テクニカル指標

取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選

取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選
As per the forecast and algorithmic analysis, [the] price of 1 Tron (TRX) will be around
「BITPoint(ビットポイント)」は、株式ビットポイントジャパンが運営する暗号資産取引所です。ビットポイントジャパンではビットコインやイーサリアム、XRPといった主要な暗号資産が取り扱われており、取引手数料無料で利用が可能となっています。また、初心者でも簡単に取引ができるスマホアプリも用意されているため、これから暗号資産投資を始めたいと考える方が開設する暗号資産取引所候補のひとつです。.2402 in 2027. CryptoGround

仮想通貨トロン(TRX/TRON)って?特徴や将来性を徹底解説!

トロン_特徴

Based on our forecasts, 取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選 a long-term increase is expected, the price prognosis for 2027-04-10 is 0.251 US 取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選 Dollars. With a 5-year investment, the revenue is expected to be around +306.81%. Your current $100 investment may be up 取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選 to $406.81 in 2027.

WalletInvestor

仮想通貨メディアのWalletInvestorは2027年までに価格が 4倍 になると予想しています。

$TRX valuation in by the end of 2018. Has climed from $3.00 to $8.00 by experts in Wall Street.

Twitter

2018年において、ウォール街のプロトレーダーたちがいずれトロンが8ドル(約900円)まで上がると予想しています。

As per the forecast and algorithmic analysis, [the] price of 1 Tron (TRX) will be around $0.2402 in 2027.

CryptoGround

ただ、そこまではないという意見も出ています。仮想通貨メディアのCryptoGroundでは、1TRXが0.24ドル(約30円)になると予想しています。

【辛口】LINE BITMAXの評判!利用者100名の意見から評価

公式サイト:https://www.bitmax.me/

  • 取引所に安心感を求める方
  • 仮想通貨初心者の方

LINE BITMAXは破産のリスクや大きな問題を起こす確率が少ないと言えます。

  1. トップ画面で買いたい仮想通貨を選ぶ
  2. 取引画面で「買う」を選択する
  3. 金額を入力して「買う」をタップする

そのため LINE BITMAXは、初心者でも迷うこと無く操作できることが大きな強みです。

1-2. LINE BITMAXの危険性は低い

しかし、 LINE BITMAXは破産のリスクや大きな問題を起こす確率が少ないとい言えます。

2.LINE BITMAXの口コミ・評判

全体的に 「貸仮想通貨」や有名人を起用するなどして力を入れている「NFT」への好意的な意見が多くありました。

2-1.LINE BITMAXの良い口コミ・評判

BITMAXのマーケットにトレカが売ってたから LINEのNFTトレカを記念に一枚買ったわ 売買やマーケットに慣れておくために使ってみたけどシンプルで簡単

2-2.LINE BITMAXの悪い口コミ・評判

Bitmaxやってみました。 リンクの売却にエラー出まくりw スプ悪いのは納得してたけど売却制限とかエラーは控えめに言ってゴミですね。。。

3.LINE 取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選 BITMAXの利用者100名の評判から分かったメリット4選

3-1.独自通貨LINKの売買が可能

LINKの特徴は主に、「LINE Blockchain」でトークン(通貨)として使用可能なことや、ユーザーが「LINE Blockchain」に貢献することにより「報酬」として受け取ることができること、NFTの購入に使用できることなどがあります。

国内の仮想通貨取引所でLINKを取り扱っているのはLINE BITMAXだけのため、LINKを売買したい方はLINE BITMAXでの取引が必須となります。

3-2.貸仮想通貨の利率が高い

LINEBITMAXでは独自の通貨「LINK」が高い利率で貸仮想通貨ができることが大きなメリットです。

  • 30日プラン:8%
  • 60日プラン:10%
  • 90日プラン:12%

3-3.NFTの売買が簡単にできる

  1. LINE BITMAX Walletの「マーケット」タブをタップ
  2. 欲しいNFTを選ぶ
  3. LINKで購入

以上の 3ステップだけでNFTを買うことができます。

3-4.本人確認の審査が早い

LINE BITMAXでは本人確認の審査がスピーディーで始めやすいことも大きなメリットです。

さらに、LINE Payの本人確認をおこなっていれば、LINE BITMAXとLINE Payを連携すると本人確認をせずに済むため、LINE Payユーザーには大変便利と言えます。

4.LINE BITMAXの利用者100名の評判から分かったデメリット3選

4-1.スプレッドが広い

販売所手数料取引所手数料
Liquidスプレッド:0~0.0007%
bitFlyerスプレッド:2.9%スプレッド:0.01%~0.15%
bitbankスプレッド:2.0%スプレッド:0.01%

LINE BITMAXは他の仮想通貨取引所と比べるとスプレッドが広めになっています。

4-2.出金限度額が低い

なぜなら、 LINE BITMAXの出庫限度額は1日100万円までと低い からです。

4-3.メンテナンスが多い

LINE BITMAXは深夜12時以降から朝方にかけてのメンテナンスをよく行います。

5.LINE BITMAXと他サービス2社との比較

LINE BITMAXbitFlyerCoincheck
売買手数料販売所:無料販売所:無料
取引所:0.01~0.15%
販売所:無料
取引所:無料
使いやすさ
LINEアプリで取引
〇DL数国内第1位
取り扱い通貨数6通貨13通貨17通貨
取引量
ビットコインの取引量は国内トップクラス
分析ツール
貸仮想通貨◎最大年率12%×
仮想通貨積立×
〇毎月1万円から利用可
入出金方法LINE Pay銀行振込銀行振込ネットバンキング入金コンビニ入金銀行振込クイック入金(ペイジー決済)コンビニ入金
その他独自通貨LINKの売買が可能アルトコインの取扱いは販売所のみ(イーサリアム以外)アプリのチャート画面が見やすく、ユーザーに高評価

特に、 仮想通貨取引所の中でもスプレッドが狭く使いやすい取引所としては、bitFlyerがオススメ。

そのため3社を比べると、 使いやすいスマホアプリで取引を完結させたい人にはLINE BITMAXがオススメできるでしょう。 取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選

少しマイナーなアルトコインの売買をおこないたい場合は、Coincheckを利用するのがオススメできるでしょう。

現在は 取引量で判断するのであればbitFlyerが最もおすすめです。

分析ツールを重視する場合は、Coincheckを利用するのがおすすめです。

貸仮想通貨は利率が最大12%と非常に高いLINE BITMAXがおすすめできるでしょう。

仮想通貨積立は積立頻度や金額の設定範囲が広いbitFlyerが利用しやすいと言えるでしょう。

LINE BITMAXの入出金方法は、LINE Payまたは銀行振込となります。

取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選 LINE Payを普段から利用している場合はLINE BITMAX。

6.LINE BITMAXで実施中のキャンペーン

公式サイト:https://www.bitmax.me/

LINE BITMAXでは2021年9月現在、「LINE BITMAX2周年記念キャンペーン」を実施しています。

ある程度まとまった量の仮想通貨の購入を考えている方や、今話題のNFTに触れてみたい方にはお得なキャンペーンと言えるでしょう。

暗号資産トロン(TRX)とは?トロンの機能や通貨の特徴を紹介

TRX


トロンは中国の起業家ジャスティン・サン氏が立ち上げた非営利団体「TRON財団」によって2017年に公開されたブロックチェーンプラットフォームです。エンタメ業界を新しくすることをミッションに、動画やゲーム、音楽などといったデジタルコンテンツの発信や共有を目標にして開発がスタートしました。

1.1. TRON財団設立者のジャスティン・サン氏とは

1.2. トロンの機能とは

トロンブロックチェーンはDelegated Proof-of-Stake Consensus (DPoS)コンセンサスアルゴリズムを採用しています。簡単に説明すると、投票権を持つ人によって委任された人が、ブロックの生成を行うという仕組みです。DPoSにより、トロンはTPS(秒間トランザクション)2,000件の処理を可能としています。これはビットコイン(TPS 5件)やイーサリアム(TPS 25件)と比較して高く、スピーディな取引が可能となっています。

②トロン(TRX)とは

TRX TVL


DeFiLhamaというデータサイトによると、トロンのTVL(プールされた総資産価値)は約60億米ドル(8,000億円)に上り、プラットフォームの中でイーサリアムやBSCに次いで3番目の規模となっています。

③トロン(TRX)を国内で購入するには

初心者でも取引しやすいアプリを提供する「BITPoint」

仮想通貨取引所・販売所のBITPoint


「BITPoint(ビットポイント)」は、株式ビットポイントジャパンが運営する暗号資産取引所です。ビットポイントジャパンではビットコインやイーサリアム、XRPといった主要な暗号資産が取り扱われており、取引手数料無料で利用が可能となっています。また、初心者でも簡単に取引ができるスマホアプリも用意されているため、これから暗号資産投資を始めたいと考える方が開設する暗号資産取引所候補のひとつです。

130か国以上で数百万人のユーザーにサービスを提供する「Huobi」

仮想通貨取引所・販売所のHuobi japan(フオビジャパン)


仮想通貨取引所・販売所のHuobiHuobiは2013年の設立以来、累積売上高が1兆2,000億ドルを超える世界最大級のデジタル資産取引所です。設立から5年、現在では130か国以上の何百万人のユーザーを抱えており、現在Huobiは仮想通貨交換業者のBitTradeを傘下に、日本の法律に則った金融サービスを開始しています。

6月15日からTRXの取引を開始する「DMM Bitcoin」


仮想通貨取引所・販売所のDMM Bitcoin「DMM Bitcoin」は株式会社DMM.取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選 comのグループ会社であるDMM Bitcoinが運営する暗号資産取引所です。DMM Bitcoinでは、国内でも最多となるアルトコインレバレッジ取引銘柄を取り扱っており、DMMグループが培ってきた金融サービスのノウハウを活用し、株式などの金融商品取引経験のある投資家が利用しやすいサービスを提供していることが特徴です。

DMM Bitcoinでは現物の取引や取引所方式によるサービス提供を行っていないものの、こうしたサービス展開の背景には今後定まっていく規制への対応や顧客への安全なサービス提供という観点があり、DMM Bitcoinが取り扱っておらず他取引所で取り扱いのあるサービスについても、新たな注文方式の導入によりスプレッドを狭くする対応を進めるなど、グループ会社の金融ノウハウを活かしたサービス展開が魅力となっています。

仮想通貨トロン(TRX/TRON)って?特徴や将来性を徹底解説!

トロン_特徴

Based on our forecasts, a long-term increase is expected, the price prognosis for 2027-04-10 is 0.251 US Dollars. With a 5-year investment, the revenue is expected to be around 取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選 +306.81%. Your current $100 investment may be up to $406.81 in 2027.取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選

WalletInvestor

仮想通貨メディアのWalletInvestorは2027年までに価格が 4倍 になると予想しています。

$TRX valuation in by the end of 2018. Has climed from $3.00 to $8.00 by experts in Wall Street.

Twitter

2018年において、ウォール街のプロトレーダーたちがいずれトロンが8ドル(約900円)まで上がると予想しています。

As per the forecast and algorithmic analysis, [the] price of 1 Tron (TRX) will be around $0.2402 in 2027.

CryptoGround

ただ、そこまではないという意見も出ています。仮想通貨メディアのCryptoGroundでは、1TRXが0.24ドル(約30円)になると予想しています。

ビットコインはどこで買うべき?おすすめ取引所10社厳選!手数料から取扱通貨数まで

BTC.jpeg

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リスク(LSK)
・ファクトム(FCT)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・アイオーエスティー(IOST)
・エンジンコイン(ENJ)
・オーエムジー(OMG)
・パレットトークン(PLT)

コインチェックの安全性、セキュリティ

コインチェックでは安全性を高めるため、以下のような対策を行っています。
・利用者の資産分別管理
・財務情報の開示
・コンプライアンス体制の見直し

また、セキュリティ面においても、以下のような取り組みを行っています。
・マルチシグの実施
・コールドウォレットの導入
・SSLの利用
・ログイン時の二段階認証実施

2位:取り扱う暗号資産の種類がビットコインを含めて19種類「DMM Bitcoin」

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの概要
取引通貨数 19種類
販売所手数料 無料
取引所手数料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

DMM Bitcoinは、ビットコインを含め19種類もの通貨が取引可能です。取引可能銘柄数でも国内事業者では4位にランクインしています。

入出金手数料や取引に必要な手数料も無料です。取引時の手数料は暗号資産取引所の中でも安いです。

DMM Bitcoinの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ライトコイン(LTC)
・ステラルーメン(XLM)
・イーサクラシック(ETC)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・クアンタム(QTUM)
・オーエムジー(OMG)
・モナコイン(MONA)
・ネム(XEM)
・シンボル(XYM)
・トロン(TRX)
・カルダノ(ADA)
・ポルカドット(DOT)
・アイオーエスティー(IOST)
比較的マイナーな通貨もあるため、仮想通貨上級者のかたでも楽しめます。

DMM Bitcoinの安全性、セキュリティ

・オフラインウォレットでの顧客資産管理
・顧客資産と会社資産の分別
・2段階認証と生体認証の導入
・不正アクセスへの監視
・マルチシグネチャ対応
・SSL暗号化通信

3位:取引所・販売所どちらも対応「bitFlyer(ビットフライヤー)」

bitFlyer

bitFlyerの概要
取引通貨数 14種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01~0.15%
入金手数料 0円~330円
出金手数料 220円~770円

bitFlyerはビットコイン取引量が6年連続国内No.1(※)の暗号資産取引所です。ビットコインの取引量だけに絞るなら優れた取引所と言えます。

販売所方式と取引所方式のどちらでも取引できる点がbitFlyerの特徴です。また、2倍のレバレッジで取引できます。トレードスタイルに応じて使えるため、取引口座を開設しておいて損はありません。

bitFlyerの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リスク(LSK)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・ステラルーメン(XLM)
・テゾス(XTZ)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LINK)

bitFlyerの安全性、セキュリティ

引用元:bitFlyer

・SSL暗号化通信
・SHA-2(SHA-256)の採用
・FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御
・パスワードの強度チェック
・アカウントロック機能
・マルチシグネチャ
・コールドウォレット
・顧客資産との分別管理
・ウイルスチェックとハッキングテスト

取引所取引と販売所取引の違いとは?

syougaku

4位:高い安全性を誇る「GMOコイン」

GMOコイン

GMOコインの概要
取引通貨数 14種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker -0.01%
Taker 0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 無料

GMOコインの親会社は一部上場企業でもある「GMOインターネットグループ」で、証券会社やFX取引などの事業を行っています。2倍のレバレッジがかけられる点もGMOコインの特徴です。

GMOコインの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・ステラルーメン(XLM) 取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選
・クアンタム(QTUM)
・エンジンコイン(ENJ)
・テゾス(XTZ)
・オーエムジー(OMG)
・ポルカドット(DOT)
・コスモス(ATOM)
・シンボル(XYM)

GMOコインの安全性、セキュリティ

・利用者から預けられた資産の分別管理
・マルチシグの対応
・システム内への不正侵入対策
・アカウントの乗っ取り対策

5位:3通貨に絞ったハイレベルな取引所「SBI VCトレード」

SBI VCトレード

SBI VCトレードの概要
取引通貨数 5種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 50円~250円

取引にかかる手数料は安いため、まずはビットコインへの投資を始めたい人にはおすすめです。

SBI VCトレードの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ライトコイン(LTC)
・リンク(LINK)
・ポルカドット(DOT)

SBI VCの安全性、セキュリティ

・内部犯行対策
・サイバー攻撃対策
・ログイン時以外の二要素認証(暗号資産出庫時など)
・デバイス認証
・暗号資産に対する盗難対策
・資産分別管理

6位:圧倒的な流動性を誇るグローバル展開の取引所「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)」

Liquid by Quoine

Liquid by Quoineの概要
取引通貨数 5種類
販売所手数料
取引所手数料 BTC/JPYのみ無料
入金手数料 無料
出金手数料 日本円:700円

Liquid by Quoineはセキュリティ体制を万全にすべく、お客さまの資産をすべてコールドウォレットで管理している暗号資産取引所です。インターネットに接続されていない場所で金融資産を保管するため、ハッキングリスクがありません。

Liquid by Quoineの取り扱い通貨

Liquid by Quoineの取り扱い仮想通貨は以下の4種類です。

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・キャッシュ(QASH)

利用できる種類は少ないものの、キャッシュといったLiquid by Quoine独自の通貨も取引できるので、暗号通貨上級者のかたでも満足できます。

Liquid by Quoineの安全性、セキュリティ

Liquid by Quoineのセキュリティ対策には、

・2段階認証の実施
・パスワードリセットプロセスの強化
・クーリングピリオド
・IPホワイトリストの登録
・DNSセキュリティの実装
・Hawk認証プロトコルを用いたセキュリティの強化
・24時間監視体制のLiquid取引所

顧客資産の管理を全てコールドウォレットで管理している、というのもLiquid by 取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選 Quoineの特徴です。そのため、万が一不正操作が行われた場合でも、暗号資産の安全性が保たれています。

7位:日本発として人気のモナコイン(MONA)を購入できる「ビットバンク」

bitbank

取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選
ビットバンクの概要
取引通貨数 15種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker -0.02%
Taker 0.05%
入金手数料 無料
出金手数料550円/770円

業界最狭クラスのスプレッドもbitbankの強みです。頻繁にトレードをしたい人にとって、実質的な取引手数料であるスプレッドの安さは大きな魅力と言えます。

ビットバンクの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・イーサリアム(ETH)
・モナコイン(MONA)
・ビットコインキャッシュ(BCC)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・オーエムージー(OMG)
・シンボル(XYM)
・チェーンリンク(LINK)
・メイカー(MKR)
・ボバネットワーク(BOBA)
・エンジンコイン(ENJ)

ビットバンクの安全性、セキュリティ

・分散された鍵管理でのホットウォレット採用
・完全なオフライン環境によるコールドウォレットの導入
・バグバウンティプログラムの導入

8位:情報セキュリティ格付「A(シングルエー)」取得で安心セキュリティ―「ビットポイント」

BITPOINT

取引ツールが優れている仮想通貨取引所6選
ビットポイントの概要
取引通貨数 8種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker -0.02%
Taker 0.12%
入金手数料 無料
出金手数料 日本円:550円~770円
BTC:0.0006 BTC

現物投資やレバレッジのほか、積立投資やレンディングなどにも対応しているのがBITPOINTの特徴です。さまざまな投資手法を考えている人におすすめします。

ビットポイントの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・リップル(XRP)
・イーサリアム(ETH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・トロン(TRX)
・エイダ(ADA)
・ジャスミー(JMY)
・ポルカドット(DOT)

ビットポイントの安全性、セキュリティ

・情報セキュリティポリシーの策定
・ログイン時における二段階認証の導入
・独自のアルゴリズムに基づいたホットウォレットの管理
・24時間の監視体制
・サイバー攻撃に対する出入口対策
・定期的な外部システム監査

初めてのビットコイン 最初の取引所を選ぶならこの基準

●アプリの使いやすさはどうか?
●手数料(スプレッド含む)は安いか?
●セキュリティに問題はないか?
●フォロー体制はどうか?

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる