日本のバイナリーオプション業者

ダブルボトムの基礎知識

ダブルボトムの基礎知識
saku-dokugaku-blog.com

鉄板FXチャートパターン!エントリーから決済まで使える♪

テクニカル分析

今回のブログではテクニカル分析の基礎たる 「チャートパターン」 について解説していきたいと思います!!

チャートパターンってそもそも何や?って方のために簡単に説明しておくと、相場のある特定の局面でよく出てくる 「チャートの形状あるある」 のこと。

チャートの値動きというのは、人間の売買行動によって変動しているので 「こうした場面ではこう考え行動しやすい」 と言ったクセや行動パターンが反映されるものです。

チャートパターンのイメージ

よくあるチャートパターンを覚えておくと、相場の動きを予測しやすくなったり、価格が大きく変化する「節目」を捉えられるようになるので、 エントリー・決済の質をあげられる 、つまりトレードで勝ちやすくなったりするわけですな(`・∀・´)

今回は チャートパターンとはなんぞ? ってところから、抑えておくべき 鉄板チャートパターン のご紹介、 実際のトレードでの使い方 と、チャートパターンに関して余すとこなくお伝えしていきます♪

「チャートの形状を見ても、結局どっちに相場が動くのかよくわからん・・・(*´Д`)」 と感じている方は、この記事を通じて ダブルボトムの基礎知識 チャートに出てくるあるあるパターン を覚えてトレードチャンスを見つけるコツを習得していただけたら嬉しいです♪

チャートパターンとはなんぞ?

ダブルトップとペナント

これらのチャートパターンはただ単に「よく現れる」というだけでなく、その形状から 「その後の値動きの予測」に役立てることができる といった大きなメリットがあるため、FXをやる上でこれを覚えておかない手はないでしょう♪

ロックフィッシングゲームの超基本リグ!ジグヘッドリグの基礎知識

ラウンドヘッド はジグヘッドの中で一番売られている形状です。特徴は球状の丸いヘッドをしています。
潮受けが良く抵抗を感じやすいので、初心者はこのラウンド型のジグヘッドで潮の流れを感じる練習にも最適です。
潮に乗せて一定のレンジを漂わせるように中層からボトムを縦の動きで攻める場合や、ただ巻きで使用する際にも有効です。
フォール時は抵抗を均等に受けることで姿勢が安定するので、フォール狙いで食わせるときにもな形状といえます。
堤防でスイミングでもフォールでも狙いたい場合に使用するといい形状といえます。

[su_note note_color=”#eaf206″ radius=”10″][ラウンドヘッド 特徴]

  • 一般流通量が多い形状
  • ダブルボトムの基礎知識
  • 潮の影響を均等にうけるため、潮の影響に安定している
  • フォールもスイミングも平均的にこなせるオールマイティ形状

フットボールヘッド

フットボールヘッド。 その名が示すようにヘッド形状がアメリカンフットボールのような形をしたジグヘッドです。
その形状からボトムに着いても左右に倒れにくいのが特徴です。また、接地面積が広いためボトムでズルズル引きずったときに、
ハードボトムならゴリゴリ手元に伝わるのもフットボールの良い特徴です。
初心者にとって、ラウンドヘッドは潮の変化を感知するのに向いているのに対して、フットボールヘッドはボトム感知に向いています。

[su_note note_color=”#eaf206″ radius=”10″][フットボールヘッド 特徴]

  • ボトムに着いたときの安定感が良い
  • ボトム感知能力が高い
  • スイミングよりもボトムバンピングなどに向いている

スクイッドヘッド

スクイッドヘッド は、チューブワーム用でワームの中に埋め込む形でセットするものです。
ワームから出すアイの位置によってフォーリングの姿勢や泳ぐレンジが変わります。
現在は色々な形状のスクイッドヘッドが販売されておりダートアクションなどに特化したものが増えてきています。

[su_note note_color=”#eaf206″ radius=”10″][スクイットヘッド 特徴]

  • 色々な形状のものが販売されている
  • ボトムアクションよりスイミング・ダートアクションに向いている
  • ロッドアクションで色々なアクションを演出する事ができる

アーキーヘッド

アーキーヘッド またの名を「コブラヘッド」とも呼ばれるジグヘッドです。形状から岩と岩の隙間などのすり抜け能力に特化したジグヘッドです。 ダブルボトムの基礎知識
こちらのジグヘッドもラウンドヘッド同様にスイミング性に優れていて、またフォールアクションもこなせます。
形状の関係上、潮の影響を受ける場所が不均一なので、ラウンドヘッドほど潮の影響を安定に感じることはできませんが、逆に不均一に受ける事でイレギュラーなアクションが魚に刺激を与えることがあります。

ダブルボトムの基礎知識

「どうやって使えばいいの?」

テクニカル指標だけでなく、 チャートの形状やパターンからも相場予測はできる って知っていましたか?

この記事では、基本的なFXチャートの見方やチャートパターン、勉強方法について初心者の方でもわかるよう図解を付けて解説して参ります。

FXチャートは主に3種類

・ローソク足
・バーチャート
・ラインチャート

ローソク足

ローソク足(チャートあり).jpg

ローソク足は1本の足で、一定期間内の「始値」「終値」「高値」「安値」を示します。

4つの値段が一目でわかるため、FXのチャートで最もよく使われているチャートです。

バーチャート

バーチャート.jpg

ローソク足とは違い、バーのみで高値と安値を強調しています。

為替の方向性を把握しやすいのが特徴です。

ラインチャート

ラインチャート.jpg

シンプルに相場の方向性を把握するのに適しています。

FXチャートの見方を簡単に解説

FXチャートの見方を簡単に解説.jpg

チャートの縦軸と横軸の見方

チャートの縦軸は通貨の価格、横軸は時間を表しています。

FXチャートは何分足で見るの?

初心者の人は、 時間足の長い足を見てから短い時間足を見る のがおすすめです。

なぜなら、相場の流れを把握して取引ができるからです。

チャートの時間足は1つだけ見るのではなく、複数の時間足を使って判断をしてみてください。

FXのチャート分析とは

FXのチャート分析とは、 過去の値動きから将来の値動きを予測する ことです。

テクニカル指標には「トレンド系」と「オシレーター系」があります。

FXチャート分析で初めに見るポイント

相場のトレンドを確認する
レジスタンスラインを確認する
サポートラインを確認する

相場のトレンドを確認する

3つの相場.jpg

上昇トレンド、下降トレンド、レンジ相場の3つです。

レジスタンスラインを確認する

レジスタンスラインとは「 上値抵抗線 ダブルボトムの基礎知識 」の意味で、トレンドの抵抗となる節目です。

レジスタンスライン.jpg

上昇トレンドの場合は高値どうしを結んだ線が、下落トレンドの場合は安値どうしを結んだ線がレジスタンスラインになります。

サポートラインを確認する

サポートラインとは「 下値支持線 」の意味で、トレンドの抵抗となる節目です。

サポートライン.jpg

上昇トレンドの場合は安値どうしを結んだ線が、下落トレンドの場合は高値どうしを結んだ線がレジスタンスラインになります。

市場参加者が「これ以上トレンドに逆らわないだろう」と考えるラインです。

覚えておきたいチャートパターン

初心者は、最初に 代表的なチャートパターンを覚えるのがおすすめ です。

ダブルボトム

ダブルボトム.jpg

ダブルボトムとは、アルファベットの 「W」に似た形のチャート です。

ダブルトップ

ダブルトップ.jpg

ダブルトップとは、アルファベットの 「M」に似た形のチャート です。

トレンドライン

トレンドライン.jpg

先述した サポートライン がトレンドラインと呼ばれます。

チャネル.jpg

チャネルとは、チャートのサポートラインとレジスタンスラインに挟まれた エリア です。

ペナント.jpg

ペナントとは 二等辺三角形の旗に似た形状をしたチャート です。

そのため、トレンドの終わりやトレンド転換のように思ってしまうかもしれませんが、ペナントが出ると直前に発生したトレンドが継続する可能性が高いです。

FXでチャートを見るときの注意点

FXでチャートを見るときの注意点.jpg

・FXチャートでは100%の予測できない
・FXでチャート分析するときは使用する手法を絞る

FXチャートでは100%の予測できない

FXのチャート分析をしても、チャートの方向性を 100%予測できません。

FXでチャート分析するときは使用する手法を絞る

なぜなら、初心者ほどいろんな手法に手を出して失敗しがちだからです。

使う手法は3つくらいに絞って、自分にあった手法を探しましょう。

FXチャート分析の勉強方法は?

FXチャート分析の勉強方法は?.jpg

実践形式の本を使って勉強する

チャートに線を自分で引いてみる

なぜなら、実践に勝る学びはないからです。

FXチャートツールの選び方

FXチャートツールの選び方.jpg

FXチャートの見やすさ、使いやすさ

見やすさ、使いやすさ で選ぶのがおすすめです。

一通り注文と決済を繰り返したり、描画ツールを使ったり、テクニカル指標を表示させてみましょう。

分析機能や情報の豊富さ

FXのチャートツールを使うときには、分析機能や情報が豊富なものがおすすめです。

FX初心者におすすめのチャート分析ツール

38種類のテクニカル指標で分析!プラチナチャート

38種類のテクニカル指標でチャート分析 ができ、為替だけではなく米国株価や原油、金など様々なチャートを表示できます。

直近の「高値・安値」を自動で表示してくれるので、それを意識したトレードがしやすく、勝率がUPします。

勝てるチャート!LIONチャートPlus+

自動でトレンドラインを引いてくれて、「直近の高値・安値の自動表示」、 「フィボナッチリトレースメントも自動表示」 など、至れり尽くせりのラクラク機能が満載!

また、 他のトレーダーの注文状況もチャート上に表示 してくれるので、売り注文や買い注文が厚いレートがわかり、相場の予想が格段にしやすくなります。

他のトレーダーの注文状況をワンクリックで表示

また、自動でチャートを予測してくれるツールを提供しているFX会社もあるぞ!

「みらい予測チャート」は最大約12年分(ローソク足2500本分)の過去チャートの中から、現在のチャートと形状が似ている時期を瞬時に探し出し、「過去の値動き」を参考にして 「将来の値動き」を予測 します。

お天気シグナルで勝率UP!

「お天気シグナル」は移動平均線、ボリンジャーバンド、MACD、RSIなど7種類の主要テクニカル指標で自動分析してくれて、 「買い時・売り時」をチャート上に表示 してくれます。

その通りに売買するだけの手軽さが、FX初心者に人気!

チャート自動分析ツール提供FX会社【比較一覧】

ダブルボトムの基礎知識
分析ツール比較 ツール名 未来予測 売買シグナル 対応通貨ペア数 対応足数 公式サイト
FXプライム byGMO ぱっと見テクニカル 20通貨ペア 11種類
外為どっとコム ぴたんこテクニカル 12通貨ペア 7種類
ヒロセ通商 byGMO さきよみLIONチャート 6通貨ペア 4種類
FXプライム byGMO 未来予測チャート 6通貨ペア 4種類
FXTF FXTF未来チャート 6通貨ペア 5種類
セントラル短資FX みらいチャート 16通貨ペア 7種類
さきどりテクニカル さきどりテクニカル 6通貨ペア 4種類
マネーパートナーズ かんたんトレナビ 24通貨ペア5種類

・FXチャートには「ローソク足」「バーチャート」「ラインチャート」の 3つの表示形式 がある
・チャートは1つの時間足ではなく 複数の時間足をチェックする
・まずはレジスタンス・サポートラインを引いて相場のトレンド知る
・相場の行方を示唆する代表的な チャートパターン を覚えよう
・初心者はまず本で勉強して、あとは実践あるのみ!
・チャートツールは「見やすさ・使いやすさ」と「分析機能や情報の豊富さ」で選ぼう
・チャート分析に不慣れなうちは無料の自動予測ツールも活用すべし

反転型チャートパターン

ヘッドアンドショルダーの例

高値安値を切り上げながら上昇トレンドが続いて来たが、次第に勢いを失いかける場面を考えてみましょう。A点で高値を付けて、B点まで押し目を付けました、ここまでは上昇トレンドの中の動きと判断できます。
その後、C点で高値を付けた時に、A点の高値を大きく更新できませんでした、そして、D点で押し目を付ける過程で上昇トレンドラインをブレイクしてしまいました。
その後トレンドが継続するのであれば、C点の高値を上抜けて行く値動きが必要ですが、そこまでの勢いは見られず、上昇トレンドに変調を来していることが見受けられます、高値はE点止まりとなりました。
そして、B点とD点を結ぶネックラインをブレイクしてヘッドアンドショルダーのパターン完成です。

逆(リバース)ヘッドアンドショルダー

逆(リバース)ヘッドアンドショルダーの例

3.トリプルトップ・トリプルボトム

・トリプルトップ

トリプルトップの例

・トリプルボトム

トリプルボトムの例

4.ダブルトップ・ダブルボトム

・ダブルトップ

ダブルトップの例

・ダブルボトム

ダブルボトムの例

5.ラウンドトップ・ラウンドボトム

ラウンドトップとラウンドボトムはソーサー(皿)トップ、ソーサーボトムとも呼ばれます。
上記3つのチャートパターンに比べると頻度は低いのですが、下値を固め、上値を固めてから、次のトレンドがゆっくり発生するパターンなので見つけたら、じっくりトレンドに乗れる可能性があるので覚えておかれると良いと思います。
トレンドの終えんで、値動きが小さく長くトップの期間が続き、トップの期間後チャートの形状がお皿をかぶせたような形状がしているからそう呼ばれています。
ボトムでは、お皿で受け止めるようなチャートの形になります。

十字線とは?ローソク足の種類と意味を知ろう ~プライスアクション その③ ~

saku-dokugaku-blog.com

相場のフラクタル性ってなに? ~MTF分析(マルチタイムフレーム分析)とは? その①~

どーも!SAKUです! 今回からMTF分析(マルチタイムフレーム分析)について数回に分けて記事を書いていこうと思います! 一発目となる今回は、MTF分析を学ぶ上で重要な概念となる「フラクタル」というものについて取り扱っ […]

ラインでチャートを捉える!ライン分析の基本攻略ガイド

「ラインを使ったトレードを学びたい!」 「もっとよく知りたい!」 もし、あなたがラインに興味を持っていて、今後それを深めていくことが出来ればきっとトレードの利益に繋がっていくことでしょう! 実際、僕自身もライン分析を学び ダブルボトムの基礎知識 […]

テクニカル分析では必須!ダウ理論とは?

こんにちは!SAKUです! 今日はテクニカル分析を学ぶ上で超重要なダウ理論について話していきます! テクニカル分析の土台ともなる理論なのでしっかり学んでいきましょう!! 目次1 ダウ理論とは1.0.1 ・①市場価格はすべ […]

コメントを残す コメントをキャンセル

【電子書籍出版しました!!】

MTF マルチタイムフレーム分析の極意~チャートの見方が劇的に変わる!~

【無料ステップメール講座始動!】

【プロフィール】

面倒くさくなって公務員を辞め、四苦八苦の末に専業トレーダーに転身!
ライン分析・プライスアクション主体のスイングトレードがメインです!
音楽(HR/HM、Jazz、ブルース)やギターも好き!
現役MENSA会員
Twitterではトレードに大切だと思うことをつぶやいています!フォローよろしくお願いします!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる