仮想通貨で儲ける方法は

株式投資とは

株式投資とは
株式会社の始まり

知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株式投資、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

まさかドラッグストア株がここまで下落するとは思わなかった話

1 ドラッグストア株に夢を見た

2 ドラッグストア株は高すぎた

キリン堂

3 カワチ薬局が2021.6より優待変更

カワチ薬品

1 配当金 5,000円
2 商品券 5,000円分

1,000円に1枚しかも100円分しか使えないという最悪な商品券だったからです。

4 ついにカワチ薬品お買い物優待券GET!

カワチ薬品株主関係書類

カワチ薬品優待

1 配当金 32円
2 株主優待 3,000円分

6 ドラッグストア関連株が下落している理由

しかし、調剤薬局最大手のアインファーマシーズ(9627)は下落はしていません。

S市杜王町に住むサラリーマンです。
6,500万円のローンを抱えてしまい、死ぬかと思いましたが、なんとか完済することができました。
体験に基づいた正しいお金の貯め方使い方を発信します。
ランサーズ認定ランサーです。
当サイトはリンクフリーです。
ブログへの問い合わせ、寄稿依頼、ご相談等につきましては、リンクまたはフッターの問い合わせ先よりお願いします。
副業が認められ、2022年度よりと或る大学の非常勤講師を兼任します。これから始まる人生にとてもワクワクしています。

株式投資とはなにか【歴史から紐解く株の仕組み】

1600年代に行われていた「香辛料貿易」

航海をするためには船の建設費や船員の人件費で多額の初期投資が必要なので、当時の香辛料貿易は「一か八かの賭け状態」だったのです。

株式会社では、大勢の人(株主)が少しずつ初期費用を出し合ってビジネスを始めます。そのため、無事に航海が終われば利益を分け合い、仮に航海が失敗したとしても、損失を分散することで個々人が破産してしまうリスクを抑えることができるようになりました。

  • 難破のリスク:株主全員で分散
  • 貿易での利益:株主全員で分ける

株式とは、「ビジネスで生まれた利益を分配してもらえる券」と言い代えることもできますね。

株式投資とは 株式会社の始まり

資本主義社会の構造

それは、 会社が生んだ利益を分け与えられるのは「株主」であり、「会社の従業員」ではない 株式投資とは ということです。

大企業の諸数値の推移(経済産業省 2019年事務局説明資料より抜粋・編集)

知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株式投資、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

まさかドラッグストア株がここまで下落するとは思わなかった話

1 ドラッグストア株に夢を見た

2 ドラッグストア株は高すぎた

キリン堂

3 カワチ薬局が2021.6より優待変更

カワチ薬品

1 配当金 5,000円
2 商品券 5,000円分

1,000円に1枚しかも100円分しか使えないという最悪な商品券だったからです。

4 ついにカワチ薬品お買い物優待券GET!

カワチ薬品株主関係書類

カワチ薬品優待

1 配当金 32円
2 株主優待 3,000円分

6 ドラッグストア関連株が下落している理由

しかし、調剤薬局最大手のアインファーマシーズ(9627)は下落はしていません。

S市杜王町に住むサラリーマンです。
6,500万円のローンを抱えてしまい、死ぬかと思いましたが、なんとか完済することができました。
体験に基づいた正しいお金の貯め方使い方を発信します。
ランサーズ認定ランサーです。
当サイトはリンクフリーです。
ブログへの問い合わせ、寄稿依頼、ご相談等につきましては、リンクまたはフッターの問い合わせ先よりお願いします。
副業が認められ、2022年度よりと或る大学の非常勤講師を兼任します。これから始まる人生にとてもワクワクしています。

知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株式投資、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

まさかドラッグストア株がここまで下落するとは思わなかった話

1 ドラッグストア株に夢を見た

2 ドラッグストア株は高すぎた

キリン堂

3 カワチ薬局が2021.6より優待変更

カワチ薬品

1 配当金 5,株式投資とは 000円
2 商品券 5,000円分

1,000円に1枚しかも100円分しか使えないという最悪な商品券だったからです。

4 ついにカワチ薬品お買い物優待券GET!

カワチ薬品株主関係書類

カワチ薬品優待

1 配当金 32円
2 株主優待 3,株式投資とは 000円分

6 ドラッグストア関連株が下落している理由

しかし、調剤薬局最大手のアインファーマシーズ(9627)は下落はしていません。

S市杜王町に住むサラリーマンです。
6,500万円のローンを抱えてしまい、死ぬかと思いましたが、なんとか完済することができました。
体験に基づいた正しいお金の貯め方使い方を発信します。
ランサーズ認定ランサーです。
当サイトはリンクフリーです。
ブログへの問い合わせ、寄稿依頼、ご相談等につきましては、リンクまたはフッターの問い合わせ先よりお願いします。
副業が認められ、2022年度よりと或る大学の非常勤講師を兼任します。これから始まる人生にとてもワクワクしています。

投資信託と株の違いを一覧表でチェック!あなたにおすすめな投資商品は?

※1:積立投資であれば、100円から可能な場合もあります。
※2:単元未満株であれば、1万円以下で取引することもできます。
※3:2037年分の所得までは、所得税額×2.1%の復興特別所得税が別途加算され、実質20.315%の税率が課されます。なお、税率は所得税と住民税を含みます。
※4:確定申告をすることによって総合課税を選択でき、税率は課税所得に応じて課されます。
※5:2021年5月末時点の数値です。

投資信託と株式投資の違いは?

  • プロに運用を任せるか自分で運用するか(運用主体)
  • 投資に必要な資金が多いか少ないか(最低投資金額)
  • リスクが大きいか小さいか(リスクとリターン)
  • 株主優待があるかどうか

プロに運用を任せるか自分で運用するか(運用主体)

投資に必要な資金が多いか少ないか(最低投資金額)

一般的に、 株式投資の方が投資に必要な資金が多く、投資信託は少ない資金で足ります。

株式投資は一般的に100株単位で取引するため、株式投資に必要な資金は「1株の値段(株価)×100株」で計算します。仮に株価が1,000円であれば、最低投資金額は10万円です。

一方、投資信託は目安として1万円前後から購入でき、積立投資信託であれば100円からでも購入できます。

リスクが大きいか小さいか(リスクとリターン)

投資する際の不確実性、いわゆるリスクにも差があります。 一般的には株式投資のほうがハイリスクです。

株主優待があるかどうか

株式投資をしたとき、銘柄によっては 株主優待 というおまけが付くことがあります。 株式投資信託では間接的に株式に投資していますが、株主優待の恩恵は受けられません。株主優待を受けられるのは株式投資のみです。

  • お菓子やジュースの詰め合わせ
  • レストランで使用できる食事券
  • おもちゃ
  • お店で利用できる割引券

「自分にとって効率のいい投資って何かな?」とお悩みの方は、投資を始める上で重要なあるポイントを、まずは押さえておくことが大切です。それは、自分がどのような「投資タイプ」なのかを事前に把握しておくことです。 MIRAPの投資診断ではLINEでカンタンに「投資タイプ」を知ることができます。あなたは一体 なにタイプでしょう?

投資信託と株式投資はどちらが儲かる?

なぜなら、リターンとリスクは比例するからです。結局のところ儲かるかどうかは値動き次第であり、値動きが大きいほうが儲かりやすく、損をしやすいという性質があります。つまり、儲かるものは損もしやすいのです。

例えば「1日で10万円儲かる」投資は、「1日で10万円損する」可能性もあります。これがいわゆる不確実性(リスク)であり、不確実性が高いからこそ見込めるリターン(儲け)も大きいのです。

そのため、 「どちらが儲かるか?」より「どれほどのリスク(損失)を許容できるか?」が重要 となります。「ではどちらを選ぶべきなの?」については以降で解説していきます。

投資信託と株式投資はどちらがおすすめ?判断基準は?

投資信託と株式投資のどちらがおすすめかは、個人によって異なります。本章では自分に合った投資商品を検討する際の判断基準を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

結論から申し上げると、 投資経験がなく投資資金を抑えて始めたい人には投資信託がおすすめで、投資経験があり余剰資金に余裕がある人は株式投資がおすすめ 株式投資とは です。

当面使う予定のないお金の多さ(資金の余裕)

自分に合った投資方法を検討するときにチェックしたいポイントが、資金の余裕です。なぜなら、 投資にはお金が減るかもしれないという不確実性(リスク)がある ためです。

そのため、当面使う予定がないお金(余剰資金)に余裕がある人は株式投資、ない人は投資信託がおすすめです。

投資経験があるかどうか(心の余裕)

投資信託でも株式投資でも心の余裕は必要ですが、株式投資は一般的に値動きが大きく、さらにリアルタイムで価格が動きます。一方、投資信託は投資のプロが投資判断を行い、投資家は1日1回、事後的にしか価格がわかりません。

以上のことから、 株式投資には株式の変動に対して落ち着いて対応できる心の余裕が必要で、心の余裕を持つためにも一定の投資経験があることが望ましい といえます。

投資信託や株式投資の利益が非課税になるNISA

最後に、投資信託や株式投資の利益が非課税になる制度、NISA(ニーサ)を解説します。 NISAは、2014年1月に開始した、少額の投資が非課税になる期間限定の特別措置です。

上記はいわゆる一般NISAの概要です。「つみたてNISA」や2023年末で終了する「ジュニアNISA」という制度もあります。また、一般NISAも2024年からは積立投資年間20万円まで、一般投資年間102万円まで非課税という2階建ての「新NISA」に生まれ変わります。

まとめ:投資信託と株の違いを理解して自分に合った資産運用をしましょう

投資信託と株式投資の大きな違いは、 自分で運用するかプロに任せるかの違い です。 また、最低投資金額は投資信託のほうが低く、リスクも投資信託のほうが低いことが一般的といえます。

どちらを選ぶべきか迷っているのであれば、資金の余裕や投資経験があるなら株式投資、なければ投資信託がおすすめです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる