テクニカル分析の基礎

株式投資初心者でもわかりやすい

株式投資初心者でもわかりやすい

証券口座 とは証券会社で株式や投資信託などの投資商品を買う時に必要となる口座のことで「総合取引口座」ともいいます。銀行でいう総合口座のようなものです。

「投資初心者だが、個別株を買ってみたい」…よくある銘柄選定の失敗例と、その対策

筆者は、投資初心者には銘柄分散と時間分散が容易な投信の積立投資を勧めていますが、初心者でも個別株に投資したい人はいるでしょうし、投資に慣れてきたので個別株に進出したいという人もいるでしょう。 筆者自身も個別株に投資しているので、本稿でも個別株への投資に否定的なことを記すつもりはありませんが、留意すべきことは記しておきたいですね。 まずは「なんのために個別株に投資するのか」ということです。最も重要なのは、大儲けを狙うのか、悲惨な老後を避けるために堅実な投資を心がけるのか、ということです。 大儲けを狙うのであれば、大きく値上がりしそうな成長株から少数を選び、集中的に投資するべきでしょうが、くれぐれも老後資金を注ぎ込むのではなく、小遣いの範囲で楽しみましょう。カジノで賭けるときのようなワクワクを感じたい、という場合も同様ですね。 悲惨な老後を避けるということなら、投資目的のひとつは「預金はインフレに弱いリスク資産なので、インフレに強い資産である株をもつ」ことであり、株式投資への姿勢も「できるだけ大損する可能性が少ないように心がける」というものになるでしょう。これについては後述します。

様子がわかるだけに投資しやすい「自社株」だが…

さて、自社株ですが、「自社株を購入して勤務先に忠誠心を見せたい!」というのであれば、それは立派な心がけですが、しかしながら本稿は、そうした方々は読者対象外と考えています。 また、忠誠心とは無関係に「金儲けのために自社株を買う」というのであれば、筆者はお勧めしていません。従業員持株会があって、よほど多額の補助金でも出ているなら別ですが。 よく知っている先であり、親しみの気持ちもあることから、自社株に投資したくなるのはわかりますが、下手をするとインサイダーとなってしまうリスクもありますし、そうでなくても勤務先が傾いたときの影響が大きすぎます。 もし勤務先が経営不振に陥ったら、給料やボーナスがカットされるだけでなく、持ち株も値下がりすることで、ダブルパンチとなってしまいます。万が一にも勤務先が倒産した場合には、仕事も失い退職金も出ず、持ち株は紙屑になってしまうわけです。それではあまりに悲惨でしょう。

株式投資初心者でもわかりやすい

今回は、株の初心者向け株式投資の始め方として 「株価の決まり方・株の売買の仕組み」 について解説します。 証券取引所での株取引の仕組みをよく理解 してから株式投資を始めてみましょう。

証券取引所での株価の決まり方

株式投資

株式市場(証券取引所)では、実際にはどのように株価が決まるのでしょうか?株も普通のモノと同じように、 需要と供給によって株価が決まります。 つまり、需要(買い注文)の株価と数量と、供給(売り注文)の株価と数量のバランスによって株価が常に変動するということです。

例えば、ある会社の株価が1,000円の時にその会社の業績が今後良くなると予想する人が多くなり、「もっと上がるまで売りたくない」「1,100円でも買いたい」などと、その 株の供給が減り需要が増えると株価は上がっていきます。

一方で、同じ状況でもその会社の業績が今後悪化すると予想する人が多くなり、「今のうちに売ってしまいたい」「900円まで下がらないと買いたくない」などと、その 株の供給が増え需要が減ると株価は下がっていきます。

株価の決まり方

正確には証券取引所での株価の決まり方には「板寄せ(いたよせ)」と「ザラ場寄せ(ざらばよせ)」という2つの方法があるのですが、少し複雑になりますので、別記事で解説します。株式投資の初心者は 「株価は需要と供給で決まる」 ということをまず覚えておきましょう。

証券取引所での株の売買の仕組み

株式投資

株式市場(証券取引所)では、実際にはどのように株が売買されているのでしょうか?株の売買が成立するためには、 「株を売りたい人」と「株を買いたい人」がいて、なおかつそれぞれが希望する株価と数量が合うことが必要 になります。

もちろん、株式市場には沢山の投資家がいるので、投資家によって「買いたい」「売りたい」株の銘柄・株価・数量は、それぞれバラバラになります。そこで 株式投資初心者でもわかりやすい 証券取引所で、そうした「買い注文」と「売り注文」のなかからマッチングする注文どうしを結びつけている のです。

証券取引所にはリアルタイムに多数の注文が出されるため、証券取引所ではスーパーコンピュータを使って、莫大な「買い注文」「売り注文」をさばいてマッチングしているのです。こうした 「買い注文」「と売り注文」がマッチングされ株取引が成立することを、「約定(やくじょう)」 と言います。

株の売買の仕組み

  1. 「買い注文」の中では高い株価の注文が、「売り注文」の中では安い株価の注文が優先される
  2. 同じ株価の注文が複数ある際は、早く出された注文が優先される
  3. 価格を指定しない「成行(なりゆき)注文」の方が、価格を指定する「指値(さしね)注文」より優先される

株の初心者におすすめの証券会社

  1. 取引手数料
    株の売買にかかる手数料は、各証券会社によって異なりますが、SBI証券の手数料は、業界屈指の格安手数料となっています。
  2. 取扱商品
    SBI証券は国内株式・海外株式・投資信託・債券・FXなど取り扱っている金融商品が豊富なため、投資の幅が広がります。
  3. 取引ツール
    株式投資は単に株価の推移だけでなくチャートや板など様々な側面からの分析が必要になります。SBI証券ではこうした分析ツールも充実しています。
  4. 情報の質と量
    株式投資では経済や政治の情報を早く正しく得ることが重要です。SBI証券なら多くの種類のニュースについて高い質で豊富な情報が入手できます。
  5. スマホ対応
    SBI証券ならもちろんスマホ対応しています。空いた時間や移動中にも株式投資ができるのは大変便利ですね。

SBI証券で口座開設するともらえるお得なキャンペーン

キャンペーンの条件

特典の内容

トータル100,000円のキャンペーン です。なお、キャンペーンの内容は以下から詳細を確認できます。

個人型確定拠出年金(通称:iDeCo)

また、SBI証券では、 個人型確定拠出年金(通称:iDeCo) を取り扱っています。

「個人型確定拠出年金」とは、これまでの将来の年金額が確定していた「確定給付年金」と異なり、 加入者自身が資産を運用するため、運用状況で将来の年金支給額が異なる タイプの年金になります。

SBI証券なら、 10年を超える運用実績があり、運営管理手数料も無料 など、様々なメリットがあります。まずは資料請求から検討してみるといいでしょう。

今回は、株の初心者向け株式投資の始め方として 「株価の決まり方・株の売買の仕組み」 についてまとめています。

についてまとめています。証券取引所では、多数の投資家からの大量の売買注文がマッチングされ株取引が行われています 。 投資家の 需要と供給のバランスで株価が決まる ことを忘れずに株式投資を行いましょう。

株の初心者向け株式投資の始め方 前後の記事と記事一覧

みんなの教科書では、 株の初心者向け「株式投資の始め方」 を「株を始める前の心構え」から「株式投資の税金の払い方」まで、ひとつひとつ解説しています。初めて株式投資を始める方でも記事を順番に読めば、株についての基礎知識を身につけることができます。あわせてお読みください。

株式投資初心者でもわかりやすい

投資でお金を増やしたい!と思った時に、 株式投資は投資初心者にとって始めやすい投資の種類 といえるでしょう。インターネットから証券口座を開設でき、スマホやパソコンから簡単に買いや売りの注文が出すことができます。少額から始められるのも嬉しいですね。

今回は、そうした株の初心者向けに「 株式投資を始める前に知っておきたい3つの心構え 」をまとめました。株式投資は経済の勉強になるなどメリットもありますが、リスクのある投資だということを忘れずに始めてください。

株式投資を始める前に知っておきたい心構え① リスクがあるため余裕資金で行う

株式投資

株式投資を始める前に知っておきたい3つの心構えの1つ目は 「リスクがあるため余裕資金で行う」 ということです。

株式投資は銀行や郵便局の預貯金と違って元本が保証されていません。そのため、大きな経済環境の変化や企業業績の悪化により、 急激に株価が下がり買った値段よりも安くなる「元本割れ」 することがあります。最悪の場合は倒産や上場廃止など、株式の価値がゼロになることすらあります。

そのため、生活費や教育費などの必要なお金を使って投資したり借金して株式投資を行ったりすると、失敗した場合にとても困ることになります。 収入から支出を引いて残った「余裕資金の範囲内」で株式投資を行うことが大切 です。

株式投資を始める前に知っておきたい心構え② 投資目的と目標金額を決めておく

株式投資

株式投資を始める前に知っておきたい3つの心構えの2つ目は 「投資目的と目標金額を決めておく」 ということです。

毎月数千円から数万円のお小遣いを増やしたいのか、それとも数十万かけて数千万円規模の金融資産を作りたいのとでは、 求めるリターンや許容すべきリスクが変わります。 株式投資初心者でもわかりやすい そのため、投資目的と目標金額を決めることにより、 おのずと選ぶべき投資方法・スタイル・投資期間が決まる のです。

株式投資を始める前に知っておきたい心構え③ 自分に合った投資スタイルを選ぶ

株式投資

株式投資を始める前に知っておきたい3つの心構えの3つ目は 「自分に合った投資スタイルを選ぶ」 ということです。

株式投資の投資スタイルとは、株を売買する頻度のことです。大きくは、 デイトレード・スイングトレード・中長期の投資 と3つに分類できますが、株の初心者には「中長期の投資スタイル」がおすすめです。株式投資の初心者は、使える時間や得られる情報に限りがあるため中長期に投資していく方が向いているのです。

株式投資初心者でもわかりやすい
投資スタイル 売買頻度 期待するポイント
デイトレード 数秒から1日 短期的な「利ざや」
スイングトレード 数日から1週間 決算やニュースによる変動
中長期の投資 数年から数十年 長期的な企業成長

投資スタイルは、2つ目の心構えの「投資目的と目標金額を決めておく」ことと、 自分がどれだけ株式投資に時間とエネルギーを費やせるか で決めるといいでしょう。

証券口座とは?【総合取引口座】|初心者でも分かる証券口座の話


証券口座 とは証券会社で株式や投資信託などの投資商品を買う時に必要となる口座のことで「総合取引口座」ともいいます。銀行でいう総合口座のようなものです。

証券口座には、 特定口座 と 一般口座 の2つの種類の口座があり、それぞれに特徴があります。特定口座はさらに「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の2つに分かれ、年間取引報告書というものを証券会社が作成してくれます。一般口座は自分で年間取引報告書を作成する必要があります。

特定口座と一般口座とは?【証券口座の種類について】


証券会社に投資商品を買うために開設する証券口座にはいくつか種類があります。大きく分けると2つあり、 特定口座 と 株式投資初心者でもわかりやすい 一般口座 です。さらに特定口座は2つに分かれ、「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」があります。

口座名
年間取引報告書確定申告
特定口座
源泉徴収あり
証券会社が作成必要なし
特定口座
源泉徴収なし
証券会社が作成自分で行う
一般口座自分で作成自分で行う

特定口座の「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」はそれぞれの特徴が分かれています。

「証券口座」と「銀行口座」は何が違うのか?


証券口座 とは証券会社で投資商品を買うために開設する口座です。一方、 銀行口座 とは銀行などの金融機関にお金を預けるために開設する口座のことをいいます。

証券口座に預けたお金はマザーリザーブファンド(MRF)という投資信託で運用されます。銀行の利子と同程度の金利が付くようになっており、投資商品を買わずにお金をそのまま証券口座に入れておくこともできます。出金や預け入れも自由で、必要な際には出金することも可能です。また購入した株式を預けておくこともできます。

また証券会社への入金や出金は銀行口座を利用して行われます。それぞれの証券会社には提携している銀行がある場合もあり、場合によってはリアルタイムでの資金の移動も可能です。そのためどの証券口座とどの銀行口座を連動させるかが大切です。

証券口座で取引ができる投資商品一覧


証券口座で取引できる投資商品は証券会社によって多種多様です。それぞれの証券会社によって特徴があり、それをもとにどの証券会社を利用するかを決めても良いでしょう。

証券口座で取引されるNISAってなに?


証券口座で取引できる制度の一つにNISAがあります。NISAとは小額投資非課税制度で 「一般NISA」 「積み立てNISA」 「ジュニアNISA」 があります。

株式や投資信託を毎年一定金額の範囲内で購入することができ、それらの金融商品から得られる利益が非課税になる制度です。通常であれば20.315%の税金がかかるため、NISAの非課税枠を使うと大変お得です。

名称年数非課税投資枠
一般NISA5年120万円
積み立てNISA20年40万円
ジュニアNISA5年80万円

ネット証券と総合証券の違いは?どちらがおすすめ?


証券会社には ネット証券 と 総合証券 があります。

ネット証券と総合証券の大きな違いはサポート体制と手数料です。自分で投資の判断ができたり、手続きができるようであればコストの低いネット証券がおすすめです。一方、自分で投資の判断をすることに自信がなかったり、手数料がかかってもいろいろなことを任せたいのであれば、総合証券の方がおすすめです。

【失敗しない】初心者がネット証券を選ぶ4つの比較ポイントを解説!


ネット証券 とはネット上ですべて取引できる証券会社です。そのため開設から取引まですべて自分で行う必要があります。自分ひとりで行うとなると心配になる人もいるかもしれません。

ネット証券は店舗がある総合証券のように誰かに相談することができません。自分でいろいろと調べて判断する必要があります。しかしどのように何をもとに調べればいいかわからないという人もいるでしょう。そこで初心者がネット証券を選ぶ4つの比較ポイントを挙げてみましょう。

  1. 信頼性や安全性が高いか
  2. 手数料が格安か
  3. 投資商品数は豊富か
  4. 分析ツールや投資情報が充実しているか

比較ポイント①信頼性や安全性が高いか

ネット証券会社はたくさんあります。その中で初めてのネット証券はどこがいいのか。判断に迷う人の方が多いでしょう。その中の基準の一つが 信頼性 や 安全性 が高いか、ということです。

例えばネット証券でも知名度も高く、多くの人に使われている証券会社があります。実績があるネット証券であれば信頼性も高いでしょう。そのネット証券の 口座開設数 を見ることでどれだけの人がそのネット証券を利用しているかがわかります。

また 自己資本規制比率 というそのネット証券の安全性を見ることができるものがあります。自己資本規制比率とは、財務の健全性を測る指標の一つです。自己資本規制比率が高いほどリスクに対する許容度が高く、財務体質の健全性が高いと言われています。それぞれのネット証券ではその数値が示されていますので、それを基準に安全性が高いかを判断することができます。

ネット証券では初心者の人でも証券口座を開設しやすいように、サイトにわかりやすい説明を載せたり、安全性の基準などを説明していますので、ぜひ参考にしてみましょう。

比較ポイント②手数料が格安か

ネット証券は利用者がたいへん多く、どのネット証券を選ぶかを迷っている人はたくさんいます。その中でどのネット証券にするかの基準になっているのがさまざまな取引にかかる 手数料 です。

投資商品を取引して利益が出た時に、手数料はその利益からひかれるコストとなります。手数料が高ければ高いほど利益が目減りします。そのためできる限り手数料が安いネット証券を選ぶ人が多くなっています。

取引の種類に応じて、それぞれのネット証券はさまざまな手数料の価格を設定しています。自分がどのような取引をしたいかによって、手数料が変わってきます。まず自分はどのような取引をするかを考えて、その取引にとって一番 格安な 手数料になっているネット証券を選びましょう。

取引の種類によっては手数料が無料の場合もあります。取引方法、金額をしっかりと確認することが大切です。特にネットトレーダーのように1日に何度も取引したい人は手数料が無料になるネット証券がいくつかあります。

比較ポイント③投資商品数は豊富か

ネット証券によって大きく違うのが投資商品数です。 取り扱っている投資商品は証券会社によってさまざまです。投資信託の数も違ったり、株式も海外株式を多く扱っていたりと証券会社によってさまざまです。どのような投資商品を扱っているかは、選択肢の一つとなるでしょう。自分がどのような商品を取引したいかでその商品を取り扱っている証券会社を選びましょう。

ただネット証券の投資商品数が 株式投資初心者でもわかりやすい 豊富 かどうかは大きなポイントになります。もし自分が買っている投資商品の利益がほとんど出ない場合、新たな投資商品を選ぶ必要があります。その時に投資商品の選択肢が少なければ、必然的に投資で 利益 が出る商品を選べる可能性が低くなるからです。

投資商品が豊富なネット証券であれば、たくさんの投資商品の中から新しい投資商品を選ぶことができます。自分の理想に近い商品に出会えることもあるでしょう。そのためにもぜひ投資商品数が多いネット証券を選びましょう。

比較ポイント④分析ツールや投資情報が充実しているか

そんな時に大事なのが投資の 分析ツール や投資情報が充実しているかということです。自分が利用しようとしているネット証券の分析ツールとはどんなものなのか。あるいは投資情報がどのように提供されているかによって、自分の投資の方針が決まっていきます。

しっかりとした投資の分析ツールがあれば、それをもとに投資商品を選ぶこともできます。また投資情報が充実していれば、自分がどのように考えていけばいいかもわかります。そのためしっかりとした 分析ツール や 投資情報 が充実しているネット証券を選びましょう。

大手ネット証券11社の比較一覧


現在、投資を行う証券会社はネット証券が 主流 となっています。そのためネット証券も数多くあり、良いネット証券とはどこなのか悩む人も多いでしょう。そこで良いネット証券とはどこなのか、を売買手数料とNISAが利用できるかという面から比較してみましょう。

証券会社名売買手数料
10万円
NISA
SBI証券0円
楽天証券0円
auカブコム証券0円
GMOクリック証券0円
マネックス証券
99円
松井証券0円
SBIネオトレード証券0円
岡三オンライン0円
DMM株88円
ネオモバ220円(月額)
LINE証券99円(現物取引)

証券会社によって少しずつ違っています。ほとんどのネット証券が売買手数料は10万円までなら0円です。しかし一部のネット証券では有料となっています。さらにNISAも一部のネット証券では利用できません。

自分がどのような取引をしたいかをしっかりと決めてから、どのネット証券を選ぶかを考えましょう。それぞれのネット証券に 特色 があります。自分の取引の仕方に合ったネット証券を選ぶことが大切です。

証券口座選びでお悩みならマネーキャリアで無料相談!


自分が利用したい証券会社とはどんな証券会社でしょうか。どの証券会社に証券口座を開設するかはかなり重要です。何を基準に選ぶか、どのように証券口座を開設していけば良いのか迷う人は多いはずです。

株式投資初心者あるある | ついやってしまうこと【3選】

ぱーぷる侍

  • 外資系コンサル会社の管理職
  • わくわくブログ(仕事×人生)を2020年9月開設
  • 株式投資歴1年

インフルエンサーからもろ影響を受ける

でも、多くの初心者は 「老後資金を増やしたい」など、長期的なゴールを掲げて、投資を始めると思います。

テクニカル分析をマスターするよりも、何をどのように目指すのかを理解する

ぱーぷる侍

株価や評価損益を毎日何回も確認する

そのためか、「心配」「喜び」のため、初心者は毎日もしくは1日何度もアプリを開いて、株価や評価損益を確認しちゃいます。

ぱーぷる侍

でも、 初心者はまずはつみたてNISAやiDeCOなどの、長期投資を前提としているため、株価や基準価額の変動を受けても、その日中に何かアクションを取るわけでもないはず です。

評価損益を見て、なぜあの時一括投資をしなかったのか後悔する

初心者がついやってしまうこと、3つ目は「 評価損益を見て、なぜあの時一括投資をしなかったのか後悔する 」です。

しかし、最初は株価の下落によって自分の資産が減るのが怖いからまずは少額から投資をしたはずです。

ぱーぷる侍

初心者からすると株式投資は未知の生物に遭遇したと同様の感じだと思うので、良い面も悪い面も理解しながら、少しずつ仲良くなる必要があります。

まとめ:投資初心者でも日々成長できる

  1. インフルエンサーからもろ影響を受ける
  2. 株価や評価損益を毎日何回も確認する
  3. 評価損益を見て、なぜあの時一括投資をしなかったのか後悔する

  • ついやりがちな行動を書き出してみる
  • 投資をするゴールについて考えなおしてみる

ぱーぷる侍

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる