オプション投資戦略

株価分析の一手法としての回帰分析

株価分析の一手法としての回帰分析
このページ

株価分析の一手法としての回帰分析

PORT機能の一例

  • ポートフォリオの過去のパフォーマンス累計をベンチマーク比で検証
  • 簡単な操作で分析対象期間を変更して、特定のサブ期間や長期のパフォーマンスのパターンを見極め
  • 事後に標準偏差、シャープ・レシオ、その他の統計指標を検証して、ポートフォリオの過去のリスク・リターン特性を考察
  • ポートフォリオのパフォーマンスに寄与したセクターや保有銘柄の見極め、ベンチマークと比較

パフォーマンス・アトリビューション(要因分析)
過去の一定期間にポートフォリオがベンチマークをアウトパフォームまたはアンダーパフォームした理由を解明したり、ポートフォリオの構成がどのようにアクティブ運用のパフォーマンスに寄与したかを分析したりすることができます。また、ブルームバーグ独自のリスク・モデルを活用して、各種リスク要因がどのようにポートフォリオのパフォーマンスに寄与したかを評価することも可能です。

  • 株式ポートフォリオに関しては、アクティブ運用のリターンの内訳を、セクター配分、銘柄選択、為替変動の要因別に表示します。
  • 債券ポートフォリオに関しては、アクティブ運用のパフォーマンスの内訳を、金利変動とスプレッドの影響の要因別に表示します。

ブルームバーグ・インデックス
ポートフォリオ&リスク分析プラットフォームでは、ブルームバーグ・インデックスを利用することができます。世界有数の債券ベンチマークと、先進的なパフォーマンス分析、リスク予測、ポートフォリオ構築のツールを組み合わせて利用することも可能です。

特徴を集計
特定の日付もしくは時系列のトレンドとして、ポートフォリオのファンダメンタル要因の特徴を分析できるほか、ベンチマークとの比較分析も可能です。

  • ポートフォリオの中核的な投資構成を評価するために、バリュエーション・レシオ、増益率、デュレーション、信用の質、利回り、スプレッドなどのメトリックスを表示します。
  • 十分な情報に基づく投資判断を行えるよう、現在の金利エクスポージャー、信用リスク・エクスポージャー、元利返済関連の予想キャッシュ・フローを把握することができます。
  • セクター、国、もしくはユーザー定義のカスタム分類に基づき集計できます。

ポートフォリオに影響を及ぼすニュース
投資を成功させるには最新ニュースに精通していることが重要です。ブルームバークのニュースコンテンツは、世界中のプレス・リリース、ブローカーのリサーチ情報、ブログを含め、6万を超える情報源から絶えず供給されています。

  • ニュースの話題性を示す指標を用いて、ポートフォリオに最も大きな影響を及ぼす材料を即座に特定できます。
  • ユーザーにとって重要なニュースやリサーチ情報を漏れなくリアルタイムで捕捉できるよう、無限に設定できるキーワード条件に基づき、ポートフォリオ用アラートを設定することができます。

日中パフォーマンスのモニタリング
1日を通して、市場がポートフォリオのリターンにどのような影響を与えているかを把握することで、イベントが発生すると即座に対応できるようになります。

  • リアルタイムの証券取引所価格を用いて、株式ポートフォリオの日中パフォーマンスを絶対ベースまたはベンチマークに対する相対ベースで追跡できます。
  • MSG1プライシングをはじめとするブルームバーグの日中債券価格ソースを活用して、債券ポートフォリオの日中のリターンをモニターできます。
  • セクター別、地域別、またはカスタム分類別のポートフォリオの内訳を明らかにして、現在のパフォーマンスを左右している要因を浮き彫りにします。

トラッキング・エラー
ポートフォリオとベンチマーク指数の比較に影響を及ぼすリスク要因を把握することは、投資戦略強化の第一歩になります。グローバルなマルチアセットクラスを網羅するブルームバーグのマルチファクター・リスク・モデルを用いて、ポートフォリオの事前(予想)リスクを分析することができます。

  • グロース、バリュー、モメンタム、通貨、利回り、スプレッドなど、ファンダメンタル・リスク要因に対するポートフォリオのエクスポージャーを把握することができます。
  • アクティブリスク全体に対する寄与度が最も大きい個別銘柄を瞬時に特定するとともに、リターンに影響を及ぼしうる潜在的なリスクを解明することができます。
  • リスク・データを完全に究明するため、根底にあるファンダメンタル・データまで掘り下げて分析します。

バリュー・アット・リスク
PORT機能は、複数のバリュー・アット・リスク(VaR)測定方法を提供し、所与の信頼区間におけるポートフォリオの最大損失を推計します。

  • 最新のリスク・モデリング技法を用いてポートフォリオの予想テール・リスク(条件付VaR)を分析します。
  • ブルームバーグは、ヒストリカル・シミュレーション法、モンテカルロ法、パラメトリック法を含む3通りの方法をVaR計算用に用意しています。

シナリオ分析
ブルームバーグのシナリオ分析ツールを利用して、ポートフォリオが受ける影響を推計し、次に市場で発生する大型イベントに備えることができます。ポートフォリオの最善のシナリオと最悪なシナリオを評価するだけでなく、ポートフォリオの保有銘柄まで掘り下げて、最も大きい影響を受けるセクターや銘柄を特定することもできます。

  • 市場の変動要因に負荷を加えることで、ポートフォリオの将来のパフォーマンスに対する影響を測定するシナリオ分析に基づくポートフォリオ・リスクを把握することができます。
  • 2011年に発生した米国の債務上限を巡る危機的状況など、過去に実際に発生したさまざまなイベント、および金利変動などの市場に関する仮想シナリオに基づき、ポートフォリオのストレステストを実施することができます。

取引のシミュレーション
取引案に基づき、ポートフォリオの特徴やリスクの構成がどのように変化するかを分析することができます。また、PORT機能に搭載されている取引シミュレーション機能を利用して、取引案を瞬時に評価したり、既存のポジションを編集したりすることも可能です。ブルームバーグの包括的な条件データベースを活用し、取引シミュレーション・モードで新しい金融商品を組み入れて、その影響を評価することも可能です。

ポートフォリオ・オプティマイザー
ブルームバーグのポートフォリオ・オプティマイザー機能を利用すれば、複雑な多角的投資管理戦略のソリューションを見出すことができます。ポートフォリオ・オプティマイザー機能では、投資候補の中から、お客さまが望む特徴やリスク・エクスポージャーをポートフォリオにもたらす最適なトレード群を選出できます。

  • 取引案を創出する際、ポートフォリオ組入銘柄の入替え、取引コストなど、実際の制約条件を加味できます。
  • 最適化目標と制約条件のトレードオフに基づき、最適なポートフォリオの効率的フロンティアを創案することができます。
  • 取引案のバックテストを実施することで、仮にその投資戦略を過去に実行していた場合のパフォーマンスを確認できます。

ポートフォリオの統合 株価分析の一手法としての回帰分析
カストディアン銀行、ファンド管理会社などのポートフォリオ・データソースとターンキー統合されているので、ブルームバーグのポートフォリオのパフォーマンス、特性、リスク、取引のシミュレーション機能を実行できます。そのため、ニュース、分析、チャート、取引執行機能を備えたブルームバーグ端末の性能と柔軟性に加えて、高度なポートフォリオ管理・分析ツールを、第三者であるお客さまも利用できるようになっています。

  • ブルームバーグのグローバル・ポートフォリオ統合チームは、ポートフォリオ&リスク分析ソリューション向けに業界内の100社を超える外部情報提供社からデータを入手しています。
  • ポートフォリオ・データ統合のご要望は、貴社ご担当者さまのお名前、電話番号、メールアドレスをご記入の上、[email protected]にメールでご連絡ください。グローバル・ポートフォリオ統合チームの担当者が折り返しご連絡の上、お手続きを開始します。

Scroll left

このページ

株価分析の一手法としての回帰分析

皆さん、こんにちは。
小次郎講師です。
今回は「小次郎講師流、チャートで読み解く相場分析」の第5回となります。
前回は「世界は連動している」ということを株式市場とコモディティ市場のゴールドの動きを見ながらお伝えしました。
株式市場と原油市場では正の相関関係があり、株式市場とゴールドは逆の相関関係があることをお伝えしました。
このように株式市場の動きだけを見るよりも様々な市場を確認することで、世界がどのように推移しているのかをより正確に把握することができます。
そして、株式市場の動向を確認する上で忘れてはいけない市場を今回は見ていこうと思います。
その市場とは「国債の利回り」です。

債券市場と株式市場は非常に密接な関係があり、債券には金利がつくので債券価格の変動によって利回りが変わってくるのです。
難しいと感じるかもしれませんが、そこの部分も含めて詳しく解説していきますので楽しみにしておいてください。

日経平均株価の動きを移動平均線大循環分析で分析

図1

移動平均線大循環分析を使ってステージの変化を見ながら現状を分析していきます。
その移動平均線大循環分析を行う上でカギとなるのが「帯」の動きです。
この帯の動きを理解すると価格変動の推移をしっかりと理解できるようになります。
では、まず帯には2種類あるということを確認しておきます。
それは、「上昇帯」と「下降帯」の二つです。
上昇帯は中期移動平均線が長期移動平均線よりも上にある状態です。
下降帯はその反対ということになります。
帯にはこの2種類しかありませんので、現状分析をするときに、帯がどちらになっているかを把握するだけで、「買い」と「売り」のどちらにエッジ(優位性)があるのかが一目で分かります。
この一目でわかるということが重要なのです。
なぜなら、ローソク足だけのチャートを見て、「買い」と「売り」のどちらにエッジがあるかというのを個人投資家が判断するのは至難の業だからです。
それを帯の状態を見るだけでどちらにエッジがあるかが直ぐに確認できるので、大きな判断ミスを犯すことを未然に予防してくれます。
さらに、上昇帯から下降帯に、また、下降帯から上昇帯に移行するときにはある特徴があります。
それを昨年の4月から5月のところで確認してみましょう。
まずは、3月は下降帯が下方向に傾きを持って間隔が広がっていました。
ところが、その間隔が徐々に狭くなり、中期移動平均線と長期移動平均線の向きが横向きになり、更に接近していきながら上向きになって2本の移動平均線がクロスをして下降帯から上昇帯に移行しました。
この帯の間隔が狭くなり帯が横向きから上向きになってクロスするという一連の流れを理解することで、相場の変化を正しく把握することが出来るようになりますので、しっかりと理解しましょう。

では、ここからは現状を分析していきましょう。
昨年の11月から上昇期である第1ステージを継続しています。
その途中で2回ほど短期移動平均線が帯を試していました。
帯を試すというのは、短期移動平均線が上昇帯に接近するも上昇帯がサポートとなって切り返し、下向きになっていた短期移動平均線が再び上向きになる動きのことです。
これを「押し目」の動きといいます。
次に、上昇帯の間隔と方向性を見てみましょう。
昨年の8月から11月にかけての動きと比べると、まず上昇帯の間隔が大きくなっています。
それから、方向性を見ても上昇の角度が鋭くなっています。
つまり、昨年の8月から11月にかけの動きよりも現状のトレンドの勢いの方があるということを示しています。
勢いがあるところは大きな利益を獲るチャンスの局面であるということを理解しましょう。
それと同時に、勢いのある動きが終われば、その反動も大きくなることも合わせて頭に入れておきましょう。
ここからの短期移動平均線と上昇帯の関係が重要となってきますので注目していきましょう。

株式市場と債券市場は連動している

前回は株式市場とコモディティのゴールドが逆の相関関係があるということをお伝えしました。
今回は債券市場の中で世界の代表選手とされる「米国債10年利回り」を見ていこうと思います。

図2

まずは、米国債10年利回りがどういったものかを解説しましょう。
国債には金利が付いています。
その金利は一般的には固定金利となっています。
ただし、マーケットには新規で発行された国債だけでなく既存の国債も取引されています。
そうすると、金利は固定となっていますが、国債価格はマーケットの状況によって上下するので利回りが変化します。
どういうことかというと、まずは株式市場と債券市場の動きを確認します。
株式市場に人気がある時には投資家はリスクを選好するので、安全資産とされる国債の人気は低下します。
逆に株式市場の人気が低下しリスクを回避するときには国債の人気が高まります。
次に、国債価格と利回りの関係を確認します。
国債価格が人気になる時は国債価格が上昇し利回りは低下します。
逆に、国債価格に人気が無くなり価格が下降すれば利回りは上がります。

図3

では、今度は日経平均株価と米国債10年利回りを合わせたチャートを見てみましょう。
日本の株価と米国の国債利回りにどういった関係があるのかと思われる人もいるかもしれません。
しかし、こうやってチャートを照らし合わせると相関性が高いことが分かります。
米国債10年利回りの動きと日経平均株価の動きは連動しているのです。
理由は上記でも説明しましたが、もう一度確認しておきましょう。
株式市場と国債市場の関係はシーソーの関係になります。
つまり、逆相関の関係ということです。
リスクを選好するときは株式市場が人気となり債券市場は人気が低下し、逆に、リスクを回避するときは株式市場が不人気となり債券市場が人気化します。
そして、国債と利回りの関係もシーソーであり逆相関の関係になります。
ということは、米国債10年利回りと株価の関係は相関関係になるということです。
この理屈がピンときていない方は上記の国債と株価の関係、国債と利回りの関係を何度も読み直してください。
このように二つの銘柄を一緒に見ることで、現在の日経平均株価の上昇は日本だけのことではなくて世界の様々なマーケットと連動していることがよく分かります。
稀に中央銀行が政策金利を引き下げるから株価が上昇しているため、金利が下がると株価が上昇し金利が上昇すると株価は下降するというように勘違いをされている方がいますが、本来の動きというのは景気が良くなり株価が上昇すれば金利も上昇するというのが基本的な考え方となります。
そのことをしっかりと頭に入れておきましょう。
ここまでの5回の連載において、全く関係が無さそうな市場までが連動しているということを確認してきました。
そのことを活かしてチャート分析をしていきましょう。

小次郎講師

執筆者:小次郎講師

本名:手塚 宏二
ライフワークは “日本に正しい投資教育” を根付かせること
株式会社手塚宏二事務所代表
チャート分析研究・トレード手法研究家・トレードコーチ
小次郎講師投資塾々長
日本テクニカルアナリスト協会認定 テクニカルアナリスト

よく当たる「理論株価」最新データ分析!日経平均の妥当水準は?

日経平均と理論株価の推移(日次終値ベース)─2014.1.6~2015.10.23─

[無料 週刊]
「投資の視点」はより実践的な株式投資の力をつけるための講座に衣替えしました。真に投資の力をつけるには以下の3つの要件が必須です。
(1)中立の立場
(2)実務の専門家(講演の専門家ではない)
(3)もれのない講座体系 株価分析の一手法としての回帰分析
大手経済新聞社OBを中心に、ファンドマネージャー、チャーチスト、財務分析とポートフォリオ運用の専門家が集結してこれらの要件を満たす講座を立ち上げました。講座は「資産運用のブティック街」として、市場の切り口、テクニカル分析、企業の財務、ポートフォリオ戦略―の4つのテーマに整理・提供いたします。

世界的な株高、本当の背景~これは「緩和バンザイ」相場ではない=米CFA協会認定証券アナ…

南沙諸島、日本郵政、アップル~市場を賑わせた相場カタリスト=櫻井英明

なぜアイフルグループのソーシャルレンディングが人気?新商品「不動産担保ローンファンド」で攻勢 (PR:AGクラウドファンディング)

漂う「政治の匂い」NYダウ急伸の背景にあるもの=日本インタビュ新聞社

TPP強者の論理。安倍政権の秘密交渉で「食われる側」に立った日本

「個別株はヒントが多いから簡単」元為替ディーラーの投資顧問が注目される理由 (PR:ファイネストアドバイザリー)

杭打ち1次下請けの日立ハイテクが否定する「禁断の丸投げ」疑惑=近藤駿介

旭化成は傾かない。横浜マンション不祥事は絶好の買いチャンスだ=小浜研二

よく当たる「理論株価」最新データ分析!日経平均の妥当水準は?

編集部のオススメ記事

人気コーナー

シェアランキング

マネーボイスをほどよくメールで。

専門家と個人投資家の本音でつくる、
総合金融情報メールマガジン。
マネーボイス受信はこちらから

広告募集・お問い合わせ

タグクラウド

最新の記事

  • 欧州為替:ドル・円は底堅い、ユーロ・ドルは安値圏
  • 日経平均テクニカル:3日ぶり反落、直近大幅安の半値戻しクリア
  • 東京為替:ドル・円は下げ渋り、135円台を維持
  • 6日の日本国債市場概況:債券先物は149円37銭で終了
  • 主要国の経済・金融政策の今後については予断を許さない状況に

【免責事項】
「MONEY 株価分析の一手法としての回帰分析 VOICE」で提供している記事は、情報の提供を目的としており、投資やその他の行動を勧誘、または推奨する目的としたものではありません。
銘柄の選択等、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。また、本サイトに掲載している全ての記事およびデータについては、その情報源の確実性を保証したものではありません。
本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切責任を負いません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本WEBサイトの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

株価分析の一手法としての回帰分析

ご入会案内

関東学生マーケティング大会

  • 2022関東学生マーケティング大会
  • 日本マーケティング学会
  • アジア・マーケティング連盟
  • アメリカ・マーケティング協会
  • 日本マーケティング・リサーチ協会

カテゴリー

  • Management Management
  • Strategy Strategy
  • Technology
  • Promotion promotion
  • Trend
  • Entertainment Entertainment
  • Distribution Distribution
  • Advertising advertising

機関誌購読

  • マーケティングホライズン誌購読

ご登録情報

アーカイブ

  • ホライズン誌バックナンバー
  • WEBマーケティングホライズン

JMA+(プラス)

【ビッグデータ分析の課題】株式市場の取引データから投資家の不安心理を読む

【ビッグデータ分析の課題】株式市場の取引データから投資家の不安心理を読む


Yahoo Financeは世界中の主要な株式市場を網羅し、各上場銘柄の約定価格を20 分程度の時間遅れで掲載するとともに、ヒストリカルデータとして日(週、月)ごとの始値、最高値、最安値、終値とその日(週、月)の出来高(約定株数)を公開している。

【2021年更新】ビッグデータ分析にオススメのツール31選

株価分析の一手法としての回帰分析 ビッグデータツール

これは、多くの強力なスクリプト編集、インターフェイスのデバッグを提供するので、高度なプログラミングスキルを持つ人に適しています。ユーザーは、C#またはVB.NETを使用して、スクリプトをデバッグしたり書き込んでクローリングプロセスをプログラミングすることができます。たとえば、Content Grabberは、Visual Studio 2013と統合して、ユーザーの特定のニーズに基づいて、高度で洗練されたカスタマイズされたクローラーに最も強力なスクリプト編集、デバッグ、単体テストをサポートします。

3. Import.io

4. Parsehub

ParsehubはWindows、Mac OS X、Linuxなどのデスクトップクライアントとして利用でき、ブラウザ内に組み込まれているWebアプリケーションを使用することもできます。

5. Mozenda

データ処理ツール

6. Knime

7. OpenRefine

OpenRefine(旧称:Google Refine、さらに以前はFreebase Gridworks)は、スタンドアローンのオープンソースのデスクトップアプリケーションで、データのクリーンナップ、他の形式への変換、データラングリングと呼ばれる処理を行うことができます。見た目はスプレッドシートアプリケーションに似ているが(スプレッドシートファイル形式も処理できる)、よりデータベースに近い動作をします。

8. R言語 株価分析の一手法としての回帰分析

9. Orange

10. RapidMiner

11. Pentaho

12. Talend

13. Weka

14. NodeXL

NodeXL は Excel で行うことができるオープンソースのネットワーク分析テンプレート。Excel ワークシートにエッジリストを入力したりコピペすることで簡単にネットワーク図を描くことができます。また、ノードの形状には画像を選択することができ、画像ベースのネットワーク図を描くことも出来ます。グラフのメトリックを簡単に計算するとネットワークの可視化を迅速に作成することができ、使い慣れたスプレッドシートに、ソーシャルネットワーク分析と可視化機能が追加されています。

14. Gephi

GephiはNetBeansを基にしてJavaで組まれた、ネットワーク解析及び可視化用オープンソースソフトウェアパッケージです。Gephi は、たとえて言えば、データを対象に扱う Photoshop のようなものです。ユーザーは描画されたグラフと対話し、構造や形状、色などを操作しながら、隠された属性を引き出します。Gephi が目標としているのは、データ解析の支援を通じて、仮説を立てたり、パターンを直感的に把握した り、データソーシング時に構造的な特異点や欠陥を分離したりできるようにすることです。

データ可視化ツール

15. Tableau Public

Tableauは、タブローソフトウェア社が提供する大量のデータを直感的に可視化・分析できるツールです。Tableau Publicでは、世界中のTableauユーザがオープンデータを使用して作成した様々なレポートを無料でブラウザで閲覧することができます。Tableau Publicで可視化できるデータソースはテキストデータ、ExcelファイルOData、Web Data Connector、統計ファイルになります。有料版のTableau desktopでは、使えるデータソースが大幅に拡大されますが、残念ながらMySQLはTableau Publicではデータソースとしては使えません。

16. BI360

17. Qlik

Qlik がデータ管理からカスタムアプリのビルドまで、必要なソリューションすべてを 提供します。BI (ビジネスインテリジェンス) ユーザーを対象とした世界最大級の調査において Qlik がビジュアル分析などの部門で No. 1 を獲得しています。Qlikは、世界中の企業がエンドツーエンドのソリューションを活用してデータから価値を引き出し、より迅速に行動して、よりスマートに働き、大きくリードできるように支援しています。

19. Datawrapper

20. Google Fusion Tables

Fusion TableとはGoogle Drive上で使えるRDBアプリケーションで、本来はGoogle Mapとの連携や複数のユーザー間での共有(マージ)に強みがあります。データに保存されているデータを活用して、ウェブ上の他のデータを組み合わせたり、共同編集したり、視覚的に表現したり、共有したりできます。

21. Infogram

感情分析ツール

23. Opentext

OpenText Sentiment Analysisは、テキストの会話中に存在する感情やパターンを識別し、評価するための分析エンジンです。トピック、文章などのテキストの一部が事実であるか主観的であるかを認識し、これらのコンテンツ内で表現された意見がプラス、マイナスまたはニュートラルであるかどうかを判断します。

24. Semantria

25.Trackur 株価分析の一手法としての回帰分析

26. SAS Sentiment Analysis

SAS Sentiment Analysisは、主なWebサイト、ソーシャル・メディア・サイト、企業内部の文書などからデジタル・コンテンツを収集(クロール)し、強力な統計テクノロジーと言語ルールを駆使し、収集したテキストに含まれるセンチメントを抽出します。これを元に消費者、顧客、競合企 業の感情を把握するために集計・グラフ化し、トレンドを見つけ出します。

27. Opinion Crawl

オープンデータソース

28. Data.gov

Data.govは米国のオープンガバメントに関する取り組みの中で代表的なもので、政府機関が保有する情報・データを入手できるサイトです。このサイトでは、単に統計データの集計結果を公表しているのではなく、ローデータを様々な形(CSV、JSON、PDF、RDF、RSS、XLS、XML)で取得可能となっており、利用者が自由に取得・加工・分析することができるようになっています。また、このData.govの構築に関わったSocrata社による「Open Data API」を利用することによってAPI経由での取得も可能です。

29. US Census Bureau

US Census Bureau(アメリカ合衆国国勢調査)は、人口データ、地理データおよび教育を扱う米国市民の生活に関する豊富な情報があります。

30. The CIA World Factbook

The CIA World Factbookは、世界中のあわせて268の国家・属領・その他の地域について、人口統計・地理・通信・政治・経済・軍事の2、3ページの要約を提供しています。

31. PubMed

PubMedは米国国立医学図書館(U.S. National Library of Medicine)が提供する、生命科学や生物医学に関する参考文献や要約を掲載するMEDLINEなどへの無料データベースです。2017年1月5日時点で、最古の1966年からの2680万件以上の記事があり、毎年約500,000件が追加されています。同時点で1310万件が抄録とともに掲載されており、1420万件が全文へのリンクがあります(そのうち380万件の記事が全文無料利用可能)。また、全文データへのリンクも案内されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる