インサイダー取引

FXサービスのリニューアルに関するお知らせ

FXサービスのリニューアルに関するお知らせ

news お知らせ

ソフトウェア型WAF「SiteGuardシリーズ」月額ライセンス契約数1,FXサービスのリニューアルに関するお知らせ FXサービスのリニューアルに関するお知らせ 000件突破
~「SiteGuardシリーズ」の活用をトータルサポートする「導入サービス」をリニューアル~

EGセキュアソリューションズ株式会社(https://www.eg-secure.co.jp/ 東京都港区 代表取締役社長:寺田 剛 以下、「EGセキュアソリューションズ」)は、「SiteGuardシリーズ」のホスティング・クラウド事業者向け月額ライセンスの累計契約数が1,000件を突破するとともに、「SiteGuardシリーズ」の活用をトータルサポートする「導入サービス」をリニューアルしたことをお知らせします。

また、近年ソフトウェアWAFの導入が増加したことで、「管理者が不在のため簡単な設定変更やバージョンアップ作業等も外部に委託したい」「詳細でユニークなチューニングを専門家にお願いしたい」という要望が増えてきたことから、導入サービスのリニューアルを行い、新たに「SiteGuardシリーズ」の導入を専任エンジニアがサポートする「PE構築支援サービス」と、安心・安全なWordPress運用を支援する「SiteGuard WP Protect Service」を提供開始する運びとなりました。

「PE構築支援サービス」では、これまであった設定のチューニングだけでなく製品のインストールから設計・本格稼働までを支援できるようサポート範囲を拡充したことで、システムに詳しくない方にも気軽にご利用いただけるようになりました。また、「SiteGuard WP Protect Service」は、世界的に高いシェアを誇るWordPressのセキュリティ対策として2014年より無償提供し大変好評いただいている「SiteGuard WP Plugin」の知見を活かしており、安心・安全なWordPressの運用を実現いたします。

【導入サービス 概要】

導入サービス(標準):製品のインストール、初期設定、検出ログの解析、チューニング支援
導入サービス(Lite):検出ログの解析、初期チューニング支援
PE構築支援サービス:専任エンジニアが導入から本番稼働までをトータルで支援
WP Protect Service:WordPressの基本的なセキュリティ対策、最適なシグネチャを提供
製品トレーニングサービス:運用担当者向けに製品トレーニングを実施
URL:https://siteguard.jp-secure.com/introduction-service

【SiteGuardシリーズについて】

  • ウェブサイトの脆弱性を悪用した攻撃を防御するソリューションとして、官公庁や金融機関をはじめとした大企業から個人向けホスティングサービスまで、幅広い導入実績をもつ国内トップシェアクラスの純国産ソフトウェア型WAF(Web Application Firewall)製品です。
  • ソフトウェア製品の特性を生かし、オンプレミスやクラウドなどのインフラ環境を問わず、多様なシステム環境で利用できるよう、ホスト型WAF「SiteGuard Server Edition」とゲートウェイ型WAF「SiteGuard Proxy Edition」をご用意しています。
  • Apache、Nginx、IISウェブサーバーのモジュールとして動作するホスト型 WAF「SiteGuard Server Edition」は、ウェブサーバー自体にインストールするため、専用ハードウェアが必要なくネットワーク構成を変更せずに容易に導入することが可能です。
  • ホスト型WAF「SiteGuard Server Edition」は、WAFの設定をApache、Nginxの設定ファイルで行うことができ、レンタルサーバーなどのサービス事業者様のサービスに組み込みやすいという特長があり、オンプレミス環境のシステムだけでなく、クラウド・ホスティング環境との親和性が高いため、サービス事業者の導入実績が多数ございます。
  • FXサービスのリニューアルに関するお知らせ
  • 当社サービスパートナーが提供する専用レンタルサーバーでのWAFオプション(SiteGuard)の契約数は、累計1,000件を超え、更には、共用レンタルサーバーにおいても、累計100万を超えるサイトを保護している実績をもち、1万を超えるVM(仮想マシン)環境でのサービス提供における安定稼働の実績も保有しております。

■EGセキュアソリューションズ株式会社 会社概要

代表者:代表取締役社長 寺田 剛
所在地:東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー8F
設立:2008年4月
資本金:1,000万円(2022年3月末日現在)
業務内容:1.情報セキュリティ、情報システムに関する監査、コンサルティング
2.情報セキュリティに関する調査、研究、執筆
3.情報セキュリティ関連の教育及びコンテンツ制作
4.セキュリティ製品の開発、販売、サポート
URL:https://www.eg-secure.co.jp/

【本件に関するお問合せ先】イー・ガーディアン株式会社

TEL:03-6205-8857 FAX:03-6205-8858
Mail:info(アットマーク)e-guardian.co.jp
広報担当 :小野

詳しくはこちらをご確認ください。

【6月28日(火)開催】情報セキュリティ事故対応アワード実行委員会主催「第7回 情報セキュリティ事故対応アワード」に、弊社取締役CTO 徳丸浩がパネルディスカッションで登壇いたします。

【重要】取引説明書の一部改訂に関するお知らせ

【新旧対照表】
fxTrade取引・OANDA Japan FX取引の仕組みについて(9頁)
1.取引概要
◇ fxTrade
【新】 FXサービスのリニューアルに関するお知らせ
システム・メンテナンス時間:
全通貨(ニュージーランド・ドル関連通貨ペア、米ドル/インドルピーを除く):
・午前6時58分から午前7時3分 (米国標準時間)
・午前5時58分から午前6時3分 (米国夏時間)
※米国東部時間 午後4時58分から午後5時03分の5分間

ニュージーランド・ドル関連通貨ペア (NZD/JPY、NZD/USD、AUD/NZD、EUR/NZD、GBP/NZD、NZD/CAD、NZD/CHF、NZD/HKD、NZD/SGD) :
・午前3時58分から午前4時3分 (ニュージーランド標準時間)
・午前2時58分から午前3時3分 (ニュージーランド夏時間)
※ニュージーランド時間 午後6時58分から午後7時03分の5分間

米ドル/インドルピー(USD/INR):
・午前5時00分から午前11時00分(米国標準時間)
・午前6時00分から正午(米国夏時間)

※メンテナンス中は、成行・指値を含むすべての注文は約定されませんので、ご注意ください。 (レート更新は行われません。)
※毎営業日に実施いたします。
※メンテナンス終了後のレート配信再開時における自動売買ソフト(EA)の動作確認、またその実行によって生ずる諸問題につきましてはサポートいたしかねますのでご了承ください。

【旧】
システム・メンテナンス時間
全通貨:
・午前6時58分から午前7時3分 (米国標準時間)
・午前5時58分から午前6時3分 (米国夏時間)
※米国東部時間 午後4時58分から午後5時03分の5分間

ニュージーランド・ドル関連通貨ペア (NZD/JPY、NZD/USD、AUD/NZD、EUR/NZD、GBP/NZD、NZD/CAD、NZD/CHF、NZD/HKD、NZD/SGD) : FXサービスのリニューアルに関するお知らせ
午前3時58分から午前4時3分 (ニュージーランド標準時間)
午前2時58分から午前3時3分 (ニュージーランド夏時間)
・ニュージーランド時間 午後6時58分から午後7時03分の5分間
※メンテナンス中は、成行・指値を含むすべての注文は約定されませんので、ご注意ください。 (レート更新は行われません。)
※毎営業日に実施いたします。
※メンテナンス終了後のレート配信再開時における自動売買ソフト(EA)の動作確認、またその実行によって生ずる諸問題につきましてはサポートいたしかねますのでご了承ください。

OANDA証券株式会社 第一種 金融商品取引業 関東財務局長 (金商) 第2137号
加入協会等:一般社団法人 金融先物取引業協会 日本証券業協会 日本投資者保護基金

© since 1996 OANDA Japan Inc All rights reserved. "OANDA", "fxTrade" and FXサービスのリニューアルに関するお知らせ OANDA's "fx" family of trade marks are owned by OANDA Corporation. All other trade marks appearing on this Website are the property of their respective owners.

news お知らせ

ソフトウェア型WAF「SiteGuardシリーズ」月額ライセンス契約数1,000件突破
~「SiteGuardシリーズ」の活用をトータルサポートする「導入サービス」をリニューアル~

EGセキュアソリューションズ株式会社(https://www.eg-secure.co.jp/ 東京都港区 代表取締役社長:寺田 剛 以下、「EGセキュアソリューションズ」)は、「SiteGuardシリーズ」のホスティング・クラウド事業者向け月額ライセンスの累計契約数が1,000件を突破するとともに、「SiteGuardシリーズ」の活用をトータルサポートする「導入サービス」をリニューアルしたことをお知らせします。

また、近年ソフトウェアWAFの導入が増加したことで、「管理者が不在のため簡単な設定変更やバージョンアップ作業等も外部に委託したい」「詳細でユニークなチューニングを専門家にお願いしたい」という要望が増えてきたことから、導入サービスのリニューアルを行い、新たに「SiteGuardシリーズ」の導入を専任エンジニアがサポートする「PE構築支援サービス」と、安心・安全なWordPress運用を支援する「SiteGuard WP Protect Service」を提供開始する運びとなりました。

「PE構築支援サービス」では、これまであった設定のチューニングだけでなく製品のインストールから設計・本格稼働までを支援できるようサポート範囲を拡充したことで、システムに詳しくない方にも気軽にご利用いただけるようになりました。また、「SiteGuard WP Protect Service」は、世界的に高いシェアを誇るWordPressのセキュリティ対策として2014年より無償提供し大変好評いただいている「SiteGuard WP Plugin」の知見を活かしており、安心・安全なWordPressの運用を実現いたします。

【導入サービス 概要】

導入サービス(標準):製品のインストール、初期設定、検出ログの解析、チューニング支援
導入サービス(Lite):検出ログの解析、初期チューニング支援
PE構築支援サービス:専任エンジニアが導入から本番稼働までをトータルで支援
WP Protect Service:WordPressの基本的なセキュリティ対策、最適なシグネチャを提供
製品トレーニングサービス:運用担当者向けに製品トレーニングを実施
URL:https://siteguard.jp-secure.com/introduction-service

【SiteGuardシリーズについて】

  • ウェブサイトの脆弱性を悪用した攻撃を防御するソリューションとして、官公庁や金融機関をはじめとした大企業から個人向けホスティングサービスまで、幅広い導入実績をもつ国内トップシェアクラスの純国産ソフトウェア型WAF(Web Application Firewall)製品です。
  • ソフトウェア製品の特性を生かし、オンプレミスやクラウドなどのインフラ環境を問わず、多様なシステム環境で利用できるよう、ホスト型WAF「SiteGuard Server Edition」とゲートウェイ型WAF「SiteGuard Proxy Edition」をご用意しています。
  • Apache、Nginx、IISウェブサーバーのモジュールとして動作するホスト型 WAF「SiteGuard Server Edition」は、ウェブサーバー自体にインストールするため、専用ハードウェアが必要なくネットワーク構成を変更せずに容易に導入することが可能です。
  • ホスト型WAF「SiteGuard Server Edition」は、WAFの設定をApache、Nginxの設定ファイルで行うことができ、レンタルサーバーなどのサービス事業者様のサービスに組み込みやすいという特長があり、オンプレミス環境のシステムだけでなく、クラウド・ホスティング環境との親和性が高いため、サービス事業者の導入実績が多数ございます。
  • 当社サービスパートナーが提供する専用レンタルサーバーでのWAFオプション(SiteGuard)の契約数は、累計1,000件を超え、更には、共用レンタルサーバーにおいても、累計100万を超えるサイトを保護している実績をもち、1万を超えるVM(仮想マシン)環境でのサービス提供における安定稼働の実績も保有しております。

■EGセキュアソリューションズ株式会社 会社概要

代表者:代表取締役社長 寺田 剛
所在地:東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー8F
設立:2008年4月
資本金:1,000万円(2022年3月末日現在)
業務内容:1.情報セキュリティ、情報システムに関する監査、コンサルティング
2.情報セキュリティに関する調査、研究、執筆
3.情報セキュリティ関連の教育及びコンテンツ制作
4.セキュリティ製品の開発、販売、サポート
URL:https://www.eg-secure.co.jp/

【本件に関するお問合せ先】イー・ガーディアン株式会社

TEL:03-6205-8857 FAX:03-6205-8858
Mail:info(アットマーク)e-guardian.co.jp
広報担当 :小野

詳しくはこちらをご確認ください。

【6月28日(火)開催】情報セキュリティ事故対応アワード実行委員会主催「第7回 情報セキュリティ事故対応アワード」に、弊社取締役CTO 徳丸浩がパネルディスカッションで登壇いたします。

【重要】取引説明書の一部改訂に関するお知らせ

【新旧対照表】
fxTrade取引・OANDA Japan FX取引の仕組みについて(9頁)
1.取引概要
◇ fxTrade
【新】
システム・メンテナンス時間:
全通貨(ニュージーランド・ドル関連通貨ペア、米ドル/インドルピーを除く): FXサービスのリニューアルに関するお知らせ
・午前6時58分から午前7時3分 (米国標準時間)
・午前5時58分から午前6時3分 (米国夏時間)
※米国東部時間 午後4時58分から午後5時03分の5分間

ニュージーランド・ドル関連通貨ペア (NZD/JPY、NZD/USD、AUD/NZD、EUR/NZD、GBP/NZD、NZD/CAD、NZD/CHF、NZD/HKD、NZD/SGD) FXサービスのリニューアルに関するお知らせ :
・午前3時58分から午前4時3分 (ニュージーランド標準時間)
・午前2時58分から午前3時3分 (ニュージーランド夏時間)
※ニュージーランド時間 午後6時58分から午後7時03分の5分間

米ドル/インドルピー(USD/INR):
・午前5時00分から午前11時00分(米国標準時間)
・午前6時00分から正午(米国夏時間)

※メンテナンス中は、成行・指値を含むすべての注文は約定されませんので、ご注意ください。 (レート更新は行われません。)
※毎営業日に実施いたします。
※メンテナンス終了後のレート配信再開時における自動売買ソフト(EA)の動作確認、またその実行によって生ずる諸問題につきましてはサポートいたしかねますのでご了承ください。

【旧】
システム・メンテナンス時間
全通貨:
・午前6時58分から午前7時3分 (米国標準時間)
・午前5時58分から午前6時3分 (米国夏時間)
※米国東部時間 午後4時58分から午後5時03分の5分間

ニュージーランド・ドル関連通貨ペア (NZD/JPY、NZD/USD、AUD/NZD、EUR/NZD、GBP/NZD、NZD/CAD、NZD/CHF、NZD/HKD、NZD/SGD) :
午前3時58分から午前4時3分 (ニュージーランド標準時間)
午前2時58分から午前3時3分 (ニュージーランド夏時間)
・ニュージーランド時間 午後6時58分から午後7時03分の5分間
※メンテナンス中は、成行・指値を含むすべての注文は約定されませんので、ご注意ください。 (レート更新は行われません。)
※毎営業日に実施いたします。
※メンテナンス終了後のレート配信再開時における自動売買ソフト(EA)の動作確認、またその実行によって生ずる諸問題につきましてはサポートいたしかねますのでご了承ください。

OANDA証券株式会社 第一種 金融商品取引業 関東財務局長 (FXサービスのリニューアルに関するお知らせ 金商) 第2137号
加入協会等:一般社団法人 金融先物取引業協会 日本証券業協会 日本投資者保護基金

© since 1996 OANDA Japan Inc All rights reserved. "OANDA", "fxTrade" and OANDA's "FXサービスのリニューアルに関するお知らせ fx" family of trade marks are owned FXサービスのリニューアルに関するお知らせ by OANDA Corporation. All other trade marks appearing on this Website are the property of their respective owners.

news お知らせ

ソフトウェア型WAF「SiteGuardシリーズ」月額ライセンス契約数1,000件突破
~「SiteGuardシリーズ」の活用をトータルサポートする「導入サービス」をリニューアル~

EGセキュアソリューションズ株式会社(https://www.eg-secure.co.jp/ 東京都港区 代表取締役社長:寺田 剛 以下、「EGセキュアソリューションズ」)は、「SiteGuardシリーズ」のホスティング・クラウド事業者向け月額ライセンスの累計契約数が1,000件を突破するとともに、「SiteGuardシリーズ」の活用をトータルサポートする「導入サービス」をリニューアルしたことをお知らせします。

また、近年ソフトウェアWAFの導入が増加したことで、「管理者が不在のため簡単な設定変更やバージョンアップ作業等も外部に委託したい」「詳細でユニークなチューニングを専門家にお願いしたい」という要望が増えてきたことから、導入サービスのリニューアルを行い、新たに「SiteGuardシリーズ」の導入を専任エンジニアがサポートする「PE構築支援サービス」と、安心・安全なWordPress運用を支援する「SiteGuard WP Protect Service」を提供開始する運びとなりました。

「PE構築支援サービス」では、これまであった設定のチューニングだけでなく製品のインストールから設計・本格稼働までを支援できるようサポート範囲を拡充したことで、システムに詳しくない方にも気軽にご利用いただけるようになりました。また、「SiteGuard WP Protect Service」は、世界的に高いシェアを誇るWordPressのセキュリティ対策として2014年より無償提供し大変好評いただいている「SiteGuard WP Plugin」の知見を活かしており、安心・安全なWordPressの運用を実現いたします。

【導入サービス 概要】

導入サービス(標準):製品のインストール、初期設定、検出ログの解析、チューニング支援
導入サービス(Lite):検出ログの解析、初期チューニング支援
PE構築支援サービス:専任エンジニアが導入から本番稼働までをトータルで支援
WP Protect Service:WordPressの基本的なセキュリティ対策、最適なシグネチャを提供
製品トレーニングサービス:運用担当者向けに製品トレーニングを実施
URL:https://siteguard.jp-secure.com/introduction-service

【SiteGuardシリーズについて】

  • ウェブサイトの脆弱性を悪用した攻撃を防御するソリューションとして、官公庁や金融機関をはじめとした大企業から個人向けホスティングサービスまで、幅広い導入実績をもつ国内トップシェアクラスの純国産ソフトウェア型WAF(Web Application Firewall)製品です。
  • ソフトウェア製品の特性を生かし、オンプレミスやクラウドなどのインフラ環境を問わず、多様なシステム環境で利用できるよう、ホスト型WAF「SiteGuard Server Edition」とゲートウェイ型WAF「SiteGuard Proxy Edition」をご用意しています。
  • Apache、Nginx、IISウェブサーバーのモジュールとして動作するホスト型 WAF「SiteGuard FXサービスのリニューアルに関するお知らせ Server Edition」は、ウェブサーバー自体にインストールするため、専用ハードウェアが必要なくネットワーク構成を変更せずに容易に導入することが可能です。
  • ホスト型WAF「SiteGuard Server Edition」は、WAFの設定をApache、Nginxの設定ファイルで行うことができ、レンタルサーバーなどのサービス事業者様のサービスに組み込みやすいという特長があり、オンプレミス環境のシステムだけでなく、クラウド・ホスティング環境との親和性が高いため、サービス事業者の導入実績が多数ございます。
  • 当社サービスパートナーが提供する専用レンタルサーバーでのWAFオプション(SiteGuard)の契約数は、累計1,000件を超え、更には、共用レンタルサーバーにおいても、累計100万を超えるサイトを保護している実績をもち、1万を超えるVM(仮想マシン)環境でのサービス提供における安定稼働の実績も保有しております。

■EGセキュアソリューションズ株式会社 FXサービスのリニューアルに関するお知らせ 会社概要

代表者:代表取締役社長 寺田 剛
所在地:東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー8F
設立:2008年4月
資本金:1,FXサービスのリニューアルに関するお知らせ 000万円(2022年3月末日現在)
業務内容:1.情報セキュリティ、情報システムに関する監査、コンサルティング
2.情報セキュリティに関する調査、研究、執筆
3.情報セキュリティ関連の教育及びコンテンツ制作
4.セキュリティ製品の開発、販売、サポート
URL:https://www.eg-secure.co.FXサービスのリニューアルに関するお知らせ jp/

【本件に関するお問合せ先】イー・ガーディアン株式会社

TEL:03-6205-8857 FAX:03-6205-8858
Mail:info(アットマーク)e-guardian.co.jp
広報担当 :小野

詳しくはこちらをご確認ください。

【6月28日(火)開催】情報セキュリティ事故対応アワード実行委員会主催「第7回 情報セキュリティ事故対応アワード」に、弊社取締役CTO 徳丸浩がパネルディスカッションで登壇いたします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる