FXの自動売買とは

一目均衡表について

一目均衡表について
以下は MTP_Ichimoku_Alert の使用例です。
15分足チャートに一目均衡表を表示し、さらにもうひとつインジケーターを使用して、MTP_Ichimoku_Alert の擬似MTF機能を使用し、上位時間足である1時間足の一目均衡表の雲のみを表示しています。

この状態で、15分足の一目均衡表について様々なタイミングでアラートを鳴らすことはもちろんのこと、上位時間足である1時間足の一目均衡表についても、同様のタイミングでアラートを鳴らせます。
一目均衡表の状態を見るためだけに上位時間足のチャートを別で開いている方にとっては便利に使えるかと思います。

一目均衡表について

一目均衡表は、相場は値幅ではなくて時間であるという考え方をもとに、一目山人(いちもくさんじん)氏によって1936年に考案されたテクニカル指標です。一目均衡表の基本的な考え方として、相場の主体はあくまでも時間であり、価格は結果として従う、というものがあります。このテクニカル指標には、基準線、転換線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパンという概念が存在し、さらにそれらから導き出される「雲」という指標も存在する。時間論、波動論、値幅観測論などの理解を必要とし、習得の難易度はかなり高いです。 一目均衡表は、次の5つの補助線及び日々のローソク足で構成される。 転換線=(過去9日間の高値+安値)÷2 基準線=(過去26日間の高値+安値)÷2 先行スパン1={(転換値+基準値)÷2}を26日先にずらしたもの 先行スパン2={(過去52日間の高値+安値)÷2}を26日先にずらしたもの 遅行スパン=(本日の終値)を26日前にずらしたもの ※一目均衡表は一目山人氏の遺族が経営の株式会社経済変動総研の登録商標です。 一目均衡表の一般で使われている手法を一つ記しておきます。 【三役好転】転換線>基準線、遅行線>終値、終値>雲 の3つの条件がすべてそろえば買い。また、逆の条件になった場合は売り。ただし、実際の運用では時間論・値幅観測論・波動論を考慮しなければならないとされているそうです。

  • 2009/06/23 01:10 回答No.4

8年近く回答に満足されていないのですね。 こちらはいかがでしょうか。 私はとても解りやすいと思います。 全て読んでみてください。 参考URLからどうぞ

  • 2007/11/26 02:24 回答No.3
  • 2001/07/01 11:22 回答No.2

株・債券・為替・商品などの相場の世界では、先行きを予想するためにチャート(罫線)を参考にします。これをテクニカルアナリシスといいいます。チャートには実にいろいろな種類がありますが、一目均衡表は実は、そのなかでももっともとっつきにくいものです。これについて理解するためには、まず、もっと一般的な、ローソク足、移動平均線、ポイント・アンド・フィギュアなどを勉強したほうがよいとおもいます。一目均衡表の原典は確か全7巻で、数万円する大部なもので、はっきり云って、専門家でも全巻読破した人はほとんどいないのです。難しいのですが、ざっと説明します。 このチャートはその画面構成がその他のチャートに比べてユニークであるだけではなく、極めて簡潔に、相場の強弱を判断できる点で優れたものです。 戦前、都新聞の商況部部長として、また、戦後は日証新聞にコラムを持ち、株式ジャーナリストとして高名であった故細田悟一さんが、自ら経済研究所を創設し、その結果開発されたのがこの一目均衡表です。 当初、このチャートの作成方法は秘中の秘とされ、細田氏の友人数名にしか知らされていませんでしたが、その後細田氏本人によって7冊の解説書が発表されて、一目均衡表は一般の人々の目に触れる機会を得ました。 細田氏(一目山人(いちもくさんじん)、以下「山人」と表記)が均衡表を開発された時には、シミュレーションの為に大学生のアルバイトを大量に採用し、旧式の計算機を駆使して、数年の歳月を経て完成に到ったそうです 均衡表の特徴は (1)相場のトレンドが目で見てはっきり分かる (2)先行きのトレンドを判断する為の補助線が充実している (3)時間の概念が取り入れられている(均衡概念) ということになるでしょう。特に、(3)の「時間均衡概念」は、一目均衡表にとって極めて重要なファクターの一つです。 一目均衡表チャートは、以下のサブグラフで構成されています。 基準線…過去9カ月間の(高値+安値)一目均衡表について /2 転換線…過去26カ月間の(高値+安値)/2 先行スパンA…(基準線+転換線)/2を26カ月シフト 先行スパンB…過去52カ月間の(高値+安値)/2を26カ月シフト 遅行スパン…株価線を-26カ月シフト 抵抗帯…先行スパンAと先行スパンBの間の領域 一目均衡表の見方は、以下のようなかんじです。 基準線と転換線の関係 基準線>転換線ならば売りゾーン 基準線<転換線ならば買いゾーン 基準線の勾配 基準線の勾配が上向きならば、買い 基準線の勾配が下向きならば、売り 株価と抵抗帯関係 抵抗帯の厚みが薄いとき、株価が抵抗帯に接近してきたなら、抵抗帯を越えていく可能性が高いといわれています。 抵抗帯の厚みが厚いなら、株価が抵抗帯に接近してきても、抵抗帯を越えていきにくいといわれています。

【特集】 一目均衡表【買いシグナル】低PBR 13社選出 <テクニカル特集> 6月13日版

十六FG <日足> 一目均衡表 「株探」多機能チャートより

本特集では、テクニカル指標「一目均衡表」のなかでも最も強い買いシグナルである「3役好転」と企業の持つ株主資本(純資産)からみた株価指標で、理論上の解散価値を示す「PBR」に注目。プライム市場において、上昇トレンドを示唆した可能性が高い「3役好転」を示した 20銘柄から、PBRがプライム市場平均の 1.21倍以下で上値余地があるとみられる 13社を選び出しました。

銘柄名 PBR PER
百十四 0.18 6.4
十六FG 0.21 4.9
群馬銀 0.30 5.8
中部飼 0.49 16.8
トーエネク 0.50 7.2

フィードワン 0.58 10.2
ユニデンHD 0.64 27.0
日比谷設 0.72 12.7
日本調剤 0.一目均衡表について 74 8.9
伊藤米久HD 0.75 13.1

日新製糖 0.80 一目均衡表について 30.0
フラベッドH 0.87 12.3
三機工 0.89 12.1

  • ・脱炭素・EV時代の超成長スポット、「パワー半導体」勇躍の5銘柄 <株探トップ.. (06/11)
  • ・利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 36社選出 <成長株特集> (06/12)
  • ・【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─値上げラッシュを逆手に、投資チャンスをつ.. (06/12)
  • ・本日の【ゴールデンクロス/デッドクロス】引け GC= 34 銘柄 DC= 137 銘柄 (6月13日)
  • ・本日の【25日線|上抜き/下抜き】引け 上抜け= 68 銘柄 下抜け= 748 銘柄 (6月13日)
  • ・本日の【MACD|買い/売りサイン】引け 買い= 16 一目均衡表について 銘柄 売り= 333 銘柄 (6月13日)
  • ・本日の【パラボリック|買い/売り・転換】引け 買い= 41 銘柄 売り= 868.. (06/13)
  • ・本日の【均衡表 《雲》|上抜け/下抜け】引け 上抜け= 42 銘柄 下抜け= 26.. (06/13)
  • ・本日の【均衡表|3役好転/逆転】引け 好転= 37 銘柄 逆転= 88 銘柄 (6月13日)
  • ・本日の【ボリンジャー|±3σブレイク】引け 上抜け= 16 銘柄 下抜け= 22.. (06/13)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 日経平均は271円安、米経済指標やFOMC結果発表などに関心
  • アジア株 上海株は1.一目均衡表について 4%高、最悪期脱したとの見方 鉱工業生産が予想外の上昇 韓国ハイブは急落、BTSが活動休止を発表
  • 後場に注目すべき3つのポイント~“異例”の掛け合わせが実施される中あく抜け感への期待は危うい
  • 話題株ピックアップ【昼刊】:GAテクノ、ヤーマン、エニーカラー
  • 三井ハイテック---急落、四半期収益のモメンタム鈍化を警戒
  • リンクバル---大幅に続伸、男女共同参画白書「20代男女の多数、配偶者や恋人いない」で思惑
  • NYダウ3万ドル割れ目前、「CPIショック」が意味するもの <株探トップ特集>
  • 6月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集>

人気ニュース【ベスト5】

  • 今朝の注目ニュース! ★エニーカラー、ヤーマン、NEWARTなどに注目!
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月15日記)
  • NYダウ3万ドル割れ目前、「CPIショック」が意味するもの <株探トップ特集>
  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月14日発表分)
  • 「パワー半導体」が5位、今後数年で3兆円規模の巨大市場に発展<注目テーマ>

お薦めコラム・特集

  • プラチナは一段安も、金融引き締め強化・米リセッションを警戒 <コモディティ特集>
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月15日記)
  • NYダウ3万ドル割れ目前、「CPIショック」が意味するもの <株探トップ特集>
  • 6月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集>
  • 「パワー半導体」が5位、今後数年で3兆円規模の巨大市場に発展<注目テーマ>
一目均衡表について

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

一目均衡表とは?基本解説【FXテクニカル分析】

各インジケーターの基本・応用

ですが、基本と傾向を覚えると一目均衡表だけで様々な分析が可能になります

様々な分析方法や使い方があるので、
使う人にとっては「一目均衡表だけでいい」なんて人もいると思います。

色んなサインを読み取れる「一目均衡表」は
色んなラインがあるので、まずは基本的なことから覚えましょう。

一目均衡表の基本「表示される5本の線」

一目均衡表とは?基本解説【FXテクニカル分析】

中二病

「転換線」と「基準線」

転換線】の計算方法=(当日を含む過去9日間の高値+安値)÷2
基準線】の計算方法=(当日を含む過去26日間の高値+安値)÷2

また、この2本の線は「ローソク足と同じ時間軸」に表示されます。
(他の線は、ローソク足の前だったり、後ろにあったりします)

「先行スパン1」と「先行スパン2」

先行スパン1】の計算方法=(転換線+基準線)÷2
先行スパン2】の計算方法=(過去52日間の高値+安値)÷2

一目均衡表とは?基本解説【FXテクニカル分析】

「先行スパン1」と「先行スパン2」で「」のような
点線で囲ってある線を描いています。

2つの線で描いてる「雲」が重要になってきますので、
先行スパン=【 雲 】と覚えておけばOKです。

厨二病

「遅行スパン」

遅行スパン】の計算では無く、
当日の終値を含む「26日前の位置に表示される線」です。

一目均衡表とは?基本解説【FXテクニカル分析】

遅行スパンの動きは、
ローソク足と一緒の動きを、ちょっと遅らせて(ずらして)表示していますね。

また「一目均衡表」では【遅行スパンが最も重要】とも言われています。

5本のラインには、様々な分析方法やトレード手法がありますが、
一つのページにまとめると長くなるので別ページに記載しています。

インジケーター改造で始めるMQLプログラミング入門

一目均衡表といえば、日本人が考案したことで有名な指標で、投資判断に使用されているトレーダーさんもたくさんいらっしゃいます。
そんなメジャーな指標ではありますが、 MT4の一目均衡表インジケーターにはバグが有り、先行スパン1,2(いわゆる雲と呼ばれているもの)と遅行スパンに1期間分のズレが有る ことはご存知の方も多いでしょう。 一目均衡表について
今回は、そのMT4のバグが修正されているのはもちろんのこと、様々なタイミングでアラートやメールで通知してくれたり、WAV再生で教えてくれたり、擬似MTF表示に対応していたりと、至れり尽くせりの超高機能 一目均衡表インジケーターをご紹介いたします。
今回ご紹介するのは、高機能一目均衡表インジケーター MTP_Ichimoku_Alert です。

  • MT4標準の一目均衡表の遅行スパン、先行スパン1,2の表示位置ずれ修正済み。
  • 基準線、転換線のクロス時にアラート、メール通知、WAV再生が可能。
  • 遅行スパンの陽転、陰転時にアラート、メール通知、WAV再生が可能。
  • 為替レートの雲上抜け、下抜け時にアラート、メール通知、WAV再生が可能。
  • 三役好転、三役逆転時 (※1) にアラート、メール通知、WAV再生が可能。
  • 二役好転、二役逆転時 (※2) にアラート、メール通知、WAV再生が可能。
  • 擬似マルチタイムフレーム(MTF)機能を実装し、上位時間足の状態を表示可能。

※1 三役好転とは、(1)基準線より転換線が上で、(2)遅行スパンが26本前(TimeFrame=0の場合)の終値レートより上で、(3)為替レートが雲より上、の3つを同時に満たしたタイミングのことを言います。三役逆転はその反対の条件を満たしたタイミングです。
※2 二役好転(逆転)は一般的な用語ではありませんが、三役好転(逆転)の条件のうちの二つを満たしたタイミングと言う意味で使用しています。

アラート、メール通知、WAV再生機能は、足確定時の判定となります。
したがって、 ローソク足の途中でクロス等が発生しても、その瞬間にはアラート等発生せず、その足が確定したタイミングでクロスしていたらアラートが鳴ります 。
同じ足で複数回アラートが鳴ることはありません。

二役好転(逆転)時のアラート機能は「 三役好転(逆転)では反応が遅すぎる 」と言う方向けに準備したパラメーターです。必要であればこちらを使用していただくことで早めのエントリー、イグジット等が可能となります。

MTP_Ichimoku_Alertの擬似MTF機能

以下は MTP_Ichimoku_Alert の使用例です。
15分足チャートに一目均衡表を表示し、さらにもうひとつインジケーターを使用して、MTP_Ichimoku_Alert の擬似MTF機能を使用し、上位時間足である1時間足の一目均衡表の雲のみを表示しています。

この状態で、15分足の一目均衡表について様々なタイミングでアラートを鳴らすことはもちろんのこと、上位時間足である1時間足の一目均衡表についても、同様のタイミングでアラートを鳴らせます。
一目均衡表の状態を見るためだけに上位時間足のチャートを別で開いている方にとっては便利に使えるかと思います。

【特集】 一目均衡表【買いシグナル】低PBR 13社選出 <テクニカル特集> 6月13日版

十六FG <日足> 一目均衡表 「株探」多機能チャートより

本特集では、テクニカル指標「一目均衡表」のなかでも最も強い買いシグナルである「3役好転」と企業の持つ株主資本(純資産)からみた株価指標で、理論上の解散価値を示す「PBR」に注目。プライム市場において、上昇トレンドを示唆した可能性が高い「3役好転」を示した 20銘柄から、PBRがプライム市場平均の 1.21倍以下で上値余地があるとみられる 13社を選び出しました。

銘柄名 PBR PER
百十四 0.18 6.4
十六FG 0.21 4.9
群馬銀 0.30 5.8
中部飼 0.49 16.8
トーエネク 0.50 一目均衡表について 7.2

フィードワン 0.58 10.2
ユニデンHD 0.64 27.0
日比谷設 0.72 12.7
日本調剤 0.74 8.9
伊藤米久HD 0.75 13.1

日新製糖 0.80 30.0
フラベッドH 0.87 12.3
三機工 0.89 12.1

  • ・脱炭素・EV時代の超成長スポット、「パワー半導体」勇躍の5銘柄 一目均衡表について <株探トップ.. (06/11)
  • ・利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第3弾 36社選出 <成長株特集> (06/12)
  • ・【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─値上げラッシュを逆手に、投資チャンスをつ.. (06/12)
  • ・本日の【ゴールデンクロス/デッドクロス】引け GC= 34 銘柄 DC= 137 銘柄 (6月13日)
  • ・本日の【25日線|上抜き/下抜き】引け 上抜け= 68 銘柄 下抜け= 748 銘柄 (6月13日)
  • ・本日の【MACD|買い/売りサイン】引け 買い= 16 銘柄 売り= 333 銘柄 (6月13日)
  • ・本日の【パラボリック|買い/売り・転換】引け 買い= 41 銘柄 売り= 868.. (06/13)
  • ・本日の【均衡表 一目均衡表について 《雲》|上抜け/下抜け】引け 上抜け= 42 銘柄 下抜け= 26.. (06/13)
  • ・本日の【均衡表|3役好転/逆転】引け 好転= 37 銘柄 逆転= 88 銘柄 (6月13日)
  • ・本日の【ボリンジャー|±3σブレイク】引け 上抜け= 16 銘柄 下抜け= 22.. (06/13)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

    一目均衡表について
  • 日経平均は271円安、米経済指標やFOMC結果発表などに関心
  • アジア株 上海株は1.4%高、最悪期脱したとの見方 鉱工業生産が予想外の上昇 韓国ハイブは急落、BTSが活動休止を発表
  • 一目均衡表について
  • 後場に注目すべき3つのポイント~“異例”の掛け合わせが実施される中あく抜け感への期待は危うい
  • 話題株ピックアップ【昼刊】:GAテクノ、ヤーマン、エニーカラー
  • 三井ハイテック---急落、四半期収益のモメンタム鈍化を警戒
  • リンクバル---大幅に続伸、男女共同参画白書「20代男女の多数、配偶者や恋人いない」で思惑
  • NYダウ3万ドル割れ目前、「CPIショック」が意味するもの <株探トップ特集>
  • 6月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集>

人気ニュース【ベスト5】

  • 今朝の注目ニュース! ★エニーカラー、ヤーマン、NEWARTなどに注目!
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月15日記)
  • NYダウ3万ドル割れ目前、「CPIショック」が意味するもの <株探トップ特集>
  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月14日発表分)
  • 「パワー半導体」が5位、今後数年で3兆円規模の巨大市場に発展<注目テーマ>

お薦めコラム・特集

  • プラチナは一段安も、金融引き締め強化・米リセッションを警戒 <コモディティ特集>
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月15日記)
  • NYダウ3万ドル割れ目前、「CPIショック」が意味するもの <株探トップ特集>
  • 6月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集>
  • 「パワー半導体」が5位、今後数年で3兆円規模の巨大市場に発展<注目テーマ>

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる