オンライン外国為替取引

Ripple(リップル)仮想通貨情報局

Ripple(リップル)仮想通貨情報局

リップルは実用的な利用が着実に進みつつあります。

リップル/円(XRP/JPY)チャート・相場・価格情報

ビットポイントにおける現物取引のリップル/円(XRP/JPY)のチャートです。該当期間の相場変動をチャートで表示しています。相場情報はディレイ表示です。
ビットポイントでは「リップル(XRP)」をはじめ、ビットコイン、 ビットコインキャッシュ、ライトコイン、イーサリアム、ベーシックアテンショントークン、トロン、エイダ、ジャスミー、ポルカドット、チェーンリンク、ディープコイン、アイオーエスティーなどの暗号資産を取り扱っています。

リップル/円(XRP/JPY)相場価格情報

リップル時系列価格

  • 年初来高値 : ‐ (‐年‐月‐日)
  • 年初来安値 : ‐ (‐年‐月‐日)
日付 始値 高値 安値 終値
  • 終値:ビットポイントでは当日16時00分の数値を終値としております。

リップルの詳細情報

Ripple(リップル)仮想通貨情報局
特徴 リップル(XRP)は、2004年にカナダのRyan Fuggerによって考案、Chris Larsen(クリス・ラーセン)氏らにより開発されたブロックチェーン技術を利用した外国為替・送金ネットワークです。金融機関の送金において法定通貨間のブリッジ通貨としてオンデマンドの流動性を提供する役割を有しています。ビットコインと同様にブロックチェーン技術を用いていますが、リップル(XRP)ではPoW方式ではなく独自のコンセンサスシステム(PoC)を採用しています。これによってビットコインで問題となっていた、スケーラビリティ問題や大幅な電力消費を解決し、決済スピードを向上させることができました。
発行上限 1,000億 XRP
承認方式 Proof of Consensus
暗号方式 取引はED25519 and SECP256K1によって暗号署名が行われ、ハッシュにはSHA512 halfが使われる。さらに、Multi-sign機能によって高度のセキュリティを可能としている。
管理機関 Ripple, Inc.
関連人物 ライアン・ファガー
Ryan Fugger

【暗号資産取引に関するリスク説明】

暗号資産に関する留意事項

  • 当社が取り扱う暗号資産は、当社自身が資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
  • 金融庁・財務局が、これらの暗号資産の価値を保証したり、推奨するものではありません。
  • 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
    暗号資産交換業者登録一覧
  • 暗号資産は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
  • 暗号資産の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

《暗号資産を利用する際の一般的な注意点》

  • 暗号資産は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
  • 暗号資産は、価格が変動することがあります。暗号資産の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。
  • 暗号資産は移転記録の仕組みの破綻等により、その価値が失われる場合があります。
  • 秘密鍵やパスワードを失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値が失われる可能性があります。
  • 当社が倒産した場合には、預託された金銭及び暗号資産を返還することができない可能性があります。
  • 暗号資産は対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使⽤することができます。
  • 当社の提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)があり、その差額がお客様の取引コストとなります。
  • 暗号資産の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。
  • 暗号資産や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。

詳しくはこちらを御覧ください。
その他の重要事項及び取引内容、手数料等につきましては、「取引約款」「暗号資産現物取引に関する説明書」をご確認ください。
お問い合わせ・よくあるご質問はこちら

株式会社ビットポイントジャパン 〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-3-9 暗号資産交換業者 関東財務局長 第00009号 加入協会: 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 公益社団法人 日本監査役協会

【根拠】リップル(XRP,ripple)が1000円になる可能性を徹底解説!!

コインチェックのバナー

ゴリわかくん

ゴリ美ちゃん

リップル(XRP,ripple)は将来1000円に到達する!?

リップルは国際送金に使われる

まず、リップルは 国際送金に使われる通貨 です。

この方法だと、送金するだけで 2000円~6000円の手数料と、1~3日の時間 がかかります。

既存の送金方法

このようにリップルを挟むことで、 ほとんど手数料をかけずに、数秒で送金することができる ようになるのです。

リップルはすでに実用的な利用が進んでいる

例えば、 中央銀行をはじめとする世界中の銀行と提携を始めています。

「我々は世界中の40~50の銀行と共に仕事をしている」

リップルが1000円に到達する根拠

リップルは1000円になる

アジアの送金市場の規模は約5000億ドル です。

そして、リップルの発行枚数は 1000億枚 ですが、 2018年12月で430億枚がロックアップ されています。

なので、流通しているリップルの枚数は 570億枚 です。

リップルが1000円になる根拠

アジアでリップルが利用されるだけで 1XRPの価格は約1000円になります。

そして、現在の国際送金市場全体の取引量は 620兆円 と言われており、単純計算で全ての送金をリップルを賄うとすると、以下のように試算することができます。

リップルが6200円になる理由

今の国際送金の全てがリップルに置き換わるとすると 1XRP=6200円 まで上がると計算で出るのです。

このことを踏まえると、 1XRP=1000円はいかないと国際送金が成り立たない のではないでしょうか。

よって、 かなり高い可能性で1000円になるでしょう。

また、取引手数料が他の取引所は数%かかるのに対してビットポイントなら 無料 ですのでお得に取引できますね!

リップル(XRP,ripple)の価格予想!1000円の可能性は?

SBI北尾氏は 年末に10ドルまで上がる可能性がある と予想しています。

実用的な利用がかなり現実的になってきた ことを踏まえてのこの予想なのでしょう。

NASDAQ

アメリカの市場として有名な NASDAQは数年で5ドル到達 という見方をしています。

また、十数億をリップルに投資していることで知られる与沢翼氏も Ripple(リップル)仮想通貨情報局 「リップルは持ち続けるか」「今買い増すか」 というような発言をしています。


リップル(XRP,ripple)を購入するならBITPoint(ビットポイント)!

ビットポイントのホームページ

  • 入金、出金、送金、取引手数料などほとんどの手数料が無料で超お得
  • 登録&入金だけで3000円分のビットコインがもらえる!
  • セキュリティが高く、安心して取引ができる!

ビットポイントは ほとんどの手数料が無料 で、とてもお得に取引することができます。

取引するたびにかかる取引手数料も無料なので、 他のどこの取引所よりも安いんです!

▼ビットポイントの登録方法をわかりやすく解説しています!▼
ビットポイント(BITPoint)の登録方法/本人確認審査を画像で解説!|口座開設にかかる日数や時間は?

また、ビットポイントは セキュリティも非常に高い ことでも注目されています。

ビットポイントのセキュリティ

ビットポイントは金融機関に求められるレベルの 「A」のランクを取得 しました。

\今ならキャンペーン中!/

リップル(XRP,ripple)1000円まとめ

XRPのロゴ


リップルは実用的な利用が着実に進みつつあります。

国際送金に使われていくにつれて必然的にリップルの価格も上がっていく と考えられ、 アジアで使われていけば年内1000円が適正価格 です。

今なら 1XRP=約50円なので、20倍もの利益ですよね。

リップルを買うなら「今」 しかないですよ!

安くリップルを買うなら取引手数料無料のビットポイントがおすすめ!

\手数料がずっと無料!/

仮想通貨デビューはコインチェックで

BitMEX(ビットメックス)とbitFlyer(ビットフライ… Ripple(リップル)仮想通貨情報局

仮想通貨国内取引所ランキングのロゴ

Coincheck(おすすめ)

コインチェックのバナー

GMOコイン

GMOコイン

kinyutyo

当サイトの運営会社

株式会社First node 株式会社First nodeは、初心者・中級者向けの仮想通貨サイト「ゴリゴリわかる仮想通貨」の管理・運営を行う会社です。

リップル(XRP)の今後は期待できる?2022年6月最新情報から見通しを考察!

リップル 今後

リップルのメリット

¥¥

・送金スピードが非常に速い
・多くの金融機関と提携している
・「Ripple Inc.」が企業として管理をしている

送金スピードが非常に速い

前述したように、リップル(XRP)は「取引スピード」と「コストの低さ」が大きく評価されています。

一方リップル(XRP)では「即時グロス決済システム(RTGS)」を採用。この方法は3〜5秒での承認作業が可能となっているため、多くの中央銀行でも使われています。

このように、仮想通貨(暗号資産)的ではなく、中央銀行に近いシステムを利用していることで「取引速度」や「送金コスト」を優れたものにしているのですね。

多くの金融機関と提携している

中央集権的なシステムや企業向けのプロダクトが多いという特徴があるため、金融機関との相性が良く、他の仮想通貨(暗号資産)よりも決済方法として選ばれやすくなっています

「Ripple Inc.」が企業として管理をしている

前述したように、リップル(XRP)は「Ripple Inc.」という企業が管理、運営しています。
多くの仮想通貨(暗号資産)では、中央機関を使った管理をしていないため、大きな特徴と言えるでしょう。

このような管理方法によるメリットには、取引やアップデートなどを企業として決定し、実行することが挙げられます。

現在、発行はすでに上限の1,000億枚まで済んでいるため、発行の管理はしていませんが、流通の管理は「Ripple Inc.」がしている状態です。発行済み枚数のうち630億枚を「Ripple Inc.」が保有し、流通する量を管理しているのです。

リップル(XRP)の3つのデメリット・注意点

リップルのデメリット

・取引・マイニングに規制をかける国が出ている
・裁判に負けるリスクがある
・リップル(XRP)が普及しても価値が上がらない可能性がある

取引・マイニングに規制をかける国が出ている

裁判に負けるリスクがある

リップル(XRP)が普及しても価値が上がらない可能性がある

国際送金などの実用化をメインに考えており、流通量を増やすために発行上限の1,000億枚まで発行済み。2022年3月時点の価格は1コイン当たり88円となっています。

今後リップル(XRP)の取引におすすめの取引所

Coincheck(コインチェック)

・国内暗号資産取引アプリダウンロード数No,1
・取り扱い通貨数国内最大級
・取引所の取引手数料無料
・関東財務局登録済みの暗号資産交換業者

Coincheck(コインチェック)は、リップルを含む17の暗号資産を購入できる取引所です。取引所の取引手数料は無料なので、初診者の方にもおすすめのサービスだといえます。

コインチェックはマネックスグループを親会社に持っており、セキュリティー対策もしっかりしている取引所です。

コインチェックアプリのダウンロード数は、国内暗号資産取引アプリの中でNo.1。操作性が高い証拠だと言えますね。

  • 取り扱い銘柄数:17種類
  • 取引所手数料:無料
  • 運営会社:コインチェック株式会社

※1 2020年1月 - 12月(データ協力:App Annie)
※ 22020年12月金融庁暗号資産交換業者登録対象、コインチェック調べ
※出典:公式サイト

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

・ビットコイン取引量6年連続No.1 Ripple(リップル)仮想通貨情報局 ※1
・業界最長7年以上ハッキング0

  • 取り扱い銘柄数:15種類
  • 入金手数料
    クイック入金手数料(住信SBIネット銀行から):無料
    クイック入金手数料(住信SBIネット銀行以外から):330円
  • 出金手数料
    三井住友銀行 の場合
    3 万円未満の出金:220 円
    3 万円以上の出金:440 円
    三井住友銀行 以外の場合
    3 万円未満の出金:550 円
    3 万円以上の出金:770 円
  • 運営会社:株式会社bitFlyer

※上記の金額は税込表示です。
※1 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

GMOコイン

GMOコイン

・取り扱い銘柄数国内No.1 ※公式参照
・オリコン顧客満足度No.Ripple(リップル)仮想通貨情報局 1 ※公式参照

仮想通貨リップル(XRP)SBI Ripple Asia『実装試験を完了』ある計画も明かされた!

【引用元】
https://coinpost.jp/
https://coinotaku.com/
https://jp.cointelegraph.com/
https://bittimes.net/
公式Line@では、登録者限定!仮想通貨の極秘情報を配信します。
【Check Coin News】公式LINE@はコチラ
↓↓↓↓
https://line.me/R/ti/p/%40dvh3616v
#仮想通貨 #リップル #XRP
【Check Coin News】仮想通貨リップル 最新情報ch
チャンネル登録はコチラ
↓↓↓↓
https://goo.gl/RNMtdA

======================================================
関連動画
仮想通貨リップル(XRP)最強の証!結論として『あの通貨より適合性が最も高い』その根拠がコレだ!

仮想通貨リップル(XRP)日本でも、2022年4月から導入決定!日本全体の成長も加速する

仮想通貨リップル(XRP)公開『リップル社とSECが合意』新たな展開に注目

仮想通貨リップル(XRP)今年の終わりまでに『かたをつける』残り約30億XRP

どのコインを買えば億万長者になれるのか説明します。

リップル(XRP)とは?特徴・仕組み・歴史

g_05_01.jpg

ビットコインなどの仮想通貨は、コンピューターで膨大なデータを処理するPoW(Proof of Work)によるマイニングを実施して取引の承認を行います。 この方式のマイニングは自由競争であるため、マイニング競争が発生しています。
競争があるがゆえに、コストをかけられる一部の法人しか競争に勝ち残ることができず、その結果として一部の法人がマイニングを占有してしまっていることが問題点としてあげられます。

IOU取引

リップルでは送受金時に「IOU取引」と呼ばれるシステムが使われています。
IOC取引とは借用書や約束手形のような機能であり、直接通貨を口座に送るのではなくまずは送金したという「借り」を作り、後に必要に応じて回収を行うシステムです。
※IOUはI Owe U(you)の略で、「あなたに借りがある」という意味です。

リップル(XRP)の歴史

2012年に「Ripple Consensus Ledger」開始

リップルは2012年に、XRP Ledgerの前身となる「Ripple Consensus Ripple(リップル)仮想通貨情報局 Ledger(RCL)」の開発を行います。
リップルを使っての支払いを効率良く行うためのシステムとして注目されていましたが、送金される金額が可視化されてしまうというセキュリティ上の問題などが不安視されていました。
その点を改善を行った上で採用されたのが、現在のリップルで使われている分散型台帳XRP Ledgerです。

2015年にインターレジャーとの接続を行う構想を発表

2015年にはリップルのバージョンアップの構想が発表され、XRP Ledgerにインターレジャーのシステムを接続することが提唱されました。
インターレジャーとは「通貨間台帳」とも呼ばれ、仮想通貨や法定通貨を直接送金できるシステムです。
国際標準規格を作るこのプロジェクトが実現されれば、ブリッジ通貨も必要なくなるので、送金にかかる手数料が今よりも下がると言われています。

SBIホールディングスが「SBI Ripple Asia」を設立

2016年には、日本のSBIホールディングスがリップルと共同で「SBI Ripple Asia」という会社を設立します。
日本やアジア地域において仮想通貨技術を用いた新しい決済基盤を作りあげ、独自のソリューションを展開すると発表しました。
その後もリップルは多くの日本企業と提携しており、徐々に拡大を続けています。

注意事項
こちらのページは、情報提供のみを目的としており、仮想通貨取引等の勧誘を目的としたものではございません。
売買はご自身の判断にて行ってください。
また、お客さまがこの情報をご利用されたことによる行動の一切について責任を負うものではありません。
当社は情報提供のためコンテンツを掲載しておりますが、この情報の正確性・完全性を保証するものではありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる