オプション取引

逆三尊よりもダブルトップ

逆三尊よりもダブルトップ
三尊天井(ヘッドアンドショルダーズトップ)とは、3つの山と2つの谷で構成されるチャートのパターンのことです。2つ目の山が一番高いのが特徴で、欧米では2つ目(真ん中)の山を頭(ヘッド)、左右の山が肩(ショルダー)に見えるということで三尊天井のことを「ヘッドアンドショルダーズトップ」と呼んでいます。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

FXの最強チャートパターンは結局三尊やらダブルトップでしょうか? ちょっと勉強しだすとほとんどの人がまず最初の方に目にするであろう超有名チャートパターン。

FXの最強チャートパターンは結局三尊やらダブルトップでしょうか?
ちょっと勉強しだすとほとんどの人がまず最初の方に目にするであろう超有名チャートパターン。自分も最初これを知って過去検証していったら「これだけで金持ちになれるんじゃ?」というくらいこれは勝てる!と衝撃を受けたのですが実際リアルチャートで三尊やらヘッショルやらのネックライン割れでよしもらった!と意気揚々とエントリーしたら入った瞬間から逆行して損切みたいなのを何度も食らい全然使えねーじゃねーか詐欺かこれ、となりそれ以降あまり意識しなくなりました。
でも手法やら色々と勉強していくとこの手法のこの条件下での三尊ネックライン割れでのエントリーは勝率激高やら逆にここで三尊が出てるから本来ならここまで戻ってきたら買いたいけどちょっと様子見にしておこうとか意識すると幅が広がりました。まぁ何でも単一で見るなというのは基本ですが合わせ技で使うとしてもやはり三尊・ダブルトップ系統は最強クラスの組み合わせでしょうか?

ベストアンサーに選ばれた回答

ひねくれた解釈する人も多いですがセオリーは軽視してはいけません。
結局上手くいくのは鉄板のやり方です。
それで上手くいかないのは場数と踏み込みが足りないからです。

一つの時間足だけで三尊を見てエントリーしても上手くいくはずがないです。
上位足からの確認、そこが天底である確率が高い…という確認があってこその
下位足の三尊やWです。

それでもアテが外れて損切になることは当たり前。
狙いのポイントで勝つこともあれば負けることもる。

勝ち負けを繰り返して最終的にプラスになれば御の字なのに、
みんなこのやり方は使えねーじゃん!とすぐそれを放り投げて
インジケーター変えたりしてあれこれやり方を変えるから回数を稼げず、結果が出ないのです。

ちょっと連敗が続くとやり方を変える、
ほんとこれですね。
結局そのやり方に自信と確信がないから。
自分もその重要性に気付くまで検証を軽視していました^^;

回答ありがとうございました。

特典・キャンペーン中の証券会社

新規口座開設&クイズに正解で4,000円プレゼント!

タイアップキャンペーンもれなく現金4000円プレゼント!

オトクなタイアップキャンペーン実施中!

総額1億円還元キャンペーン

運用スタートプログラム

開設後1ヶ月間取引手数料0円!

2,000円プレゼント

新規デビュープログラム

証券に関する悩みや疑問をキーワードから探す

その他の回答

巷に出てるもの全て誰もが知ってるつまり、お金持ちにとってはとっても儲けやすい場所になるんです。
つまり、そうならない方が多くなるんですよ。
誰もが儲かる最強の場所は存在しないってことかな

三尊、ダブルトップ
逆三尊、ダブルボトム
は必ず初歩のチャートパターンで誰しもが見ますけど、これらは【価格の意味】と組み合わせないと成立、否定に対するエントリーの検討は出来ません。

例えば三尊を考えるといっても…
・三尊が出ているのは5分足
・日足で見れば陽線の上ヒゲを軽く作っているだけ
という場合は【非常によくあるパターン】ですが、この場合は【ローソク足のトレンドは上位足が支配する】の【不変の原則】がありますから、【5分足の三尊は日足の陽線に対する調整】という解釈になります。
そうなると
・5分足の三尊ネックライン割れでショートは【日足に対して逆張り】→逆張りなのだから逆行しやすく危険→危ないからスルー

・三尊から落ちて止まり、小さくリバウンドした価格は【日足がマイ転しない限りは順張りの押し目候補】→リバウンドが戻されても安値割れをしない→ダブルボトム期待がある→日足で生まれたヒゲを埋める期待度もある→エントリー検討
といった形で必ず
【下位足の値動きは、上位足の進捗のどこなのか?】
を見ないと正しくチャートパターンと価格の意味を掴むことは出来ないのです。

ちなみに何故価格の意味を見ないといけないのか?を教科書等でレクチャーをしないのか?というと【チャートを見る=価格の意味を見る】行為なので、常識以前に【チャートを何故見るのか?】という行動の動機レベルなので、レクチャーで敢えて書かないのです。

ですのでチャートを見る時は【何故この価格なのか?】を考えていただくのが大事で、それが【チャート解析をする目的】なのです。

三尊天井(ヘッドアンドショルダーズトップ)の利益確定ポイント|charTrade(トレード手法)

三尊天井(ヘッドアンドショルダーズトップ)とは、3つの山と2つの谷で構成されるチャートのパターンのことです。2つ目の山が一番高いのが特徴で、欧米では2つ目(真ん中)の山を頭(ヘッド)、左右の山が肩(ショルダー)に見えるということで三尊天井のことを「ヘッドアンドショルダーズトップ」と呼んでいます。

三尊天井(ヘッドアンドショルダーズトップ)の特徴

三尊天井(ヘッドアンドショルダーズトップ)の利益確定ポイント

トレンドの見方

  • 次ページ 逆三尊の利益確定ポイント
  • 逆三尊よりもダブルトップ
  • 前ページ 窓(ギャップ)が出た場合の利益確定ポイント

ツイッター

ブログ|カテゴリー

charTradeとは

charTrade(チャートレード)とは、チャートを見て、トレードができるようになるトレード手法です。「テクニカル分析」と「徹底したリスク管理」を基に、トレードを仕掛けるタイミングや損切りポイント、利益確定ポイントを全て詳しく解説しています。charTradeを学習すれば、チャート上で実際の価格の値動きが示す意味を理解しながらトレードができるようになります。charTradeは、こちら!

三尊や逆三尊とは?

この逆三尊はダウ理論では上昇ダウ(安値切り上げ、高値切り上げ)の形へなっていきます。

天井圏や天底圏で見られるチャートパターンと、その時に引くことができる ネックラインには決済注文が集中しやすいため、トレンド転換と判断したトレーダーによる新規注文(上のチャートでは買い注文)も入りやすい です。

三尊や逆三尊にならない事例

このチャートは結果的には ダブルボトム になっているのがわかりますでしょうか?

天井や天底を判断する場合は、 チャートパターンだけでの判断でするのはリスクが高いため、別の判断根拠というのが必要 になってきます。

先ほどのこのチャートを例に、短期( 20MA )・中期( 80MA )・長期( 240MA )の3本の移動平均線を追加してみました。

長期が上向きで、長期的には買い目線だというのがわかりますが、逆三尊のような形ができる所では、短期と中期が下向きで下降トレンドができています。

中期の 80MA がまだ下向き (青矢印) であるため、 売り目線 であることがわかります。

三尊や逆三尊でのトレンド転換の狙い方

三尊や逆三尊で天井や天底を判断する場合は、 インジケーターなど別の根拠と合わせることで、トレンドの初動から狙うことも可能 になります。

抜ける前はエントリー判断として少し危険はありますが、抜けた後の リターンムーブ(押し目)を狙う ことでトレードが可能になります。(黄○)

インジケーターで判断する場合は、その 角度が緩やかになっている状態でネックラインを抜け後のリターンムーブ を狙うことで、トレンドの初動を獲りにくいことが可能になります。

インジケーターに逆らった三尊や逆三尊

3つのラインが上向 きであるが、三尊になりネックラインを抜けて 下降トレンド になっています。

これはグランビル法則と言って、 移動平均線から大きく乖離した場合はレートが戻ってきやすい とされています。

ただ、グランビルの法則だからという考え方よりも レートの流れを読むこと 逆三尊よりもダブルトップ が大事です。

ズームアウトしたチャートに チャネルライン と 流れに合わせて緑の曲線 を引きました。

この流れを知り、インジケーターが上向きでもそろそろ反転かな?と予測する事が大事になります。

ダブルトップやダブルボトムと同じように、 ネックラインを抜けることが決済のポイント になります。

エントリーを考える場合は、ネックライン抜けでエントリーする場合と、リターンムーブ(押し目)を待ってエントリーできる場合がありますが、 インジケーターなど別の根拠と組み合わせエントリーを考える 必要があります。

FX / 逆三尊よりもダブルトップ トリプルトップ(三尊)・トリプルボトム(逆三尊)とは?

テクニカル分析

FX / トリプルトップ(三尊)・トリプルボトム(逆三尊)とは?

トリプルトップ(三尊)

トリプルトップ(三尊)とは?

トリプルトップ(三尊)とは?

トリプルトップが示す意味とは?

トリプルトップを利用した手法

トリプルトップを利用した手法

トリプルトップを利用してエントリーした際の損切り位置

トリプルトップを利用してエントリーした際の損切り位置

トリプルトップ出現後のエントリーポイント/チャート解説

トリプルトップ出現後のエントリーポイント/チャート解説

トリプルトップからのエントリー失敗パターン/チャート解説

トリプルトップからのエントリー失敗パターン/チャート解説

トリプルトップからエントリーをする際の注意点

トリプルボトム(逆三尊)

トリプルボトム(逆三尊)とは?

トリプルボトム(逆三尊)とは?

トリプルボトムが示す意味とは?

トリプルボトムを利用した手法

トリプルボトムを利用した手法

トリプルボトムを利用してエントリーした際の損切り位置

トリプルボトムを利用してエントリーした際の損切り位置

トリプルボトム出現後のエントリーポイント/チャート解説

トリプルボトム出現後のエントリーポイント/チャート解説

トリプルボトムからのエントリー失敗パターン/チャート解説

トリプルボトムからのエントリー失敗パターン/チャート解説

トリプルボトムからエントリーをする際の注意点

FX / エリオット波動のエントリーポイントはどこ?第3波を捉える方法!

エリオット波動の概要 エリオット波動とは、FXなどで取引をする場合に相場の波のリズムを理論化したものです。 一般的にFXをおこなう場合はテクニカル分析などをする必要がありますが、その際に必要な考え方の一つがこのエリオッ.

一目均衡表の雲+遅行スパンを使った手法!

一目均衡表の雲と遅行スパンを使った短期トレードにも有効な手法が存在します。 一目均衡表の雲に関しては一般的な設定と少し異なる点があります。 どのような手法か紹介します。 一目均衡表「雲」の設定の違い .

FX/ゴールデンクロスの勝率はどのくらいか?

ダブルトップ・ダブルボトムからのエントリーポイントと手法

相場の天井圏、または底値圏を確認できるチャートの形はいくつか存在します。 今回はその中で精度が高いと言われており、必ず知っておかなければならないダブルトップ、ダブルボトムについての解説です。 ダブルトップ ダブル.

FXでドル円の月足を利用した手法

FXの初心者が通貨ペアを選ぶ際に、まず選びたい通貨ペアがドル円となります。 理由としてはスプレッドが狭い、価格の乱高下が少ないことから損失がでることが少ないということがあげられます。 トレンドがあまり出ない通貨ペアでは.

[FX]トレンドラインの引き方と手法!ブレイク後のエントリー方法も解説!

FXではトレンドを分かりやすく把握するためにトレンドラインを引くことがあります。 トレンドには上昇トレンド、下降トレンドありますが、それぞれどのようにラインを引くのか? 様々な疑問の解消と、このトレンドラインを使った手.

Profile

きしぞ~

FX歴、約10年。
本、動画サイト、情報商材などでかなりの勉強をしました。
基礎知識持っています!
過去には某サイトのFXトレードキャンペーンにて約30,000人中59位を獲得しました。
FX初心者向けに役立つ記事を書いていきたいと思っています。

【重要】FX反転現象で稼ぐ方法!知識をフル活用して利益をあげよう!

「はじめての自動AIツール」ダウンロード

「FXでなかなか利益が増えない人は、反転現象で利益を出せていない可能性が高いです。」

「反転現象ってイマイチよくわからない。」

「反転現象で利益をあげるどころか、逆に損をしてしまう……」

FXの反転現象とは?

ダウ理論をわかりやすく解説!トレードの基本中の基本理論!

トレード分析をする上でチャートは欠かせません。チャートがあり、分析ができるからこそトレードで勝つことができるし、テクニカル分析を学ぶことで一生涯に渡り、その”稼ぐスキル”は廃れません。 チャートには、水平の世界と斜めの世界がある 例えば、下図のようなチャートの場合、水平の世界では、主に.

反転現象をエントリーポイントにするメリット

反転現象を狙うメリットは、「リスクリワード」が圧倒的に良くなることです。 値動きの初動を捉えるので、リターンは大きくなるし、余裕をもって利益確定ができます。

メリット

反転現象のチャートパターン

1.三尊・逆三尊
2.トレンドラインのブレイク
3.並行チャネルのブレイク

1.三尊・逆三尊

・ダブルトップ
・ダブルボトム
・トリプルトップ
・トリプルボトム

【FX】ダブルトップとは?基礎知識・だましの回避方法をやさしく解説!

「ダブルトップを理解すれば、勝率は格段にあがります。」 実際、プロトレーダーの多くはダブトップを見極めて利益をだしています。 とはいえ、この記事を見つけたあなたは、 このような悩みを持っていませんか? そこで今回は、ダブルトップの基礎知識からトレード.

2.トレンドラインのブレイク

・ラインは5点以上反発している所に引く
・ラインはゾーンで見る
・確定足がブレイクするまで待つ

特に、最後の「確定足」で判断する。というのは重要度が高いです。 ラインをブレイクしたと思っても、ヒゲになって戻ってくることはよくあります。

「ブレイクしたから急いでエントリーしないと!」このように、焦る必要はまったくありません。

ブレイクイメージ

3.並行チャネルのブレイク

・高値更新or安値更新できているか?
・安値or高値を切り上げているか?

チャネルイメージ

「売り圧力」が買いよりも大きいことがわかりますよね?

反転現象が起こりやすい水準

1.天井・大底
2.レジスタンスライン・サポートライン
3.トレンドの後半の波動

1.天井・大底

2.レジスタンスライン・サポートライン

【FX】サポートラインの基礎と原理をやさしく解説!トレーダーの意識も考えよう!

「FXでサポートラインを正しくひけるようになると、相場分析の精度が格段にあがります。」 サポートラインは、正しく使えば強力な武器になります。そのため、「サポートライン」を使って相場分析するトレーダーは多いです。ただ、サポートラインを正しく引ける人は少ない印象があります。 この記.

【本当は簡単】レジサポラインをFX初心者向けにやさしく解説!

「レジサポラインを攻略しないと、FXで延々と損をし続けることになるでしょう。」 私たちトレーダーは「レジサポラインを引いて、水準の切り替わりを捉える」といった具合で、当たり前のように、”レジサポ”という言葉を使います。 とはいえ、多くのトレーダーが「レジサポ」をうまく使えていま.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる