オルタナティブ投資

信用リスクの把握

信用リスクの把握
1000円から日米株にスマホで投資できる!IPOに1株から申込可能。キャンペーンも開催

株の最大レバレッジと追証の危険性|リスクを把握して活用すべし

株の最大レバレッジと追証の危険性

西村剛(にしむらつよし)
フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。
著書に『株3年生の教科書(総合科学出版)』、『株2年生の教科書(総合科学出版)』、『実戦 空売りトレード(明日香出版社)』

ネックラインとは?正しいラインの引き方とエントリーポイント

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! 株式投資のネックラインとは 株式投資を効率良く運用…

  • 2022年4月11日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

ナンピン買いのデメリット|株買い増しタイミング

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! 株の買い増しはタイミングが重要 株の買い増しとは、…

  • 2022年6月13日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

株チャートの節目とは?着目すべき売買ポイントをわかりやすく解説

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! 株チャートの節目の意味とは 株式の情報収集や取…

  • 2021年10月29日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

時価総額とは?株式投資での使い方

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! 時価総額とは「株価×発行済み株式数」で算出されるそ…

  • 2020年12月11日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

資金ゼロから株で資産を築く方法

【限定公開】日本株がいつ上昇するのかがわかる!? ↓↓↓↓↓ 株価が上がるタイミングを確認する 間もなく無料公開終了しますのでご登録はお早めに! 最も効率的な資産運用の形 株式投資を始めとする…

リスク管理の状況

会員・利用者のみなさまに安心して当会をご利用いただくためには,より健全性の高い経営を確保し,信頼性を高めていくことが重要です。
このため,有効な内部管理態勢を構築し,直面する様々なリスクに対応すべく「リスクマネジメント基本方針」を策定し,認識すべきリスクの種類や管理体制と仕組みなど,リスク管理の基本的な体系を整備しています。また,この基本方針に基づき,収益とリスクの適切な管理,適切な資産自己査定の実施などを通じてリスク管理体制の充実・強化に努めています。
当会では,各種リスクに対応するため,常勤役員以下で構成する「リスク管理委員会」,「ALM委員会」を設置して検討・協議しています。また,リスク量の計測および与信限度額のモニタリングを担当する部署を設置するなど実施体制を整備しています。

統合的リスクマネジメント体制(信用リスク・市場リスク等)

統合的リスクマネジメント体制(信用リスク・市場リスク等)

統合的リスク管理態勢

各種リスク管理態勢

各種リスク管理態勢

法令遵守体制

コンプライアンスとは,法令やルールを厳格に遵守することをはじめ,社会的規範(倫理)を全うすることを言います。また,コンプライアンスの目的は,違法行為を事前に予防したり,未然に防止したりする仕組みを構築していくことで組織の業務運営の遵法性を高めていくことを通じて,経営の健全性を確保し社会全般からの信頼を確立していくことにあります。
当会は,与えられた社会的責任と公共的使命を果たし,JAおよび地域社会から一層の揺るぎない信頼を確保していくために,法令や社会的規範を厳格に遵守することはもとより,たとえ法令等に抵触しない場合であっても,確固たる倫理観と誠実さに基づいて公正に行動することを「基本方針」としています。
当会は,コンプライアンスの徹底を経営の最重要課題の一つとして位置づけ,「コンプライアンス基本方針」を制定するとともに,役職員として遵守すべき法令や行動規範を「コンプライアンス・マニュアル」として制定し,全役職員に周知徹底しています。
さらに,コンプライアンスに関する実践計画「コンプライアンス・プログラム」を毎年度策定し,啓蒙・教育研修活動を通じてより一層の浸透に取り組んでいます。

コンプライアンス基本方針

1. 基本的使命と社会的責任

2. 質の高いサービスの提供

3. 法令等の厳格な遵守

4. 反社会的勢力の排除,テロ等の脅威への対応

5. 透明性の高い組織風土の構築

6. 持続可能な社会への貢献

コンプライアンス運営態勢

コンプライアンス態勢全般にかかる検討・審議を行うため,理事長を委員長とするコンプライアンス委員会を設置するとともに,コンプライアンスの推進を行うため,各部署にコンプライアンス担当者を配置しています。
なお,基本姿勢および遵守すべき事項を記載した手引書「コンプライアンス・マニュアル」を制定し,研修会を開催するなど全役職員に周知・徹底しています。
また,毎年度「コンプライアンス・プログラム」を策定し,実効ある推進に努めるとともに,統括部署(リスク統括部)を設置し,その進捗管理を行っています。

コンプライアンス運営体制図

金融ADR制度への対応

苦情処理措置の内容

当会の相談・苦情等受付窓口

JAバンク相談所

紛争解決措置の内容

東京弁護士会紛争解決センター

第一東京弁護士会仲裁センター

第二東京弁護士会仲裁センター

(1)現地調停 :東京の弁護士会のあっせん人と東京以外の弁護士会のあっせん人が,弁護士会所在地と東京を結ぶテレビ会議等により,共同して解決に当たります。
(2)移管調停 :東京以外の弁護士会の仲裁センター等に事件を移管します。

内部監査体制

内部管理態勢の適切性・有効性を確保するため,被監査部署から完全に独立した部署として監査室を設置しています。また,監査の実効性確保の観点から理事長直轄とするとともに監査の有効的な機能発揮のため,可能な限り多岐の業務経験と知識を有すると認められる職員を3名配置しています。
不祥事未然防止の観点からは,年1回全役職員にコンプライアンス研修会を受講させ法令遵守の意識向上を図りつつ,自主点検等により内部牽制機能を発揮させ未然防止を講じるとともに,あわせて人事ローテーションや連続職場離脱の適正実施を行っています。これらの実施状況を踏まえ,通告監査だけでなく無通告監査を有効的に活用し,現物 ・勘定残高等の確認のみならず,事務形骸化の有無ならびに法令遵守状況の検証を実施しています。
内部監査は全部署および関連会社を対象として実施しており,リスクアセスメント結果による監査の頻度・深度を配慮した内部監査計画を策定しています。内部監査を実施する監査室に対しても,当会職員で監査室職員以外の農業協同組合監査士試験合格者または農業協同組合内部監査士資格保有者が内部監査を実施することとしています。
なお,監査結果・改善指示事項等を定期的に理事会,経営管理委員会および監事会に報告するとともに,必要に応じ改善取組状況のフォローアップ監査を実施しています。

利益調整に関する財務指標に着目した信用リスク分析-「粉飾」に起因した企業倒産の予見は可能か? | ニッセイ基礎研究所

btn-mag-b.png

帝国データバンクの『2014年度 信用リスクの把握 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査』によれば、日本においてコンプライアンス違反 1 に起因した企業倒産が増加傾向にある。特に「粉飾」 2 に該当する倒産件数が増加しており、2014年度は2005年度以降の調査で最多の88件(2008年度と比較して2倍)でコンプライアンス型倒産全体の約40%を占めている。一般的に外部から企業のコンプライアンス違反を事前に把握することは難しく、一度問題が発覚すると昨今の情報社会の発達から急速なスピードで情報が拡散していくことで、短期間に株価や債券価格の急落をもたらし、最悪の場合は倒産してしまうこともありえる。よって、債権者や投資家にとってコンプライアンス型倒産を意識した信用リスク分析は重要な課題の一つではないかと思われる。

「粉飾」に関する米国の先行研究では、利益が増加する方向に利益調整を行う企業は不正会計を起こす可能性が高いことが指摘されている。この観点から、利益調整の兆候を分析することで不正会計の検出を目指すようなモデルが提唱されている。本レポートでは、この「利益調整」に着目して、Accruals Ratio(純営業資産の変化率)を用いた分析を行うことで、業績悪化による企業倒産だけではなく、「粉飾」に起因した企業倒産も含めて信用力悪化の兆候を検出できる可能性があることについて紹介する。2000年度以降に倒産した東証一部・二部の上場企業に関して、倒産する直前の過去5年間の会計年度にわたってAccruals Ratioを分析すると、比較的信用力の高い非倒産企業とは統計的に異なる特徴があることが分かった。また、特に2006年以降において、「粉飾」起因に限らず、「過度な利益調整」に耐えきれずに企業倒産したと解釈できるケースが増えていることについても言及する。

最後に、利益調整に関する財務指標に着目した定量的な信用リスク分析手法について提案し、Accruals Ratioを用いた分析の有効性についてリスク管理モデルの観点から検証を試みる。また、AltmanのZ Scoreモデルのような通常の財務分析手法では信用力が悪化していることを捕捉するのが難しい企業に対して、本レポートの手法を使用することでその異常な兆候を検知できる可能性があることについても紹介する。

1 信用リスクの把握 帝国データバンクの資料では、コンプライアンス違反に該当するものとして「粉飾」、「業法違反」、「談合」、「資金使途不正」などが例として挙げられている。
2 帝国データバンクの資料では、「粉飾」は「不正経理や融通手形などで決算数値を過大(もしくは過小)に見せる」ことと説明している。

2――利益調整に着目した不正会計検出モデル

具体的に、Beneishは以下の8つのファクターを用いたM 信用リスクの把握 Scoreモデルを提案し、利益調整と不正会計を行う企業行動との関係について説明を試みた 3 。

M Score = -4.84 + 0.920×DSRI + 0.528×GMI + 0.404×AQI + 0.892×SGI
+ 0.115×DEPI + (-0.172) ×SGAI + 4.679×TATA + (-0.327) ×LEVI

(1)DSRI: Days Sales Receivable Index(売上債権の変化)
DSRI = [売上債権/売上高](t)÷[売上債権/売上高](t-1)
この数値が大きく上昇すると、過剰な収益認識の前倒しや架空売り上げの可能性が大きくなることが示唆される。

(2)GMI: Gross Margin Index(利益率の変化)
GMI 信用リスクの把握 = [(売上高-売上原価)/売上高](t-1)÷[(売上高-売上原価)/売上高](t)
この数値が大きいとき、利益率が低下していることを示しており、利益調整のインセンティブが経営者に働くものと解釈できる。

(3)AQI: Asset Quality Index(有形固定資産(償却なし)や無形固定資産の変化)
AQI = [1-(流動資産+有形固定資産(償却あり))/総資産](t)
÷[1-(流動資産+有形固定資産(償却あり))/総資産](t-1)
この数値が上昇すると、無形固定資産等を通じて、費用を過大に資産化している可能性が示唆される(水面下の収益性悪化が生じている可能性がありうる)。

(4)SGI: Sales Growth Index(売上高の変化)
SGI = [売上高](t)信用リスクの把握 ÷[売上高](t-1)
この数値の上昇そのものが不正を表しているわけではないものの、成長企業において不正会計を行うインセンティブがあることに依拠したもの。

(5)DEPI: Depreciation Index(減価償却費の変化)
DEPI = [償却率](t-1)÷[償却率](t)
資産の償却率が減少すると、費用認識を後ろ倒しにするような利益調整を行っている可能性が高いことが示唆される。

(6)SGAI: SGA Index(売り上げに占める販管費の変化)
SGAI = [販管費/売上高](t)÷[販管費/売上高](t-1)
この数値が上昇すると、利益調整を行う可能性が高まるかもしれないため導入したもの。

(7)TATA: Accruals to Total Asset(現金回収より先に認識した会計利益の変化)
TATA = [会計発生高](t)÷[総資産](t)
※会計発生高 = 当期利益(特別損益は含まない)-営業活動によるキャッシュフロー
この比率と不正会計の発生において正の相関があることを仮定して導入したもの。

(8)LEVI: Leverage Index(負債比率の変化)
LEVI = [負債総額/総資産](t)÷[負債総額/総資産](t-1)
この数値が上昇すると、負債による資金調達の比率が大きくなり、コベナンツ等の影響により利益調整のインセンティブが働くとの仮定に基づいて導入されたもの。

3 これらのファクターに関する日本の会計基準に対応させた解釈については、「不正会計の早期発見に関する海外調査・報告書」(大城直人, FSA Institute Discussion Paper Series, 2014年8月)を参考にした。

支払い管理とは?企業のお金の流れを把握してスムーズな経営に役立てよう

支払い管理とは?企業のお金の流れを把握してスムーズな経営に役立てよう

そもそも、企業が社会活動を行う際には、商品を製造する設備を整え、原材料費を調達し、人件費等を含めた製造コストを投下、コマーシャル活動を展開し、市場に流通させて売り上げを上げるという何段階ものステップを経なければいけません。各段階で資金を投ずる必要があり、また、売上げが得られるタイミングも不明瞭です。つまり、 信用リスクの把握 「企業の資金が今どこにどれだけあって、いつ現金化できるのか」が分かりにくい という根本的な問題を有しているのです。

この課題に対して何の対策もしなければ、 資金投入を要する経営破断に対して必要な資金を投入できないリスク が生じ、また、気が付かないうちに 資産が損失・価値減少のリスク に晒されるでしょう。ひいては、 信用リスクの把握 企業の存続自体に影響 を及ぼしかねません。

そこで、 支払い管理を適切に行うことで、キャッシュの効率的な運用を実現し、資金コントロール力を高めるのが重要 となります。例えば、無駄な在庫を抱えない、売上債権の回収スピードを早める、資金余力を考慮した仕入債務の支払い期日を取引条件に設定する、余剰資金を運用する、などのマネジメントがこれに該当します。

以上のように、健全な企業経営のためには、 企業におけるキャッシュ残高を正確にマネジメントし、常に自社でコントロールする必要に迫られる ため、支払い管理が重要と考えられます。

支払い管理で重要なのは買掛金管理

支払い管理で重要なのは買掛金管理(債務管理) です。なぜなら、買掛金・債務というものは、債権者に対して支払い義務を負っているものであるため、この義務を履行できなければ、企業に対する社会的評価だけではなく、 法的なリスクにも晒される からです。

もちろん、自社の有する売掛金債権を管理することが重要ではない、ということではありません。売掛金債権に関する履行期・債権価額などを正確にマネジメントできなければ、企業に入ってくるお金が分からなくなるからです。ただし、売掛金債権の充足は企業の収益算定のために重要なだけではなく、 売掛金債権の充足は買掛金・債務を弁済するための費用にできる という大きな意味合いがある点を看過すべきではありません。

したがって、支払い管理では、経常的な業務活動がスムーズに行われるようにキャッシュを手当てすることが重要であると同時に、より本質的には、会社における キャッシュ不足が原因で、負担している支払義務・返済義務を履行できなくなる事態を防ぐことこそ主たる課題 と言えます。

支払い管理に失敗すると生じるリスク

支払い管理が不十分だと、以下のようなリスクが生じます。 法的リスク・社会的リスクだけではなく、自社における経営判断にさえ悪影響を及ぼしかねない ので、注意が必要です。

支払い期日に資金を用意できない

まず、返済日が迫っているのに資金を用意できず、 返済に間に合わないリスク が生じます。

返済期日に間に合わなければ、債務不履行状態に陥るということです。返済期日以降の 利息や遅延損害金の支払い も追加で行わなければいけませんし、 会社資産に対する強制執行等のリスクに拡大 する可能性もあります。

社会的信用の失墜

次に、杜撰な支払い管理によって支払いが滞ると、 取引先や株式市場における信用を失う ことになります。

企業活動への悪影響

さらに、支払い管理が不十分では、 企業活動自体にも悪影響 が生じかねません。

例えば、今準備できる資金、数ヶ月後に準備できる資金が分からなければ、将来的な 設備投資や人材投資にどれだけの費用を投入できるかの目安 さえ立てることができません。新事業への参入を視野に入れるにも、資金が分からなければ計画内容自体が曖昧なものになりかねません。融資を受けるにしても、 融資幅のイメージ さえ掴めないでしょう。

また、支払い管理で過去の取引履歴が分からなければ、今後の 取引金額の妥当性 信用リスクの把握 を検討することも難しくなります。企業の社会活動では、新規の取引先と折衝を重ねる機会も少なくないはずです。その中で、見積もり条件の妥当性を想定し、内容の可否決定が適切に行えないリスクも生じます。

支払い管理の方法とは?実務におけるコツを紹介

適切な支払管理台帳を作成すること

一般的な企業において行われる支払い管理方法として、 支払い管理台帳の作成 が挙げられます。Excelや専用ソフトを活用して、企業が抱えているすべての債権債務を一元的に管理します。

支払管理台帳の記入項目

・管理番号 信用リスクの把握
・取引の内容(取引先名・取引区分・取引金額など)
・債権債務の内容(支払期日・支払方法・支払先など)
・勘定科目
・支払済みチェック項目

企業が抱えている債権債務は内容も種類も多様です。売掛金・受取手形・貸付金などの債権、買掛金・支払手形・借入金などの債務、というように、ジャンルも内容もバラバラです。滞りなく債権を回収し、また、支払期日までに債務を弁済するためには、 誰がいつ見ても分かりやすい形で支払管理台帳を作成 しなければいけません。

棚卸資産を見落とさないこと

さらに、支払管理のためには、 棚卸資産の管理も重要 です。なぜなら、 棚卸資産が販売されるまでは、ずっと会社のなかにキャッシュが滞っている状態 だからです。

支払い管理に実効力をもたせるためのポイント

支払い管理とは、 企業が抱える債務関係を正確に把握して、企業の財務状況を正しく運用 するために資するものです。その実効性をさらに高めるためには、資産管理運用を的確に処理するだけではなく、以下のポイントを押さえれば更に実効性を高めることができます。

キャッシュ・コンバージョン・サイクル(CCC)

キャッシュ・コンバージョン・サイクルとは、 企業が原材料や商品仕入などへ現金を投入してから最終的に当該商品が現金化されるまでの日数 を示しています。実務における投下資本の流れを具体的に見ることで、CCCの重要性を考えてみましょう。

まず、棚卸資産の仕入れから買掛金の支払いまでの間、企業は支払いの猶予を受けています。買掛金を支払ってから売掛金を回収するまでの期間内については、投下資本は、棚卸資産販売までは棚卸資産に投入された形で、棚卸資産販売後、売掛金の回収までは売上債権の形で寝てしまっています。この“投下資本が寝ている期間”、つまり、 CCCはできるだけ短い方が企業における資金流動性は活性化 すると考えられるので、 支払い管理の効率性を上げるという意味では、CCCをマネジメントする視点が極めて重要 となります。

統合基幹業務システム・経営資産計画(ERP)

支払い管理の実効性を上げるための手法として注目されているのが、 ERP(Enterprise Resource Planning)を活用して、支払い管理を一元的にシステム化 することです。

このような 管理業務を一元的にシステム化してしまえば、企業における管理業務の作業工程が飛躍的に減少 するので、業務効率性が向上されます。また、クラウドシステムにおいて管理体制を統一してしまえば、企業における情報資源の見える化が進むので、経営意思決定の迅速化にまで役立つでしょう。

クラウドで一元管理することに対してはセキュリティ面への不安が課題となりますが、クラウド管理システムサービス会社の 各製品におけるセキュリティレベルは日々飛躍的に進化 しているので、少なくとも自社内で監視体制を構築するよりも安全でしょう。この機会にぜひ導入をご検討ください。

信用取引の始め方は?証券会社選びや銘柄選びなど手順に沿って解説

PayPay証券

1000円から日米株にスマホで投資できる!IPOに1株から申込可能。キャンペーンも開催

ファンディーノ

株式投資型クラウドファンディング・ファンディーノ

IPOやバイアウトを目指す急成長企業に数万円から投資可能!ESG企業の募集案件も多数

株式投資の最新ニュース

  • 2022/6/162022.6.16 マーケットレポート【FRBが予想通り0.75%の利上げへ】
  • 2022/6/16「中国経済は2023年に回復の可能性」シュローダーが予測
  • 信用リスクの把握 信用リスクの把握
  • 2022/6/15Fan、仲介口座数延べ1.5万・預かり資産残高800億円を突破。インフォグラフィックス公開
  • 2022/6/152022.6.15 マーケットレポート【FOMC前にドル高が進行】
  • 2022/6/14オリコン、顧客満足度調査で金融系6サービスのランキング発表。各分野の総合1位は?

株式投資の人気コラム

HEDGE GUIDE 編集部 株式投資チームは、株式投資に関する知識が豊富なメンバーが株式投資の基礎知識から投資のポイント、他の投資手法との客観的な比較などを初心者向けにわかりやすく解説しています。/未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる