テクニカル分析指標

キャッシュマネジメント入門

キャッシュマネジメント入門
酒類、飲料と比較した場合に目劣りがする食品・薬品事業は キャッシュマネジメント入門 question mark ですが、着実に投資効果が出ている将来有望なビジネスです。 dog に入れられるのは、その他の事業といわれる不動産等で売上・利益も減少しています。

SRIの75年間のイノベーションについて:キャッシュ・マネジメント・アカウント(CMA) 〜金融商品を集約して効率化する世界初のCMA〜

見出し画像

キャッシュ・マネジメント・アカウントという概念は、法的な検討事項、金融商品、顧客とのやり取りや顧客の期待感など、変動的な要素が数多くあります。これを解決するには、「決定分析」(Decision Analysis:DA)と呼ばれる数理モデルが有効であると考えられました。キャッシュ・マネジメント・アカウントの構築は、SRIインターナショナルのFinancial Industries and Strategic Methodologies CenterのディレクターであったDr. Carl Spetzlerに委ねられたのです。Spetzler博士はこの「決定分析」を専門としており、1975年には「Probability Encoding in Decision Analysis(意思決定分析における確率エンコーディング)」と題した手法に関する論文を執筆しています。この論文では、専門家の見解を提示するため、専門的な知識や一般的な知識を確率分布に変換する「確率エンコーディング」という手法について述べています。言い換えれば、ある行為の結果に対する専門家の見解を定量化かつ定性化する方法です。決定分析の考え方を適用すれば、最適な結果を得るべく、意思決定の選択肢を情報に基づいて比較することができます。

画像1

1974年、当時SRIインターナショナルの社長だったCharles Andersonは、Spetzler博士が有する決定分析の知識がファイナンシャルマネジメントに興味深い見解をもたらすのではないかと提案しました。Spetzler博士がメリルリンチにこのアイデアについて持ち掛けたとき、メリルリンチは当初懐疑的だったというエピソードがあります。しかし、メリルリンチはすでに金融サービスの革新者でした。独立したブローカーではなく、15,000人のファイナンシャルアドバイザーのネットワークを活用するなど、競合他社とは異なる手法を試みて成功を収めていました。これは、知識の「一元化」と「統合」が成功するという兆しを早々と示していたのかもしれません。

キャッシュ・マネジメント・アカウントがムーブメントとなった

画像2

CMAのコンセプトは、メリルリンチの競合他社でも多くの類似商品を生み出しました。サービスや商品の「簡素化」と「集約化」のメリットに惹かれて、業界内の他社もCMAのムーブメントに乗ってイノベーションを起こしたのです。口座を集約することで支払いがしやすくなり、自動車保険や住宅総合保険(火災保険)など複数保険商品の月々の支払いを同一コンピューターシステムで一度に済ませることができる「ファミリーアカウント」というアイデアも登場しました。金融口座の簡素化、管理、集約の動きには、多くの金融サービスや銀行が次々と加わったのです。SRIとメリルリンチは、まさに「変化の波」を起こし、現在も私たちはその恩恵を受けています。

2006年、SRIインターナショナルはSpetzler博士の「意決定分析の研究とCMA開発」への貢献を評価してアルムナイ(SRIの離職・退職者)の殿堂入りを決定しました。

SRI Internationalについて、詳しくはhttps://www.sri.com/jaをご覧ください。

※チャレンジャーバンクとは:銀行業務ライセンスを取得し、当座預金、普通預金、住宅ローンなど既存銀行と同じサービスをすべてモバイルアプリ上で提供するモデル

「キャッシュカウ」の意味とは?代表例も教えて!

出典:製品戦略:PPM : ちみっちの部屋

スターはその名の通り最優先すべき花形商品で、成長率も利益率も非常に高い。しかし、その分投資を必要とするものだ。
ワイルドキャットは成長率は高いものの、利益率が低く、その割に投資が必要になるもの。
ルーザードッグは成長率も利益率も低く、撤退されることが多い事業のことを指す。

キャッシュカウの代表例は「アサヒビール」!

出典:ニュースリリース 2011年11月15日|アサヒビール

しかし、ビールやコーヒーはすぐに思い浮かべることができても、薬品や不動産で「アサヒ」と名の付くものはあまりイメージできないだろう。
実際、アサヒの事業の中で最も安定した利益を挙げているのは「アサヒビール」をはじめとした酒類で、これが「キャッシュカウ」として分類される。
コーヒーや炭酸飲料などの飲料は、今後も成長が期待できるということで「スター」となる。

酒類事業は、主力製品のスーパードライ を筆頭として、アサヒビールの利益のかなりの部分を 出している事業で cash-cow です。缶コーヒーワンダ を代表とする 飲料事業は star で、今後も成長が期待できる事業です。

酒類、飲料と比較した場合に目劣りがする食品・薬品事業は question mark ですが、着実に投資効果が出ている将来有望なビジネスです。 dog に入れられるのは、その他の事業といわれる不動産等で売上・利益も減少しています。

なるほど。
ビールといえばキリンやサントリー、サッポロなども有名だが、アサヒの人気は不動のものだ。
この他にも、様々な事業や商品を展開している企業はたくさんあるから、自分がいつも買っている商品、サービスなどを参考に「この企業ならキャッシュカウはこれだな……」とまとめてみると分かりやすいだろう。

キャッシュフロー計算書から会社を読み解く よくわかるキャッシュフロー計算書入門 <Eラーニング> 経営分析に不可欠なキャッシュフロー計算書の読み方を実データで実践的に習得します。

よくわかるキャッシュフロー計算書入門

1st Lecture キャッシュフロー計算書って何?
ごく日常で使われるようになった「キャッシュフロー」。では「キャッシュフロー計算書」とはどんなものなのでしょうか
●そもそも決算書とは?
●キャッシュフロー計算書が導入された理由
●キャッシュフローとキャッシュの違い
●企業活動を3区分に分ける
●損益計算書と何が違うのか
●資金繰表とキャッシュフロー計算書の違い
●会社におけるキャッシュフロー計算書の重要性
●キャッシュフロー計算書と貸借対照表の関係
●フリーキャッシュフローって何?
●キャッシュフロー計算書を公開している会社とは?

2nd Lecture 営業キャッシュフローの見方
キャッシュフロー計算書の3区分の一番上にある「営業キャッシュフロー」について見てみましょう
●営業キャッシュフローとは?
●運転資本って何?
●在庫が増えるとキャッシュフローが悪くなる?
●売上債権が増えるとキャッシュフローが悪くなる?
●仕入債務が増えるとキャッシュフローがよくなる?
●減価償却費が増えるとキャッシュフローがよくなる?
●引当金を設定するとキャッシュフローがよくなる?

3rd Lecture 投資キャッシュフローの見方
キャッシュフロー計算書の3区分の2番目、「投資キャッシュフロー」について見てみましょう
●投資キャッシュフローとは?
●設備投資するとどうなるのか?
●設備を売却するとどうなるのか?
●設備投資と減価償却費の関連は何か?
●投資キャッシュフローからその会社のスタンスがわかる

4th Lecture 財務キャッシュフローの見方
「キャッシュフロー計算書」の3区分の3番目、「財務キャッシュフロー」について見てみましょう
●財務キャッシュフローとは?
●借金をしたり、借金を返すとどうなるか?
●資本金を増やすとどうなるか?
●配当金を支払うとどうなるか?
●自己株式を取得するとどうなるか?
●株価が動くとキャッシュフローに影響する?

5th Lecture いろいろなキャッシュフロー計算書のパターンを見てみる
キャッシュフロー計算書にもいろいろなパターンがあります。その特徴から、会社の現状と方向性を読み取りましょう
●見るべきポイントは?
●投資優先タイプ
●伝統的な会社のタイプ
●これから成長するベンチャー企業タイプ
●成長過程にある企業のタイプ
●成熟して稼いでいる会社のタイプ
●借金返済優先タイプ
●金余りの状態になっている会社のタイプ
●衰退する会社のタイプ

6th Lecture キャッシュフロー計算書を使った経営分析指標
キャッシュフロー計算書を使った経営分析指標で、どのような経営状態がわかるのかを理解しましょう
●全体を見る総合指標とその使い方
●総合指標のデュポンモデルによる分解
●インタレストカバレッジレシオの使い方
●設備投資の妥当性を分析する
●投資全体の妥当性を分析する
●銀行がよく使う債務償還年数とは?
●株価とキャッシュフローの関係を見るPCFR
●実践・キャッシュフロー計算書を読む!
●まとめ~キャッシュフロー経営へ

南 俊基氏(みなみ としき)

南 俊基氏(みなみ としき)

早稲田大学政治経済学部経済学科卒業、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了。監査法人トーマツにて、財務調査を中心に会社更生法監査、事業再編等を担 当。その後、ソニーグループの経営戦略コンサルティング会社にて原価管理体制の構築、グループ会社再編等の財務戦略の立案、また財務省理財局にて財政投融 資調査業務に従事。上場バイオベンチャーの役員を経て現職。メーカー、医療機関、バイオベンチャー等に対して、財務戦略、コスト管理、事業再編に関するコ ンサルティングを行っている。併せて、会計・財務等の企業研修を数多く手がけている。公認会計士、税理士、日本証券アナリスト協会検定会員。

開催日時 講師が担当する他の講座
2022年9月28日(水) 原価計算と管理会計の基礎知識
2022年9月22日(木) 決算書からの企業分析入門
2022年8月22日(月) 事業計画作成と収支予測の基本
2022年7月27日(水) 事業成長に必要な利益を生む仕組みの作り方

日経ビジネススクール オンライン講座 事務局
TEL 03-6812-8679 FAX 03-6812-8755
Eメール:[email protected]
受付時間:営業日の9:30~17:30 <営業日>土日祝、国民の休日、年末年始(12/28~1/4)を除く日

コースコード XAP10101
受講料(消費税込み) 19,800円(税抜価格18,000円)
確認テスト すべてのLectureに各1回
レポート なし
使用するアプリケーションソフト Microsoft® Word、Microsoft® Excel、Adobe® Reader®
標準受講時間 6時間

動作環境※
●PC OS × ブラウザー
Microsoft® Windows® 10 × Google Chrome 最新版、Microsoft Edge 最新版、Firefox 最新版

キャッシュ重視経営の肝が事例解説で超やさしくわかる!課長に必須の会計講座

キャッシュフロー・マネジメント術_予告

Photo:erhui1979/gettyimages

#1 5月3日(月)
「利益の出し方」が一発でわかる図があった!管理職なら理解必須の固定費&変動費

キャッシュフロー・マネジメント術#1

Photo:erhui1979/gettyimages

#2 5月4日(火)配信
メーカー特有「作るほど儲かる」の罠、課長&部長に必須のキャッシュ管理術

キャッシュフロー・マネジメント術#2

キャッシュマネジメント入門 Photo:erhui1979/gettyimages

#3 5月5日(水)配信
キャッシュと利益の差を知らないと管理職失格!絶対知るべき「4つの会計項目」

キャッシュフロー・マネジメント術#3

Photo:erhui1979/gettyimages

#4 5月6日(木)配信
黒字倒産を「商社&不動産」上場2社の実例で解説!資金繰りが破綻した理由

キャッシュフロー・マネジメント術#4

Photo:erhui1979/gettyimages

#5 5月7日(金)配信
トヨタ生産方式の肝がわかるキャッシュフロー改善術、「在庫を減らせ」の理由

キャッシュフロー・マネジメント術#5

Photo:erhui1979/gettyimages

#6 5月8日(土)配信
その新規事業は身の丈に合ってる?市場規模、競争優位性より大事なキャッシュの視点

キャッシュフロー・マネジメント術#6

Photo:erhui1979/gettyimages

「キャッシュカウ」の意味とは?代表例も教えて!

出典:製品戦略:PPM : ちみっちの部屋

スターはその名の通り最優先すべき花形商品で、成長率も利益率も非常に高い。しかし、その分投資を必要とするものだ。
ワイルドキャットは成長率は高いものの、利益率が低く、その割に投資が必要になるもの。 キャッシュマネジメント入門
ルーザードッグは成長率も利益率も低く、撤退されることが多い事業のことを指す。

キャッシュカウの代表例は「アサヒビール」!

出典:ニュースリリース 2011年11月15日|アサヒビール

しかし、ビールやコーヒーはすぐに思い浮かべることができても、薬品や不動産で「アサヒ」と名の付くものはあまりイメージできないだろう。
実際、アサヒの事業の中で最も安定した利益を挙げているのは「アサヒビール」をはじめとした酒類で、これが「キャッシュカウ」として分類される。
コーヒーや炭酸飲料などの飲料は、今後も成長が期待できるということで「スター」となる。

酒類事業は、主力製品のスーパードライ キャッシュマネジメント入門 を筆頭として、アサヒビールの利益のかなりの部分を 出している事業で cash-cow です。缶コーヒーワンダ を代表とする 飲料事業は star で、今後も成長が期待できる事業です。

酒類、飲料と比較した場合に目劣りがする食品・薬品事業は question mark ですが、着実に投資効果が出ている将来有望なビジネスです。 dog に入れられるのは、その他の事業といわれる不動産等で売上・利益も減少しています。

なるほど。
ビールといえばキリンやサントリー、サッポロなども有名だが、アサヒの人気は不動のものだ。
この他にも、様々な事業や商品を展開している企業はたくさんあるから、自分がいつも買っている商品、サービスなどを参考に「この企業ならキャッシュカウはこれだな……」とまとめてみると分かりやすいだろう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる