FXトレーダー

ボリンジャーバンド徹底活用方法

ボリンジャーバンド徹底活用方法
そのため、たとえばボリンジャーバンドだけを見て逆張りを仕込もうとすると、こうした世情で±3σをゆうに超えてしまい、大損するリスクもあるので注意が必要です。

ボリンジャーバンドとは?活用法から注意点まで完全網羅

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ ボリンジャーバンド徹底活用方法 OMX、CME Group ボリンジャーバンド徹底活用方法 Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

掲載情報について 当サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。また、掲載されている評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 最新情報は各FX会社の公式サイトにてご確認ください。 『みんかぶ(FX/為替)』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ランキング根拠について 各ランキングページに評価項目を掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。

バンドウォークを見極める「順張り・逆張り」インジケーター

バンドウォークを見極める「逆張り」ボリンジャー活用

テクニカル分析

バンドウォークは順張り・逆張りのどっちで活きる?

逆張りエントリーのメリットとは?

トレンドはいつか必ず反転する

たしかに、値ごろ感で適当にエントリーをして、逆行してもそのまま放っておいて含み損を膨らませていくような逆張りは危険ですが、今回のようなボリンジャーバンドなどの根拠を用いて、 しっかりと損切りできるトレーダーの逆張りは、大きな利益を狙える投資手法 となります。

なぜなら、投機的なマネーが多い為替相場では、トレンド方向に価格を大きく動かした時には、かなりの確率で利益確定をする勢力が出てくるからです。トレンドはどこかで必ず反転します。また 「トレンドが転換した際は、前のトレンドの半値まで戻す」という世界の共通認識もトレードをやりやすくしてくれます。

ボリンジャーバンドで逆張りをどう狙うか

ドル円の5分足20期間のボリンジャーバンド

バンドウォークを見極める

まず注目していただきたいのは画像のオレンジの囲み部分です。いわゆる バンドウォークと呼ばれる形で、ローソク足がボリンジャーバンドの2σに張り付くような、強いトレンドの値動き です。

逆張りのエントリーポイント

バンドウォークが終了し、トレンドが反転したところが逆張りのエントリーポイント(矢印部分) です。具体的には、ボリンジャーバンドの1σをローソク足の実体が超えたところでエントリーです。

順張り状態のボリンジャーバンドの利益確定と損切り

ボリンジャーバンドの損切りライン

損切りは基本的には直近の安値高値に起きます。この場合私は茶色のライン、108.080に損切りラインを置きます。

逆張り→順張り状態での3つの利益確定ポイント

1つは、ボリンジャーバンドの逆方向の2σにタッチした時 です。ボリンジャーバンドのセオリー的な利確方法ですが、これは場合によっては利益が小さくなりがちなので、手堅く利益を取りにいく時の方法と考えていいと思います。

2つ目は「損切り幅とリスクリワードが1対1になる位置に指値を置く」というルール です。画像の場合ですとエントリーが108.13で、損切りが080なので、5pipsの損切り幅です。なので、利益確定の指値も5pipsに置きます。2σが近く、逆張りトレンドに強い勢いがない場合には、このルールにしたがって機械的に利確します。

3つ目は「半値戻し」です。「トレンドが転換した際は、前のトレンドの半値まで戻す」というルールに従って指値を置きます。 どの時間軸で見るか、半値を超えるのか手前までか、などは場面場面での判断となりますが、逆張りトレンドでの狙いはやはり「半値戻し」です。大きなトレンドの転換点でエントリーできれば必然的に半値の利幅も大きくなります。

逆張りエントリー時は利益確定&損切りルールを明確に

逆張りの場合はリスクは高いが大きなリターンも期待できるので、エントリーと同時に損切りポイントを設定することで、上の3つの利益確定ポイントを冷静に見極めることができます。

【これぞFXボリンジャーバンドの本質だ】チャートテクニカル分析での見方・使い方について徹底検証!!

LINE

送る

ボリンジャーバンドとは?

このボリンジャーバンドは、移動平均線(MA)に数学や統計学で使われる「標準偏差」や「正規分布」の考え方を取り入れて、ジョン・ボリンジャー氏によって考案された トレンド分析のテクニカル指標 である。

ボリンジャーバンドは、「正規分布」や「標準偏差」の考え方をもとに、相場の動くであろう範囲を予測する指標だということも言える。

標準偏差は一般的にσ(シグマ)で表される。

ボリンジャーバンドの構成要素

ボリンジャーバンド構成要素解説の図「マックス岩本講義動画」より

ボリンジャーバンドの特性

ボリンジャーバンドの正規分布とは

正規分布とは、統計の基本となる最も重要な確率分布のことである。

さらにかみ砕いて説明すると平均付近が最も高くて平均から離れるにつれて穏やかに低くなっていくような 左右対称の釣り鐘型の分布のこと をいう。

正規分布の図

ボリンジャーバンド最大の注意点1

上記で述べた正規分布の原則は、基本的にレンジ相場のような価格が平均した相場には当てはまるが、価格が大きく変動するマーケット価格には当てはまらないので注意を要する。よって、ボリンジャーバンドのエントリータイミングは価格が下方向なら+2σのタッチで売って上方向なら-2σのタッチで買いではない。

ボリンジャーバンドの誤った使い方の具体例

解説用チャート①の場面

解説用チャート②の場面

解説用チャート③~④の場面

解説用チャート⑤の場面

解説用チャート⑥の場面

解説用チャート⑦~⑧の場面

ボリンジャーバンドの標準偏差

+1σ~+3σのそれぞれの解は、ミッドバンドの値にそれぞれ標準偏差の1倍~3倍を加えたものとなり、-1σ~-3σのそれぞれの解は、 ミッドバンドからそれぞれ標準偏差の1倍~3倍を引いたものとなり ボリンジャーバンド徹底活用方法 さほど難解ということはないが、唯一難しいポイントは標準偏差の計算式である。

↓↓↓ 標準偏差の詳細についてはこちらをクリック ↓↓↓

ボリンジャーバンドが標準偏差によって教えてくれること

①ボリンジャーバンドの中央線(ミッドバンド)が示すマーケットの方向性

②±1σ~±2σのバンド幅から見るボラティリティの大きさによるバンドの形

aスクイーズ(squeez)

バンド幅が最も縮小した状態 のことをいう。

相場の ボラティリティが最も低い状態 で、相場では買いと売りが交錯するが、その均衡が保たれている状態になっている。

相場の大きな動きを生むエネルギーがどこかに溜まっているため、 新たなトレンドの発生を知らせるシグナルとなる

スクイーズとは、「押しつぶす」などの意味があり、その言葉の通り、レンジ帯の中で2本のバンドがローソク足をまさに押しつぶす形になっている。

bエクスパンション(expansion)

aからcに移行する間のバンド幅の拡大局面でなおかつボラテリティが拡大している状態をいう。

ちなみにエクスパンションとは、expansionと記述し、「拡大、拡張、膨張」という意味の言葉である。

バンド幅の最大拡大の局面 を指す言葉で、 相場のボラティリティが最も高い状態 を意味する。

FXレンジ相場で稼ぐには?テクニカル指標が活かしにくい相場で勝つコツ ~ FX

FXレンジ相場で稼ぐには?テクニカル指標が活かしにくい相場で勝つコツ

そこで、この相場はしばらく続くだろうという判断基準が勝つには必要となってきます。ポイントは、 インジケーターを使い視覚的に判断すること 。インジケーターはチャート上に重ねて表示させるいわばサポートラインです。種類も豊富で代表的な移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、パラボリック、GMMA、HLバンドなど他にも多数あります。これらは複数使うと線が重なり見づらくなりますが、ご自身に合ったトレンド系ラインを使うことで相場の流れや方向を予想することができます。

レンジとトレンドを見分けるインジケーターの使い方を紹介!相場の判断はツールに任せてFXの勝率を高めよう

なぜ負けるレンジ相場となるのか

メジャーなインジケーターを選択し、チャート上にサポートラインを表示させたからこれで勝てる、というとなかなかそうもいきません。FXトレーダーの多くの方がなぜレンジ相場で勝つことが困難なのでしょうか。それは、 サポートラインを定番なものに選択していると多くの方も同じような手法を取っているため、売買のエントリータイミングが集中してしまい結局相場の変動へと繋がってしまうことがあるから です。かと言って、あまりにもマイナーなインジケーターでは誰も指標としていないことから相場に反映されにくく使いづらい一面もあります。

レンジ相場で勝ち抜くコツ3選

最後に、レンジ相場では使えないインジケーターが増えるのでオキシレーター系ツールで相場の過熱感にも注意を払うことです。渦中にいると気付きにくい相場の変動を冷静に分析していけば、まんまと鴨になる負け戦のトレードもきっと減るはずです。 ライバルの動向を意識することも重要な戦略の一つ です。そして、うまくいかないときは戦略を立て直す、一度休んでみる、など対応の柔軟性も不可欠です。

ボリンジャーバンドの活用方法完全ガイド!正しい計算方法と設定期間の設け方

この2つの考え方からなるボリンジャーバンドは、後ほど詳しく説明しますが、-2σ~+2σ(シグマ)までの値により、その領域に収まる確率がわかるようになっています。

ボリンジャーバンドの計算式

【-2σのバンド=ミッドバンド(21日移動平均線)-2σ】
【-1σのバンド=ミッドバンド(21日移動平均線)-1σ】
【+1σのバンド=ミッドバンド(21日移動平均線)+1σ】
【+2σのバンド=ミッドバンド(21日移動平均線)+2σ】

となります。

チャートでのボリンジャーバンドの表示

これらのバンドが、膨張したり収縮したりすることで相場の状態を分析したり、チャンスを見つけることができるのですが、それについて詳しくは次にご説明しましょう。

ボリンジャーバンドが表す相場の3つの状態

では、これらの状態は何を意味しているのか、ここで学んでみましょう。

相場の変動が少ないスクイーズ

スクイーズの間は値動きは小さく、取引も少ない状態で、いわゆる様子見ムードになっている状況。
ですがスクイーズが続けば続くほど、後に溜まったエネルギーが爆発するように、大きな変動が起きる可能性があり、うまくそのタイミングを見極めればチャンスを掴むこともできます。

強いトレンドを表すバンドウォーク

また下降トレンドのバンドウォークが発生することもあり、-1σや-2σのバンドに沿うようにローソク足が下がっている状態であれば、下落の勢いが強いと見ることができます。

値動きと逆に開くエクスパンジョン

開き始めでエントリーすることができれば、トレンドに乗って大きな利益を狙うことも可能となりますので、順張りのチャンスを狙う際にはこのタイミングを見極めていきましょう。

ボリンジャーバンドを使った取引タイミング

それでは、ここからは実際にボリンジャーバンドを使って取引をするタイミングについて解説いたします。

ブレイクアウトを狙った順張り

バンドの収縮はトレンドの勢いが衰え、再びレンジ相場に入っていくサインであるため、その前に利益を確定してしまうのがベストです。

支持線の抵抗を使って逆張り

この場合は±2σのバンドを支持線と捉え、ここでの反発を見越し、トレンドの転換点となることも想定して逆張りの注文を入れるのが良いでしょう。

値動きが読めないなら取引しない

なので取引を焦らず、じっくりとエクスパンションの兆しが見えるまで待つことが、ボリンジャーバンドを使ったトレードでは大切です。

ボリンジャーバンドの設定期間

ではどのような場合に、いくつの設定期間にするのかが適しているかについて、学んでいきましょう。

デフォルトは21に設定されている

現在においても、相場に大きく影響を与えるロンドンの機関投資家など、多くのプロトレーダーがこの設定で分析しているため、同じ設定で見ることは彼らの動向を掴むうえでも参考となるでしょう。

デイトレードをするなら短い設定期間

またローソク足に関しても、デイトレに適した15分足や5分足など、日足よりも短い時間足を使うことが適しているでしょう。

長期保有が前提なら長い設定期間

時間足においても周足や年足といった長期でも見ておき、その上でエクスパンションが開き始めていることの確認を怠らないようにしましょう。

ボリンジャーバンドによる分析の落とし穴

そこで、ボリンジャーバンドで分析をする際に気を付けておくべき点についても理解しておきましょう。

世情でボリンジャーバンドにだまし

そのため、たとえばボリンジャーバンドだけを見て逆張りを仕込もうとすると、こうした世情で±3σをゆうに超えてしまい、大損するリスクもあるので注意が必要です。

ボリンジャーバンドは将来の保証をしない

先ほども述べたように、大きなニュースが発表された際や、経済情勢によっては±3σから外れることもありうるので、あまりにボリンジャーバンドを信じすぎるのは禁物です。

トレンド予想は複数の分析で補強

たとえば、ボリンジャーバンドによりエントリーチャンスと思われるタイミングを見つけた場合に、移動平均線のゴールデンクロスやMACDのクロスなど、他のテクニカル分析のチャンスサインとも重なっていることを確認できれば、分析の精度が上がりより確実なトレードができるでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる