初心者に最適なトレーディングプラットフォーム 2022

MT4でTickチャートのテクニカル分析をする

MT4でTickチャートのテクニカル分析をする
//+——————————————————————+ //| Create the arrow | //+——————————————————————+ bool ArrowCreate(const long chart_ID = 0, // chart’s ID const string name = “Arrow”, // arrow name const int sub_window = 0, // subwindow index datetime time = 0, // anchor point time double price = 0, // anchor point price const uchar arrow_code = 6, // arrow code const ENUM_ARROW_ANCHOR anchor = ANCHOR_BOTTOM, // anchor point position const color clr = clrWhite, // arrow color const ENUM_LINE_STYLE style MT4でTickチャートのテクニカル分析をする = STYLE_SOLID, // border line style const int width = 5, // arrow size const bool back = false, // MT4でTickチャートのテクニカル分析をする in the background const bool selection = false, // highlight to move const bool hidden = true, // hidden in the object list const long z_order = 0) // priority for mouse click //— create an arrow if(!ObjectCreate(chart_ID, name, OBJ_ARROW, sub_window, time, price)) ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_TIME, 0, time); ObjectSetDouble(chart_ID, name, OBJPROP_PRICE, 0, price); return(false); > //— set the arrow code ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_ARROWCODE, arrow_code); //— set anchor type ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_ANCHOR, anchor); MT4でTickチャートのテクニカル分析をする //— set the arrow color ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_COLOR, clr); //— set the border line style ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_STYLE, MT4でTickチャートのテクニカル分析をする style); //— set the arrow’s size ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_WIDTH, width); //— display in the foreground (false) or background (MT4でTickチャートのテクニカル分析をする true) ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_BACK, back); //— enable (true) or disable (false) the mode of moving the arrow by mouse MT4でTickチャートのテクニカル分析をする //— when creating a graphical object using ObjectCreate function, the object cannot be //— highlighted and moved by default. Inside this method, selection parameter //— is true by default making it possible to highlight and move the object ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_SELECTABLE, selection); ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_SELECTED, selection); //— hide (true) or display (false) graphical object name in the object list ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_HIDDEN, hidden); //— set the priority for receiving the event of a mouse click in the chart ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_ZORDER, z_order); //— successful execution return(true); >

簡易的なペイントツールを作成する方法【MQLプログラミングの基礎】

「カスタムインディケータのイベントハンドラ」の画面

今回はスイッチの状況を一目で分かりやすくするため、Labelオブジェクトで文字を大きく表示しましょう。Labelオブジェクトのサンプルコードは、MQL4リファレンスからコピーして使います。MQL4リファレンスの目次にある「Constants, Enumerations and Structures」→「Objects Constants」→「Object Types」をクリックすると、オブジェクトの一覧が表示されます。その中から「OBJ_LABEL」を選択し、あらかじめ用意されている「Create a text label」のコードをコピーして、ファイル下部に貼り付けます。

「//— reset the error value」「ResetLastError();」の2行と、「Print(__FUNCTION__,」「”: failed to create text label! Error code = “,GetLastError());」の2行は不要なので削除してください。また、上部パラメーターの「// subwindow index」「// chart corner for anchoring」「// text slope」の3行も使わないので「//」をつけてコメント扱いとし、「if(!ObjectCreate(chart_ID, name, OBJ_LABEL, sub_window, 0, 0))」の「sub_window」のところと「ObjectSetDouble(chart_ID, name, OBJPROP_ANGLE, angle);」の「angle」のところを共に「0」に、「ObjectSetInteger(MT4でTickチャートのテクニカル分析をする chart_ID, name, OBJPROP_CORNER, corner);」の「corner」のところを「CORNER_LEFT_UPPER」に変更します。

//+——————————————————————+

//| Create a text label |

//+——————————————————————+

bool LabelCreate(const long chart_ID = 0, MT4でTickチャートのテクニカル分析をする // chart’s ID

const string name = “Label”, // label name

// const int sub_window = 0, // subwindow index

const int x = 0, // X coordinate

const int y = 0, // Y coordinate

// const ENUM_BASE_CORNER corner = CORNER_LEFT_UPPER, // chart corner for anchoring

const string text = “Label”, // text

const string font = “Arial”, // font

const int font_size = 10, // font size

const color clr = clrRed, // color

// const double angle = 0.0, // text slope

const ENUM_ANCHOR_POINT anchor = ANCHOR_LEFT_UPPER, // anchor type

const bool back = false, // in the background

const bool selection = false, // highlight to move

const bool hidden = true, // hidden MT4でTickチャートのテクニカル分析をする in the object list

const long z_order = 0) // priority for mouse click

//— create a text label

if(!ObjectCreate(chart_ID, name, OBJ_LABEL, 0, 0, 0))

return(false);

>

//— set label coordinates

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_XDISTANCE, x);

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_YDISTANCE, y);

//— set the chart’s corner, relative to which point coordinates are defined

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_CORNER, CORNER_LEFT_UPPER);

//— set the text

ObjectSetString(chart_ID, name, OBJPROP_TEXT, text);

//— set text font

ObjectSetString(chart_ID, name, OBJPROP_FONT, font);

//— set font size

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_FONTSIZE, font_size);

//— set the slope angle of the text

ObjectSetDouble(chart_ID, name, OBJPROP_ANGLE, 0);

//— set anchor type

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_ANCHOR, MT4でTickチャートのテクニカル分析をする anchor);

//— set color

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_COLOR, clr);

//— display in the foreground (false) or background (true)

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_BACK, back);

//— enable (true) or disable (false) the mode of moving the label by mouse

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_SELECTABLE, selection);

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_SELECTED, selection);

//— hide (true) or display (false) graphical MT4でTickチャートのテクニカル分析をする MT4でTickチャートのテクニカル分析をする object name in the object list

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_HIDDEN, hidden);

//— set the priority for receiving the event of a mouse click in the chart

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_ZORDER, z_order);

//— successful execution

return(true);

>

この状態でLabelCreateを使います。線を引く処理を記述する場所は、先ほどのif文内の「paint = true;」の下です。idは0で、名前は「PREFIX + “switch”」、Xは「5」、Yは「15」、テキストは「PAINT」、フォントは太字の「Arial Black」、サイズは「20」、カラーはパラメーターで指定した色、アンカーは左上、あとは初期値とします。

LabelCreate(0, PREFIX + “Switch”, 5, 15, “PAINT”, “Arial Black”, 20, MT4でTickチャートのテクニカル分析をする CLR, ANCHOR_LEFT_UPPER);

チャートの左上に「PAINT」と表示される

6.ドラッグしてもチャートが動かないように設定

if (id == CHARTEVENT_MOUSE_MOVE)

posX = (int)lparam;

posY = (int)dparam;

そして「LabelCreate(0, PREFIX + “Switch”, 5, 15, “PAINT”, “Arial Black”, 20, CLR, ANCHOR_LEFT_UPPER);」の下に次のコードを加えましょう。名前は「Point」とし、テキストのところにスペースを表示することで、オブジェクトを見えないようにします。

LabelCreate(0, PREFIX + “Point”, posX, posY, ” “, “メイリオ”, 10000, clrNONE, ANCHOR_CENTER, false, true);

スイッチがOFFになったときには、このダミーのオブジェクトも消したいので、「ObjectDelete(0, PREFIX + “Switch”);」の下に次のコードを追加します。

if (paint)

ObjectSetInteger(0, PREFIX + “Point”, OBJPROP_XDISTANCE, posX);

ObjectSetInteger(0, PREFIX + “Point”, OBJPROP_YDISTANCE, posY);

ObjectSetInteger(0, PREFIX + “Point”, OBJPROP_SELECTED, true);

>

さらに「MOUSE_MOVE」が効くように、OnInit関数内の「//— indicator buffers mapping」の下に次のコードを入れます。

ChartSetInteger(0, CHART_EVENT_MOUSE_MOVE, true);

ChartSetInteger(0, CHART_MOUSE_SCROLL, false);

7.チャート上でドラッグされたときに線を描画

if (sparam == “1”) MT4でTickチャートのテクニカル分析をする

if (posX != preX || posY != preY)

string name = PREFIX + “Parint_” + (string)preX + “_” + (string)preY;

LabelCreate(0, name, posX, posY, “●”, “メイリオ”, SIZE, CLR, ANCHOR_CENTER);

>

preX = posX;

preY = posY;

>

チャートに線や文字を描く

8.Dキーの操作で描画した線を消去

if (sparam == “32”) ObjectsDeleteAll(0, PREFIX);

海外FX業者Exness(エクスネス)のレバレッジ・スプレッド・ボーナスや口座開設方法について徹底解説してみた

FX業者 Exness(エクスネス)

FX業者

Exness(エクスネス)とは

Exness(エクスネス)のレバレッジ

無制限レバレッジというのはポジションを取るための必要証拠金がないということです。

経済指標前後

土日・祝日の市場の開始と終了

ゴールドとシルバーの制限

Exness(エクスネス)のゼロカットシステム

Exness(エクスネス)のスプレッド

Exness(エクスネス)のロスカット水準

Exness(エクスネス)はなんと強制ロスカットの証拠金維持率が0%なんですね。

0%ということは事実上資金をすべて使って含み損に耐えることができるということです。

よってトレードの資金効率が良くなります。

Exness(エクスネス)の取引ツール

Exness(エクスネス)の口座タイプ

また、最低入金額は『初回の入金のみ』であり、

スタンダード口座

スタンダートセント口座

ナンピン系EAのリスクヘッジと爆発力を兼ね備えた『Scarlet(スカーレット)』 Scarlet(スカーレット)です。Scarletの由来は、 東方Projectのスカーレット姉妹から取ってきました。 Scarlet.

ロースプレッド口座

Exness(エクスネス)のボーナス

Exness(エクスネス)のサポート

Exness(エクスネス)の安全性

信託保全が分別管理されている

Exness(エクスネス) デロイト・トウシュ・トーマツ

Exness(エクスネス)のライセンスを4つ取得

Exness(エクスネス) ライセンス

・キプロス証券取引委員会(CySEC):ライセンス番号178/12
・セイシェル共和国金融庁(FSA):ライセンス番号SD025(Nymstar Limited社)
・金融行動監視機構(FCA):登録番号730729

レアル・マドリードがスポンサー

Exness(エクスネス) レアル・マドリード

Exness(エクスネス) の入出金

Exness(エクスネス)のよくある質問

Exness(エクスネス)はEAは使えるのか?

Exness(エクスネス)の口座開設

公式サイトにアクセス

必要事項を記入

Exness(エクスネス) 口座開設

Exness(エクスネス) 口座開設

取引口座を選択する

Exness(エクスネス) 口座開設

パーソナルエリアにログインする

Exness(エクスネス) 口座開設

Exness(エクスネス)の追加口座の開設

Exness(エクスネス) 口座開設

メール・電話番号・個人情報を認証する

Exness(エクスネス) 口座開設

身分証明書と住所確認書類

本人確認書類(写真付き・両面・有効期限内)

Exness(エクスネス) 口座開設

現住所確認書類(発行から6ヶ月以内のもの)

Exness(エクスネス) 口座開設

Exness(エクスネス)でMT4やMT5にログインする

Exness(エクスネス) 口座開設

FX-EA System Projectでは、

もしFX-EA System Projectに興味があれば

【FX口座開設】最大レバレッジ3000倍&海外FX業界No.1ボーナスを誇る『FBS』について徹底解説してみた!!

【FX口座開設】ヨーロッパ・東南アジアで主流で使われている海外FX業者『HotForex』について徹底解説してみた!!

【FX業者】海外と日本の良いとこ取りをした仮想通貨と為替がトレードできる『Bitterz(ビッターズ)』について徹底解説してみた

海外と日本の良いとこ取りをした仮想通貨と為替がトレードできる 『Bitterz(ビッターズ)』について徹底解説してみました。 Bitterz(ビッターズ)とは Bitterz(ビッターズ)とは『為替と仮想通貨が両方利用可能.

トレンドラインにおける価格の誤差を確認する方法【MQLプログラミングの基礎】

「カスタムインディケータのイベントハンドラ」の画面

#define PREFIX “PriceTag_”

そして「Custom indicator initialization function」の下に「Custom indicator deinitialization function」を設けて、OnDeinit関数を使った次のコードを記述します。これでインジケーターをチャートから外したときに関連オブジェクトが消えるようになります。

void OnDeinit(const int reason)

ObjectsDeleteAll(0, PREFIX);

>

2.トレンドラインを検索して価格を表示する関数の作成

続いて、トレンドラインを見つけたときに価格を表示する関数「DrawTag()」を作ります。DrawTag()はティックの更新ごとに動かしたいので、OnCalculate関数内の「//— return value of prev_calculated for next call」の上に配置して実行するようにします。

3.指定した位置の価格情報を取得

「ChartEvent function」の下に「Draw tag function」を設けて、そこにコードを書いていきましょう。for文で全オブジェクトを検索し、トレンドラインだった場合に「ObjectGetValueByShift」で指定した位置の価格情報を取得します。ObjectGetValueByShiftは対象オブジェクトの座標から、指定したバーのシフト数に対応する価格を取得できる関数です。

4.Arrowオブジェクトのサンプルコードを改修

ObjectGetValueByShiftで得た価格情報を、今回はArrowオブジェクトで表示します。Arrowオブジェクトのサンプルコードを、MQL4リファレンスからコピーして使います。MQL4リファレンスの目次にある「Constants, Enumerations and Structures」→「Objects Constants」→「Object Types」をクリックするとオブジェクトの一覧が表示されるので、その中から「OBJ_ARROW」を選択し、あらかじめ用意されている「Create the arrow」のコードをコピーしてファイル下部に貼り付けます。

「//— set anchor point coordinates if MT4でTickチャートのテクニカル分析をする MT4でTickチャートのテクニカル分析をする they are not set」から「ResetLastError();」までの4行と、「Print(__FUNCTION__,」「”: failed to create an arrow! Error code = “, GetLastError());」の2行は不要なので削除してください。そして値の変化に合わせて位置が変わるように、「if(!ObjectCreate(chart_ID, name, MT4でTickチャートのテクニカル分析をする OBJ_ARROW, sub_window, time, price)) <」の下に「ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_TIME, 0, time);」と「ObjectSetDouble(chart_ID, name, OBJPROP_PRICE, 0, price);」の2行を追記し、時間と価格情報を入れます。

また、初期設定をあらかじめ変更しておきます。「// arrow code」の「arrow_code = 252」を「arrow_code = 6」に、「// arrow color」の「clr = clrRed」を「clr = clrWhite」に、「// arrow size」の「width = 3」を「width = 5」に、「// highlight to move」の「selection = true」を「selection = false」に変更しましょう。これでArrowオブジェクトの設定は完了です。

//+——————————————————————+

//| Create the arrow |

//+——————————————————————+

bool ArrowCreate(const MT4でTickチャートのテクニカル分析をする long chart_ID = 0, // chart’s ID

const string name = “Arrow”, // arrow name

const int sub_window = MT4でTickチャートのテクニカル分析をする MT4でTickチャートのテクニカル分析をする 0, // subwindow index

datetime time = 0, // anchor point time

double price = 0, // anchor point price

MT4でTickチャートのテクニカル分析をする

const uchar arrow_code = 6, // arrow code

const ENUM_ARROW_ANCHOR anchor = ANCHOR_BOTTOM, // anchor point position

const color clr = clrWhite, // arrow color

const ENUM_LINE_STYLE style = STYLE_SOLID, // border line style

const int width = 5, // arrow size

const bool back = false, // in the background

const bool selection = false, // highlight to move

const bool hidden = true, // hidden in the object list

const long z_order = 0) // priority for mouse click

//— create an arrow

if(!ObjectCreate(chart_ID, name, OBJ_ARROW, sub_window, time, price))

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_TIME, 0, time);

ObjectSetDouble(chart_ID, name, OBJPROP_PRICE, 0, price);

return(false);

>

//— set the arrow code

ObjectSetInteger(chart_ID, MT4でTickチャートのテクニカル分析をする name, OBJPROP_ARROWCODE, arrow_code);

//— set anchor type

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_ANCHOR, anchor);

//— set the arrow color

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_COLOR, clr);

//— set the border line style

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_STYLE, style);

//— set the MT4でTickチャートのテクニカル分析をする arrow’s size

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_WIDTH, width);

//— display in the foreground (false) or background (true)

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_BACK, back);

//— enable (true) or disable (false) the mode of moving the arrow by mouse

//— when creating a graphical object using ObjectCreate function, the object cannot be

//— highlighted and moved by default. Inside this method, selection parameter

//— is true by default making it possible to highlight and move the object

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_SELECTABLE, selection);

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_SELECTED, selection);

//— hide (true) or display (false) graphical object name in the object list

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_HIDDEN, hidden);

//— set the priority for receiving the event of a mouse click in the chart

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_ZORDER, z_order);

//— successful execution

return(true);

>

5.価格情報をArrowオブジェクトとして表示

DrawTag()内の「double price = ObjectGetValueByShift(name, 0);」の下に、次のコードを加えます。チャートIDは「0」、名前は「PREFIX + name」、サブウィンドウは「0」、時間は現在時間の「Time[0]」、価格は「price」とします。

ArrowCreate(0, PREFIX + name, 0, Time[0], price);

簡易的なペイントツールを作成する方法【MQLプログラミングの基礎】

「カスタムインディケータのイベントハンドラ」の画面

今回はスイッチの状況を一目で分かりやすくするため、Labelオブジェクトで文字を大きく表示しましょう。Labelオブジェクトのサンプルコードは、MQL4リファレンスからコピーして使います。MQL4リファレンスの目次にある「Constants, Enumerations and Structures」→「Objects Constants」→「Object Types」をクリックすると、オブジェクトの一覧が表示されます。その中から「OBJ_LABEL」を選択し、あらかじめ用意されている「Create a text label」のコードをコピーして、ファイル下部に貼り付けます。

「//— reset the error value」「ResetLastError();」の2行と、「Print(__FUNCTION__,」「”: failed to create text label! Error code = “,GetLastError());」の2行は不要なので削除してください。また、上部パラメーターの「// subwindow index」「// chart corner for anchoring」「// text slope」の3行も使わないので「//」をつけてコメント扱いとし、「if(!ObjectCreate(chart_ID, name, OBJ_LABEL, sub_window, 0, 0))」の「sub_window」のところと「ObjectSetDouble(chart_ID, name, OBJPROP_ANGLE, angle);」の「angle」のところを共に「0」に、「ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_CORNER, corner);」の「corner」のところを「CORNER_LEFT_UPPER」に変更します。

//+——————————————————————+

//| Create a text label |

//+——————————————————————+

bool LabelCreate(const long MT4でTickチャートのテクニカル分析をする MT4でTickチャートのテクニカル分析をする MT4でTickチャートのテクニカル分析をする chart_ID = 0, // chart’s ID

const string name = “Label”, // label name

// const int sub_window = 0, // subwindow index

const int x = 0, // X coordinate

const int y = 0, // Y coordinate

// const ENUM_BASE_CORNER corner = CORNER_LEFT_UPPER, // chart corner for anchoring

const string text = “Label”, // text

const string font = “Arial”, // font

const int font_size = 10, // font size

const color clr = clrRed, // color

MT4でTickチャートのテクニカル分析をする

// const double angle = 0.0, // text slope

const ENUM_ANCHOR_POINT anchor = ANCHOR_LEFT_UPPER, // anchor type

const bool MT4でTickチャートのテクニカル分析をする back = false, // in the background

const bool selection = false, // highlight to move

const bool hidden = true, // hidden in the object list

const long z_order = 0) // priority for mouse click

//— create a text label

if(!ObjectCreate(chart_ID, name, OBJ_LABEL, 0, 0, 0))

return(false);

>

//— set label coordinates

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_XDISTANCE, x);

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_YDISTANCE, y);

//— set the chart’s corner, relative to which MT4でTickチャートのテクニカル分析をする point coordinates are defined

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_CORNER, CORNER_LEFT_UPPER);

//— set the text

ObjectSetString(chart_ID, name, OBJPROP_TEXT, text);

//— set text font

ObjectSetString(chart_ID, name, OBJPROP_FONT, font);

//— set font size

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_FONTSIZE, font_size);

//— set the slope angle of the text

ObjectSetDouble(chart_ID, name, OBJPROP_ANGLE, 0);

//— set anchor type

ObjectSetInteger(MT4でTickチャートのテクニカル分析をする MT4でTickチャートのテクニカル分析をする MT4でTickチャートのテクニカル分析をする chart_ID, name, OBJPROP_ANCHOR, anchor);

//— set color

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_COLOR, clr);

//— display in the foreground (false) or background (true)

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_BACK, back);

//— enable (true) or disable (false) the mode of moving the label by mouse

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_SELECTABLE, selection);

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_SELECTED, selection);

//— hide (true) or MT4でTickチャートのテクニカル分析をする MT4でTickチャートのテクニカル分析をする display (false) graphical object name in the object list

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_HIDDEN, hidden);

//— set the priority for MT4でTickチャートのテクニカル分析をする receiving the event of a mouse click in the chart

ObjectSetInteger(chart_ID, name, OBJPROP_ZORDER, z_order);

//— successful execution

MT4でTickチャートのテクニカル分析をする

return(true);

>

この状態でLabelCreateを使います。線を引く処理を記述する場所は、先ほどのif文内の「paint = true;」の下です。idは0で、名前は「PREFIX + “switch”」、Xは「5」、Yは「15」、テキストは「PAINT」、フォントは太字の「Arial Black」、サイズは「20」、カラーはパラメーターで指定した色、アンカーは左上、あとは初期値とします。

LabelCreate(0, PREFIX + “Switch”, 5, 15, “PAINT”, “Arial Black”, 20, CLR, ANCHOR_LEFT_UPPER);

チャートの左上に「PAINT」と表示される

6.ドラッグしてもチャートが動かないように設定

if (id == CHARTEVENT_MOUSE_MOVE)

posX = (int)lparam;

posY = (int)dparam;

そして「LabelCreate(0, PREFIX + “Switch”, 5, 15, “PAINT”, “Arial Black”, 20, CLR, ANCHOR_LEFT_UPPER);」の下に次のコードを加えましょう。名前は「Point」とし、テキストのところにスペースを表示することで、オブジェクトを見えないようにします。

LabelCreate(0, PREFIX + “Point”, posX, posY, ” “, “メイリオ”, 10000, clrNONE, ANCHOR_CENTER, false, true);

スイッチがOFFになったときには、このダミーのオブジェクトも消したいので、「ObjectDelete(0, PREFIX + “Switch”);」の下に次のコードを追加します。

if (paint)

ObjectSetInteger(0, PREFIX + “Point”, OBJPROP_XDISTANCE, posX);

ObjectSetInteger(0, PREFIX + “Point”, OBJPROP_YDISTANCE, posY);

ObjectSetInteger(0, PREFIX + “Point”, OBJPROP_SELECTED, MT4でTickチャートのテクニカル分析をする true);

>

さらに「MOUSE_MOVE」が効くように、OnInit関数内の「//— indicator buffers mapping」の下に次のコードを入れます。

ChartSetInteger(0, CHART_EVENT_MOUSE_MOVE, true);

ChartSetInteger(0, CHART_MOUSE_SCROLL, false);

7.チャート上でドラッグされたときに線を描画

if (MT4でTickチャートのテクニカル分析をする sparam == “1”)

if (posX != preX || posY != preY)

string name = PREFIX + “Parint_” + (string)preX + “_” + (string)preY;

LabelCreate(0, name, posX, posY, “●”, “メイリオ”, SIZE, CLR, ANCHOR_CENTER);

>

preX = posX;

preY = posY;

>

チャートに線や文字を描く

8.Dキーの操作で描画した線を消去

if (sparam == “32”) ObjectsDeleteAll(0, PREFIX);

海外FX業者Exness(エクスネス)のレバレッジ・スプレッド・ボーナスや口座開設方法について徹底解説してみた

FX業者 Exness(エクスネス)

FX業者

Exness(エクスネス)とは

Exness(エクスネス)のレバレッジ

無制限レバレッジというのはポジションを取るための必要証拠金がないということです。

経済指標前後

土日・祝日の市場の開始と終了

ゴールドとシルバーの制限

Exness(エクスネス)のゼロカットシステム

Exness(エクスネス)のスプレッド

Exness(エクスネス)のロスカット水準

Exness(エクスネス)はなんと強制ロスカットの証拠金維持率が0%なんですね。

0%ということは事実上資金をすべて使って含み損に耐えることができるということです。

よってトレードの資金効率が良くなります。

Exness(エクスネス)の取引ツール

Exness(エクスネス)の口座タイプ

また、最低入金額は『初回の入金のみ』であり、

スタンダード口座

スタンダートセント口座

ナンピン系EAのリスクヘッジと爆発力を兼ね備えた『Scarlet(スカーレット)』 Scarlet(スカーレット)です。Scarletの由来は、 東方Projectのスカーレット姉妹から取ってきました。 Scarlet.MT4でTickチャートのテクニカル分析をする

ロースプレッド口座

Exness(エクスネス)のボーナス

Exness(エクスネス)のサポート

Exness(エクスネス)の安全性

信託保全が分別管理されている

Exness(エクスネス) デロイト・トウシュ・トーマツ

Exness(エクスネス)のライセンスを4つ取得

Exness(エクスネス) ライセンス

・キプロス証券取引委員会(CySEC):ライセンス番号178/12
・セイシェル共和国金融庁(FSA):ライセンス番号SD025(Nymstar Limited社)
・金融行動監視機構(FCA):登録番号730729

レアル・マドリードがスポンサー

Exness(エクスネス) レアル・マドリード

Exness(エクスネス) の入出金

Exness(エクスネス)のよくある質問

Exness(エクスネス)はEAは使えるのか?

Exness(エクスネス)の口座開設

公式サイトにアクセス

必要事項を記入

Exness(エクスネス) 口座開設

Exness(エクスネス) 口座開設

取引口座を選択する

Exness(エクスネス) 口座開設

パーソナルエリアにログインする

Exness(エクスネス) 口座開設

Exness(エクスネス)の追加口座の開設

Exness(エクスネス) 口座開設

メール・電話番号・個人情報を認証する

Exness(エクスネス) 口座開設

身分証明書と住所確認書類

本人確認書類(写真付き・両面・有効期限内)

Exness(エクスネス) 口座開設

現住所確認書類(発行から6ヶ月以内のもの)

Exness(エクスネス) 口座開設

Exness(エクスネス)でMT4やMT5にログインする

Exness(エクスネス) 口座開設

FX-EA System Projectでは、

もしFX-EA System Projectに興味があれば

【FX口座開設】極狭スプレッド&最大レバレッジ500倍の海外FX業者『Titan FX (タイタンFX)』について徹底解説してみた

【FX業者】海外と日本の良いとこ取りをした仮想通貨と為替がトレードできる『Bitterz(ビッターズ)』について徹底解説してみた

海外と日本の良いとこ取りをした仮想通貨と為替がトレードできる 『Bitterz(ビッターズ)』について徹底解説してみました。 Bitterz(ビッターズ)とは Bitterz(ビッターズ)とは『為替と仮想通貨が両方利用可能.

【大問題】3すくみトレードで話題のFXSuitが突然のスプレッド拡大でロスカット祭りに!?情報についてまとめてみた

【FX口座開設】ヨーロッパ・東南アジアで主流で使われている海外FX業者『HotForex』について徹底解説してみた!!

海外FX業者XM Tradingのレバレッジ・口座タイプ・ボーナスや口座開設について徹底解説してみた

XMとは2009年から運営を開始している海外FX業者であり、 XMは2018年時点で新規口座開設数100万人突破している世界でも人気の高い業者になります。 海外FX業者は数多く存在しますが、その中でもNo.1の人気を誇るのはXMです。 今回は海外FX業者XM Tradingのレバレッジ・口座タイプ・ボーナスや口座開設について徹底解説してみました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる