FX初心者スレ

リスクとは

リスクとは
リスク分析を終えたら、リスクを可視化するためリスクマップを作成します。

【社労士監修】リスクマネジメントの重要性とは?人事労務管理におけるリスク対策と必要性を徹底解説!

リスクマネジメントの不手際により、業務改善命令が発令される企業が増えており、多くの企業でコンプライアンスやリスクマネジメントを策定する動きがみられます。
企業や組織の存続を左右するリスクマネジメントでは、「顕在的・潜在的なリスクは何か」をしっかり把握することが大切です。しかし、リスクの性質と種類を正確に把握することは、決して容易ではありません。
この記事では、人事労務管理におけるリスク対策と、リスクマネジメントの必要性を詳しく解説します。

リスクマネジメントの必要性

危機管理・リスクヘッジとの違い

リスクマネジメントの実施方法

リスクの発見

リスクとは
リストアップ チェックリスト法やアンケート法によって、リスクを洗い出していく方法
プロセスチェック フローチャート法を用いて、業務フロー記載し、想定されるリスクを洗い出す方法
シナリオ・アプローチ 将来の投資状況を想定し、それぞれのシナリオの生起確率を推測。市場を予測する方法
財務分析・会計データ活用 財務・会計を基準に、投機の可否や損失リスクを予想する方法
詳細調査 インタビューや文章チェックなどのアプローチから詳細を調査し、リスクを洗い出す方法
比較分析 強み、弱み、内的要因、外的要因を分析し、比較可能な事象のリスクを洗い出す方法
リスク管理部門の設置 取締役会で指名された執行役を委員長とする委員会を定期的に開催し、抽出されたリスクとその対応策を確認する方法

リスク分析

リスク評価

リスク評価

リスク分析を終えたら、リスクを可視化するためリスクマップを作成します。

自然災害リスクとは?:地震リスクマネジメントの基礎知識1

投稿日: 2017年02月10日 | カテゴリ: 基礎知識 | tags: 地震リスクマネジメント

メールで共有する

地震リスクマネジメントの基礎知識

1. リスクとは?

このようにリスクは、分野により扱い方が異なります。リスクという言葉が用いられる際、定義を明確にして使われることはほとんどありません。一般的には、将来における不確かな損失とその影響として使われます。例えば、企業の取り巻くリスクは、以下の表1のように多岐にわたります。リスクは、時代とともに絶えず変化しています。

リスクとは リスクとは
政治・経済・社会リスク 法律・制度の急激な変化 国際社会の圧力(外圧)
貿易制限・通商問題 戦争・内乱・クーデター
景気変動・経済危機 為替・金利変動
原料・資材の高騰 市場のニーズの変化
テロ・破壊活動・襲撃・占拠 インターネットにおける批判・中傷
マスコミにおける批判・中傷 ボイコット・不買運動
暴力団・総会屋などによる脅迫 風評 など
経営に関するリスク 知的財産権に関する紛争 監督官庁などに対する虚偽報告
環境規制強化 顧客からの賠償請求
環境賠償責任・環境規制違反 従業員からの賠償請求
環境汚染・油濁事故 株主代表訴訟
廃棄物処理・リサイクルにおける違反 デリバティブの失敗
製造物責任(PL) 与信管理の失敗・取引先(顧客)の倒産
リコール・欠陥製品 格付けの下落
差別(国籍・宗教・年齢・性) 株価の急激な変動
セクシャルハラスメント 新規事業・設備投資の失敗
労働争議・ストライキ 企業買収・合併・吸収の失敗
役員・社員による不正・不法行為 宣伝・広告の失敗
役員のスキャンダル 競合・顧客のグローバル化への対応失敗
社内不正(横領・贈賄・収賄) 過剰接待
集団離職 顧客対応の失敗
従業員の過労死・過労による自殺 製品開発の失敗
外国人不法就労 社内機密情報の漏えい
海外従業員の雇用調整 顧客・取引先情報の漏えい
海外駐在員・海外出張者の事故 取引先(顧客)の被災・事故
国内出張者の安全対策の失敗 納入業者・下請け業者の被災・事故・倒産
不正な利益供与 取引金融機関の被災・事故・倒産
独占禁止法違反・カルテル・談合 設備業者の被災・事故・倒産
契約紛争 経営層の執務不能
インサイダー取引 グループ会社の不祥事
プライバシー侵害 乱脈経営
粉飾決算 地域社会との関係悪化
巨額申告漏れ マスコミ対応の失敗 など
災害・事故などのリスク 地震・津波・噴火 台風・高潮
水災・洪水 竜巻・風災
落雷 豪雪
天候不良・異常気象 火災・爆発
停電 交通事故
航空機事故・列車事故 船舶事故
設備事故 労災事故
運搬中の事故 盗難
有害物質・危険物質の漏えい・バイオハザード ネットワークシステム(通信含む)の故障
コンピュータウィルスの感染 コンピュータシステムの故障
サイバーテロ・ハッキングによるデータの改ざん・搾取 コンピュータ・データの消滅・逸失 など

2. 自然災害のリスク

日本の災害(洪水、土砂災害、地震震動災害、地震液状化災害、地震津波災害)における国土面積・人口の暴露割合を示したものを表2に示します。この表より、日本の人口の70%以上、国土の30%以上が、災害の脅威にさらされていることが分かります。

リスクとは リスクとは リスクとは
対象災害 災害リスク地域面積
(国土面積に対する割合)
災害リスク地域内人口(2010年)
(全人口に対する割合)
洪水 約20,000km 2 (5.3%) 3,671万人 (28.6%)
土砂災害 約59,200km 2 (15.7%) 613万人 (4.9%)
地震災害(振動災害) 約44,300km 2(11.7%)5,888万人 (46.3%)
地震災害(液状化被害)約48,700km ² (12.9%) 5,743万人 (44.8%)
津波災害 約19,000km ² (5.0%) 2,610万人 (20.4%)
5災害いずれか 約131,400km ² (34.8%) 9,442万人 (73.7%)

イプロス
技術資料ダウンロード

PDF

自然災害リスクとは?
地震リスクマネジメントの基礎知識1
【もくじ】
1. リスクとは?
2. 自然災害のリスク

起業リスクとは?起こりえるトラブルと回避するための対策


起業したいと考えている人の中には、漠然としたリスクを恐れて踏み切れない人もいるのではないでしょうか。
実際に、起業するためにはいくつものリスクが存在します。
今回は具体的に生じるリスクと対策や不安の解消方法を紹介していきます。

起業には必ずリスクがある


前提として、起業にはリスクが付きものです。起業する際のリスクとは、どういったものがあるのでしょう。
起業に関するリスクと心構えについて見ていきます。

リスクを恐れる必要はない

起業は資金面やプライベートとのバランスなど、会社員として勤務することと比べて大きなリスクをともないます。
しかし、会社員であっても倒産や仕事による体調不良などリスクはゼロではありません。
リスクを恐れるのではなく、必ず発生するものだと認識し、対策することが大切です。

リスクを怖がっていては起業などできない

まずは、 どのようなリスクがあるかを理解することが重要です。
理解できれば、リスクを課題として考えられ、起業に向けて克服する行動につなげられます。

起業するには正しいリスク対策が必要

起業には多くのリスクがともないますが、それぞれに正しい対策があります。
そして、リスク対策はトラブルが発生してからでは手遅れになってしまう場合があります。
起こりえるトラブルを事前に考え、計画を立て、リスクマネジメントをすることが成功のポイントです。

起業で起こりえるリスク


正しいリスク対策をするためには、どのようなリスクが発生するかを知ることが必要です。起業に際しては、これから紹介する4点のリスクが想定されます。

資金面のリスク

起業の準備に費用がかかる

例えば、ホームページ作成や名刺作成費用だけでなく、そのほかの備品を準備する必要があります。
また、株式会社を設立する場合は、法人登録にかかる手数料や、手続きのために必要な会社実印・会社印などを作成する費用も発生します。
成功の可能性があるビジネスモデルを用意していても、準備費用がないと起業は不可能です。

ランニングコストがかかる

資金調達がうまくいかない

事業面のリスク

収益が出ない

売掛金の回収がうまくいかない

天候や災害による影響

地震大国である日本では、いつ大地震が起こってもおかしくありません。
また、近年では新型コロナウイルス拡大による営業自粛など、感染症によるリスクも発生しています。
このような災害による影響は、中小企業ほど打撃を受けやすく、閉業に追い込まれるケースもあります。

プライベート面のリスク

健康管理がおろそかになる

仕事とプライベートの境界がなくなる

家族の理解が得られない

法律に関するリスク

業務上の過失

従業員の事故による怪我や飲食店での食中毒、物品の破損など業務上の過失もリスクにつながります。 リスクとは
このような場合、 訴訟や賠償金、業務停止処分など事業継続が困難となる事態に陥ることも想定されます。
ひとつの過失から、業務停止や閉業まで追い込まれる恐れもあるという認識が必要です。

許認可、資格の更新、法改正への対応の遅れ

対応を怠ったり、対応していても解釈に間違いがあったりすると、ルール違反となって法律に抵触する恐れがあります。
その場合、 事業継続が困難になったり、取引先からの信用を失ったりするケースも懸念されます。

起業のリスク対策に必要なことは?


起業のリスクについて紹介しましたが、正しく対策することが大切です。
ここからは、リスクマネジメントの方法を紹介します。

事業計画・資金計画をきちんと立てる

資金面のリスクは、閉業につながる危険性が高い事案です。そのため、事前に緻密な資金計画を立てる必要があります。
場合によっては、 日本政策金融公庫からの融資や都道府県からの助成金を受けることが可能です。 計画をきちんと練り、事業開始に備えることが大切です。

基本的な防災対策も

情報管理のルール・業務マニュアルなども

事前に家族に説明する

初期投資を最小限に抑える

収益がない状態で生じる初期投資は、できるだけ少なく抑えることがポイントです。
そのためには、 小規模なサービスから始め、段階的にビジネスを大きくしていくことで、初期投資を抑えられます。
最初から大規模にビジネスを開始すると、多額の初期投資もかかり、失敗した際のリスクも大きくなってしまいます。

副業で試してから独立起業する

起業に向けて会社を退職したにもかかわらず、軌道に乗らず撤退となるのは最も避けたいケースです。
そのため、まずは副業で試してうまくいったあとに独立すると、リスク軽減につながります。
副業からスタートすれば、ゼロからのスタートに比べて起業する際の見通しも立てやすくなります。

起業後のスケジュールも作成しておく

事業拡大のスケジュールと収益見込みを立てると同時に、手続き関連の対策も立てておくことが必要です。
起業にあたっては、行政への申請など複数の手続きを要します。
申請する時期には規定があり、申請に不備があると法律に抵触する恐れもあるため、事前に漏れがないようにスケジュールを立てることが大切です。

ある程度のリスクは避けられないと割り切る

起業するにあたってリスクは付きものですが、 具体的にリスクを想定し、対策を講じることは可能です。
資金面や事業面などから起こりえるケースを、事前に考えることも大切です。
周到な準備によって回避できるリスクもあるため、リスクを怖がって起業をためらうのではなく、課題として解決することが成功へのポイントになるでしょう。

起業リスクとは?起こりえるトラブルと回避するための対策


起業したいと考えている人の中には、漠然としたリスクを恐れて踏み切れない人もいるのではないでしょうか。
実際に、起業するためにはいくつものリスクが存在します。
今回は具体的に生じるリスクと対策や不安の解消方法を紹介していきます。

起業には必ずリスクがある

リスクとは リスクとは
前提として、起業にはリスクが付きものです。起業する際のリスクとは、どういったものがあるのでしょう。
起業に関するリスクと心構えについて見ていきます。

リスクを恐れる必要はない

起業は資金面やプライベートとのバランスなど、会社員として勤務することと比べて大きなリスクをともないます。
しかし、会社員であっても倒産や仕事による体調不良などリスクはゼロではありません。
リスクを恐れるのではなく、必ず発生するものだと認識し、対策することが大切です。

リスクを怖がっていては起業などできない

まずは、 どのようなリスクがあるかを理解することが重要です。
理解できれば、リスクを課題として考えられ、起業に向けて克服する行動につなげられます。

起業するには正しいリスク対策が必要

起業には多くのリスクがともないますが、それぞれに正しい対策があります。
そして、リスク対策はトラブルが発生してからでは手遅れになってしまう場合があります。
起こりえるトラブルを事前に考え、計画を立て、リスクマネジメントをすることが成功のポイントです。 リスクとは

起業で起こりえるリスク


正しいリスク対策をするためには、どのようなリスクが発生するかを知ることが必要です。起業に際しては、これから紹介する4点のリスクが想定されます。

資金面のリスク

起業の準備に費用がかかる

例えば、ホームページ作成や名刺作成費用だけでなく、そのほかの備品を準備する必要があります。
また、株式会社を設立する場合は、法人登録にかかる手数料や、手続きのために必要な会社実印・会社印などを作成する費用も発生します。
成功の可能性があるビジネスモデルを用意していても、準備費用がないと起業は不可能です。

ランニングコストがかかる

資金調達がうまくいかない

事業面のリスク

収益が出ない

売掛金の回収がうまくいかない

天候や災害による影響

地震大国である日本では、いつ大地震が起こってもおかしくありません。
また、近年では新型コロナウイルス拡大による営業自粛など、感染症によるリスクも発生しています。
このような災害による影響は、中小企業ほど打撃を受けやすく、閉業に追い込まれるケースもあります。

プライベート面のリスク

健康管理がおろそかになる

仕事とプライベートの境界がなくなる

家族の理解が得られない

法律に関するリスク

業務上の過失

従業員の事故による怪我や飲食店での食中毒、物品の破損など業務上の過失もリスクにつながります。
このような場合、 訴訟や賠償金、業務停止処分など事業継続が困難となる事態に陥ることも想定されます。
ひとつの過失から、業務停止や閉業まで追い込まれる恐れもあるという認識が必要です。

許認可、資格の更新、法改正への対応の遅れ

対応を怠ったり、対応していても解釈に間違いがあったりすると、ルール違反となって法律に抵触する恐れがあります。
その場合、 事業継続が困難になったり、取引先からの信用を失ったりするケースも懸念されます。

起業のリスク対策に必要なことは?


起業のリスクについて紹介しましたが、正しく対策することが大切です。
ここからは、リスクマネジメントの方法を紹介します。

事業計画・資金計画をきちんと立てる

資金面のリスクは、閉業につながる危険性が高い事案です。そのため、事前に緻密な資金計画を立てる必要があります。
場合によっては、 日本政策金融公庫からの融資や都道府県からの助成金を受けることが可能です。 計画をきちんと練り、事業開始に備えることが大切です。

基本的な防災対策も

情報管理のルール・業務マニュアルなども

事前に家族に説明する

初期投資を最小限に抑える

収益がない状態で生じる初期投資は、できるだけ少なく抑えることがポイントです。
そのためには、 小規模なサービスから始め、段階的にビジネスを大きくしていくことで、初期投資を抑えられます。
最初から大規模にビジネスを開始すると、多額の初期投資もかかり、失敗した際のリスクも大きくなってしまいます。

副業で試してから独立起業する

起業に向けて会社を退職したにもかかわらず、軌道に乗らず撤退となるのは最も避けたいケースです。
そのため、まずは副業で試してうまくいったあとに独立すると、リスク軽減につながります。 リスクとは
副業からスタートすれば、ゼロからのスタートに比べて起業する際の見通しも立てやすくなります。

起業後のスケジュールも作成しておく

事業拡大のスケジュールと収益見込みを立てると同時に、手続き関連の対策も立てておくことが必要です。
起業にあたっては、行政への申請など複数の手続きを要します。
申請する時期には規定があり、申請に不備があると法律に抵触する恐れもあるため、事前に漏れがないようにスケジュールを立てることが大切です。

ある程度のリスクは避けられないと割り切る

起業するにあたってリスクは付きものですが、 具体的にリスクを想定し、対策を講じることは可能です。
資金面や事業面などから起こりえるケースを、事前に考えることも大切です。
周到な準備によって回避できるリスクもあるため、リスクを怖がって起業をためらうのではなく、課題として解決することが成功へのポイントになるでしょう。

企業リスクマネージメント-初心者ガイド

ビジネスリスクの主な種類

経営戦略リスクとは、破壊的革新を行う企業など新しいテクノロジーの展開、ビジネスプロセスの紹介や変化など、新しい試みや独創的に何かを成し遂げようとしているビジネスに最も重大に関係しています。 このリスクは経営判断の失敗も意味したり、新製品の生産又は新しいサービスの収益の未達成、またマーケティング戦略の失敗も含みます。
それ以外でも、経営戦略リスクは新しい需要マーケットへの適応に失敗する企業もあります。総合的に言えば、経営戦略リスクはビジネス戦略が失敗した際の状況を表します。

1.3 コンプライアンスリスク

1.4 レピュテーションリスク

1.5 事業運営リスク

Part 2: 企業リスクマネジメント(ERM)とは?

ベン図

フローチャートを無料で書くならEdrawMax(エドラマックス)

Part 3: なぜ企業リスクマネジメントは重要なのでしょうか?

Part 4: 企業リスクマネジメント骨組みのコア構成要素

• 御社の労働環境の評価

• 経験からの学習としてのイベント参加

• 継続的なモニタリング

Part 5: 企業リスクマネジメントはどのように行うのでしょうか?

5.1 ERMの本質的価値の定義

5.2 リスクマネジメントの骨組み及び基準の多様性への理解

5.3 有益な説得

フローチャートを無料で書くならEdrawMax(エドラマックス)

Part 6: あなたのニーズに合うEdraw テンプレートを!

ビジネスリスクテンプレート

魅力的なERMプランを作成するにはEdrawMaxダイアグラムソフトウェアを使うことで容易となります。リスク評価レポートの補足や、関連するリスクを考慮した新しいプラン又はビジネス決定の視覚化も可能です。使い勝手の良いシンプルな操作のみで完全に機能的なダイナミックなプランを作成できます。膨大な量の記号、ダイアグラム、サイン、イメージ、アイコン、テンプレートを用意していますのですぐに使用が可能です。ソフトウェアは一回のみの購入となり、新たに購入するものはありません。時間を無駄にしない超高速作成のダイアグラムとプレゼンテーションが実現可能に!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる