倍ほど」のリターンが、ビットコインを預けるだけで得られます。

ぼくもDeFiを使って、仮想通貨を 年20〜30% ほどで預けています!

もちろん、「周りが触ってないモノを触っている」というだけでもたまりませんが、それに触っていることで 「お金が増やせる」 ビットコインはどこで買うべき というのもビットコイン注目の理由です。

✔︎ リスク怖い

・ビットコインにリスクもあるでしょ?

・値動き、変動が怖い、、、

結論として、ビットコインを持っていくことのリスクも存在します。

大きいのは、ビットコインの価格自体の変動リスクでしょう。

1日の変動幅としては、
法定通貨なら数%程度ですが、
ビットコインは数十%動くことも。

なので、ぶっちゃけ今持ってる円をすべてガッとビットコインに変えるのはオススメしません。

かなりまだまだ変動の激しく、リスキーだからです。

「なんか、いい買い方ないの?」といった方向けに、次に ビットコインオススメの買い方 を紹介していきます。

ここを読んでいくことで、リスク低くビットコインを使った円安対策をしていけるので、参考にしてみてください。

■オススメのビットコイン買い方

結論として、ビットコインは「積み立て」で買っていきましょう。

なぜなら、リスク低く・着実にビットコインを貯めていけるからです。

一定額コツコツ淡々と積み立てていくことで、価格の 「平均」 でビットコインを持っていけます。

つまり、チャートの上下に踊らされないんです。

2年で、10万円の差はすごいですね!

ぼく自身も、かなり着々とビットコインを貯めていけています。

変動のあるビットコインを、非常にリスク低く持っていけているのが分かりますね。

リスク低くビットコイン持っていくなら、「積み立て」はオススメですよ。

下記では、ビットコインの始め方とオススメの口座を紹介しています。

自動で数百円〜積み立てが始められるので、コツコツ円安対策しておきましょう。

■円安対策でできること

今回は、円安対策としてビットコインが選ばれる理由を話していきました。

無事、お金が減ってしまうリスクから逃げられた方はおめでとうございます。

「始めるの面倒だな」と思う方はとりあえず、「買いたい!」と思った時に動けるよう、口座開設から始めておくといいですよ。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる