トレーダーが解説

海外FXはゼロカットシステムで追証なし

海外FXはゼロカットシステムで追証なし
XMのスイスフランショックでのゼロカット対応
出典:重要なお知らせ - CHFに関する更新

海外FXでは追証ゼロサービスが常識、マイナス口座はありえない

日本のFX業者では預けた証拠金以上の損失が発生しないように、一定の証拠金を上回る損失がでた場合に強制的にポジションを決済させて取引を終了させるロスカットというシステムがあります。英語ではマージンコールといいます。ですが、ここ日本の業者ではポジションを決済するときの逆指値が相場の変動によってスリッページしたり、ひどいところでは決済そのものができなくてロスカットができなかったところがあります。その場合ポジションが証拠金残高を上回る損失を出して、証拠金残高がマイナスになって追加入金を催促されるいわゆる ”追証” が発生することがあります。

これに対して海外のFX業者では 「追証ゼロ」 というサービスが標準搭載されています。このサービスは文字通り、追証がゼロになるというものです。相場がどんなに急激に変動したとしても確実に決済処理が行われて、証拠金残高がマイナスにならないというのです。それなら日本の業者でも同じだ・・・と思うかもしれませんが、この0カットシステムは 0で処理されるというところ です。大きな変動が起きてレートが飛んだとしても、マイナス残高にはなりません。これに対して日本の業者ではロスカットの逆指値がうまく作動しないと証拠金を割り込んでしまうこともあり、実際に日本業者は今でもロスカットが作動せずに顧客に追証を出している業者がまだまだ存在しています。2015年のスイスフランショックでは0カットのあるなしが天国と地獄の分かれ道になってしまいました。

日本の業者ではスリッページでマイナス発生!

為替市場では年に何回か、クロス円がリスク回避の円買いによって大きく下落することがあります。リーマン・ショックやドバイ・ショック、ギリシャショック、東日本大震災ショックや米国債ショックなど、本当に何回も暴落しています。しかもその下落はあまりに急激なためにサーバーが安定せず、 約定力の弱い日本のFX業者の一部ではロスカットが作動しなかったことがいまだにあるのです 。過去にはアトランティックトレードがサブプライムショックでトルコリラをロスカットできずに顧客に2,000万の追証を出したというものがありましたが、それと似たようなことがいまだに起こっているのです。

ロスカット未収金発生件数発生金額(千円)
H22/90
H22/100
H22/1110
H22/120
H23/151,910
H23/2125,784
H23/3(注2)12,2161,694,590
H23/40
H23/510
H23/60
H23/759
H23/8571,464

上記は金融先物取引協会の集計で明らかになっているロスカット未収金発生状況の表です。2011年3月の地震ショックでは、なんとロスカット未収金が1万件もあったのです。2011年3月といえば東日本大震災によってドル円が82円から一気に76円まで暴落したとんでもない相場でした。急落したのは早朝であり、シドニー時間だったので注文も薄くレートも飛んでいたのです。3月にはロスカットによる未収金の損害が16億円も出ています。その後も普通の相場であった月でも数件、8月の急落でも50件ほど出ています。特にくりっく365などは早朝がメンテナンスになっているので、その時間に3月17日のような暴落がくるとロスカットによる逆指値が発動せずに、証拠金残高を上回る損失が出ます。くりっく365を代表として、 日本のFX業者のロスカットシステムはまだまだ未整備なのです 海外FXはゼロカットシステムで追証なし 。正直、ハイレバレッジでやっていくには日本の業者のサーバーと約定力は信用できないのです。

2015年1月15日スイスフラン急騰による追証恐怖

2015年1月15日CHFが瞬間的には40%もの大上昇を見せた日がありました。事の顛末は突如、スイス中銀は政策金利を-0.75%に引き下げて、CHFの上限策を中止したことにあります。 これまでスイス中銀はEURCHF1.20以上を維持する政策を取ってきており、1.20を割り込むとスイスフラン売りの為替介入を行ってきたため、トレーダーは安心してEURCHFを買っていたのですが、これがなくなったためCHFが急騰してEURCHFが大暴落、CHFがらみの通貨ペアは2000pips以上の大変動が起きました。このCHFの変動がなによりも怖かったのが、あまりにCHF買いが殺到したために決済注文のCHF売りが調達しきれずにレートが消えてしまう事態が起こったことです。それは注文が成立しない、つまり ロスカットも成立しないという現象を引き起こしました 。これによりCHF売りをしていた人は損失がみるみる増えていくのにロスカットもできず、場合によっては証拠金以上の損を出して口座資産がマイナスとなり追証になってしまったのです。特に日本の業者では0カット制度などありませんから、日本の業者を使って証拠金以上の損を出した人はのきなみ口座資産マイナスの追証をくらうこととなったのです。

スイスフランショックで0カット対応する海外FXブローカー


XM:
マイナス残高になった、全ての口座を1/17に"0"リセットし、今後も 海外FXはゼロカットシステムで追証なし 追証を請求しない 方針に変更は無く、今後もマイナス残高に対してはゼロカットを実施。 今後、対スイスフラン通貨ペアの条件変更(レバレッジ変更等)の可能性はああるが、1/19現在、これまでの条件と同じく対スイスフランペアの提供を継続。会社の財務体質やビジネスプランには、微々たる影響である。

(参考)2015/01/17 スイスフラン政策発表後の影響について

FXPRO:
マイナス残高になった、全ての口座を1/17に"0"リセットし、今後も 追証を請求しない 方針に変更は無し。今後も取引規定に基づき、マイナス残高に対してはゼロカットを実施。 1/15、相場の流動性が高まるまで、対スイスフラン通貨ペアの取扱を一時中止。 会社の財務体質やビジネスプランには影響無し。 1/17、ゼロリセットの詳細内容と、取引条件の変更はない旨のプレスリリースを発表。

IFCMarkets:
マイナス残高になった、全ての口座の"0"リセットは完了し、今後も 追証を請求しない 方針に変更は無い。今後もマイナス残高に対してはゼロカットを実施。 スイスフランショックによる、対スイスフラン通貨ペアの条件変更は無し。会社の財務体質への影響は小さい。

FXDD:
マイナス残高になった口座は、できるだけ早い追加入金を促し、今後も、市場の急変により口座がマイナスになった場合は、 追証を請求する 方針。 スイスフランショックによる、対スイスフラン通貨ペアの条件変更は無し。会社の財務体質への影響は小さい。

Pepperstone:
マイナス残高になった口座は、できるだけ早い追加入金を促し、今後も、市場の急変により口座がマイナスになった場合は、 追証を請求する 方針。スイスフランショックによる、対スイスフラン通貨ペアの条件変更は無し。会社の財務体質への影響は無し。

ゼロカットシステムや証拠金維持率について。XMは借金のリスクがゼロ!

かなめ

レバレッジとリスク

証拠金維持率とは?

必要証拠金の求め方

必要証拠金 = 為替レート × 通貨数 ÷ 最大レバレッジ

必要証拠金=100×100,000÷888=11,261円

証拠金維持率の計算式

証拠金維持率 = 時価評価額 ÷ 必要証拠金 × 100

証拠金維持率=110万円÷40万円×100=275

追証はどうなったら発生する?

証拠金維持率と追証の関係性
FX業者名 追証発生 強制ロスカット水準
GMOクリック証券100%以下50%
楽天FX100%以下※50%
DMMFX100%以下翌営業日までに入金がないとき
ヒロセ通商追証なし100%以下
YJFX100%以下追証発生日の24時までに入金がないとき
XMTrading 追証なし 20%以下

追証を支払わなければどうなる?

この追証を支払えない場合はFX業者から訴状が送られてきたり、裁判を起こされたりする なんてことも過去に起きているので、FX業者を選ぶ場合はマイナス残高を保護するゼロカットシステムがあるかどうかを必ず確認してください。XMは実際にゼロカットシステムを適用して、マイナス残高をリセットした実績があります。これだけでも、XMを利用する1つの理由になると思います。

かなめ

XMは追証があるのか?

上の表でも分かるとおり、XMでは追証という制度がありません。つまり、追加で資金を入金する必要がなく、もし、指標や経済ショック等で為替レートが大きく動きすぎたときでも、XMTradingではゼロカットシステムを導入しているため、借金を負う心配が一切ありません。予想以上の追証を要求されるFX業者が多く存在する中、 いくらレートが大きく動いても安心です。

【事実】XMで追証は発生しません【ゼロカットシステムは有能】

XMでの追証発生は100%なし【事実】

XM でトレードする限り、追証などの借金が発生することは 100% ありません。

やはり、トレードをするにあたって、一番な不安なことは 負債 を抱えてしまうことだと思いますが、そのような心配は一切必要ありません。

なぜかというと

XM は、国内 FX 業者にはない『ゼロカットシステム』を導入しているからです。

この『ゼロカットシステム』という機能のおかげで、 追証(借金)が発生することは 100% ない といった感じ。

余談ですが、恥ずかしい話、僕は FX を始めたての頃は、全く知識がなく負けまくっていましたが、一度も追証(借金)になることはありませんでした。

このように実際に、身をもって体験することで改めて XM では追証が発生しないと実感できました。

では、 『ゼロカットシステム』 についてわかりやすく説明をします。

XMのゼロカットシステムとは

XMのゼロカットシステムとは

では、 XM のゼロカットシステムについて下記の順に解説します。

  • ゼロカットシステムとは
  • ゼロカット反映されるタイミング
  • 為替・ CFD にもゼロカットは適用している

ゼロカットシステムとは

ゼロカットシステムとは、口座残高がマイナスを超えるロスカットをされても、証拠金以上の損失は被らない制度のことです。

要するに、口座に入れている証拠金以上の損失は 100% 被らないということ。

例えば、

  • 5 万円入金すれば、 5 海外FXはゼロカットシステムで追証なし 万円以上の損失は出ない
  • 10 万円入金すれば、 10 万円以上の損失は出ない

大きなマイナスな損失が出ても、0にリセットされることから『ゼロカット』と言われています。ゼロカットシステムは、国内 FX 業者にはないシステムなので XM を使うメリットの1つ でもありますね。

ではなぜ、国内の FX 業者はゼロカットシステムを導入していないかというと、日本の法律の金融商品取引法で、『損失の補填を禁止する』といったルールが定められているから。

ちなみに、レバレッジも国内 FX では法律により最大 海外FXはゼロカットシステムで追証なし 25 倍までですが、海外 FX の XM は日本の法律に左右されないため、 最大 888 までとなっています。

・ゼロカットシステム
・最大レバレッジ 888 倍

このように XM が導入している上記2つのルールは、トレーダーにとって最高の環境だとおもう。最大レバレッジ 888 倍に関する記事はこちら。

【知らないと損】XMのレバレッジルールと注意点【徹底解説】

マイナス残高が、ゼロカット反映されるタイミング

トレードをしてゼロカットになった場合、一時的にマイナス残高で表示されるのですが、ゼロカットシステムにより、 自動でマイナス残高が 0 にリセットされます。

ただ、その反映タイミングは明確に決まってはいないと言う感じです。

  • 即時で反映する場合
  • 数時間で反映する場合
  • 数日かかる場合( 3 営業日以内)

このように、マイナス残高にゼロカットシステムが適応されるまでタイミングがバラバラだったりします。僕がゼロカットした時は、翌営業日にはマイナス残高は リセット されていました。

もし、即時にゼロカットシステムを適用して、トレードを再開したいのであれば、追加入金すると自動的に口座残高が XM 側より補填されて、入金分が反映されます。

ひとこと 海外FXはゼロカットシステムで追証なし

為替・CFDにもゼロカットは適用している

XM の『ゼロカットシステム』は、 FX のみならず他の投資商品にも適用されます。
( XM が取り扱っている銘柄全種類)

実は、 XM 海外FXはゼロカットシステムで追証なし 海外FXはゼロカットシステムで追証なし は FX 通貨ペア以外にも様々な商品を取り扱っています。

XMの取り扱い銘柄一覧

  • FX 通貨ペア: 57 種類
  • CFD 銘柄: 海外FXはゼロカットシステムで追証なし 42 種類
  • 貴金属: 4 種類

このように、海外 FX 業者の中でも 最高峰レベル に取り扱い銘柄があります。なので、 FX 以外のトレードを希望する方でも使えます。

ちなみに、 FX 通貨ペア以外の主な代表的な銘柄はこちら。


国内取引所だと、追証をリスクにトレードしなければなりませんが、 XM だと株価や商品のトレードもゼロカットシステムを利用してトレードが可能です。

歴史的な大暴落が来ても安心【実績あり】

歴史的な大暴落が来ても安心【実績あり】

なんといっても、ゼロカットシステムの最大の魅力は、大暴落がきたしても、追証を背負わないことだと思います。


XM には、ゼロカットシステムを適用したしっかりとした 実績 もあります。 2014 年に起こった有名な「スイスフランショック」です。

スイスフランショックとは

5 分間で約 1600pips ほどの値動きが発生した、 2014 年に起こった歴史的大暴落です。この暴落により多くのトレーダーが追証をくらいました。

結構ヤバめの暴落ですね。 1600pips (ピップス)と聞くとあまり実感が湧かないかもですが、

ドル円で例えると

110 円だったレートが、たったの5分間で 94 円くらいまで暴落するといった感じです。普通にありえない規模感 … 。

ただ、このような暴落でも XM ではしっかりとゼロカットシステムが機能し、マイナス残高を抱えた多くのトレーダーの残高を0にリセットしました。

以下が、 XM 社がスイスフランショックでゼロカット対応した記事です。

XMのスイスフランショックでのゼロカット対応
出典:重要なお知らせ - CHFに関する更新

もちろん、国内 FX ではゼロカットシステムないので、多くのトレーダーが追証(借金)を背負うことになりました。

巷では、海外 FX は危険といったイメージがありますが、実際にあった事象を見ると、国内 FX の方がよっぽど危険だと感じますね。追証をくらってしまっては、本末転倒なのでゼロカットシステムの利用は必須だと僕は思う。

余談ですが、 2020 年に起こったコロナショックでも追証をくらったトレーダーが多くいます。 twitter 上でも多く見かけました。


大暴落ってたまにしか起きないから大丈夫でしょ! と安易な考える方もいますが、ぶっちゃけ起こってからは遅いです。

もし現在、国内 FX を中心にトレードをしている方は、リスク分散の意味をこめて 海外FXはゼロカットシステムで追証なし XM でトレードを行うのもいいかもですね。

ゼロカットについて【よくある質問】

ゼロカットについて【よくある質問】

  • ゼロカットに制限はあるの?
  • 複数口座で運用の場合、ゼロカットはどうなる?
  • ゼロカットのデメリットはある?

ゼロカットに回数制限はあるの?

XM では、特にゼロカットの回数は制限はありません。 3 回しようと、 5 回しようと、 10 回しようと問題ありません。


僕が FX 始めたての頃は、知識も浅く、資金管理も適当だったのでゼロカットに何度もあいました。

おそらく細かいゼロカットを加算すると 10 回以上 はくらってます。ただ、こういう経験があったからこそトレードが上達したと思います。

複数口座で運用の場合、ゼロカットはどうなる?

複数口座で運用している場合、もしゼロカットになる口座があれば、その口座のみでゼロカット機能は執行されます。

わかりやすくいうと、

口座 A がゼロカットになる場合、その口座 A のみでゼロカットが執行となり、口座 B から損失を補うといったことはされません。要するに、口座ごとでゼロカットは執行され、他の口座からマイナス補填をされることはないということです。


ちなみに知らない方もいるかもですが、 XM は 最大8個 海外FXはゼロカットシステムで追証なし まで複数のトレード口座を開設できます。

【2020年版】XMの複数口座の開設方法とメリット・デメリット

ゼロカットのデメリットはある?

上述している通り、損失を限定できるからです。

ただ、一点注意してほしいのが、ゼロカットシステムを導入しているからといって 全ての海外 FX 業者が安心というわけではないこと。

というのも、大暴落が起こった時に損失が大きすぎて、今回はゼロカットシステムを適用できないなどの「悪徳業者」もいたりするからです。

その点、 XM はスイスフランショックなどの歴史的大暴落が起こってもゼロカットをし、口座残高マイナスを補填した実績があるので安心です。

まとめ:XMのゼロカットシステムは最強

まとめ:XMのゼロカットシステムは最強

以上が、 XM のゼロカットシステムについてでした。

ぶっちゃけ、 FX は簡単でありません。トレード始めたての時期は知識が浅く、負けるのが当たり前の世界でもあるので、ゼロカットシステムを使った損失などのリスク管理が必須となります。


海外 FX =「悪」 といわれたりもしますが、全ての海外 FX 業者がそうではありません。 「国内 FX は安全、海外 FX は危険」 こういった考えも捨ててください。

追証(借金)のリスクをなくしつつ、安全なトレードをやってほしいと思っています。「大きな損失を防ぐことが大切」とわかっていただければ幸いです。

海外FXの救世主 追証なしのゼロカット VS ロスカット

スイス国立銀行がEUR/CHFの上限撤廃を決定したことによって引き起こされた最近の市場での非常に大きな値動きによって、XMはスイス国立銀行による大混乱の影響は受けていないことをお客様に保証致します。

XMは常にマイナス残高の自動的な保護を提供していることをお客様に再度ご案内申し上げます。

XMは、この度のEURCHF通貨ペアの異例な値動き等の混乱時には、特にお客様に対する当社の忠誠心の現れとして、こちらのマイナス残高の自動的な保護を継続していく所存です。

先週中にマイナス口座残高が発生した全てのお客様は、当社の評判と強みへのお約束を果たす為に、マイナス残高が起こりうる他のケース同様に、マイナス残高は既にリセットされています。

EURCHFに関連する最新情報および市場解説は、チーフエコノミストであるミハリス・フロレンティアディス率いるXMインベストメント・リサーチデスクによって投稿されています。

海外FXでゼロカットが導入されている理由

海外FXのロスカット遅延に対する考え方は正しい

予測可能、予測不可能を問わず海外FX業者のトレードシステム経由のロスカット遅延による追証をトレーダーに負わせない、 という考え方が基本となっています。

海外FXのロスカット遅延に対する考え方

海外FXのゼロカットにデメリット、リスクはないの?

追証とは、言い換えるとトレーダーがFX会社に負う「借金」なので、追証を発生させない 海外FXはゼロカットシステムで追証なし ゼロカットの仕組みそのものにデメリットがあるとは言い難いです。

しかし、仕組みとは別に、ゼロカットを導入していると宣伝している海外FX業者の中にもゼロカットを実施してくれないリスクはあります。

ゼロットのメリットの具体例

海外FXのゼロカットは、追証が発生させないので、 損失を抑えながら利益を増やしやすいメリットがあります。

ハイレバレッジ+ゼロカットのメリット

ドル/円:100円の時 海外FX 国内FX
証拠金50,000円50,000円
レバレッジ400倍25倍
取引金額2,000万円125万円
取引ロット2ロット
(20万通貨)
0.125ロット
(1.25万通貨)
相場暴落4円
損失額80万円5万円
口座残高▲75万円ゼロ
ゼロカット 海外FXはゼロカットシステムで追証なし 海外FXはゼロカットシステムで追証なし +75万円
(リセット)
なし
最終損失 ▲5万円
(証拠金)
▲5万円
(証拠金)

海外FXのハイレバレッジによって証拠金5万円だけでも2ロット(20万通貨)の大きなトレードを行うので損失も大きくなりますが、ゼロカットのおかげで 最終損失は国内FXと変わらないマイナス5万円に抑えることが可能なのです。

海外FXの7つのメリット

ほとんどの海外FX業社どが「ゼロカットシステム」を採用しており、口座残高がマイナスになった場合でも、証拠金を上回る損失分を業社が負担してくれるため、 追証とならずマイナス分はゼロ になります。
相場が急激に大きく変動した際、値が飛んでしまった場合、ロスカットのレートを飛超えてて下がってしまう事があるのです。
そうなると、際限なく損失は広がり、やがて、すべての損失分は業社から支払い請求が来ます。
それを追証(追加証拠金)と言います。
国内FX業者で取引をしていると、上記のような場合、追加証拠金を請求されることがあります。
海外FXではほとんどの業社がゼロカットシステムを採用しているため、証拠金以上の損失は業社が負担。そのおかげで、安心して思い切ったトレードができるのです。
<参考>海外FXのゼロカットシステムのメリット (証拠金以上の損失リスクなし) 海外FXはゼロカットシステムで追証なし >>

海外FXは多くの場合、取引方法がNDD方式であり、トレーダーと利害が一致している安心感がある。

海外業社に多い「NDD方式」とはFX取引が直接金融機関と行われ、業社はその仲介をしている関係にあります。この方式の場合、 トレーダーが儲かると業社も儲かるwin-winの仕組み なので、トレーダーの利益を守ってくれやすい安心感があります。
一方、国内業社で多い「DD方式」とはトレーダーはいったんFX業社に注文をするため、都合が悪い注文の場合、ディーラーの裁量で、ストップ狩り/スリッページ/約定拒否(リクオート)/レート変更などが行われることがあります。
トレーダーの損失分が業社の利益となるため、不測の事態が起きた時には、トレーダーよりも業社の利益を優先されやすい特長があります。

相場急変時の約定拒否がない

例えば、大暴落が起こり、レートがぐんぐん下がっているので、すぐ決済したいのに約定されないと、損失がどんどん膨らんでしまうのです。
トレーダーが多くの損失を出すのは、相場急変時であることが多いのです。
ですから、その場合の対策を万全にしておくことが大切。
ゼロカットシステム同様、約定拒否がないことは大きなメリットとなるため、NDD方式を採用している業者を選ぶ方がいいのです。

ロスカット基準が低い場合が多い

海外FXは豪華な口座開設ボーナスが用意されている場合が多い

国内業社の場合、口座開設ボーナスは少な目で、平均して1万円ほどの入金ボーナスである場合が多いのです。
しかも、未入金トレードではなく、入金して初めて付与されるというケースがほとんどです。。
その入金額もかなり多くないとそれなりのボーナスが付与されない場合が多いので、ハードルが高いのです。
海外業社の場合は、ボーナスには力を入れて、内容もかなり豪華なものになっています。
顧客獲得に努力しているのですね。
未入金トレードが可能な口座開設ボーナスに加えて、入金額の100%ボーナス、損失補填、キャッシュバック、他社からの乗り換え損失補填、さらに豪華なプレゼントなどさまざまなボーナス特典が用意されていたりします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる