取引ルール

仮想通貨とは

仮想通貨とは
https://jp.tradingview.com/chart/

仮想通貨の「ガチホ」とは?長期保有するメリットやおすすめの銘柄・向いている人を徹底解説

ガチホ

イーサリアムの長期チャート

https://jp.tradingview.com/chart/

売却せずにガチホすることで、大きな利益を得られる可能性があるのです。

相場をあまり気にしなくてもよい

2つ目のメリットは相場をあまり気にしなくてもよいことです。

手数料などのコストを抑えられる

3つ目のメリットは手数料などのコストを抑えられることです。

ガチホの場合、短期売買に比べると取引回数が圧倒的に少なく、日本円として出金する機会も少なくなります。

出費を抑えられるのはbitFlyerのような販売所での手数料が無料で、取引所での仮想通貨を売買できる暗号資産取引所です。

ガチホで手数料を抑えて大きな利益を得たいという方は、bitFlyerの公式サイトをご確認ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨をガチホするデメリット

価格が急落する可能性がある

1つ目のデメリットは仮想通貨の価格が急落する可能性があることです。

ビットコインのチャート

https://jp.tradingview.com/chart/

ハッキングされる可能性がある

2つ目のデメリットはハッキングされる可能性があることです。

2014年:マウントゴックス470億円相当
2016年:ビットフィネックス65億円相当
2018年:Coincheck(コインチェック)580億円相当
2019年:アップビット53億円相当
2020年:KuCoin65億円相当
2021年:Liquid by Quoine100億円相当

仮想通貨のガチホにおすすめの銘柄

ビットコイン

名称ビットコイン
シンボルBTC
現在価格(2022年5月7日現在)約4,700,仮想通貨とは 仮想通貨とは 000円
時価総額約89,450,000,000,000円
公式サイトビットコインの公式サイト
関連記事ビットコインの概要

ビットコインはブロックチェーン技術を用いた世界初の仮想通貨で、取引量が多いのが特徴です。

イーサリアム

名称イーサリアム
シンボルETH
現在価格(2022年5月7日現在)約352,000円
時価総額約42,442,000,000,000円
公式サイトイーサリアムの公式サイト
関連記事イーサリアムの概要

イーサリアムはビットコインに次ぐ時価総額の仮想通貨です。

NFTの多くは、イーサリアムのブロックチェーンを利用し、NFTの売買にはイーサリアムでガス代(手数料)を支払う必要があります。

名称リップル
シンボルXRP
現在価格(2022年5月7日現在)約78.3円
時価総額約3,784,000,000,000円
公式サイトリップルの公式サイト
関連記事リップルの概要

リップルはリップル社が管理する中央集権型の仮想通貨です。

リップルのメリットは取引スピードの速さとコストの低さで、国際送金などに用いられます。

日本で最もビットコインの取扱量が多いのはbitFlyerで6年連続取引量ナンバー1です。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 仮想通貨とは /先物取引を含む)

上記の仮想通貨を用いてガチホしたいという方は、bitFlyerの公式サイトをご確認ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 仮想通貨とは 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨のガチホにおすすめの人

仮想通貨取引に時間を割けない人

仮想通貨取引にあまり時間を割けない人は、ガチホ向きです。

ガチホであれば、一度入手したらほったらかしにできますので取引に時間がとられません。

一度の売却で大きな利益を得たい人

一度の売却で大きな利益を得たい人にもガチホ向きです。

仮想通貨の価値があまり高くない頃にガチホし、価値が数倍に跳ね上がったところで売却すると大きな利益が得られます。

仮想通貨を積み立てしたい人

仮想通貨を積み立てしたいと考えている人もガチホ向きです。

bitFlyerかんたん積立 提供開始

積み立て投資のメリットはタイミングを悩まずに入手できることで、積み立てた仮想通貨をガチホします。

たとえば、bitFlyerでは「かんたん積立」のサービスを提供しています。

積み立て頻度は「毎日 1 回」、「毎週 1 回」、「毎月 仮想通貨とは 2 回(1 日と 仮想通貨とは 15 日)」、「毎月 1 回」から選択可能ですので、それぞれの都合に合わせて設定できます。

積み立て投資が気になる方は、bitFlyerの公式サイトをご確認ください。 仮想通貨とは

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

仮想通貨のガチホにおすすめの国内取引所

bitFlyer

bitFlyer-top
名称bitFlyer
暗号資産数15種類
最低取引金額0.00000001BTC
レバレッジ取引のLightning FXの場合、0.仮想通貨とは 01BTC
売買手数料販売所:無料
取引所:約定数量 × 0.01 ~ 0.15%
入金手数料無料~330円
出金手数料220円~770円
提供サービス販売所
取引所

bitFlyerかんたん積立
プロ向け取引所(bitFlyer Lightning)
bitFlyer クレカ
レバレッジ倍率2倍
公式サイトbitFlyer公式サイト
関連記事bitFlyerの評判

bitFlyerはメガバンクや大手生命保険会社から出資を受けたことがある暗号資産取引所です。

また、bitFlyerクレカを利用すると日常生活の支払いをするだけでビットコインをリスクなく貯められます。

bitFlyer LightningやbitFlyerクレカなど様々なサービスを利用したい方は、bitFlyerの公式サイトをご確認ください。

\ビットコイン取引量No.1/

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin-top
名称DMMビットコイン
暗号資産数現物取引:11種類
レバレッジ取引:15種類
最低取引金額0.0001BTC
売買手数料無料
※BitMatch手数料を除く
入金手数料無料
出金手数料無料
提供サービス販売所
レバレッジ取引
レバレッジ倍率2倍
公式サイトDMMビットコイン公式サイト
関連記事DMMビットコインの評判

DMM Bitcoinは、動画配信サービスなどを展開するDMMグループに属する暗号資産取引所です。

売買手数料が無料であるだけでなく、入出金手数料も無料ですので低コストで取引できます。

手数料を抑えて取引を行いたいという方は、DMM Bitcoinの公式サイトをご確認ください。

\もれなく2000円もらえる/

LINE BITMAX

LINE BITMAX-top
名称LINE BITMAX
暗号資産数6種類
最低取引金額0.00000001 BTC
売買手数料無料
入金手数料無料
出金手数料LINE Pay:110円(税込)
銀行口座:400円(税込)
提供サービス販売所
暗号資産貸出サービス
LINE NFT
レバレッジ取引取扱なし
公式サイトLINE BITMAX公式サイト
関連記事LINE BITMAXの評判

LINE BITMAXはLINE株式会社の関連企業であるLVC株式会社が運営する暗号資産取引所です。

LINE BITMAXは、1円から仮想通貨の取引が可能ですので、ガチホする仮想通貨を少しずつ積み立てる投資に向いています。

【基礎編】仮想通貨とは?初心者向け基礎知識1

Coincheck Column

コインチェックは、約170万のユーザーを有する仮想通貨取引所Coincheckを運営しています。「次の時代のスタンダードとなる価値交換のプラットフォームをつくる」ことをミッションに、最新のテクノロジーと高度なセキュリティを基盤として、誰もが簡単に仮想通貨の取引や支払いができるサービスの提供を行なっています。また、「Coincheck Column」を通じて仮想通貨の啓蒙活動につとめています。その他詳細な情報はCoincheck 仮想通貨とは Column をご覧ください。(リンクをクリックするとコインチェック株式会社のCoincheck Columnが開きます。) 閉じる

  • 仮想通貨とは?
  • 仮想通貨と電子マネーの違いとは?
  • 仮想通貨の今後はどうなる?

仮想通貨とは?

仮想通貨と電子マネーの違いとは?

仮想通貨の今後はどうなる?

ビットコイン(BTC)最新動向と相場予想

ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ

ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)をチャートで学ぶ

世界的インフレの波 バフェットに学ぶ 円安局面の投資の考え方 高配当株の選び方

ご留意事項

本コンテンツは、情報提供を目的として行っております。
本コンテンツは、当社や当社が信頼できると考える情報源から提供されたものを提供していますが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではありません。また、過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本コンテンツの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本コンテンツでは当社でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」または当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

【仮想通貨初心者向け】ゼロから学ぶ正しい5つの勉強方法とは

仮想通貨,勉強方法

仮想通貨

仮想通貨、ビットコイン、ブロックチェーンなど用語も多く、 基本的なことを知ってから購入するか判断したいと考える方 も多いはずです。

  • 仮想通貨を始めるか悩んでいる方
  • 仮想通貨に関する勉強方法を知りたい方
  • 堅実に仮想通貨の投資をしたい方

このような方に向けて、 筆者も実践してきた正しい仮想通貨の勉強方法 解説します。

なお、仮想通貨を購入するための全体像を解説したロードマップは下記の、

仮想通貨を学ぶための5つの勉強方法とは

その①:YouTube

まず 「仮想通貨とは何?」という方 は、中田敦彦さんの”YouTube大学”で解説している下記の動画は非常にわかりやすいです。

また、 日常的に最新のトレード情報を知りたいという方 は”高橋ダン”さんは毎日、仮想通貨や株式市場の情報を発信しています。

  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • トレード方法とは?

仮想通貨取引所のコインチェックの執行役員である”大塚雄介”氏著の「いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン」がおすすめです。

その③:ブログ

このブログも仮想通貨に関して”初心者向け”に発信しているブログ です。

ブログで情報を集める場合は、「検索窓でキーワード」を打ち込んでみましょう。

その④:メルマガ

ただし、 イケハヤさんのメルマガは仮想通貨中級者以上 の情報が多いです。

その⑤:実際に少額で取引する

仮想通貨は取引所によって100円や500円から購入可能です。

そのため、 少額から始めることをおすすめします。

なお、相場に慣れるためなら 仮想通貨積立をすることでドルコスト平均法を活用したリスク分散 も可能です。

無料で仮想通貨の最新情報を知るならメディアを読む

最新情報を毎日、日本語で情報をアップしてくれます。

有料で良質な仮想通貨の情報を得るならオンラインサロン

ただし、 投資であることから「〇〇の銘柄が上がる」などの情報を鵜呑みにするのは危険 です。

なお、筆者は以前に複数のオンラインサロンに加入しましたが、特定の商材販売目的だったりなどから現在は全て解約しました。

筆者がおすすめの仮想通貨勉強方法とは

仮想通貨,勉強方法

  1. YouTubeを視聴する
  2. 書籍を3冊程度読む
  3. ブログでキーワード検索して仮想通貨ごとの特徴を知る
  4. なくなっても良いくらいの金額で実際に購入する

まとめ:無料でも十分仮想通貨の勉強はできる時代

そのため、 複数の似た情報をインプットすることで知識が定着していきます。

なお、 初心者でも堅実に稼ぐ方法 は下記で紹介していますので参考にしてみてください。

元銀行員→webマーケティング|ウェブ解析|財務コンサル×ウェブ解析の独自戦略で法人、個人のファイナンスやマーケティングを支援。
銀行員時代に多くの人が【お金に関する悩み】を抱えていることを知る。
自分が投資で一度”FIREした経験”を元に、自分が関わる人が一人でも多くお金の悩みの解消すること、正しい資産形成することを目標に正しい情報を発信中。

ビットコインで資産運用! 仮想通貨ゼミナール Lesson 1 仮想通貨って何のために作られたの? 使い道は?

FXcoin 大西知生氏

慶應義塾大学経済学部卒業後、東京銀行へ入行。ドレスナー銀行、JPモルガン銀行、モルガン・スタンレー証券、ドイツ銀行グループを経て、2018年に仮想通貨取引所のFXcoinを設立。2017年まで東京外国為替市場委員会副議長、同Code of Conduct小委員会委員長に従事。『J-MONEY』誌において2008年、2011~13年、2017年にテクニカル分析ディーラー・ランキング第1位を獲得する。経済学博士。

買い物にも使える仮想通貨

【暗号資産の定義】
(1)不特定の者に対して、代金の支払い等に使用でき、かつ、法定通貨(日本円や米国ドル等)と相互に交換できる 仮想通貨とは
(2)電子的に記録され、移転できる
(3)法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)ではない

(1)にあるように、「代金の支払い等に使用」できるので、仮想通貨は「通貨」と名付けられ、お金の一種とみなされているわけです。実際に、数こそ少ないですが、ビットコインで商品を買えるお店もあります。有名なところでは、家電量販店のビックカメラがビットコインでの決済に対応しています。

(3)の意味は、「仮想通貨は、電子マネーやキャッシュレス決済とは違う」ということです。交通系ICカード(SuiCaやICOCAなど)やポイントでの決済、あるいは「デジタル通貨」と呼ばれるものは、お店で現金の受け渡しを行わないので、一見すると仮想通貨の一種に思われるかもしれませんが、結果的には日本円や米ドルなどで代金を支払うことになるので、これらは仮想通貨ではありません。

仮想通貨かどうか

電子マネーは仮想通貨ではない
出所:FXcoin

仮想通貨=特定の国に属さない通貨

たとえば、こんな事態が起きたらどうでしょうか。日本の財政が破たんして、日本円の価値が暴落してしまったら……。国内は大パニックになって、銀行では預金の取り付け騒ぎが起きるかもしれません。あるいは、政府が「預金封鎖」という政策を採り、銀行で預金をおろせなくすることもありえます。たとえ米ドルやユーロなどの外貨預金を持っていたとしても、預金封鎖が起きてしまうと、外貨預金すら役に立たなくなることもありえます。

今の日本で預金封鎖のような非常事態が起きることは考えにくいですが、2013年にはヨーロッパの小国キプロスで金融危機が発生して預金封鎖が行われ、個人の預金が国の税金として徴収された例もあります。今後、リーマン・ショックのような金融危機が起きたときに、日本経済が無事でいられる保証はありません。日本円は日本政府が管理しているので、政府の判断ひとつで、円の価値が危うくなることもありえるのです。

キプロス


古代の遺跡が残る地中海の島国・キプロスの金融危機は、ビットコインの名が広く知られるきっかけにもなった

そこで、もし「特定の国に属さない通貨」があれば、万が一自分の国に良くないことが起きても、自分の資産を守れるのではないか、このように考える人が出てきました。そして2009年、「ブロックチェーン」などの最新テクノロジーを背景に、世界初の仮想通貨ビットコインが誕生、取引が始まったというわけです。実際に、キプロス危機の際にはビットコインが買われ、価格は急激に上昇しました。

人類の歴史を振り返ると、最初の通貨は紀元前に生まれ、時代が下るにつれて貝や石から金属、紙幣へと姿形を変えていきました。紙幣の時代が長く続いたあと、21世紀に入って電子マネーが普及しました。ビットコインに代表される仮想通貨は、そのまた次の時代のお金といえるのかもしれません。

貨幣の歴史

文明とともに進化する通貨
出所:FXcoin

大西さんのひとこと
新型コロナウイルスの影響もあり、金(ゴールド)の価格が上がりました。裏を返せば「日本円やドルの価値が下がった」と見ることができます。この間、ビットコインなどの仮想通貨も値上がりしました。
仮想通貨も金と同じように、「自分の資産を守る」という目的で買う、つまり「資産運用のための仮想通貨」という考え方も成り立つのではないでしょうか。
次回以降で、「本当に仮想通貨は信頼できるのか?」といった疑問にもお答えしていきます。

仮想通貨(暗号資産)とは

1

ビットコイン暴落、FOMC控え、反発の条件を考察

2

今晩FOMC、ビットコイン反発の条件

3

いよいよ米CPI、ビットコイン相場の反応を予想

4

強めの米CPIでリスクオフ再燃、ビットコインはどうなる?

5

ビットコイン、FOMCの影響と次のビッグイベント

暗号資産ニュース週間ランキング

1

【史上最大】イーサリアム「The Merge」が実装間近 | 概要を詳しく解説

2

【約3兆円規模】なぜ今「Celsius」が話題なのか?時系列で解説

3

【41%下落】STEPNが中国でのサービス提供終了を発表

4

STEPNが最新アップデートを実施。新機能「ミンティングスクロール」とは?

5

5月17日時点のCMEのBTC先物建玉分析、中期的には3,593ドルの上押し圧力【フィスコ・ビットコインニュース】

メデイア・広告掲載について

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、株式会社マネーパートナーズソリューションズ、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる