最高の暗号取引プラットフォーム

一目均衡表についても併せて解説

一目均衡表についても併せて解説
FXテクニカル分析

【特集】 均衡表【買いシグナル】低PER 27社選出 <テクニカル特集> 一目均衡表についても併せて解説 7月4日版

SFOODS <日足> 一目均衡表 「株探」多機能チャートより

本特集では、テクニカル指標「一目均衡表」のなかでも最も強い買いシグナルである「3役好転」に注目。プライム市場において、上昇トレンドを示唆した可能性が高い「3役好転」銘柄 61社の中から、予想PERがプライム市場平均の 13.29倍を下回り上値余地があるとみられる 27社を選び出しました。

銘柄名 PER PBR
一目均衡表についても併せて解説 紙パル商 2.7 0.58
明和地所 4.8 0.56
ジャノメ 5.4 0.43
NECキャピ 6.7 0.43
ホーチキ 7.4 0.75

グッドコムA 7.6 1.65
三井住友FG 7.6 0.46
ユアサ商 7.9 0.82
ナカバヤシ 8.1 0.51
アイフル 8.1 1.12

北越工 9.0 0.80
千葉銀 9.0 0.一目均衡表についても併せて解説 51
山形銀 9.0 0.19
富士製薬 9.1 0.66
共英製鋼 9.5 0.38

秋田銀 9.7 0.18
タキロンCI 9.8 0.58
山九 10.0 0.93
SFOODS 10.1 1.01
たけびし 10.8 0.72

ナック 10.9 一目均衡表についても併せて解説 0.99
平和堂 11.0 0.58
かんぽ生命 12.3 0.36
BML 12.4 1.18
サカイ引越 一目均衡表についても併せて解説 12.5 1.22

加藤産 12.6 0.84
理ビタ 13.2 0.84

  • ・エネルギー危機到来、「原発再稼働のシナリオ」で爆騰テーマに乗る株 <株探.. (07/02)
  • ・最高益【復活】銘柄リスト〔第2弾〕31社選出 <成長株特集> (07/03)
  • ・【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─絶不調から這い上がる"復活企業"に注目! (07/03)
  • ・本日の【ゴールデンクロス/デッドクロス】引け GC= 109 銘柄 DC= 87 銘柄 (7月4日)
  • ・本日の【25日線|上抜き/下抜き】引け 上抜け= 470 銘柄 下抜け= 121 銘柄 (7月4日)
  • ・本日の【MACD|買い/売りサイン】引け 買い= 69 銘柄 売り= 79 銘柄 (7月4日)
  • ・本日の【パラボリック|買い/売り・転換】引け 買い= 113 銘柄 売り= 106.. (07/04)
  • ・本日の【均衡表 《雲》|上抜け/下抜け】引け 上抜け= 185 銘柄 下抜け= 8.. (07/04)
  • ・本日の【均衡表|3役好転/逆転】引け 好転= 107 銘柄 逆転= 55 銘柄 (7月4日)
  • ・本日の【ボリンジャー|±3σブレイク】引け 上抜け= 26 一目均衡表についても併せて解説 銘柄 下抜け= 9.. (07/04)

株探からのお知らせ

  • P会員限定!7月6日武者陵司氏セミナー開催
  • 見逃し配信中!株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月6日発表分)
  • 明日の株式相場に向けて=徳俵で粘りみせる旧マザーズ銘柄
  • 気候変動対策を再評価、上昇気流に乗る「空の脱炭素化」関連株を狙え <株探トップ特集>
  • 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 7月6日版
  • ★本日の【サプライズ決算】速報 (一目均衡表についても併せて解説 07月06日)
  • 5日と25日平均線【ゴールデンクロス】高ROE 16社 <テクニカル特集> 7月6日版
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):ウエルシア、バイオ関連株、エーザイ
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月6日)

人気ニュース【ベスト5】

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (一目均衡表についても併せて解説 7月6日発表分)
  • 明日の株式相場に向けて=徳俵で粘りみせる旧マザーズ銘柄
  • 話題株ピックアップ【夕刊】(1):ウエルシア、バイオ関連株、エーザイ
  • レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (7月6日)一目均衡表についても併せて解説
  • 気候変動対策を再評価、上昇気流に乗る「空の脱炭素化」関連株を狙え <株探トップ特集>

お薦めコラム・特集

  • 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 一目均衡表についても併せて解説 7月6日版
  • 気候変動対策を再評価、上昇気流に乗る「空の脱炭素化」関連株を狙え <株探トップ特集>
  • 5日と25日平均線【ゴールデンクロス】高ROE 16社 <テクニカル特集> 一目均衡表についても併せて解説 7月6日版
  • 明日の株式相場に向けて=徳俵で粘りみせる旧マザーズ銘柄
  • 最大の消費国から石油在庫が流出、相場の不安定さ高める米政策 <コモディティ特集>
一目均衡表についても併せて解説

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

雲の形作りで先行スパン1の相棒!? 長期的な動きを見る、一目均衡表の「先行スパン2」とは?

一目均衡表における先行スパン2の計算式、および考え方は次のとおりです。 ■先行スパン2=(当日を含めた過去52日間の最高値+当日を含めた過去52日間最安値)÷2を、当日を含めて26日先行させたもの 先行スパン2は簡単にいうと、52日移動平均線の動きを当日から数えて26日分、先にずらした線といえます。 前回お伝えした先行スパン1が、一目均衡表の転換線と基準線の平均値を、当日から数えて26日分先に進めた線であったことを考えると、先行スパン2は先行スパン1よりも長期的な動きを見るために活用されることが分かります。 実際のチャートでどのように表示されているのか確認してみましょう。図表1は日経平均株価指数の日足チャートですが、一目均衡表の基準線、転換線、遅行線、先行スパン1、先行スパン2と色分けしてあります。これらのうち、先行スパン2は薄赤色の線です。 図表1 〇日経平均株価指数(日足)、一目均衡表

出典:TradingView Inc. TradingView ※解説を目的に使用しています

先行スパン2も「雲」を形作る一辺

先行スパン1と先行スパン2の関係性

先行スパン1も先行スパン2も雲を形作る線ですが、両者の関係性は、先行スパン2のほうがより長期的な移動平均線としての意味合いがあることから、先行スパン2を軸に先行スパン1がどのように動いているかを観察します。 基準線と転換線の関係性と似たように考えると、先行スパン2が基準線、先行スパン1が転換線のようなものと捉えると分かりやすいかもしれません。 つまり、先行スパン1が先行スパン2を下から上に抜けると、雲の色が薄緑色に転じ、上昇相場に移行するひとつのサインと捉えることができます。逆に、先行スパン1が先行スパン2を上から下に抜けた場合、雲の色がピンク色に変わり、下落相場に入っていくサインと考えられます。

一目均衡表における基準線、転換線、遅行線、先行スパン1、先行スパン2といった線は、端的にいうと、相場と移動平均線の動きを組み合わせながら、相場のトレンドを探るために用いられます。先行スパン1と先行スパン2は、当日から数えて26日分、値動きを先にずらした線であるため、一目均衡表は相場の先行きがある程度示されるテクニカル分析手法であるともいえます。 出典 一目均衡表についても併せて解説 TradingView Inc. TradingView 執筆者:重定賢治 ファイナンシャル・プランナー(CFP)

チャートの見方|FX取引で相場の流れがわかるようになるには?

ローソク足の特徴として、相場の強弱や方向性が一目で簡単に把握できる点が挙げられます。ローソク足は1本の実体とヒゲで表現されるのですが、この中で、 始値(はじめね)、高値(たかね)、安値(やすね)、終値(おわりね)の四本値と、値上がり(陽線)か値下がり(陰線)かを把握 することができるのです。4本、つまり4つのデータを内包して1本のローソク足を形成しています。ローソク足は他のバーチャートやラインチャートに比べて多くの情報をシンプルに表しています。その形状を見れば一目で多くの情報を簡単に把握できるのは他のチャートに比べて強みと言えるでしょう。

ラインチャートは終値をつなげてできた折れ線グラフで、長期の流れを一瞬で理解するのに適しており、複数の銘柄を比較する際などに使用します。

FXのチャートの見方

チャートの縦軸と横軸

チャートを開くと、縦軸と横軸に数字が表示されていることがわかります。 縦軸は価格を表し、横軸は時間を表しています 。この2軸によって、時間の経過とともに価格がどのように変動したかを一目で把握することができるのです。

チャートには分足(ふんあし)、時間足(じかんあし)・60分足日足(ひあし)など、さまざまな時間軸があります。 チャートの横軸を短い期間にして当日や2,3日の値動きを見たい場合には、「分足」や「5分足」を使う と良いでしょう。時間軸を短く設定することで、直近の値動きがわかります。一方、 チャートの横軸を長い期間にする場合には、「日足」「週足」「月足」「年足」を使う と良いでしょう。「日足」はローソク足1本で一日の動きを描き、週足は1週間の動きを描きます。時間軸を長くすれば長くするだけ、過去から今日までの値動きの遷移がわかります。

初心者の方におすすめの見方は、 長期間の値動きを確認してから、徐々に短期的な値動きを見ていき、最後に自分の取引する時間軸を確認する方法 です。そうすることにより、相場認識を正確に行うことができます。

トレンドライン・下値支持線・上値抵抗線の見方

・トレンドライン
トレンドラインとはチャートに引く補助線のことを指します。
相場には、一方の方向(上昇または下落)へ動き続けるトレンド相場と、特定の値幅で推移し続けるレンジ相場があるとされています。トレンドラインは、 チャート上の価格が、これらのどの相場にあてはまるのかを可視化するために引くライン です。

・下値支持線(サポートライン)
下値支持線とは、安値と安値をつなぎ合わせた線のことを指します。その名の通り、下値の支持(サポート)として機能するかどうか確認するために用いられます。 下値支持線を割り込んだ場合には、下落局面への転換として注意が必要 になります。

・上値抵抗線(レジスタンス)
上値抵抗線とは、高値と高値をつなぎ合わせた線のことを指します。その名の通り、上値の抵抗(レジスタンス)として天井の役割で機能するかどうか確認するために用いられます。 上値抵抗線を上抜けた場合には、上昇局面への転換として捉えることができます 。

3つのトレンド

前述の通り、相場には3つのトレンドがあります。ラインを引いてみることで、今の相場がどのトレンドに当てはまるかを正確に認識する必要があります。3つのトレンドは上昇トレンド下降トレンド横ばい、です。上昇トレンドと下降トレンドは、まとめてトレンド相場と呼ばれます。対して、横ばいの状態はレンジ相場と呼ばれます。

上昇トレンドは右肩上がりの上昇傾向にある状態、下降トレンドは右肩下がりの下降傾向にある状態、横ばいは一定の値幅を上下に往復している状態 です。この横ばいの場合は、どこかのタイミングで上昇もしくは下降トレンドに切り替わるのでタイミングの見極めが肝要です。一般的に相場は、 一目均衡表についても併せて解説 上昇下降トレンド相場が全体の2割、横ばいのレンジ相場が8割 と言われています。

FXのチャートで出来高はわかる?

結論から言うとFXのチャートでは 出来高(取引量)は確認することはできません 。出来高というのは取引量の事を指しており、前述したように一定期間内にどれだけの取引が行われたか(成立したか)を表しています。この出来高が多くなると取引が活発になるとされています。

株式などの株価チャートを見てみると、チャートの下に出来高を示す棒グラフがある場合があります。その期間内にどれだけの取引量があり、その取引がどのような値段の推移を示したか、チャートと取引高を絡めた取引戦略として用いるケースがままあります。しかし、FXでは出来高を確認することができません。これは、 為替市場は株式市場と異なり、取引量・取引参加者が多いためその全体像を把握することが難しいから です。また、仕組みの面においても株式取引が取引所取引で取引の全容を把握できるのに対し、FXの為替取引は 相対取引で取引の全容を把握できない 点にその理由があります。

一般的に取引量が多い通貨は米ドルで、米ドルが絡んだ ドルストレートと呼ばれる通貨ペア群は取引量も非常に多い です。USDJPY(ドル/円)やEURUSD(ユーロ/ドル)、GBPUSD(英ポンド/ドル)などが挙げられます。決済など実需においても需要があるためです。全取引通貨ペアの取引量上位5位を見てみてもEURUSD>USDJPY>GBPUSD>AUDUSD(豪ドル/ドル)>USDCAD(ドル/カナダドル)とドルストレートで占められていることがわかります。

チャートと組合せて活用したい主なテクニカル指標

テクニカル指標とは

テクニカル指標とは、 テクニカル分析を行う際にチャートの中に組合せて使用する指標のこと を指します。チャート分析だけでは見えてこない相場の買われすぎや売られすぎといった過熱感売買のタイミングなどを簡単に確認することができます。テクニカル指標は有名なものから自分で計算・開発したものまで星の数ほどあり、 自分に合ったテクニカル指標を見つけることも重要 です。
テクニカル指標にはトレンドの方向をわかりやすく示すトレンド系と、買われすぎ・売られすぎを判断するオシレーター系があります。これらは単体で使う場合もあれば組合せて使うこともあります。

トレンド系のテクニカル指標

移動平均線は 任意の期間(5日、25日、75日、200日が使用されることが多い)の終値の平均値をつないだ線 のことを指します。テクニカル指標の中でも最も有名で、利用するトレーダーも多いです。移動平均線を用いた取引手法は様々なものがあり、移動平均線に関する情報も数多くあふれています。はじめてテクニカル指標に触れる方にはおすすめの指標です。

移動平均線は、その向きに注目し、 向きが変わったポイントをトレンドの変化、つまり売買のシグナルとして利用 することができます。また、線の角度に注目することで そのトレンドがどれぐらい強い勢いか ということも併せて確認できます。そのほかにも複数の移動平均線を用いた「ゴールデンクロス」や「デッドクロス」などのサインがあります。

ボリンジャーバンドは 一定期間の価格から相場の振れ幅(ボラティリティ)を測定し、価格の変動範囲を統計的に導き出す テクニカル指標です。ボリンジャーバンドでは標準偏差と呼ばれる統計的な手法を用いて、過去の値動きから将来の値動きを予測することができます。シンプルで、非常に人気の高いテクニカル指標です。

オシレーター系のテクニカル指標

RSIは相対力指数の英略で、 一定期間の値動きから上昇もしくは下降の勢いがどれぐらい強いかをチェックできる 一目均衡表についても併せて解説 一目均衡表についても併せて解説 テクニカル指標です。急騰急落を定量的に評価することができる指標でもあります。オシレーター系のテクニカル指標の中で最も有名なため、おさえておきたい指標です。

RSIの基本的な使い方は、 RSIの数値が70を超えた高値圏のタイミング(買われすぎ)で逆張りの売りエントリー。30を下回った安値圏のタイミング(売られすぎ)で逆張りの買いのエントリー です。この基準となる数値は相場の状況や取引手法によって異なるため、検証の上、最適な数値を使用しましょう。

MACDは 移動平均を応用した相場の買いと売りの周期とタイミングを視覚的に捉えることのできる テクニカル指標です。比較的精度が高いとされ、愛用者も多いです。特にトレンド相場でその効力を発揮します。MACDの使い方は移動平均線同様に 3本のラインの上抜け、下抜け、ゼロラインとよばれる基準ラインとの交差、チャートとのダイバージェンス(逆行)など があります。

チャートの見方はテクニカル分析の必須科目

マーケット情報

みんなのマーケット

お役立ちコンテンツ

約5分で申込完了!最短当日取引可能

今なら新規口座開設で
最大 50,000 一目均衡表についても併せて解説 円キャッシュバック

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

【2022年上半期】FX人気インジケーターTOP5!おすすめの組合せも解説

インジケーター

またインジケーターの使い方やおすすめの組み合わせも併せて解説していますので、あなたのトレードに役立ててもらえると嬉しいです。

失敗しないインジケーターの選び方

「有料」と「無料」との違いを理解する

有料インジケーター・オリジナルのロジックを用いた情報を表示してくれる
・エントリーシグナルを表示してくれるものもある
・導入には設定が必要
・入手するためには販売者から購入しなければいけない
・FX初心者でもすぐにトレードで勝てるようになりやすい
無料インジケーター・チャートソフトにあらかじめ入っている
・利用するのに費用は発生しない
・使い方はインターネット等で調べる必要がある
・エントリーポイントは自分で見つけなければいけない
・トレードに反映させるのに練習が必要

しかし相場分析やトレードシナリオを誰かに任せたいのなら有料のインジケーターを手に入れてインジケーターに任せてしまった方が早くトレードで稼げるようになるでしょう。

インジケーターのタイプを理解する

トレンド系・チャートの流れを調べるために使われる
・チャートに重なるように表示されるものが多い
オシレーター系・「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を調べる時に使われる
・チャートの下部に表示されるものが多い
資金管理系・pips計算やロスカット幅が分かりやすくなる
・エントリー時やポジション取得時に表示されるものが多い

タイプによってサポートの仕方が変わってきますので、インジケーターを選ぶ際はそのインジケーターがどのタイプか?を確認してから選びましょう。

マニュアルやサポートが充実しているものを使う

  • 細かい設定が必要なインジケーターも多い
  • 設定が変わるだけで表示される情報が変わりエントリータイミングが変わる

マニュアルがあればインストールから反映させるまでの手順が解説されているため、迷うことなくすぐにインジケーターが使えるようになります。

「グランビルの法則」とは?FXエントリーポイントの目安を知る

FXテクニカル分析

この記事では、 移動平均線を使ってFXのエントリーポイントを知りたい という方向けにFXトレードにおいてテクニカル分析で使われる 「グランビルの法則」について詳しく説明しています。

「グランビルの法則」とは?FXでも使える?

移動平均線価格変動を組み合わせた手法 ですので、FXのテクニカル分析にも流用することは可能です。

また、 「グランビルの法則」を使う際には、単独で用いるのではなく、「ダウ理論」なども併せて確認することにより精度が上がります。

「グランビルの法則」4つの買いポイント

「グランビルの法則」が示す4つの買いポイントをお伝えします。

  1. 下降していた移動平均線が 横ばいから上昇 に転じた時に価格が移動平均線を 一目均衡表についても併せて解説 下から上 に突き抜けたポイント
  2. 移動平均線が 上向き の時、移動平均線より上にあった価格が移動平均線を 一度下抜け再度上抜け たポイント
  3. 移動平均線が 上向き の時、移動平均線より上にある価格が移動平均線付近まで近づき、移動平均線を 下回ることなく 価格が反発し上昇していくポイント
  4. 移動平均線が 下向き の時、価格が移動平均線より 大きく乖離して下がっている ポイント

買いポイント1

下降していた移動平均線が 横ばいから上昇 に転じた時に価格が移動平均線を 下から上 に突き抜けたポイント

買いポイント2

移動平均線が 上向き の時、移動平均線より上にあった価格が移動平均線を 一度下抜け再度上抜け たポイント

買いポイント3

移動平均線が 上向き の時、移動平均線より上にある価格が移動平均線付近まで近づき、移動平均線を 下回ることなく 価格が反発し上昇していくポイント

買いポイント4

移動平均線が 下向き の時、価格が移動平均線より 大きく乖離して下がっている ポイント

「グランビルの法則」4つの売りポイント

「グランビルの法則」が示す4つの売りポイントをお伝えします。

  1. 上昇していた移動平均線が 横ばいから下降 に転じた時に価格が移動平均線を 上から下 に突き抜けたポイント
  2. 移動平均線が 下向き の時、移動平均線より下にあった価格が移動平均線を 一度上抜け再度下抜け たポイント
  3. 移動平均線が 一目均衡表についても併せて解説 下向き の時、移動平均線より下にある価格が移動平均線付近まで近づき、移動平均線を 上回ることなく 価格が反発し下降していくポイント
  4. 移動平均線が 上向き 一目均衡表についても併せて解説 の時、価格が移動平均線より 大きく乖離して上がっている ポイント

売りポイント1

上昇していた移動平均線が 横ばいから下降 に転じた時に価格が移動平均線を 一目均衡表についても併せて解説 上から下 に突き抜けたポイント

売りポイント2

移動平均線が 下向き の時、移動平均線より下にあった価格が移動平均線を 一度上抜け再度下抜け たポイント

売りポイント3

移動平均線が 下向き の時、移動平均線より下にある価格が移動平均線付近まで近づき、移動平均線を 上回ることなく 価格が反発し下降していくポイント

売りポイント4

移動平均線が 上向き の時、価格が移動平均線より 一目均衡表についても併せて解説 大きく乖離して上がっている ポイント

4番目の売りポイントは、解釈の仕方により、 下降一服後に買い支えられた後の戻しを狙った売りポイントと上昇トレンド中の逆張り的な戻しを狙った売りポイント に分かれます。

「グランビルの法則」まとめ

  • 「グランビルの法則」は 移動平均線 と 価格の位置 から エントリーポイント を知ることができる理論である
  • 「グランビルの法則」には売り・買いそれぞれ 4つ のポイントがある
  • 「グランビルの法則」だけを根拠にエントリーするのではなく他の指標も 組み合わせ て活用することが重要

「グランビルの法則」でエントリーポイントの目安を知ることはできますが、 「グランビルの法則」だけでエントリーするのは危険ですので、ダウ理論水平線チャートパターンローソク足の形状など、相場背景から読み取り複合的に使うことをお勧めいたします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる