日本語で徹底解説

急劇な移動平均線割れ

急劇な移動平均線割れ
FX手法

山中康司氏監修 移動平均線に関する記事一覧

移動平均線(Moving Average:MA)の種類の一つに、単純移動平均線(Simple Moving Average:SMA)があります。単純移動平均線の計算方法や使い方、応用版の指数平滑移動平均線(Exponential Moving Average:EMA)、線形加重移動平均線(Linear Weighted Moving Average:LWMA)についても紹介します。(山中康司氏監修記事)

MT4/ MT5が標準搭載する4種別の移動平均線を比較

加重移動平均線(WMA)とは?計算方法や単純移動平均線(SMA)との違い

移動平均線(MA)の代表的なパラメータとそれぞれの期間の違い

移動平均線(MA)の適用価格とは?パラメータ画面で選べる7種類を比較

1本の移動平均線の見方や使い方、売買シグナルなどを詳しく解説

2本の移動平均線の使い方や売買シグナル、相場分析方法を紹介

移動平均線を何本組み合わせるかで読み取れる情報の変化

指数平滑移動平均線の計算方法や他の移動平均線との違いを紹介

複数本(3本、4本)の移動平均線の使い方や取引のやり方

先行移動平均線(DMA)とは?ディナポリやアリゲータ手法について紹介

ギャンのHiLoアクティベータとは?使い方や取引手法を紹介

古くから用いられる移動平均線の組み合わせ!アレンの4-9-18日手法

同じ期間の移動平均線(高値+安値)を組み合わせた手法

同じ期間の移動平均線(終値+始値)を組み合わせた手法

12本の移動平均線を組み合わせるGMMA(複合型移動平均線)

上位時間軸の流れが分かるMTF移動平均線

ハル移動平均線とは?言葉の意味や他の移動平均線との違いを紹介

多重移動平均線とは?言葉の意味やTRIXと組み合わせた手法も紹介

移動平均線を用いるさまざまな分析方法はどんな場面の判断に使える?

平野朋之氏監修 グランビルの法則に関する記事一覧

グランビルの法則の買いサイン1・売りサイン5を使った取引手法

グランビルの法則の買いサイン2・売りサイン6を使った取引手法

グランビルの法則の買いサイン3・売りサイン7を使った取引手法

グランビルの法則の買いサイン4・売りサイン8を使った取引手法

日経平均株価(JP225CFD)の値動きをグランビルの法則で分析

NYダウ(US30CFD)の値動きをグランビルの法則で分析

米ドル円(USD/JPY)の値動きをグランビルの法則で分析

OANDAの移動平均線に関するオリジナル記事一覧

移動平均線とは?言葉の意味や期間設定、見方・使い方などを紹介

異なる時間軸の移動平均線を表示可能なマルチタイム移動平均線インジケーター

移動平均線の期間設定値は何が最適?MT4やMT5への設定方法も紹介

グランビルの法則とは?8つの売買パターンや注意点などを紹介

移動平均線におけるゴールデンクロス・デッドクロスとは?言葉の意味やだましについて解説

移動平均線についてもっと学びたい方へのオススメコンテンツ

移動平均線

OANDA証券株式会社 第一種 金融商品取引業 関東財務局長 (金商) 急劇な移動平均線割れ 第2137号 加入協会等:一般社団法人 金融先物取引業協会 日本証券業協会 日本投資者保護基金

© since 1996 OANDA Japan Inc All rights reserved."OANDA", "fxTrade" and OANDA's "fx" family of trade marks are owned by OANDA Corporation.
All other trade marks appearing on this Website are the property of 急劇な移動平均線割れ their respective owners.

急劇な移動平均線割れ

急劇な移動平均線割れ

移動平均線 (単純移動平均線)

■移動平均線
移動平均線には、以下のような種類があります。(例:5日間)
【例】1日目:100、2日目:200、3日目:300、4日目:400、5日目:500
【単純移動平均線(Simple MA)】日々の価格を平等に加重(1/5=0.20)
5日間単純移動平均線(Simple MA)は、5日間の終値に1/5をかけて算出します。
=(100+200+300+400+500)÷5日間=100x1/5+200x1/5+300x1/5+400x1/5+500x1/5=300円
【指数平滑平均線(Exponential MA)】直近の価格を最重視して加重2÷(5日+1)=0.33
【加重移動平均線(Weighted MA)】直近の価格を重視し徐々に減らす(1・2・3・4・5)
=(100x1+200x2+300x3+400x4+500x5)÷(1+2+3+4+5)=366
【三角移動平均線(Triangle MA)】中央の価格を加重(1・2・3・2・1)
5日間三角移動平均線(Triangle MA)は、中央の日に大きなウェイト(整数)をかけて算出します。
=(100x1+200x2+300x3+400x2+500x1)÷(1+2+3+2+1)=300
【正弦加重移動平均線(Sine-Weighted MA)急劇な移動平均線割れ 】中央の価格を加重
5日間正弦加重移動平均線(Sine-Weighted MA)は、中央の日に大きなウェイト(正弦の値)をかけて算出します。

■単純移動平均線の特徴
単純移動平均線とは、所定の期間の価格(通常は終値を使用)の平均値です。
10日間移動平均線は、過去10日間の終値の平均値、
10週間移動平均線は、過去10週間の終値の平均値、
10年間移動平均線は、過去10年間の終値の平均値です。
例えば、第1日目が10円で、毎日10円ずつ上昇している相場があるとします。 急劇な移動平均線割れ
10日目は、100円になりますから、
10日移動平均線は、(10+20+30+40+50+60+70+80+90+100)÷10日=55円です。
11日目は、110円になりますから、
10日移動平均線は、(20+30+40+50+60+70+80+90+100+110)÷10日=65円です。
第1日目の10円を引き、第11日目の110円を加えて、1日間移動させることから、「移動」(Moving)「平均」(Average)線と呼びます。

【特徴1】
10日移動平均線は、毎日の終値で10日連続買い付けると仮定した場合、平均的な買いのコストだと想定できます。(注:正確には、出来高を加味すべきです。)
・価格が移動平均線を上回っている⇒平均的な買い方に含み益が発生している
・価格が移動平均線を下回っている⇒平均的な買い方に含み損が発生している

【特徴2】
直近の新しい価格を「加えて」、古い価格を「引き」ますので、「加えた価格」と「引いた価格」の大小により、単純移動平均線は増減します。
・新しい価格>古い価格ならば、単純移動平均線は大きくなります。
26日移動平均線が前日よりも大きくなったということは、26日前の価格よりも高い、ということで、上昇トレンドの可能性が高いことになります。
一目均衡表の「遅行線」(遅行スパン)は、この考え方です。
・新しい価格<古い価格ならば、単純移動平均線は小さくなります。
26日移動平均線が小さくなったということは、26日前の価格よりも低い、ということで、反落の可能性が高いことになります。

【特徴3】
短期の移動平均線は、短期的な方向性(トレンド)を表し、長期の移動平均線は、長期的な方向性(トレンド)を表します。 急劇な移動平均線割れ
大きな価格変動が起きた場合、短期の移動平均線はすぐに反応できますが、長期の移動平均線はすぐに反応できません。
このため、短期と中期と長期の移動平均線を組み合わせることで、トレンドの方向性、転換を見極めることになります。

■応用:
単純移動平均線は、「ボリンジャー・バンド」「乖離率」などに応用されています。
7月の毎日の平均気温が30度だとします。7月の平均気温ですから、グラフ上では、7月16日辺りに記録するのが通常だと思います。
しかしながら、単純移動平均線では、7月の平均気温は8月1日に記録します。
【乖離率】
7月の平均気温が30度の時、8月1日の気温が35度まで上昇したとします。
35度は、これまでの平均気温30度から5度高めに乖離していますので、トレンドを逸脱しているのではないか、と思います。これが「乖離率」の考え方です。
【ボリンジャー・バンド】
7月の平均気温が30度の時、8月1日の気温が35度まで上昇したとします。
7月の気温は、平均気温30度から、大凡±4度程度で推移していたとします。
35度は、平均気温30度+4度=34度よりも高いことになりますので、「異常値」の可能性が高いといえます。これが、「ボリンジャー・バンド」の考え方です。
ボリンジャー・バンドで、「単純移動平均線」を使用し、「指数平滑移動平均線」を使わない理由は、ボリンジャー氏は、「標準偏差」で「単純移動平均線」を使用していることで、複雑化を避けるため、と述べています。

■短所
単純移動平均線は、過去の一定期間の価格の平均値ですから、上昇(下降)トレンドを形成している場合、トレンドから遅れがちになります。
この短所を補うため、最初の頃の価格よりも、最近の価格に、相対的に重点を置いた移動平均線が考えられ、「累積加重移動平均線」「指数平滑移動平均線」と呼ばれます。
また、10日間移動平均線だけではなく、より短期間(5日間以内など)の移動平均線を組み合わせることにより、より短期のトレンドを見極める方法もあります。
【3日間移動平均線】

■使い方のポイント
(1)トレンド(方向性)の明確化・確認
相場変動をならすことで、相場の方向性、流れが明確になり、上昇トレンドなのか、下降トレンドなのか確認することができます。
(2)支持線(サポート)と抵抗線(レジスタンス)
移動平均線は、上昇トレンドならば、支持線(サポート)として、下降トレンドならば、抵抗線(レジスタンス)として作用します。

取引ルール

【買いシグナル】
(1)中・長期線が下降の後、横ばいか上昇傾向にある時、短・中期線が、中・長期線を下から上に突き抜けた場合(※ゴールデン・クロスといいます)
(2)中・長期線が上昇し続けている時、短・中期線が、中・長期線の下に下降した時
(3)短・中期線が上昇し続けている中・長期線の上にあり、中・長期線に向かって下降したが、突き抜けず再び上昇した場合
(4)短・中期線が下落し、下落している中・長期線から下に大きく乖離した時

【売りシグナル】
(5)中・長期線が上昇の後、横ばいか下落している時に、短・中期線が中・長期線を下に突き抜けた時(※デッド・クロス、といいます)
(6)中・長期線が下降し続けている時、短・中期線が、中・長期線の上に上昇した時
(7)短・中期線が下降し続けている中・長期線の下にあり、中・長期線に向かって上昇したが、突き抜けず再び下落した場合
(8)短・中期線が上昇し、上昇している中・長期線から上に大きく乖離した時

また、文言、データなどの著作権は、株式会社フィスコにあります。 これらのコンテンツは著作権法などの法律、規制により知的所有権が 保護されており、個人の方の本来目的以外での使用や他人への譲渡、 販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除く)。 以上の点をご了承の上、ご利用ください。

テクニカル分析辞典

※「テクニカル分析辞典」は、あくまで情報提供を目的としたものであり、 投資その他の行動を勧誘するものではありません。銘柄の選択、売買価格などの 投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようにお願いします。 また、掲載される情報は信頼できると判断した情報源をもとに (株) フィスコが作成したものですが、 その内容及び情報の正確性、完全性または適時性について、 (株)フィスコは保証を行なっておらず、また、いかなる責任を持つものでもありません。

また、本文、データなどに関しましては、著作権法などの法律、規制により知的 所有権が保護されており、個人の方の本来目的以外での使用や他人への譲渡、 販売コピーは認められていません(法律による例外規定は除く)。 以上の点をご了承の上、ご利用ください。

急劇な移動平均線割れ

WL0225

東京金 先限つなぎ足-日足

WL0226

25日、75日、200日で移動平均線を描写したのが次のチャートです。

移動平均線を活用する相場分析は1960年にグランビルが「A strategy of daily stock market timing for maximum profit」の中で紹介した俗に言う「グランビルの法則」を使うのが主流となっています。

WL0227

移動平均線を5、25、75日で描写したチャート

移動平均線の日数(調整版)
1週間・・・5日
1カ月・・・20日
3カ月・・・60日

WL0228

移動平均線を5、20、60日で描写したチャート

RSSフィード

各種お知らせ

「くりっく365」「くりっく株365」におけるリスクについて

・「くりっく365」「くりっく株365」は、元本及び収益が保証された取引ではありません。取引の額が預託された証拠金に対して非常に大きく、相場急変動等により建玉を維持するため追加証拠金の預託が必要となる場合や、お客様が預託された証拠金を上回る損失が生じる恐れがある取引です。
・ご契約・お取引に際しましては、当該商品等の「契約締結前交付書面」「取引説明書」等をよくお読みいただき、取引の仕組み・内容・リスク等を十分ご理解の上、ご自身の判断と責任においておこなってください。
・くりっく株365・くりっく365ではマーケットメイク方式を採用しており、表示する売付価格と買付価格に差があります。くりっく365の証拠金額は、レバレッジ25倍上限付きHV方式で計算されており、くりっく株365の証拠金額はリスクに応じて算定される方式を採用しているためレバレッジ比率は一定ではありません。最新の証拠金額は「証拠金基準額(くりっく365・くりっく株365)」よりご確認ください。
・くりっく株365・くりっく365では注文が成立した際に手数料が掛かります。手数料の額はお取引口座の内容や銘柄により異なり、くりっく株365では1枚あたり最大で4,400円(税込)、くりっく365の通常銘柄では1枚あたり最大1,100円(税込)、くりっく365のラージ銘柄では1枚あたり最大で11,000円(税込)です。詳しくは「サービス内容と手数料(くりっく365・くりっく株365)」をご確認ください。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第1614号
商品先物取引業者 農林水産省指令28食産第3988号
経済産業省20161108商第10号

加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会

※「くりっく365」「取引所為替証拠金取引 くりっく365」「取引所FX くりっく365」は、株式会社東京金融取引所の登録商標であり、同取引所が上場している取引所為替証拠金取引の愛称です。

FX損切りのやり方3つ!初心者でも簡単に実践できる方法を伝授

FX手法

湊

FXの 損切り って何?

明日香

損切りの 具体的な目安 についても知りたい!

  • FX損切りとは
  • FXで利益を得続けるには損切りが大切な理由
  • FX損切りの目安はリスクリワード1:2以上
  • FX損切りの具体的な設定方法
  • トレードスタイル別!FX損切りの設定方法
  • FX損切りを行う際の注意点
  • 損切りができない方は逆指値注文(ストップ注文)を利用しよう

本記事を参考にしていただければ、損切りがどうしてもできないという方でも注文方法によって自動で損切りが行えるやり方についても詳しく知ることができます。

FX損切りとは?

FXの損切りは、 損失を確定させるために行う行為 です。

さくら

損切りは、FXで長く安定して利益を残すためには必須のため、ぜひ本記事を参考にしやり方を覚えてくださいね!

FXで利益を得続けるには損切りが大切な理由2つ

  • 大きな損失から資金を守ってくれる
  • トータル収支をプラスにしやすい

理由①大きな損失から守ってくれる

損切りは、損を確定させるための行為のため、 損失を限定 することができます。

損切りをしっかりと行えば、損失を限定できるだけではなく、次のチャンスにもつなげることができ機会損失を防ぐこともできます。

理由②トータル収支をプラスにしやすい

FXでなかなか利益が出ないトレーダーの特徴として、 コツコツドカン というものがあります。

FXで利益を得ていくためには、コツコツ利益を抜き取るのではなくコツコツ損切りを行いドカンと利益を抜き取ることが大切です。

FX損切りの目安はリスクリワード1:2以上

損切りの目安は、 リスクリワードが1:2以上 となるように設定することがおすすめです。

  • 損切り:損失を確定させること
  • リスクリワード:損切りした場合の損失と利益確定した場合の利益の比率のこと

リスクリワードを1:2にすることで、2連敗しても±0でおさめることができるのです。

FX損切りの具体的な設定方法3つ

  • 高値や安値を利用した損切りポイント
  • ラウンドナンバーを利用した損切りポイント
  • 移動平均線を利用した損切りポイント

やり方①高値や安値を利用した損切り

やり方②ラウンドナンバーを利用した損切り

やり方③移動平均線を利用した損切り

  • 移動平均線よりも為替レートが上ならば、上昇しやすい
  • 移動平均線よりも為替レートが下ならば、下落しやすい

トレードスタイル別!FX損切りの設定方法4つ

スキャルピングの場合

デイトレードの場合

スイングトレードの場合

長期取引の場合

FX損切りを行う際の注意点3つ

  • ルール通りに必ず損切りを行う
  • 多くのトレーダーが意識しているポイントを見極める
  • だましに気をつける

注意点①ルール通りに必ず損切りを行う

損切りラインを決めたら、必ず ルール通り に損切りを行いましょう。

FXでは、どんなに上手なプロトレーダーでも勝率100%ということはなく、必ず損失を出します

注意点②多くのトレーダーが意識しているポイントを見極める

チャートは、その時々によって 意識される価格が異なる ため、適当なエントリーをしても無駄な損切りが続き損切り貧乏となるリスクがあります。

例えばですが、長期足のサポートラインやレジスタンスラインは多くのトレーダーが意識しやすいポイントでもあるため、そういったところを軸として取引を行うのもおすすめです。

たった5分で劇的に変化するMACDの設定方法

タク(笑顔)

タク

  • 移動平均線とMACDを組み合わせた大循環MACD
    • 大循環MACDを使えば一足早くエントリーできる
    • 3本のMACD線は2つの移動平均線の間隔をとった指標
    • 大循環MACDのパラメータ設定
    • 移動平均線とMACDでエントリータイミングを掴む
    • 大循環MACDで判断する「買い」のタイミング
    • 大循環MACDで判断する「売り」のタイミング
    • この状況だと買い売りどっち?

    本書で紹介している大循環MACDにおすすめのFX会社

    FX会社 おすすめポイント 詳細へ
    多機能なチャート分析ツールMT4と使いやすいアプリを提供! 公式
    公式サイトが大循環MACDのチャートを提供!ダウンロードで即反映! 公式

    移動平均線とMACDを組み合わせた大循環MACD

    タク(笑顔)

    タク

    大循環MACDを使えば一足早くエントリーできる

    タク(考える)

    タク

    3本のMACD線は2つの移動平均線の間隔をとった指標

    3本のMACD線の説明

    ゼロラインのクロスは移動平均線のクロス

    3本のMACD線を使ってトレンドの勢いを分析する

    3本線でトレンド転換を把握する

    各移動平均線の間隔をとることでトレンドの転換が予測しやすくなるという大きなメリットがあります。 この解説にはトレンド転換のサインであるゴールデンクロスとデッドクロスが欠かせません。 この2つはどちらも2つの移動平均線の間隔が0に近づき、クロスした時点で発生します。つまりトレンド転換のクロスは間隔をみれば予測できるというわけです。 ここまでの説明をみて、 「え?別に間隔くらいなら移動平均線だけみてれば把握できるんじゃないの?」 と感じる方も多いと思います。確かに移動平均線が2本ならそれは簡単でしょう。ただ、移動平均線が3本になると把握すべき間隔の数が3つになるので瞬時に把握することは困難です。 このように3本のMACD線を用いることで、移動平均線でトレンドの状態を瞬時に把握し、MACDでトレンドの転換を予測することができます。そして、これを活用して一足先にエントリーすることが可能になるのです!! -->

    タク(考える)

    タク

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる