Web取引ガイド

アウトライト取引

アウトライト取引
FX初心者だからと言って、 ミスは大きな命取り、 ミスをなくして取引しよう!

外国為替入門講座 第8回 為替スワップ

外国為替入門講座 第8回 為替スワップ

1.為替スワップ取引

為替取引には、現時点で通貨の交換を行う 直物(じきもの)為替 と、将来の時点で通貨の交換を行う 先物(さきもの)為替 があります。

外国通貨と円の交換レートは、毎日大きく動いています。将来の時点にドルをいくらで交換できるかを決めておくことは重要です。例えば、原価70万円の自動車を1万ドルで売った場合に、為替レートが決まらないと儲けの判断ができません。
先物為替は、現時点で将来の時点に外貨をいくらで売り買いするのかを決めておくものです。簡単にいえば、 予約レート です。

2.為替スワップとは何か

為替スワップ取引は、 直物為替と先物為替の売買を、同時に交差的に組み合わせて行う取引 です。直物為替の売買に、逆の売買条件の先物為替を組み合わせます。

3.為替スワップと先物レート

直物為替に為替スワップを加えると、先物為替を作ることができます。為替スワップは、直物為替と先物為替の橋渡しの役割をしています。
外国為替市場では、先物レートは実数で建て値されるのではなく、 直先スプレッドが建て値 されています。直先スプレッドとは、直物レートと先物レートの差額で、為替スワップの価格のことです。

先物レート=直物レート ± 直先スプレッド

米国の金利が日本の金利より高い 場合には、直物レートから直先スプレッドを差し引くことで、先物レートを計算します。これを ドルディスカウント/円プレミアム といいます。

先物レート=直物レート-直先スプレッド

逆に、 米国の金利が日本の金利より低い 場合には、直物レートに直先スプレッドを加えて先物レートを計算します。これを ドルプレミアム/円ディスカウント といいます。

先物レート=直物レート+直先スプレッド

4.銀行の操作

為替スワップ取引は、企業に先物為替を供給する必要がある銀行が、 銀行間で行うプロの取引 です。この取引のおかげで、銀行は、企業からの先物為替の注文に応じることができます。

ある輸出企業から、3ヶ月先に100万ドルを売りたいという先物為替の注文が入ったとします。すると銀行は、 直物市場でドルを売り、為替スワップで直物の買いと先物の売り アウトライト取引 を行います。その結果、先物の売りポジションだけが残ります。
ここでいうポジションとは、債権と債務の差額のことです。ドルの売りとドルの買いを比べて、売りが多い場合を売りポジション、あるいは、売り持ちと呼んでいます。

3ヶ月後に輸出企業から買い取ったドルは、この先物の売りポジションで相殺されます。したがって、銀行は 為替リスク を負わなくて済みます。

5.為替スワップの価格

為替スワップには、2種類の取引があります。 アウトライト取引 期近でドルを買い、期先でそれを売る取引 と、 期近でドルを売り、期先でそれを買う取引 です。前者を 買い/売りスワップ 、後者を 売り/買いスワップ といいます。
期近とは、現時点に近い手前の期日という意味です。今日、明日、のように現時点に近い期日を指します。期先は、先の期日のことです。
例えば、ドルの買い/売りスワップは、1ドル=100円で直物を買い、期先に1ドル=95円で先物を売り戻すといった取引を指します。

直物為替レートと先物為替レートの間の価格差を、 直先(じきさき)スプレッド といいます。これを、直先スプレッドの支払側からはス ワップコスト 、受取側からは スワップマージン と呼びます。
ドルの買い/売りスワップを行うと、直物レート(100円)と先物レート(95円)の差額の5円(100-95=5)を、取引相手に支払ったことになります。

直先スプレッド=2国間の金利差

日本の銀行から100円を借りてドルと交換して、 米国の銀行に預金 すると、1年後、1ドル10セントが手に入ります。
もし、先物レートが$1=¥100であった場合、1ドル10セントは、110円と交換されます。銀行から借りた
100円の利子は5円ですから、銀行に105円を返すと手元に5円(110円-105円=5円)の利益が得られます。もし、こんなうまい話があれば、誰もがドルでの運用を始めます。その結果、ドルの売り予約が増えます。ドルの売り手が増えるのですから、先物のドルの値段は下がっていきます。1ドル=95円45銭まで下がると、1ドル10セントは、円と交換しても105円(1.1×95.45=105)にしかならなくなり、ドルで運用しようとする動きが止まります。

では、予約レートがもっと下がって1ドル=90円になったらどうなるでしょう。今度は、逆の動きが始まります。米国の銀行から1ドルを借りて 日本の銀行に預金 する動きです。1ドルを100円に替えて運用すると、1年後、105円になります。1ドル=90円でドルに換算すると、1ドル16セント(105÷90=1.16)になります。銀行には、1ドル10セントを返済すればいいのですから、6セントの儲けとなります。したがって、ドルの買い予約が増えていき、予約レートは上がっていきます。 1ドル=95.45円(105÷1.1=95.45)になると、儲けはゼロとなるのでドルの買い予約をする人もいなくなります。

結局、先物レートは、1ドル=95円45銭の水準で落ち着くことになります。
この 直先スプレッド4.55円 (100-95.45=4.55)は、 日米の金利差5% (10-5=5)に相当します。
これは、円で運用しても、ドルで運用しても105円にしかならないように、先物レートが調整されていくことを意味します。円価での運用額とドルでの運用額が等しくなるように、先物レートが調整されていくのです。

6.直先スプレッドの計算

直先スプレッドは、先物レートと直物レートとの差額なので、先物レートが決まると簡単に計算できます。先物レートは、円で運用しても、ドルで運用しても アウトライト取引 運用額が等しく なるような水準で落ち着きます。

これを式にすると、 円での運用額=ドルの運用額 アウトライト取引 となります。
円での元利合計=ドルでの元利合計
¥元本×(1+¥金利×日数÷365)=$元本×(1+$金利×日数÷360) とおけます。
この式を変形すると、

直物レート(1ドル=¥100)、円金利5%、ドル金利10%のときの1年先の先物レートは、
【 1年後の円での運用額=1年後のドルの運用額 】であるという関係から、
100円×(1+0.05×365÷365)=1ドル×(1+0.1×360÷360)
1ドル=100円×(1+0.05)÷(1+0.1)=95.45円 となります。

「アウトライト」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

「アウトライト」の意味は以下の通りとなります。
(1)外国為替取引における取引手法の一つで、通常は買い戻しや売り戻しの条件を付けるのだが、それをしない単独取引となる。
(2)投資や証券用語の一つで、主に外国為替取引やFX取引で用いられる専門用語。
(3)アウトライト、又はアウトライト取引と呼ばれる。
(4)スワップ取引の反対になる。
普段投資に興味がないと、株取引ぐらいしか知らないものです。しかし、実際に金融や投資の世界に踏み入れると、株だけでなく外国為替や先物や債券なども同列の金融商品となります。その中で「アウトライン」とは、主に外国為替に対して用いる取引手法です。他にも債権などでも行われていますが、一般的であり多いのが外国為替となります。外国為替には、”直物為替取引”と”先物為替取引”の二つがあり、さらにそれぞれで「アウトライン取引」と「スワップ取引」があり、これらを組み合わせて取引をするのがプロのディーラーです。これを踏まえて、「アウトライン」とは、買い戻しや売り戻しの条件を付けない単独の取引となります。単純に買い、又は売りのポジションだけを保有するので利益も大きいが損失も大きくなる手法で、通常は短期取引で用いられます。最近はリスク回避の「スワップ取引」が好まれる傾向なので、「アウトライン」の取引量は減少しているが、他の金融商品と絡めて取引するなど様々な方法で導入されています。

アウトライトの由来

アウトライトの文章・例文

例文1. アウトライトは外国為替や債券などで用いられる取引手法で、株取引ではまず聞かれない。
例文2. アウトライトの反対がスワップ取引で、現在はこちらが主流である。
例文3. FXや株などの個人投資家にとって、アウトライトはプロの専門家が用いるものと認識されている。
例文4. アウトライトはリスクが大きくなるので、今後もメジャーな取引にはならないだろう。
例文5. アウトライトとは裁量取引に限りなく近い取引となる。

外国為替入門講座 第8回 為替スワップ

外国為替入門講座 第8回 アウトライト取引 為替スワップ

1.為替スワップ取引

為替取引には、現時点で通貨の交換を行う 直物(じきもの)為替 と、将来の時点で通貨の交換を行う 先物(さきもの)為替 があります。

外国通貨と円の交換レートは、毎日大きく動いています。将来の時点にドルをいくらで交換できるかを決めておくことは重要です。例えば、原価70万円の自動車を1万ドルで売った場合に、為替レートが決まらないと儲けの判断ができません。
先物為替は、現時点で将来の時点に外貨をいくらで売り買いするのかを決めておくものです。簡単にいえば、 予約レート です。

2.為替スワップとは何か

為替スワップ取引は、 直物為替と先物為替の売買を、同時に交差的に組み合わせて行う取引 です。直物為替の売買に、逆の売買条件の先物為替を組み合わせます。

3.為替スワップと先物レート

直物為替に為替スワップを加えると、先物為替を作ることができます。為替スワップは、直物為替と先物為替の橋渡しの役割をしています。
外国為替市場では、先物レートは実数で建て値されるのではなく、 直先スプレッドが建て値 されています。直先スプレッドとは、直物レートと先物レートの差額で、為替スワップの価格のことです。

先物レート=直物レート ± 直先スプレッド

米国の金利が日本の金利より高い 場合には、直物レートから直先スプレッドを差し引くことで、先物レートを計算します。これを ドルディスカウント/円プレミアム といいます。

先物レート=直物レート-直先スプレッド

逆に、 米国の金利が日本の金利より低い 場合には、直物レートに直先スプレッドを加えて先物レートを計算します。これを ドルプレミアム/円ディスカウント といいます。

先物レート=直物レート+直先スプレッド

4.銀行の操作

為替スワップ取引は、企業に先物為替を供給する必要がある銀行が、 銀行間で行うプロの取引 です。この取引のおかげで、銀行は、企業からの先物為替の注文に応じることができます。

ある輸出企業から、3ヶ月先に100万ドルを売りたいという先物為替の注文が入ったとします。すると銀行は、 直物市場でドルを売り、為替スワップで直物の買いと先物の売り を行います。その結果、先物の売りポジションだけが残ります。
ここでいうポジションとは、債権と債務の差額のことです。ドルの売りとドルの買いを比べて、売りが多い場合を売りポジション、あるいは、売り持ちと呼んでいます。

3ヶ月後に輸出企業から買い取ったドルは、この先物の売りポジションで相殺されます。したがって、銀行は 為替リスク を負わなくて済みます。

5.為替スワップの価格

為替スワップには、2種類の取引があります。 期近でドルを買い、期先でそれを売る取引 と、 期近でドルを売り、期先でそれを買う取引 です。前者を 買い/売りスワップ 、後者を 売り/買いスワップ といいます。
期近とは、現時点に近い手前の期日という意味です。今日、明日、のように現時点に近い期日を指します。期先は、先の期日のことです。
例えば、ドルの買い/売りスワップは、1ドル=100円で直物を買い、期先に1ドル=95円で先物を売り戻すといった取引を指します。

直物為替レートと先物為替レートの間の価格差を、 直先(じきさき)スプレッド といいます。これを、直先スプレッドの支払側からはス ワップコスト 、受取側からは スワップマージン と呼びます。
ドルの買い/売りスワップを行うと、直物レート(100円)と先物レート(95円)の差額の5円(100-95=5)を、取引相手に支払ったことになります。

直先スプレッド=2国間の金利差

日本の銀行から100円を借りてドルと交換して、 米国の銀行に預金 すると、1年後、1ドル10セントが手に入ります。
もし、先物レートが$1=¥100であった場合、1ドル10セントは、110円と交換されます。銀行から借りた
100円の利子は5円ですから、銀行に105円を返すと手元に5円(110円-105円=5円)の利益が得られます。もし、こんなうまい話があれば、誰もがドルでの運用を始めます。その結果、ドルの売り予約が増えます。ドルの売り手が増えるのですから、先物のドルの値段は下がっていきます。1ドル=95円45銭まで下がると、1ドル10セントは、円と交換しても105円(1.1×95.45=105)にしかならなくなり、ドルで運用しようとする動きが止まります。

では、予約レートがもっと下がって1ドル=90円になったらどうなるでしょう。今度は、逆の動きが始まります。米国の銀行から1ドルを借りて 日本の銀行に預金 する動きです。1ドルを100円に替えて運用すると、1年後、105円になります。1ドル=90円でドルに換算すると、1ドル16セント(105÷90=1.16)になります。銀行には、1ドル10セントを返済すればいいのですから、6セントの儲けとなります。したがって、ドルの買い予約が増えていき、予約レートは上がっていきます。 1ドル=95.45円(105÷1.1=95.45)になると、儲けはゼロとなるのでドルの買い予約をする人もいなくなります。

結局、先物レートは、1ドル=95円45銭の水準で落ち着くことになります。
この 直先スプレッド4.55円 アウトライト取引 (100-95.45=4.55)は、 日米の金利差5% (10-5=5)に相当します。
これは、円で運用しても、ドルで運用しても105円にしかならないように、先物レートが調整されていくことを意味します。円価での運用額とドルでの運用額が等しくなるように、先物レートが調整されていくのです。

6.直先スプレッドの計算

直先スプレッドは、先物レートと直物レートとの差額なので、先物レートが決まると簡単に計算できます。先物レートは、円で運用しても、ドルで運用しても 運用額が等しく なるような水準で落ち着きます。

これを式にすると、 円での運用額=ドルの運用額 となります。
円での元利合計=ドルでの元利合計
¥元本×(1+¥金利×日数÷365)=$元本×(1+$金利×日数÷360) とおけます。
この式を変形すると、

直物レート(1ドル=¥100)、円金利5%、ドル金利10%のときの1年先の先物レートは、
【 1年後の円での運用額=1年後のドルの運用額 アウトライト取引 】であるという関係から、
100円×(1+0.05×365÷365)=1ドル×(1+0.1×360÷360)
1ドル=100円×(1+0.05)÷(1+0.1)=95.45円 となります。

アウトライト

FXは、株式や商品先物のような相場のひとつですが、そのポジションの建て方には2通りあります。
1つは、アウトライト取引で、もう1つはスプレッド取引です。この他にはスワップ取引等もありますが、
ここでは、アウトライトとスプレッドについてです。
FXにおけるアウトライト取引は、1組みの通貨ペアの買いポジションまたは売りポジションを建てることです。
これは、一番単純なポジション建て方で、みなさんは意識せずに行なっているのではないでしょうか。
スプレッド取引は、2組みの通貨ペアに対して、一方を買い、他方を売るというポジションをとることをいいます。
例えば、米ドル円とユーロ円の2組みの通貨ペアに対して、米ドル円を買って、ユーロ円を売るというようなポジションをとれますが、
これがスプレッド取引になっています。しかし、よく考えてみますと、FXの取引自体がスプレッド取引のようなものです。
上記の例では、ユーロ米ドルの通貨ペアの(アウトライトの)売りポジションと原理的には変わりありません。
スプレッド取引は、いずれかのポジションを解消することでアウトライト取引に移行できます。
このため、時間差で利益を追求することもできますが、それをするにはタイミングが全てと言っても良いでしょう。
スプレッド取引では、3組以上の通貨ペアを組み合わせたポジションもとれます。
しかし、これはかなり複雑な取引になりますし、証拠金も余裕ないとできません。

FX初心者の方必見!!

FX取引で勝つために!!

FX口座を開設する前に! 役立つ情報ページ

初心者のための、「やっておかなきゃ損!」な 情報を解説しています。

自分に合った取引 スタイルを見つける!

FX初心者でも、取引スタイルは人それぞれ、 自分のライフスタイルに合わせた 取引スタイルで、はじめよう!

初心者の口コミは 初心者にとって 分かりやすい!?

初心者が口コミするほどの使いやすい FX取引口座は、初心者でも使いやすいのは あたりまえ!

FX初心者がやって しまいがちなミスを 徹底解説!

FX初心者だからと言って、 ミスは大きな命取り、 ミスをなくして取引しよう!

FX初心者が躓くのは 用語だ!

FX初心者でもこれくらいは 覚えておけ!最重要用語を 徹底解説!

金融クラスタによる「元GS出身」という肩書への物語言及により投資界隈に元GS出身者が増殖中

ほのお系ニュース

金融クラスタによる「元GS出身」という肩書への物語言及により投資界隈に元GS出身者が増殖中

アウトライト取引・・・英語にすると「Outright」で「一回限り」という意味。外国為替取引において、直物為替(スポット)や先物為替(フォワード)の売買を単体で行うことをいう。買い戻しや売り戻しの条件を付けずに、買いなら買いを、売りなら売りをそれぞれ単独で行うことを指す。要は一般的にはごく単純な注文の事。普通、機関投資家は取引の際に単純な売買以外に何らかの条件付けを指定する事でリスク回避する事が多いためアウトライトは多くの場合、短期の取引で使われる裁量的な取引となる。

1本・・・市場用語で100万ドルのことをいう。ディーラー間で取引をする場合の最小単位(最小取引ロット)となっている。例えば、ドル/円を1本取引した場合、1円動くと100万円、10銭動くと10万円、1銭動くと1万円の損益が発生。16,000本はこの16,000倍、つまり100万ドル×16,000で 16,000,000,000ドル。160億ドル。日本円だと約1兆7,178億4,410万5,647円。

まさに。本当ってなんですかね。
bioにも書いてますが、僕は昔叶えられなかった夢を追いかけてるだけで、このTwitterは全て僕の夢想したことを書いてるだけなんですよ。車も時計も買ってないし家も住んでないってよく言われる。
知ってる人は知ってるしその事に反論はしない主義で、Twitterは物語です https://t.co/vGIp8cl93l

— アウトライト取引 やまさん (@car_gentleman) June 13, 2020

達観ですね(笑)
身バレしないように書いてることや、確かに一部大袈裟に書いたことは切り取られて悪魔の証明に使われるんですが、でもよくよく考えると実生活にはなんら影響はないし、ツイッタランドはフィクションの世界だって原点に戻りました。やまさんは自称個人トレーダーの無職です()

— やまさん (@car_gentleman) June 13, 2020

今回火をつけてしまった張本人だけどそのおかげか色々な人から彼からの被害報告が入ってくるくる。

— TokyoBay (@tokyobay_maku) June 13, 2020

現在フォロワーの弁護士の方にもご協力頂き法に抵触しないようお伝えできればと思っております。

— TokyoBay (@tokyobay_maku) June 14, 2020

何もかも嘘で雰囲気商法してるだけパターン(e.g.オプザイル)と、金持ってるのは本当だけど出処を人に言えないヤバい金で、でも自慢したいからトレードで勝ったことにしてどうせ嘘つくなら投資銀行出身ってことにしておくか〜ワンチャン雰囲気商法に繋がるかも!の2パターンがあるのを観測しています。

— ヨーロピアン (@sen_axis) June 14, 2020

16000本は凄いなー。

自称GSトレーダーの多くは偽物な気がしてます。

日本人のプロップ、プリンシパルトレーダーは過去20年で数十人しかいないかと。

必要があれば鑑定します^_^ https://t.co/4wqOpwp317

— 加納裕三 (Yuzo Kano) (@YuzoKano) June アウトライト取引 13, 2020

元GSが話題になってるけど肩書きや過去の経歴、学歴などをアピる人ってその頃が自分のピークだったり自分を肯定できることがそれしかないって言ってるようなもの。成長し続けている人は過去や現在ではなく未来を語ります。
明日も日経暴落をお祈りします

— とまとま元GS(G-SHOCK)トレーダー (@tmtm_pj) June アウトライト取引 14, 2020

GSの部門云々じゃなくて、あの人は学生時代に天才だった!みたいな価値判断で投資とかトレーディングの仕事を嬉しそうに話すところがバーチャと言われるゆえんなんだよ。

— ぷろっぷ PropTrader (@PropTrader88) June 13, 2020

我が名はアシタカ!投資でドカンと一発稼げると聞き、種銭として親の老後の蓄えを借りて参入するもDLEとテラを高値掴みして大きく資産を減らしてしまった!しかし、ここに株の先生がいると聞いた!入会金30万と月謝20万も用意した!元GS勤務の運営する投資サロンはここか! pic.twitter.com/itEPbnTcPb

— あさぎ (@lmvle) June アウトライト取引 14, 2020

某Gの人は自分も過去2回くらいお金貸してと言われたことあったのだけど、もし詐欺的なことで言ってきてたんだとしたらショックだなぁ、、

— テスタ (@tesuta001) June 14, 2020

「元GS勤務です!毎月ワイパーを16,000本売ってました」と言っておけば、それはそれで伝説になってたと思うの。

— ヤリ手ジジイ (@yaritejijii) June 14, 2020

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる