FXのやり方始め方

オプション取引

オプション取引
以下の記事でSBI FXトレードについても詳しくまとめていますので、ご覧になってください。
2022年5月27日 【2022年最新】FXおすすめ20選|特徴や評判からおすすめのFX会社を徹底比較

先物・オプション取引 商品概要

一般的な先物取引のリスクに加え、日経平均VIの変動の特性上、日経平均VI先物の売方には、特有のリスクが存在しますので、資産・経験が十分でない投資家が日経平均VI先物を利用する際には、売建てを避けてください。
日経平均VIは、相場の下落時に急上昇する可能性があり、日経平均VI先物の売方の損失は、株価指数先物と比較して非常に大きくなります。
また、日経平均VIが急上昇した後に、数値が一定のレンジ(20~30程度)に回帰する性質を持っております。
下の実例では、日経平均株価が1日で約6%低下したのに比べ、日経平均VIは約74%上昇しました。日経平均VIは、このように短期間で急激に数値が変動するため、リアルタイムで価格情報を入手できない環境での取引は推奨されません。
日経平均VIは、日経平均株価など株価指数とは数値の変動の特徴が大きく異なっています。日経平均VIの特徴について十分にご理解の上で、日経平均VI先物の取引を行っていただきますようお願いいたします。

NYダウ先物

NYダウ先物取引の取引対象である「ダウ・ジョーンズ工業株平均株価(NYダウ)」はCME Group Index Services LLCが算出する株価指数で、米国を代表する企業30銘柄で構成されています。NYダウを対象とした株価指数先物取引を行うことにより、「NY市場や為替動向を確認しながら夕方~夜中にじっくり取引できる」、「米国を代表する優良企業30銘柄へ投資できる」、「相場の下落時でも利益を追求できる」といったお客さまからのニーズにお応えできるものと思われます。

  • ※ 各限月取引の期間は1年
  • (1) 制限値幅:基準値段を中心に7%
    • ※ サーキットブレーカー発動時に拡大する制限値幅は、第一次拡大時は基準値段の13%、第二次拡大時は基準値段の20%となる
    • 指値(リミット・オーダー、LO)、引け指値
    • 成行(マーケット・オーダー、MO)、引け成行
    • 逆指値、W指値 ® 、±指値 ® (始値±指値、約定±指値)、トレーリングストップ
    • 時間指定注文
    • 引け前訂正指値
    • Uターン注文 ® 、リレー注文 ®
    • 日中・日通し(日中とナイト・セッションの連携注文):最大3週間
    • ナイト・セッション:当日のみ
    • ※ SPAN ® 証拠金の掛け目は、取引所の規制や指数の変動状況などを考慮のうえ、原則100%~400%の範囲内で当社独自の判断により変更する場合があります。
      必要証拠金および掛け目の変更は、「お客様ページ」ログイン後の「商品・取引インフォメーション」にてお知らせします。
    • 現金100%
    • 株式 前々営業日の最終価格(気配)の原則 ※ 70%
    • 投資信託 前々営業日の基準価額の70%
    • ※ 銘柄ごとに個別の代用掛目が設定される可能性があります。

    NYダウ先物の注意点

    NYダウ先物取引、The Board of Trade of the City of Chicago, Inc.(CBOT)にて取引されているNYダウ先物取引と同じ NYダウを対象としていますが、基準としている通貨が異なるため、必ずしも同じ価格にはなりません。

    FXのオプション取引って何?初心者に分かりづらい「権利の売買」をていねいに解説

    FXについて調べていると「FXオプション」という言葉に出くわすことがあります。
    「また難しい言葉が出てきたなぁ」と面倒に感じているかもしれませんね。
    確かにオプション取引は日常生活では出会うことがない考え方ですので、最初はすんなりと頭の中に入ってこないと思われます。 オプション取引
    しかしその特徴を理解すれば、 リスクを抑えて利益を狙える ようになります。
    FXのオプション取引の基本を具体的な取引例を紹介しながら解説していきます。

    • FXのオプション取引は将来の期日に通貨ペアを特定の価格で買う/売る権利を売買する
    • 将来のレートを予想して当たれば利益が得られる
    • 予想が外れても損失は「プレミアム」分のみに抑えることができる

    FXのオプション取引とは


    みなさんは既にFXについて勉強をして、多少の知識があるかもしれません。
    しかし今回のテーマ「オプション取引」は、通常のFXの取引とは別物です。
    為替レートの変動を利用した取引であることは同じですが、方法から利益が出る仕組みが異なります。
    FXのオプション取引について、基礎から学んでいきましょう。

    オプションは権利を売買する取引

    オプション取引とは ある金融資産を、将来の特定の期日に、特定の価格で買う/売る権利を売買する取引 です。
    「ある金融資産」とあるように、オプション取引はFXだけでなく株や国債、貴金属なども対象になります(対象になる金融商品を「原資産」と言います)。
    FXのオプション取引をかんたんに説明すると、対象の通貨ペアが将来の特定の期日(満期日)に、今よりも上がっているか下がっているかを予想します。
    上がると予想すれば「買う権利」を買い、下がると予想するなら「売る権利」を買います。
    もし予想が当たれば利益を受け取ることができますし、外れてしまった場合は利益はもらえません。
    具体的には以下のように注文をします。

    9月30日ドル円111円買う権利買います

    この場合だと将来に買いたい=今よりも値上がりすると予想して権利を買いました。9月30日に実際に111円以上になっていれば、利益がもらえます。
    ちなみに9月30日のことを「権利行使日(満期日)」、ドル円を「原資産」、111円を「権利行使価格」と呼びます。

    オプション取引

    オプションで売買するのは「プレミアム」

    通常のFX取引では、自分のFX口座に証拠金を入れて取引します。利益が出れば証拠金口座に入金され、損をするとその分が差し引かれます。
    対してオプション取引ではオプションを買う人は「プレミアム」と呼ばれるオプションの購入金額を先に払います。
    そのため予測が外れて利益が出なかったとしても、 損失は先に支払ったプレミアムの分だけ で、それ以上大きくなることはありません。
    また予想が当たったときは、受け取ることができる金額からプレミアム分を差し引いた金額が、最終的な利益になります。

    権利行使日(満期日)に取引は終了

    オプション取引は基本的に権利行使日(満期日)に取引が終了します。
    権利行使日に予想通りの価格になったかどうかで、利益または損失が確定します。
    コールオプション(買う権利)を買った場合、レートが権利行使価格を上回っていれば、市場の価格よりも安く買えることになるので、オプションを行使して利益が出ます。
    レートが権利行使価格と同じ、または下回っていたなら、行使価格で買うメリットがないので、権利を放棄して、プレミアム分が損失になります。
    プットオプション(売る権利)を買った場合はその逆です。レートが権利行使価格を下回っていれば、市場価格よりも高く売れることになるので、権利を行使して利益が出ます。
    レートが権利行使価格と同じ、または上回っていたなら、行使価格で売るメリットがなくなるので、権利は放棄されてプレミアム分が損失になります。 オプション取引
    ここまでの話を以下の表にまとめておきます。
    【コールオプション】(買う権利)

    【プットオプション】(売る権利)

    「コールオプション」の取引例


    以下ではドル円のコールオプション(買う権利)の実際の取引例を見て行きましょう。取引の条件は以下のように仮定します。

    • 現在のレートは1ドル110円
    • 112円に上がると予想してコールオプションを1万通貨購入
    • プレミアムは5,000円

    権利行使日のレートが上回ったとき

    仮にレートが予想した1ドル112円を超えて115円まで上がり、権利行使日になったとします。
    コールオプションを買っているので、 112円で1万通貨を買う権利があります
    このケースでは

    25,オプション取引 000円が利益となります。
    逆にコールオプションを売っていた場合(主にFX会社側)は、5,000円分のプレミアムを先に受け取ることができますが、1万ドルを市場レートの115円で買って、112円で売らなければいけません。

    25,000円の損失になります。

    権利行使日にオプションを下回ったとき

    仮にレートが予想に反して下がってしまい、1ドル109円で権利行使日を迎えたとします。
    権利行使の条件は112円以上になることでしたが、クリアできませんでした。
    この状況では市場では109円で買えるのに112円で買うメリットはありませんので、オプションの権利は放棄されます。
    しかし 損失は支払ったプレミアム分の5,000円だけ です。どれだけ価格が下がったとしても、それ以上損をすることはありません。
    逆にコールオプションを売っていた場合(FX会社側)は、オプションを買っていた人が権利を行使しなくなるので、オプションは消滅します。先に受け取った5,000円のプレミアム分が利益になります。
    為替レートと損益を「買い手(投資家)」「売り手(FX会社)」それぞれでグラフにまとめてみました。
    オプション取引

    「プットオプション」の取引例


    それでは次にドル円のプットオプション(売る権利)の取引の例を見ていきましょう。
    条件は以下のように設定しました。

    • 現在のレートは1ドル110円
    • 108円までレートが下がる(円高が進む)と予想して、プットオプションを1万通貨購入
    • プレミアムは5,オプション取引 000円

    権利行使日にオプションを下回ったとき

    オプションを買ったあとに予想どおりに円高が進み、108円を超えて106円まで下がって権利行使日になりました。
    プットオプションを買っているので、市場の現在の価格は106万円のところ 108円で売れる権利があります

    上記のように計算し、利益の15,000円が残ります。
    プットオプションを売っていた立場(FX会社)を考えてみましょう。5,000円のプレミアムを先に受け取っていますが、1万通貨を割高な108円で買わなければいけません。

    結果、15,000円の損失が決まります。

    権利行使日にオプションを上回ったとき

    「下がる」と予想していたけれど、ドル円が111円まで値上がりしてしまい、そのまま権利行使日を迎えたとします。
    「売る権利」は108円まで下がることが条件でしたので、クリアならず。
    権利は使わないまま放棄され、 支払った5,000円のプレミアム分が損失 として決まります。ただし、どれだけ予想が外れてドルの価格が上がったとしても、損失は5,000円までです。
    逆にプットオプションの売り手(FX会社)は、買い手の権利が放棄されるため、先に受け取った5,000円のプレミアムが利益になります。
    プットオプションの「買い手(投資家)」「売り手(FX会社)」それぞれの視点で損益をまとめたのが以下のグラフです。

    オプション取引のメリット


    オプション取引の利益と損失が出るしくみは上記のとおりです。
    為替の変動を利用しているという点では通常のFXトレードと同じですが、取引の中身はまったく違っていることが理解してもらえたと思います。
    改めてFXのオプション取引のメリット(良い点)を確認しておきましょう。

    • 必要な支払いがプレミアムだけで損失は限定される(買い手の場合)
    • 忙しい人でも取引しやすい

    必要な支払いがプレミアムだけで損失は限定される(買い手の場合)

    上の取引例でも説明した通りですが、コールオプション(買う権利)、プットオプション(売る権利)ともに、 買い手の損失はプレミアム分だけ です。
    通貨の価格が上がると予想してコールオプションを買った人は、仮に予想が外れてしまったとしても、損失は最初に支払ったプレミアム分以上に大きくなりません。
    逆に価格が下がると予想してプットオプションを買った人も、予想外に価格が上がってしまったとしても支払いはプレミアム料だけ。
    通常のFX取引では予想が外れるほど、損失はどんどん大きくなります。
    オプション取引では予め決まった損失のもとで、大きな利益を狙える取引と言えます。

    忙しい人でも取引しやすい

    FXのオプション取引は、将来の一定の期日に決められたラインより「高い」か「低い」かを予想するだけです。
    そのため一旦プレミアムを買ってしまえば、あとは 権利行使日を待つだけで、利益(または損失)が確定します
    チャートをチェックする時間がない忙しい人はもちろん、チャートを見ると不安になってしまうような人にも向いている取引と言えますね。 オプション取引

    オプション取引のデメリット


    逆にオプション取引のデメリットも確認しておきましょう。
    通常のFX取引と比べたときに注意しておきたいポイントがあります。

    • プレミアムはスプレッドよりも高い
    • 権利行使日に取引を終える必要がある

    プレミアムはスプレッドよりも高い

    みんなのシストレ スプレッド

    FXオプションで権利を買うときに払う「プレミアム」は、スプレッドよりも高額です。
    通常のFX取引では通貨ペアの売値(Bid)と買値(Ask)の間に差があり、この差額がスプレッドと呼ばれて、FX会社が得られる手数料になります。
    投資家としてはスプレッドは手数料なので、小さいに越したことはありません。
    FX各社は少しでもスプレッドを小さく(狭く)して、自社に口座を開いてもらおうと競争しています。そのためFXの スプレッドは通貨の両替と比べても、かなり低く抑えられています。

    同じ通貨量の取引をするにしても、オプションのプレミアムはスプレッドよりも高くなりやすいと言われています。

    権利行使日に取引を終える必要がある

    予め決められた権利行使日(満期日)に必ず取引を終えなければいけないという点も、ある意味では気をつけたいポイントです。
    通常のFXでは大きな含み損が出たとしても、ロスカットにならない限りは取引に期限がありません。
    仮に含み損が出ていても長期でポジションを持ち続けることで、相場が反転して利益の方向に進むこともあります。
    オプション取引では権利行使日に否応なしに取引が終わります。権利行使日に予想が外れていれば、損失が確定します。

    バイナリーオプション取引とは


    FXのオプション取引では「バイナリーオプション」という言葉がよく出てきます。
    バイナリーオプションはオプション取引のうちの1つという位置づけで、日本の多くのFX会社が提供しています。
    そもそもFXのオプション取引には以下のような種類があります。

    • バイナリーオプション…権利行使日に原資産の価格が権利行使価格に達していると、利益がもらえる
    • レンジオプション…権利行使日に原資産の価格が特定の範囲におさまっていると、利益がもらえる
    • ワンタッチオプション…権利行使日までのあいだに、原資産の価格が一度でも権利行使価格に達したら利益がもらえる

    これらのオプションを区別するために、それぞれ名前が付けられています。
    またバイナリーオプションは 「条件を満たしたら、1口あたり一律1,000円」のように、利益が予め決まっています。 これを「ペイアウト」と言います。

    オプション取引ができるおすすめFX口座


    日本の主なFX会社はサービスとしてオプション取引を提供していることが多いです。
    そのほとんどが「バイナリーオプション」ですが、FX会社によってできることが違います。
    ここではFXのオプション取引をしたい初心者に向けて、おすすめの会社を3つだけ紹介します。

    SBI FX トレード(オプションFX)

    • 米ドル/円の「プットオプション」「コールオプション」の買いのみ
    • 毎月第2金曜日の15時に権利行使
    • 途中売却もOK

    扱っているのは米ドル/円の1種類のみなので迷うことがありません。 オプション取引
    他のバイナリー取引は数時間単位が多い中、月に1回の権利行使日でじっくり取り組めます。
    また新規注文は「買い」のみなので、 シンプルに米ドルのレートが上がるか下がるかを予想すれば良いだけ です。
    またオプションFXでは、権利行使日前日の15時までならオプションを途中売却することもできます
    例えばプレミアムの価格が、払ったときよりも上がっていれば、途中で売って差額を利益にできます。
    また予想が外れてオプションの放棄が予想される場合は、早めにオプションを売ってしまうことで、損失を抑えることもできます。

    以下の記事でSBI オプション取引 FXトレードについても詳しくまとめていますので、ご覧になってください。
    2022年5月27日 【2022年最新】FXおすすめ20選|特徴や評判からおすすめのFX会社を徹底比較

    外為どっとコム(外貨NEXTバイナリー)

    シンプルな取引画面とルールで始めやすい外為どっとコムの「外貨NEXTバイナリー」もおすすめです。

    • ラダー取引に特化
    • 6種類の通貨ペアで取引できる
    • 少額からの取引も可能

    外貨NEXTバイナリーはラダー取引に特化したサービスです(ラダー取引とは目標のレートよりも「ハイ(高い)」か「ロー(低い)」かを予想する取引です)。
    1日に10回、2時間ごとに区切られた期間内での値動きを予想し、条件を満たせたら、 1Lotあたり一律1,000円のペイアウト(利益) がもらえます。
    オプション取引では6種類の通貨から好きなものが選べます。
    また通貨ペアによっては、1Lotあたり1,000円未満でも取引できます。少額から始めたい初心者にもおすすめです。

    外貨ex byGMO(オプトレ!)

    外貨ex byGMOが提供するオプションサービス「オプトレ!」は、取引の選択肢が多いことが魅力です。

      オプション取引
    • 1日11回、2時間ごとの取引
    • ラダー取引とレンジ取引から選べる
    • 8種類の通貨ペアで取引できる

    オプトレ!は1回あたり2時間の取引期間内で、レートを予想します。1日11回も取引機会があるため、自分の好きな時間に取り組めます。
    予想が当たった場合は1口あたり1,000円のペイアウト(利益)が得られます。
    またオプション取引は ラダー取引とレンジ取引から選ぶことができます
    レンジ取引は権利行使のタイミングで、レートが目標の範囲に収まっていれば利益が確定します。
    またオプション取引では最多レベルの8種の通貨で取引できるのも特徴です。自分が得意な通貨ペアで取り組むことで、勝率を上げることができます。

    FXのオプション取引に関する疑問

    質問


    以下ではFXのオプション取引に関して、よく検索されるキーワードや疑問点をまとめておきました。
    少々込み入った内容になりますし、知っていなくてもオプション取引自体はできます。興味がある人は参考にしてもらえると良いかと思います。

    NY(ニューヨーク)オプションカットってなに?

    よくFXのニュースなどで「NY(ニューヨーク)オプションカット」という言葉を目にします。
    NYオプションカットとは、アメリカニューヨーク市場の通貨オプション取引の権利行使期限のことを指します。
    具体的には 日本時間の24時(米夏時間は23時) のことを指します。
    この時間帯はオプション行使の取引が増えるため、相場が動きやすくなると言われています。
    通常のFX取引をする際にも、NYオプションカットは意識しておくと良いでしょう。

    オプションバリアの意味は?

    オプション取引には、ある一定の価格に達したらオプションの権利が発生したり、消滅したりする「バリアオプション」というものがあります。
    またバリアオプションには、一定の価格に達すると権利が発生する「ノックインオプション」と、権利が消滅する「ノックアウトオプション」があります。
    オプションバリアとはその権利が発生したり消滅する条件になる価格のことを言います。

    オプション取引はすべての会社で取引できる?

    近頃はリスクを最小限に抑えられるバイナリーオプションが人気で、FX各社が提供しています。
    しかし中にはオプション取引ができない会社もあり、すべての会社で対応しているわけではありません。
    またFX会社によって扱っているオプション取引の内容にも違いがあります。
    興味がある人はオプション取引の種類、通貨の種類、必要な資金などをチェックして、口座を開くようにしましょう。

    • ある特定の期日に
    • ある特定の通貨を
    • 特定の価格で
    • 買うまたは売る権利

    を売買するのがFXのオプション取引でした。
    基本的に投資家はオプションを「買う」ことによって、リスクを最小限に抑えながら利益を狙うことができます。
    各社とも特徴のあるオプションサービスを提供しています。FX取引と合わせて、オプション取引にも目を向けてみると、投資家としての幅が広がりそうですね。

    オプション取引についてわかりやすく徹底解説!4つの基本パターンを理解するだけで投資戦略は広がる!

    オプション取引 わかりやすく

    金額が下がった場合は、権利を放棄すればいいので、プレミアムの100,000円のみの損失になります。

    コールの売り

    プレミアムの1,000倍の金額になることから資金は100,000円となり、売り手の利益の最大額になります。

    オプション取引の初心者の場合は、できるだけコール・オプションの売りは選択しないようにしましょう。

    プット・オプション

    プット・オプションはコール・オプションと同様、買い手と売り手が存在し、買い手はプレミアムを払うことで権利を獲得することができます

    プットの買い

    コール・オプション同様、プレミアムを買う場合は価格の1,000倍の資金が必要とされているため、1枚100円であることから、必要な資金は100,000円になります。

    金額が上がった場合は、権利を放棄すればいいので、プレミアムの100,000円のみの損失ということになります。

    プットの売り

    売り手にとっては、取引時の金額が権利行使価格の15,000-100円(プレミアム)=14,900円を下回ると損失の方が多くなり、損をすることになります

    コール・オプションの売りと同様、オプション取引の初心者の場合は、できるだけプット・オプションの売りは選択しないようにしましょう。

    オプション取引をはじめるなら専用口座が必要

    注意点として、投資資金が少ない場合や、電話面接でオプション取引について知識が乏しいと判断された場合には審査に通らないこともあります。

    4つの基本パターンを理解して自分にあった投資戦略を導き出す

    オプション取引の買い手は、最大でもプレミアムまでの損失しか生まれないため、初心者にとってもおすすめです。

    バイナリーオプションの始め方

    バイナリーオプションの詐欺事例を紹介!詐欺手口の見分け方や安全に取引する方法を解説

    バイナリーオプションの税金

    バイナリーオプションで使う無料の矢印ツールで勝てる?

    RANKING

    trayaout

    • 当サイト限定53,000円キャッシュバック
    • 収益率160%超
    • FX取引高世界一
      ※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月
    • 最大30万円キャッシュバック
    • 最短即日取引

    外為オンライン

    gaitame

    • ユーザーの9割が利益を出す圧倒的な実績
    • 15万円キャッシュバック

    Category

    【免責事項・取引リスク】『ユアFX』における情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、会社やツールの評価に関する正確性・信頼性等について100%保証するものではありません。 掲載されている情報はFX投資を検討している方などに向けた有益情報の提供を目的としており、FXへの勧誘を目的としたものではありません。 また、掲載しているFX会社などの評価・ランキングは、8つの項目をもとにした総合評価を算出した上で作成しています。 ただし、ランキング上位のFX会社などの安全性を100%保証するものではありません。 当サイトは投資家が自分の意志に基づいた最適な取引を実現できることをミッションに掲げており、記事情報に基づいて被った損害に対して、弊社や情報提供者・監修者は一切の責任を負いません。また、『ユアFX』の掲載情報を複製、販売、加工、再利用することを固く禁じます。

    バイナリーオプションはなぜ勝てない?ペイアウトはFXが断然有利!

    バイナリーオプションはなぜ勝てない?ペイアウトはFXが断然有利!

    これがいかに不利なのか簡単な例を示しましょう。

    仮に1勝1敗であれば20$の損失であり、勝率はイーブンである以上、続ければ続けるだけ不利と言えるでしょう。

    つまりバイナリーオプションのペイアウトは、 リスクとリターンが吊り合っていない状態 なのです。

    取引時間の制限

    これの何が問題なのかと言うと、為替レートの変動は下位足ほど予想が難しくなり、トレンドが浮き彫りになりやすい上位足ほど予測が容易になります。

    つまり バイナリーオプションは、FXと比較してもギャンブル要素が強く オプション取引 、スキルを駆使した実力勝ちが狙いにくくなっているのです。

    ペイアウトはFXが有利!

    理由1:リスクとリターンのバランス

    いずれも勝率は互角と考えられますが、FXでは稼いだ値幅がそのまま利益に反映されます

    毎回 リスクとリターンのバランスが取れた勝負に挑める ため、プロスペクト理論さえ克服できれば、どれだけ無茶なトレードをしても収支はトントンに収まる傾向にあります。

    理由2:時間という武器

    レンジ相場であれば元の水準まで戻ってくる可能性は高く、またポジションの方向によってはスワップ金利も稼げるでしょう。

    バイナリーオプションの場合は、良くも悪くも取引時間が制限されていますが、 「勝つまで辞めない」を実践できるのがFXの強み でもあります。

    理由3:トレンドで利益を伸ばせるチャンス

    トレンドの渦中においては、一時的にペイアウトの期待値が高まると考えても良いでしょう。

    まとめ:ペイアウトの還元率から判断すべし!

    • バイナリーオプションの仕組みについて
    • バイナリーオプションで稼げない理由
    • オプション取引
    • FXのペイアウトについて

    投資において重要なのは、リスクとリターンが見合っているかどうかです。

    最近ではスプレッド「0.0銭」という、実質無料で提供するFX会社もありますので、せっかく運用するのであれば トレーダーが勝ちやすい環境を選ぶべき でしょう。

    リアルタイム為替レート

    リアルタイムチャート

    2022.06.17 FX-Katsu(鈴木 克佳)
    為替レートが動く仕組みを知るべし!FX相場がもっとも動く時間帯…

    2022.04.14 FX法人化で節税になる?法人化のステップからメリット・デメリット、注意点まで徹底解説 トレードで順調に稼げている人であれば、節税に向けて法人化する…
    FX-Katsu(鈴木 オプション取引 オプション取引 克佳)

    <FXの始め方> 人気記事

    2021.05.25 火 豪ドルの5年後見通しは?100円超えの可能性や相場分析から見る買い時とは【2022年最新】 外貨の中で人気を誇る豪ドル(オーストラリアドル)は、オースト.
    FX-Katsu(鈴木 克佳)

    2021/07/17 【FX初心者】FXの始め方がわかる!稼ぎ方からおすすめ口座まで完全ガイド|エフテン|FXにつよくなる FXとは5000円、1万円といった少ない資金から手軽に始めら
    FX-Katsu(鈴木 克佳)

    先物取引の始め方は?証券会社・銘柄選びと口座開設の手順、注意点

    PayPay証券

    1000円から日米株にスマホで投資できる!IPOに1株から申込可能。キャンペーンも開催

    ファンディーノ

    株式投資型クラウドファンディング・ファンディーノ

    IPOやバイアウトを目指す急成長企業に数万円から投資可能!ESG企業の募集案件も多数

    株式投資の最新ニュース

    • 2022/6/172022.06.17 米ドル円は134円まで上昇後急落。 日銀政策会合は政策金利据え置き
    • 2022/6/17独シーメンス・エナジー、風力発電機ガメサを完全子会社化へ。合理化で立て直し図る
    • 2022/6/17欧州委、クリーン水素の電解槽の製造能力拡大へ。25年までに10倍
    • 2022/6/17米ファイザー22年1~3月期売上高77%増。コロナワクチン売上好調も通期見通し引き下げ
    • 2022/6/17高校生の夢を応援する次世代教育を。「ゼロ高」運営ベンチャーがFUNDINNOで募集

    株式投資の人気コラム

    HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる