FX戦略編

弱気相場での取引

弱気相場での取引
ライブチャート

亀井幸一郎の「金がわかれば世界が見える」

マクロな要因が影響を及ぼす金(ゴールド)と金融の世界を毎日ウォッチする男が日常から市場動向まで思うところを書き綴ります。

NY金大幅続落、ユーロ安アルゴとパッケージ売り

独立記念日の連休明け5日のNY金は、昨日日本時間の夕刻の時間帯にユーロドル相場が急落に転じたことがきっかけで、売りが膨らみ1800ドル割れとなった。結局、NY金の通常取引は前週末比37.60ドル安の1763.90ドルと年初来安値更新に至ることになった。この水準は昨年12月2日以来、7カ月ぶりの安値となる。

6月中旬以降、銅やアルミなど産業用メタルからコットンやトウモロコシ、大豆などソフトコモディティまで急落する局面が見られ、景気減速・後退を先読みするような下げが続いてきた。その中で、一定の水準を保っていたのが、金と原油だった。 この日は、この2銘柄も全般の地合いに飲み込まれる形の下げとなった。

WTI原油は、前週末比8.93ドル、8.2%の大幅安の99.50ドルで終了。一時は97.43ドルと4月26日以来の安値をつけた。世界的な景気後退懸念から売りが広がったとされるが、それはここまで何度も見られたこと。その都度、先行きの需給ひっ迫を理由に、買い戻されてきた経緯が原油にはある。

この日の原油と金の下げで共通するのは、ドル高だ。ロンドンの午前の取引序盤に、にわかにユーロ売りが膨らみ下げ足を速めた。1800ドルの節目では多少の抵抗はあったものの買いが切れると、急速に値を消すことになった。1763.90ドルは、ほとんど安値引けといえる。

ユーロ売りが膨らんだ背景は判然としない。

NYの連休で溜まっていた売りオーダーがロンドン序盤に一度に出されたという指摘がある。一方で、欧州でも景気減速を示す指標が続いており、欧州中央銀行(ECB)が、予想されるほど強気の利上げが出来ないのではとの見方が生まれ、売りにつながったといえる。米欧で今後、金利差が拡大する可能性がある。

経済指標と言えば、5月のドイツの貿易収支は10憶ユーロの赤字に転落。1991年以来のことで、赤字幅は過去最高となった。欧州最大のドイツ経済が変調をきたすとなると、欧州全体も景気後退入りするとの懸念が高まった。またこの日、欧州や英国で天然ガス価格が急騰したことも、市場センチメントの悪化につながった。

こうした中、構成銘柄でユーロの比率の高いドル指数(DXY)は大きく水準を切り上げた。6月中旬に105ポイント台の半ばまで買われ、20年ぶりの高値となっていたが、この日は一時106.792とこれを一気に更新。終値も106.535となった。

一連の流れから思うのは、予想外に広がったNY金の下落は、ドル指数急伸に反応したファンドのアルゴリズム・プログラムによるロボット・トレードによりもたらされたということ。 先週まで2カ月余りにわたり維持されてきた1800ドル台前半のレンジを崩すほどの変化は、需給構造には表れていない。

株式市場と同じだが、この数年、コモディティをポートフォリオに組み入れる際に、パッシブ運用(インデクス運用)が増えていた。ここにきて景気悪化観測とコロナバブルの巻き戻しでポジションを閉じる際に、パッケージ商品が換金売りされ、それが広範囲の商品に売りが広がった背景と見られる。ゴールドはその中に必ず入っている商品でもある。そうした売りに地合いが悪化していたところに、ユーロ安主導のドル指数の急騰がプログラムをヒットさせ、急落につながった。 テクニカル要因の悪化は避けられず、元の水準への早期の復帰は難しそうだ。しかし、これ以上の下値は深くないと思われる。

今週の米雇用統計や来週の米CPI(消費者物価指数)の結果にもよるが、3種間ほどの日柄がかかるかもしれない。

なお米債市場だが、2年債利回りは2.829%で終了。一方、10年債は2.805%で終了。6月13日以来の長短金利逆転現象(逆イールド)が起きることになった。言うまでもなく景気後退の予兆とされるものだが、6月の発生時の水準は3.3%台だったが、水準自体も低く、今回の方が減速・後退を意識させるものとなっている。

歴史的な水準の弱気相場

歴史的な水準の弱気相場

ライブチャート

・価格が200DMAの下で取引されている場合、それはしばしば弱気相場とみなされる。 弱気相場での取引
・価格が200DMAの上で取引されている場合、それはしばしば強気相場と見なされる。

ライブチャート

ビットコインにおけるファンダメンタル評価の変化

・投資家が安い価格で蓄積したコインを売却し、高く評価し直すと実現価格が上昇する。これは、強気相場や利確における典型的な例である。
・投資家による損失を発生し、正味の資本流出を反映して高い価格で蓄積されたコインを売却すると実現価格は低下する。これは弱気市場や市場のキャピチュレーションの典型的な例である。

ライブチャート

弱気相場での取引 ライブチャート

ライブチャート

ロックされる損失

ネット実現損益(Net Realized Profit/Loss)指標は、投資家がその日にコインを売却することで発生する純資本のフロー体制を把握するものである。最近発生した2万ドル台にかけた価格崩壊では、史上最大の日次米ドル建て実現損失を伴いピリオドを打った。投資家は1日で-42億3400万ドルの損失を確定し、これは2021年半ばに記録した34億5700万ドルから22.5%増加した。

ライブチャート

ライブチャート

ライブチャート

ライブチャート

・価格はATHから-73.3%下落しており、過去の弱気市場の安値における上限と一致している。
・トップからボトムまでの期間は、弱気相場が始まったと判断される日から算出すると227日から435日の間である。
・200日移動平均線を下回る乖離は非常に大きく、取引日のうち悪化したのはわずか2%である。
・市場は史上最大の月間実現総額の下落を統計的に記録した。
・これは絶対的損失と相対的損失の両方をロックした売却行動によって裏付けられており、取引日のうち3.5%のみが大きな資金流出を経験している。
・損失のある取引高と収益のある取引高の比率は歴史的な高水準に達しており、これは投資家コホートが深い苦しみにあることを意味する。

2021-22年のビットコイン弱気相場は、その深刻さ、深さ、そして投資家による資本流出と実現損失の規模において、例え歴史上最も重要ではなかったとしても、明らかにそのうちの重要な出来事の一つであると確実に主張できる。

イーサリアムの現状

弱気相場での取引 ライブチャート

ビットコイン占有のレジーム(高い値)は、BTCの優位性を示し、上昇トレンドはBTCを支持する一般的な資本の回転を示す。
イーサリアム占有レジーム(低い値)は、ETHの優位性を示し、下降トレンドはETHを支持する一般的な資本の回転を示し、これはしばしばデジタル資産におけるリスクカーブのさらに外側でのアウトパフォーマンスを伴う。

ライブチャート

ライブチャート

弱気相場での取引 ライブチャート

ライブチャート

ETH 2.0預入金のMVRV比率は、預入金が行われた時の価格スタンプに基づいて計算できる。比較すると、ステーキングしたETHの1枚あたりの平均価格は2.4kドルであり、現在のスポット価格の2倍以上となっている。これにより、ETH 2.0ステーキングしている人は合計で-55%の含み損を抱えており、ETH投資家と比較して-22%悪いパフォーマンスとなっている。

ライブチャート

・2021年12月 - オミクロンの変種と最初のFRBによる国債のテーパリングの懸念の中で、54億ドルの先物建玉が強制ロスカットされたことにより、イーサリアムから約116億ドルの資本流出を引き起こし、市場全体を巻き込むデレバレッジイベントとなった(我々の以前の記事はこちら)。
・2022年5月~6月 Luna崩壊と2次的な効果によるデレバレッジがデジタル資産のエコシステム全体に波及し、ETHから約160億ドルの資金流出が発生した。

ライブチャート

イーサリアムトランザクション収益性(Ethereum Transaction Profitability)は、その日の全取引で実現した平均収益(プラスの場合には緑色)または損失(マイナスの場合には赤色)を表示する。

ライブチャート

・イーサリアムのピーク時のドローダウンは-79.5%であり、この売り相場は過去の弱気市場における底値の上限内に位置している。
・BTCの優位性は資本フローの動きを支配しており、これは歴史的に、さらに翌月のETHのパフォーマンスが低下することを示唆している。
・バイトあたりのイーサリアム獲得価値は、資本効率の悪化を示唆しており、0.15ドル/バイトのレベルが再び到来する場合、さらに50%下落する可能性を示唆している。早期の回復は、イーサリアムネットワークによる価値獲得メカニズムが改善されたことを示している。
・過去6ヶ月間、統計的にイーサリアム史上最大の資本崩壊イベントが2回発生し、実現総額からの純流出額は合計276億ドルに相当する。
・ETHとETH 2.0のMVRVによると、大幅なドローダウンが発生しており、ETH保有者が平均的に大きな含み損を抱えていることを示唆している。
・イーサリアムのトランザクションの収益性は、投資家が各取引で平均-16%の損失を実現している。2019年1月最後に見られたレベルで低迷し続けている。

サマリーと結論

La Expulsión de los Turistas de Bitcoin

La Expulsión de los Turistas de Bitcoin

Bitcoin acaba de cerrar con uno de los peores recorridos mensuales de su historia, ya que junio nos ha dejado un desplome del -37%. Bitcoin ya casi ha terminado de expulsar 弱気相場での取引 por completo a todos los turistas del mercado, 弱気相場での取引 abandonando al enjambre de HODLers como nuestra última línea de defensa.

Market Pulse: ETH 2.0 Stakers Are Underwater

Market Pulse: ETH 2.0 Stakers Are Underwater

The Ethereum 2.0 弱気相場での取引 upgrade is one of the most anticipated, and most watched events in digital asset industry. However, with staked ETH locked up, and 弱気相場での取引 market prices declining over 75%, the vast majority of stakers are now firmly underwater on their position.

خروج توریست ها از بازار بیتکوین

خروج توریست ها از بازار بیتکوین

ماه ژوئن با 37.9 درصد سقوط قیمت، یکی از بدترین ماه هایی بود که بیتکوین تا کنون تجربه کرده است. بسیاری از تماشاگران از بازی بیتکوین خارج شدند 弱気相場での取引 و تنها هولدرهای مصمم به عنوان آخرین سنگر دفاعی بیتکوین باقی مانده اند.

歴史的な水準の弱気相場

歴史的な水準の弱気相場

ライブチャート

・価格が200DMAの下で取引されている場合、それはしばしば弱気相場とみなされる。
・価格が200DMAの上で取引されている場合、それはしばしば強気相場と見なされる。

ライブチャート

ビットコインにおけるファンダメンタル評価の変化

・投資家が安い価格で蓄積したコインを売却し、高く評価し直すと実現価格が上昇する。これは、強気相場や利確における典型的な例である。
・投資家による損失を発生し、正味の資本流出を反映して高い価格で蓄積されたコインを売却すると実現価格は低下する。これは弱気市場や市場のキャピチュレーションの典型的な例である。

ライブチャート

ライブチャート

ライブチャート

ロックされる損失

ネット実現損益(Net Realized Profit/Loss)指標は、投資家がその日にコインを売却することで発生する純資本のフロー体制を把握するものである。最近発生した2万ドル台にかけた価格崩壊では、史上最大の日次米ドル建て実現損失を伴いピリオドを打った。投資家は1日で-42億3400万ドルの損失を確定し、これは2021年半ばに記録した34億5700万ドルから22.5%増加した。

弱気相場での取引 ライブチャート

ライブチャート

ライブチャート

ライブチャート

・価格はATHから-73.3%下落しており、過去の弱気市場の安値における上限と一致している。
・トップからボトムまでの期間は、弱気相場が始まったと判断される日から算出すると227日から435日の間である。
・200日移動平均線を下回る乖離は非常に大きく、取引日のうち悪化したのはわずか2%である。
・市場は史上最大の月間実現総額の下落を統計的に記録した。
・これは絶対的損失と相対的損失の両方をロックした売却行動によって裏付けられており、取引日のうち3.5%のみが大きな資金流出を経験している。
・損失のある取引高と収益のある取引高の比率は歴史的な高水準に達しており、これは投資家コホートが深い苦しみにあることを意味する。

2021-22年のビットコイン弱気相場は、その深刻さ、深さ、そして投資家による資本流出と実現損失の規模において、例え歴史上最も重要ではなかったとしても、明らかにそのうちの重要な出来事の一つであると確実に主張できる。

イーサリアムの現状

ライブチャート

ビットコイン占有のレジーム(高い値)は、BTCの優位性を示し、上昇トレンドはBTCを支持する一般的な資本の回転を示す。
イーサリアム占有レジーム(低い値)は、ETHの優位性を示し、下降トレンドはETHを支持する一般的な資本の回転を示し、これはしばしばデジタル資産におけるリスクカーブのさらに外側でのアウトパフォーマンスを伴う。

ライブチャート

ライブチャート

ライブチャート

ライブチャート

ETH 2.0預入金のMVRV比率は、預入金が行われた時の価格スタンプに基づいて計算できる。比較すると、ステーキングしたETHの1枚あたりの平均価格は2.4kドルであり、現在のスポット価格の2倍以上となっている。これにより、ETH 2.0ステーキングしている人は合計で-55%の含み損を抱えており、ETH投資家と比較して-22%悪いパフォーマンスとなっている。

ライブチャート

・2021年12月 - オミクロンの変種と最初のFRBによる国債のテーパリングの懸念の中で、54億ドルの先物建玉が強制ロスカットされたことにより、イーサリアムから約116億ドルの資本流出を引き起こし、市場全体を巻き込むデレバレッジイベントとなった(我々の以前の記事はこちら)。
・2022年5月~6月 Luna崩壊と2次的な効果によるデレバレッジがデジタル資産のエコシステム全体に波及し、ETHから約160億ドルの資金流出が発生した。

弱気相場での取引 ライブチャート

イーサリアムトランザクション収益性(Ethereum Transaction Profitability)は、その日の全取引で実現した平均収益(プラスの場合には緑色)または損失(マイナスの場合には赤色)を表示する。

ライブチャート

・イーサリアムのピーク時のドローダウンは-79.5%であり、この売り相場は過去の弱気市場における底値の上限内に位置している。
・BTCの優位性は資本フローの動きを支配しており、これは歴史的に、さらに翌月のETHのパフォーマンスが低下することを示唆している。
・バイトあたりのイーサリアム獲得価値は、資本効率の悪化を示唆しており、0.15ドル/バイトのレベルが再び到来する場合、さらに50%下落する可能性を示唆している。早期の回復は、イーサリアムネットワークによる価値獲得メカニズムが改善されたことを示している。
・過去6ヶ月間、統計的にイーサリアム史上最大の資本崩壊イベントが2回発生し、実現総額からの純流出額は合計276億ドルに相当する。
・ETHとETH 2.0のMVRVによると、大幅なドローダウンが発生しており、ETH保有者が平均的に大きな含み損を抱えていることを示唆している。
・イーサリアムのトランザクションの収益性は、投資家が各取引で平均-16%の損失を実現している。2019年1月最後に見られたレベルで低迷し続けている。

サマリーと結論

La Expulsión de los Turistas de Bitcoin

La Expulsión de los Turistas de Bitcoin

Bitcoin acaba de cerrar con uno de los peores recorridos mensuales de su historia, ya que junio nos ha dejado un desplome del -37%. Bitcoin ya casi ha terminado de expulsar por completo a todos los turistas del mercado, abandonando al enjambre de HODLers como nuestra última línea de defensa.

Market Pulse: ETH 2.0 Stakers Are Underwater

Market Pulse: ETH 2.0 Stakers Are Underwater

The Ethereum 2.0 upgrade is one of the most anticipated, and most watched events in digital asset industry. However, with staked ETH locked up, and market prices declining over 75%, the vast majority of stakers are now firmly underwater 弱気相場での取引 弱気相場での取引 on their position.

خروج توریست ها از بازار بیتکوین

خروج توریست ها از 弱気相場での取引 بازار بیتکوین

ماه ژوئن با 37.9 درصد سقوط قیمت، یکی از بدترین ماه هایی بود که بیتکوین تا کنون تجربه کرده است. بسیاری از تماشاگران از بازی بیتکوین خارج شدند و تنها هولدرهای مصمم به عنوان آخرین سنگر دفاعی بیتکوین باقی مانده اند.

歴史的な水準の弱気相場

歴史的な水準の弱気相場

ライブチャート

・価格が200DMAの下で取引されている場合、それはしばしば弱気相場とみなされる。
・価格が200DMAの上で取引されている場合、それはしばしば強気相場と見なされる。

ライブチャート

ビットコインにおけるファンダメンタル評価の変化

・投資家が安い価格で蓄積したコインを売却し、高く評価し直すと実現価格が上昇する。これは、強気相場や利確における典型的な例である。
・投資家による損失を発生し、正味の資本流出を反映して高い価格で蓄積されたコインを売却すると実現価格は低下する。これは弱気市場や市場のキャピチュレーションの典型的な例である。

ライブチャート

ライブチャート

ライブチャート

ロックされる損失

ネット実現損益(Net Realized Profit/Loss)指標は、投資家がその日にコインを売却することで発生する純資本のフロー体制を把握するものである。最近発生した2万ドル台にかけた価格崩壊では、史上最大の日次米ドル建て実現損失を伴いピリオドを打った。投資家は1日で-42億3400万ドルの損失を確定し、これは2021年半ばに記録した34億5700万ドルから22.弱気相場での取引 5%増加した。

ライブチャート

ライブチャート

ライブチャート

ライブチャート

・価格はATHから-73.3%下落しており、過去の弱気市場の安値における上限と一致している。
・トップからボトムまでの期間は、弱気相場が始まったと判断される日から算出すると227日から435日の間である。
・200日移動平均線を下回る乖離は非常に大きく、取引日のうち悪化したのはわずか2%である。
・市場は史上最大の月間実現総額の下落を統計的に記録した。
・これは絶対的損失と相対的損失の両方をロックした売却行動によって裏付けられており、取引日のうち3.5%のみが大きな資金流出を経験している。
・損失のある取引高と収益のある取引高の比率は歴史的な高水準に達しており、これは投資家コホートが深い苦しみにあることを意味する。

2021-22年のビットコイン弱気相場は、その深刻さ、深さ、そして投資家による資本流出と実現損失の規模において、例え歴史上最も重要ではなかったとしても、明らかにそのうちの重要な出来事の一つであると確実に主張できる。

イーサリアムの現状

ライブチャート

ビットコイン占有のレジーム(高い値)は、BTCの優位性を示し、上昇トレンドはBTCを支持する一般的な資本の回転を示す。
イーサリアム占有レジーム(低い値)は、ETHの優位性を示し、下降トレンドはETHを支持する一般的な資本の回転を示し、これはしばしばデジタル資産におけるリスクカーブのさらに外側でのアウトパフォーマンスを伴う。

ライブチャート

ライブチャート

ライブチャート

ライブチャート

ETH 2.0預入金のMVRV比率は、預入金が行われた時の価格スタンプに基づいて計算できる。比較すると、ステーキングしたETHの1枚あたりの平均価格は2.4kドルであり、現在のスポット価格の2倍以上となっている。これにより、ETH 弱気相場での取引 2.0ステーキングしている人は合計で-55%の含み損を抱えており、ETH投資家と比較して-22%悪いパフォーマンスとなっている。

ライブチャート

・2021年12月 - オミクロンの変種と最初のFRBによる国債のテーパリングの懸念の中で、54億ドルの先物建玉が強制ロスカットされたことにより、イーサリアムから約116億ドルの資本流出を引き起こし、市場全体を巻き込むデレバレッジイベントとなった(我々の以前の記事はこちら)。
・2022年5月~6月 Luna崩壊と2次的な効果によるデレバレッジがデジタル資産のエコシステム全体に波及し、ETHから約160億ドルの資金流出が発生した。

ライブチャート

イーサリアムトランザクション収益性(Ethereum Transaction Profitability)は、その日の全取引で実現した平均収益(プラスの場合には緑色)または損失(マイナスの場合には赤色)を表示する。

ライブチャート

・イーサリアムのピーク時のドローダウンは-79.5%であり、この売り相場は過去の弱気市場における底値の上限内に位置している。
・BTCの優位性は資本フローの動きを支配しており、これは歴史的に、さらに翌月のETHのパフォーマンスが低下することを示唆している。
・バイトあたりのイーサリアム獲得価値は、資本効率の悪化を示唆しており、0.15ドル/バイトのレベルが再び到来する場合、さらに50%下落する可能性を示唆している。早期の回復は、イーサリアムネットワークによる価値獲得メカニズムが改善されたことを示している。
・過去6ヶ月間、統計的にイーサリアム史上最大の資本崩壊イベントが2回発生し、実現総額からの純流出額は合計276億ドルに相当する。
・ETHとETH 2.0のMVRVによると、大幅なドローダウンが発生しており、ETH保有者が平均的に大きな含み損を抱えていることを示唆している。 弱気相場での取引 弱気相場での取引
・イーサリアムのトランザクションの収益性は、投資家が各取引で平均-16%の損失を実現している。2019年1月最後に見られたレベルで低迷し続けている。

サマリーと結論

La Expulsión de los Turistas de Bitcoin

La Expulsión de los Turistas de Bitcoin

Bitcoin acaba de cerrar con uno de los 弱気相場での取引 peores recorridos mensuales de su historia, ya que 弱気相場での取引 弱気相場での取引 junio nos ha dejado un desplome del -37%. Bitcoin ya casi ha terminado de 弱気相場での取引 弱気相場での取引 expulsar por completo a todos los turistas del mercado, abandonando al enjambre de HODLers como 弱気相場での取引 弱気相場での取引 弱気相場での取引 nuestra última línea de defensa.

Market Pulse: ETH 2.0 Stakers Are Underwater

Market Pulse: ETH 2.0 Stakers Are Underwater

The Ethereum 2.0 upgrade is one of the most anticipated, and most watched events in digital asset industry. However, with staked ETH locked up, and market prices declining over 75%, the vast majority of stakers are now firmly underwater 弱気相場での取引 on their position.

خروج توریست ها از بازار بیتکوین

خروج توریست ها از بازار بیتکوین

ماه ژوئن با 37.9 درصد سقوط قیمت، یکی از بدترین ماه هایی بود که بیتکوین تا کنون تجربه کرده است. بسیاری از تماشاگران از بازی بیتکوین خارج شدند و تنها هولدرهای مصمم به عنوان آخرین سنگر دفاعی بیتکوین باقی مانده اند.

弱気相場での取引

ロング=買い、ショート=売り
△=プラス、▼=マイナス
☆新規、★実行済み
SL=損失確定(Stop Loss)
TP=利益確定(Take Profit)

本レポートは朝夕2回配信。土日及び祝祭日は無配信のためSLのみ提示。
指値注文タイムリミット:東京市場 17:00、海外市場 5:00(日本時間)
SL/TPは最大100pips前後を目処に実施。最終のご判断は自己責任にてお願いいたします。

バックナンバー

弱気相場での取引
2022年07月06日 為替モーニング東京市場2022年7月6日
2022年07月05日 為替イブニング海外市場2022年7月5日
2022年07月05日 為替モーニング東京市場2022年7月5日
2022年07月04日 為替モーニング東京市場2022年7月4日
2022年07月01日 為替イブニング海外市場2022年7月1日

プロフィール

著者近影

  • 鈴木郁雄(すずきいくお)
    フランスの3大銀行のひとつであるソシエテジェネラル銀行東京支店に勤務、外国資金本部長として20年間のディーリング経験を持ち、為替のみならず、デリバティブなどマネー部門を統括。 2001年10月為替投資顧問会社ケンティッシュ ジャパンを設立、今現在も邦銀大手ならびにロンドン・ニューヨークなどの外銀ディーラーと 親密に情報交換し、投資家心理を交えて独自の分析に定評がある。

FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引、証券取引、および暗号資産CFD取引(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)に関するご注意

【証券】
国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。有価証券のお預りが無く、一定期間証券口座のご利用が無い場合等は、別紙 ①「手数料等のご案内」に記載の 弱気相場での取引 証券口座維持管理手数料1,100円(消費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる