FX入門

米国株投資

米国株投資
そろそろ2018年終わるし、遅いけど利益まとめよう。 去年に比べたらそこまで利益がないから損失確定しなくていいかな。 去年はまじミスった。税金知識欲しい(切実 — のがたか@30代運用男子!! (@noggylog) 2018年12月23日

米国株投資

当ファンドは、米国企業においてESGや低炭素の取組みを評価する指数「FTSE USA 米国株投資 ESG ローカーボン・セレクト・インデックス(円換算ベース)」に概ね連動する投資成果を目指します。当指数はESG投資への注目が高まった近年、米国株式市場を代表するS&P500指数を上回るパフォーマンスとなっています。米国企業の成長を捉えつつ、ESGの視点を取り入れることがリターン向上に貢献していると考えられます。

バイデン政権のもとで加速するESG投資

  • 当ファンドは、FTSE USA ESG ローカーボン・セレクト・インデックス(円換算ベース)に概ね連動する投資成果を目指します。
    上記指数は2017年末~2021年5月末の税引き後配当込みのトータル・リターン指数の月次データ(米ドルベース)。2017年末を100として指数化。
    上記は過去の指数データであり、将来を示唆・保証するものではありません。またファンドの実績ではありません。
    出所:リフィニティブ、ブルームバーグのデータをもとにHSBC投信作成

より良い未来のための資産形成と社会貢献を

ESG投資でなぜリターン向上? どのように社会貢献?

  • 注)ESG投資により必ずリターンが向上することを示唆・保証するものではありません。

  • ※1 FTSE Russell社の独自調査に基づき、各企業のESGの取組み評価を点数化したもの(スコアは0~5)
  • ※2 投資先(指数構成)企業における年間売上高百万米ドル当たりの年間温室効果ガス排出量のCO2換算重量

当ファンド:当ファンドのマザーファンドが主要投資対象とする上場投資信託証券
「HSBC USA Sustainable Equity UCITS ETF」のデータ
時価総額ベースの指数:FTSE USA Indexのデータ
出所:HSBCグローバル・アセット・マネジメントUK(2021年5月末現在)

低コストで実践する『米国株×ESG投資』

長期資産形成のために・・・

  • 当ファンドの信託報酬率は、当資料作成日時点で投資対象とする上場投資信託証券において適用されている報酬率(0.12%程度)をもとに算出。
    出所:モーニングスター社のデータをもとに、HSBC投信が作成(2021年5月末現在)

おすすめファンド

スポット購入 積立注文

<指数の著作権について>
HSBC ESG米国株式インデックスファンド(以下、「ファンド」)はHSBC投信株式会社が設定、運用するファンドです。ファンドは、ロンドン証券取引所およびロンドン証券取引所グループ各社(以下、「LSE 米国株投資 Group」)のいずれによっても、後援、推薦、販売または販売促進されるものではありません。FTSE RussellはLSE Group 各社の商号です。FTSE USA ESG Low Carbon Select Index(以下「本指数」)のすべての権利はLSE Groupに帰属します。「FTSE®」はLSE Groupの商標であり、ライセンスに基づきFTSEによって使用されます。本指数はFTSEまたはその代理人により編集、算出されますが、LSE Groupは本指数の誤差脱漏について何人に対しても責任を負わず(過失の有無を問わず)、かつ本指数の誤差脱漏に関して通知する義務を負いません。LSE Groupは、本指数の使用およびいかなる時点における本指数値の利用から生じるいかなる結果に対しても、明示的か黙示的かを問わず、何ら表明や保証を行うものではありません。

HSBC ESG米国株式インデックスファンド

※ 米国株式は2021年12月末時点で1年以上の運用実績を有する国内公募投信において外国株式・北米型に分類されるインデックスファンド(ラップ向け除く)、ESGは2021年12月末時点で1年以上の運用実績を有し、ファンドの正式名称に「ESG」「SDG」「サステナブル」「インパクト」「環境」「気候」「脱炭素」「パリ協定」のいずれかが付く国内公募投資信託のうち、グローバル・ブロード・カテゴリ・グループが株式に分類されるファンドのうち、最も高いリスク調整後リターン(シャープレシオ)となりました。
出所:Morningstar Direct、各ファンド開示資料

「モーニングスター・カンファレンス 2021」にて当ファンドを紹介しました

HSBC ESG US Equity Index Fund

米国株×ESG×インデックス

世界共通の目標『SDGs(持続可能な開発目標)』を達成する手段として鍵となる『ESG(環境・社会・ガバナンス)』。
米国では、バイデン政権のもと脱炭素社会の実現や格差是正を掲げ、ESGが国策ともいえるほど力を入れています。資産運用においては、ESGに積極的に取り組む企業に投資をすることが常識となるでしょう。
当ファンドは、そのような未来を見据えてESGの視点から米国の成長に低コストで投資する、新時代のインデックスファンドです。

インデックス

米国株 ≪高い成長≫

成長を創造し続ける米国株に投資

    米国株投資
  • イノベーションにより、成長を創造する企業力が米国株式市場の魅力を高め、世界の投資家を惹きつけています。
  • その米国が脱炭素社会実現に向けて動き出したことで、環境分野での技術革新が加速することが期待されます。
  • 「米国株×ESG投資」は、この投資機会をピンポイントで捉える投資アイディアと言えます。

ESG ≪持続可能な成長≫

ESG投資で未来のための資産形成と社会貢献を両立

  • 世界の共通目標「SDGs」を達成する手段として、企業が取組む課題が「ESG」です。
  • ESGに積極的に取組む企業は、企業価値向上と投資家からの支持を獲得することで、中長期的な投資リターン向上が期待できます。
  • ESG投資は、資産運用を通じてSDGsの達成に貢献することができます。

  • 主要先進国におけるサステイナブル投資の残高は3,000兆円を超え、前年比で3割を超えるペースで増加しています。
  • また、世界の投資家の86%が投資判断において、ESG要素を重要視しており、資産運用においてESG投資が常識となりつつあります。
  • ESGインデックスの7割が、指数算出以来、一般的なインデックスを上回るリターンとなっており、ESGの取組みがリターン向上に貢献しています。

インデックス ≪低コスト≫

低コストで効率的な資産形成をサポート

  • 当ファンドは、指数に連動する投資成果を目指すインデックスファンドの中でも、低コスト運用を実現しています。
  • 運用コスト(信託報酬率)の差は、運用期間が長くなるほど収益に与える影響が大きくなります。
  • 長期視点のESG投資にお役立ていただけます。

ESGが米国の国策に!ESG投資でリターン向上が期待

  • 当ファンドは、米国企業においてESGや低炭素の取組みを評価する指数「FTSE USA ESG ローカーボン・セレクト・インデックス(円換算ベース)」に概ね連動する投資成果を目指します。
  • 当指数はESG投資への注目が高まった近年、米国株式市場を代表するS&P500指数を上回るパフォーマンスとなっています。
  • 米国企業の成長を捉えつつ、ESGの視点を取り入れることがリターン向上に貢献していると考えられます。

資産運用を通じてSDGsの達成に貢献!当ファンドのベンチマークの特徴

  • 当ファンドのベンチマークは米国企業における、ESGの取組みや温室効果ガス(CO2)の排出量を多面的に評価し、構成銘柄と比率を決定する指数です。
  • 当ファンドに投資することで、ESGに積極的に取組む企業、CO2の排出削減や化石燃料からの脱却を図る企業に重点的に投資できます。
  • ESGの視点で好ましくない企業への投資を回避できます。

ESG投資のパイオニア、HSBCアセットマネジメント

  • 当ファンドを運用するHSBCアセットマネジメントは、ESG投資において約20年の経験を有するパイオニアです。
  • 当ファンドにおいてもESG投資のノウハウを生かし、ESGの課題について投資先企業との対話、提言を通じて企業価値の向上に努めます。
  • HSBCはサステナブル金融の分野における「世界最高の銀行」として、2年連続で選出されています。

当ファンドの取扱販売会社

1. 対象指数となる「FTSE 米国株投資 USA ESG Low Carbon Select Index(円換算ベース)」に概ね連動する投資成果をめざして運用を行います。

  • FTSE USA ESG Low Carbon Select Index(円換算ベース)をベンチマークとします。

    FTSE USA ESG Low Carbon Select Indexについて
    米国の大型・中型株で構成される親指数FTSE USA Index から、米国企業における、ESG(環境[E]・社会[S]・企業統治[G])の取組評価、および温室効果ガス排出量や化石燃料埋蔵量に基づき、構成銘柄の組入比率をFTSE Russell 社が決定し公表する株価指数です。当ファンドのベンチマークとしては、同指数を委託会社が円換算した数値を使用しています。

2.「HSBC ESG米国株式インデックスマザーファンド」 ※ への投資を通じて、 主として米国の株式を実質的な投資対象資産とする上場投資信託証券 (ETF)に投資を行い、対象指数に概ね連動する投資成果をめざして運用を行います。

投資プロセス

指数の著作権について

HSBC ESG米国株式インデックスファンド(以下、「ファンド」)はHSBCアセットマネジメント株式会社が設定、運用するファンドです。ファンドは、ロンドン証券取引所およびロンドン証券取引所グループ各社(以下、「LSE Group」)のいずれによっても、後援、推薦、販売または販売促進されるものではありません。FTSE RussellはLSE Group 各社の商号です。

FTSE USA ESG Low Carbon Select Index(以下「本指数」)のすべての権利はLSE Groupに帰属します。「FTSE®」はLSE Groupの商標であり、ライセンスに基づきFTSEによって使用されます。

本指数はFTSEまたはその代理人により編集、算出されますが、LSE Groupは本指数の誤差脱漏について何人に対しても責任を負わず(過失の有無を問わず)、かつ本指数の誤差脱漏に関して通知する義務を負いません。LSE Groupは、本指数の使用およびいかなる時点における本指数値の利用から生じるいかなる結果に対しても、明示的か黙示的かを問わず、何ら表明や保証を行うものではありません。

  • 分配金は、預貯金の利息とは異なり、投資信託の純資産から支払われますので、分配金が支払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。
  • 分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益および評価益を含む売買益)を超えて支払われる場合があります。 その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。
  • 投資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部または全部が、実質的には元本の一部払戻しに相当する場合があります。 ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。
  • 当資料はHSBCアセットマネジメント株式会社が作成した販売用資料であり、金融商品取引法により義務付けられた資料ではありません。当資料は信頼に足ると判断した情報に基づき作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。当資料の記載内容等は作成時点のものであり今後変更されることがあります。またデータ等は過去の実績あるいは予想を示したものであり将来の成果を示唆·保証するものではありません。
  • 投資信託はリスクを含む商品であり、主に値動きのある有価証券(外国証券には為替リスクもあります)に投資しますので、基準価額は組入有価証券の値動き、為替変動による影響を受けます。 したがいまして元本が保証されるものではありません。投資信託の運用成果(損益)はすべて投資者の皆さまに帰属します。
  • 投資信託は、預金、金融債、保険契約ではなく、預金保険機構または保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。また登録金融機関でご購入の投資信託は投資者保護基金の保護の対象ではありません。当ファンドの購入のお申込みに関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(クーリング·オフ)の適用はありません。
  • お申込みに当たっては販売会社から投資信託説明書(交付目論見書)および目論見書補完書面、商品基本資料をあらかじめお渡しいたしますので、必ず詳細を確認のうえ、ご自身でご判断ください。 投資信託の運用·設定は委託会社が行います。

投資信託は 元本保証のない金融商品です。 また、投資信託は 預貯金とは異なることにご注意ください。 当ファンドは、主に値動きのある有価証券を実質的な投資対象としますので、組入有価証券の価格変動あるいは外国為替の相場変動次第では、当ファンドの基準価額が下落し、投資者の皆さまの投資元本を割り込むことがあります。当ファンドの 運用による損益はすべて投資者の皆さまに帰属します。

WISH(コンテクストロジック)の株価、損益額、損益率のご紹介。米国個別銘柄分析のサイトも載せています。

未分類

  • WISHホルダーの損益が気になる方
  • 米国個別銘柄の業績を調べたい方

米国個別銘柄を買う理由

私は今年の反省として米国個別株のWISH( コンテクストロジック )を振り返りたいと思います。もう散々の結果をしっかり胸に刻みたいと思います。

WISH(コンテクストロジック)の現状

損益率・損益額

  • 保有株 :180
  • 平均取得単価:13.22ドル
  • 損益率 : -61.9%
  • 損益 : -168,000円

マネックス証券より

購入総額は 2380.4ドル 、現在の株価5.04ドル(2021.10.15現在)、為替114円/ドルの計算結果です。

日付口数平均単価
2021/3/265015.88
2021/4/125014.4
2021/5/125011.1
2021/5/14309.99
合計18013.2

マネックス証券より

Google Financeより

米国株投資の税金・確定申告をやさしくゼロから解説!【節税テクニックあり】

米国株投資の税金・確定申告をやさしくゼロから解説!【節税テクニックあり】

国内株や投資信託と一緒の税金と思ってもらえれば大丈夫ですよ。

米国株投資の税金【基本】

ただし、配当金にかかる米国10%の課税は国内との二重課税となっているので、外国税額控除申請をすることで取り返すことができます。

お得に活用する方法【節税テクニック】

  • 外国税額控除を行い配当金の二重課税を取り返す
  • 年間20万円以下は確定申告の必要なし
  • 他の投資と通算、次年度に繰り越して節税する
  • 必要経費を申告できる

外国税額控除を行い配当金の二重課税を取り返す

年間20万円以下は確定申告の必要なし

利益が年間20万円を超えなければ確定申告の必要がありません。

米国株投資の税金・確定申告をやさしくゼロから解説!【節税テクニックあり】

他に副収入があった場合は、その副収入と合算するので、 合計で20万円超えた場合は確定申告をして納税が必要 です。

FX取引や他の副収入の所得が20万円以下なら確定申告の必要はありませんのでぜひ覚えておいてください。

他の投資と通算・次の年に繰り越して節税する

確定申告をすることでお得に節税する方法があります。

  • 株式や投信・債券などの売却益、配当金・分配金と通算したい場合
  • 「譲渡損失の3年間繰越控除」の適用を受けたい場合

他にも株式や投資信託を運用している方で、その年に損失が発生してしまった場合、 FXの利益と相殺することで納税額を減らすことができます。(損益通算)

もし損失してしまったら、損失が出た年から3年間の納税額を減らせる(譲渡損失の繰越控除)ことも可能です。

米国株投資の税金・確定申告をやさしくゼロから解説!【節税テクニックあり】

そろそろ2018年終わるし、遅いけど利益まとめよう。

去年に比べたらそこまで利益がないから損失確定しなくていいかな。

去年はまじミスった。税金知識欲しい(切実

— のがたか@30代運用男子!! (@noggylog) 2018年12月23日

必要経費も申告できる

自分で確定申告する場合は、 必要経費を申告することで利益を圧縮して節税 することができます。

米国株投資の税金・確定申告をやさしくゼロから解説!【節税テクニックあり】

確定申告するための書類

米国株投資の税金・確定申告をやさしくゼロから解説!【節税テクニックあり】

米国株の情報収集方法

モトリーフールとは:

ザ・モトリーフール・ジャパンは、米国企業Motley Foolの日本法人。(ウォール・ストリート・ジャーナルに次いで、全米5位の投資メディア

USCPAがやじやじしてる

氷河期世代のUSCPAがうだうだと語ります。受かっているから言いたい放題。監査法人で勤めた後に只今事業会社で勤務中。監査法人で働くUSCPA仲間を増やしたい!!USCPA仲間大集合!!

監査法人で働く会計士達の投資事情 - 株はダメなのです

聞いたことがある人も多いでしょうが、監査法人で働く人は株式の売買は原則禁止

それ以外の会社の株式についてこの場合やむを得ない場合は会社に届け出をすれば売買は可能とか聞いたことあるけど、わざわざそんな事までして株を売買する人なんてのは皆無。なので結局は株式の売買は原則禁止のようなものです。

f:id:naoyaji:20180316232447p:plain

じゃあどんな投資をしているのか??

不動産投資

意外と事務所内で話を聞くのが不動産投資

個人的には知ってるだけでも不動産投資をしている人が2ケタは余裕で行く程の王道の投資です。

それもそのはずで会計士+監査法人勤務ということでローンが下りやすいのと、周りでやっている人が多いのでノウハウも集まりやすいのが理由なのではないかと。

そして不動産投資をやっている人はおしなべて仕事がデキる人だったりもする傾向がある気がします。

そしてリスクに取りに行けるだけの度胸もある堂々としたタイプの方が多いです。個人的には自分もそうなりたいと相当に憧れるタイプです。

株式の売買はNGですが、投資信託はOKです。

FX(外国為替保証金取引)、仮想通貨

ただリターンを上げているって話はなぜか全く聞いたことがありません。勝ってても言わないもんだろうけど。

FXをやっている人の傾向としてはギャンブルが好きの真のヤマっ気のある男たちばかりです。

仮想通貨も世間のブームに乗っかって始めたという人もいますが、億り人となった人の情報はまだ入ってきておりません(笑)。そういった人は誰にも言わずにひっそりと辞めていったりしてるのかもしれないですね。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる