インサイダー取引

トレンド市場とは

トレンド市場とは
Photo:Stefano Madrigali/gettyimages

世界のチーズ市場を再形成する消費者トレンドの考察

カフェの 1 組のカップル

植物ベースのチーズは依然としてニッチな製品分野ですが、市場はわずか数年で明らかに急速に成長しています。 調査から、今後数年間で驚異的な成長が見込めることが分かっています。 たとえば、アジア太平洋諸国の回答者の 34% のみがこれらの製品を試食したと回答していますが、80% もの人々はそのような製品を聞いたことがあると答えています。 インドでは購入への関心が最大 86% で、中国が 82% という僅差で続きます。

5: 鍵となる透明性

消費者の関心は、チーズ製品の製造方法にまで至ります。 この調査では、ヨーロッパの回答者の 69%、南北アメリカで 71%、中東とアフリカで 80%、アジア太平洋諸国で 92% がチーズ製造への関心を示しています。

重要な製造の要素は、原産地と天然成分が最重要で、熱処理と無菌生産も含まれます。 Peter Lindstrøm が説明するように、品質と安全性がどの国の消費者にとっても新たな重要性を高めているため、これも最近の世界的な健康危機の影響と見なすことができます。

6: 環境に優しい容器包装の価値

同様に、消費者はチーズがより環境に優しい容器に包装されていることを望んでいます。 世界的に、これは消費者の製品属性に対するランクの 4 番目に挙げられていますが、チーズの種類によって多少の違いがあります。 持続可能な包装の価値は、モッツァレラチーズの場合に最も高くなっています。

成果: 今日の消費者の明確な姿が明らかに

世界中からの多くのデータから、テトラパックは現在の市場を形成するさまざまな消費者の強い意識を感じることができました。 トレンド市場とは 大別すると、3 つのタイプがあります。

革新的な探検家が最も忠実なチーズ購入者です。 彼らはチーズを楽しみ、新しいフレーバーや植物由来のチーズなど代替品を含む幅広い製品を試すことにも強い関心を示しています。 これらの消費者は、チーズがどこでどのように作られているかにも関心があります。

選択的な消費者は、チーズの特性や製造にも関心を示します。 彼らは定期的にチーズを購入し、新しい製品を試す可能性がありますが、一般的に革新的な探検家よりも関心を示す品種が限られています。

伝統的なチーズ愛好家は、常に一定量を購入する人々です。 おやつでも料理でも同じ種類のチーズを楽しみます。 これらの消費者は、チーズがどのように作られているかにほとんど関心がありません。

これらのグループのどれが特定の地域で最も一般的であるかを詳しく調べることにより、チーズ消費者の現在の傾向を最大限に活用する方法がより簡単にわかります。 たとえば、革新的な探検家は新興国のチーズ市場で最も普及していて、中国の消費者の 73%、インドの 77% トレンド市場とは が該当します。 選択的な消費者は世界でも一番小さなグループですが、ドイツとイタリアで最も多く、市場の約 4 分の 1 を占めています。 一方、伝統的なチーズ愛好家は、米国とロシアで最大のグループで、両国の 47% の人々が該当します。

詳細はこちら
お客様の地域で最も多いチーズ消費者のタイプをお知りになりたいですか? 将来、お客様にとっての最大のチャンスとなるトレンドに関心がおありますか?

東証が市場再編、最上位「プライム市場」を巡る脱落候補664社と金融業界の大騒動

東証再編#予告

Photo:winhorse/gettyimages

#1 8月30日(月)配信
三菱重工が東証1部上場企業の完全子会社化を検討、東証再編で始まる合従連衡

東証再編#1

Photo:Tomohiro Ohsumi/gettyimages

#2 8月30日(月)配信
東証プライム市場「転落間際」の300社リスト、流通時価総額100億円で門前払い

東証再編#2

Photo:Stefano Madrigali/gettyimages

#3 8月30日(月)配信
東証プライム脱落危機!流通時価総額が低い企業ランキング【電機・機械26社】8位はパナの「因縁企業」

東証再編#3

Photo:Stefano Madrigali/gettyimages

#4 8月31日(火)配信 トレンド市場とは
東証が市場再編で上場企業「選別」に大義はあるか?3700社を巻き込む大騒動の全貌

東証再編#4

Photo:Bloomberg/gettyimages

#5 8月31日(火)配信
東証プライム市場「逆転合格」候補はどこ?基準未達277社の投資余力で判定

東証再編#5

Photo:Stefano Madrigali/gettyimages

#6 8月31日(火)配信
東証プライム脱落危機!流通時価総額が低い企業ランキング【情報・通信41社】6位は女性向け恋愛アプリのパイオニア

東証再編#6

Photo:Stefano Madrigali/gettyimages

#7 9月1日(水)配信
近鉄百貨店“因縁”の親子上場事情、東証再編で始まる「自立協議」の白熱攻防戦

東証再編#7

Photo:Imaginechina/時事通信フォト, AFLO

#8 9月1日(水)配信
下位市場から東証プライムへ昇格期待大の企業ランキング!2位日本マクドナルド、1位は?

東証再編#8

Photo:Stefano Madrigali/gettyimages

#9 9月1日(水)配信 トレンド市場とは
東証プライム脱落危機!流通時価総額が低い企業ランキング【卸売28社】1位は五輪で話題沸騰の「あの会社」

東証再編#9

Photo:Stefano Madrigali/gettyimages

#10 9月2日(木)配信
東証1部「売買不人気」277社リスト、投資家スルーでプライム市場脱落の危機

東証再編#10

Photo:Stefano Madrigali/gettyimages

#11 9月2日(木)配信
奈良&島根のプライム上場企業は1社だけ!?地方名門「絶対に負けられない」戦い

東証再編#11

Photo:AFLO

世界のチーズ市場を再形成する消費者トレンドの考察

カフェの 1 組のカップル

植物ベースのチーズは依然としてニッチな製品分野ですが、市場はわずか数年で明らかに急速に成長しています。 調査から、今後数年間で驚異的な成長が見込めることが分かっています。 たとえば、アジア太平洋諸国の回答者の 34% のみがこれらの製品を試食したと回答していますが、80% もの人々はそのような製品を聞いたことがあると答えています。 インドでは購入への関心が最大 86% で、中国が 82% という僅差で続きます。

5: 鍵となる透明性

消費者の関心は、チーズ製品の製造方法にまで至ります。 この調査では、ヨーロッパの回答者の 69%、南北アメリカで 71%、中東とアフリカで 80%、アジア太平洋諸国で 92% がチーズ製造への関心を示しています。

重要な製造の要素は、原産地と天然成分が最重要で、熱処理と無菌生産も含まれます。 トレンド市場とは Peter Lindstrøm が説明するように、品質と安全性がどの国の消費者にとっても新たな重要性を高めているため、これも最近の世界的な健康危機の影響と見なすことができます。

6: 環境に優しい容器包装の価値

同様に、消費者はチーズがより環境に優しい容器に包装されていることを望んでいます。 世界的に、これは消費者の製品属性に対するランクの 4 番目に挙げられていますが、チーズの種類によって多少の違いがあります。 持続可能な包装の価値は、モッツァレラチーズの場合に最も高くなっています。

成果: 今日の消費者の明確な姿が明らかに

世界中からの多くのデータから、テトラパックは現在の市場を形成するさまざまな消費者の強い意識を感じることができました。 大別すると、3 つのタイプがあります。

革新的な探検家が最も忠実なチーズ購入者です。 彼らはチーズを楽しみ、新しいフレーバーや植物由来のチーズなど代替品を含む幅広い製品を試すことにも強い関心を示しています。 これらの消費者は、チーズがどこでどのように作られているかにも関心があります。

選択的な消費者は、チーズの特性や製造にも関心を示します。 彼らは定期的にチーズを購入し、新しい製品を試す可能性がありますが、一般的に革新的な探検家よりも関心を示す品種が限られています。

伝統的なチーズ愛好家は、常に一定量を購入する人々です。 おやつでも料理でも同じ種類のチーズを楽しみます。 これらの消費者は、チーズがどのように作られているかにほとんど関心がありません。

これらのグループのどれが特定の地域で最も一般的であるかを詳しく調べることにより、チーズ消費者の現在の傾向を最大限に活用する方法がより簡単にわかります。 たとえば、革新的な探検家は新興国のチーズ市場で最も普及していて、中国の消費者の 73%、インドの 77% が該当します。 選択的な消費者は世界でも一番小さなグループですが、ドイツとイタリアで最も多く、市場の約 4 分の 1 を占めています。 一方、伝統的なチーズ愛好家は、米国とロシアで最大のグループで、両国の 47% の人々が該当します。

詳細はこちら
お客様の地域で最も多いチーズ消費者のタイプをお知りになりたいですか? 将来、お客様にとっての最大のチャンスとなるトレンドに関心がおありますか?

トレンド市場とは

最新の国内情報セキュリティ市場予測を発表

Japan, 2022年5月26日 トレンド市場とは - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、最新の国内情報セキュリティ市場予測を発表しました。

この結果、2021年の国内セキュリティソフトウェア市場は前年比17.2%増の3,703億5,000万円(売上額ベース)になったとIDCでは推定しています。同市場はセキュアなアクセスコントロールに対するアイデンティティ/デジタルトラストや高度サイバー攻撃に対するエンドポイントセキュリティ、クラウドサービスへのセキュリティに対する需要が堅調に増加し、2021年~2026年における年間平均成長率(CAGR:Compound Annual トレンド市場とは Growth Rate)は4.6%、2026年に4,637億3,900万円に拡大すると予測しています。また2021年の国内セキュリティアプライアンス市場は、前年比9.トレンド市場とは 5%増、656億6,600万円(売上額ベース)になったとIDCでは推定しています。2021年の同市場は、VPN機器の成長が減速したものの、「Emotet」の活動再開による電子メールを経由したセキュリティ被害が2021年後半に再拡大しており、メッセージングセキュリティを含むコンテンツセキュリティ関連市場への需要が拡大しました。このため2021年の同市場は堅調に成長しましたが、セキュリティ投資はオンプレミスからクラウド環境へのセキュリティ対策に向けられると考えられ、国内セキュリティアプライアンス市場の2021年~2026年におけるCAGRは0.7%で、2026年には680億600万円になると予測しています。

一方、セキュリティサービス市場は、国内外の大規模イベントを狙ったサイバー攻撃によるセキュリティ被害が拡大したことによって、マネージドセキュリティサービス、教育/トレーニングサービスを中心に需要が拡大しました。特にCOVID-19の影響によるリモートワーク/在宅勤務の増加によって、クライアントPCやデバイスなどのエンドポイントデバイスに対するセキュリティ監視を行うマネージドセキュリティサービスやMDR(Managed Detection and Response)サービスの需要が拡大しました。この結果、2021年の同市場は、前年比6.9%増の2,963億2,500万円(支出額ベース)になったと推定しています。同市場はクラウド環境に対するセキュリティコンサルティングサービスやセキュリティシステム運用管理サービスへの需要が高まるとIDCではみており、2021年~2026年のCAGRは3.1%で推移し、2026年には3,445億9,800万円に拡大すると予測しています。

IDC Japan株式会社 グループディレクターの眞鍋 敬 は「市場のデジタルシフトによって、ビジネス/消費者から発生するデータが増大している。企業はデータオリエンテッドな経営を進めているが、一方でデータセキュリティ、データガバナンスの確保はサステナビリティと共に企業の社会的責任になりつつある。ITサプライヤーはユーザー企業に対して、企業のデジタルトラストをセキュリティ観点から見直す訴求を行い、企業内のセキュリティワークフローに機械学習による侵害検知などの新たなテクノロジーの適用を推進することが重要なトレンドとなる」と述べています。

Note: 本市場予測は、2022年4月時点における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)およびロシア・ウクライナ戦争の影響および見通しを考慮したものである
Source: IDC Japan, 5/2022

世界のチーズ市場を再形成する消費者トレンドの考察

カフェの 1 組のカップル

植物ベースのチーズは依然としてニッチな製品分野ですが、市場はわずか数年で明らかに急速に成長しています。 調査から、今後数年間で驚異的な成長が見込めることが分かっています。 たとえば、アジア太平洋諸国の回答者の 34% のみがこれらの製品を試食したと回答していますが、80% もの人々はそのような製品を聞いたことがあると答えています。 インドでは購入への関心が最大 86% で、中国が 82% という僅差で続きます。

5: 鍵となる透明性

消費者の関心は、チーズ製品の製造方法にまで至ります。 この調査では、ヨーロッパの回答者の トレンド市場とは 69%、南北アメリカで 71%、中東とアフリカで 80%、アジア太平洋諸国で 92% がチーズ製造への関心を示しています。

重要な製造の要素は、原産地と天然成分が最重要で、熱処理と無菌生産も含まれます。 Peter Lindstrøm が説明するように、品質と安全性がどの国の消費者にとっても新たな重要性を高めているため、これも最近の世界的な健康危機の影響と見なすことができます。

6: 環境に優しい容器包装の価値

同様に、消費者はチーズがより環境に優しい容器に包装されていることを望んでいます。 世界的に、これは消費者の製品属性に対するランクの 4 番目に挙げられていますが、チーズの種類によって多少の違いがあります。 持続可能な包装の価値は、モッツァレラチーズの場合に最も高くなっています。

成果: 今日の消費者の明確な姿が明らかに

世界中からの多くのデータから、テトラパックは現在の市場を形成するさまざまな消費者の強い意識を感じることができました。 大別すると、3 つのタイプがあります。

革新的な探検家が最も忠実なチーズ購入者です。 彼らはチーズを楽しみ、新しいフレーバーや植物由来のチーズなど代替品を含む幅広い製品を試すことにも強い関心を示しています。 これらの消費者は、チーズがどこでどのように作られているかにも関心があります。

選択的な消費者は、チーズの特性や製造にも関心を示します。 彼らは定期的にチーズを購入し、新しい製品を試す可能性がありますが、一般的に革新的な探検家よりも関心を示す品種が限られています。

伝統的なチーズ愛好家は、常に一定量を購入する人々です。 おやつでも料理でも同じ種類のチーズを楽しみます。 これらの消費者は、チーズがどのように作られているかにほとんど関心がありません。

これらのグループのどれが特定の地域で最も一般的であるかを詳しく調べることにより、チーズ消費者の現在の傾向を最大限に活用する方法がより簡単にわかります。 たとえば、革新的な探検家は新興国のチーズ市場で最も普及していて、中国の消費者の 73%、インドの 77% が該当します。 選択的な消費者は世界でも一番小さなグループですが、ドイツとイタリアで最も多く、市場の約 4 分の 1 を占めています。 一方、伝統的なチーズ愛好家は、米国とロシアで最大のグループで、両国の 47% の人々が該当します。

詳細はこちら
お客様の地域で最も多いチーズ消費者のタイプをお知りになりたいですか? 将来、お客様にとっての最大のチャンスとなるトレンドに関心がおありますか?

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる