オンライン外国為替取引

ゲームストップ株騒動とペイメント

ゲームストップ株騒動とペイメント
Yahoo!ファイナンスをもとに作成

ゲームストップ株事件をきっかけにリーマンショック級のバブル崩壊?

ゲームストップ株事件をきっかけにリーマンショック級のバブル崩壊?

1月の最終週(1月25日〜29日)、株トレードの人気アプリ「ロビンフッド」のユーザー、いわゆる「ロビンフッダー」が、 ゲームストップ(GameStop、ティッカーシンボル:GME) をはじめとする個別株を集団で買い上がり、値段を吊り上げる事件がありました。 ロビンフッドは2013年にシリコンバレーで創業されたネット証券で、使い勝手の良いスマホの株トレード・アプリを出しており、「売買手数料ゼロ」をいち早く打ち出した会社としても知られています。

mlp画像

過熱する個人投資家VS機関投資家

ロビンフットの仕組みとしては、ユーザーから手数料を取る代わりに、オーダー・フロー(売買注文)をマーケットメーカーに回すことでキックバックを貰う収益構造になっています 。これは「ペイメント・フォー・オーダーフロー」と呼ばれる手法で、ユーザーが負担する本当のコストはゼロではなく、実際には約定価格が少し悪くなることで実質的なコストを払っている形になります。

いわば、手数料無料の餌につられた 個人投資家をカモにして巨大資本化が設ける仕組みに なっているということです。

この悪ふざけのポイントは金融エリートに恥をかかせて、正義の鉄鎚を下すことにあります。

今後も参入へのハードルが下がった個人投資家と機関投資家のマネーゲームが続けば、株式市場は実体のないものとなり金融に対する信用不安につながり 、ただでさえコロナ渦で高すぎる株価が何かをきっかけに一気に下がり、リーマンショック級のダメージを生じる可能性も否定できません。

ネットの声

ゲームストップ株の件。本格的に機関投資家vs.個人投資家の構想が浮かび上がってきたね。 ロビンフット の台頭で市場の三割が個人投資家になってるらしいからね。
市場も個人投資家の影響力を無視できなくなってる

【特集】 ゲームストップ騒動が知らしめた需給の威力、ならば今の日本は下がりにくい!?

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月8日発表分)
  • 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 7月10日版
  • 上方修正“ゲームストップ株騒動とペイメント 先回り”、22年12月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕27社選出 <成長株特集>
  • 中小型材料株の宝庫、独自技術誇る「研究開発型企業」を徹底マーク <株探トップ特集>
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─反転浮上期待の「買いサイン点灯」銘柄を狙う!
  • 【杉村富生の短期相場観測】 ─深押し銘柄の"逆襲"を狙う!
  • 個人投資家・有限亭玉介:メタバース、NFT関連の出遅れ株は?思惑の注目株【FISCOソーシャルレポーター】
  • 10万円以下で買える、今期最高益&低PBR 19社【スタンダード】編 <割安株特集>

人気ニュース【ベスト5】

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月8日発表分)
  • 上方修正“先回り”、22年12月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕27社選出 <成長株特集>
  • 【杉村富生の短期相場観測】 ゲームストップ株騒動とペイメント ─深押し銘柄の"逆襲"を狙う!
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─反転浮上期待の「買いサイン点灯」銘柄を狙う!
  • 中小型材料株の宝庫、独自技術誇る「研究開発型企業」を徹底マーク <株探トップ特集>

お薦めコラム・特集

  • 上方修正“先回り”、22年12月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕27社選出 <成長株特集>
  • 一目均衡表【買いシグナル】低PBR 17社選出 <テクニカル特集> 7月8日版
  • 10万円以下で買える、今期最高益&低PBR 19社【スタンダード】編 <割安株特集>
  • 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 7月10日版
  • 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (7月8日現在)

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

韓国で蜂起した個人投資家、空売り勢力撃退へ

韓国では株式投資への熱気がかつてなく高まっている(写真はソウルの著名な観光地の一つ、光化門

こちらはJBpress Premium会員(有料会員)限定のコンテンツです。
有料会員登録(月額 550円[税込]、最初の月は無料) をしてお読みください。

  • プレミアム限定の記事配信
  • プレミアム専用記事レイアウト
  • 印刷に最適な画面提供

あわせてお読みください

本日の新着

オリジナル海外コラム バックナンバー

Sponsored

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。

コマース領域のDX推進を目的としたプラットフォーマーへの出資を開始

ソフトバンク株式会社の子会社であるSBペイメントサービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO 榛葉 淳、以下「SBPS」)は、EC/店舗向けプラットフォーマーや新たなソリューションを持つ企業への出資を開始します。これにより、今後の成長が見込まれる新規市場を開拓すると共に、多種多様なソリューションを提供する企業と連携し、コマース領域のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進していきます。第一弾として、SaaS型ECカートシステム「ecforce(イーシーフォース)」を提供する株式会社SUPER STUDIO(本社:東京都目黒区、CEO 林 紘祐、以下「SUPER STUDIO」)に出資を行いました。

■ 出資の目的
SBPSは、ECカート事業者との連携を強化し、コマース領域で多種多様な決済手段と決済システムを提供することで、日本のEC市場の発展に寄与してきました。SUPER STUDIOが提供する「ecforce」は、国内のSaaS型ECカートシステムとして高い技術力が評価され、2017年のサービス開始から5年で約600のショップに導入されており※、急成長を遂げています。SBPSとSUPER STUDIOのシステムは2019年から連携していますが、 このたびSUPER STUDIOに出資を行うことで、営業連携を強化して新たな顧客を開拓するとともに、ソリューションの連携を深めることで、「ecforce」を利用する事業者およびエンドユーザーへの提供価値の最大化を図っていきます。

■ 株式会社SUPERSTUDIOについて
SUPER STUDIOは、D2C支援企業としてあらゆるビジネスのEC化を支援するべく、基幹システム「ecforce」の提供と、自社D2C事業、そしてメーカーのEC/D2C運営支援をワンストップで行うecforce teamsなどの事業を展開しています。創業期から自社でECメーカーとして事業展開してきた経験から、広告運用やサプライチェーン、CRMと生活者のもとへ商品を直接届けるところまで全ての工程のあらゆるデータとノウハウを保有、これらを顧客のメーカー運営支援、そして「ecforce」の機能開発に活かしています。先進国の中でも取り分けEC化が進んでいなかった日本においてもEC/D2Cは需要や期待が高まっており、この1年間で「ecforce」の導入ショップ数は約174%増加。
自社EC運営を通して感じたEC運営の課題感や新しいマーケティング手法をシステムに実装すべく、継続的な機能アップデートを行っています。

■ SBペイメントサービス株式会社について
SBPSはネットショップにおけるオンライン取引や、店頭における対面取引において、事業者のニーズに適した多種多様な決済手段と決済システムを提供しています。近年、ますます高度化し被害が増えているECの「不正取引」から事業者を守る不正検知サービス「AI不正検知」を決済システムとワンストップで提供。ソフトバンクならではのAI技術を駆使したサービスにて、安心安全な決済サービスを実現しています。また、OMO(Online Merges with Offline:オンラインとオフラインの融合)サービスを展開。アフターコロナの中、変化が求められる事業者のあらゆるニーズへ積極的に対応し、売上への貢献をサポートしています。
これからもSBPSのみならず、SBグループの技術やアセットを活かし「シームレスで良質な支払い体験」を生み出すべく、決済の側面から事業者の業態やニーズに合わせたさまざまな取り組み方法をご提案します。

ストップ高・ストップ安とは?値幅制限について解説!

ストップ高・ストップ安アイキャッチ画像

birdman株価

TradingViewより

すると翌営業日の17日は年初来高値の3,150円まで上昇し、14日から17日の4日間でBirdmanの株価は約2.9倍になりました。

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

なんでストップ高・ストップ安があるの?

結論から言うと、株価の異常な急騰や暴落を防いで、投資家を守るためです。

ストップ高・ストップ安がある理由

そして、株価の 異常な急落 が起きてしまいます。

そのため、投資家の恐怖感・過熱感が和らげられ、パニック売りなどの心理的不安による取引を一時的に抑制する効果があると言えます。

値幅制限の代わりに「サーキットブレーカー制度」を導入しているワン!

ストップ高になった銘柄~東芝~

東芝のストップ高

Yahoo!ファイナンスをもとに作成

4月6日の終値3,830円に対して、4月7日はストップ高にあたる+700円を達成し、4,530円まで上昇して取引が終了していることがわかります。

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

ストップ高・ストップ安とは?まとめ

投資するならIG証券

取扱金融商品が豊富なことや、CFD取引が充実していることから、人気を集めています。

\当サイト限定のレポート/

「いろはに投資」経由で口座開設&取引をすると、「2022年 投資戦略のいろは」を手に入れることが出来ます。
株価推移や商品価格など、2022年の投資戦略に役立てましょう!

Podcast

コメントを残す コメントをキャンセル

フェムテックとは?

フェムテックとは?関連銘柄4選も分かりやすくご紹介!
freee(4478)はSaaS成長企業?IR資料から徹底分析!【いろはにレポートVol.1】

アクセスランキング

限定キャンペーン

New Posts

おすすめネット証券

投資初心者

Tカードプラスの年会費費は?

DAppsとは?

FXはいくらから始められる?少額投資ができるFX会社も紹介

カテゴリー

アーカイブ

いろはにロゴ

当メディアは(株)インベストメントブリッジによって運営されています。
(株)インベストメントブリッジは中立した立場で、投資家と企業の架け橋として活動をしております。
運営会社についての詳細はこちらをご覧ください。
また、当メディアにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供のみを目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。
当メディアに掲載された記事、情報及び外部リンク先ウェブサイトに基づいて利用者が被ったいかなる損害についても、当メディア運営会社・執筆者は一切の責任を負うものではありません。
Please Follow us!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる