無料講座

目先の上昇を想定した売り

目先の上昇を想定した売り
© Reuters.

今週はスピード調整が終わるのを確認すること。27000~28250円のレンジを想定

今週は、4日から60年ぶりの改革といわれる東証再編がスタートし、「プライム」「スタンダード」「グロース」の3市場区分となります。
しかし、実質は横すべりの銘柄が多く、“当初は株価面であまり大きな変化はないのではないか”とみられています。
今週は、引き続きウクライナ情勢を背景に米国の3月雇用統計を受けての日経平均の動きとなります。4月1日(金)に東京市場は名実ともに新年度入りしましたが、この日は3月相場での急激な戻りの反動から3日続落となり、一時▲421円の27399円まで下げて終値は▲155円の27665円でした、目先の上値は3月25日の28338円の高値となりますが、この水準には200日移動平均線(3月31日時点28255円)がありますので、ここが上値のメドと意識されることになります。

(指標)日経平均

先週の予測では、3月25日に28338円まで上昇したことで、この水準から上値は重く一服するところとしました。
29日(火)の権利取り最終日を境に買いは一巡してくるとしました。
結果的に29日(火)に一時△283円の28227円まで上昇し、利益確定売りで上げ幅を縮小するものの、大引けにかけて配当に絡んだ買いが膨らみ△308円の28252円と高値引けとなりました。ここから3日連続の下落となり、4月1日(金)は一時▲421円の27399円まで下げ終値は▲155円の27665円でした。

(指標)NYダウ

先週の予測では、四半期末で月末に向けた大規模なリバランスが予想されており、週末の3月雇用統計では失業率の一段の低下の予想で株価の上昇も想定されますが、チャート上では35000ドル台では上値が重くなるとしました。
週前半の3月29日(火)までは、ウクライナとロシアの停戦交渉進展期待や原油相場の下落で、NYダウは4日続伸となり、△338ドルの35294ドルとなりました。しかし、3指標の戻り売りや原油価格の再上昇で3月30日(水)は5日ぶりの反落、さらに31日(木)のNYダウは▲550ドルと四半期では2年ぶりの大幅安となりました。
ロシアとウクライナ戦争の行方が不透明であり、FRBの利上げは加速観測もあり、株価の上値は重たくなるものの、第2四半期に入り新規投資が相殺することになりそうです。4月は税還付金などの新たな資金が流入し、1年を通じると相場が最も上昇する月でもあります。
先週は、3月29日に35372ドルをつけたところで31日に550ドルの大幅下落となりましたが、需給関係からの下げで戻りを試す動きとなりそうです。チャートからは36000ドル水準からが上値が重くなるところです。

今日の為替市場ポイント:米長期金利上昇を意識してドル売り縮小も

外国為替 2022年03月25日 08:30

今日の為替市場ポイント:米長期金利上昇を意識してドル売り縮小も

© Reuters.

24日のドル・円は、東京市場では120円95銭から121円75銭まで上昇。
欧米市場では、121円47銭まで下げた後、122円41銭まで上昇し、122円33銭で取引終了。
本日25日のドル・円は主に122円台で推移か。
米長期金利の上昇を意識してドル売り・円買いは目先的に縮小するとみられる。

24日の米国債券市場では10年債などの利回り水準が上昇。
この日発表された米新規失業保険申請件数は18.7万件と市場予想を下回ったこと、3月S&Pグローバル製造業PMI、同サービス業PMIは市場予想を上回ったことなどが意識されたようだ。
市場関係者の間からは「雇用拡大や高インフレを考慮して5月と6月の連邦公開市場委員会(FOMC)の会合で0.5ポイントの利上げが決定される可能性が高い」との声が聞かれている。
為替については、日本銀行は現行の金融緩和策を当面維持するとみられており、日米金利差の拡大を想定したドル買い・円売りがただちに縮小する可能性は低いとみられる。

個人投資家・有限亭玉介:メタバース、NFT関連の出遅れ株は?思惑の注目株【FISCOソーシャルレポーター】

円安に「断固たる措置」を【フィスコ・コラム】

来週の相場で注目すべき3つのポイント:米CPI、米金融大手決算、米中小売売上高など

■株式相場見通し予想レンジ:上限26800円-下限25500円来週の東京株式市場は神経質な展開か。 イベントが多く、振れ幅の激しい展開が想定される。 米6月雇用統計では雇用者数と平.

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 目先の上昇を想定した売り
  • 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語での コメントのみ許されています。

目先の上昇を想定した売り
日経平均株価26,517.19+26.66+0.10%
日経225先物 (F)26,800.0+310.0+1.17%
韓国総合株価指数2,350.61+16.34+0.70%
NYダウ31,338.15-46.40-0.15%
独DAX13,015.目先の上昇を想定した売り 23+172.01+1.34%
S&P/ASX 2006,678.00+30.00+0.45%
米ドル指数106.690-0.269-0.25%
1,740.90+1.20+0.07%
原油 WTI104.80+2.07+2.01%
19.242+0.054+0.28%
米国綿花2番95.70+3.82+4.16%
排出権82.69-2.23-2.63%
米国シカゴコーン635.25+26.25+4.31%
米国コーヒー219.98+1.08+0.49%
目先の上昇を想定した売り
ドル/円136.12+0.14+0.10%
ドル/ウォン1,294.80-3.15-0.24%
ユーロ/ドル1.0187+0.0028+0.28%
ユーロ/円138.60+0.47+0.目先の上昇を想定した売り 34%
トルコリラ/円7.8777+0.0054+0.目先の上昇を想定した売り 07%
豪ドル/円93.35+0.38+0.40%
ポンド/円163.80+0.34+0.21%
大塚ホールディングス4,879.0-121.0-2.42%
ソフトバンクグループ5,400.0+12.0+0.22%
トヨタ自動車2,111.0+6.0+0.29%
三菱UFJフィナンシャル・グループ724.6+10.9+1.53%
ブイ・テクノロジー2,827.0+58.0+2.09%
東芝5,408.0+6.0+0.11%
みずほフィナンシャルグループ1,559.0+19.0+1.23%

来週の相場で注目すべき3つのポイント:米CPI、米金融大手決算、米中小売売上高など

ブリンケン米国務長官、11日に急きょ来日 安倍氏追悼

コラム:物価上昇3%に現実味、5つの押し上げ要因 政府・日銀の対応に影響

イエレン米財務長官、横浜港への訪問中止 安倍氏銃撃受け

安倍元首相の警備、「問題否定できず」と奈良県警本部長

ダウンロードするApp store

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

東京株式(前引け)=反発、押し目買い優勢も上値重い展開

東京株式(前引け)=反発、押し目買い優勢も上値重い展開

7日前引けの日経平均株価は前営業日比191円01銭高の2万6298円66銭と反発。前場のプライム市場の売買高概算は5億9791万株、売買代金概算は1兆3762億円。値上がり銘柄数は1088、対して値下がり銘柄数は662、変わらずは87銘柄だった。

個別ではプライム市場で断トツの売買代金をこなしたレーザーテック が堅調、トヨタ自動車 もしっかり。イオン が商いを伴い大幅高に買われたほか、ブイキューブ も物色人気。キーエンス も上昇した。わらべや日洋ホールディングス がストップ高に買われ、横浜ゴム などの上げ足も目立つ。半面、任天堂 が安く、オリエンタルランド も売りが優勢。大阪チタニウムテクノロジーズ も大きく値を下げた。テイクアンドギヴ・ニーズ が急落、KLab も大幅安。ラウンドワン なども大きく売られた。

関連銘柄の最新ニュース

新着ニュース

初心者おすすめ記事

ネット証券を徹底比較

株初心者入門

ロボアドの選び方

ポイント投資とは?

少額投資ではじめる株式投資

証券会社の選び方とは?

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

投資コラム・特集
ヤフーファイナンスお勧め
関連サイト

最新投稿日時:2022/07/07 11:47 - 「東京株式(前引け)=反発、押し目買い優勢も上値重い展開」(みんかぶ)

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

東京株式(前引け)=反発、押し目買い優勢も上値重い展開

東京株式(前引け)=反発、押し目買い優勢も上値重い展開

7日前引けの日経平均株価は前営業日比191円01銭高の2万6298円66銭と反発。前場のプライム市場の売買高概算は5億9791万株、売買代金概算は1兆3762億円。値上がり銘柄数は1088、対して値下がり銘柄数は662、変わらずは87銘柄だった。

個別ではプライム市場で断トツの売買代金をこなしたレーザーテック が堅調、トヨタ自動車 もしっかり。イオン が商いを伴い大幅高に買われたほか、ブイキューブ も物色人気。キーエンス も上昇した。わらべや日洋ホールディングス がストップ高に買われ、横浜ゴム などの上げ足も目立つ。半面、任天堂 が安く、オリエンタルランド も売りが優勢。大阪チタニウムテクノロジーズ も大きく値を下げた。テイクアンドギヴ・ニーズ が急落、KLab も大幅安。ラウンドワン なども大きく売られた。

関連銘柄の最新ニュース

新着ニュース

初心者おすすめ記事

ネット証券を徹底比較

株初心者入門

ロボアドの選び方

ポイント投資とは?

少額投資ではじめる株式投資

証券会社の選び方とは?

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

投資コラム・特集
ヤフーファイナンスお勧め
関連サイト

最新投稿日時:2022/07/07 11:47 - 「東京株式(前引け)=反発、押し目買い優勢も上値重い展開」(みんかぶ)

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

目先の上昇を想定した売り

■大阪有機化学工業 <4187>2,617円 +321 円 (+14.0%) 11:30現在 東証プライム 上昇率トップ
大阪有機化学工業<4187>が続急伸して一時、前日比370円(16.1%)高の2666円に買われている。7日の取引終了後に発表した第2四半期累計(21年12月~22年5月)連結決算が、売上高161億4400万円、営業利益33億2000万円(前年同期比16.8%増)、純利益24億4800万円(同9.0%増)と2ケタ営業増益となったことが好感されている。会計基準の変更に伴い売上高の前期との増減率の開示はないものの、自動車減産の影響で自動車用塗料向け化成品の販売が低調に推移した。一方、UVインクジェット用インク向けや光学用粘着剤向けの販売は堅調だったほか、ArFレジスト用原料の販売が引き続き好調に推移し、営業利益は上期として過去最高となった。なお、22年11月期通期業績予想は、売上高330億円、営業利益59億円(前期比0.8%増)、純利益42億円(同16.0%減)の従来見通しを据え置いている。同時に上限を30万株(発行済み株数の1.34%)、または6億円を上限とする自社株買いを実施すると発表しており、これも好材料視されている。取得期間は7月8日から9月30日までで、資本効率を高めることを通じて企業価値の向上を図ることが目的としている。

■USENHD 2,184円 +208 円 (+10.5%) 11:30現在 東証プライム 上昇率4位
USEN-NEXT HOLDINGSが大幅に3日続伸となっている。同社は7日取引終了後に、22年8月期第3四半期累計(21年9月~22年5月)の連結決算を発表。営業利益は前年同期比7.9%増の135億3000万円となり、通期計画の170億円に対する進捗率は79.6%となった。売上高は同13.5%増の1747億1200万円で着地。コンテンツ配信事業でユーザー数の純増基調を維持したことや、通信事業で法人向けICTの顧客基盤が順調に拡大したことなどが寄与した。なお、通期業績予想は従来計画を据え置いている。

■BEENOS 2,404円 +184 円 (+8.3%) 11:30現在 東証プライム 上昇率6位
BEENOSが大幅高、一時9%近い上昇で2400円台に乗せた。6月末につけた戻り高値2493円を視界に捉えている。また、年初来高値は大発会につけた2500円で、同時に新高値圏突入も意識される場面にある。eコマース事業を手掛けるが、収益の主柱を担っているのは越境ECで、ここ成長が鮮明となっている。特に、日銀による大規模金融緩和策の維持を背景に足もとで円売りの動きが強まっており、1ドル=136円台近辺まで円安が進行していることは、「海外の利用者からみれば安い買い物ができるという点で需要が高まり、同社にとって顧客の増加につながる」(中堅証券ストラテジスト)という指摘もある。

■ウェルスナビ 2,006円 +114 円 (+6.0%) 11:30現在
7日に発表した「千葉銀と業務提携」が買い材料。
千葉銀行 [東証P]と業務提携。千葉銀の顧客向けに全自動の資産運用サービスを提供する予定。

■INPEX 1,393円 +55 円 (+4.1%) 11:30現在
INPEXや石油資源開発、ENEOSホールディングスといった石油関連株が高い。7日の米原油先物相場はWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の8月限が前日比4.20ドル高の1バレル=102.73ドルと3日ぶりに急反発した。原油市場の需給引き締まりは続くとの観測から買いが強まった。世界的な景気後退懸念で足もとではWTI価格が急落していただけに、値頃感も台頭していた。この原油価格の上昇を受け、INPEXなどに買いが流入している。

■東京エレクトロン 44,160円 +1,340 円 (+3.1%) 11:30現在
東京エレクトロン、レーザーテックなど半導体製造装置関連株が買い人気となり戻り足を継続。前日の米国株市場ではグロース株への買い戻しが続くなか、半導体セクターに大きく上値を伸ばす銘柄が相次いだ。画像処理半導体大手のエヌビディアや半導体製造装置トップのアプライド・マテリアルズなどがいずれも5%近い上昇を示し、フィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)も100ポイントを超える大幅高で3連騰となった。この地合いを東京市場も引き継ぐ形となっている。一方、ETF決算日に絡む高水準の売り需要が上値を押さえる要因となりやすく、買い一巡後の動向にも注目が集まる。

■日本郵船 9,450円 +270 円 (+2.9%) 11:30現在
日本郵船、商船三井、川崎汽船など大手海運株が軒並み大きく買われており、業種別騰落でも「海運」は33業種中で首位を争う状況にある。中国政府が日本円にして約30兆円規模の経済政策を打ち出すとの観測が出ており、前日の欧州株市場は全面高の様相となったが、中国の大規模な景気刺激策はグローバル物流にも強力な追い風となるとの見方がポジティブに働いている。海運セクターの株価はここコモディティ価格の下落と歩調を合わせ調整局面にあったが、きょうは値ごろ感からの買いが活発となった。

■日経レバ 13,500円 +365 円 (+2.8%) 11:30現在 目先の上昇を想定した売り
NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信が続伸、前日比385円高の1万3520円まで買われる場面があった。日経平均株価に連動するETFで、価格変動率が日経平均の2倍に設定されているのが特徴。個人投資家からの注目度が高く、きょうは全体相場の地合いが強気に傾いていることで、ボラティリティの高さに着目した目先値幅取り狙いの買いを誘っている。売買代金は1200億円超に達し、全市場を通じてトップとなっている。一方、日経平均の動きとは逆方向に連動するNEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信の方は下値模索の展開を強いられている。こちらはフシ目の400円ラインを取引時間中としては7営業日ぶりに下回った。サポートラインとなっていた25日移動平均線を大陰線で下回る状況にある。

■東電HD 618円 +8 円 (+1.3%) 11:30現在
東京電力ホールディングスが4日ぶりに切り返してきた。週明け4日に75円高と値を飛ばしたが、その後は目先筋の利益確定売りや空売り筋の売り乗せで下値を試す展開となっていた。柏崎刈羽原発の再稼働に向けた思惑が物色人気の原動力だが、一方でショートポジションを積み上げる動きも活発化している。直近1日申し込み現在の信用取組状況は、売り残が急増する一方、買い残を大きく減らしており、信用倍率1.03倍とまさに売り買い拮抗した状態にある。更に、日証金(証金残)も売り長状態に拍車がかかっており、7日現在の貸借倍率は0.48倍まで低下、需給相場の様相を一段と強めている。

■C&R 2,150円 +27 円 (+1.3%) 11:30現在
クリーク・アンド・リバー社がしっかり。7日の取引終了後に発表した第1四半期(3~5月)連結決算で、売上高113億7100万円(前年同期比7.3%増)、営業利益16億8700万円(同37.1%増)、純利益12億4400万円(同41.3%増)と大幅増益となったことが好感されている。国内クリエイティブ分野におけるプロデュース事業や電子書籍、YouTubeなどのライツマネジメント事業、国内クリエイティブ分野並びに医療分野におけるエージェンシー事業などが好調に推移した。23年2月期通期業績予想は、売上高440億円(前期比5.3%増)、営業利益40億円(同17.2%増)、純利益25億円(同12.4%増)の従来見通しを据え置いている。同時にクリエイティブ分野の子会社「Nextrek(ネクストレック)」を設立すると発表した。新会社はC&Rが65%を出資し、漫画に音楽や音声を融合した動画「モーションコミック」の開発と、YouTubeや自社プラットフォームなどでの収益化事業を展開する。なお、同件による業績への影響は軽微としている。

■ファナック 22,125円 +245 円 (+1.1%) 11:30現在
ファナック、安川電機などFA関連や、コマツ、日立建機といった建機株に投資資金が流入している。中国政府が大規模な経済政策を打ち出すとの観測から、前日の欧州株市場は全面高となったが、東京市場でも中国関連に位置付けられる銘柄群にビジネスチャンス拡大を見込んだ買いが入っている。中国では日本円で約30兆円相当の特別債を発行しインフラ投資を加速させる方向にあることが伝えられており、これに伴い中国向け売上比率の高い日本メーカーには追い風が意識されている。なお、きょう引け後には安川電の22年3~5月期決算発表が予定されており、この内容にもマーケットの関心が高い。

■オートバックスセブン 目先の上昇を想定した売り 1,408円 +5 円 (+0.4%) 11:30現在
オートバックスセブンは続伸。7日の取引終了後に発表した6月度の月次売上概況(速報)で、既存店売上高が前年同月比1.5%増と7カ月連続で前年実績を上回ったことが好感されている。新車の減産による影響があったものの、既存車のメンテナンス需要により、タイヤやオイル、バッテリーは堅調に推移した。また、中古車の単価上昇などを背景に車買取・販売は引き続き好調だった。なお、全店売上高は同1.5%増だった。

■セブン&アイ 5,目先の上昇を想定した売り 379円 +19 円 (+0.4%) 11:30現在
セブン&アイ・ホールディングスが続伸している。7日の取引終了後、23年2月期の連結業績予想について、売上高を9兆6530億円から10兆4130億円(前期比19.0%増)へ、営業利益を4300億円から4450億円(同14.8%増)へ、純利益を2400億円から2470億円(同17.2%増)へ上方修正したことが好感されている。21年5月に買収した米スピードウェイ社とのシナジーが出た海外コンビニエンスストア事業が想定を上回って推移しているという。また、想定為替レートを1ドル=114円から127円へ、1元=16円から19円へ見直したことも寄与する。なお、同時に発表した第1四半期(3~5月)決算は、売上高2兆4473億円(前年同期比57.3%増)、営業利益1023億6700万円(同32.1%増)、純利益650億3900万円(同51.2%増)だった。

■SHIFT 19,450円 -1,320 円 (-6.4%) 11:30現在 東証プライム 下落率トップ
SHIFTは大幅反落している。7日の取引終了後に発表した第3四半期累計(21年9月~22年5月)連結決算は、売上高470億400万円(前年同期比42.9%増)、営業利益52億7600万円(同99.7%増)、純利益37億1500万円(同95.4%増)と大幅増益となったものの、目先の材料出尽くし感から売られているようだ。注力業界に位置づけていた金融・流通業界に加えて、製造業・通信業などの顧客に対して長期的な関係構築を視野に入れたプロジェクトへの参画が進み、エンタープライズ市場の売上高が大幅に伸長した。また、既存顧客からの売り上げが増加したことでエンターテインメント市場の売上高も拡大した。なお、22年8月期通期業績予想は、売上高645億円(前期比40.2%増)、営業利益69億円(同72.7%増)、純利益45億円(同59.7%増)の従来見通しを据え置いている。

■キユーピー 2,291円 -85 円 (-3.6%) 11:30現在 東証プライム 下落率5位
キユーピーが反落している。7日の取引終了後に発表した第2四半期累計(21年12月~22年5月)連結決算が、売上高2075億2300万円(前年同期比4.3%増)、営業利益142億4100万円(同1.8%減)、純利益88億8900万円(同7.6%減)となり、営業利益が第1四半期の6.5%増益から減益に転じたことが嫌気されている。海外での売り上げ伸長に加えて、業務用における外食需要減少の影響が前期より回復したことで増収となった。売上高の増加や価格改定効果があったものの、食油や鶏卵など主原料価格の高騰による影響があり、減益を余儀なくされた。22年11月期通期業績予想は、売上高を従来予想の4150億円から4300億円(前期比5.6%増)へ上方修正したが、営業利益260億円(同7.0%減)、純利益157億円(同12.8%減)は従来見通しを据え置いている。

■ ダイドーリミテッド 183円 +50 円 (+37.6%) ストップ高 11:30現在
ダイドーリミテッドが急騰。アパレルの中堅だが不動産部門の収益貢献度が高い。ただ、業績は新型コロナウイルスの影響もあって低迷が続いている。そうしたなか、同社は7日取引終了後、子会社が保有するダイドーリミテッドビルの売却に伴い、23年3月期第4四半期に売却益約100億円を特別利益に計上することを発表、これを材料視する買いが集中した。株価が100円台と低位にあることで個人投資家を中心とした短期資金の参戦を誘っている。

●ストップ高銘柄
ムラキ 1,741円 +300 円 (+20.8%) ストップ高 11:30現在
アエリア 540円 +80 円 (+17.4%) 目先の上昇を想定した売り ストップ高 11:30現在
など、3銘柄

本画面にて提供する情報について
本画面に掲載されている情報については、(株)ミンカブ・ジ・インフォノイドが配信業者です。
本サービスに関する著作権その他一切の知的財産権は、著作権を有する第三者に帰属します。情報についての、蓄積・編集加工・二次利用(第三者への提供等)・情報を閲覧している端末機以外への転載を禁じます。
提供する情報の内容に関しては万全を期していますが、その内容を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社及び情報提供者は一切責任を負いかねます。
本サービスは、配信情報が適正である事を保証するものではありません。また、お客様は、本サービスを自らの判断と責任において利用するものとし、お客様もしくは第三者が本サービスに関する情報に基づいて判断された行動の結果、お客様または第三者が損害を被ることがあっても、各情報提供元に対して何ら請求、また苦情の申立てを行わないものとし、各情報提供元は一切の賠償の責を負わないものとします。
本サービスは予告なしに変更、停止または終了されることがあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる