海外FXの始め方とは

仮想通貨取引におけるレバレッジとは

仮想通貨取引におけるレバレッジとは
全9種類のテクニカル指標、6つの注文方法が利用できるアプリを提供する仮想通貨取引所!

仮想通貨・レバレッジ取引のやり方、メリットを解説 オススメの取引所も

未分類

レバレッジ取引をやってみたいけどやり方がわからないといった方も多いかと思います。今回はそういった方に向けて、 レバレッジ取引とは何か、メリット、デメリットを詳しく解説していきます。

後半にはレバレッジ取引ができるオススメの取引所も紹介しています。

本記事を読めば、仮想通貨の レバレッジ取引について全てを理解 することができます。初心者の方でも1人で取引できるようになるので、ぜひ最後までご覧ください。

自己紹介

フリーランスとして活動中の23歳。

仮想通貨投資歴2年、1年弱で億り人に。投資金30万円から1年弱で1億稼いだ投資術を配信中

レバレッジとは

レバレッジ取引とは、預けたお金を担保に 預けた金額以上の取引を可能にする取引方法 です。主に、2倍から100倍までの取引ができます。

レバレッジ取引のメリット

レバレッジ取引には 「小額からでも大きい利益を出せる」 というメリットがあります。

レバレッジ取引のデメリット

1、手数料

つまり、1日ごとに手数料をどんどん取られていくということです。保有期間が長ければ長いほど、利益を出しても手数料として無駄なお金を持っていかれるため、レバレッジ取引は 長期投資、長期保有に向いていません。 レバレッジ取引をするときは 短期でやる ということを忘れないようにしてください。

2、強制決済価格

強制決済価格とは?

こうならないために、強制決済価格が存在 します。元金以上の損失になる前に仮想通貨交換業者が強制的に決算してくれます。先ほどの場合ですと、損失が10万円になった時点で、仮想通貨交換業者が勝手に決済してくれます。この制度があれば 借金を被ることはなく、安心して取引ができます。

つまり、レバレッジが高ければ高いほど、強制決済価格が高く設定されるので、元金がなくなる可能性が高いということです。

よっぽど自信があるときは、何十倍とレバレッジをかけていいと思いますが、 普通は2〜9倍 までにしましょう。

3、損切りをする

投資において1番大事なことは「損をしないこと」なので、あらかじめこの価格になったら損切りするということを決めておきましょう。

よくレバレッジ取引は、「借金を追ってしまう可能性があるから危険」と言われていますが、この強制決済価格があれば、 元金以上の損失を被ることはないので、安心 してください。

クロスマージンと分離マージンについて

レバレッジ取引には「クロスマージン」「分離マージン」の2種類があるということも覚えておきましょう。

クロスマージンとは?

クロスマージンとは、証拠金(元金)の全てを使って取引するため、 利益の最大化を狙うことが可能 です。ただし、損失が大きくなって強制決済されると、証拠金全てを失ってしまうというリスクがあります。

分離マージンとは?

初めての方や損失をできるだけ少なくしたいという方はこの分離マージンがオススメです。

レバレッジ取引ができるオススメの取引所

BY BIT

出典 bybit公式サイト

レバレッジ取引をするなら、海外の取引所 「bybit」 がオススメです。

・bybitのオススメポイント

bybitは1日ごとにかかる手数料も安く、レバレッジは 1倍〜100倍 まで自由に設定することができるので、少ない資金で大きいリターンを狙うことができます。ちなみに、国内の取引所でもレバレッジ取引はできますが、最大4倍と決められています。

また、先ほど紹介した強制決済価格も設定されているので、借金を負う心配がなく、安心してトレードできます。

そして、最大の魅力はアプリでも簡単にレバレッジ取引ができるところです。アプリですと、すぐにチャートを確認できますしスマホさえあればいつでも売買できるので、非常に便利です。今レバレッジ取引が アプリでできる取引所はbybi t しかありません。

bybitは、 取引の途中でレバレッジの倍率を変更 することも可能です。一度設定したレバレッジを途中から変更できるのもBY BITの魅力です。

bybit レバレッジ取引のやり方

取引方法はシンプルで簡単です。まずはこの「クロス10×」というボタンを押します。

すると、こういう画面になるので、先ほど紹介した 「クロスマージン」と「分離マージン」 のどちらかを選択してください。

次は、 レバレッジの倍率 を決めていきます。高ければ高いほど強制決済の確率が高くなってしまうので、慎重に選ぶようにしてください。それが終わったら「保存」を押して、元の画面に戻ります。

そしたら、 「指値注文」か「成行注文」を選んでください。 これで、あとは「買い」か「売り」のボタンを押すだけです。

いかがだったでしょうか。今回は仮想通貨のレバレッジ取引について解説しました。ここで簡単にまとめますと、レバレッジ取引には「小額からでもハイリターンが期待できる」というメリットがありました。

Coincheck NFT(β版)が扱うArt Blocks(アートブロックス)とは?

ジェネラティブアートは60年代に勃興したジャンルで、コンピューターワークで表現した模様や物体の質感を作品に取り入れているスタイルです。ブロックチェーン技術により、スマートコントラクトを実行することでジェネラティブアートを作成できるようになりました。22年4月にはサザビーズ ニューヨークで「Natively Digital 1.3: Generative Art」というジェネレーティブアートNFTメインのオークションイベントが開催されるなど、最新NFTのトレンドになっています。

①ジェネラティブアートとは

ジェネラティブアートNFTとは

volatility

②Art Blocksとは

Art Blocksは、ジェネラティブアートに特化したNFTマーケットプレイスです。イーサリアムブロックチェーンに不変に保存される、真にプログラム可能なオンデマンドの生成コンテンツに焦点を当てたプラットフォームの初期グループの一つです。Art Blocksプラットフォーム全体が1つのスマートコントラクトで実行され、その数百のプロジェクトすべてがそのコントラクトでホストされます。

③Art BlocksでNFTアートを購入するには

既製品の購入も可能

また、一度購入されたNFTアートは他のNFTマーケットプレイスで二次販売されていることもあります。大手NFTマーケットプレイスのOpen Seaや国内暗号資産取引所Coincheckが提供する「Coincheck NFT β」では、すでに発行が完了して画像が確認できる作品を購入することができるため、一度チェックしてみると良いでしょう。

④Art Blocks内のプロジェクトとは

Curated

ここに展示されている作品は、Art Blockが詳しく調査したうえでArt Blockが掲げるビジョンを象徴すると認められたものとされています。Curatedプロジェクトは四半期ごとにリリースされ、アーティストらは連続でプロジェクトに参加できない決まりになっています。Art Blocksに出品されているものの中でも特に高品質なNFTアートに興味がある方には、Curatedの作品が合っているかもしれません。

Playground

Factory

今回は、ジェネラティブアートを販売するNFTマーケットプレイス「Art Blocks」について解説しました。ジェネラティブアートNFTは従来のNFTとは一線を画し、偶有性から生まれるNFTアートを保有できる点が魅力的です。Art BlocksはジェネラティブアートNFTを自分で作成することも、既に作成された作品を購入据えることもできる主要なNFTマーケットプレイスです。Art Blocksに出品されているアーティストや作品に興味のある方は、まずはCoincheck 仮想通貨取引におけるレバレッジとは NFT βで気に入った作品集を探してみてはいかがでしょうか?

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

最新記事 by 中島 翔 (全て見る)

  • Coincheck NFT(β版)が扱うArt Blocks(アートブロックス)とは? - 2022年6月16日
  • 仮想通貨交換業者シリーズ「Crypto Garage」ってどんな会社? - 2022年6月16日
  • 2022.6.16 マーケットレポート【FRBが予想通り0.75%の利上げへ】 - 2022年6月16日
  • 相場で負けないコツは?失敗例やFXで損するトレーダーの特徴を4つ紹介 - 2022年6月15日
  • テクニカル指標「フィボナッチリトレースメント」の使い方は?注意点やポイントを解説 - 2022年6月15日

おすすめの仮想通貨取引所は?

コインチェック

コインチェック

17種の仮想通貨を取り扱うマネックスグループ運営の仮想通貨取引所!

GMOコイン

GMOコイン

全9種類のテクニカル指標、6つの注文方法が利用できるアプリを提供する仮想通貨取引所!

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

アルトコインレバレッジ取引に強み!19種類の暗号資産取引が可能な暗号資産取引所

2022.6.16 マーケットレポート【FRBが予想通り0.75%の利上げへ】

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

最新記事 by 中島 翔 (全て見る)

  • Coincheck NFT(β版)が扱うArt Blocks(アートブロックス)とは? - 2022年6月16日
  • 仮想通貨交換業者シリーズ「Crypto Garage」ってどんな会社? - 2022年6月16日
  • 2022.6.16 マーケットレポート【FRBが予想通り0.75%の利上げへ】 - 2022年6月16日
  • 相場で負けないコツは?失敗例やFXで損するトレーダーの特徴を4つ紹介 - 2022年6月15日
  • テクニカル指標「フィボナッチリトレースメント」の使い方は?注意点やポイントを解説 - 仮想通貨取引におけるレバレッジとは 2022年6月15日

おすすめの仮想通貨取引所は?

コインチェック

コインチェック

17種の仮想通貨を取り扱うマネックスグループ運営の仮想通貨取引所!

GMOコイン

GMOコイン

全9種類のテクニカル指標、6つの注文方法が利用できるアプリを提供する仮想通貨取引所!

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

アルトコインレバレッジ取引に強み!19種類の暗号資産取引が可能な暗号資産取引所

仮想通貨・ブロックチェーンの最新ニュース

  • 2022/6/16Coincheck NFT(β版)、会員登録不要でサービスページが閲覧可能に
  • 2022/6/162022.6.16 マーケットレポート【FRBが予想通り0.75%の利上げへ】
  • 2022/6/15カイカエクスチェンジ、SkebユーティリティトークンのIEO検討へ
  • 2022/6/152022.6.15 マーケットレポート【FOMC前にドル高が進行】
  • 2022/6/15フォビジャパン、ビットコインSV (BSV)を国内初上場
  • 2022/6/15OKCoinJapan、国内初となるアバランチの取り扱い開始へ
  • 2022/6/142022.6.14 マーケットレポート【FOMCが0.75%の利上げの可能性】
  • 2022/6/10Coincheck NFT(β版)、新たに「Otherdeed(NFT)」の取り扱いを開始
  • 2022/6/10GMOインターネットグループ、Web3ベンチャーを支援するVC設立へ
  • 2022/6/102022.6.10 マーケットレポート【ECB11年振りの利上げへ】

関連記事一覧

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 仮想通貨取引におけるレバレッジとは / Instagram : @fukuokasho12

2022.6.16 マーケットレポート【FRBが予想通り0.75%の利上げへ】

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

最新記事 by 中島 翔 (全て見る)

  • Coincheck NFT(β版)が扱うArt Blocks(アートブロックス)とは? - 2022年6月16日
  • 仮想通貨交換業者シリーズ「Crypto Garage」ってどんな会社? - 2022年6月16日
  • 2022.6.16 マーケットレポート【FRBが予想通り0.75%の利上げへ】 - 2022年6月16日
  • 相場で負けないコツは?失敗例やFXで損するトレーダーの特徴を4つ紹介 - 2022年6月15日
  • テクニカル指標「フィボナッチリトレースメント」の使い方は?注意点やポイントを解説 - 2022年6月15日

おすすめの仮想通貨取引所は?

コインチェック

コインチェック

17種の仮想通貨を取り扱うマネックスグループ運営の仮想通貨取引所!

GMOコイン

GMOコイン

全9種類のテクニカル指標、6つの注文方法が利用できるアプリを提供する仮想通貨取引所!

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

アルトコインレバレッジ取引に強み!19種類の暗号資産取引が可能な暗号資産取引所

仮想通貨・ブロックチェーンの最新ニュース

  • 2022/6/16Coincheck NFT(β版)、会員登録不要でサービスページが閲覧可能に
  • 2022/6/162022.6.16 マーケットレポート【FRBが予想通り0.75%の利上げへ】
  • 2022/6/15カイカエクスチェンジ、SkebユーティリティトークンのIEO検討へ
  • 2022/6/152022.6.15 マーケットレポート【FOMC前にドル高が進行】
  • 2022/6/15フォビジャパン、ビットコインSV (BSV)を国内初上場
  • 2022/6/15OKCoinJapan、国内初となるアバランチの取り扱い開始へ
  • 2022/6/142022.6.14 マーケットレポート【FOMCが0.75%の利上げの可能性】
  • 2022/6/10Coincheck NFT(β版)、新たに「Otherdeed(NFT)」の取り扱いを開始
  • 仮想通貨取引におけるレバレッジとは
  • 2022/6/10GMOインターネットグループ、Web3ベンチャーを支援するVC設立へ
  • 2022/6/102022.6.10 マーケットレポート【ECB11年振りの利上げへ】

関連記事一覧

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

Coincheck NFT(β版)が扱うArt Blocks(アートブロックス)とは?

ジェネラティブアートは60年代に勃興したジャンルで、コンピューターワークで表現した模様や物体の質感を作品に取り入れているスタイルです。ブロックチェーン技術により、スマートコントラクトを実行することでジェネラティブアートを作成できるようになりました。22年4月にはサザビーズ ニューヨークで「Natively Digital 1.3: Generative Art」というジェネレーティブアートNFTメインのオークションイベントが開催されるなど、最新NFTのトレンドになっています。

①ジェネラティブアートとは

ジェネラティブアートNFTとは

仮想通貨取引におけるレバレッジとは volatility

②Art Blocksとは

Art Blocksは、ジェネラティブアートに特化したNFTマーケットプレイスです。イーサリアムブロックチェーンに不変に保存される、真にプログラム可能なオンデマンドの生成コンテンツに焦点を当てたプラットフォームの初期グループの一つです。Art Blocksプラットフォーム全体が1つのスマートコントラクトで実行され、その数百のプロジェクトすべてがそのコントラクトでホストされます。

③Art BlocksでNFTアートを購入するには

既製品の購入も可能

また、一度購入されたNFTアートは他のNFTマーケットプレイスで二次販売されていることもあります。大手NFTマーケットプレイスのOpen Seaや国内暗号資産取引所Coincheckが提供する「Coincheck NFT β」では、すでに発行が完了して画像が確認できる作品を購入することができるため、一度チェックしてみると良いでしょう。

④Art Blocks内のプロジェクトとは

Curated

ここに展示されている作品は、Art Blockが詳しく調査したうえでArt Blockが掲げるビジョンを象徴すると認められたものとされています。Curatedプロジェクトは四半期ごとにリリースされ、アーティストらは連続でプロジェクトに参加できない決まりになっています。Art Blocksに出品されているものの中でも特に高品質なNFTアートに興味がある方には、Curatedの作品が合っているかもしれません。

Playground

Factory

今回は、ジェネラティブアートを販売するNFTマーケットプレイス「Art Blocks」について解説しました。ジェネラティブアートNFTは従来のNFTとは一線を画し、偶有性から生まれるNFTアートを保有できる点が魅力的です。Art BlocksはジェネラティブアートNFTを自分で作成することも、既に作成された作品を購入据えることもできる主要なNFTマーケットプレイスです。Art Blocksに出品されているアーティストや作品に興味のある方は、まずはCoincheck NFT βで気に入った作品集を探してみてはいかがでしょうか?

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage 仮想通貨取引におけるレバレッジとは Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

最新記事 by 中島 翔 (全て見る)

  • Coincheck NFT(β版)が扱うArt Blocks(アートブロックス)とは? - 2022年6月16日
  • 仮想通貨交換業者シリーズ「Crypto Garage」ってどんな会社? - 2022年6月16日
  • 2022.6.16 マーケットレポート【FRBが予想通り0.75%の利上げへ】 - 2022年6月16日
  • 相場で負けないコツは?失敗例やFXで損するトレーダーの特徴を4つ紹介 - 2022年6月15日
  • テクニカル指標「フィボナッチリトレースメント」の使い方は?注意点やポイントを解説 - 2022年6月15日

おすすめの仮想通貨取引所は?

コインチェック

コインチェック

17種の仮想通貨を取り扱うマネックスグループ運営の仮想通貨取引所!

GMOコイン

GMOコイン

全9種類のテクニカル指標、6つの注文方法が利用できるアプリを提供する仮想通貨取引所!

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

アルトコインレバレッジ取引に強み!19種類の暗号資産取引が可能な暗号資産取引所

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる