初心者必見

海外FXのトレンド相場とは

海外FXのトレンド相場とは

ボリンジャーバンドは、アメリカのジョン・ボリンジャーによって開発されたインジケーターです。

海外FX業者 Land-FXのおすすめのインジケーター

海外FX業者 Land-FXのおすすめのインジケーター

平均0.035秒の高速約定。 業界最高レベルの低スプレッドが魅力 サポート力/日本語対応 人気・注目度 入出金のしやすさ 信頼性 プロモーション VIP対応 総合点 40点/60点 最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット 500倍 可能 あり 可能 30% 取引.

海外FX業者 Land-FXのおすすめのインジケーター

この記事では「LAND-FXの口座開設手順」について、写真付きで詳しく解説しています。 LAND-FX(ランドFX)で口座開設をしようとしている方は、この記事通りに登録していけば迷うことなく正しい登録が可能になりますので是非活用してください。 それでは早速「LAND-FXの口座開設手順」について説明.

LAND FXは、無制限のレバレッジが使える数少ない海外FX業者です。当然、高いレバレッジが使えますので少ない金額からの投資が可能です。 では、少ない金額から投資できることにはどのようなメリットがあるのでしょうか?そこで今回は、少額投資のメリットやデメリットについて紹介をします。 LAND FXが少.

インジケーターの種類

ここまで、Land FXの特徴について解説してきましたが、実際に取引を行うにあたって、どのように分析を行って取引を行えば良いのかわからないという方も多いと思います。

まず、インジケーターには「トレンド系」と「オシレーター系」の2種類に分けられます。

現在の価格が「買われすぎ」もしくは「売られすぎ」といった相場の過熱感を確認する
「買われすぎ」や「売られすぎ」と判断されたら、相場が転換しやすい
トレードスタイルが「逆張り」の方に使われやすい
(例: RSI、MACD、ストキャスティクス、CCIなど)

以上のとおり、トレンド系とオシレーター系はトレードスタイルによって、使うべきインジケーターが異なります。

そのため、トレードやチャート分析を行うにあたって、どのインジケーターを使えば良いかわからない方のために、おすすめのインジケーターについて解説します。

おすすめのインジケーター

まずは、トレンド系でおすすめのインジケーターについて解説します。

  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表

移動平均線

移動平均線は、最も有名なインジケーターで、とても重要度が高いテクニカル指標となります。

  • 上昇トレンド…移動平均線よりもローソク足が上にいる
  • 下降トレンド…移動平均線よりもローソク足が下にいる
  • レンジ…移動平均線が横向きでローソク足が上下に行き来している

また、長期の移動平均線と短期の移動平均線など複数の移動平均線を組み合わせると、相場の転換点を予測するのに活用できます。

  • ゴールデンクロス…長期の移動平均線が短期の移動平均線を、下から上に抜けていく状況のことをいい、「買い」のエントリー根拠とされます
  • デッドクロス…長期の移動平均線が短期の移動平均線を、上から下に抜けていく状況のことをいい、「売り」のエントリー根拠とされます

ボリンジャーバンド


ボリンジャーバンドは、アメリカのジョン・ボリンジャーによって開発されたインジケーターです。

ボリンジャーバンドの中心線は、移動平均線として見られ、その上下に±1σ~±3σのバンドが存在します。

    海外FXのトレンド相場とは
  • ±1σで価格が推移する確率:68.3%
    ±2σで価格が推移する確率:95.5%
    ±3σで価格が推移する確率:99.7%

また、ボリンジャーバンドを使う際には、以下のことも知っておくと便利です。

  • ボリンジャーバンド拡大時
    ボリンジャーバンドが拡大していると、強いトレンドが発生している状況となります。
    強いトレンドが発生しているときは、ボリンジャーバンドに沿いながらローソク足が推移する「バンドウォーク」という現象が発生しやすいとされています。
  • ボリンジャーバンド収縮時
    ボリンジャーバンドが収縮している間は、レンジ相場と判断します。
    レンジ相場の場合は、ボリンジャーバンドにタッチしたあとの反発を狙って逆張りで取引するのが一般的です。

ボリンジャーバンドは、順張りと逆張りの両方を視野に入れて使うことができる、とても便利なインジケーターです

一目均衡表

一目均衡表は、ペンネーム「一目山人」という人が開発したインジケーターです。

  • 転換線と基準線のクロス
    転換線(赤)が基準線(水色)を下から上に抜けていく状況を「買い」、上から下に抜けていく状況を「売り」のエントリー根拠とされます。
  • 雲と遅行スパン
    遅行スパン(緑)とローソク足がクロスすると、強いトレンドが発生する予兆となる

一目均衡表は「基準線」「転換線」「遅行スパン」「雲」など一見複雑そうに見えますが、慣れれば、様々な分析が行える便利なインジケーターです。

RSIは相場の過熱感から「買われすぎ」「売られすぎ」を表すインジケーターです。

  • 70%以上 買われすぎ
    30%以下 売られすぎ
    50%付近 もみ合い

RSIがとくに有効とされているのが「レンジ相場」です。
レンジ相場では単純に「70%以上で売り、30%以下で買い」といった判断で利益を得ることが可能です。

トレンド発生時は、70%以上や30%以下といった状況で判断せず、「上げ止まり」や「下げ止まり」を明確に確認してからエントリーするようにしましょう。

MACD

MACDは、相場の転換点を判断するのに役立つインジケーターです。

  • MACDをシグナルラインが下から上に抜けたら「買い」
  • 海外FXのトレンド相場とは
  • MACDをシグナルラインが上から下に抜けたら「売り」

また、MACDが0より上に山を作っている場合は上昇局面、MACDが0より下に山を作っている場合は下降局面といった見方もできます。

平均0.035秒の高速約定。 業界最高レベルの低スプレッドが魅力 サポート力/日本語対応 人気・注目度 入出金のしやすさ 信頼性 海外FXのトレンド相場とは プロモーション VIP対応 総合点 40点/60点 最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット 500倍 可能 あり 可能 30% 取引.

海外FX業者 Land-FXのおすすめのインジケーター

この記事では「LAND-FXの口座開設手順」について、写真付きで詳しく解説しています。 LAND-FX(ランドFX)で口座開設をしようとしている方は、この記事通りに登録していけば迷うことなく正しい登録が可能になりますので是非活用してください。 それでは早速「LAND-FXの口座開設手順」について説明.

LAND FXは、無制限のレバレッジが使える数少ない海外FX業者です。当然、高いレバレッジが使えますので少ない金額からの投資が可能です。 では、少ない金額から投資できることにはどのようなメリットがあるのでしょうか?そこで今回は、少額投資のメリットやデメリットについて紹介をします。 LAND FXが少.

おすすめの組み合わせ


ここまで、おすすめのインジケーターを紹介してきましたが、各インジケーターには当然弱点もあります。

そのため、その弱点を補うためにも、インジケーターを組み合わせて使うことが望ましいです。 そこで、有効性の高い組み合わせを紹介します。

  • 移動平均線+MACD
  • ボリンジャーバンド+RSI
  • MACD + RSI

移動平均線+MACD

この組み合わせは、移動平均線で相場の方向性を確認し、MACDでエントリーのタイミングを分析するというものになります。

そこで反応が早いMACDを組み合わせることで、より早くエントリーすることができます。

注目すべきポイントは移動平均線のゴールデンクロスとMACDの上抜けです。このシグナルを確認し、エントリーできれば、利益を大きく伸ばすチャンスとなるでしょう。

ボリンジャーバンド+RSI

つぎにボリンジャーバンドとRSIの組み合わせです。

  • ボリンジャーバンドが±2σや±3σにタッチ
  • RSIが70以上もしくは30以下

この方法は逆張りといわれ、2つの条件を満たすタイミングで反発する可能性が高いと考え、それをトレード根拠として考えます。

MACD + RSI

MACDは、すでに解説したとおり、単体でも「買い」や「売り」のポイントを分析することが可能です。

  • RSIが20付近で、MACDがシグナルラインとクロスで「買い」
    RSIが80付近で、MACDがシグナルラインとクロスで「売り」

この基準で相場を見ることができれば、ダマシに合う確率を減らせます。

まとめ

ここまでLand FXの特徴とおすすめのインジケーターについて解説してきました。

また、MT4やMT5がつけることから、様々なインジケーターを用いてトレードすることができます。そこで、今回解説したおすすめのインジケーターを活用して、トレードしてみてください。

また、今回説明したインジケーター以外にも、多数のインジケーターが使えるので、自分に合ったインジケーターを見つけてみてもいいでしょう。

平均0.035秒の高速約定。 業界最高レベルの低スプレッドが魅力 サポート力/日本語対応 人気・注目度 入出金のしやすさ 信頼性 プロモーション VIP対応 海外FXのトレンド相場とは 総合点 40点/60点 最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット 500倍 可能 あり 可能 30% 取引.

海外FX業者 Land-FXのおすすめのインジケーター

この記事では「LAND-FXの口座開設手順」について、写真付きで詳しく解説しています。 LAND-FX(ランドFX)で口座開設をしようとしている方は、この記事通りに登録していけば迷うことなく正しい登録が可能になりますので是非活用してください。 それでは早速「LAND-FXの口座開設手順」について説明.

LAND FXは、無制限のレバレッジが使える数少ない海外FX業者です。当然、高いレバレッジが使えますので少ない金額からの投資が可能です。 では、少ない金額から投資できることにはどのようなメリットがあるのでしょうか?そこで今回は、少額投資のメリットやデメリットについて紹介をします。 LAND FXが少.

FXのニューヨーク時間とは?オススメの手法や注意点を解説

2001年アメリカ同時多発テロ時のUSD/JPY 2014年イスラム国の拡大時のUSD/JPY 2022年ロシアのウクライナ侵攻時のUSD/JPY

戦略2.取引はニューヨーク市場の開場から翌1時までが勝負

ニューヨーク時間外とニューヨーク時間中のEUR/USDボラティリティ(夏時間)

ニューヨーク時間のおすすめ手法は3つ

  1. トレンドフォロー(順張り)
  2. 経済指標トレード
  3. ニューヨークボックス手法

手法1.トレンドフォロー(順張り)

  • 上昇トレンドなら「押し目買い」
  • 下降トレンドなら「戻り売り」

トレンド有効なエントリー
上昇トレンド押し目買い
下降トレンド戻り売り
トレンドと有効なエントリー

ニューヨーク時間中の押し目買い

ニューヨーク時間中の戻り売り

FXの押し目とは?押し目買い・戻り売りのオススメ手法を解説 FXの押し目買いと戻り売りで大きな値幅を取り切るトレードができるようになりたい! 押し目と戻り目は何となく分かるけど、さらに押したり戻されたりしそうで不安……。 F…

手法2.経済指標トレード

  • 雇用統計(失業率)
  • フェデラル・ファンド金利(FF金利)
  • ISM製造業景気指数

2022年6月16日3時頃に行われたFOMCのFF金利発表時のチャート

手法3.ニューヨークボックス手法

  1. 15分足に設定
  2. ニューヨーク時間直前の7時間前の高値・安値でボックスを形成
  3. ニューヨーク時間開始後に、2のボックスをブレイクした方向へエントリー
  4. エントリー後、利確は30pips、損切りは20pipsに設定

ニューヨークボックス手法

FXのニューヨーク時間とは?オススメの手法や注意点を解説

海外FXのトレンド相場とは 2001年アメリカ同時多発テロ時のUSD/JPY 2014年イスラム国の拡大時のUSD/JPY 2022年ロシアのウクライナ侵攻時のUSD/JPY

戦略2.取引はニューヨーク市場の開場から翌1時までが勝負

ニューヨーク時間外とニューヨーク時間中のEUR/USDボラティリティ(夏時間)

ニューヨーク時間のおすすめ手法は3つ

  1. トレンドフォロー(順張り)
  2. 経済指標トレード
  3. 海外FXのトレンド相場とは
  4. ニューヨークボックス手法

手法1.トレンドフォロー(順張り)

  • 上昇トレンドなら「押し目買い」
  • 下降トレンドなら「戻り売り」

トレンド有効なエントリー
上昇トレンド押し目買い
下降トレンド戻り売り
トレンドと有効なエントリー

ニューヨーク時間中の押し目買い

ニューヨーク時間中の戻り売り

FXの押し目とは?押し目買い・戻り売りのオススメ手法を解説 FXの押し目買いと戻り売りで大きな値幅を取り切るトレードができるようになりたい! 押し目と戻り目は何となく分かるけど、さらに押したり戻されたりしそうで不安……。 F…

手法2.経済指標トレード

  • 雇用統計(失業率)
  • フェデラル・ファンド金利(FF金利)
  • ISM製造業景気指数

2022年6月16日3時頃に行われたFOMCのFF金利発表時のチャート

手法3.ニューヨークボックス手法

    海外FXのトレンド相場とは
  1. 15分足に設定
  2. ニューヨーク時間直前の7時間前の高値・安値でボックスを形成
  3. ニューヨーク時間開始後に、2のボックスをブレイクした方向へエントリー
  4. エントリー後、利確は30pips、損切りは20pipsに設定

ニューヨークボックス手法

海外FX業者 Land-FXのおすすめのインジケーター

海外FX業者 Land-FXのおすすめのインジケーター

平均0.035秒の高速約定。 業界最高レベルの低スプレッドが魅力 サポート力/日本語対応 人気・注目度 入出金のしやすさ 信頼性 プロモーション VIP対応 総合点 40点/60点 最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット 500倍 可能 あり 可能 30% 取引.

海外FX業者 Land-FXのおすすめのインジケーター

この記事では「LAND-FXの口座開設手順」について、写真付きで詳しく解説しています。 LAND-FX(ランドFX)で口座開設をしようとしている方は、この記事通りに登録していけば迷うことなく正しい登録が可能になりますので是非活用してください。 それでは早速「LAND-FXの口座開設手順」について説明.

LAND FXは、無制限のレバレッジが使える数少ない海外FX業者です。当然、高いレバレッジが使えますので少ない金額からの投資が可能です。 では、少ない金額から投資できることにはどのようなメリットがあるのでしょうか?そこで今回は、少額投資のメリットやデメリットについて紹介をします。 LAND FXが少.

インジケーターの種類

ここまで、Land FXの特徴について解説してきましたが、実際に取引を行うにあたって、どのように分析を行って取引を行えば良いのかわからないという方も多いと思います。

まず、インジケーターには「トレンド系」と「オシレーター系」の2種類に分けられます。

現在の価格が「買われすぎ」もしくは「売られすぎ」といった相場の過熱感を確認する
「買われすぎ」や「売られすぎ」と判断されたら、相場が転換しやすい
トレードスタイルが「逆張り」の方に使われやすい
(例: RSI、MACD、ストキャスティクス、CCIなど)

以上のとおり、トレンド系とオシレーター系はトレードスタイルによって、使うべきインジケーターが異なります。

そのため、トレードやチャート分析を行うにあたって、どのインジケーターを使えば良いかわからない方のために、おすすめのインジケーターについて解説します。

おすすめのインジケーター

まずは、トレンド系でおすすめのインジケーターについて解説します。

  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表

移動平均線

移動平均線は、最も有名なインジケーターで、とても重要度が高いテクニカル指標となります。

  • 上昇トレンド…移動平均線よりもローソク足が上にいる
  • 下降トレンド…移動平均線よりもローソク足が下にいる
  • レンジ…移動平均線が横向きでローソク足が上下に行き来している

また、長期の移動平均線と短期の移動平均線など複数の移動平均線を組み合わせると、相場の転換点を予測するのに活用できます。

  • ゴールデンクロス…長期の移動平均線が短期の移動平均線を、下から上に抜けていく状況のことをいい、「買い」のエントリー根拠とされます
  • デッドクロス…長期の移動平均線が短期の移動平均線を、上から下に抜けていく状況のことをいい、「売り」のエントリー根拠とされます

ボリンジャーバンド


ボリンジャーバンドは、アメリカのジョン・ボリンジャーによって開発されたインジケーターです。

ボリンジャーバンドの中心線は、移動平均線として見られ、その上下に±1σ~±3σのバンドが存在します。

  • ±1σで価格が推移する確率:68.3%
    ±2σで価格が推移する確率:95.5%
    ±3σで価格が推移する確率:99.7%

また、ボリンジャーバンドを使う際には、以下のことも知っておくと便利です。

  • ボリンジャーバンド拡大時
    ボリンジャーバンドが拡大していると、強いトレンドが発生している状況となります。
    強いトレンドが発生しているときは、ボリンジャーバンドに沿いながらローソク足が推移する「バンドウォーク」という現象が発生しやすいとされています。
  • ボリンジャーバンド収縮時
    ボリンジャーバンドが収縮している間は、レンジ相場と判断します。
    レンジ相場の場合は、ボリンジャーバンドにタッチしたあとの反発を狙って逆張りで取引するのが一般的です。

ボリンジャーバンドは、順張りと逆張りの両方を視野に入れて使うことができる、とても便利なインジケーターです

一目均衡表

一目均衡表は、ペンネーム「一目山人」という人が開発したインジケーターです。

  • 転換線と基準線のクロス
    転換線(赤)が基準線(水色)を下から上に抜けていく状況を「買い」、上から下に抜けていく状況を「売り」のエントリー根拠とされます。
  • 雲と遅行スパン
    遅行スパン(緑)とローソク足がクロスすると、強いトレンドが発生する予兆となる

一目均衡表は「基準線」「転換線」「遅行スパン」「雲」など一見複雑そうに見えますが、慣れれば、様々な分析が行える便利なインジケーターです。

RSIは相場の過熱感から「買われすぎ」「売られすぎ」を表すインジケーターです。

  • 70%以上 買われすぎ
    30%以下 売られすぎ
    50%付近 もみ合い

RSIがとくに有効とされているのが「レンジ相場」です。
レンジ相場では単純に「70%以上で売り、30%以下で買い」といった判断で利益を得ることが可能です。

トレンド発生時は、70%以上や30%以下といった状況で判断せず、「上げ止まり」や「下げ止まり」を明確に確認してからエントリーするようにしましょう。

MACD

MACDは、相場の転換点を判断するのに役立つインジケーターです。

  • MACDをシグナルラインが下から上に抜けたら「買い」
  • MACDをシグナルラインが上から下に抜けたら「売り」

また、MACDが0より上に山を作っている場合は上昇局面、MACDが0より下に山を作っている場合は下降局面といった見方もできます。

平均0.035秒の高速約定。 業界最高レベルの低スプレッドが魅力 サポート力/日本語対応 人気・注目度 入出金のしやすさ 信頼性 プロモーション VIP対応 総合点 40点/60点 最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット 500倍 可能 あり 可能 30% 取引.

海外FX業者 Land-FXのおすすめのインジケーター

この記事では「LAND-FXの口座開設手順」について、写真付きで詳しく解説しています。 LAND-FX(ランドFX)で口座開設をしようとしている方は、この記事通りに登録していけば迷うことなく正しい登録が可能になりますので是非活用してください。 それでは早速「LAND-FXの口座開設手順」について説明.

LAND FXは、無制限のレバレッジが使える数少ない海外FX業者です。当然、高いレバレッジが使えますので少ない金額からの投資が可能です。 では、少ない金額から投資できることにはどのようなメリットがあるのでしょうか?そこで今回は、少額投資のメリットやデメリットについて紹介をします。 LAND FXが少.

おすすめの組み合わせ


ここまで、おすすめのインジケーターを紹介してきましたが、各インジケーターには当然弱点もあります。

そのため、その弱点を補うためにも、インジケーターを組み合わせて使うことが望ましいです。 そこで、有効性の高い組み合わせを紹介します。

  • 移動平均線+MACD
  • ボリンジャーバンド+RSI
  • MACD 海外FXのトレンド相場とは + RSI

移動平均線+MACD

この組み合わせは、移動平均線で相場の方向性を確認し、MACDでエントリーのタイミングを分析するというものになります。

そこで反応が早いMACDを組み合わせることで、より早くエントリーすることができます。

海外FXのトレンド相場とは 注目すべきポイントは移動平均線のゴールデンクロスとMACDの上抜けです。このシグナルを確認し、エントリーできれば、利益を大きく伸ばすチャンスとなるでしょう。

ボリンジャーバンド+RSI

つぎにボリンジャーバンドとRSIの組み合わせです。

  • ボリンジャーバンドが±2σや±3σにタッチ
  • RSIが70以上もしくは30以下

この方法は逆張りといわれ、2つの条件を満たすタイミングで反発する可能性が高いと考え、それをトレード根拠として考えます。

MACD + RSI

MACDは、すでに解説したとおり、単体でも「買い」や「売り」のポイントを分析することが可能です。

  • RSIが20付近で、MACDがシグナルラインとクロスで「買い」
    RSIが80付近で、MACDがシグナルラインとクロスで「売り」

この基準で相場を見ることができれば、ダマシに合う確率を減らせます。

まとめ

ここまでLand FXの特徴とおすすめのインジケーターについて解説してきました。

また、MT4やMT5がつけることから、様々なインジケーターを用いてトレードすることができます。そこで、今回解説したおすすめのインジケーターを活用して、トレードしてみてください。

また、今回説明したインジケーター以外にも、多数のインジケーターが使えるので、自分に合ったインジケーターを見つけてみてもいいでしょう。

平均0.035秒の高速約定。 海外FXのトレンド相場とは 業界最高レベルの低スプレッドが魅力 サポート力/日本語対応 人気・注目度 入出金のしやすさ 信頼性 プロモーション VIP対応 総合点 40点/60点 最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット 500倍 可能 あり 可能 30% 取引.

海外FX業者 Land-FXのおすすめのインジケーター

この記事では「LAND-FXの口座開設手順」について、写真付きで詳しく解説しています。 LAND-FX(ランドFX)で口座開設をしようとしている方は、この記事通りに登録していけば迷うことなく正しい登録が可能になりますので是非活用してください。 それでは早速「LAND-FXの口座開設手順」について説明.

LAND FXは、無制限のレバレッジが使える数少ない海外FX業者です。当然、高いレバレッジが使えますので少ない金額からの投資が可能です。 では、少ない金額から投資できることにはどのようなメリットがあるのでしょうか?そこで今回は、少額投資のメリットやデメリットについて紹介をします。 LAND FXが少.

海外FX業者 Land-FXのおすすめのインジケーター

海外FX業者 Land-FXのおすすめのインジケーター

平均0.035秒の高速約定。 業界最高レベルの低スプレッドが魅力 サポート力/日本語対応 人気・注目度 入出金のしやすさ 信頼性 プロモーション VIP対応 総合点 40点/60点 最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット 500倍 可能 あり 可能 30% 取引.

海外FX業者 Land-FXのおすすめのインジケーター

この記事では「LAND-FXの口座開設手順」について、写真付きで詳しく解説しています。 LAND-FX(ランドFX)で口座開設をしようとしている方は、この記事通りに登録していけば迷うことなく正しい登録が可能になりますので是非活用してください。 それでは早速「LAND-FXの口座開設手順」について説明.

LAND FXは、無制限のレバレッジが使える数少ない海外FX業者です。当然、高いレバレッジが使えますので少ない金額からの投資が可能です。 では、少ない金額から投資できることにはどのようなメリットがあるのでしょうか?そこで今回は、少額投資のメリットやデメリットについて紹介をします。 LAND FXが少.

インジケーターの種類

ここまで、Land FXの特徴について解説してきましたが、実際に取引を行うにあたって、どのように分析を行って取引を行えば良いのかわからないという方も多いと思います。

まず、インジケーターには「トレンド系」と「オシレーター系」の2種類に分けられます。

現在の価格が「買われすぎ」もしくは「売られすぎ」といった相場の過熱感を確認する
「買われすぎ」や「売られすぎ」と判断されたら、相場が転換しやすい
トレードスタイルが「逆張り」の方に使われやすい
(例: RSI、MACD、ストキャスティクス、CCIなど)

以上のとおり、トレンド系とオシレーター系はトレードスタイルによって、使うべきインジケーターが異なります。

そのため、トレードやチャート分析を行うにあたって、どのインジケーターを使えば良いかわからない方のために、おすすめのインジケーターについて解説します。

おすすめのインジケーター

まずは、トレンド系でおすすめのインジケーターについて解説します。

  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表

移動平均線

移動平均線は、最も有名なインジケーターで、とても重要度が高いテクニカル指標となります。

  • 上昇トレンド…移動平均線よりもローソク足が上にいる
  • 下降トレンド…移動平均線よりもローソク足が下にいる
  • レンジ…移動平均線が横向きでローソク足が上下に行き来している

また、長期の移動平均線と短期の移動平均線など複数の移動平均線を組み合わせると、相場の転換点を予測するのに活用できます。

  • ゴールデンクロス…長期の移動平均線が短期の移動平均線を、下から上に抜けていく状況のことをいい、「買い」のエントリー根拠とされます
  • デッドクロス…長期の移動平均線が短期の移動平均線を、上から下に抜けていく状況のことをいい、「売り」のエントリー根拠とされます

ボリンジャーバンド


ボリンジャーバンドは、アメリカのジョン・ボリンジャーによって開発されたインジケーターです。

ボリンジャーバンドの中心線は、移動平均線として見られ、その上下に±1σ~±3σのバンドが存在します。

  • ±1σで価格が推移する確率:68.3%
    ±2σで価格が推移する確率:95.5%
    ±3σで価格が推移する確率:99.7%

また、ボリンジャーバンドを使う際には、以下のことも知っておくと便利です。

  • ボリンジャーバンド拡大時
    ボリンジャーバンドが拡大していると、強いトレンドが発生している状況となります。
    強いトレンドが発生しているときは、ボリンジャーバンドに沿いながらローソク足が推移する「バンドウォーク」という現象が発生しやすいとされています。
  • ボリンジャーバンド収縮時
    ボリンジャーバンドが収縮している間は、レンジ相場と判断します。
    レンジ相場の場合は、ボリンジャーバンドにタッチしたあとの反発を狙って逆張りで取引するのが一般的です。

ボリンジャーバンドは、順張りと逆張りの両方を視野に入れて使うことができる、とても便利なインジケーターです

一目均衡表

一目均衡表は、ペンネーム「一目山人」という人が開発したインジケーターです。

  • 転換線と基準線のクロス
    転換線(赤)が基準線(水色)を下から上に抜けていく状況を「買い」、上から下に抜けていく状況を「売り」のエントリー根拠とされます。
  • 雲と遅行スパン
    遅行スパン(緑)とローソク足がクロスすると、強いトレンドが発生する予兆となる

一目均衡表は「基準線」「転換線」「遅行スパン」「雲」など一見複雑そうに見えますが、慣れれば、様々な分析が行える便利なインジケーターです。

RSIは相場の過熱感から「買われすぎ」「売られすぎ」を表すインジケーターです。 海外FXのトレンド相場とは

  • 70%以上 買われすぎ
    30%以下 売られすぎ
    50%付近 もみ合い

RSIがとくに有効とされているのが「レンジ相場」です。
レンジ相場では単純に「70%以上で売り、30%以下で買い」といった判断で利益を得ることが可能です。

トレンド発生時は、70%以上や30%以下といった状況で判断せず、「上げ止まり」や「下げ止まり」を明確に確認してからエントリーするようにしましょう。

MACD

MACDは、相場の転換点を判断するのに役立つインジケーターです。

  • MACDをシグナルラインが下から上に抜けたら「買い」
  • MACDをシグナルラインが上から下に抜けたら「売り」

また、MACDが0より上に山を作っている場合は上昇局面、MACDが0より下に山を作っている場合は下降局面といった見方もできます。

平均0.035秒の高速約定。 業界最高レベルの低スプレッドが魅力 サポート力/日本語対応 人気・注目度 入出金のしやすさ 信頼性 プロモーション VIP対応 総合点 40点/60点 最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA 海外FXのトレンド相場とは ロスカット 500倍 可能 あり 可能 30% 取引.

海外FX業者 Land-FXのおすすめのインジケーター

この記事では「LAND-FXの口座開設手順」について、写真付きで詳しく解説しています。 LAND-FX(ランドFX)で口座開設をしようとしている方は、この記事通りに登録していけば迷うことなく正しい登録が可能になりますので是非活用してください。 それでは早速「LAND-FXの口座開設手順」について説明.

LAND FXは、無制限のレバレッジが使える数少ない海外FX業者です。当然、高いレバレッジが使えますので少ない金額からの投資が可能です。 では、少ない金額から投資できることにはどのようなメリットがあるのでしょうか?そこで今回は、少額投資のメリットやデメリットについて紹介をします。 LAND FXが少.

おすすめの組み合わせ


ここまで、おすすめのインジケーターを紹介してきましたが、各インジケーターには当然弱点もあります。

そのため、その弱点を補うためにも、インジケーターを組み合わせて使うことが望ましいです。 そこで、有効性の高い組み合わせを紹介します。

  • 移動平均線+MACD
  • ボリンジャーバンド+RSI
  • MACD + RSI

移動平均線+MACD

この組み合わせは、移動平均線で相場の方向性を確認し、MACDでエントリーのタイミングを分析するというものになります。

そこで反応が早いMACDを組み合わせることで、より早くエントリーすることができます。

注目すべきポイントは移動平均線のゴールデンクロスとMACDの上抜けです。このシグナルを確認し、エントリーできれば、利益を大きく伸ばすチャンスとなるでしょう。

ボリンジャーバンド+RSI

つぎにボリンジャーバンドとRSIの組み合わせです。

  • ボリンジャーバンドが±2σや±3σにタッチ
  • RSIが70以上もしくは30以下

この方法は逆張りといわれ、2つの条件を満たすタイミングで反発する可能性が高いと考え、それをトレード根拠として考えます。

MACD + RSI

MACDは、すでに解説したとおり、単体でも「買い」や「売り」のポイントを分析することが可能です。

  • RSIが20付近で、MACDがシグナルラインとクロスで「買い」
    RSIが80付近で、MACDがシグナルラインとクロスで「売り」

この基準で相場を見ることができれば、ダマシに合う確率を減らせます。

まとめ

ここまでLand FXの特徴とおすすめのインジケーターについて解説してきました。

また、MT4やMT5がつけることから、様々なインジケーターを用いてトレードすることができます。そこで、今回解説したおすすめのインジケーターを活用して、トレードしてみてください。

また、今回説明したインジケーター以外にも、多数のインジケーターが使えるので、自分に合ったインジケーターを見つけてみてもいいでしょう。

平均0.035秒の高速約定。 業界最高レベルの低スプレッドが魅力 サポート力/日本語対応 人気・注目度 入出金のしやすさ 信頼性 プロモーション VIP対応 総合点 40点/60点 最大レバレッジ スキャルピング ゼロカットシステム 自動売買EA ロスカット 500倍 可能 あり 可能 30% 取引.

海外FX業者 Land-FXのおすすめのインジケーター

この記事では「LAND-FXの口座開設手順」について、写真付きで詳しく解説しています。 LAND-FX(ランドFX)で口座開設をしようとしている方は、この記事通りに登録していけば迷うことなく正しい登録が可能になりますので是非活用してください。 それでは早速「LAND-FXの口座開設手順」について説明.

LAND FXは、無制限のレバレッジが使える数少ない海外FX業者です。当然、高いレバレッジが使えますので少ない金額からの投資が可能です。 では、少ない金額から投資できることにはどのようなメリットがあるのでしょうか?そこで今回は、少額投資のメリットやデメリットについて紹介をします。 LAND FXが少.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる