成功事例

オルタナティブ投資

オルタナティブ投資
全体を通してみると、DB年金は、以前ほどの急なペースではないものの、オルタナティブ全体への配分を引 き続き増やしていくスタンスと見られます。その中で、低相関系資産から実物資産への入替姿勢が鮮明になった点は 今回の調査の特徴であり、コロナ禍以降でのニューノーマルを模索する動きとも言えるでしょう。また、国内株式にお いて近年注目されてきたESG投資が、運用戦略に当たり前に組み込まれる時代を迎えたことは、新しい時代の資産 運用の動きとして注視すべき点でしょう。

JPモルガン・アセット・マネジメント、「企業年金運用動向調査」を公表ーオルタナティブ投資の割合が過去最大

近年、オルタナティブへの配分は増加傾向にあったが、今回の調査でも、政策アセット・ミックスにおけるオルタナ ティブの割合は昨年度の21.3%から22.5%と増加し、過去最高となった。2018年度以降からオルタナティブは2割余りの配分が定着し、確定給付企業年金(以下、DB年金)の投資において定番の存在になったと言える。オルタナ ティブは相対的に、利回り・リターンの高さ、また価格変動性の低さが特徴であるため、ポートフォリオにおいて重要な 役割を果たしていると考えられる。

ポストコロナの環境下で、実物資産への移行が鮮明に

今後の資産配分の方向性を問う質問に対して、回答者の29%がオルタナティブを増やす方向と回答した。同様の 質問における国内債券(1%)、国内株式(3%)など伝統資産への回答と比較すると、突出した割合。オルタナティ ブの中でも、低相関系資産である保険関連の配分減(昨年度1.7%から1.0%に)が見られる一方、インフラ投資(昨年 度7.8%から18%に)、実物不動産(昨年度5.2%から15%に)など、実物資産への配分増が目立った。オルタナテ ィブへの配分増は近年続く傾向だが、コロナ禍以降、世界的な低金利が続く見通しを受け、相対的に安定的なインカムゲインが期待される実物資産への入替姿勢が鮮明に現れた結果となった。

ESGは、特別な存在から、「当たり前に組み込まれる」時代へ

2019年度、国内株式において新規にESG投資を採用した基金はゼロだった。これはESG投資が運用会社・DB年金 に浸透した結果と見られる。具体的には、数多くの戦略にESGが考慮されることが当然となったため、以前のようなESG投資を前面に押し出した商品採用というよりも、ESG付きの特定戦略という文脈で商品採用が進み、票が分散し たためと考えられる。

この調査を分析しているJPモルガン・アセット・マネジメントのグローバル運用商品部 インベストメント・スペシャリストの國京 彬氏は、今回の調査結果を振り返り、次のように述べている。

全体を通してみると、DB年金は、以前ほどの急なペースではないものの、オルタナティブ全体への配分を引 き続き増やしていくスタンスと見られます。その中で、低相関系資産から実物資産への入替姿勢が鮮明になった点は 今回の調査の特徴であり、コロナ禍以降でのニューノーマルを模索する動きとも言えるでしょう。また、国内株式にお いて近年注目されてきたESG投資が、運用戦略に当たり前に組み込まれる時代を迎えたことは、新しい時代の資産 運用の動きとして注視すべき点でしょう。

JPモルガン・アセット・マネジメント、「企業年金運用動向調査」を公表ーオルタナティブ投資の割合が過去最大

近年、オルタナティブへの配分は増加傾向にあったが、今回の調査でも、政策アセット・ミックスにおけるオルタナ ティブの割合は昨年度の21.3%から22.5%と増加し、過去最高となった。2018年度以降からオルタナティブは2割余りの配分が定着し、確定給付企業年金(以下、DB年金)の投資において定番の存在になったと言える。オルタナ ティブは相対的に、利回り・リターンの高さ、また価格変動性の低さが特徴であるため、ポートフォリオにおいて重要な 役割を果たしていると考えられる。

ポストコロナの環境下で、実物資産への移行が鮮明に

今後の資産配分の方向性を問う質問に対して、回答者の29%がオルタナティブを増やす方向と回答した。同様の 質問における国内債券(1%)、国内株式(3%)など伝統資産への回答と比較すると、突出した割合。オルタナティ ブの中でも、低相関系資産である保険関連の配分減(昨年度1.7%から1.0%に)が見られる一方、インフラ投資(昨年 度7.8%から18%に)、実物不動産(昨年度5.2%から15%に)など、実物資産への配分増が目立った。オルタナテ ィブへの配分増は近年続く傾向だが、コロナ禍以降、世界的な低金利が続く見通しを受け、相対的に安定的なインカムゲインが期待される実物資産への入替姿勢が鮮明に現れた結果となった。

ESGは、特別な存在から、「当たり前に組み込まれる」時代へ

2019年度、国内株式において新規にESG投資を採用した基金はゼロだった。これはESG投資が運用会社・DB年金 に浸透した結果と見られる。具体的には、数多くの戦略にESGが考慮されることが当然となったため、以前のようなESG投資を前面に押し出した商品採用というよりも、ESG付きの特定戦略という文脈で商品採用が進み、票が分散し たためと考えられる。

この調査を分析しているJPモルガン・アセット・マネジメントのグローバル運用商品部 インベストメント・スペシャリストの國京 彬氏は、今回の調査結果を振り返り、次のように述べている。

全体を通してみると、DB年金は、以前ほどの急なペースではないものの、オルタナティブ全体への配分を引 き続き増やしていくスタンスと見られます。その中で、低相関系資産から実物資産への入替姿勢が鮮明になった点は 今回の調査の特徴であり、コロナ禍以降でのニューノーマルを模索する動きとも言えるでしょう。また、国内株式にお いて近年注目されてきたESG投資が、運用戦略に当たり前に組み込まれる時代を迎えたことは、新しい時代の資産 運用の動きとして注視すべき点でしょう。

オルタナティブデータを個人投資家に普及させたい!

はじめまして。私たちPERAGARUは、上場株式への投資判断に活用するオルタナティブデータを閲覧できるツール「PERAGARU」を開発、運営しており、主にヘッジファンド向けに販売しております。2022年5月より個人投資家向けに「PERAGARU for personal」をローンチ予定です。(PERAGARU for personalのページ)PERAGARU for personalで閲覧できるオルタナティブデータは各上場企業のKPIを日次など細かい粒度で把握できるようになっております。例えば採用SaaS運営企業3991 ウォンテッドリーであれば、同社サービスの有料契約企業数を閲覧でき、当該データと1社あたりの平均契約単価の積で売上高の予測が可能です。「開示情報はすぐにマーケットに反映されてアルファがない。」、「情報収集に膨大な時間がかかる。」といった悩みを抱える投資家も多いと思いますが、投資家はオルタナティブデータを活用することで、決算発表前など迅速な投資判断ができるようになるだけでなく、低いコストで情報収集をすることができます。

●証券会社&個人投資家時代

●オルタナティブデータとは

● PERAGARU事業立ち上げ

PERAGARUは「PER 上がる」という意味で、オルタナティブデータを使った株式投資を行う人を増やし、今まで注目されていなかった企業にもお金が流れるようになることで日本経済を活性化させたい!との想いが込められています。オルタナティブデータは海外のヘッジファンドを中心に活用が進んでいたため、PERAGARUも日本株を持っている海外ヘッジファンド向けにデータを販売する方針でスタートしました。そして、サービスの運用が進むにつれ、多くの個人投資家の方から「中小型株のオルタナティブデータを閲覧したい。」というご要望を頂くようになりました。これらのご要望を踏まえ、中小型株中心のオルタナティブデータ閲覧サービス「PERAGARU for personal」を2022年5月にリリースいたします!カバー銘柄は20銘柄でスタートし、今後はカバー銘柄数を増やしていく予定です!

● PERAGARU for personalのカバー拡充

PERAGARU for personalのデータは基本的にwebスクレイピングという手法を用いています。1銘柄のカバーを増やすために、

(PERAGARU for personal オルタナティブ投資 公式サイト)

● リターンのご紹介

本プロジェクトをご支援下さった皆様は、ご支援金額に合わせてPERAGARU for personal オルタナティブ投資 の新規カバー銘柄のオルタナティブデータ閲覧が可能になります。

リターンを受け取っていただくには、別途のPERAGARU for personal有料会員登録(月額25,000円(税抜))が必要です。無料会員登録のユーザーはご利用できない点にご注意下さい。

● 会社・チームの紹介

弊社チームは金融業界出身者、エンジニア、データサイエンティストを中心に構成されています。(PERAGARU 運営メンバーのページ)エンジニアメンバーは各銘柄ごとにプログラムを作成・修正したり、ユーザー体験向上のための追加機能を実装したりなど、オルタナティブデータ閲覧プラットフォームの実現に毎日奮闘しています。データ取得先の形式が変更になるたびにプログラムを書き換えるなど大変なことが多くありますが、自分が実装したプログラムが収集したオルタナティブデータを使って正確な業績予測ができたという報告を聞くと、平日深夜や週末の開発が報われた気持ちになります!金融バックグランドのメンバーは毎日開示資料と睨めっこし、「投資判断に使えるオルタナティブデータがないか」を探し続けています。上場企業は日本だけで約4,000社あり、正直気が遠くなりそうな時もあります。しかし、webスクレイピングだけでなくPOSデータや位置情報データなど、大企業が保有しているデータを個別銘柄へ紐づける活動も進めており、将来はあらゆるオルタナティブデータがPERAGARU上で個別銘柄に紐づく形で閲覧できるサービスにします!PERAGARUを投資家全員が利用して下さるようになった世界では、「オルタナティブデータがオルタナティブではない」状態になります。すなわち、オルタナティブデータを使うのが投資判断の大前提で、情報の非対称性が小さくなります。今は「他の投資家が持っていないオルタナティブデータを持っているかどうか」で運用成績が大きく変わりますが、将来は投資対象銘柄の業績が将来伸びるかどうかの純粋な見極めで運用成績が変わる世界が来ます。これは、より自分の相場観を試される試される世界であり、自分の考えを投資家の友人に共有したり、それをもとに投資判断を行うのはゼッタイ楽しいです!この世界の実現に共感して下さる方や、PERAGARU for personalのオルタナティブデータがどんなものなのか知りたいという方からのご支援をお待ちしております!

オルタナティブ投資

一歩先ゆく米国株式投資術

中国株式投資戦略

金融商品等にご投資いただく際には、各商品等に所定の手数料等(国内株式取引の場合は約定代金に対して上限1.265%(税込)(ただし、最低手数料2,750円(税込))の委託手数料、投資信託の場合は銘柄ごとに設定された販売手数料及び信託報酬等の諸経費、等)をご負担いただく場合があります。
金融商品等には株式相場、金利水準の変動等による「市場リスク」、金融商品等の発行者等の業務や財産の状況等に変化が生じた場合の「信用リスク」、外国証券である場合には、「為替変動リスク」等により損失が生じるおそれがあります。さらに、新株予約権等が付された金融商品等については、これらの「権利を行使できる期間の制限」等があります。なお、信用取引又はデリバティブ取引を行う場合には、その損失の額がお客様より差入れいただいた委託保証金又は証拠金の額を上回るおそれがあります。
手数料等およびリスクは、金融商品等ごとに異なりますので、契約締結前交付書面や上場有価証券等書面または目論見書等をよくお読みください。

Welcome

Watch this オルタナティブ投資 video to discover all the member benefits our turn-key alternative investment platform provides financial advisors once you complete your registration.

Hedge Funds

Private Equity Funds

Welcome Persona

View the list of funds, オルタナティブ投資 add them to your cart and create a web-based proposal to share with your clients.

Welcome , Persona

We are here to help you navigate your alternative investment journey. Our services are for financial professionals. Please schedule a call to complete your registration.

Investing in alternatives is a journey. How do you navigate it for your clients?オルタナティブ投資

Crystal Capital Partners Alternative Investment Meeting

Crystal Capital Partners Alternative Investment Tech Team

Crystal Capital Partners Alternative Investment Technology Team

Crystal Capital Partners Alternative Investment Server

オルタナティブ投資 Crystal Capital Partners Alternative Investment Workplace

Crystal Capital Partners Alternative Investment Coding

Crystal Capital Partners Alternative Investment Support

Partner With An Experienced Alternative Investment Team

We have been investing in alternatives since 1994. Our team of 20+ professionals supports you through every step of your journey. We service 100+ independent financial advisory firms who represent over $100 billion in assets collectively. We invest alongside our clients, creating a direct オルタナティブ投資 alignment of interest.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる