外国為替に関する取引戦略

移動平均線とForceIndexとCCIになります

移動平均線とForceIndexとCCIになります
株の分析手法にはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の2種類があります。過去の値動きから考えるのがテクニカル分析、企業業績等を使って分析するのがファンダメンタルズ分析です。

コピペで作れる!MT4でFX自動売買システム(EA)大辞典

double iStochastic(string symbol, int timeframe, int %Kperiod, int %Dperiod, int slowing, int method, int price_field, int mode, int shift)
%Kperiod:%Kラインの期間
%Dperiod:%Dラインの期間
slowing:スロー値
price_field:価格フィールドのパラメータ。次の値のいずれかを指定できます:0 - 安値/高値 移動平均線とForceIndexとCCIになります もしくは、1 - 終値/終値。
インディケーター ライン識別子
MODE_MAIN:0:インディケーターの基本線
MODE_SIGNAL:1:シグナル線


double Stochastic_MAIN = iStochastic(NULL, 0, 5, 3, 3, MODE_SMA, 0, MODE_MAIN, 0);
double Stochastic_SIGNAL = iStochastic(NULL, 0, 5, 3, 3, MODE_SMA, 0, MODE_SIGNAL, 0);

テンプレート
extern string Stochastic_Parameters="---Stochastic---";
extern int Kperiod = 5;
extern int Dperiod = 3;
extern int slowing = 3;
extern string Ma_Type="----SMA0-EMA1-SMMA2-LWMA3";
extern int MA_MODE = 0;
extern double Stoc_Level_UPPER = 70;
extern double Stoc_Level_LOWER = 30;

double Stoc_MAIN0 = iStochastic(NULL, 0, Kperiod, Dperiod, slowing, MA_MODE, 0, MODE_MAIN, 0);
double Stoc_SIGNAL0 = iStochastic(NULL, 0, Kperiod, Dperiod, slowing, MA_MODE, 0, MODE_SIGNAL, 0);
double Stoc_MAIN1 = iStochastic(NULL, 0, Kperiod, Dperiod, slowing, MA_MODE, 0, MODE_MAIN, 1);
double Stoc_SIGNAL1 = iStochastic(移動平均線とForceIndexとCCIになります NULL, 0, Kperiod, Dperiod, slowing, MA_MODE, 0, MODE_SIGNAL, 移動平均線とForceIndexとCCIになります 1);

ストキャスが70以上でデッドクロス
Stoc_MAIN0 >= Stoc_Level_UPPER && Stoc_MAIN0 = Stoc_SIGNAL1

ストキャスが30以下でゴールデンクロス
Stoc_MAIN0 Stoc_SIGNAL0 && Stoc_MAIN1 RVI_SIGNAL0 && RVI_MAIN1 = RVI_SIGNAL1

Relative Strength Index (RSI・相対力指数)

  • 2010-05-23(20:52) /

Relative Strength Index (RSI) は過去一定期間の変動幅に対して、どれほど上昇したかを割合で表示する指標です。
RSIがとりうる値は0%~100%になります。
一般的に70%以上であれば買われすぎ、30%以下であれば売られすぎと考えて売買シグナルを判断します。

double iRSI(string symbol, int timeframe, int period, int applied_price, int shift)


double RSI = iRSI(NULL, 0, 14, PRICE_CLOSE, 0);

テンプレート
extern string RSI_Parameters="---RSI---";
extern int RSI_period = 14;
extern double RSI_Level_UPPER = 70;
extern 移動平均線とForceIndexとCCIになります double RSI_Level_LOWER = 30;

double RSI0 = iRSI(NULL, 0, RSI_period, PRICE_CLOSE, 0);
double RSI1 = iRSI(NULL, 0, RSI_period, PRICE_CLOSE, 1);

テクニカル分析で相場の流れをつかもう!具体的な分析手法を紹介

テクニカル分析とは株の分析手法のひとつ

株の分析手法にはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の2種類があります。過去の値動きから考えるのがテクニカル分析、企業業績等を使って分析するのがファンダメンタルズ分析です。

2種類の株の分析手法

テクニカル分析は過去の値動きから考える

ファンダメンタルズ分析は企業業績等を使う

テクニカル分析で使う指標には2種類ある

テクニカル分析で使う指標にはトレンド系とオシレーター系の2種類あり、相場の流れや方向性を判断するために使うのがトレンド系テクニカル指標、買われ過ぎや売られ過ぎを判断するために使うのがオシレーター系テクニカル指標です。

1.トレンド系テクニカル指標

移動平均線

一目均衡表とは、相場が買い方と売り方の均衡が崩れたときに大きく動くことに着目して、どちらが優勢なのか均衡関係を一目でわかるようにしたテクニカル指標です。

2.オシレーター系テクニカル指標

MACD

RSI

テクニカル分析3つのメリット

テクニカル分析のメリット

1.株価チャートは視覚的で分かりやすく分析しやすい

2.経済や財務諸表の知識がなくても分析できる

3.プロと個人投資家で情報量の差が小さい

テクニカル分析3つのデメリット

テクニカル分析のデメリット

  1. 事象に対応できない
  2. 複数の指標で違うシグナルが出る場合がある
  3. 分析結果が常に正しいとは限らない

1.株価の急落など突発的な事象に対応できない

2.複数の指標で違うシグナルが出る場合がある

3.分析結果が常に正しいとは限らない

テクニカル分析を実際に使う場合の注意点

テクニカル分析の注意点

テクニカル分析を活用して投資銘柄を探そう

テクニカル分析を活用して投資銘柄を探そう

【株初心者向け】株式投資の始め方や勉強しておきたい3つのことなどを解説

株の売り時の見極めポイント4つや注意点、分析ツールを解説

株の買い方や証券会社選びのポイント、注文方法の種類や違いを解説

MONEY HUB PLUS 編集部

未来につながる投資情報メディア「Money Hub Plus(マネハブ)」の編集部です。 移動平均線とForceIndexとCCIになります
みなさまの資産形成に役立つ情報を日々発信しております。

資産運用セミナー オンラインでも開催!投資信託相談プラザ

資産運用に役立つ情報配信中!投資信託相談プラザ Youtube公式チャンネル

限定セミナーや最新情報をお届け!メールマガジン登録受付中!|ご相談無料の投資信託相談プラザ

AIが株の買い時・売り時をサポート!アルパカロボはこちら

AIが株の買い時・売り時をサポート!アルパカロボはこちら

商号等:株式会社Fan 金融商品仲介業者 登録番号:北陸財務局長(金仲)第35号
当社は所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
当社は金融商品仲介業に関してお客様から直接金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。

【所属金融商品取引業者等】
株式会社SBI証券 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本STO協会
楽天証券株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第195号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
ウェルスナビ株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第2884号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
AlpacaJapan株式会社 金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第3024号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会
ソニー銀行株式会社 登録金融機関 登録番号:関東財務局長(登金)第578号 移動平均線とForceIndexとCCIになります
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

【シンプル】RSIの期間はどの数値にすべき?おすすめの期間と理由について解説

RSIの期間はどの数値にすべき?

RSIは、J.W.ワイルダー氏が1978年に発表したテクニカルです。J.W.ワイルダー氏はアメリカの投資インストラクターで、著書「New Concepts In Technical 移動平均線とForceIndexとCCIになります Trading Systems(邦題 ワイルダーのテクニカル分析入門) 」の中でRSIを発表した他、パラボリック、ボラティリティ・インデックス、DMI、ADX、ATRなど複数のテクニカルを用いた手法を記しています。
J.W.ワイルダー氏は、著書の中で、RSIについて、以下のように述べています。

”For the first calculation of the Relative Strength Index, RSI, we need the previous 14 day’s close prices. ”
(訳:RSIの最初の計算には14日間の終値が必要)

2-1. RSIの初期設定が14である理由

日柄を数える

一目均衡表には「変化日」と言われるものがあり、簡単に説明すると 「押しや戻りが完了して、新しい潮目が出る場所だから気をつけてね」 というものです。

その変化日が 「9」「17」「26」 なのです。
一方の、RSIの設定は 「9」「14」「28」 となっており、非常に似ていることに気付きますよね?

3. (比較)RSIの期間を変えてチャートに反映してみる

3-1. RSIの概要のおさらい

RSIが9の場合のチャート

RSIが14の場合

RSIが28のチャート

RSIが50のチャート

RSIのタッチした回数表

4. RSIの期間設定によってチャートが変わるカラクリとは?

4-1. RSIの計算式とは?

RSI計算式

この式の中で大事なのは、 「動いた値幅」 です。動いた値幅を計算するために「RS」を求めていますが、「前日」と比較して「当日」が上回っているか、下回っているか、そしてその大きさにより「RS」の値が大きく左右されます。

RSIの値幅の計測

数式にすると難しく神秘的に見えますが、簡単に言うと 指定した期間で上げた値幅の平均と、下げた値幅を平均を比べて買いと売りとドッチが強いのか? を比べているだけの話なんです。

移動平均線のEMAとボラティリティを示すATRを組み合わせたインジケーター

1 minute :1分足
5 minutes :5分足
15 minutes :15分足
30 minutes 移動平均線とForceIndexとCCIになります :30分足
1 hour :1時間足
4 hours :4時間足
Daily :日足
Weekly Monthly :週足

Monthly : 月足

First higher time frame :ひとつ上の時間足を表示
Second higher time frame :二つ上の時間足を表示
Third higher time frame :三つ上の時間足を表示

【参考チャート】ユーロ円5分足に15分足のMTFを入れたチャート

ラインの滑らかさ、アラートの位置などを調節したい場合のポイント

まず、デフォルトのチャートがこちら

ラインを滑らかにしたのがこちら

パラメーターの「ATR factor」をデフォルトの3.0から7.0に変更しただけで滑らかになります。ほかの値は変更しても大きな変化はなく微調整するのに使う感じかなと思います。

移動平均線のEMAとボラティリティを示すATRを組み合わせたインジケーター

1 minute :1分足
5 minutes :5分足
15 minutes :15分足
30 minutes :30分足
1 hour :1時間足
4 hours :4時間足
Daily :日足
Weekly Monthly :週足

Monthly : 月足

First higher time frame :ひとつ上の時間足を表示
Second higher time frame :二つ上の時間足を表示
Third higher time frame :三つ上の時間足を表示

【参考チャート】ユーロ円5分足に15分足のMTFを入れたチャート

ラインの滑らかさ、アラートの位置などを調節したい場合のポイント

まず、デフォルトのチャートがこちら

ラインを滑らかにしたのがこちら

パラメーターの「ATR factor」をデフォルトの3.0から7.0に変更しただけで滑らかになります。ほかの値は変更しても大きな変化はなく微調整するのに使う感じかなと思います。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる