FX動画

一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算

一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算
財務指標 | CFPS | 一株当たりキャッシュフローの意味・計算式

株式会社ストレージ王 四半期報告書 第13期第1四半期(令和4年2月1日-令和4年4月30日)

(注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度にかかる主要な経営指針等の推移につ
いては記載しておりません。 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算
2.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を当第1四半期会計期間の期首
から適用しており、当第1四半期累計期間に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後
の指標等となっております。
3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載しておりません。
4.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、第12期は、潜在株式は存在するものの、当社
株式は非上場であるため期中平均株価を把握できないため記載しておりません。第13期第1四半期は、潜在
株式は存在するものの、1株当たり四半期純損失であるため記載しておりません。
5.当社は、2021年12月24日開催の臨時取締役会の決議により、2022年1月12日付で普通株式1株につき500株の
割合で株式分割を行っております。第12期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり当期純利
益又は1株当たり四半期純損失を算定しております。
6.1株当たり配当額は配当を実施していないため記載しておりません。
7.当社は、第12期第1四半期累計期間については、四半期財務諸表を作成していないため、第12期第1四半期累
計期間に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。
2 【事業の内容】


EDINET提出書類
株式会社ストレージ王(E37595)
四半期報告書
第2 【事業の状況】
1 【事業等のリスク】

当第1四半期累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営
者が会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主
要なリスクの発生はありません。また、前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」についての重要
な変更はありません。
新型コロナウイルス感染拡大の影響については、今後も推移を注視してまいります。
2 【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において判断したものであります。
なお、当社は、前第1四半期累計期間については四半期財務諸表を作成していないため、前年同四半期累計期間との
比較分析は行っておりません。
(1) 財政状態及び経営成績の状況

① 経営成績の状況
当第1四半期累計期間における我が国経済は、新型コロナウイルス感染症に対する第3回目ワクチン接種も始
まり感染拡大は比較定抑制されている感がありますが、今後の状況を注視する必要があります。さらにはロシア
とウクライナ情勢の影響で地政学リスクの顕在化を背景とする原材料やエネルギー価格の高騰にさらされ、先行 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算
き不透明な状況であります。その流れで2022年4月から食料品なども値上がりしており、個人消費の先行きに注
目しております。日銀は緩和長期化の布石を打っておりますが、米国の金利上昇を受けて、緩やかな金利上昇懸
念はあるものの、日本国内は金融政策の枠組みを当面維持する可能性が高いものと思われます。
このような環境下において、当社は、都心部におけるトランクルーム需要は引き続き堅調であること、不動産
投資家も、ホテル物件などの購入検討が難しくなる状況下で、ボラティリティの少ないトランクルーム案件への
投資が積極的であることから物件の開発を進めて参りました。こうしたなか、 当社は2022年2月に埼玉県八潮市
に「八潮大曾根」、2022年3月に山口県宇部市に「宇部昭和町」、茨城県猿島郡に「境町」、熊本県八代市に
「八代西片」、2022年4月に茨城県石岡市に「石岡北府中」、千葉県佐倉市に「ユーカリが丘」の各トランク
ルームを開業致しました。このうち、「石岡北府中」、「宇部昭和町」については、株式会社デベロップの運営
するレスキューホテル「R9ザ・ヤード」に隣接する出店となります。また、「ユーカリが丘トランクルーム」
は商業施設スカイプラザモールへの初の商業施設内出店となります。なお、開発分譲事業については、首都圏4
件の開発を行っております。 また、運営管理事業については既存店舗の稼働室数増加と新規出店6店舗効果によ
り増収となりました。
以上の結果、当第1四半期累計期間の売上高は 151,541千円 、営業 損失は、62,242千円 、経常 損失は66,728千円
となり、四半期 純損失は68,593千円 となりました。なお、当社はトランクルーム事業のみの単一セグメントであ
るため、セグメント別の業績の記載をしておりません。
② 財政状態の状況

(資産)
流動資産は、 前事業年度末に比べて 74.7%増加 し、 1,888,608千円 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 となりました。これは、新規出店6店舗に伴
う 現金及び預金 が 714,309千円 と前事業年度末に比べて 83.4%増加 、開発分譲事業の 販売用不動産 が 1,一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 133,670千
円 と前事業年度末に比べて 73.3%増加 したことによるものです。固定資産は、開発分譲事業の 建設仮勘定 が 7,345
千円増加 したこともあり 458,887千円 と前事業年度末に比べて 6.3%増加 しております。この結果、 資産合計 は前
事業年度末に比べて 55.2%増加 し、 2,347,495千円 となりました。
(負債)
流動負債は、前事業年度末に比べて 186.4%増加 し、 1,198,493千円 となりました。これは、新規出店6店舗に
伴う 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 短期借入金 が前事業年度末から 856,000千円増加 したことなどによるものです。固定負債は、前事業年度末に
比べて 2.3%減少 し 434,397千円 となりました。これは、 長期借入金 が前事業年度末から 12,545千円減少 したこと
などによるものです。この結果、 負債合計 は前事業年度末に比べて 89.2%増加 し、 1,632,890千円 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 となりました。
3/16

EDINET提出書類
株式会社ストレージ王(E37595)
四半期報告書
(純資産)
純資産合計 は、前事業年度末に比べて 10.0%増加 し、 714,604千円 となりました。これは上場時の公募により 資
本金 が 236,792千円 、 資本準備金 が 184,232千円 とそれぞれ前事業年度末に比べて 66,792千円増加 したことなどに
よるものです。
(2) 会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

前事業年度の有価証券報告書に記載した「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分
析」中の会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定の記載について重要な変更はありません。
(3) 経営方針・経営戦略等

当第1四半期累計期間において、当社が定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はありません。
(4) 優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

当第1四半期累計期間において、当社が優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について重要な変更はあり
ません。
(5) 研究開発活動

該当事項はありません。
(6) 経営成績に重要な影響を与える要因

当第1四半期累計期間において、当社が経営成績に重要な影響を与える要因に重要な変更はありません。
3 【経営上の重要な契約等】


EDINET提出書類
株式会社ストレージ王(E37595)
四半期報告書
第3 【提出会社の状況】
1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】
① 【株式の総数】
種類 発行可能株式総数(株)

第1四半期会計期間 提出日現在 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 上場金融商品取引所

種類 末現在発行数(株) 発行数(株) 名又は登録認可金融 内容
( 2022年4月30日 ) (2022年6月14日) 商品取引業協会名
東京証券取引所
普通株式 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 1,766,000 1,845,500 単元株式数は100株
グロース市場
計 1,766,000 1,845,500 ― ―
(注)1.2022年4月27日をもって、当社株式は東京証券取引所グロース市場に上場しております。
2.2022年5月31日を払込期日とする第三者割当増資(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者
割当増資)により、発行済株式総数が79,500株増加しております。
(2) 【新株予約権等の状況】

① 【ストックオプション制度の内容】
該当事項はありません。
② 【その他の新株予約権等の状況】

該当事項はありません。
(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。
(4) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

発行済株式 発行済株式 資本準備金 資本準備金

資本金増減額 資本金残高
年月日 総数増減数 総数残高 増減額 残高
(千円) (千円)
(株) (株) (千円) (千円)
2022年4月26日
220,000 1,766,000 66,792 236,792 66,792 184,232
(注)
(注) 有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)の払込により増加しております。
発行価格 660円
引受価格 607.2円
資本組入額 303.6円
(5) 【大株主の状況】


EDINET提出書類
株式会社ストレージ王(E37595)
四半期報告書
(6) 【議決権の状況】
① 【発行済株式】
2022年4月30日 現在
区分 株式数(株) 議決権の数(個) 内容
無議決権株式 ― ― ―

完全議決権株式(その他) 17,660 単元株式数は100株であります。
単元未満株式 ― ― ―

該当事項はありません。
2 【役員の状況】


EDINET提出書類
株式会社ストレージ王(E37595)
四半期報告書
第4 【経理の状況】
1 四半期財務諸表の作成方法について

当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第63号)
に基づいて作成しております。なお、当四半期報告書は、第1四半期に係る最初に提出する四半期報告書であるた
め、前年同四半期との対比は行っておりません。
2 監査証明について

当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期会計期間(2022年2月1日から2022年4月
30日まで)及び第1四半期累計期間(2022年2月1日から2022年4月30日まで)に係る四半期財務諸表について、有限責
任大有監査法人による四半期レビューを受けております。
3 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 四半期連結財務諸表について

EDINET提出書類
株式会社ストレージ王(E37595)
四半期報告書
1 【四半期財務諸表】
(1) 【四半期貸借対照表】
(単位:千円)
前事業年度 当第1四半期会計期間
(2022年1月31日) (2022年4月30日)
資産の部
流動資産
現金及び預金 389,453 714,309
売掛金 2,214 1,767
商品 1,699 1,204
販売用不動産 654,054 1,133,670
その他 33,454 37,657
△ 2 △ 0
貸倒引当金
流動資産合計 1,080,873 1,888,608
固定資産
有形固定資産
建物 33,415 45,075
△ 14,一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 532 △ 15,068
減価償却累計額
建物(純額) 18,883 30,006
機械及び装置
371,870 371,870
△ 238,464 △ 242,463
減価償却累計額
機械及び装置(純額) 133,406 129,一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 407
工具、器具及び備品
288,502 302,774
△ 271,212 △ 272,756
減価償却累計額 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算
工具、器具及び備品(純額) 17,289 30,017
土地
28,818 28,818
建設仮勘定 - 7,一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 345
その他 6,410 6,410
△ 3,544 △ 3,674
減価償却累計額
その他(純額) 2,866 2,735
有形固定資産合計 201,263 228,331
無形固定資産
ソフトウエア 11,409 12,210
2,803 2,713
その他
無形固定資産合計 14,213 14,924
投資その他の資産
長期前払費用 9,623 9,146
敷金及び保証金 198,511 198,485
8,000 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 8,000
その他
投資その他の資産合計 216,134 215,632
固定資産合計 431,612 458,887 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算
資産合計 1,512,486 2,347,495
8/16


EDINET提出書類
株式会社ストレージ王(E37595)
四半期報告書
(単位:千円)
前事業年度 当第1四半期会計期間
(2022年1月31日) (2022年4月30日)
負債の部
流動負債
短期借入金 216,000 1,072,000
1年内返済予定の長期借入金 56,860 56,860
未払法人税等 84,893 1,667
賞与引当金 1,387 3,644
59,304 64,321
その他
流動負債合計 418,445 1,198,493
固定負債
長期借入金 349,327 336,782
繰延税金負債 28,122 29,840
退職給付引当金 6,300 6,600
資産除去債務 59,380 60,310
1,296 864
その他
固定負債合計 444,426 434,397
負債合計 862,872 1,632,890
純資産の部
株主資本
資本金 170,000 236,792
資本剰余金
117,440 184,232
資本準備金
資本剰余金合計 117,一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 440 184,232
利益剰余金
その他利益剰余金
362,174 293,580
繰越利益剰余金
利益剰余金合計 362,174 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 293,580
株主資本合計 649,614 714,604
純資産合計 649,614 714,604
負債純資産合計 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 1,512,486 2,347,495
9/16


EDINET提出書類
株式会社ストレージ王(E37595)
四半期報告書
(2) 【四半期損益計算書】
【第1四半期累計期間】
(単位:千円)
当第1四半期累計期間
(自 2022年2月1日
至 2022年4月30日)
売上高 151,541 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算
132,581
売上原価
売上総利益 18,960
販売費及び一般管理費 81,203
営業損失(△) △ 62,242
営業外収益
受取利息 3
太陽光売電収入 7,854
470
その他
営業外収益合計 8,328
営業外費用
支払利息 1,100
太陽光売電原価 5,227
上場関連費用 6,282
203
その他
営業外費用合計 12,813
経常損失(△) △ 66,728
税引前四半期純損失(△) △ 66,728
法人税、住民税及び事業税
147
1,717
法人税等調整額 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算
法人税等合計 1,864
四半期純損失(△) △ 68,593
10/16

EDINET提出書類
株式会社ストレージ王(E37595)
四半期報告書
【注記事項】
(一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 会計方針の変更)
(収益認識に関する会計基準等の適用)
「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)
等を当第1四半期会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又
はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしております。
収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従ってお
り、当第1四半期会計期間の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当第1四半期会
計期間の期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。この結果、当該会計
方針の変更が当第1四半期会計期間の損益及び利益剰余金の期首残高に与える影響はありません。
(時価の算定に関する会計基準等の適用)

「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
う。)等を当第1四半期会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」
(企業会計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定め
る新たな会計方針を、将来にわたって適用することとしております。なお、四半期財務諸表に与える影響はありま
せん。
(追加情報)

(新型コロナウイルス感染症の影響による会計上の見積り)
前事業年度の有価証券報告書の(追加情報)に記載した新型コロナウイルス感染症の影響に関する会計上の見積
りついて重要な変更はありません。
(四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

当第1四半期累計期間に係る四半期キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半期累計期
間に係る減価償却費(一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
当第1四半期累計期間

(自 2022年2月1日
至 2022年4月30日 )
減価償却費 7,225 千円
(株主資本等関係)

当第1四半期累計期間(自 2022年2月1日 至 2022年4月30日 )
1 配当金支払額
該当事項はありません。
2 基準日が当第1四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期会計期間の末日後とな

るもの
該当事項はありません。
3 株主資本の金額の著しい変動

当社は、2022年4月27日をもって東京証券取引所グロース市場に上場いたしました。上場に当たり2022年4月26
日を払込期日とする公募(ブックビルディング方式による募集)による新株式の発行220,000株により資本金及び
資本準備金がそれぞれ66,792千円増加しております。
この結果、当第1四半期会計期間末において、資本金が236,792千円、資本準備金が184,232千円となっており
ます。
11/16

EDINET提出書類
株式会社ストレージ王(E37595)
四半期報告書
(一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 セグメント情報等)
【セグメント情報】
当社の事業セグメントは、トランクルーム事業のみの単一セグメントであるため、記載を省略しております。
(収益認識関係)

当第1四半期累計期間(自 2022年2月1日 至 2022年4月30日)
(顧客との契約から生じる収益を分解した情報)

(単位:千円)
トランクルーム事業セグメント
運営管理事業関連 開発分譲事業関連 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 計

顧客との契約から生じる収益 151,541 ― 151,541

外部顧客への売上高 151,541 ― 151,541
(1株当たり情報)一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算

(自 2022年2月1日
至 2022年4月30日 )
1株当たり四半期純損失(△) △44円09銭
(算定上の基礎)

1,555,887
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前事業 -
年度末から重要な変動があったものの概要
(注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、当第1四半期は、潜在株式は存在するものの、1株当たり
四半期純損失であるため記載しておりません。
12/16

EDINET提出書類
株式会社ストレージ王(E37595)
四半期報告書
(重要な後発事象)
(第三者割当増資による新株式の発行)
当社は、2022年4月27日付で東京証券取引所グロース市場に株式を上場いたしました。この上場にあたり、 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算
2022年3月24日及び2022年4月8日開催の当社取締役会において、大和証券株式会社が行うオーバーアロットメ
ントによる当社株式の売出しに関連し、同社を割当先とする第三者割当による新株式発行を決議し、2022年5月
31日に払込が完了いたしました。新株式発行の概要は以下のとおりであります。
第三者割当による新株式発行(オーバーアロットメントによる当社株式の売出しに関連する第三者割当)

(1)発行した株式の種類及び数 普通株式 79,500株
(2)割当価格 1株につき607.2円
(3)割当価格の総額 48,272,400円
(4)増加した資本金の額 24,136,200円(1株につき303.6円)
(5)増加した資本準備金の額 24,136,200円(1株につき303.6円)
(6)割当先 大和証券株式会社
(7)払込期日 2022年5月31日
①優秀な人材確保のための人件費・採用費
(8)資金使途
②事業拡大のための用地取得及び工事代金費用
2 【その他】

EDINET提出書類
株式会社ストレージ王(E37595)
四半期報告書
第二部 【提出会社の保証会社等の情報】
該当事項はありません。 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算
14/16


EDINET提出書類
株式会社ストレージ王(E37595)
四半期報告書
独立監査人の四半期レビュー報告書
2022年6月14日

株式会社 ス ト レ ー ジ 王
取 締 役 会 御 中
有限責任大有監査法人

公認会計士 新 井 努
業務執行社員
指定有限責任社員

本 間 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 純 子
公認会計士
業務執行社員
監査人の結論

当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社スト
レージ王の2022年2月1日から2023年1月31日までの第13期事業年度の第1四半期会計期間(2022年2月1日から2022
年4月30日まで)及び第1四半期累計期間(2022年2月1日から2022年4月30日まで)に係る四半期財務諸表、すなわ
ち、四半期貸借対照表、四半期損益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら
れる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ストレージ王の2022年4月30日現在の財政状態及び同日をもって
終了する第1四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められ
なかった。
監査人の結論の根拠

当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任」
に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監
査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断し
ている。
四半期財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表
を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適
正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
四半期財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期財務諸表を作成することが適切である
かどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関す
る事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
15/16


EDINET提出書類
株式会社ストレージ王(E37595)
四半期報告書
四半期財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任
監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
期財務諸表に対する結論を表明することにある。
監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と
認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどう
か結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において
四半期財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期財務諸表の注記事項が適切で
ない場合は、四半期財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論
は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業とし
て存続できなくなる可能性がある。
・ 四半期財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に
準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期財務諸表の表
示、構成及び内容、並びに四半期財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項が
認められないかどうかを評価する。
監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重
要な発見事項について報告を行う。
監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこ
と、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセー
フガードを講じている場合はその内容について報告を行う。
利害関係

半導体製造装置セクターの動向と今後の展望(東京エレクトロンの市場シェアが上昇。検査装置と設計システムの重要性が増す)

株価(アムステルダム) 520.70ユーロ(2022年6月9日)
株価(NASDAQ) 542.41米ドル(2022年6月9日)
時価総額 208,一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 853百万ユーロ(2022年6月9日)
発行済株数 401.5百万株(完全希薄化後)
発行済株数 401.1百万株(完全希薄化前)
単位:百万ユーロ、ユーロ、%、倍
出所:会社資料より楽天証券作成。
注1:当期純利益は親会社株主に帰属する当期純利益。
注2:EPSは完全希薄化後(Diluted)発行済株数で計算。ただし、時価総額は完全希薄化前(Basic)で計算。
注3:ASMLホールディングはアムステルダム、NASDAQに上場しているが、ここではアムステルダム市場の株価でPERと時価総額を計算した。

表10 シノプシスの業績

株価(NASDAQ) 317.08ドル(2022年6月9日)
時価総額 48,542百万ドル(2022年6月9日)
発行済株数 156.167百万株(完全希薄化後)
発行済株数 153.090百万株(完全希薄化前) 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算
単位:百万ドル、ドル、%、倍
出所:会社資料より楽天証券作成。
注1:当期純利益は親会社株主に帰属する当期純利益。
注2:EPSは完全希薄化後(Diluted)発行済株数で計算。ただし、時価総額は完全希薄化前(Basic)で計算。
注3:会社予想は予想レンジの中心値。

表11 アプライド・マテリアルズの業績

株価(NASDAQ) 107.24ドル(2022年6月9日)
時価総額 94,157百万ドル(2022年6月9日)
発行済株数 883百万株(一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 完全希薄化後)
発行済株数 878百万株(完全希薄化前)
単位:百万ドル、ドル、%、倍
出所:会社資料より楽天証券作成。
注1:当期純利益は親会社株主に帰属する当期純利益。
注2:EPSは完全希薄化後(Diluted)発行済株数で計算。ただし、時価総額は完全希薄化前(Basic)で計算。
注3:会社予想は予想レンジの中心値。

表12 アプライド・マテリアルズ:セグメント別業績(四半期)

アプライド・マテリアルズ

表13 KLAコーポレーションの業績

株価 349.58ドル(2022年6月9日)
時価総額 52,488百万ドル(2022年6月9日)
発行済株数 151.186百万株(完全希薄化後)
発行済株数 150.145百万株(完全希薄化前)
単位:百万ドル、%、倍
出所:会社資料より楽天証券作成。
注1:当期純利益は親会社株主に帰属する当期純利益。
注2:EPSは完全希薄化後(Diluted)発行済株数で計算。ただし、時価総額は完全希薄化前(Basic)で計算。 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算
注3:会社予想は予想レンジの中心値。

CFPS | 一株当たりキャッシュフロー

財務指標 | CFPS | 一株当たりキャッシュフローの意味・計算式

財務指標 | CFPS | 一株当たりキャッシュフローの意味・計算式

CFPSの要点

  • CFPSとは、一株当たりいくらの営業CFを生み出しているか?といった観点で株価の割安性を測定する指標
  • CFPS(円) = 営業CF ÷ 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 発行済株式数
  • 全業種の中央値(目安)は166円

CFPSの目次

ザイマニ公式LINEはじめました。登録者限定で 財務指標百科のPDF版(全250P) をプレゼント中!

CFPS | 一株当たりキャッシュフローの意味と計算式

財務指標 | CFPS | 一株当たりキャッシュフローの意味・計算式財務指標 | CFPS | 一株当たりキャッシュフローの意味・計算式
指標名
英語名
CFPS (円)
Cash-Flow-Per-Share
指標分類割安性
意味一株当たりいくらの営業CFを生み出しているか?といった観点で株価の割安性を測定する指標。当期純利益とは異なり、営業CFは減価償却費を足し戻しているため、減価償却方法が異なる企業間での財務分析に適している。
計算式CFPS(円) = 営業CF ÷ 発行済株式数
主な
改善方法
・費用を圧縮して営業利益(及び営業CF)を増やす
・自己株式を取得、消却して発行済株式数を減らす
計算に
必要な
財務諸表
株式情報
BS:必要なし
PL:必要なし
CF:営業CF
株式:発行済株式数

CFPSの計算項目解説

項目名決算書
掲載場所
概要代表的な勘定科目・計算式
営業CF (円)CF本業による現金収支
(一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 プラスであるほど好ましい)
・税金等調整前当期純利益
・減価償却費
・棚卸資産の増減
発行済
株式数 (株)
主要な経営
指標等の推移
会社が定款で定めている
株式数の範囲内で、
実際に発行済の株式数
・発行済株式総数

CFPS | 一株当たりキャッシュフローの全業種平均・目安

CFPS(2021)の全業種平均・中央値

CFPS(2021)の全業種平均・中央値

CFPSの平均値

20172018201920202021企業数
全業種2292922763775183,058
水産・農林業21223218032934911
卸売業571212222280302267
食料品213224247261292122
建設業184299304303410132
非鉄金属15925432638826027
鉱業5775206265014946
機械181257232255278209
サービス業174230149157165399
金属製品2422643273546,07087
情報・通信業135560301155130449
医薬品20622223421218344
不動産業211198253275315104
陸運業26447649850335755
小売業201223217252314240
化学2202695952,1191,621204
繊維製品11017518622327341
電気機器198227233259288213
ガラス・土石製品16127839437442654
輸送用機器35143943339137877
石油・石炭製品18745229726640511
パルプ・紙22623424829928824
その他製品158195187219260103
精密機器15820920814422042
ゴム製品24726026934531919
鉄鋼17327025540035941
倉庫・運輸関連12824229831431540
海運業15345451559151412
空運業5017124315182442
電気・ガス業34152443252351623

CFPSの中央値

CFPSの目安(全業種中央値 2021)

CFPSの目安(全業種中央値 2021)

半導体製造装置セクターの動向と今後の展望(東京エレクトロンの市場シェアが上昇。検査装置と設計システムの重要性が増す)

株価(アムステルダム) 520.70ユーロ(2022年6月9日)
株価(NASDAQ) 542.41米ドル(2022年6月9日)
時価総額 208,853百万ユーロ(2022年6月9日)
発行済株数 401.5百万株(完全希薄化後)
発行済株数 401.1百万株(完全希薄化前)
単位:百万ユーロ、ユーロ、%、倍
出所:会社資料より楽天証券作成。
注1:当期純利益は親会社株主に帰属する当期純利益。
注2:EPSは完全希薄化後(Diluted)発行済株数で計算。ただし、時価総額は完全希薄化前(Basic)で計算。
注3:ASMLホールディングはアムステルダム、NASDAQに上場しているが、ここではアムステルダム市場の株価でPERと時価総額を計算した。

表10 シノプシスの業績

株価(NASDAQ) 317.08ドル(2022年6月9日)
時価総額 48,542百万ドル(2022年6月9日)
発行済株数 156.167百万株(完全希薄化後)
発行済株数 153.090百万株(完全希薄化前)
単位:百万ドル、ドル、%、倍
出所:会社資料より楽天証券作成。 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算
注1:当期純利益は親会社株主に帰属する当期純利益。
注2:EPSは完全希薄化後(Diluted)発行済株数で計算。ただし、時価総額は完全希薄化前(Basic)で計算。
注3:会社予想は予想レンジの中心値。

表11 アプライド・マテリアルズの業績

株価(NASDAQ) 107.24ドル(2022年6月9日)
時価総額 94,157百万ドル(2022年6月9日)
発行済株数 883百万株(完全希薄化後)
発行済株数 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 878百万株(完全希薄化前)
単位:百万ドル、ドル、%、倍
出所:会社資料より楽天証券作成。
注1:当期純利益は親会社株主に帰属する当期純利益。
注2:EPSは完全希薄化後(Diluted)発行済株数で計算。ただし、時価総額は完全希薄化前(Basic)で計算。
注3:会社予想は予想レンジの中心値。

表12 アプライド・マテリアルズ:セグメント別業績(四半期)

アプライド・マテリアルズ

表13 KLAコーポレーションの業績

株価 349.58ドル(2022年6月9日)
時価総額 52,488百万ドル(2022年6月9日)
発行済株数 151.186百万株(完全希薄化後)
発行済株数 150.145百万株(完全希薄化前)
単位:百万ドル、%、倍
出所:会社資料より楽天証券作成。
注1:当期純利益は親会社株主に帰属する当期純利益。
注2:EPSは完全希薄化後(Diluted)発行済株数で計算。ただし、時価総額は完全希薄化前(Basic)で計算。
注3:会社予想は予想レンジの中心値。

【画像付き】株の仕組みを世界一わかりやすく解説!超初心者も理解できる

株,仕組み

デメリットとしては、デモ口座がないことです。デモ口座とは本物の口座と同じ状態で取引を試せる、練習用の機能のことで、デモ口座で使うお金も仮想的なもののため、損失が出ても何も支払う必要はありません。もちろん、デモ口座で利益が出ても自分のものにはなりません。また、SBI証券では、米国株と国内株でアプリが別々になっているので、一括で取引をすることができなかったり、IPO(新規公開株)の実績が高い分当選確率が低いなどのデメリットがあります。

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

岡三証券が運営するネット証券で、きめ細やかなサポート体制が充実しているのが特徴です。口座開設の手続きがわからないという人はもちろん、ツールの使い方、取引の始め方などあらゆる疑問をサポートが解決してくれます。株式投資を始めてみたいけれど、こういったサイトやツールに不慣れという人も安心して使えます。

  • サポート体制が充実
  • 取扱商品の種類が多い
  • 一日当たりの取引額が100万円まで0円
  • 取引金額が大きいと手数料が高い
  • つみたてNISAの取り扱いがない
  • 投資信託の数が少ない

岡三オンライン証券のメリット・デメリット

株式の現物取引はもちろん、投資信託やFXなどさまざまな金融商品を取り扱っています。現物取引に慣れたら少しずつ他の商品にも触れてみたいという人におすすめです。株式取引でも、どの銘柄に投資すればよいでかわからないという人向けに、市況情報や経済指標カレンダーなどの情報も数多く扱っています。また、取引手数料プランの「定額プラン」を選ぶと、一日の約定代金の合計が100万円まで無料となっているのもメリットの一つといえるでしょう。

デメリットとしては、取引金額が大きくなると手数料が高くなることです。少額取引の場合はほかのネット証券と変わりませんが、100万円以上になると取引手数料も上がっていくため注意しましょう。また、株式投資を始めるときに多くの人が耳にするつみたてNISAの取り扱いがないこともデメリットと言えるでしょう。つみたてNISAを利用したい方は注意してください。投資信託の数もSBI証券や楽天証券などの大手ネット証券会社が2000個あるのに対し、岡三オンライン証券では552個しか取り扱っていないので、投資先が少ないことも懸念点の一つです。

楽天証券

楽天グループが運営する証券会社で、使いやすさや銘柄の豊富さが魅力となっています。手数料の低さはもちろん、商品のラインナップはネット証券トップクラスです。国内株の取引に慣れ、アメリカ株などの海外株にも投資をしてみたいという人にはぴったりと言えるでしょう。

  • ポイント投資が可能
  • 楽天関連サービスと連携可能
  • ツール・アプリが使いやすい
  • 単元未満株の取り扱いがない
  • IPOの銘柄数が少ない
  • 外国株の手数料が高い

楽天証券のメリット・デメリット

楽天証券のメリットは、楽天市場など楽天グループ利用で貯まった楽天ポイントを使った「ポイント投資」があることです。楽天銀行との連携、楽天カードを使った積み立てなど、楽天関連のサービスと紐づけて利用するとお得に投資を行うことができます。

楽天証券ポイント投資

楽天証券「iSPEED」の良い評判・口コミ

米国株: 想像以上に便利 個人的にはマネックスのより好きです。トレーディング性は劣りそうですが、情報と使い勝手は楽天だと思います。

とにかく使いやすい 米国株もアプリで分かりやすく取引できるのも強み。 取引の参考になる指数、検索機能も申し分ない。 とにかく初心者にも使いやすいので、このアプリを使えるだけでも、楽天証券にする価値ありです。

すごくいいです これはすごい。他社の口座もいくつか持っていますが、このアプリがダントツに使いやすいです。それでいてメチャクチャ多機能。 とにかく情報が多いのに使い勝手がいい。UIデザイナーさんが優秀ですねこれは。 板、四季報、チャートなど基本的な機能はもちろん、スクリーニングもアプリ内でできるし、ニュースの情報量も良い。おまけに楽天証券のYouTubeチャンネルにもリンクされている充実ぶり。 お気に入り銘柄も整理しやすく、メイン画面のカスタマイズもとても細かくできます。それでいて全体的に見やすくてとても良いです。

出典:Google Play プレビュー

楽天証券「iSPEED」の悪い評判・口コミ

預り金表示について 初心者ですが気になるところを・・・ ①外国株を購入時の拘束金←非常わかりにくかった。(同様の質問がサイト上にも多々あったが、改善の兆しは無いようでした)。『一時拘束金』等の項目があると安心すると思うのですが。難しいのかな? ②米国株の売却益について、日本国内課税分は預り金から引かれているようで焦った。←他の証券会社の説明からの推測なので、あってるかな? 中級者には常識なのかもしれないが、初心者には理解しにくい金の動きはストレス以外の何者でも無い。恐らく説明文の中には書いてあるのだろうが、質問の多い事項については、説明する側、受取り側で齟齬の無いような取り組みが不可欠と感じた。

デイトレードには不向き 一度逆指し値で注文を出したあと、値の数字を変更しようとすると、なぜか同じ銘柄が2つあり非常に分かりづらい。売り注文を出している銘柄は買い増しができないのは致命的。 また、陽線陰線の色が変更できない。移動平均線も同様です。購買画面は文字がラクラクホンみたいに大きすぎます。そもそも機能を詰め込みすぎ、小さい画面でチャートの4画面表示は不要だし、サマリーとチャート画面は統合するべきでしょう。。チャートが小さいのだから、価格帯別出来高の表示はチャートに重なるように表示させて欲しい。 米国株は取引しないので、画面から非表示にできる設定を早急に付けて欲しいです。何が二刀流じゃ! 商魂たくましいですわ(笑 MaketSpeedは使いやすいですが、こちらはそれほどでもないですね。あえて良いところを上げれば、お気に入り銘柄が、MaketSpeedと連動していることですね。

UIが古臭いかな… 評判が良かったので使ってみましたが 昔からのアプリを直し直し使ってる印象でした 少し使ってみた感じのリクエストをあげます。 約定照会のリストには日付が表示できてない デフォルトがフィルターなしで毎回1日分の表示しか出ないから遷移後すぐは何も表示されない 投資信託は表示されない それもあってトータルの資産管理の残高照会や損益が一覧できる表がない 通切り替えで損益をすぐ見ることができない 購入価格からの差益、入金額からのトータルの差益を見たい 大味のUIは高齢向けかな? あとサービス側の問題かもしれないけど条件付き購入の種類が少なすぎるOCO注文とか以下以上成行、リターン注文、色々やりたい あと外国株式のリアルタイムチャート表示はネットで見れば見れるから有料にして不便にする必要ないと思う どこまでがサービス側かわかりませんが 割り切らずに1つのアプリで完結したいです

出典:Google Play プレビュー

デメリットは、単元未満株を取り扱っていないことやIPOの銘柄数が少ないことがあげられます。

少額投資に役立つ単元未満株ですが、楽天証券では取り扱われていないため、1単元からの取引となります。また、非上場の企業がこれから新たに株式を上場して、投資家に株式を買ってもらうIPO(新規公開株)の取り扱い数も少ないので注意してください。

無理をせず少額から株式投資を始めよう

無理をせず小額から株式投資を始めよう

株式投資は「難しい」「お金がかかりそう」など、ネガティブなイメージを持たれることがあります。

しかし、実際には少額から投資できることや、売却益(値上がり益)だけでなく好みの株主優待をもらうことができるなど、楽しみながらチャレンジできる投資方法です。投資経験がないという人は、単元未満株からスタートしたり、1株あたりの価格が低く無理なく購入できるものから始めたりするなど、リスクの低い方法を試すとよいでしょう。

慣れてきたら、値上がり益を狙った売買にも挑戦するのもおすすめです。ただし、こちらも少額からスタートし、無理のない範囲で売買するようにしましょう。

メリットとデメリットを正しく理解し、ぜひ資産運用の新たな方法として取り入れてみてください。

株の仕組みについてよくある質問

株の仕組みについてよくある質問

株はどこで買えるのですか? 株(株式)は「証券会社」で売買することができます。証券会社には、実際に株の売買が行われる市場である証券取引所と、株を売買したい投資家をつなぐ役割があります。株の取引をするためには、専用の口座となる証券会社の口座を開設しなければなりません。口座開設は無料ででき、多くはネット(スマホ・パソコン)から口座開設ができます。実際の取引もスマホやパソコンから行うため、株式投資に興味がある人はチャレンジしてみるとよいでしょう。

いくらから株式投資を始められますか? 株式投資はわずか数百円からスタートすることが可能です。数十万円など高額な資金が必要というイメージがあるかもしれませんが、実際は数百円程度で細かく株を売買できるため、多くの元手がないという人でも安心してチャレンジできます。 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算
価格の高い株を購入する際には資金が必要になるものの、少ない資金で投資を始められるのが株式投資の大きな魅力と言えます。まず、初心者は低価格帯の株式を売買し、取引に慣れるところから始めるとよいでしょう。

株は1株でも買えますか? 株は1株からでも購入できます。通常、株の単位は1単元(100株)とされていますが、100株未満の株「単元未満株」を売買すれば、1株ずつ売買可能です。
ただし、すべての証券会社で単元未満株を取り扱っているわけではありません。マネックス証券やauカブコム証券、LINE証券など、単元未満株を扱っている証券会社で口座開設をしましょう。単元未満株は、株式投資デビューや少額投資におすすめのほか、人気の高額株を少しずつ購入するのにも役立ちます。
ちなみに、単元未満株を少しずつ買い足して100株になれば単元株として扱われ、株主優待や配当金を受け取る権利も持てるようになります。

投資した金額以上に損してしまうことはありますか? 株式投資では、原則として、投資した金額以上に損失が出ることはありません
株価が購入時より大きく下がってしまった場合には、購入時の金額との差額が損失になりますが、これ以上追加で支払う必要はありません。たとえば、1株500円の株を100株購入したとします。その株が1株300円に値下がりすると、1株あたり200円の損失、全体では2万円の損失になりますが、それ以上の損失はありません。
しかし、「信用取引」をしている場合は追加の支払い、つまり負債が発生する可能性があります。取引に慣れるまでは信用取引ではなく、通常の現物取引を行いましょう。

株価チャートの確認はするべきですか? 株価を見ていると、値動きの様子をチェックできる「チャート」を表示できます。株価チャートは必ずしも確認する必要はありませんが、チャートを読めるようになると、売買のタイミングをつかめるようになります。
チャートを読むのであれば、縦線が並ぶ「ローソク足」のチャートがおすすめです。ローソク足チャートは、1分ごとの動き、1日ごと、1ヵ月ごとなどの価格推移を表示でき、今後価格が上下する可能性を見極められるようになります。

昼間は仕事をしていても株の取引はできますか? 株式を売買できる時間帯は決まっており、基本的にはその時間帯に取引をする必要があります。
平日の9時から11時30分、12時30分から15時までの間で、この間に出した注文が成立(約定・やくじょう)します。ただ、注文自体はいつでも出せるため、昼間に仕事をしている人でも夜間や休日に注文を出しておけば株取引は可能です。
また、時間外取引ができる「PTS市場」を利用すれば、市場が閉まっている時間帯にも取引ができます。
PTSとはProproetary 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 一株当たり情報の概要と一株当たり当期純利益の計算 Trading Systemの略で、時間外取引を指します。一部時間を除く朝8時20分から23時59分まで取引できるのが特徴です。
ほかにも、日中は売買をするのではなくスマホなどで株取引の情報収集時間に充てるのもおすすめです。

株式投資にはどういったコストが必要ですか? 株取引は基本的に、売買が成立したときにかかる「約定代金」をベースにして取引手数料が計算されます。1日に何度も細かく売買をする人や、中長期にわたる長い目線で売買をする人など、人によって売買のスタイルが異なるため、取引コストをよりお得にできるよう設定した証券会社も多く見られます。
たとえば、1回約定(売買成立)するごとに手数料がかかるプランや、1日に約定した代金の合計額で手数料が決まるプランなどがあるため、自分の取引スタイルに合ったプランを選びましょう
また、証券会社によって各手数料は異なるほか、日本株、アメリカ株など売買する商品によってもコストは異なります。証券会社で口座開設をする前に、取引コストがどれくらいかかるのかを確認しておくとよいでしょう。

利益が出た場合の税金

  • 配当金…「配当所得」にあたり、20.315%の税金がかかります
  • 売却益(譲渡益)…「上場株式等の譲渡所得等」にあたり、20.315%の税金がかかります

株はどんな優先順位で売買されるのですか? 株は多くの人が売買をしているため、自分の出した注文がすぐ、なおかつ希望どおりに約定するとは限りません
たとえば、株を売ろうとして注文を出している人が多い場合、その中でもより低く(安く)している人の注文が優先されますし、反対に株を買いたい人の注文では、より高く買おうとしている人の注文が優先されます。
同じ注文内容でも、より早く注文を出しているほうが優先されますし、売買できる値段に条件をつけた指値注文よりも、条件のない成行注文のほうが早く売買できます。このように、株の売買にはそれぞれ優先順位があり、必ずしも希望どおりに売買できるわけではありません。

企業が株を発行するメリットはなんですか? 企業が株を発行すると、多くの投資家から出資してもらえます。事業を拡大する、新しい設備を導入するなど資金が必要になる際、銀行からお金を借りる選択肢もありますが、果たして本当に返済できるかどうかはわかりません。
株を発行して投資家から出資してもらえば、そのお金は返済する必要もなく、資金調達が可能です。投資家は企業が成長した際に少しずつ利益を還元してもらえるメリットがあり、企業側は低いリスクの中で資金調達ができるというメリットがあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる