プロが徹底解説

FX初心者の成長には損切りが必要

FX初心者の成長には損切りが必要

いざ注文したあとに、勢いよく逆方向へ行ってしまった場合。あなたはどうしますか?

【これからの見通し】金融当局者らの発言予定多く、注意が必要に

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group FX初心者の成長には損切りが必要 Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

【体験談】FXは大損すると地獄!損する人に共通する原因と防止対策

投資関連

FXは誰でも始められる副業として人気がありますが、実は損失を出しているトレーダーも大勢存在します。筆者も 大損を出した経験がある ので、FXで生計を立てている人を本当に尊敬しています。

【体験談】FXで大損した経験・実例

【体験談】FXで大損した経験・実例

筆者プロフィール

実例1:裁量トレードで大損

一方で、筆者は損切りが下手で、損失の方は長く待ってしまう悪い癖がありました。 利益が小さく損失が大きいのですから、得をするわけがありません。 あっという間に資金が溶けていったのを覚えています。

実例2:自動売買で含み損が拡大

結論からお伝えすると、自動売買に変えてからは 裁量トレードの頃より利益が出ていました。 50万円の資金を投入して、2ヶ月で3万円ほどプラスになっていました。

ところが、 新型コロナウイルスの影響で急激なスイスフラン高円安になってしまい、レンジ相場から外れてしまいました。 そのため、2020年8月末現在はマイナスの状態になっているのですが、過去の相場を見る限り2年前くらいの水準に戻っただけとも取れます。

FXで大損してしまう人に共通する5つの原因

FXで大損してしまう人に共通する5つの原因

  1. 損切りができない
  2. 利益をすぐに確定してしまう
  3. 手法が自分に合っていない
  4. レバレッジをかけすぎている
  5. 通貨ペアが自分に合っていない

原因1:損切りができない

「もう少し待っていれば価格が戻ってくるかも……」といったように、マイナスになるととりあえず様子見したくなる気持ちは分かります。しかし、 冷ややかな目で捉えて機械的に損切りした方が、FXの成績アップにつながりやすい のです。

原因2:利益をすぐに確定してしまう

FXで勝つためには、 「損失を小さく、利益を大きく」が鉄則 です。利益確定が早すぎて薄利しか出ていないトレーダーが大勢いますが、利益は大きく伸ばすことを意識した方が良いでしょう。

よって、利益が出たときは焦って利益確定するのではなく、 手数料や損切り幅よりは高いところまで利益を伸ばしてから確定 しましょう。こうすることで、自然と成績は上がってくるでしょう。

原因3:手法が自分に合っていない

例えば、日中は仕事があって忙しいサラリーマンが、夜中にFXのスキャルピングやデイトレードなどをやっている場合が挙げられます。 日中も仕事を一生懸命やっているのに、睡眠時間を削って夜中もトレードをしていては、仕事もFXも成果を出しにくくなって当然 です。

自分に合った手法を見つけるには、少し試してみて 合うかどうか考える必要があります。 その意味では色々な手法を試してもらいたいのですが、他人のおすすめに安易に従って「この手法しかあり得ない!」のように思いこむことは危険 です。FXの手法選びも柔軟に行いましょう。

原因4:レバレッジをかけすぎている

借りるお金が大きい方が大きな損失になりやすいので、 特に初心者など自分に合った手法が分かっていない方は、レバレッジを低くして取引した方が大損しにくい です。

原因5:通貨ペアが自分に合っていない

一方で、トルコリラや南アフリカランドなどの 新興国通貨はあまりおすすめできません。 取引している人が少なく流動性が低いことに加え、新興国特有の政情不安や財政破綻のリスクがあり、突然に暴落する可能性を秘めているからです。

FXで大損しないために知っておくべき7つの対策

FXで大損しないために知っておくべき7つの対策

  1. 損切りルールを機械的に実行する
  2. 利益は伸ばしてから確定する
  3. 順張りの相場でトレードする
  4. レバレッジをかけすぎない
  5. 目的に合った通貨ペアを選ぶ
  6. 23時~2時の間で取引する
  7. 自動売買を活用する

対策1:損切りルールを機械的に実行する

損切りできない人は、 「もう少し待ったら予想どおりの方向に戻ってくるのではないか」と自分の都合の良い方に考えてしまい、損切りするタイミングを逃して大損する可能性 があります。このように感情に惑わされないよう、逆指値注文で強制的に損切りを実行しましょう。

対策2:利益は伸ばしてから確定する

目安としては、 1回の損切り幅と手数料を補填して利益が出るくらいの利幅 を狙いたいところです。

対策3:順張りの相場でトレードする

上昇相場なら買いでエントリーし、下降相場なら売りでエントリーすることで、 トレンド相場では利益を出しやすい です。

対策4:レバレッジをかけすぎない

そのため、 大損を避けたいならレバレッジは小さめにして取引 をしましょう。

対策5:目的に合った通貨ペアを選ぶ

通貨ペアの選び方も、FXで大損しないために重要です。基本的には、ドル円やユーロドルといったメジャーな通貨ペアがおすすめです。 トレーダーが多くて流動性が高い通貨ペアの方が予期せぬ値動きが起こりにくく、取引しやすい からです。

対策6:23時~2時の間で取引する

FXの市場が活発なのは日本時間の23時~2時の間なので、 この時間帯に取引するのが最も利益が出やすい です。ヨーロッパやアメリカのトレーダーたちがいるため参加者の数が多く、トレンドに素直な値動きをしやすいからです。

逆に、 日本の6時~8時の早朝の時間帯は取引しにくい です。アメリカの市場が閉まって日本の市場が開く前の時間帯で、市場の参加者が少ないからです。

対策7:自動売買を活用する

FXには「自動売買」というサービスがあるので、自分で取引する裁量トレードで上手くいかない人は、自動売買を活用してみましょう。自動売買とは、 あらかじめ決めておいたルールに従ってプログラムが自動で売買してくれる仕組み のことです。

ただし、自動売買は過去の相場で利益を出せるルールで作成されているため、 トレンドの急変に弱いデメリット があります。2020年のコロナショックによって含み損が拡大してしまったというトレーダーも筆者を含めて大勢いるので、万能ではないことは理解して使ってください。

FXでは日本のような超低金利の国の通貨を売って、トルコやメキシコ、南アフリカのような新興国などの金利水準が高い国の通貨を買うと、スワップポイントと呼ばれる収益がポジションを決済するまで毎日得られることになります。 スワップポイントは「金利差調整分」とも呼ばれ、2カ国間の金利差によって発生する利益 です (※逆に、低金利の国の通貨を買って高金利の国の通貨を売る場合は、金利差分のスワップポイントの支払いが発生します)。

そのため、 スイングトレードやポジショントレードで長い時間をかけてFXトレードを行う場合、基本的に毎日付与されるスワップポイントの積み重ねが獲得利益に大きな影響を及ぼすことがあり、FX会社や通貨ペアの特徴でFX口座を使い分けることが重要 になります。

目標利益の考え方を変えた

これが 「コツコツドカン」の原因になってしまうことがあったため、筆者は目標利益の考え方をトレードスタイルと同じように長期的に考えるように切り替え FX初心者の成長には損切りが必要 ました。

具体的には、1年間で利益が生じれば良いといった大まかなイメージになるのですが、 FXで重要なことは、1年間に限ったことではなく、長い目で見た時に安定して利益を出し続けていけるようなトレードを心がけること FX初心者の成長には損切りが必要 だと思います。

そのためには、コツコツドカンのトレードを繰り返しているようでは先が見えませんし、むしろ少額のlotであったとしてもコツコツ負けてドカンと勝つ 「リスクリワードレシオが良いトレード」 を行っていく必要があります。

FX初心者がコツコツドカンのトレードを避けるための対策とは

結論から申し上げて、FX初心者がコツコツドカンのトレードを避けるための対策は、やはり 「ご自身の過去検証(トレード履歴)につきる」 と思います。

コツコツドカンのトレードをする原因は、トレーダーさん1人ひとりによって異なりますが、少なくとも 「平常な状態でトレードが行われていない=いつもは、やらないことをしている」 ことは確かだと思います。

そのため、 どのような経緯で、いつもはやらないトレードをしたのかを振り返っていくことで、コツコツドカンのトレードをした原因が究明できる と思われます。

【体験談】FXは大損すると地獄!損する人に共通する原因と防止対策

投資関連

FXは誰でも始められる副業として人気がありますが、実は損失を出しているトレーダーも大勢存在します。筆者も 大損を出した経験がある ので、FXで生計を立てている人を本当に尊敬しています。

【体験談】FXで大損した経験・実例

【体験談】FXで大損した経験・実例

筆者プロフィール

実例1:裁量トレードで大損

一方で、筆者は損切りが下手で、損失の方は長く待ってしまう悪い癖がありました。 利益が小さく損失が大きいのですから、得をするわけがありません。 あっという間に資金が溶けていったのを覚えています。

実例2:自動売買で含み損が拡大

結論からお伝えすると、自動売買に変えてからは 裁量トレードの頃より利益が出ていました。 50万円の資金を投入して、2ヶ月で3万円ほどプラスになっていました。

ところが、 新型コロナウイルスの影響で急激なスイスフラン高円安になってしまい、レンジ相場から外れてしまいました。 そのため、2020年8月末現在はマイナスの状態になっているのですが、過去の相場を見る限り2年前くらいの水準に戻っただけとも取れます。

FXで大損してしまう人に共通する5つの原因

FXで大損してしまう人に共通する5つの原因

  1. 損切りができない
  2. 利益をすぐに確定してしまう
  3. 手法が自分に合っていない
  4. レバレッジをかけすぎている
  5. 通貨ペアが自分に合っていない

原因1:損切りができない

「もう少し待っていれば価格が戻ってくるかも……」といったように、マイナスになるととりあえず様子見したくなる気持ちは分かります。しかし、 冷ややかな目で捉えて機械的に損切りした方が、FXの成績アップにつながりやすい のです。

原因2:利益をすぐに確定してしまう

FXで勝つためには、 「損失を小さく、利益を大きく」が鉄則 です。利益確定が早すぎて薄利しか出ていないトレーダーが大勢いますが、利益は大きく伸ばすことを意識した方が良いでしょう。

よって、利益が出たときは焦って利益確定するのではなく、 手数料や損切り幅よりは高いところまで利益を伸ばしてから確定 しましょう。こうすることで、自然と成績は上がってくるでしょう。

原因3:手法が自分に合っていない

例えば、日中は仕事があって忙しいサラリーマンが、夜中にFXのスキャルピングやデイトレードなどをやっている場合が挙げられます。 日中も仕事を一生懸命やっているのに、睡眠時間を削って夜中もトレードをしていては、仕事もFXも成果を出しにくくなって当然 です。

自分に合った手法を見つけるには、少し試してみて 合うかどうか考える必要があります。 その意味では色々な手法を試してもらいたいのですが、他人のおすすめに安易に従って「この手法しかあり得ない!」のように思いこむことは危険 です。FXの手法選びも柔軟に行いましょう。

原因4:レバレッジをかけすぎている

借りるお金が大きい方が大きな損失になりやすいので、 特に初心者など自分に合った手法が分かっていない方は、レバレッジを低くして取引した方が大損しにくい です。

原因5:通貨ペアが自分に合っていない

一方で、トルコリラや南アフリカランドなどの 新興国通貨はあまりおすすめできません。 取引している人が少なく流動性が低いことに加え、新興国特有の政情不安や財政破綻のリスクがあり、突然に暴落する可能性を秘めているからです。

FXで大損しないために知っておくべき7つの対策

FXで大損しないために知っておくべき7つの対策

  1. 損切りルールを機械的に実行する
  2. 利益は伸ばしてから確定する
  3. 順張りの相場でトレードする
  4. レバレッジをかけすぎない
  5. 目的に合った通貨ペアを選ぶ
  6. 23時~2時の間で取引する
  7. 自動売買を活用する

対策1:損切りルールを機械的に実行する

損切りできない人は、 「もう少し待ったら予想どおりの方向に戻ってくるのではないか」と自分の都合の良い方に考えてしまい、損切りするタイミングを逃して大損する可能性 があります。このように感情に惑わされないよう、逆指値注文で強制的に損切りを実行しましょう。

対策2:利益は伸ばしてから確定する

目安としては、 1回の損切り幅と手数料を補填して利益が出るくらいの利幅 を狙いたいところです。

対策3:順張りの相場でトレードする

上昇相場なら買いでエントリーし、下降相場なら売りでエントリーすることで、 トレンド相場では利益を出しやすい です。

対策4:レバレッジをかけすぎない

そのため、 大損を避けたいならレバレッジは小さめにして取引 をしましょう。

対策5:目的に合った通貨ペアを選ぶ

通貨ペアの選び方も、FXで大損しないために重要です。基本的には、ドル円やユーロドルといったメジャーな通貨ペアがおすすめです。 トレーダーが多くて流動性が高い通貨ペアの方が予期せぬ値動きが起こりにくく、取引しやすい からです。

対策6:23時~2時の間で取引する

FXの市場が活発なのは日本時間の23時~2時の間なので、 この時間帯に取引するのが最も利益が出やすい です。ヨーロッパやアメリカのトレーダーたちがいるため参加者の数が多く、トレンドに素直な値動きをしやすいからです。

逆に、 日本の6時~8時の早朝の時間帯は取引しにくい です。アメリカの市場が閉まって日本の市場が開く前の時間帯で、市場の参加者が少ないからです。

対策7:自動売買を活用する

FXには「自動売買」というサービスがあるので、自分で取引する裁量トレードで上手くいかない人は、自動売買を活用してみましょう。自動売買とは、 あらかじめ決めておいたルールに従ってプログラムが自動で売買してくれる仕組み のことです。

ただし、自動売買は過去の相場で利益を出せるルールで作成されているため、 トレンドの急変に弱いデメリット があります。2020年のコロナショックによって含み損が拡大してしまったというトレーダーも筆者を含めて大勢いるので、万能ではないことは理解して使ってください。

FXで負ける人の特徴と共通点。逆を行けば勝てるのでは?【XM Tradingで逆張りFX】


初心者トレーダーは、何となく慣れているからと言い「ドル円(USD/JPY)」でトレードを始めます。

ところが、慣れてくると「ポンド円(GBP/JPY)」や「ユーロ円(EUR/JPY)」など 普段あまり馴染みのない通貨ペアに手を出します。

そして終いには、スワップ投資をしたい!と「ユーロトルコリラ(EUR/TRY)」を触ってみたり、「豪ドル米ドル(AUD/USD)」などよくわからない通貨で取引を始めてみることもあるでしょう。

言えるのであれば、問題ありません。しかし、 いつ買ったどの通貨がどれぐらいの含み損でどこまでの利益を求めているのか。そういった答えが出せない場合は要注意 FX初心者の成長には損切りが必要 です。

実際に私も XMの3000円ボーナスだけを高金利通貨でスワップ運用したらどうなるのか?という別の記事でEURTRYのポジション画像を載せていますが、正直いくらで注文したかを覚えていません・・・。
(基本的に放置しているので、普段は現在の価格だけ見ています)

根拠のない「まだ上がる」「もうすぐ上がる」謎の自信が負の連鎖を起こす


利益が出ている時に、「 FX初心者の成長には損切りが必要 ここまで利益が出たんだからまだ上がるだろ〜! 」という謎の自信が湧いてきます。

そんな時 500円の利益が出るなら1000円も、いやいや、1500円も・・・というふうに 欲が出てくるもの です。そして気づいたらプラマイゼロぐらいまで戻ってきたり・・・・。

周りの情報に流されて、振り回されてしまう


普段からSNS(Twitterなど)を使っている人に多い現象です。

たいてい「絶対ここで上がる」とか「ここで抜けたら買い」とか、自信満々につぶやいています。

それに乗るかどうかはあなた次第ですが、責任もあなた次第です。私は、他人の口車に乗せられているようでは成長できないと考えます。

「100万円あげます!あなたを稼がせます!」それ、本当?


SNSの続きの話になりますが、FXに関するサイトでも見かけることがあります。

「 あなたを勝たせます! 」「 年利150%の実績! 」とか、怪しすぎますよね。

FX初心者の成長には損切りが必要
詐欺グループとはいいませんが、Twitterでは他人に口座開設をすすめ、IDを聞かれるという変な話もありました。

ポジポジ病にかかっている。すぐに治療しよう


あなた、ポジポジ病かも知れないですね!すぐに治さなければいけません。

ポジション(注文)を持っていないとソワソワし、何の根拠もなく適当なオーダーを投げてしまい FX初心者の成長には損切りが必要 本来持たなくてもいいポジションを持とうとする心の病気 みたいなものです。

運良く何度かは勝てたとしても、最終的には負けるでしょう。なぜなら、 根拠のある(理由に基づいた)トレードをしていないから です。

私と同じような社会人であればより、トレードに費やす時間は少ないはずです。短い時間でせわしなく取引するより、数日〜数週間のスイングトレードでまったりと楽しむ心構えも時には必要です。

損切りが出来ない。塩漬けのオーダーを持ち続ける人


いざ注文したあとに、勢いよく逆方向へ行ってしまった場合。あなたはどうしますか?

プロのトレーダー(利益を多く出している人)は、トレードが上手いのではなく、損切りが上手いのです。いかに勝つかより いかに負けないか を意識してトレードすると、また新たな世界が見えてくるでしょう。

含み損が出てしまっている状態で、それを 取り消さずに加えて注文すること を言います。


これはもし失敗すると通常以上に損が出る危険性がある、上級者向けのトレード方法です。初心者はいさぎよく損切りをしましょう。

FX自体を長く楽しむ意味もあります。一回の損失があまりに大きいと、負けを取り返そうとして無茶なトレードをしてしまいます。パチンコで負けてる人がもう千円、もう千円、と 泥沼 に突っ込んでいくのと同じですね。

運が悪かっただけ。FXは運も大事。


たまたま相場が悪かった(合わなかった) 、という場合もあります。

それはもう「」としか、言いようがありません。

どう頑張っても対策のしようが無いと思いがちですが、資金管理を適切に行うことが出来れば少し安心できる場面もあります。

負ける人の特徴まとめ!これをやめれば負け知らずに・・・?


いくつかの負ける人にありがちな特徴を説明しました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる