初心者でもできる

投資信託のメリットとデメリット

投資信託のメリットとデメリット
The Nasdaq-100® is one of the world’s preeminent large-cap growth indexes. It includes 100 of the 投資信託のメリットとデメリット 投資信託のメリットとデメリット largest domestic and international non-financial companies listed on the Nasdaq Stock Market based on market capitalization. 引用:Nasdaq | Nasdaq-100 Index

【不動産投資】基礎から分かるREIT!安定的で高分配の仕組みは?メリット・デメリットを理解して賢く資産形成しよう!


みなさん、こんにちは。
WealthLeadの薄井です。

<REITとは>

REITとは「Real Estate Investment Trust」のそれぞれの頭文字を取ったもので、日本語に直すと「不動産投資信託」という意味になります。
投資信託は、投資家から集めたお金をひとつにまとめ、運用のプロが資産運用をして、運用の利益を投資家に還元する金融商品のことをいいますが、投資信託の投資先はさまざまです。国内外の株式や債券だけではなく、不動産も投資対象になっています。
つまり、REITとは多数の投資家から集めた資金でマンションやオフィスビル、商業施設などの不動産を購入し、その賃貸収入や売却益などを投資家に還元する仕組みの金融商品です。ざっくりいうと不動産投資を金融商品化したもの、と覚えておいていただければ結構です。

REITは投資する対象により、幾つかの種類に分類されます。

このように、オフィスビルや商業施設など、通常、個人では購入することが難しい不動産にもREITなら投資することができます。また、REITは投資家から集めた資金で複数の不動産に投資をするので、REITに投資をすることで、さまざまな不動産に分散投資することと同じ効果を得ることが可能になっています。
加えて、投資する地域を選ぶことも可能です。世界の特定した地域に特化したREITを購入すれば、アメリカや、オーストラリアなどの海外の不動産にも投資することができます。
物件の種類から、立地する地域まで自由に選んで投資できるのはREITならではの魅力といえます。

NASDAQ100とは? S&P500との違いとレバレッジ型投信のメリット・デメリットを解説

NASDAQ100とは?S&P500との違いとレバレッジ型投信のメリット・デメリットを解説

The Nasdaq-100® is one of the 投資信託のメリットとデメリット world’s preeminent large-cap growth indexes. It includes 100 of the largest domestic and international non-financial companies listed on the Nasdaq Stock Market based on market capitalization.

引用:Nasdaq | Nasdaq-100 Index

NASDAQ100指数は強い成長を続けてきた

▽NASDAQ100の日足チャート(2014年~2022年5月)

NASDAQ100_日足チャート

S&P500との比較

▽S&P500とは

The S&P 500® is 投資信託のメリットとデメリット widely regarded as the best single gauge of large-cap U.S. equities. According to our Annual Survey of Assets, an estimated USD 13.5 trillion is indexed or benchmarked to the index, with indexed assets comprising approximately USD 5.4 trillion of this total (as of Dec. 31, 2020). The index includes 500 leading companies and covers approximately 80% of available market capitalization.

引用:S&P 投資信託のメリットとデメリット Dow Jones Indices | Ticker:SPX

NASDAQ100指数に投資するおもな方法

日本のNASDAQ100連動型ETF

▽東証に上場するおもなNASDAQ100指数連動型ETF

名称コード信託報酬管理会社
NEXT FUNDS NASDAQ-100®(為替ヘッジなし)連動型上場投信15450.20%以内野村アセットマネジメント
上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジなし25680.25%以内日興アセットマネジメント
上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)為替ヘッジあり25690.25%以内日興アセットマネジメント
iFreeETF NASDAQ100(為替ヘッジあり)28410.2%以内大和アセットマネジメント
MAXISナスダック100上場投信26310.20%程度三菱UFJ国際投信

日本のNASDAQ100連動型投資信託

▽NASDAQ100連動型のおもなインデックス型投資信託

ファンド名会社名信託報酬等(税込)純資産額(百万円)
iFreeNEXT NASDAQ100インデックス大和アセットマネジメント0.50%50,063
eMAXIS NASDAQ100インデックス三菱UFJ国際投信0.44%45,530
インデックスファンドNASDAQ100(アメリカ株式)日興アセットマネジメント0.48%42,308
上場インデックスファンド米国株式(NASDAQ100)H有 『愛称:上場NASDAQ100米国株(為替ヘッジあり)』日興アセットマネジメント0.28%17,475
MAXIS ナスダック100上場投信三菱UFJ国際投信0.22%15,888

米国のNASDAQ100連動型ETF

▽インベスコQQQトラスト・シリーズ1のパフォーマンス

インベスコQQQ_Trust

NASDAQ100を参照原資産とするCFD

▽日本証券業協会によるCFD取引の定義

CFDとは、Contract For Differenceの頭文字をとったもの。
証拠金を預託し、現物の授受によらず、取引開始時と終了時における有価証券や有価証券指数などの価格差によって決済を行う差金決済取引のこと。

引用:JSDA 日本証券業協会 | CFD取引

投資初心者の味方「投資信託」とは?メリット・デメリットと仕組みを解説

ふやす

そんな投資初心者におすすめできる金融商品の1つが 「投資信託」 です。

✅投資信託の仕組みと種類を知りたい
✅投資信託のメリット・デメリットを知りたい

投資信託とは?その仕組みと主な種類

投資信託の仕組み

“いろはに投資“投資信託のメリットとデメリット より引用

投資信託を一言で表すならば、 「多くの投資家から集めたお金を、投資家の代わりに資産運用のプロが投資・運用する金融商品」 のことです。

投資信託の主な種類

①対象地域
②運用方法
③投資対象

✅国内型
✅海外型(先進国、新興国)
✅国内&海外型

✅インデックス型
日経平均株価のような指数(インデックス)と同じ値動きを目指す
✅アクティブ型
指数(インデックス)を上回る運用成績を目指す

✅株式
・ハイリスク・ハイリターン
✅債券
・ローリスク・ローリターン
✅不動産(REIT)
・ミドルリスク・ミドルリターン
✅コモディティ(金など)
・ミドルリスク・ミドルリターン
・インフレや不況時に強い

投資信託のメリット

①プロが運用してくれる
②簡単に分散投資できる
③少額から購入できる

メリット①:プロが運用してくれる

先ほどの投資信託の仕組みのところでも触れたように、 「投資信託は私たち投資家に代わって、投資のプロが運用してくれる」 のです。

メリット②:簡単に分散投資できる

2つ目のメリットは、 「投資信託は簡単に分散投資できる」 という点です。

メリット③:少額から購入できる

3つ目のメリットは、 「投資信託は少額から購入できる」 という点です。

一方の 投資信託の場合、金融機関もよりますが一般的に100円から購入できる のです。

投資信託のデメリット

①元本割れのリスクがある
②手数料がかかる
③リアルタイムで売買できない

デメリット①:元本割れのリスクがある

元本保証されている預金などとは違って、 投資信託には元本割れのリスクがあります。

デメリット②:手数料がかかる

投資信託はプロ(ファンドマネージャー)に運用してもらうため、 株式投資より手数料が高くなる 傾向にあります。

✅売買手数料:投資信託を売買する際に必要
✅信託報酬:投資信託を保有する限り必要
✅信託財産留保額:投資信託の解約時に必要

なので、 手数料、特に信託報酬が安い投資信託を選ぶのが重要なポイント になります。

デメリット③:リアルタイムで売買できない

3つ目のデメリットは、 投資信託のメリットとデメリット 株式等に比べてタイムリーに売買ができない ということです。

✅投資信託とは、投資家から集めたお金をプロが投資・運用する金融商品
✅投資信託を分類する切り口は…
①対象地域
(国内、海外、国内&海外)
②投資方法 (インデックス型、アクティブ型)
③投資対象 (株式、債券、不動産、コモディティ)
✅投資信託のメリットは…
①プロが運用してくれる
②簡単に分散投資できる
③少額から購入できる
✅投資信託のデメリットは…

①元本割れのリスクがある
②手数料がかかる
③リアルタイムで売買できない

たわらノーロード日経225の評価と評判は?利回りなどについて解説!

たわらノーロード日経225の評価と評判は?利回りなどについて解説!

長期投資をする際のスタンダードになりつつある「ノーロード(購入手数料不要)」型の投資信託。 その中でも最近、投資家から注目を集めているのが「たわらノーロード」シリーズです。 低コストと幅広いラインナップが魅力の投資商品ですが、たわらノーロードに投資するメリット・デメリットにはどのようなものがあるので.

たわらノーロード先進国株式は海外の先進国の株式市場にまるっと投資できるインデックスファンドです。 みずほフィナンシャルグループと第一生命が出資するアセットマネジメントOneが運用する投資信託です。 今回は、安定のパフォーマンスを誇るたわらノーロード先進国株式の評判・口コミを見ていくとともに、実質コス.

たわらノーロード日経225の評価と評判は?利回りなどについて解説!

「投資を始めたいけれど、どの投資信託を選べばいいか分からない」という方から人気の「たわらノーロード」シリーズ。 その中でも、分散投資をする際に便利なのが「たわらノーロードバランス(8資産均等型)」です。 この記事では、たわらノーロードバランス(8資産均等型)の特徴や、投資するメリット・デメリット、利.

たわらノーロード日経225の基本情報

運用会社 アセットマネジメントOne
連動対象 日経平均株価(日経225)
ファンド設定日 2015年12月7日
分類 国内株式インデックス型
販売手数料
(購入時手数料)
無料
信託報酬
(運用管理費用)
0.187%
信託財産留保額 無料
分配金 なし

たわらノーロード日経225の主な投資先

上位10銘柄だけで全体の37%程度を占めていることからも、 株価の高い銘柄が日経平均株価に与える影響が非常に強い ことが分かりますね。

業種別にみると、「電気機械」「情報・通信業」「小売り」の3つの占める割合が高く、 特定の業種が与える影響が際立って大きい ことが見て取れます。

たわらノーロード日経225に関しても、この変更を反映させたファンド運営を行っていく方針であるため、 今後特定銘柄の影響力の強さは次第に解消されていく ものと考えられます。

基準価額・純資産額の推移

ファンドの規模は一般的に望ましいとされる200億円以上あり、基準価額・純資産額ともに順調に推移していることから、 現状ではファンドは投資対象として健全な状態にある と判断できます。

たわらノーロード日経225の利回りの推移は?

運用を開始した時期や、売却の判断を下した時期によって、投資利回りには大きな差が出る ことがこの表から読み取れますね。

楽天証券で少額投資を始めたい!ミニ株はある?

「投資」というと、「まとまったお金が貯まってから始めるもの」というイメージを持っている人も多いでしょう。確かに「投資」と聞いて真っ先に思い浮かぶ「株」の取引には数十万円、数百万円のお金が必要ですが、実は 「ミニ株」というものを利用すれば少額でも株に投資できます。 その他、投資信託は少額から買うことができますし、 投資信託のメリットとデメリット NISA・つみたてNISA、iDeCoなどの税制優遇制度では100円 あれば積立投資を始めることができます。

今回は人気の楽天証券にフォーカスし、 楽天証券で利用できる少額投資のサービス をご紹介します。

松岡紀史

ミニ株とは?

ニュースなどで「ソニーの株が1万2,000円に値上がりした」とか「トヨタの株価が9,500円を割り込んだ」など、株の値段に関する情報を目にすることがあります。 株は原則として1株では買えず、100株を1単位として売買する必要があり、この売買単位を「単元株」 といいます。

しかし、証券会社によってはこの 単元株に縛られることなく、その10分の1の10株単位や、1株から株を買うことができます。 単元株に満たない株数で売買することを 「単元未満株」 と呼び、特に単元株の10分の1、つまり10株単位で売買することを 「ミニ株」 といいます。

松岡紀史

ミニ株を始めるときの証券口座選び 3つのポイント

ミニ株なら少額でも株を売買できるため、投資初心者で興味があるという方も多いでしょう。 ミニ株を始めるにはまずは証券口座を開設する必要がありますが、 どのように証券口座を選べばいいか を開設します。

  • ① ミニ株を取り扱っているかどうかを確認する
  • ② ミニ株の取り扱い銘柄数を比較する
  • ③ 手数料を確認する

ミニ株を始めるときの証券口座選びのポイント① ミニ株を取り扱っているかどうかを確認する

株は原則として100株単位の単元株で取引されるため、 単元株未満で取引できる証券会社は限られています。 誰もが知る大手証券会社でもミニ株を取り扱っていないところがあるので、ミニ株を始める際はしっかり確認しておきましょう。

\ミニ株ができる証券会社はこちら/

対象銘柄 手数料 最小取引株数
LINE証券 1,500銘柄以上 取引手数料無料
スプレッド0.2〜1.0%
1株
PayPay証券 日本株:155銘柄 投資信託のメリットとデメリット 投資信託のメリットとデメリット
米国株:137銘柄
取引手数料無料
スプレッド0.5〜1.0%
1,000円
ネオモバ 売買可能:東証
売却のみ:
名証、福証、札証
取引手数料無料
サービス利用料220円/月
1株
売買可能:東証
売却のみ:
名証、福証、札証
約定代金×0.55%
(最低手数料55円)
1株
投資信託のメリットとデメリット 売買可能:東証、名証
売却のみ:福証、札証
買付手数料無料
売却:約定代金×0.55% 投資信託のメリットとデメリット
(最低手数料52円)
1株
売買可能:東証、名証
売却のみ:福証、札証
約定代金×0.55%
(最低手数料52円)
1株

ミニ株を始めるときの証券口座選びのポイント② ミニ株の取り扱い銘柄数を比較する

ミニ株を取り扱っている証券会社でも、 ミニ株で買える 銘柄は証券会社によって異なります。 複数の証券取引所に上場しているすべての株式に加えて外国株式も買える証券会社もあれば、限られた国内株式しか買えないところもあります。

ミニ株を始めるときの証券口座選びのポイント③ 手数料を確認する

ミニ株では、一般の現物株式の売買とは異なる手数料体系が採用されているケースが多い ので、ミニ株メインで取引を行う人は 手数料もしっかり確認 しましょう。

購入する株数が少ない ミニ株では、普通に株を売買する場合よりも「手数料」のウェイトが大きくなります。 例えば同じ50円の手数料を支払うとしても、10万円に対して50円支払うのと1,000円に対して50円を支払うのとでは、後者のほうがコストとしては割高になります。この点を覚えておきましょう。

ミニ株のメリット・デメリット

  • 分散投資を経験できる
  • 損失がそれほど大きくならない
  • 配当を受けられる

ミニ株を利用すれば数百円から、安いものであれば数十円から投資を始めることができます。そのため1万円あれば複数の銘柄を買うことができ、いわゆる 「分散投資」 を経験できます。

また購入金額が少ないので、リーマンショックのような大暴落が起こっても 損失がそれほど大きくならない ので安心です。 ミニ株・単元株未満でも、株数に応じて 配当を受けられる のもメリットといえます。

松岡紀史

ミニ株投資は「金融商品の値上がり・値下がり」「配当」「分散投資」という投資の基本を小さいリスクで経験できる、 投資の入り口としておすすめのサービス といえるでしょう。

ミニ株のデメリット

  • 大きな利益は期待できない
  • 手数料が割高

損失が小さい分、 ミニ株では 大きな利益が期待できません。 投資信託のメリットとデメリット 投資の世界では元金が2倍になることはなかなかありませんが、例えば1,000円で買った株が2倍になったとしても利益はわずか1,000円です。

前述のとおり、 手数料が一般の株売買に比べて割高 なこともデメリット といえるでしょう。証券会社によっては「1回の売買につき最低100円」など最低手数料を設けているところもあり、このケースだと10回売買すれば手数料だけで1,000円を超えてしまいます。

楽天証券でミニ株を始めるには?

楽天証券にミニ株はない

結論からいうと、 楽天証券では単元未満株で株の売買はできません。つまり、 楽天証券ではミニ株投資ができない のです。

松岡紀史

楽天証券ならミニ株以外の少額投資を

楽天証券では ミニ株投資はできませんが、 少額で投資できる商品やサービスはあります。

今回は、 楽天証券の 「投資信託」「一般NISA・つみたてNISA」「iDeCo」 をメインにご紹介します。

  • 投資信託
  • 一般NISA・つみたてNISA
  • iDeCo

楽天証券でできる少額投資① 投資信託

投資信託とは?

投資信託とは、簡単にいえば 多くの人から集めたお金を元手に、 運用の専門家が株式や債券などさまざまな商品で運用する金融商品 のことです。多くの人からお金を集めるので、一人ひとりは少額でも投資を始めることができます。

投資信託の最大のメリットは、少額から投資できるにもかかわらず 分散投資がしっかりできる ことです。2つか3つの商品に分散して投資することは個人でもできますが、投資信託を利用すれば、商品によっては数千の株式や債券に、また日本だけでなく 世界中の投資対象に分散投資 をすることができます。

  • 少額から投資できる
  • 分散投資がしっかりできる
  • 世界中の投資対象に投資できる

楽天証券の投資信託の特徴

楽天証券の投資信託は ネット証券屈指の 2,676本の投資信託 を取り扱っており 、買付手数料はすべて無料です。さらに、ほとんどの投資信託を 100円から購入 できます。定期的に積立をしたい場合も月々100円から始めることができるので、少額から無理なく投資を始めるのに最適です。

また、特に 楽天グループをよく利用する楽天ユーザーにとってメリットが多く 、投資信託を楽天カードで購入できるほか、投資信託の残高に応じて毎月楽天ポイントがもらえたり、株式投資の手数料などの割引が受けられたりします。

楽天証券でできる少額投資② NISA(一般NISA)・つみたてNISA(積立NISA)

NISA(一般NISA)・つみたてNISA(積立NISA)とは

「NISA」とは商品名ではなく、少額からの投資を行う投資家のための 非課税制度 です。株式や投資信託から得られる配当金や分配金、また売却した時に出た利益に対する税金が非課税になります。

NISAには 「一般NISA」と「つみたてNISA」 があります(「ジュニアNISA」は2023年で廃止予定)。

楽天証券の一般NISA・つみたてNISA(積立NISA)の特徴

楽天証券のNISAの最大の特徴は、 どちらの制度でも 取り扱い商品数が業界トップクラス であることです。もともと楽天証券はネット証券の中でも屈指の取り扱い商品数を誇っていますが、NISAでも ほとんどの商品を取り扱っています。

また、つみたてNISAの投資対象は金融庁が定めた要件を満たす長期・積立に適した投資信託のみですが、楽天証券ではその対象となる投資信託192本のうち、 177本 の取り扱いがあります(2021年9月現在)。 これは証券会社全体の中でも1位、2位を争う数です。

また一般NISAやつみたてNISAにおいても、楽天カードのクレジット決済や投資信託の残高に応じて 楽天ポイントを受け取れます。

楽天証券でできる少額投資③ 投資信託のメリットとデメリット iDeCo

iDeCoとは

iDeCoは 老後資金の形成を目的とした 私的年金制度 で、 月々5,000円という 少額から投資信託を購入 できます。

特徴は、何といっても 税金面で非常に優遇されている ことです。運用によって出た利益に本来かかる税金がかからないのは一般NISA・つみたてNISAと同じですが、iDeCoではそれに加え 掛金が全額所得控除 されます。 所得控除によって「課税所得」が減るので結果的に税金が減り、手取りが増えます。

  • 運用で出た利益に税金がかからない
  • 掛け金も全額所得控除される

楽天証券のiDeCoの特徴

楽天証券ではiDeCoでも 32本の商品 がラインナップされており、証券会社の中でもトップクラスの取り扱い数です。

また、前述のとおりiDeCoには手数料がかかりますが、この手数料は「国民年金基金連合会」に支払うもの、「信託銀行」に支払う手数料、そして証券会社に支払う「運営管理手数料」に分かれます。 楽天証券の運営管理手数料は0円 なので、毎月かかる手数料は掛金を拠出した月であれば国民年金基金連合会と信託銀行に払う171円のみ。もちろん 証券会社の中で 最安値 です。

投資信託や一般NISA・つみたてNISAの項目で紹介した楽天証券の ポイントプログラムは、残念ながらiDeCoで投資信託を購入しても対象外 です。

楽天証券で少額投資をするメリット

  • 手数料が安い
  • ポイントプログラムが充実している
  • 商品の種類が豊富
  • 楽天銀行と連携するとさらにお得で便利に

楽天証券で少額投資をするメリット1. 手数料が安い

以下の表は、楽天証券でできる 少額投資の手数料 をまとめたものです。

投資信託のメリットとデメリット
サービス 手数料
投資信託 買付手数料:0円
iDeCo 加入時手数料:2,829円
掛金拠出月手数料:171円/月
(楽天証券運営管理手数料0円)
給付手数料:440円/1回
NISA 口座開設料:無料 投資信託のメリットとデメリット
投資信託買付手数料:無料
つみたてNISA 口座開設料:無料
投資信託買付手数料:無料

投資信託の買付手数料は商品によって異なりますが、楽天証券は取扱商品が多く、 買付手数料0円 で購入することができます。 iDeCoの手数料も金融機関ごとに決められる「運営管理手数料」が楽天証券では0円になっているので、 最も低コストでiDeCoを利用できる証券会社 の一つです。

楽天証券で少額投資をするメリット2. ポイントプログラムが充実している

楽天証券では、楽天グループであることを活かした 「ポイントプログラム」が非常に充実 しています。 注目すべきは 投資信託の積立を楽天カードでクレジット決済できる 点で、決済額 100円に対して1ポイント の楽天ポイントが付与されます。

楽天証券で少額投資をするメリット3. 商品の種類が豊富

サービス 取り扱い商品数
投資信託 投資信託:2,676本
一般NISA 投資信託:2,676本
海外ETF:約394本
つみたてNISA 投資信託:177本
iDeCo 定期預金:1本
投資信託:31本

そもそもつみたてNISAには金融庁が定めた基準を満たした投資信託にしか投資できず、その数は2021年9月現在192本です。 楽天証券ではそのうち177本と、 ほとんどの商品を取り扱っている ことがわかります。

また、iDeCoに関しては運用商品の数が3本から35本までと決まっています(2023年4月末までは35本を超えている場合あり)。 投資信託のメリットとデメリット 楽天証券では32本の取り扱いがあり、 上限に近い ことがわかります。

楽天証券で少額投資をするメリット4. 楽天銀行と連携するとさらにお得で便利に

同じ楽天グループの 「楽天銀行」「マネーブリッジ」と連携 すると、さまざまなサービスが提供されます。

楽天銀行の普通預金の金利は年0.02%と、他の銀行に比べても高くはありませんが、 マネーブリッジを申し込むことで5倍の 金利0.1% になります。 この優遇金利は、楽天証券での積立投資のために預けておいた待機資金にも適用されます。

楽天証券で投資商品を購入する際に楽天銀行から自動的に入金されるので、いちいち楽天銀行にログインする必要がありません。さらに、投資に使われなかったお金は毎日夜間に自動で楽天銀行に出金されるので、 自動的に優遇金利 が適用されます。

楽天証券で少額投資をするデメリット

  • 株式に投資ができない
  • 商品数が多くて選ぶのが大変
  • 楽天ユーザー以外にはメリットが少ない

楽天証券で少額投資をするデメリット1. 株式に投資ができない

楽天証券ではミニ株を購入できないので、 個別株を買いたい場合は単元株(100株)で買わなければなりません。 単元株を買うとなると、数万円から数百万円の資金が必要になるので、 少額投資では自分が希望する銘柄を買えないか、買えても1〜2銘柄 でしょう。

楽天証券で少額投資をするデメリット2. 商品数が多くて選ぶのが大変

商品数が多いことはよいことですが、「少額で投資を経験してみたい」という人にとっては、逆にその商品数の多さが 商品選びの際の負担 になることがあります。

楽天証券で少額投資をするデメリット3. 楽天ユーザー以外にはメリットが少ない

楽天市場や楽天トラベルを頻繁に利用する人にとってはメリットが大きいのですが、 普段 楽天のサービスを使わない人にとってはメリットがありません。

楽天証券での少額投資が向いている人

楽天証券での少額投資に向いている人:手数料にこだわる人

その点、楽天証券では投資信託の買付手数料は無料ですし、NISAやつみたてNISAの口座開設料はかかりません。また、iDeCoの手数料も業界最安値であり、投資にかかる 手数料の面では最も有利な証券会社 といえるでしょう。

楽天証券での少額投資に向いている人:豊富な商品から選びたい人

投資する商品を自分で分析して、 できるだけ多くの選択肢の中から選びたいという人 にとっては、十分満足できる証券会社といえるでしょう。

楽天証券での少額投資に向いている人:楽天グループのサービスをよく利用する人

ポイントは楽天グループが提供するさまざまなシーンで使うことができるので、 普段楽天のサービスをよく利用する人 にとって、楽天証券での投資は非常に相性が良いといえるでしょう。

少額からコツコツ投資をはじめよう

まとまったお金がなくても少額で投資をする方法と、楽天証券でできる少額投資の種類をご紹介しました。 少額からでも投資を始めてみると、証券会社の役割や株価指標の見方など、さまざまなことを学ぶことができます。 実際のところ、多額の資産を現金で保有している人はあまりいないと思いますので、投資に興味がある人はまずは少額から始めてみましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる