外為オプションとは

現物取引と信用取引の違いを教えてください

現物取引と信用取引の違いを教えてください

一般上場と特定信用取引の違い

皆様、こんばんは。 親戚から見せてもらった、特定口座年間取引報告書には、譲渡区分に一般上場分と特定信用分に区分して、譲渡対価や所得金額が記載されています。 信用取引とは、現物無く取引をするというのは、解ったのですが、これは一般上場株券を取引するということなのでしょうか。それとも、何か他のものも取引対象となっているのでしょうか。 御存知の方がいらっしゃいましたら、どうぞご教示下さい。よろしくお願い致します。

質問者が選んだベストアンサー

質問者からのお礼 2007/03/01 14:51

その他の回答 (1)

  • 2007/02/27 18:31 回答No.1

特別信用取引と言って 信用取引の証拠金比率が売買代金の通常の30% から低い比率、10%とかで信用取引が可能なサービスを 各証券会社によっては 行なっているとか そういう話も聞いたことはあります

質問者からのお礼 2007/03/01 14:49

関連するQ&A

こんばんは。よろしくお願いします。 何の因果か、今まで全く興味の無かった株式の譲渡所得について、勉強しなければならない立場に立つ事になり困ってます。 そこで、さっそくド素人の質問です。 (1)特定口座(源泉徴収あり)の場合、その年にトータルで損失になり、損失分を翌年に持ち越すような方で、年内の何度かのやり取りの内いくらかは儲けが出て、その時は源泉徴収税額を差し引かれた、という場合の年間取引報告書なのですが、源泉徴収税額欄はどのような記載のされ方をするのですか。0円ですか、それとも何度か儲けが出た時に発生した源泉徴収税額が記載されるのでしょうか。 (2)信用取引とは、例えば1千万円積んで3千万円位の株の売買を行い、差額2千万円分は規定の期間内に証券会社へ返済すると認識してますが、そういった信用取引と一般上場分のやり取りを行った際の年間取引報告書の記載はどうなりますか。下のほうに「一般上場分」「特定信用分」「合計」とありますが、「一般上場分」+「特定信用分」=「合計」として金額が記載されるのでしょうか。 本当にド素人のしかも試しに株を買ってみるほどのお金も無い立場で、わけわかんなーい!の連発で格闘してます。 どうかご教授お願いします。 あ、あとこの特定口座とか一般口座の取引報告書の見方や見本が出ているサイト(モチロン金額も書いているやつ)があったらそれも教えて下さい!!

特定口座損益明細照会をみていたのですが、 長期特定とされているものと一般上場とされているものがありました。 長期特定とされているものは比較的長期間保有した後に売却したもの、 現物取引と信用取引の違いを教えてください 一般上場は短期保有の後売却したものが区分されているようなのですが、 明細の中で保有期間の長短で分類する必要があるのでしょうか? (課税方法など変わってくるのでしょうか?)

特定口座年間取引報告書の申告の仕方がわかりません。 1譲渡の対価の額 (2)取得及び譲渡に要した費用の額等 (3)差引金額 (差損益金額) (4)所得金額とあります 赤字でしたので(3)がマイナスになってます(4)も0です 申告書にはどの何番の金額を書いたらいいのですか? 所得が0なので必要ないのでしょうか? 弟の申告の手伝いを毎年青色申告してますが昨年は申告に間に合わず 無申告のままでした。 今年の分と一緒に持っていく予定でしたが、今ごろ、上記の用紙を出して きました。。。 昨年の分は仕上げてるのですが、年間取引報告所には口座開設18.01.20とあります 昨年も赤字と言ってますが昨年の分も修正が必要になってきますか? 分かりにくい文章で申し訳ないですが教えていただければ助かります よろしくお願いします

上場株式の相対取引について質問します。 友人がとある上場会社に勤めておりこの春に退職する事になりました。 その友人は在職中社員持株会に入っており2単元分の株を持っています。そして退職の後、1~2ヶ月後に株券の現物が友人の元へ郵送されるとの事です。 友人は株取引に興味がない事となるべく早く現金化したいとの事で誰かに売りたいと言っています。 私はその友人所有の株を買ってもいいかなと思っているのですが、株券の現物は友人の手元にはありません。 そこで株券の現物は友人の手元に来てから私に引き渡してもらう約束をし、ある時点の株価を基準とし、友人に現金を先に渡すという契約は法令上可能なのでしょうか? 当然上場株式なので現金を渡した時点と株券の現物をもらう時点の株価が違うのは承知の上で、株価が上がっても下がってもお互い文句言いっこなしという約束の上での取引とします。 また、株券の現物をもらったあとの名義書き換えは信託銀行へ行けば簡単にできるのでしょうか?またその費用はどれくらいかかるものなのでしょうか? あわせてお教え頂けると幸いです。 相対取引についてお詳しい方よろしくお願いします。

証券会社から年間取引報告書が来ています。 私は専業主婦で夫の扶養に入っていますが、夫がやろうと言い出して私が口座を作り株をやっています。 取引報告書の内容は 一般上場分 譲渡の対価の額(収入金額) 18729750 取得費及び譲渡に要した費用の額等 18909300 差し引き金額 -179550 所得金額 0 源泉徴収税額 0 になっています。 この場合の確定申告はどうすればいいんでしょうか? HPなどを見てしらべてみても、専門的なことばも多く 私が知りたいことが的確に載っていない為にわかりませんでした。 よろしくお願いします。

去年株で損失が出ましたので申告しようと思います。 不幸にも一般口座のままなので自分で「株式等に係る譲渡所得等の計算証明書」を作成中です。 現物は「譲渡なる収入金額」「取得費の金額」は分かるのですが信用分は損益しか把握できません。 どのように記載すればいいのでしょうか? どなたか詳しい方教えてください。

ネット証券大手のM証券から、 「平成18年分特定口座年間取引報告書」が届きました。 (1)譲渡の対価の額(収入金額) (2)取得費及び譲渡に要した費用の額等 (3)差引金額(差損益金額)(1)-(2) という項目があります。 平成18年に口座を開設し、 入金した(A円)ほとんどを株式取得に回しております。 (2)がAに近い金額であることは理解できるのですが、 (1)には、(2)よりも更に大きな金額が記載されていました。 そのため、(3)がプラス(20万円未満)になっています。 実際は、ほとんどの資金が株券になっている状態であるため、 (1)はわずか、(2)は大きな金額、(3)は大きなマイナスの金額、 というのが送られてくると予想していたため、驚きました。 心当たりのございます方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

東京電力の株を念頭に置いていますが、 一般論として 上場廃止が決定してから1ヶ月間整理ポストで現物のみ売買され、そののち上場廃止となる 流れのようですが、ここで整理ポストに入る前に信用取引をしていた場合 決済はどうなるんでしょうか? 現物株しかやっていない初心者です、ご教示ください

楽天証券に口座を開設しており、これから信用口座を開設する予定です。 口座に50万円預けるつもりですが、一日の取引(手数料は考えていません)で ・現物買い50万→現物売り50万 をしてしまうと、50万は日計り取引なので委託保証金としてはみなされず、この日はもう信用取引はできないようですが、 現物取引と信用取引の違いを教えてください ・信用買い150万→信用決済150万 のあと ・現物買い50万→現物売り50万 は可能なのでしょうか? もしご存知の方がいらっしゃればお教え願いませんでしょうか。

Eトレード証券で信用取引口座をつくったのですが たとえば1000万入金されていて20万の株を30株 信用で買いたい場合はどのように入力すればいいのでしょうか。 信用買いの欄のところをクリックして 20万×30株と入力するだけでいいのでしょうか。 ただこうすると現物取引と同じ取引みたいなかんじ がするのですが・・・・ ようするに200万の3倍の取引をして残り800万分を のこしておくようにしたいのですが うまく書けませんがわかるかたお願いします。

【初心者必見】株式の現物取引とは?信用取引との違いについて解説

プロフィール:
中田FP事務所 代表/CFP ® 認定者/終活アドバイザー/NPO法人ら・し・さ 正会員/株式会社ユーキャン ファイナンシャルプランナー(FP)講座 講師/日本FP協会 くらしとお金のFP相談室 相談員(2020年)/日本学生支援機構認定 スカラシップ・アドバイザー(平成29年10月認定)/元システムエンジニア・プログラマー
給与明細は「手取り額しか見ない」普通のサラリーマンでしたが、お金の知識のなさに漠然とした不安を感じたことから、CFP ® 現物取引と信用取引の違いを教えてください 資格を取得。
現在、生活に身近なお金・終活・高齢期の生活資金の準備や使い方のテーマを中心に、個別相談、セミナー講師、執筆などで活動中。

auじぶん銀行からの商品・サービスのご案内

100円から投資をはじめよう

auカブコム証券

人気記事ランキング

  1. 1 インフレとは何のこと?インフレのメリット・デメリット
  2. 2 ローン返済額みんなの平均はいくら?「住宅購入とお金」全国実態調査
  3. 3 利回り、金利、利子、利息。違いは分かる?
  4. 4 リボ払いは損?仕組みと手数料の計算方法を解説
  5. 5 1日4回のチャンスを狙う!為替が動きやすい時間帯とは

関東、関西在住 小中学生の子どもを持つ親に調査!教育・受験とお金事情
(執筆者:auじぶん銀行)

現物取引と信用取引の違いを教えてください

【初心者必見】株式投資の配当金の仕組みと受取方法について
(執筆者:中田 真(ファイナンシャルプランナー))

「信用取引」とは?普通の取引(現物取引)との違い

信用取引,空売り,仕組み

【ご注意】
『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment 現物取引と信用取引の違いを教えてください Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

先物と株式投資の違いについて

教えて!goo グレード

先物は市場環境から様々な影響を受けやすく価格の変動が激しいので、素人が手を出す取引ではないと考えられています。


競り慣れしている人は先物の恩恵を受けるでしょうが、株式のように継続保有が出来ず、決済期間が決まっているので、大きな損失となる可能性も否めません。
株式現物はどこで買っても売らなければ損益は出ませんので、長期インカム狙いならギャンブルではありません。
株の信用取引は日歩や逆日歩がポジションを持つ期間継続して掛かり、代用有価証券及び預託保証金が必要となるので、担保融資による取引であり、万が一損失が拡大し、決済しないと強制決済される懸念があります。
ただ、この仕組みを理解して担保設定後に取引をして利益に繋がると、空中資金を回収したことになり、現物以外の取引の手段となります。
ギャンブルとは回収資金から胴元があらかじめ利益を回収して、残りのお金から経費を引いた一定額が、勝者に配当される仕組みで、勝者が多いと配当が少なくなり、胴元がもっとも儲かる仕組みがあります。
しかし、金融投資商品には胴元はなく、市場で仲介業者を介して投資家同士が取引を行います。
従ってギャンブルと投資は明確な違いがありますが、「ギャンブル性」とは、予め胴元に回収されてしまうためマイナスになる確率が高い勝負を挑むことを指します。
力いっぱい投資に挑んだり、ボラ高の銘柄を大きく取引したりすれば、それはギャンブル性が高いと言えるでしょうね。
ただ、先物は玄人が取り組む勝負ですから、素人が手を出すことそのものがギャンブルと言えるのかもしれませんね。

有難うございます。まずはきちんとリスク管理する事。
またボラリティーが激しいのは個別銘柄も同じですよね。
ただ売買代金が少なく、順調に右肩上がりで
収益も良い会社もあります。その様な銘柄は手を出しやすいなと感じる事があります。先物…もう少し勉強して行きたいと思います。
その他の方も有難うございました。

信用取引について

株は現物取引のみやってきたんですが、信用取引も考えています。証券会社によって、今では反対売買の期日が大きく延長されてるようです。それで、より、やりやすくなったように思ってるんですが、信用取引はやったことがないので、わからないことばっかりです。まず、信用取引の資金として、50万円用意したとして、どのような取引ができるんでしょうか?金額などもそうですが。また、やはり、半年以内に反対売買するぐらいのつもりでないといけないんですか? あと、注意するとこを教えてください。 特に追証や逆日歩がよくわかりません。

質問者が選んだベストアンサー

保証金は、株式でも代用できますので、 現金を増やさなくてもそのままで取引可能です。 (担保掛け値はだいたい80%ぐらいです。) ただ、株式を担保にすると信用で買った銘柄と 一緒に株価が下がることもあるので、 信用取引をするのであれば、 担保と同額を限度にした方がいいと思います。 それから、もちろん、信用の損切りに備えて、 多少の現金も担保に入れておいた方がいいです。

その他の回答 (2)

  • 2005/08/26 01:34 回答No.2

信用取引をするのであれば、 少なくても100万は必要ですね。 最低保証金というものがあって、 証券会社ごとに金額は違いますが、 だいたい40~50万ほど必要です。 もし、信用取引で株を買ったあとに、 株価が下がると、 その評価損の部分が保証金から引かれて、 最低保証金の部分を下回ったり、担保不足になると 追証ということになります。 まず本人の所に電話が入り、 もし連絡が取れないときは保証人の所に連絡が行く、というシステムです。 逆日歩は、空売りの人が増えすぎて、 現物取引と信用取引の違いを教えてください 株不足になったときに出やすいです。

質問者からの補足 2005/08/26 15:44

  • 2005/08/25 21:37 回答No.1

何も出来ないと思います。 まず、信用取引について聞くのであれば、おそらくそれなりの資金を必要とします。 50万あれば、いざと言うときの追証呼び資金にしかなりません。 後50万を現在の株券+50万に加えてご用意ください。 決済は長くとも1ヶ月までにしてください。

関連するQ&A

株の信用取引についてお尋ねします。 株の信用取引で、信用買いした場合に、とたんに、ストップ安になって、追証がかかった時、追証を払わなかったら、自動的に反対売買されるのでしょうか。 その際、いつの時点で、反対売買されるのですか? ストップ安の時だと、反対売買しにくいのではないですか?

株式投資を始めて1年ほどですが、信用取引を始め勉強中の者です。 初歩的な質問で恥ずかしいのですが、教えていただきたいことがあります。 現在、信用建玉で100万ほどの含み損を出しています。 まだ損切りはしていないのですが、現金余力が減ってきているような 気がします。もちろん、信用取引ですので、証券会社からお金を借りて株を買っている以上、金利を払わないといけないのは承知していますが、これは毎日随時、現金余力から引かれていくものなのでしょうか? それとも、損切りなどして反対売買で決済した時にまとめて引かれるものなのでしょうか? また、信用取引で建て玉決済で損切りとなるとします。 その場合、現金余力を作ってから、つまり現物銘柄を売却して先に現金を用意してから信用で損切りをしないといけませんよね? 確か、現物株は現金化するのに4営業日、信用は3営業日だったと思いますので、信用取引で損切りするより1日前に現物売却で現金化しておく必要がある、という理解で間違いないでしょうか? ご教示いただければと思います。

信用取引を始めたいのですが、 追証・逆日歩などの事を詳しく理解していません。 仕組みを完全に理解してから始めたいです。 ネット証券ユーザーなので独学でしなければならないのですが、 良いサイトがあれば教えて下さい。 また、みなさんはどうやって勉強されましたか?

楽天証券で現物で取引しているんですが、信用にも興味があります。 信用の口座を作ろうと思っているんですが、もし自分に合わなければ使うのを控えようとも思っています。 とりあえず作ってみようかなっていう感じです。 もし使わなくなったとき、口座をほったらかしにしておくデメリットはありますか? あと楽天証券での担保の資金は取引にまわせないと聞きましたが、他の証券会社なら担保の資金も売買に使えるのでしょうか?

2週ほど保有している株Aがあります。 株Aを信用取引の担保にして、信用取引で1/12に株Bを買いました。 株Bを1/16あたりに売りたいと思うのですが。 もし、1/13に株Aを売ってしまったらどうなるのでしょうか。 追証とかきます? 1/18に株Aを売った資金が手に入るので、そこまでは担保になってるのかなぁ と思っていますが、これは間違いでしょうか。 もし、追証がくるようでしたら株Aを売ることができるのはいつからになるのでしょう?

いつも、参考にさせていただいております。 以前から信用口座は開設しているのですが、 もし買って、いきなり下がったりしたらどうしょう・・・と思うとなかなか取引にふみこめません。 実際、資金も40万円程度で、そのうち約25万円分は現物株を保有中です。 信用余力は100万円ちょっとで、買いたい銘柄もあるのですが、 信用取引をするにあたり、どういった点に気をつければよいでしょうか? 買った株が下がると、いきなり追証になるのでしょうか? ご教授いただけると、幸いです。 よろしくお願いいたします。

信用取引を始めようとおもいます。 現物取引よりは証券会社の手数料が安そうなので?! しかし、金利などがかかるそうですね。 そうするとどちらが安くなるのでしょうか? 主にデイトレですが、 例えばデイトレで一株3000円から1万円の株を4~5回ほど売買するとしたら、 信用取引の金利はおおよそどれぐらいかかるのでしょうか?(お値打ちな証券会社で) 手数料や金利を含めてお手頃な価格で信用取引のデイトレができる証券会社を アドバイスしてください。

信用取引を始めたばかりです。 大損をしたわけでもないのに、信用取引をしたら預かり金がなくなり、現物取引が出来なくなりました。 証券会社に聞いたら信用取引の金額をもう少し下げるように言われましたが良く判りませんでした。 現物での売買をメインに考えていますので、信用取引をしつつ現物も取引出来るような金額はいくらでしょうか?

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる